DODAとは|評判や特徴を知り完全に使いこなすための全知識

今や代表的な転職サイトに名前が上がるほど認知度の高いDODA。転職を考える際には一度は使ってみたいと考えますよね。この記事ではDODAの歴史や企業理念から評判、特徴を活かした利用方法など詳しく説明しています。DODAについて詳しく知り、ぜひ転職する際に活用してください!

DODAの運営企業「パーソルキャリア」について

今では綾野剛や坂口健太郎がCMキャラクターに起用され、知らない人はほとんど居ないであろうDODA。そんなDODAを運営しているのはパーソルキャリア株式会社なのですが、DODAは知っていてもパーソルキャリアについてまでは知らない方が多いです。

まずはパーソルキャリアについて詳しく説明していきます。

会社名(旧会社名)

元々は株式会社インテリジェンスという名前でしたが、2016年にグループブランド「PERSOL(パーソル)」を新設し、2017年7月1日に現在のパーソルキャリア株式会社に商号を変更しています。

ブランド名のPERSOLの由来には、人は仕事を通じて成長し(PERSON)、社会の課題を解決していく(SOLUTION)という、働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したいという思いが込められています。

ブランドシンボルはPERSOLのPをモチーフとし、働く人一人ひとりに焦点を当てて、将来を見据えていこうという姿勢を表しています。

また、メインカラーはPERSOL GRAY(パーソルグレイ)で、グループの規模や事業の多様性で世の中を変えていくダイナミックさ・高い専門性で革新的なソリューションを生み出す知性を表現しています。

PERSOLを新しく新設した際に記された記事を以下に引用します。

.グループブランド新設の目的

当社は、「雇用の創造」「人々の成長」「社会貢献」の経営理念のもと、人材派遣のテンプスタッフ(株)を昭和48年に創業以来、多様化する労働市場のニーズに対応すべく、種々の子会社の設立や持ち株会社化、また(株)日本テクシード、(株)インテリジェンスの株式取得等、人材サービスの領域におけるサービスラインナップの拡充を進めた結果、発表日現在、国内外87社、500カ所において幅広く事業展開しております。
このたびグループブランド「PERSOL(パーソル)」を新設し、単一派遣事業の企業イメージを超えて、当社グループの事業実態に合致した総合的なブランド認知の拡大を図り、さらなるグループ総合力の発揮を目指します。

また、PERSOLは「はたらいて、笑おう。」を合言葉にしています。

この言葉には、「人は仕事をしていく中で様々な困難を乗り越えた時や努力が実を結んだ時、人が成長したときの心からの笑顔をいくつも生み出したい」という思いが込められています。

PERSOLのビジョンについては以下の通りです。

人の働き方がどんなに変わっても、組織のあり方がどんなに変わっても、
変わらないことがあります。それは「人は仕事を通じて成長する」ということ。

パーソルグループは、働く人にさまざまな成長の場や機会を提供するとともに、
組織の成長に貢献する幅広いサービスを提供します。

人の成長は組織にさらなる成長をもたらし、
成長した組織はそこで働く人にとってさらなる成長の場となります。

人が働く組織がある。そこにわたしたちの仕事がある。
わたしたちは「人と組織の成長」を支援し、創造することで、
社会にとってなくてはならない存在であり続けます。

PERSOLがどれだけ人と仕事についての関係性を重視しているのかが分かりますね。

株式会社インテリジェンスがパーソルキャリアに商号変更した背景について、パーソルキャリアは次のように説明しています。

昨今の労働・雇用環境の急激な変化や複雑化を背景に、グループが一体となり社会課題に取り組む方針を定め、2016年7月に新たなグループブランド「PERSOL(パーソル)」を新設し、幅広い事業実態に合った総合人材サービスを超える存在としての認知拡大を目指してまいりました。このたび、グループの中核会社でもグループブランドを冠する社名へと変更することで、各事業会社が同じ旗印の元、さらなるグループ総合力の発揮を目指します。

他のパーソルグループとしては、パーソルホールディングス・パーソルR&D・パーソルテンプスタッフ・パーソルプロセス&テクノロジー・パーソル総合研究所などがあります。

海外にも事業展開しており、中国・香港・台湾・韓国・シンガポール・ベトナム・インドネシア・マレーシア・タイ・インド・ニュージーランド・オーストラリア・アメリカなど、アジアを中心にグループ拠点を置いています。

会社概要

  • 資本金は1,127百万円。
  • 従業員数は2017年3月時点で有期社員含め4,321名。
  • 代表取締役社長 峯尾 太郎。

事業内容

事業内容は正社員領域・アルバイト・パート領域の求人メディアの運営、人材紹介サービス、新卒採用支援、教育研修サービス、組織・人事コンサルティングサービス、システムインテグレーションサービスなど、求職者と企業に向けた幅広いサービスを提供しています。

主要サービスブランドには、正社員の転職サービスの「DODA」、きゃりーぱみゅぱみゅがCM出演していることで有名な、アルバイト・パート領域の求人サービスの「an」、大手人材派遣会社である「パーソルテンプスタッフ」などがあります。

DODAの歴史

今ではすっかりなじみ深い言葉になった「DODA」。そんなDODAの歴史を詳しく見ていきましょう。

生まれ

「自分たちの生活は自分たちの手で守ろう」をテーマに、7人の学生で1956年に創業された学生援護会が発行していた「週刊求人タイムスQtai」のリニューアルとして、1989年に創刊された転職情報誌がDODAの始まりです。

DODAは転職に対する意識を大きく変え、「DODA現象」を引き起こすほど社会に影響を与えました。

その後、1989年にパーソルキャリアの前身となる株式会社インテリジェンスを創業。2006年に学生援護会はインテリジェンスと合併しました。2007年に人材紹介と求人情報を融合した「DODA」サービスを開始しています。

「DODA(デューダ)する」の流行

学生援護会は創業当初からテレビCMを積極的に放送して、「転職する」という意味の「デューダする」という言葉が生みだし、社会現象となるまで知名度を上げました。「DöDA」という言葉はドイツ語読みの造語ですが、ドイツ語にした理由はアルバイトがドイツ語から来ているからと推測されています。

その後、ドイツ語表記のDöDAから現在のDODAに名称を変更しています。

雑誌媒体の衰退

雑誌媒体の発行・編集は学生援護会が行っていましたが、2006年の合併より株式会社インテリジェンスが担当することになり、紙媒体の情報誌を全国各地で順次休刊。2009年の中部版の休刊をもって、紙の雑誌としては終刊となりました。

 

DODAの特徴

DODAの特徴について調べたところ、主に下記のような特徴が多くみられました。

  • 求人数が他の企業と比べても圧倒的に多く、特にメーカーやITの求人に強い
  • 転職サイトやエージェントサービスなど、一体化して運営しているために使いやすい
  • 未経験者歓迎の求人は少なく、第二新卒の若年層に重点を置いている

これらの中でも他の転職サイトにはない一番の特徴は、サービスを一体化して提供している点でしょう。

DODAの特徴についてより詳しく知りたい方は以下の記事を確認してみてください。

DODAの特徴を現役転職エージェントが徹底解説

「DODAを使ってみたいけど、DODAがどんなサービスなのかわからない」 「DODAの求人数以外の特徴ってないの?」 電車や道路などの広告でDODAの広告を見…

2017.12.04

DODAの利用について

DODAを利用するには、まずはweb上で登録申し込みをする必要がありますが、手続きはとっても簡単です。DODAの公式サイト右上の会員登録をクリックし、個人プロフィール・会員ID・職歴・などを入力するだけです。

この際、【その他サービスの申し込み】からエージェントサービス・スカウトサービスへの申し込みを希望する事も忘れずに行いましょう。

DODAエージェントサービスに登録する際の3つの注意点と登録のコツ

DODAのエージェントサービスに登録しても断られることもある 転職エージェントサービスはたくさんあります。 どの転職エージェントも、アドバイザーやコンサル…

2017.12.19

DODAの評判

DODAを実際に利用した方の評判を良い点・悪い点に分けて紹介します。

良い点

  • 求人数が多く、圧倒的に情報が多い
  • 電話・メールに迅速に対応してくれた
  • 面接対策や履歴書の添削などのサポートが素晴らしく、熱心に指導してくれた

悪い点

  • 情報の数が多い反面、担当者が仕事に対する知識が追いついていないため、情報の質が悪い
  • あまり評判のよくない企業も紹介してくる

DODAを利用するべき人はこんな人!DODAの評判・口コミから徹底分析!

「DODAはおすすめ」という話はよく聞くけど、本当にそうなのか気になりますよね。 そこで、「DODAが本当にオススメできるのか」を検証するため転職wiki編…

2017.02.13

DODAの使い方

DODAは転職サイト・エージェントサービス・スカウトサービスなど様々なサービスをまとめて利用できます。なので、複数のサイトを往復して混乱することがありません。

転職をする際は今の仕事を継続しながら並行して行うことがほとんどです。そのため、自分の労力をできるだけ減らしつつ、これらのサービスを並行して利用して自分にあった就職先を探せる事がDODAの強みであり、効果的な使い方です。

また、DODAのキャリアコンサルタントの方のアドバイスは他の企業のものより勉強になるという声が多数みられました。これらのアドバイスを上手く吸収して、自分のスキルアップに役立てましょう!

DODAを最大限に活かす使い方|DODAで転職活動を成功へと導く全知識

DODAとは 就職・転職活動を行っている方はもとより、そういった活動とは無縁の人でもテレビコマーシャルなどでDODA(デューダ)の名前を目にしたことがあると…

2017.12.19

DODAのサービスを効果的に使ってあなたに合った転職活動をしよう!

転職の進め方は、現在の職場の業種や転職に充てられる時間など、個人によってそれぞれ異なります。その中で自分に最適な方法で上手く進めていかねばなりません。転職活動には主に下記の3つの方法があります。

  • 転職サイトを使って自分で就職先を探す
  • 転職エージェントにサポートしてもらいながら就職先を探す
  • スカウトサービスを使って求人が来るのを待つ

DODAのサービスはこれらのサービスが一つにまとまっているために使いやすい事が他の転職サービスにはない独自の強みであると言えます。

また、キャリアコンサルタントのサポートが濃く、面接対策から履歴書添削、企業の求める人物像についての説明や面接時に予想される質問、転職活動をする際に注意すべきことまで丁寧に教えてくれるので、転職が初めての方でも安心して使いやすい所が魅力的です。

DODAの強みを存分に活用し、自分に合った転職先を見つけましょう!

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加