アパレル業界に転職するなら絶対に使うべき転職エージェントまとめ

アパレル業界におすすめの優良転職エージェントをお探しではないでしょうか?

アパレル業界で転職するのは簡単ですが、転職エージェントをしっかりと使いこなさないと、年収アップができるものも、できなくなってしまいます。

しかし、今ネット上にある情報には、素人が書いた不正確な情報が多く、信頼性に欠けるものがほとんどです。

この記事では、アパレル業界で転職を5回以上行ってきた筆者が、本当におすすめな転職エージェントやその使い方、選び方など、アパレル転職を成功させるノウハウを包み隠さずご紹介いたします。

※2017年12月最新情報

2017年の最新アンケートを分析した結果、リクルートエージェントの評判が一気に上がっています。
求人数もサポートも業界トップクラスですので、登録したことがない方はぜひとも利用してみてください。

リクルートエージェント公式サイト:https://www.r-agent.com/

※2017/11末時点のリクルートエージェントの満足度(アンケート対象300人)

アパレル業界の転職エージェントの選び方

アパレル業界は、土日祝日の出勤はもちろんですが、勤務時間が長く残業が多い業界でもあります。

特に、セール時期などはかきいれ時となるため夜遅くまで残業する店舗も珍しくありません。

ですが、残業が当たり前のようになってしまい、ブラック企業と化しているところも多いのが現実です。

もちろん、きちんと労働基準法に基づいて人員配置をしている企業も多いのですが、アパレル業界は、他の業界に比べて残業が多いので注意しなければなりません。

また、アパレル関係といっても種類は様々です。子供服から、紳士服、婦人服、古着、ブランドショップなど自分が働きたい分野の求人があるのかも重要です。

そこで頼りになるのが転職エージェントです。

転職エージェントは企業情報や内情に詳しいので、「多少の残業はかまわないが、あまりに残業が多すぎるのは避けたい」「休日は、必ず休めるところが良い」など自分が求めている条件にあう求人を探してくれますし、ブラック企業を紹介するようなこともありません。

これが、自分で転職活動をするとなると、内情まではわかりませんので転職に成功したのはいいけれど、転職先がブラック企業ですぐに辞めざると得なかったという場合もあります。

アパレル業界に転職するなら転職エージェントを利用する方が転職に成功しやすいので、自分にあった転職エージェントを選ぶにはどのようにしていけばよいのかご説明していきましょう。

総合型とアパレル業界特化の両方を選ぶ

転職エージェントには総合型と特化型があります。

アパレル業界に関しても同様で、総合型の転職エージェントと、アパレル業界に特化した転職エージェントがあります。

アパレル業界に転職するなら総合型と特化型の両方の転職エージェントに登録した方が転職を有利に進めることができます。

では、その理由をご説明していきましょう。

総合型は大手転職エージェントが多く求人数が豊富

転職エージェントの中でも総合型の場合、大手の転職エージェントであることが多いため求人数が多いのが特徴です。

また、職種の取り扱いも多いのでアパレル業界でも様々な種類の求人があります。

さらに、大手となればアパレル業界の中でも大企業との取引もありますから大企業への転職も期待できます。

総合型の中でもアパレル業界部門があれば登録するべき

総合型の転職エージェントの中にも、力を入れている職種の場合、その職種や業種専門の部門を設立しているところがあります。

よくあるのが、IT業界部門や経理事務部門、外資系部門など、独立する部門がある場合、その業種や職種に強いキャリアコンサルタントが在籍していますし、その業界に詳しい情報を得られますので自分に有利な転職ができる可能性があります。

特化型は総合型では持っていないような独占求人を保有している

総合型のように色々な職種や業種を扱ってはいませんが、その業種や職種専門の転職エージェントがあります。

それが特化型転職エージェントになりますが、特化型の場合、総合型の転職エージェントでは持っていないような求人を独占して所有していることがあります。

アパレル業界に特化した転職エージェントの場合、その企業とのつながりがとても強いため、求人はこの転職エージェントにしか出さないということもあるのです。

ですので、総合型だけではなく特化型の転職エージェントに登録することで求人の取りこぼしがなくなるでしょう。

特化型はアパレル業界に詳しいキャリアコンサルタントばかり

特化型の特徴の一つとして、その業界に詳しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

多くの特化型転職エージェントでは、業界経験者がキャリアコンサルタントになっていることが多く、自分の繋がりのある企業から求人をもらうということもありますから、社内事情や企業情報の詳しさは総合型より秀でています。

転職の際に企業情報を詳しく把握することは必須ですが、一般の人では知り得ないような企業の本音を知っているのも特化型の特徴です。

転職エージェント全体を考えたメリット

では、特化型・総合型の双方関係なく、転職エージェントに登録することで生じるメリットをご紹介していきましょう。

  • それぞれの企業に合った履歴書や職務経歴書の書き方を教えてくれる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは、それぞれの企業情報に詳しく、っ企業がどんな人材を求めているのか熟知しています。

ですので、自分の希望とマッチングした企業に転職したいとなった時に、履歴書や職務経歴書をどのように書けば書類選考に通過しやすくなるのかもアドバイスしてくれます。

  • 自分の希望する年収や待遇面など雇用条件の交渉してくれる

転職活動をする中で、なんとか転職に成功したいという一心で自分の希望を押し殺してしまう求職者が多いのですが、実際採用されて転職に成功したかに見えても、自分の希望をつたえられなかったことで待遇面や雇用条件に不満が出てきて結局辞めてしまうようでは転職に成功したとは言えません。

ですが、転職エージェントに登録すると年収の希望や待遇面などの雇用条件をうまく交渉してくれるキャリアコンサルタントがいます。

年収がアップするか、雇用条件が良くなるかはキャリアコンサルタントの力量によりますが、年収アップ率が高い、もしくは営業力が高いキャリアコンサルタントのいる転職エージェントもあります。

交渉事はキャリアコンサルタントに任せて、自分は転職活動に集中できる環境が作れるのも、良い転職ができる方法ですね。

  • 転職活動の時間を短縮できる

転職時活動で一番大変なのが自分の希望条件に合う企業を探すことです。

また、条件の合う企業があっても企業側の条件と自分のスキル・キャリアが合わない、方向性が合わないなど、自分の条件に合う企業を見つけるのはなかなか難しいものです。

求人情報を探すだけでも疲れてしまうのが転職活動ですが、「探す」という行動をしなくても良いのが転職エージェントです。

転職エージェントに登録すると自分の出した条件やスキル・キャリアと企業側が欲しい人材の特徴などをキャリアコンサルタントが照らし合わせてくれます。

マッチングした求人があれば連絡をくれますので、転職活動の時間を短縮でき、転職活動に伴う精神的な疲労や肉体的な疲労も軽減してくれるのです。

  • 客観的に第3者目線で見て企業にアピールしてくれる

転職エージェントを利用する上でとても効果的な理由がこれです。企業側は客観的に見た視点を重視します。

ですが、自分のことを客観的に見て売り込むのはとても難しいのです。

「自分のことをアピールしたいけれど、あまりアピールしていると自慢しているように見えるから言えない」など、言いたいことをきちんと言えず自分の長所をきちんとアピールできずに転職に失敗することも多々あります。

ですが、転職エージェントであれば、企業が欲しい人材を把握しているキャリアコンサルタントが登録者を客観的に見て、登録者が採用されるように企業にアピールしてくれますし、面接対策でレジュメの添削もしてくれますので転職活動にはキャリアコンサルタントが力強い味方になります。

複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントに登録する際は2~3社といった複数社登録する方が有利になります。

まず、複数の転職エージェントに登録することで、それだけ求人数が増えます。

つまり、自分が希望する条件に合った企業が見つかる可能性が高くなりますし、より多くの求人を見ることができます。

そして、何より1社に登録した場合は、一人のキャリアコンサルタントに頼らざるを得ませんが、複数の転職エージェントに登録することで複数のキャリアコンサルタントを頼ることができます。

A社では紹介できる求人がないと言われても、B社に相談するとすぐに紹介できる求人があったり、転職のことで聞きたいことがある時にB社に連絡したけど、すぐにキャリアコンサルタントと連絡が取れなくてもA社に聞くことができます。

転職エージェントに登録するとキャリアコンサルタントが担当としてつくようになりますが、1社しか登録していない場合はキャリアコンサルタントも1人になり、どうしてもそのキャリアコンサルタントに頼りますので、思うように転職活動が進まない場合はイライラすることも出てきます。

ですが、複数の転職エージェントに登録すると、それだけのキャリアコンサルタントがいますから精神的にも余裕を持って転職活動をすることができるでしょう。

アパレル業界の方におすすめの転職エージェント

では、アパレル業界の転職エージェントの選び方がわかったところで、ここからは実際にどのような転職エージェントがあるのかをご紹介していきましょう。

総合型

パソナキャリア

パソナキャリアは総合型転職エージェントの中でも大手と呼ばれているエージェントで、求人数も多く、特に女性の転職を支援していますのでアパレル業界の求人もあります。

アパレル業界というとデザイナーやパタンナー、バイヤーやMD、VMD、販促やマーケティングなど様々な職種があります。

これらの職種の取り扱いもあり、大手ということで他の転職エージェントにはない職種も扱っています。

キャリアコンサルタントはとても丁寧で、業界でも「親切で丁寧なキャリアコンサルタント」と高い評価を得ています。

初めて転職エージェントを利用する人でも親切に、そして丁寧に教えてもらえますし、登録者のペースに合わせた転職活動をしてくれます。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは転職エージェント業界でNO,1の業績と求人数と誇ります。求人数はなんと15万件以上あると言われており、多種多様な職種や業種を扱っています。

転職エージェントの頂点に立つリクルートエージェントですので、アパレル業界の職種もたくさん扱っており、自分が求める求人を見つけることができるのではないでしょうか。

また、リクルートエージェントのキャリアコンサルタントは営業力が高いので企業との雇用条件の交渉も高評価ですし、早く転職したい人に向いている転職エージェントです。

さらに、求人の質もよく、アパレル業界だけではなく他の業種に特化した求人もありますし、大企業から中小企業まで様々な企業の求人を取り扱っています。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは人材会社大手のマイナビが運営している転職エージェントです。マイナビは、新卒や即卒の転職では業界トップの実績を誇ります。

そのつながりから様々な企業とのパイプも太く、アパレル業界の求人も扱っています。

大手転職エージェントに比べると求人数は少なくなりますが、キャリアコンサルタントの質が高く、登録者一人ひとりと時間をかけて面談を行い、親身になって話を聞いてくれます。

そのため転職初心者でも丁寧な対応をしてくれますので安心して任せることができます。

アパレル業界の職種も多く扱っていますので、アパレル業界に転職したいのであれば相談してみても良いのではないでしょうか。

DODA

DODAは総合型転職エージェントの中でもリクルートエージェントに次ぐ業界第2位の実績と求人数を誇ります。

アパレル業界の求人も多く、DODA自体が大手ということで、アパレル業界でも大企業との取引があります。

DODAが持つアパレル業界の求人は質が良く、大手の有名ブランドの求人を中心に取り扱っています。

営業力が強い転職エージェントですので独占案件(求人)も多く、DODAにしかない求人も多く保有しています。

また、キャリアコンサルタントの質も良く、丁寧に教えてくれますし、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますので、初心者からも人気の高い点翌エージェントです。

アパレル業界に特化

クリーデンス

クリーデンスは大手人材会社であるインテリジェンスが運営する転職エージェントで、アパレル業界に特化した転職エージェントです。

総合型転職エージェントの大手でもアパレル業界の求人数は200~300件ほどですが、クリーデンスは非公開求人も合わせると約3,000件も保有しており、豊富な求人を保有しています。

総合型転職エージェントのDODAも母体はインテリジェンスですから、姉妹エージェントと言って良いでしょう。

アパレル業界に特化した転職エージェントの中でも求人数・実績共に業界トップクラスの転職エージェントです。

アパレル業界に広いネットワークを持っているため、職種も多くキャリアコンサルタントも丁寧で質が高いと評判の転職エージェントです。

ファッショーネ

求人数ではクリーデンスに劣りますが、それでもアパレル業界の求人数は約2,000もありますから業界トップクラスの求人数を誇ります。

そして、ファッショーネの求人は、有名ブランドの本社勤務が多く、質が高いことでも有名です。
ただし、拠点が関東にあるため、転職可能エリアが関東に集中しているため、求人も関東が多くなっています。

ファッショーネのキヤリアコンサルタントは、アパレル業界経験者ばかりで、業界の情報に詳しく、アパレル業界に転職するために必要な知識を持っています。

店舗見学にも同行してくれますし、社内情報なども教えてもらえますので自分が仕事をしている状況を、より身近に実感できるでしょう。

アパレル転職ナビ

アパレル転職ナビはファッショーネやクリーデンスに比べると求人数も少なくなりますが、キャリアコンサルタントの質の高さには定評があります。

履歴書や職務経歴書の添削やアドバイスはもちろんですが、模擬面接の丁寧さは業界でも有名です。

任意であれば模擬面接の様子をビデオに撮って細かいところまでアドバイスしてくれます。

もちろん、アパレル業界に特化した転職エージェントですからキャリアコンサルタントは業界経験がある人が多く、アパレル業界に詳しい人達ばかりです。

アパレル業界に転職するにあたり、面接に自信がないという人に最適な転職エージェントではないでしょうか。

エラン

エランはアパレル業界に特化した転職エージェントの中でも老舗といわれており、キャリアコンサルタントの質が高いことで有名です。

求人数は多くはありませんが、質の良い求人を扱っています。

職種も様々で、それぞれの職種に合わせた職務経歴書のフォーマットを用意してくれていますから、自分のなりたい職種に合わせた職務経歴書を書くことができます。

また、キャリアコンサルタントは業界経験者ばかりですので、それぞれの企業の情報や内情などに詳しいでしょう。

元々業界経験者ですから、自分を通じて求人を得ているところもあり、企業の情報の詳しさはトップレベルではないでしょうか。

キャリアがない方向け

ハタラクティブ

ハタラクティブは未経験案件が多い転職エージェントです。

アパレル業界の求人もあり、今までのキャリアに自信がない人や、これまでアパレル業界以外の業界で働いていたため、アパレル業界でのキャリアがない人に最適な転職エージェントです。

未経験OKの求人が多いので、若い世代が多く登録していますので、キャリアコンサルタントも若い傾向がありますが、そこは転職エージェントですので、きちんと登録者のサポートをしてくれます。

ただし、未経験OKの案件ですから大企業への転職や年収アップを望めないかもしれませんが、アパレル業界で一から頑張りたいという人には向いているでしょう。

他の業界へ転職したい方向け

パソナキャリア

パソナキャリアは総合型転職エージェントでもご紹介しましたが、転職エージェントの中でも大手転職エージェントです。

パソナキャリアはハイクラス・ハイキャリアの求人から、未経験OKの求人も扱っており、幅広い求人を取り扱っています。

これまでアパレル業界にいた人が違う業界へ転職したい、またはこれまでアパレル業界とは全く違う業界にいたけれど、アパレル業界に転職したいなど、異業種、意業界へ転職したい人に向いている転職エージェントです。

パソナキャリアは求人数も豊富ですし、大手転職エージェントですので、職種や業種も多く、自分がなりたい業種へ転職することが可能でしょう。

ワークポート

ワークポートはIT業界やWEB関連の業界に強い転職エージェントです。

これまでアパレル業界にいたけれど、ITやWEB関連の業界に転職したいのであればワークポートをおすすめします。

IT業界やWEB関連の業界への転職実績は業界トップで、求人数も多いので転職しやすいでしょう。

大企業から中小企業まで、幅広い企業との取引がありますし、職種も豊富でIT業界やWSB業界に転職するならワークポートに登録しておいて損はないでしょう。

ワークポートはIT業界に特化した転職エージェントですので、未経験でもOKという案件も多く保有しています。

ですので、アパレル業界から未経験のIT業界への転職も可能でしょう。

type転職エージェント

type転職エージェントは、東京・神奈川・埼玉・千葉を拠点にしていますので、関東エリアの方にのみ利用可能な転職エージェントですが、キャリアコンサルタントの質が高く、特に年収交渉は定評があります。

type転職エージェントを利用した71%もの人が年収アップに成功していますので、年収アップを狙いたい人に向いています。

type転職エージェントは営業職とIT業界に強く、これらの業界経験があるキャリアコンサルタントが多く在籍しています。

また、求人数は大手ほど多くはないものの質が高く、大企業への転職も可能です。

さらに、面接対策も万全で、他の転職エージェントに比べて面接通過率が高く、キャリアコンサルタントの質が高いことがわかります。

type転職エージェントは異業界への転職も強く、経験がない業界への転職でも年収アップさせている実績がありますので、異業種や異業界への転職はtype転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントの使い方

せっかく転職エージェントを利用するのなら、最大限活用してあなたにとってプラスになるようにしたいですよね。

しかし、転職エージェントはあなた以外にも実に多くのユーザーを抱えており、転職に積極的でないと相手にされないこともあります。

転職エージェントはほとんど任せっきりのサービスではありますが、主体的に行動したり事前に活用する知識があるだけで、圧倒的に有利に転職を進められます。

そこで、ここでは転職エージェントをフル活用する方法をご紹介します。

ここを読めば、周りの転職希望者に圧倒的な差をつけられることをお約束いたします。また、より詳しい使い方につきましては、下記記事をチェックしてみてください。

転職エージェントの使い方|完全に理解し転職活動を成功へと導く知識

「転職エージェントに登録はしたは良いものの、どのように使っていけば良いのかわからない」このように感じている方は多いでしょう。せっかく転職エージェントに…

2017.11.10

転職エージェントの流れ

まずは転職エージェントを利用した際の、大まかな流れを把握しておきましょう。

転職エージェントのサービスはどこのエージェントも大体以下のような流れになります。

サービスの流れ

  1. 登録後、キャリアコンサルタントからメールもしくは電話で面談の案内をされる。
  2. あなたのキャリアや、転職条件の希望などに関することをキャリアコンサルタントと面談。
  3. 求人紹介(非公開案件含む)や企業情報を紹介してもらう。
  4. 面接のテクニックや職務経歴書の添削など、内定をもらうための指導の実施。
  5. キャリアコンサルタントとの面談後、企業への応募、日程調整を行う。
  6. 内定獲得後、円満退職のアドバイスや入社日の調整をキャリアコンサルタントが行う。

このように、転職エージェントではほとんどの転職に関わる部分をキャリアコンサルタントが代行してくれます。

転職エージェントをやる気にさせる方法

転職エージェントも企業なので、利益を出すことに必死です。

先述した通り、転職エージェントはユーザーを転職に成功させて初めて利益を得ることになります。

つまり、あなたが本当に転職してくれそうであれば転職エージェントは必死であなたをサポートしてくれるようになります。

主に転職エージェントをやる気にさせる方法としては下記の4点がかなり有効です。

転職エージェントをやる気にさせる方法

  • 「良い求人があればすぐにでも転職を考えております。」と伝える
  • 前の会社の退職理由を素直に話しすぎない
  • 事前連絡なしに面談に遅刻しない
  • 経歴などを詐称しない
それぞれ1つずつ詳しく解説いたします。

「良い求人があればすぐにでも転職を考えております。」と伝える

転職エージェントも、すぐに高い年収の転職をしてくれるとなればあなたをより大切に丁寧にサポートしてくれるのは間違いありません。

そのため嘘でもこのように言っておけば、キャリアコンサルタントはあなたの転職を支援してくれる支えになります。

前の会社の退職理由を素直に話しすぎない

もし前の会社での退職理由が「つまらなかったから」「上司と喧嘩したから」などのような、あなたが簡単に会社を辞めてしまうような人材と判断してしまうと、以下の理由がありエージェントはあなたをサポートしてくれなくなるかもしれません。

  • 転職先をすぐに退職してしまうと、エージェントは罰金を払わなくてはいけない
  • 企業との仲が険悪になり、今後の取引に悪影響を及ぼす
事前連絡なしに面談に遅刻しない

時間にルーズだと思われてしまうと面接本番でも遅刻してしまう恐れがあるので、良い求人を紹介してくれなくなります。

人間的にも、遅刻するような人とはあまり関わりたくないですよね。面談での詳しいポイント等はこちらを参考にしてください。

転職エージェントの面談|服装や準備すべきものを把握しておこう

転職エージェントに登録すると、最初に行うことになるのが「面談」です。面談と聞くと企業の入社試験にある「面接」と思っている方がいらっしゃるようですが、面接ではな…

2017.11.10
経歴などを詐称しない

キャリアコンサルタントの間で、「前言ってた経歴と違う」なんて言葉が噂で流れます。

経歴を詐称してしまうと、何に対しても嘘をついてしまうのではないかと警戒して良い求人を紹介してくれなくなります。

転職エージェントを使う上で注意すること

転職エージェントを賢く使う上で、転職エージェントをやる気にさせる以外に以下に注意しておかなければなりません。

転職エージェントを使う上で注意するべきポイント

  • 複数の転職エージェントに登録する
  • キャリアコンサルタントは自分に合う人を探す
  • 面談前から自分の経歴をエージェントに伝えておく
  • 1案件1サイトを徹底する
それぞれ1つずつ詳しく解説いたします。

複数の転職エージェントに登録する

1つの転職エージェントに頼ってしまうと1人のキャリアコンサルタントに頼ってしまうので、どうしても知識や案件が偏ってしまいます。

そのため、複数の転職エージェントを利用することで複数のキャリアコンサルタントから様々な案件を紹介してもらえ、客観的に良い案件を見つけることができ、より良い転職が出来ます。

弊社では、総合型転職エージェントを3~5社、特化型転職エージェントを1~2社登録することをおすすめしています。より詳しくは下記記事にて解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」このような意見をよく聞くことがあります。結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10
キャリアコンサルタントは自分に合う人を探す

転職エージェントを利用する際に最も重要なことは、キャリアコンサルタントとの相性です。

どんなに優秀なコンサルタントでも、あなたが嫌だと思ってしまったら疑いが止まらなくなってしまいます。

なので、合わないと感じたらすぐにでも担当のコンサルタントを変えてもらうようにしましょう。


担当の変更申請メール例

お世話になっております。御社から転職のコンサルを受けさせて頂いている○○と申します。

現在、担当をして頂いている○○様には大変お世話になっており、丁寧なご対応を頂いている

ので大変感謝をしておりますが、他の方のご意見も参考にさせていただきたく思っておりま

す。

調整の方が可能でありましたら、志望しております○○業界に精通していらっしゃるアドバイ

ザーの方とお話をしたく考えております。

お手数をおかけし恐縮ではございますが、何卒よろしくお願い致します。


面談前から自分の経歴をエージェントに伝えておく

はじめての面談を行う際に、あなたの職歴等をそこで聞いても案件を紹介することは可能です。

しかし、面談の前の登録する段階で自分の経歴やスキルについて書いておけば、担当するコンサルタントも事前に案件を準備することができ、紹介するスピードも案件の数も圧倒的に良くなります。


【会社名・部署・役職】○○株式会社:WEBマーケティング部:部長

【職務内容】約5年ほどマーケティングを担当。その後WEBマーケティング部の立ち上げに参画し部長に約10年ほど就任。12名のマネジメントを経験。

【保有資格・スキル】SEO、PPCによる広告運用、SNSにより広告運用などのWEBマーケティング全般知識。

【今後の仕事の希望】現職ではとても大きなチームで動いており、3人で出来るようなことを約10人体制で動いていることに嫌気が差し、もっと刺激のある職場で働きたいと思っておりました。そこで、ベンチャーのWEBマーケティング部であれば少人数体制でよりハイレベルなスキルが身につくのではないかと思った次第です。転職初心者なので何から始めたら良いのか、何を行動した良いのか全くわからない状態なので、ぜひともご相談させてください。

【希望勤務地】東京都内

【希望年収】現状年収750万円ほどですが、高度なSEOを学べる環境であれば、500万円程度までの減少は覚悟しております。


1案件1サイトを徹底する

良くあることなのですが、複数の転職エージェントを利用していると、どうしても同じ企業に複数の転職エージェントから利用してしまうという、案件の被りが生じてくることがあります。

これは担当のコンサルタントに不快感を与えてしまい、破談となってしまったり最悪の場合はもう案件を紹介して盛らなくなることがあります。

そのため1案件1サイトを徹底できるように、しっかりと応募した案件を管理してください。

まとめ

いかがでしたか?

アパレル業界向けの転職エージェントを選ぶ際には、きちんと自分に合った総合型転職エージェントと、アパレル業界特化の転職エージェントを選ぶようにして下さい。

そのためまずは試してみることが重要で、そこで合わないと感じたのであれば次、といった感じに利用することをおすすめします。

転職活動をしている方、これからされる方の転職がうまくいくことを陰ながら祈っております。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする