30代におすすめの転職エージェントとその選び方

30代向けの優良転職エージェントをお探しではないでしょうか?

30代で転職するのは簡単ですが、転職エージェントをしっかりと使いこなさないと、年収アップができるものも、できなくなってしまいます。

しかし、今ネット上にある情報には、素人が書いた不正確な情報が多く、信頼性に欠けるものがほとんどです。

この記事では、30代で転職を5回以上行ってきた筆者が、本当におすすめな転職エージェントやその使い方、選び方など、30代の転職を成功させるノウハウを包み隠さずご紹介いたします。

※2017年12月最新情報

2017年の最新アンケートを分析した結果、リクルートエージェントの評判が一気に上がっています。
求人数もサポートも業界トップクラスですので、登録したことがない方はぜひとも利用してみてください。

リクルートエージェント公式サイト:https://www.r-agent.com/

※2017/11末時点のリクルートエージェントの満足度(アンケート対象300人)

30代向け転職エージェントの選び方

30代と言えば、転職に慎重になる年代でもありますが、これまでのキャリアを生かしてキャリアアップするのか、未経験でもこれまでやりたかったことに挑戦するのか、自分の進む道によって選ぶ転職エージェントも大きく変わってきます。

また、30代の転職となると年齢制限などもかかりやすくなりますので、転職は絶対に成功させたいものです。

ですが、自分で転職活動をすると、その企業の雰囲気や働きやすさ、ブラック企業ではないかなどは把握することができません。

もし、転職に成功しても雰囲気が合わなかったり、仕事内容が違ったり、ましてやブラック企業となると辞めざるを得ない状況になり、せっかく転職できても転職に成功したとは言えないでしょう。

さらに30代は企業からは即戦力として見られていますので、企業が希望する能力やスキル、キャリアがなければ転職しにくい年代とも言われています。

その中で未経験業種や職種に挑戦するならなおさらです。

そこで頼りになるのが転職エージェントです。

転職エージェントなら企業情報は把握していますし、企業との付き合いも深いため登録者の条件に応じた企業を探すことができます。

また、その転職エージェントから先に転職成功した先輩などがいいますので、社内の雰囲気や仕事内容などは、先輩方からさらに細かく情報収集することができます。

30代の転職を成功させるためにも、どのような転職エージェントを選べば良いのか、ここからご紹介していきましょう。

30代が転職エージェントを使うべき理由を知る

30代が転職エージェントを利用するべきというのはなぜでしょうか。

転職に失敗できない30代だからこそ転職エージェントを利用するわけですが、30代が転職エージェントを利用するべき理由をご説明していきましょう。

30代が転職エージェントを利用するべき理由は以下の内容が挙げられます。

それぞれの企業に対して登録者の売り込み方を知っている

自分を良いように売り込むのは意外と難しいものです。

あまり自分を誉めすぎるようなことを言うと印象が良くないのではないか、でも自分の長所を前面に出さなくては採用してくれないのではないかなど、面接の時に自分をどう売り込んで良いのかわからないという人もいるでしょう。

企業に自分を売り込むためには、客観的な評価が必要です。
その評価を元に、自分を売り込むためのアドバイスをしてくれるのが転職エージェントです。

また、自分の意見だけではなく、援護射撃をしてくれるのが転職エージェントに在籍しているキャリアコンサルタントです。

キャリアコンサルタントはそれぞれの詳しい企業情報や企業がどんな人材が欲しいのか熟知していますので、そこをうまく売り込んでくれますから、転職に失敗できない30代は転職エージェントを使うべきなのです。

企業情報に詳しいので自分が希望する転職先を見つけてくれる

転職エージェントは一般では知られていない企業の情報を持っています。

企業が欲しい人材はどんな人材なのか、また、その企業はどんな経営方針で、どのような社風で、どのような雰囲気なのか、詳しい内情を知っていますので、その情報と登録者の希望がマッチングする転職先を見つけてくれます。

つまり、登録者と企業の双方に利益となる相手を見つけてくれますので、転職に失敗することなく転職活動をすることができるのです。

年収交渉など、難しい交渉もしてくれる

転職する際に30代となると気になるのが年収です。30代での転職ですから年収は下げたくないでしょう。

できれば年収アップを望んでいる人が多いはずです。

ですが、年収の交渉は難しく自分の査定や評価などをうまく企業側に伝えることができる人はとても少ないのです。

そのため、転職エージェントを使わずに自分で転職した場合、年収交渉がうまくできず、これまでの年収より下がることが多く、よくても同じ年収になります。

しかし、転職エージェントのキャリアコンサルタントは転職のプロですので、難しい年収交渉も行ってくれます。

30代という年代は家族を背負っている人もいますし、これまでの生活基盤があるので年収が下がるのは厳しい人が多いので転職エージェントを利用する方が良いのです。

それぞれの企業に応じた履歴書や職務経歴書の書き方をアドバイスしてくれる

30代の転職で、最も難しいのが書類選考に通過することです。年齢制限がギリギリの年代ですから、年齢だけで書類選考で落とされることが多いのです。

ですが、転職エージェントであれば、それぞれの企業対策が万全ですので、未経験業界や職種でも書類選考通過率が高く、適格なアドバイスをしてくれます。

自分だけでは知り得ない企業情報も知っていますから、企業が書類選考を通過させるような利敵所や職務経歴書の書き方をアドバイスしてくれるのです。

自分の市場価値を客観的に見た上でマッチングした企業の本音を教えてくれる

転職で一番大切なのは自分の市場価値がどれくらいなのかを知ることです。

転職エージェントは転職のプロですから、登録者の登録内容や経歴、キャリア、スキルなどから市場価値を客観的に見ることができます。

その上で、マッチングしている企業を選び、登録者が希望する企業の本音を聞き出してくれます。

このようなことができるのも、企業との強いパイプがある転職エージェントだからこそできるものですので、自分で転職する場合には知り得ない情報でしょう。

企業の本音がわかりますから、そこを元に面接対策や履歴書、職務経歴書の添削を行い、転職の成功率を上げてくれるのです。

複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントに登録する時は、複数のエージェントに登録するようにしましょう。できれば2~3社の転職エージェントに登録することをおすすめします。

単純に考えれば、登録する転職エージェントが増えれば求人数が増えます。

1社だけの求人数より2~3社登録した方が求人数が増えますので、自分が希望する企業に転職できる確率が高くなりますし、求人を選ぶことができますので、有利になります。

そして、複数の転職エージェントに登録することによってそれれぞれのエージェントでキャリアコンサルタントがつきます。

つまり、1社の場合は1人のキャリアコンサルタントに頼りきりになります。

紹介できる求人がすぐにないと言われても、そのキャリアコンサルタントに頼るしかありませんし、転職エージェント自体と自分が合わなくても、そのキャリアコンサルタントに頼るしかありません。

しかし、2~3社の転職エージェントに登録することによって1社のキャリアコンサルタントに頼ることなく、A社ではすぐに求人がなくてもB社ならすぐに求人を紹介してくれることもあります。

また、A社と自分が合わない場合でもB社に相談することができますので、相談できる相手は1人より2人、3人の方が転職に有利になります。

求人がない、キャリアコンサルタントと合わないというような精神的負担を減らすためにも、転職エージェントに登録する時は、2~3社には登録するようにしましょう。

30代におすすめの転職エージェント

ここまで30代向け転職エージェントの選び方をご説明してきましたが、ここからは実際にどのような転職エージェントがあるのかご紹介していきたいと思います。

30代で転職するすべての人へおすすめ

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントです。

業績、求人数共に業界第1位を誇り、特に求人数は15万件を超える規模ですので、自分の希望する求人に出会える可能性があります。

キャリアコンサルタントの質も高いですし、営業力も高いので優良案件を多く保有しています。

ハイキャリアやハイクラス求人も扱っていますので年収アップも期待できますし、これだけの求人数を扱っていますので様々な職種に対応しています。

また、業界大手ということで大企業との取引も多く、大企業への転職も期待できます。

キャリアコンサルタントが優秀なため、転職も早く決まることが多く、一刻も早く転職したいという人や、なりたい職種が決まっている、自分の希望が明確になっている人は登録しておいて損はないでしょう。

パソナキャリア

パソナキャリアは業界でも大手と呼ばれる転職エージェントです。求人数も多く、キャリアコンサルタントの質が高いと評判の転職エージェントになります。

ですので、転職エージェント初心者にも丁寧に対応してくれますし、未経験OKの案件も多数保有しています。

転職をしていけれど、自分のこれまでのキャリアを生かすのか、未経験職種に挑戦するのか、また、自分のこれまでのキャリアに自信がない人にも強い転職エージェントですので、30代でキャリアに自信がないけれど伸ばしたい、未経験職種に挑戦したいという人に向いている転職エージェントです。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、新卒や即卒に強いマイナビが運営している転職エージェントです。

マイナビは、新卒・即卒では業界トップであり、マイナビエージェントも第二新卒では業界トップクラスの業績や求人数を誇ります。

ですので、30代に強いとは言えませんが、今後30代の転職で業界トップになるという目標がありますので、30代の転職に力を入れている転職エージェントです。

つまり、30代が登録するとマイナビエージェントの中でも優秀なキャリアコンサルタントが就く可能性が高いので30代におすすめの転職エージェントなのです。

特に、ITやWEB、営業職に強いので、興味のある方は相談してみてはいかがでしょうか。

type転職エージェント

type転職エージェントは、東京・埼玉・千葉・神奈川に拠点があり、関東を中心とした転職エージェントです。
そのため、求人も関東方面が多いのですが首都圏の求人には強いエージェントでもあります。

30代の場合、キャリアやスキルがない、正社員で働いたことがないと登録を断る転職エージェントもあります。

ですがtype転職エージェントは未経験OKの求人も多く登録を断られる確率が低いので、他の転職エージェントで登録を断られた人でも登録できる可能性があります。

30代向けの求人もありますから、関東方面に転職する方は相談してみてはいかがでしょうか。

DODA

DODAはリクルートエージェントに次ぐ業界第2位の転職エージェントです。
リクルートエージェント同様、求人数も多く10万件近くありますし、業績も業界第2位となっています。

DODAのキャリアコンサルタントの質が高いのは業界でも有名で、リクルートコンサルタントは早く転職したい人に向いていますが、ゆっくり考えたい人には向いていません。

しかし、DODAは登録者のペースに合わせてくれますし、転職エージェントを初めて利用する人にも丁寧な対応をしてくれます。

DODAは独占案件を多数保有していますし、自分で求人を探したりスカウトを待つこともでき、スカウト件数は平均でも25件とかなり多いので自分の条件にあう転職エージェントを見つけやすいのではないでしょうか。

DODAも業界大手ですので大企業との取引があり、履歴書や職務経歴書などの添削で書類選考通過率が高い転職エージェントでもあります。

キャリアがない方向け

ハタラクティブ

ハタラクティブは未経験OKの求人が多いので、登録している人の9割が20代と言われています。

新卒や第二新卒、フリーターに強い転職エージェントと言われていますが、未経験案件を多く保有していますので、30代でも利用する価値はあります。

特に、30代でもスキルやキャリアに自信がない人、未経験職種に転職したい人にとっては、強い味方となる転職エージェントでしょう。

ハタラクティブはITやWEB,ゲーム業界、マスコミ、流通、教育などの求人が多いので、こちら方面に興味がある人は相談してみても良いでしょう。

ただし、東京・神奈川・千葉・埼玉の4県を拠点にしていますので関東方面に人に有利な転職えージェーンとになります。

アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェントは、地域求人誌(チラシ)を発行している株式会社アイデムが運営している転職エージェントです。

アイデムスマートエージェントを見てみると「はじめるキャリア」と書かれており、未経験から正社員に転職する人を応援している転職エージェントを運営しています。

ですので、未経験OKの案件を多く保有しており、30代でも異業種への転職や、キャリア・スキルに自信がない人にも力強い味方となる転職エージェントでしょう。

未経験からの転職を応援しているエージェントですので、正社員の経験がない30代でも登録を断られる可能性が低い転職エージェントです。

エンエージェント

エンエージェントは、大手人材会社のenジャパンが運営している転職エージェントで、ホームページには「20代、30代に強い転職エージェント」と書かれています。

ですので、30代の求人数も多く保有していますし、適正診断テストを実施しています。

適正診断テストというのは、簡単に言えば性格診断テストのようなもので、このテストを元に登録者に合った職業や企業などをマッチングしたり、面談していきます。

未経験業界に挑戦したいけれど、自分にどんな職種が向いているのかわからないという人は適正診断テストを受けてみると良いでしょう。

その結果から自分に合ったキャリア設計なども行ってくれます。また、キャリアコンサルタントの質も高く、丁寧な面談と親切な対応と評判です。

第二新卒の方向け

アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェントは、「キャリアがない人向け」という項目でご紹介しっていますが、未経験案件が多いため、第二新卒の転職にも向いています。

第二新卒ということは、未経験職種や未経験業種に挑戦する人が多いので、未経験案件を多く保有しているアイデムスマートエージェントは第二新卒に向いています。

もちろん、今までの経験を生かしてキャリアアップしたいという人への求人もありますので、今までの自分よりワンランクアップしたいという人は相談してみても良いでしょう。

第二新卒でなければ登録できないということではありませんので、未経験の職種や業種に挑戦したい人は利用してみてはいかがでしょうか。

第二新卒エージェントneo

第二新卒に特化した転職エージェントとしては、第二新卒エージェントneoがあります。求人数も多く、職種の扱いも多いので20代や第二新卒には最適な転職エージェントです。

キャリアコンサルタントも若い世代が多く、第二新卒者と話やすいのではないでしょうか。

30代向けの求人もあり、こちらも求人数が多いと評判ですが、求人の質はさほど高くありません。

ですので、年収アップやキャリアアップというよりも、未経験業界への転職を考えているのであれば登録を検討してみても良い転職エージェントでしょう。

IT業界へ転職をしたい方向け

ワークポート

IT業界に強いと言えばワークポートを外すことはできません。

IT業界やWEB関係、ゲーム業界などに特に強く、これらの業界の転職実績は業界第1位を誇ります。

また、大手転職エージェントにありがちな求人の出し惜しみがなく、良い求人があればどんどん出してくれますので、自分の希望する求人が見つかる可能性が高いでしょう。

大手に比べると総求人数は少ないですが、IT関連の求人数に関してはワークポートが業界トップではないでしょうか。

さらに、IT業界やWEB、ゲーム業界の経験がない、未経験からの転職OKという求人もありますので、これらの業界で自分の力を試したいという人は登録しておいて損はありません。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは「30代で転職するすべての人へのおすすめ」という項目でご紹介させていただきました通り、業界第1位の転職エージェントです。

基本的にあらゆる職種を扱い、ハイクラスやハイキャリアなど年収の高い求人から、大企業から中小企業と幅広い求人を保有しています。

ですが、その中でもリクルートエージェントの強みがIt関連です。
リクルートエージェントの求人の中でもIT関連の求人が多く、質も高いので、年収アップも期待できます。

元々IT関連業界にいた人であればキャリアコンサルタントの営業力も高いので年収アップが狙えますし、異業種からIT業界へ転職したい30代にもおすすめの転職エージェントです。

ハイキャリアの方向け

JACリクルートメント

ハイキャリア向けの転職エージェントの中でも大手と呼ばれているのがJACリクルートメントです。
ハイクラス、ハイキャリアの業績ではJACリクルートメントが業界トップとなっています。

元々イギリスはロンドンが発症の転職エージェントですので外資系に強く、他の業種や職種もハイキャリア、ハイクラスの求人を多数保有しています。

ただし、ハイクラスやハイキャリアということで登録者のスキルやキャリアは、かなりシビアに見られます。

高いスキルやキャリアを持つ人には、かなり良い求人を紹介してくれますが、スキルやキャリアが低いと判断された場合は求人の紹介が少なくなる可能性があります。

ですが、キャリアコンサルタントの質も高く、丁寧に面談してくれますので、今持っているキャリアに自信がある、もっと年収を上げたいという人には最適な転職エージェントです。

ビズリーチ

ビズリーチはハイクラス、ハイキャリア向けの転職エージェントですが、ヘッドハンティング型の転職エージェントになります。

ビズリーチに在籍している優秀なヘッドハンター(キャリアコンサルタント)が登録者と企業の情報を見てマッチングしていると判断された場合、ヘッドハンティング(連絡)がくるという仕組みです。

ですので、連絡を待つことになりますから、すぐに転職したいという人には向いていませんが、年収2,000万円を超える求人や、質の高い求人も多く保有していますので、自分のスキルやキャリアに自信がある人は、年収を大幅アップさせるチャンスです。

JACに比べると求人数は少なくなりますが、ヘッドハンティング型ですので、よりよい求人を紹介してもらえる可能性があります。

外資企業へ転職したい方向け

JACリクルートメント

JACリクルートメントは「ハイキャリアの方向け」という項目でもご紹介しましたように、元々ロンドンが拠点だった転職エージェントですので外資系に強い転職エージェントになります。

外資系と言えばJACリクルートメントと言われるほど業界ではトップクラスの求人を保有しています。

外資系の求人数は国内でもトップだと言われるほど多く、求人の中には外資系でハイクラス、ハイキャリアという求人も多くなっています。

また、キャリアコンサルタントの質も高く、履歴書や職務経歴書の添削はもちろん、面接対策やレジュメの添削、今後のキャリア相談もでき、自分が進みたい方向性が見えてくると評判です。

Spring転職エージェント(アデコ)

spring転職エージェントも本社がスイスにあるということで外資系に強い転職エージェントです。

アデコグループが運営する転職エージェントで、日本ではリクルートエージェントが業界トップですが、世界的な業績を見るとspring転職エージェントが世界第1位に業績を誇ります。

世界各国に拠点を持っているため特に外資系に強く、外資系の求人数は圧倒的に多い転職エージェントです。

基本的に30代の転職はマネジメント能力が問われることが多いのですが、転職後にマネジメントを学びたい人への求人もあります。

外資系企業に転職したい、海外へ転職したいという人は押さえておきたい転職エージェントです。

転職エージェントの使い方

せっかく転職エージェントを利用するのなら、最大限活用してあなたにとってプラスになるようにしたいですよね。

しかし、転職エージェントはあなた以外にも実に多くのユーザーを抱えており、転職に積極的でないと相手にされないこともあります。

転職エージェントはほとんど任せっきりのサービスではありますが、主体的に行動したり事前に活用する知識があるだけで、圧倒的に有利に転職を進められます。

そこで、ここでは転職エージェントをフル活用する方法をご紹介します。

ここを読めば、周りの転職希望者に圧倒的な差をつけられることをお約束いたします。また、より詳しい使い方につきましては、下記記事をチェックしてみてください。

転職エージェントの使い方|完全に理解し転職活動を成功へと導く知識

「転職エージェントに登録はしたは良いものの、どのように使っていけば良いのかわからない」このように感じている方は多いでしょう。せっかく転職エージェントに…

2017.11.10

転職エージェントの流れ

まずは転職エージェントを利用した際の、大まかな流れを把握しておきましょう。

転職エージェントのサービスはどこのエージェントも大体以下のような流れになります。

サービスの流れ

  1. 登録後、キャリアコンサルタントからメールもしくは電話で面談の案内をされる。
  2. あなたのキャリアや、転職条件の希望などに関することをキャリアコンサルタントと面談。
  3. 求人紹介(非公開案件含む)や企業情報を紹介してもらう。
  4. 面接のテクニックや職務経歴書の添削など、内定をもらうための指導の実施。
  5. キャリアコンサルタントとの面談後、企業への応募、日程調整を行う。
  6. 内定獲得後、円満退職のアドバイスや入社日の調整をキャリアコンサルタントが行う。

このように、転職エージェントではほとんどの転職に関わる部分をキャリアコンサルタントが代行してくれます。

転職エージェントをやる気にさせる方法

転職エージェントも企業なので、利益を出すことに必死です。

先述した通り、転職エージェントはユーザーを転職に成功させて初めて利益を得ることになります。

つまり、あなたが本当に転職してくれそうであれば転職エージェントは必死であなたをサポートしてくれるようになります。

主に転職エージェントをやる気にさせる方法としては下記の4点がかなり有効です。

転職エージェントをやる気にさせる方法

  • 「良い求人があればすぐにでも転職を考えております。」と伝える
  • 前の会社の退職理由を素直に話しすぎない
  • 事前連絡なしに面談に遅刻しない
  • 経歴などを詐称しない
それぞれ1つずつ詳しく解説いたします。

「良い求人があればすぐにでも転職を考えております。」と伝える

転職エージェントも、すぐに高い年収の転職をしてくれるとなればあなたをより大切に丁寧にサポートしてくれるのは間違いありません。

そのため嘘でもこのように言っておけば、キャリアコンサルタントはあなたの転職を支援してくれる支えになります。

前の会社の退職理由を素直に話しすぎない

もし前の会社での退職理由が「つまらなかったから」「上司と喧嘩したから」などのような、あなたが簡単に会社を辞めてしまうような人材と判断してしまうと、以下の理由がありエージェントはあなたをサポートしてくれなくなるかもしれません。

  • 転職先をすぐに退職してしまうと、エージェントは罰金を払わなくてはいけない
  • 企業との仲が険悪になり、今後の取引に悪影響を及ぼす
事前連絡なしに面談に遅刻しない

時間にルーズだと思われてしまうと面接本番でも遅刻してしまう恐れがあるので、良い求人を紹介してくれなくなります。

人間的にも、遅刻するような人とはあまり関わりたくないですよね。面談での詳しいポイント等はこちらを参考にしてください。

転職エージェントの面談|服装や準備すべきものを把握しておこう

転職エージェントに登録すると、最初に行うことになるのが「面談」です。面談と聞くと企業の入社試験にある「面接」と思っている方がいらっしゃるようですが、面接ではな…

2017.11.10
経歴などを詐称しない

キャリアコンサルタントの間で、「前言ってた経歴と違う」なんて言葉が噂で流れます。

経歴を詐称してしまうと、何に対しても嘘をついてしまうのではないかと警戒して良い求人を紹介してくれなくなります。

転職エージェントを使う上で注意すること

転職エージェントを賢く使う上で、転職エージェントをやる気にさせる以外に以下に注意しておかなければなりません。

転職エージェントを使う上で注意するべきポイント

  • 複数の転職エージェントに登録する
  • キャリアコンサルタントは自分に合う人を探す
  • 面談前から自分の経歴をエージェントに伝えておく
  • 1案件1サイトを徹底する
それぞれ1つずつ詳しく解説いたします。

複数の転職エージェントに登録する

1つの転職エージェントに頼ってしまうと1人のキャリアコンサルタントに頼ってしまうので、どうしても知識や案件が偏ってしまいます。

そのため、複数の転職エージェントを利用することで複数のキャリアコンサルタントから様々な案件を紹介してもらえ、客観的に良い案件を見つけることができ、より良い転職が出来ます。

弊社では、総合型転職エージェントを3~5社、特化型転職エージェントを1~2社登録することをおすすめしています。より詳しくは下記記事にて解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」このような意見をよく聞くことがあります。結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10
キャリアコンサルタントは自分に合う人を探す

転職エージェントを利用する際に最も重要なことは、キャリアコンサルタントとの相性です。

どんなに優秀なコンサルタントでも、あなたが嫌だと思ってしまったら疑いが止まらなくなってしまいます。

なので、合わないと感じたらすぐにでも担当のコンサルタントを変えてもらうようにしましょう。


担当の変更申請メール例

お世話になっております。御社から転職のコンサルを受けさせて頂いている○○と申します。

現在、担当をして頂いている○○様には大変お世話になっており、丁寧なご対応を頂いている

ので大変感謝をしておりますが、他の方のご意見も参考にさせていただきたく思っておりま

す。

調整の方が可能でありましたら、志望しております○○業界に精通していらっしゃるアドバイ

ザーの方とお話をしたく考えております。

お手数をおかけし恐縮ではございますが、何卒よろしくお願い致します。


面談前から自分の経歴をエージェントに伝えておく

はじめての面談を行う際に、あなたの職歴等をそこで聞いても案件を紹介することは可能です。

しかし、面談の前の登録する段階で自分の経歴やスキルについて書いておけば、担当するコンサルタントも事前に案件を準備することができ、紹介するスピードも案件の数も圧倒的に良くなります。


【会社名・部署・役職】○○株式会社:WEBマーケティング部:部長

【職務内容】約5年ほどマーケティングを担当。その後WEBマーケティング部の立ち上げに参画し部長に約10年ほど就任。12名のマネジメントを経験。

【保有資格・スキル】SEO、PPCによる広告運用、SNSにより広告運用などのWEBマーケティング全般知識。

【今後の仕事の希望】現職ではとても大きなチームで動いており、3人で出来るようなことを約10人体制で動いていることに嫌気が差し、もっと刺激のある職場で働きたいと思っておりました。そこで、ベンチャーのWEBマーケティング部であれば少人数体制でよりハイレベルなスキルが身につくのではないかと思った次第です。転職初心者なので何から始めたら良いのか、何を行動した良いのか全くわからない状態なので、ぜひともご相談させてください。

【希望勤務地】東京都内

【希望年収】現状年収750万円ほどですが、高度なSEOを学べる環境であれば、500万円程度までの減少は覚悟しております。


1案件1サイトを徹底する

良くあることなのですが、複数の転職エージェントを利用していると、どうしても同じ企業に複数の転職エージェントから利用してしまうという、案件の被りが生じてくることがあります。

これは担当のコンサルタントに不快感を与えてしまい、破談となってしまったり最悪の場合はもう案件を紹介して盛らなくなることがあります。

そのため1案件1サイトを徹底できるように、しっかりと応募した案件を管理してください。

まとめ

いかがでしたか?

30代向けの転職エージェントを選ぶ際には、きちんと自分に合った総合型転職エージェントと、30代特化の転職エージェントを選ぶようにして下さい。

そのためまずは試してみることが重要で、そこで合わないと感じたのであれば次、といった感じに利用することをおすすめします。

転職活動をしている方、これからされる方の転職がうまくいくことを陰ながら祈っております。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする