無断欠勤してしまった時の対処法と理由|次の日の対応やその後について

無断欠勤は社会人として絶対にしてはいけないことです。

無断欠勤をしてしまった理由には色々あり、「体調が悪くて寝ていたら無断欠勤になるほど寝てしまった」「連絡したかったが携帯電話が壊れたなどで連絡を取る手段がなかった」など、無断欠勤を背ざる負えない事情の場合があります。

ですが、欠勤する時は会社に連絡しなければいけないとわかっていたのに「連絡するのが面倒だった」「会社に行きたくなくて連絡しなかった」など故意な無断欠勤は社会人として信用を失う行為ですので、そのままにしておくとまずいことになってしてしまいます。

ここでは、無断欠勤してしまった時の対処法と、その言い訳となる理由について解説いたします。

無断欠勤してしまった時は、まず落ち着き、連絡をする

うつ病などで会社に連絡することが困難だったという人もいますが、どんな理由にしろ無断欠勤してまった時は会社に連絡を入れなければなりません。

無断欠勤の場合、会社によってペナルティーが科せられることが多いため、焦りや恐怖から連絡できないという人もいるかもしれませんが、まずは落ち着いて会社に連絡を入れるようにしましょう。

無断欠勤は信用を失うだけではなく会社の人に心配をかけますし、出社するのかしないのかわからないため仕事を分担するのも戸惑いがあり迷惑もかけます。

結局お昼を過ぎても出社しないので欠勤だろうと判断され、そこから仕事の分担をすることになるので早く処理しなければならない仕事も後手に回り、後処理をするのも出社している人ですから、多大な迷惑がかかるのです。

ですので、どんな理由であれ欠勤するという連絡は必ず入れるようにしましょう。

無断欠勤でバイトやパートの場合、クビになるか、辞める必要がある?

無断欠勤をするとバイトやパートではなく正社員でもクビになる可能性はあります。

また、自ら辞める必要があるかということですが、無断欠勤を1回してしまった程度なら謝罪すれば辞める必要はないかもしれません。

ですが、これもそれぞれの会社で違いますから、たった1回の無断欠勤でもクビというところもあります。

また、何度も無断欠勤をしていると会社を辞める必要はあるかと問う前に出勤しにくくなり自ら辞めるという判断をするのではないでしょうか。

無断欠勤を何度繰り返しても平気という人はいないと思いますが、もし何度も繰り返している場合は、そのたびに仕事がストップして他の人や会社に迷惑がかかりますのでクビになる可能性が高いでしょう。

労働基準法では、無断欠勤が客観的、合理的に見て欠勤の理由が認められるものであれば会社側もむやみにクビにすることはできませんが、無断欠勤の理由として認められなければクビにすることができるとしています。

ほとんどの企業が就業規則に無断欠勤について書かれていますので、まずは就業規則を確認することです。もし、就業規則に〇日以上の無断欠勤で解雇になるのかという規定がない場合は2週間以上、正当な理由もなく無断欠勤をした場合は解雇できるとされています。

ですが、2週間というのはあくまでも目安で、それぞれの会社で就業規則が違いますからきちんと確認しましょう。

誠心誠意謝ることで許してもらえることも

もし、不本意で無断欠勤してしまった場合は誠心誠意謝ることで許してもらえる場合もあります。
これも企業によって違いますし、自分の置かれいてる立場や上司の性格、社内の雰囲気などで違ってきます。

ですが、無断欠勤は社会人として絶対にしてはいけないことです。無断欠勤をした時は、どんな理由であれ、まずは誠心誠意謝ることが大切です。

謝罪の仕方次第では「本当に連絡できなかったんだな」「仕方ない無断欠勤だった」「無断欠勤だけど、ここまで悪いと思っているなら…」と許してもらえることもあります。

社会人としてというよりも無断欠勤を謝罪しないのは「人としてどうなんだろう」と思われてしまいますので、まずは誠心誠意謝ることが先決です。

無断欠勤してしまった後の会社・バイト先への連絡内容とその後の対応

無断欠勤してしまった後は、会社に行きにくいものです。

ですが、自分が無断欠勤している日は会社にいる人に心配をかけ迷惑をかけていますので、無断欠勤をしたあとの対応でその後の仕事がやりやすくもなりますし、やりにくくもなります。

無断欠勤をしてしまった後は、会社やバイト先への人たちにどのように対応すればよいのか、その後の人間関係を良好に保つためにも無断欠勤後の対応の仕方をお話しましょう。

正直に理由を話して謝る

無断欠勤してしまった時は、隠しごとをすせず正直に理由を話して謝るようにしましょう。
どんな理由でも、正直に話した方が今後のためです。

飲み会などでお酒が入り「実はあの時ね…」と口が滑ることはありませんし、嘘をついてその時はうまく切り抜けられても嘘をついているという罪悪感から、そのことばかり考えて仕事がきちんとできないこともあります。

無断欠勤をした時は正直に話し、誠心誠意謝ることで失ってしまった信用も少しは取り戻せるのではないでしょうか。

言い訳や無駄な作り話は余計に悪印象

会社に連絡を入れる時に無断欠勤の理由を正直に話さず、言い訳をしたり無駄な作り話をすると、話の内容にほころびができて嘘がバレてしまう可能性もあります。

無断欠勤をした上に嘘がバレると印象は最悪になり、失った信用は二度と取り戻せないでしょう。

特に、上司に連絡を入れる場合は言い訳や無駄な作り話は100%バレると思った方がよいでしょう。自分よりたくさんの部下を見てきた上司ですから、嘘をついていることくらいすぐに見破ってしまいます。

素直に謝らず言い訳をするより、まずは謝ることが大切です。自分が無断欠勤をしたことでどれだけの人に心配をかけ、迷惑をかけたのかを考えれば言い訳や作り話などは出てこないはずです。

自分の代わりに仕事をしてくれ、心配してくれた人たちに心からの謝罪をすることは社会人として、人として当然のことではないでしょうか。

次の日は、とにかく全員に謝る

無断欠勤をして謝罪の連絡を入れた次の日は出社しにくいものですが、自分のことを心から心配してくれた人もいますし、自分の代わりに仕事をしてくれた人もいます。

多くの人に心配や迷惑をかけているのですから、出勤したらまずは社内の人全員に謝るようにしましょう。

「忙しそうだから後で…」と相手のことを気遣うことも大切ですが、無断欠勤をした時はその気遣いは必要ありません。

それは気遣いではなく「逃げているだけ」と思われます。社会人として絶対にしてはいけないことをしたのですから、「大変なことをした」と自覚しなければなりません。

大変なことをした時は何をおいてもまずは謝ることが先決です。無断欠勤した次の日は、朝皆が出勤するより早く会社へ行くくらいの誠意を見せましょう。

そして、出社してくる人全員に朝一番で謝罪すれば、自分がどれだけ反省しているかも伝わるのではないでしょうか。

無断欠勤をした時のNG対応

無断欠勤をした時は、焦りや恐怖などからしてはいけない行動を取ってしまう人がいます。

無断欠勤だけでもクビになるような大変なことですが、その上NG対応をしてしまえば会社に行きにくくなり結局辞めざるを得なくなったり、本当にクビになってしまう可能性もあります。

では、無断欠勤した時のNG対応とはどのような対応でしょうか。

連絡をしない

まず、無断欠勤をした時のNG対応とは「してはいけないことをする」ということを頭に入れておきましょう。無断欠勤をした時にしてはいけないことに「連絡をしない」という行動があります。

無断欠勤をすると会社に連絡しにくくなりますが、ここで連絡を入れておかなければ次の日に会社に行きにくくなりますし、社内の人に心配をかけたままになります。

連絡をしにくくても「まずは連絡を入れる」というのが常識です。連絡しなければ会社の人が自宅まで心配で来ることもありますので、「仕事が増える」「いったい何を考えているんだ」と思う前に、まずは会社の人が心配しているということを知りましょう。

怒られて当然のことをしているのですから、怒られることは腹をくくって、まずは連絡をいれなければなりません。

次の日、何もなかったかのように振る舞う

無断欠勤をしたにも関わらず次の日に何事もなかったかのように振る舞っている人がいます。ここまでくると「あの人大丈夫?」と一般常識がないと感じるよりも「人として必要なことが欠落しているのでは?」と思われてもしかたありません。

何事もなかったように振る舞っている人の中には「話しかけるのが怖い」「パニックで何を言っていいのかわからない」という人もいるでしょう。

ですが、話しかけるのが怖いから、何を言っていいのかわからないからと逃げていることで自分の状況がさらに悪くなっているのです。

無断欠勤という社会人としては絶対にしてはいけないことをしておきながら次の日に何事もなかったかのように振る舞っていると自分の周りから人がいなくなり、自分を信じてくれる人もいなくなり、最終的に孤独の中で退社していくことになります。

無断欠勤をしているのに謝罪もせず何食わぬ顔をして仕事をしている人と一緒にいたいと思うでしょうか。一緒に仕事をしたいと思うでしょうか。

自分が逆の立場に立ったらどう思うかを考えて行動しなければなりません。

謝らない

無断欠勤をして、一番してはいけないと言ってもよい行動が「謝らない」ということです。人間関係で大切なことは感謝の気持ちと悪いと思った時に謝る気持ちです。

つまり、「ありがとう」と「ごめんなさい」がきちんとできない人は人間関係を良好に保つことはできません。

ましてや無断欠勤しているわけですから、どんな理由があってもまずは謝罪しなければならないことは誰が考えてもわかることです。

無断欠勤は謝って済むようなことはではありませんから、本来であれば朝一番に会社に来て出勤してくる人全員に頭を下げて回らなければならないくらいです。

そこを謝罪もないとなれば社会人としてより、人として「神経を疑うよ」と思われてもしかたありません。

無断欠勤をした時は、言い訳などをせず、まずは謝罪することです。謝らないという行為は絶対にしてはいけません。

無断欠勤してしまった原因

無断欠勤をする理由は人それぞれですが、会社側が「無断欠勤になってもやむを得以内」と判断した時はクビになる対象から外れます。

また、無断欠勤はやむを得ないと判断されなくても素直に原因を話すことで許してくれることもあります。

では、無断欠勤の原因にはどのようなものがあるのでしょうか。無断欠勤に多い原因や会社が「やむを得ない」と判断する内容はどのようなものかなどご説明しましょう。

自分が思っている以上にストレスが貯まっている

無断欠勤の原因で一番多いのが「ストレス」です。「会社に行くつもりだったのに朝起きれなくて気づいたらお昼になっていた」ということもあります。

また、朝起きていてもストレスから体調不良になり仕事に行けない状態になる人じもいます。

朝起きて「仕事が嫌だなぁ」「休みたいなぁ」と思っているだけではなく、体が動かなかったり、ストレスから体調不良になったり、自分が思っている以上にストレスが貯まっている人は体に異変が起こります。

体に異変が起こり無断欠席をしてしまった時は「うつ病」になっている可能性がありますので、すぐに心療内科など病院を受診しましょう。

会社側も「うつ病なら無断欠勤になっても仕方ない」と判断することが多いようです。

働き過ぎで睡眠不足

無断欠勤の原因に「寝不足」が挙げられます。毎日残業時間が長く、休日も返上して仕事をしている人は体を休める暇がありません。

そのため、無断欠勤しよとしてしたのではなく、寝不足が続いて起床のアラームにも気づかず眠り続けてしまったという場合があります。

このような場合も1回くらいなら無断欠勤で会社側も許してくれると思いますが「気合が足りない」「2度目はないぞ」など怒られることも覚悟しておきましょう。

ですが、起きられないくらいの睡魔ですから、会社側も相当仕事が忙しいと判断してくれるでしょうし、無断欠勤の常連でなければ誠心誠意謝ることで許してくれる可能性はあります。

また、仕事が忙しすぎて無断欠勤となった人がいると分かれば会社側も仕事量の調整をしてくれるかもしれませんし、働きすぎから睡眠不足になり無断欠勤になった場合は、仕事が多すぎるなど上司と相談してみてはいかがでしょうか。

無断欠勤はしてはいけないことですが、今の仕事の環境を変えるチャンスでもありますので、正直に話して謝罪し、今後の相談をするのもよいでしょう。

恋愛がうまくいっていない

仕事とプライベートを一緒にするなと思う人もいると思いますが、恋愛がうまくいっていないと精神的に大きなダメージを受けて仕事が手につかなくなる人がいます。

これは性格の問題ですのでどうしようもないことかもしれませんが、仕事に支障を出すようでは社会人失格と言われても仕方ありません。

特に、社内恋愛でうまくいっていない場合は相手と顔を合わせずらいなどで無断欠席してしまう人もいるでしょう。

社内恋愛ではなくても恋愛がうまくいっていないために何に対してもやる気が出ず「仕事に行きたくない」「何もしたくない」と無断欠勤してしまう人もいます。

恋愛は個人の自由ですので「仕事に支障が出るならしてはいけない」とは言えませんが、どうしても会社に行きたくない、やる気が出ないという時は最低でも会社に連絡を入れて休みましょう。

いくら恋愛がうまくいっていないから休みたいと思っていても無断欠勤をしてよいということにはなりません。必ず会社に連絡を入れて休むようにしましょう。

会社や上司に馴染めていない

無断欠勤をしてしまった理由の一つに会社や上司に馴染めないという人がいます。会社を休むにしても上司に連絡をしなければならない人は、特に無断欠勤をしてしまいがちです。

また、会社に馴染めていない人は、会社に行くことが苦痛になっているため「無断欠勤でクビになるならそれでもいいや」と思って無断欠勤している人もいるのではないでしょうか。

ですが、無断欠勤をすることで人に迷惑がかかっています。自分が馴染めないと思っている人たちばかりではなく、全く関係ないと思っている部署の人にも迷惑がかかっています。

つまり、色々な部署に迷惑がかかっているので会社全体に迷惑をかけていることになるのです。

会社や上司に馴染めないから仕事に行きたくないと思う気持ちもわかりますが、せめて連絡を入れて1日ゆっくり休養を取りリフレッシュしましょう。

無断欠勤が続くなら転職も視野に

無断欠勤が続くと強制的に会社からクビを宣告されることもあります。

ですが、クビにされる前に無断欠勤が続くようなら今の会社や仕事が向いていないのかもしれません。

仕事に行くのが辛い、苦しいという思いから無断欠勤になっているのなら転職も視野に入れた方が良いでしょう。会社や仕事が合っていない場合は、転職すればその辛さや苦しさから逃れることができるかもしれません。

無断欠勤を続けるのも罪悪感が大きくなる一方で、さらに会社に行きづらくなりますから、無断欠勤が続き「仕事に行けない」と思ったら転職を考えてみましょう。

転職活動をする際は転職エージェントを使うと自分が希望する条件の企業の求人に出会える確率が高くなります。

転職エージェントには転職のプロと呼ばれるキャリアコンサルタントもいますから、自分が転職したい理由や希望条件などを話すことで、条件に合う企業を探し出してくれるのです。

転職しても同じ理由で「辞めたい」となっていては意味がありませんので、転職に失敗しないためにも転職エージェントを利用することをおすすめします。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェント|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」このように悩みを抱えている方はとても…

2017.11.10

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」このような意見をよく聞くことがあります。結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

無断欠勤が続くようであれば「うつ」などの病気の可能性も

もし、無断欠勤が続く場合は「うつ病」になっている可能性もあります。無断欠勤自体社会人としてはあるまじき行為です。

ですが、その無断欠席を続けてしてしまうのですから、してはいけないことだという概念がなくなってしまうほど精神的に追い込まれているのかもしれません。

無断欠勤をしてはいけないとわかっていても無断欠勤になってしまう場合も同じです。

無断欠勤が「続く」という状態がよくありませんので、もし無断欠勤が続いているようであれば心療内科など病院を受診したほうがよいでしょう。

無断欠勤をしたときは、会社に連絡をして素直に謝ろう

無断欠勤をした時はパニックになってしまうかもしれません。

「やってしまった!」「どうしよう!」「クビになってしまう!」など焦ってどうすればよいのかわからなくなってしまいますが、この2つだけは覚えておいてください。

まず一つ目は「会社に連絡をする」ということです。連絡があるのとないのとでは今後の会社からの対応や社内の人の自分への対応など全く違ってきます。自分のためにも、まずは連絡を入れるということです。

そして、連絡を入れるということは上司に無断欠勤の理由を話すわけですから、自分より長い人生を生きていて、キャリアのある上司に嘘を言っても見破られてしまいます。

ですので、2つ目は「理由を素直に話し、誠心誠意謝る」ということです。

無断欠勤をしてしまっても、この2つさえきちんとしていれば1回くらいは大目に見てくれることもあるでしょう。上司も人間ですから、どれくらい反省しているのかは態度や行動を見ればわかります。

してはいけないことをしたのですから、その上信用がなくなるような嘘をついたり言い訳をして逃げるのではなく、「連絡」を入れ「素直」に「誠心誠意謝る」ことです。

これは無断欠勤のときでだけではなくミスをした時も同じです。素直に謝ることで仕事をしにくくなることはありませんから、自分の居場所をなくさないためにも覚えておきましょう。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする