20代でも年収大幅アップ!おすすめの転職エージェントまとめ

20代向けの優良転職エージェントをお探しではないでしょうか?

20代で転職するのは簡単ですが、転職エージェントをしっかりと使いこなさないと、年収アップができるものも、できなくなってしまいます。

しかし、今ネット上にある情報には、素人が書いた不正確な情報が多く、信頼性に欠けるものがほとんどです。

この記事では、20代で転職を5回以上行ってきた筆者が、本当におすすめな転職エージェントやその使い方、選び方など、20代の転職を成功させるノウハウを包み隠さずご紹介いたします。

※2017年12月最新情報

2017年の最新アンケートを分析した結果、リクルートエージェントの評判が一気に上がっています。
求人数もサポートも業界トップクラスですので、登録したことがない方はぜひとも利用してみてください。

リクルートエージェント公式サイト:https://www.r-agent.com/

※2017/11末時点のリクルートエージェントの満足度(アンケート対象300人)

20代向け転職エージェントの選び方

20代で転職ということは、即卒や第二新卒、またはフリーターと言う人もいるでしょう。

ですが、20代の転職は他の世代に比べて転職しやすく、中途採用でも20代を欲しい企業はたくさんあります。

通常、転職となるとそれなりのキャリアやスキルがなければ転職には不利になりますが、20代の場合は未経験業界に挑戦することもできます。

企業側からすると、第二新卒やフリーターなど、ある程度の社会経験があり、なおかつ、まだまだ経験が浅く染められていないということで自社流に育てていける年代が20代なのです。

ですので、企業によっては新卒より即卒や第二新卒、フリーターなどのある程度社会経験を積んだ20代を採用したいと思っているところが多いのです。

20代が転職するのに必要なのは、その業界や職種に対しての「やる気」や「情熱」「ポテンシャルの高さ」を見ています。

もちろん、スキルが高い方が採用される確率は高くなりますが、未経験業種に挑戦していけるのも20代の特権なのです。

ですが、20代ということは転職に慣れていないので、どのように転職活動をすればよいのかわからないという人が多いのではないでしょうか。

そこで20代の強い味方となるのが転職エージェントです。

では、20代が転職エージェントを選ぶには、どのように選べば良いのか、ここからご紹介していきましょう。

20代が転職エージェントを使うべき理由を知る

転職をする方法として、自分で求人を探して転職活動をする方法が一般的に思われているかもしれませんが、今仕事をしている状態で求人を探し、面接する日程を決め、時間などの調整をし、面接に行くという行動をとるのはとても大変なことです。

求人を見つけるだけでも時間がかかりますし、転職をするためには必ず面接が必要ですから、面接時は会社を休まなければならないのです。

職種や職業によっては休みが簡単に取れないこともありますので、何社も面接を受けるわけにはいきません。

また、仕事をしながらの転職活動ですのでスケジュール調整がとても難しくなります。ですが、これらのことを一挙に引き受けてくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際に登録はしに行かなければなりませんが、登録すれば専任のキャリアコンサルタント(担当者)が付き、自分の希望や条件にあった企業を探してくれます。

また、スケジュール調整を行ってくれますので、自分が希望する日にちを伝えるだけで、あとは企業側とキャリアコンサルタントが連絡を取り調整してくれるのです。

このように、転職活動にかかる労力を最小限にしてくれるのが転職エージェントですので、利用する価値は十分ありますし、20代が転職エージェントに登録する最大のメリットが他にあります。

それは、「20代は転職に関する知識が未熟」だということです。転職エージェントに所属するキャリアコンサルタントは転職のプロです。

さらに、それぞれの企業が欲しい人材がどのような人材かを知っていますので履歴書の書き方や職務経歴書の書き方も指導してくれます。

それぞれの企業に合わせての面接対策など、転職に成功するためのノウハウを全て知っているのが転職エージェントですから、転職の知識が少ない20代は転職エージェントを利用する方が、一人で転職活動をするよりレベルの高い企業に転職できる確率が高くなります。

つまり、20代が転職エージェントを使うべき理由は

  • 転職活動にかかる労力を減らすことができる
  • 20代が未熟な転職の知識を豊富に持っている

ということが大きな理由として挙げられます。

そのほかの理由として

  • 年収や待遇面の交渉をしてくれる
  • 自分では言いにくい長所を企業側に伝えてくれる
  • 履歴書や職務経歴書の効果的な書き方を教えてくれる
  • 書類審査の時に推薦状を書いてくれる
  • やりたいことが見つからない場合、今後キャリアのアドバイスをしてくれる

と、20代では転職知識が苦手な部分を全てカバーしてくれるのが転職エージェントですので、20代は転職エージェントを利用する方が良いのです。

複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントを利用するならルールがあります。それは、複数の転職エージェントに登録することです。

転職エージェントをうまく利用するには複数の転職エージェントに登録した方が効率もよく自分のためにもなります。

まず、複数の転職エージェントに登録することで、それだけの求人数をみることができます。
できれば2~3社の転職エージェントには登録しましょう。

1社だけの求人と2~3社の求人数とでは、圧倒的に2~3社あった方が求人数がおおくなり、選択範囲も広がります。

そして、よりよい転職先を見つけることにも繋がりますので、転職エージェントは2~3社登録しておいた方が良いでしょう。

そして、複数のエージェントに登録することでメリットとなるのが、1社にしか登録していない場合、そのエージェントのキャリアコンサルタントに頼り切りになります。

転職エージェントのキャリアコンサルタントは自分専任としてついてくれますが、キャリアコンサルタント自信が担当している登録者は複数いますし、企業を受け持っているコンサルタントもいますので、いくら自分専任と言っても、自分だけと転職活動をしているわけではありません。

ですので、求人がない場合や、相談に乗ってほしい時など連絡してもすぐにつながるわけではないので焦りも出てきますし、すぐに紹介できる求人がない、もしくは紹介してもらっても自分が希望する求人がない場合、いつになったら転職できるのだろうと精神的にも追い込まれます。

ですが、複数の転職エージェントに登録することで一人の転職エージェントに頼り切りになることはなく、こっちのエージェントは求人がないけれど、別のエージェントから求人の連絡があったということもありますし、相談したいことがあって連絡してもつながらなければ別のキャリアコンサルタントに連絡すればよいので精神的に余裕が持てます。

この余裕をもって転職できることが面接でも焦りがなく余裕をもって臨めるので自分に有利に働くのです。

20代におすすめの転職エージェント

ここまで、20代向け転職エージェントの選び方をご説明してきましたが転職エージェントのことや、選び方はお分かりになりましたか?

それでは、ここからは実際にどのような転職エージェントがあり、どんな特色があるのかをご紹介していきますので、自分の条件や希望を叶えてくれそうな転職エージェントを見つけましょう。

20代で転職するすべての人へおすすめ

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手の総合型転職エージェントです。何といってもリクルートエージェントの魅力は求人数の多さです。

公開されている求人数だけでも11万件に上りますから、未公開求人数も合わせると15万件はあるのではないかと言われています。

リクルートエージェントが業界トップなのは求人数だけではなく業績も業界第1位ということで、転職率も高く、早く転職をしたい人には向いている転職エージェントです。

リクルートエージェントが扱う職種や業種はとても多いので自分に合った求人が見つかる可能性が高いでしょう。

また、業績第1位ということで、キャリアコンサルタントの営業力も高く、交渉力もあるのですが、決断を早くしなければならない場面が多く、早めの決断を迫られることもありますので、自分のしたい職業がハッキリしていたり、早く転職したい人に最適な転職エージェントです。

また、業界最大手ということで、大企業との取引も多いので、大企業への転職を希望している人も登録しておきたいエージェントです。

パソナキャリア

パソナキャリアは、大手の転職エージェントで総合型という分類に入ります。

総合型ですので、色々な職種や業種を取り扱っておりどの業種や職種の求人も多く、大手ですのであらゆる求人情報が入ってきます。

大手の転職エージェントは大企業とのつながりもありますので、大企業への転職を考えているなら大手転職エージェントには登録しておいた方が良いでしょう。

また、パソナキャリアの求人は質が良く優良な求人が多いと評判です。

さらに、キャリアコンサルタントのサポートも丁寧で、親身になって相談にのってくれますし初めて転職エージェントを利用する人のことを考えて、その人のペースに合わせて転職サポートをしてくれますので、転職エージェントを初めて利用する人は登録しておきたいエージェントです。

マイナビエージェント

20代なら一度は相談しておきたいのがマイナビエージェントです。

マイナビエージェントは20代に特化した転職エージェントで、新卒の就職率NO1のマイナビが運営している転職エージェントなのです。

新卒採用でマイナビを利用している企業はとても多く、皆さまもご存知のような人気企業はほとんどマイナビを利用しています。

そのため、第二新卒の求人はマイナビエージェントに流れてくるようになっており、マイナビエージェントには他のエージェントにはないような大企業からの求人もありますから、登録しておいて損はないでしょう。

第二新卒や20代の転職はマイナビエージェントは外せないと言われているエージェントですから、20代向けの求人も多く、20代に関する業績は新卒なら業界NO1と言うほど高い実績を誇ります。

type転職エージェント

type転職エージェントは20~30代の転職に特化した転職エージェントです。

しかも、type転職エージェントで転職に成功した人のうち約71%の人が年収アップしてますので、企業との交渉力もある転職エージェントです。

取引している企業もベンチャー企業から大企業まで幅広く、様々な業種に対応しているエージェントです。

また、type転職エージェントにしかない求人も多く保有しており、企業とのパイプが太いエージェントで、信頼度の高さがうかがえます。

キャリアコンサルタントも20代という若い世代の転職をサポートするということでわからないことも親身になって教えてくれますし、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策なども行ってくれます。

DODA

DODAはリクルートエージェントに次ぐ業界第2位の総合型転職エージェントです。

業績、求人数共に業界第2位でキャリアコンサルタントの質も高いと業界でも評判の高い転職エージェントです。

20代の転職に慣れていない人でも丁寧にアドバイスしてくれますし、20代向けや未経験OKの求人もあるため、異業種への挑戦もできます。

キャリアコンサルタントは、登録者のペースに合わせてくれますのでリクルートエージェントのように急かされることもないでしょう。

また、キャリアコンサルタントも人間ですから、質が全く違うという場合が多いのですが、DODAのコンサルタントは皆質が高いので、安心して転職サポートを任せることができます。

DODAも業界大手ということで、大企業や優良企業への転職を希望している人にも向いています。

Spring転職エージェント(アデコ)

Spring転職エージェントはアデコグループが運営している転職エージェントで、スイスに本社があることから外資系に強い転職エージェントです。

国内ではリクルートエージェントが業界第1位ですが、世界での業績第1位はSpring転職エージェントです。

Spring転職エージェントは業界でも規模が多く「サポートを断らない」ことで有名です。
ですので、転職経験のない20代でも気軽に相談することができます。

求人数も多いですし、外資系に強いので今後外資系で頑張っていきたいという人には最適なエージェントですし、他の転職エージェントで登録できなかった人やキャリアやスキルに自信のない人もSpring転職エージェントなら相談に乗ってくれますので押さえておきたい転職エージェントです。

キャリアがない方向け

ハタラクティブ

ハタラクティブはフリーターやアルバイトなどキャリアがない20代に特化した転職エージェントです。

今はアルバイトやフリーターだけど正社員になりたいという人に向いています。また第二新卒の求人にも強く、20代の業績では業界トップクラスの転職エージェントです。

ハタラクティブは高いサポート力があり、書類選考通過率は91%を超え、内定率は80%と高い数値を誇ります。

ただし、拠点が東京・神奈川・埼玉・千葉になり、面談可能な場所が渋谷と立川になりますので、そのほかの地域は電話相談となります。

特に、この1都3県の求人が多いので、この地域に転職したい人でキャリアに自信がない人に向いている転職エージェントです。

就職Shop

就職Shopは大手企業のリクルートが運営している転職エージェントですので信頼度は高いでしょう。

リクルートが運営しているということで書類選考なしで面接を受けることができるのも特徴です。

キャリアやスキルに自信がない人は書類選考で落とされやすいので、書類選考なしの面接は転職できる確率が高くなります。

未経験OKの求人を多く保有していますので、自分が今までしていた業種や職種ではなく、違う職種や業種に転職したい場合も利用したいエージェントです。

未経験から正社員への転職も可能ですので、フリーターやアルバイトの人も正社員として採用されるチャンスがあります。

JAIC

JAICもフリーターや即卒に特化した転職エージェントで、未経験から正社員への転職率は80%を超えています。

求人数は大手に比べると少ないかもしれませんが、JAICにはおもしろい制度があり、登録してから10日間のビジネスマナーを受けると厳選された優良企業20社を書類選考なしで面接を受けることができるのです。

就職shopにも書類選考なしで面接を受けられるという制度がありますが、JAICの場合はそれが20社も受けることができますので、最初の段階で転職に成功する可能性があります。

転職エージェントで20社もの求人をもらうのはかなり時間がかかりますから、ビジネスマナーを受ければ書類選考なしで20社の面接を受けることができるのは、未経験から正社員へ転職したい人には、とても大きなメリットとなるでしょう。

第二新卒の方向け

アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェントは第二新卒に特化した転職エージェントです。特化というのは、専門ということで、第二新卒専門の転職エージェントになります。

未経験OKの求人が多く、以前の職業や職種と違う仕事がしたい人に向いています。

また、アイデムスマートエージェントは40年の業績がありますから、昔から繋がりの深い企業や、信頼ある実績を持っていますので企業とのパイプが強く、アイデムスマートエージェントにしかない独占案件も多数保有しています。

未経験OKの求人も多いのですが、キャリアアップやスキルアップ、年収アップのできる求人もありますので、自分の能力や年収をアップさせてたい人にも向いています。

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneoは第二新卒や即卒、フリーターなど20代の転職に特化した転職エージェントで、特に第二新卒のサポート力が高いと評判です。

第二新卒に特化した転職エージェントですので、未経験OKの求人もあり異業種への転職をしたい人に向いています。

もし面接に落ちた場合、不採用の理由を教えない転職エージェントがほとんどですが、第二新卒エージェントneoは、不採用の理由を教えてくれますので、今後の対策に活かすことができます。

ただし、求人の質が他のエージェントに比べて低いことが多く、キャリアコンサルタントの質もバラバラですので、自分に合わないキャリアコンサルタントに当たってしまう可能性があります。

もし、自分と合わないキャリアコンサルタントが担当になってしまった場合は無理をせず、別の人にしてほしいと会社に申し出ましょう。

IT業界へ転職をしたい方向け

ワークポート

ワークポートはIT業界やWEB、ゲーム業界に特化した転職エージェントです。

キャリアコンサルタントの質を落とさず手厚いサポートをするために拠点は東京・大阪・福岡のみに限定して、じっくり時間をかけて登録者のサポートをしてくれますので、転職エージェントを初めて利用する人に向いています。

ワークポートはIT業界に特化していますので、IT関連やWEB、ゲーム業界の求人が多く、IT関連への転職実績は業界トップクラスです。

未経験OKの求人もありますし、年収アップの求人もありますので、IT関連業界へ転職したい人は一度は相談しておきたい転職エージェントです。

登録も全転職エージェントの中で一番簡単ですので、転職に慣れていない20代にはとてもやりやすい転職エージェントではないでしょうか。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは「20代で転職するすべての人におすすめ」の項目でご紹介しましたが、多くの求人数がある中でもIT業界に強い転職エージェントなのです。

非公開求人も合わせると約15万件あると言われている求人の中で、ITやエンジニア関係の求人が4万件以上あると言われています。

この求人数は他の転職エージェントにはないほどの多さで、この求人を利用しない手はありません。

また、リクルートエージェントにはIT関連やエンジニアに特化したキャリアコンサルタントが在籍しているため、IT関連の企業情報や知識に長けており、関連業界への転職にはとても心強い存在になります。

ハイキャリアの方向け

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリアやハイクラスに特化した転職エージェントです。

ハイキャリアというのは、今のキャリアに自信があり、転職を機にさらにキャリアアップをしたい人向けの求人です。

ハイクラスというのは、スキルやキャリアに自信のある人が転職を機に年収アップするための求人です。

JACリクルートメントはどちらの求人も多く、特にこれらハイキャリア・ハイクラスの求人に特化したエージェントです。

キャリアコンサルタントの質も高く、サポートはとても丁寧で初めて転職エージェントを利用する人にも向いています。

ただし、ハイクラスに特化しているエージェントのため、キャリアやスキルはシビアに見ています。

登録者の市場価値が高ければ大企業を紹介してもらえますが、市場価値が低いと判断されると中小企業しか紹介してもらえません。

年収1,000万円クラスの求人が豊富で、それ以上の年収の求人もありますし、年収アップを目指している人は登録しておきたいエージェントです。

ビズリーチ

ビズリーチもハイクラスやハイキャリアに特化した転職エージェントですが、求人を紹介する方法が、「ヘッドハンティング型」と言い、ハイクラスに特化した転職エージェントにはよくある方法です。

エージェントに在籍するヘッドハンター(キャリアコンサルタント)が登録者と起業、双方の情報を見てマッチングを行い、求人にふさわしい登録者をヘッドハンティングするのです。

ヘッドハンティングされるということはエージェントから求人紹介の連絡が来るということですので、ヘッドハンティングされるまで求人を待つことになります。

ビズリーチには年収2,000万円を超える求人もあり、求人の質が高いと評判です。

早く転職したい人には向いていませんが、半年から1年かけて転職活動しようと思っている人には向いているでしょう。

外資企業へ転職したい方向け

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイクラス、ハイキャリアに特化した転職エージェントですが、求人の中でも特に多いのが外資系です。

外資系の中でもマネージャーやリーダークラスの実績は業界NO1と言われています。

キャリアコンサルタントも業界経験者が多く、外資系企業に転職したいのであれば、JACリクルートメントは外せません。

キャリア志向な面がありますので、今自分が持っているキャリアやスキルに自信のある人は一度相談してみてはいかがでしょうか。

未経験OKの求人がほとんどないため、キャリアに自信がない人は、次のSpring転職エージェントをご覧ください。

Spring転職エージェント(アデコ)

spring転職エージェントは、「20代で転職する全ての人へおすすめの転職エージェント」という項目でご説明していますが、キャリアに自信がない人や、他の転職エージェントで登録できなかった人でも気軽に相談できるのがSpring転職エージェントです。

すべての人を受け入れるという企業体勢ですので初心者に向いていますし、spring転職エージェントの本社がスイスにあるため、海外拠点も多く外資系の求人に強い転職エージェントとなっています。

今あるキャリアから外資系に転職したいという人にも向いていますし、外資系で働いていたけれど、もっとキャリアアップ、年収アップしたいという人にも向いている転職エージェントです。

キャリアコンサルタントの質はとても高く、企業との交渉力もありますので、ステップアップしたい、異業種に挑戦したい、外資系企業に転職したいという人に向いている転職エージェントです。

転職エージェントの使い方

せっかく転職エージェントを利用するのなら、最大限活用してあなたにとってプラスになるようにしたいですよね。

しかし、転職エージェントはあなた以外にも実に多くのユーザーを抱えており、転職に積極的でないと相手にされないこともあります。

転職エージェントはほとんど任せっきりのサービスではありますが、主体的に行動したり事前に活用する知識があるだけで、圧倒的に有利に転職を進められます。

そこで、ここでは転職エージェントをフル活用する方法をご紹介します。

ここを読めば、周りの転職希望者に圧倒的な差をつけられることをお約束いたします。また、より詳しい使い方につきましては、下記記事をチェックしてみてください。

転職エージェントの使い方|完全に理解し転職活動を成功へと導く知識

「転職エージェントに登録はしたは良いものの、どのように使っていけば良いのかわからない」このように感じている方は多いでしょう。せっかく転職エージェントに…

2017.11.10

転職エージェントの流れ

まずは転職エージェントを利用した際の、大まかな流れを把握しておきましょう。

転職エージェントのサービスはどこのエージェントも大体以下のような流れになります。

サービスの流れ

  1. 登録後、キャリアコンサルタントからメールもしくは電話で面談の案内をされる。
  2. あなたのキャリアや、転職条件の希望などに関することをキャリアコンサルタントと面談。
  3. 求人紹介(非公開案件含む)や企業情報を紹介してもらう。
  4. 面接のテクニックや職務経歴書の添削など、内定をもらうための指導の実施。
  5. キャリアコンサルタントとの面談後、企業への応募、日程調整を行う。
  6. 内定獲得後、円満退職のアドバイスや入社日の調整をキャリアコンサルタントが行う。

このように、転職エージェントではほとんどの転職に関わる部分をキャリアコンサルタントが代行してくれます。

転職エージェントをやる気にさせる方法

転職エージェントも企業なので、利益を出すことに必死です。

先述した通り、転職エージェントはユーザーを転職に成功させて初めて利益を得ることになります。

つまり、あなたが本当に転職してくれそうであれば転職エージェントは必死であなたをサポートしてくれるようになります。

主に転職エージェントをやる気にさせる方法としては下記の4点がかなり有効です。

転職エージェントをやる気にさせる方法

  • 「良い求人があればすぐにでも転職を考えております。」と伝える
  • 前の会社の退職理由を素直に話しすぎない
  • 事前連絡なしに面談に遅刻しない
  • 経歴などを詐称しない
それぞれ1つずつ詳しく解説いたします。

「良い求人があればすぐにでも転職を考えております。」と伝える

転職エージェントも、すぐに高い年収の転職をしてくれるとなればあなたをより大切に丁寧にサポートしてくれるのは間違いありません。

そのため嘘でもこのように言っておけば、キャリアコンサルタントはあなたの転職を支援してくれる支えになります。

前の会社の退職理由を素直に話しすぎない

もし前の会社での退職理由が「つまらなかったから」「上司と喧嘩したから」などのような、あなたが簡単に会社を辞めてしまうような人材と判断してしまうと、以下の理由がありエージェントはあなたをサポートしてくれなくなるかもしれません。

  • 転職先をすぐに退職してしまうと、エージェントは罰金を払わなくてはいけない
  • 企業との仲が険悪になり、今後の取引に悪影響を及ぼす
事前連絡なしに面談に遅刻しない

時間にルーズだと思われてしまうと面接本番でも遅刻してしまう恐れがあるので、良い求人を紹介してくれなくなります。

人間的にも、遅刻するような人とはあまり関わりたくないですよね。面談での詳しいポイント等はこちらを参考にしてください。

転職エージェントの面談|服装や準備すべきものを把握しておこう

転職エージェントに登録すると、最初に行うことになるのが「面談」です。面談と聞くと企業の入社試験にある「面接」と思っている方がいらっしゃるようですが、面接ではな…

2017.11.10
経歴などを詐称しない

キャリアコンサルタントの間で、「前言ってた経歴と違う」なんて言葉が噂で流れます。

経歴を詐称してしまうと、何に対しても嘘をついてしまうのではないかと警戒して良い求人を紹介してくれなくなります。

転職エージェントを使う上で注意すること

転職エージェントを賢く使う上で、転職エージェントをやる気にさせる以外に以下に注意しておかなければなりません。

転職エージェントを使う上で注意するべきポイント

  • 複数の転職エージェントに登録する
  • キャリアコンサルタントは自分に合う人を探す
  • 面談前から自分の経歴をエージェントに伝えておく
  • 1案件1サイトを徹底する
それぞれ1つずつ詳しく解説いたします。

複数の転職エージェントに登録する

1つの転職エージェントに頼ってしまうと1人のキャリアコンサルタントに頼ってしまうので、どうしても知識や案件が偏ってしまいます。

そのため、複数の転職エージェントを利用することで複数のキャリアコンサルタントから様々な案件を紹介してもらえ、客観的に良い案件を見つけることができ、より良い転職が出来ます。

弊社では、総合型転職エージェントを3~5社、特化型転職エージェントを1~2社登録することをおすすめしています。より詳しくは下記記事にて解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」このような意見をよく聞くことがあります。結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10
キャリアコンサルタントは自分に合う人を探す

転職エージェントを利用する際に最も重要なことは、キャリアコンサルタントとの相性です。

どんなに優秀なコンサルタントでも、あなたが嫌だと思ってしまったら疑いが止まらなくなってしまいます。

なので、合わないと感じたらすぐにでも担当のコンサルタントを変えてもらうようにしましょう。


担当の変更申請メール例

お世話になっております。御社から転職のコンサルを受けさせて頂いている○○と申します。

現在、担当をして頂いている○○様には大変お世話になっており、丁寧なご対応を頂いている

ので大変感謝をしておりますが、他の方のご意見も参考にさせていただきたく思っておりま

す。

調整の方が可能でありましたら、志望しております○○業界に精通していらっしゃるアドバイ

ザーの方とお話をしたく考えております。

お手数をおかけし恐縮ではございますが、何卒よろしくお願い致します。


面談前から自分の経歴をエージェントに伝えておく

はじめての面談を行う際に、あなたの職歴等をそこで聞いても案件を紹介することは可能です。

しかし、面談の前の登録する段階で自分の経歴やスキルについて書いておけば、担当するコンサルタントも事前に案件を準備することができ、紹介するスピードも案件の数も圧倒的に良くなります。


【会社名・部署・役職】○○株式会社:WEBマーケティング部:部長

【職務内容】約5年ほどマーケティングを担当。その後WEBマーケティング部の立ち上げに参画し部長に約10年ほど就任。12名のマネジメントを経験。

【保有資格・スキル】SEO、PPCによる広告運用、SNSにより広告運用などのWEBマーケティング全般知識。

【今後の仕事の希望】現職ではとても大きなチームで動いており、3人で出来るようなことを約10人体制で動いていることに嫌気が差し、もっと刺激のある職場で働きたいと思っておりました。そこで、ベンチャーのWEBマーケティング部であれば少人数体制でよりハイレベルなスキルが身につくのではないかと思った次第です。転職初心者なので何から始めたら良いのか、何を行動した良いのか全くわからない状態なので、ぜひともご相談させてください。

【希望勤務地】東京都内

【希望年収】現状年収750万円ほどですが、高度なSEOを学べる環境であれば、500万円程度までの減少は覚悟しております。


1案件1サイトを徹底する

良くあることなのですが、複数の転職エージェントを利用していると、どうしても同じ企業に複数の転職エージェントから利用してしまうという、案件の被りが生じてくることがあります。

これは担当のコンサルタントに不快感を与えてしまい、破談となってしまったり最悪の場合はもう案件を紹介して盛らなくなることがあります。

そのため1案件1サイトを徹底できるように、しっかりと応募した案件を管理してください。

まとめ

いかがでしたか?

20代向けの転職エージェントを選ぶ際には、きちんと自分に合った総合型転職エージェントと、20代特化の転職エージェントを選ぶようにして下さい。

そのためまずは試してみることが重要で、そこで合わないと感じたのであれば次、といった感じに利用することをおすすめします。

転職活動をしている方、これからされる方の転職がうまくいくことを陰ながら祈っております。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする