転職エージェントの面談|服装や準備すべきものを把握しておこう

転職エージェントに登録すると、最初に行うことになるのが「面談」です。

面談と聞くと企業の入社試験にある「面接」と思っている方がいらっしゃるようですが、面接ではなく、登録者の情報を詳しく把握するための面談になります。

とはいえ、面談自体が初めてで、どうすればよいのかわからないという人もいるでしょう。

どこで面談するのか、どんな服装で行けばよいのか、どれくらいの時間面談するのか、必要な持ち物は何なのか、どんな話をするのかなど初めて面談をする人にはわからないことがたくさんあります。

そこで、当記事では転職エージェントの面談について徹底解説いたします。

転職エージェントの面談時の服装

 

基本的に服装は自由なのですが、いくら自由だからと言ってジーパンにTシャツのようなラフすぎる格好はよくありません。

ただし、仕事帰りに面談に行くという人もいますので、スーツの人もいれば作業服の人もいます。

この場合は仕方ありませんので、仕事帰りの服装でもかまいません。私服で仕事をしている人もいると思いますので、基本的には服装は自由です。

ただし、面談を行うキャリアコンサルタントに与える印象をよくするためにも、清潔感のある服装が良いでしょう。

キャリアコンサルタントには、今後も転職のサポートをしてもらうわけですから、与える印象が悪ければ転職活動に支障がでる可能性があります。

ですので、面談時でも清潔感んがある服装をこころがけましょう。仕事帰りで作業服の場合は、職種の服装に合っていれば大丈夫ですので問題ありません。

では、基本となる服装はどのようなものなのか、男性と女性に分けてご説明しましょう。

男性

男性は、スーツが良いのですが、スーツでなくてもかまいません。ジーパン以外のズボンでスラックスなどの長ズボンが良く、夏は暑いからと半ズボンはNGです。

インナーはTシャツやトレーナーなどは避け、衿のついたシャツにし、ジャケットを羽織ると良いでしょう。

靴も、サンダルなどの裸足で履くようなものは避け、できればスラックスやスーツに合う革靴が良いでしょう。

アクセサリー類は、つけない方が良いのでネックレスやブレスレットは外します。指輪は結婚指輪ならかまいませんし、腕時計は派手なものでなければつけていてもかまいません。

髪の色は軽い茶髪程度ならかまいませんが、あまりに明るい色の場合は黒めの色に染めて、きちんとセットしましょう。

女性

女性の場合も基本はスーツが好ましいです。パンツスーツでもスカートスーツでもかまいません。

スーツがないという人や、仕事上スーツを着ることがない人は、男性同様にジーパン以外で、スラックスのような長ズボンが良いでしょう。

上はジャケットを羽織り、インナーも清潔感のある衿のあるシャツが良いでしょう。ジャケットがない場合は、カーディガンなどを羽織ってもかまいません。

髪の色は男性同様、黒めの色に染めて、髪が長い人は束ねておきましょう。

また、アクセサリー類もあまりつけない方が良いので、結婚指輪や腕時計くらいにしておきましょう。

女性の場合、ミュールやサンダルなどつま先が出る靴がありますが、つま先の出る靴はカジュアルすぎますので、つま先の出ないパンプスが好ましいでしょう。

転職エージェントの面談で準備するべきこと

転職エージェントとの面談日が決まれば、その日までに準備しておくことがあります。

面談の時に必ず必要となるものから、持って行った方が良いものなど、面談へ行く時に必要な持ち物や、面談で聞かれることを考えると自分のことを知っていくということも必要です。

では、面談までに準備するべきことをご説明していきましょう。

長所を知っておく

面談の時に必要なものとして「履歴書」と「職務経歴書」があります。

履歴書と職務経歴書には、自己PRや志望動機など企業側が重要視する項目があり、面談の際にもキャリアコンサルタントが気になる部分でもあります。

特に、自己PRでは自分の長所を書くわけですが、企業側が入社試験時に「性格診断」をするところが多いのですが、その内容と違っていると自己分析がきちんとできない人と判断されます。

ですので、自分の長所をきちんと把握しておく必要がありますし、自分ではわからなかった長所を見つけることができれば、さらに自己PRでアピールするポイントが増えるのです。

そこで、おすすめしたいのがキャリア診断テストです。

キャリア診断テストとは、質問される内容に答えていくことで、自分の長所を見つけ出してくれるテストなので、自分ではわからなかった長所を見つけることもできますし、企業の性格診断テストと違うということもなくなります。

キャリア診断テストも色々ありますが、中でもおすすめしたいのが「グッドポイント診断」です。
グッドポイント診断はリクルートが提供しているシステムで、18種類ある診断結果の中から、自分の長所の上位5位までを表示してくれます。

内容はとても細かく解説してくれますので履歴書や職務経歴書に十分使える内容です。診断時間は約30分と書いてありますが、早い人なら15分程度で済みます。

3部構成になっており、それぞれに所要時間が決まっていますので、その時間内に100問程度の質問に答えていきます。
難しい質問は一切なく、直観で答えていく感じになります。

グッドポイント診断を利用することで履歴書や職務経歴書の内容が濃くなりますので、転職エージェントの面談を受ける前に自分の長所を知るためにも利用しておきたいサイトです。

持ち物

転職エージェントの面談では、必ず必要な持ち物と、持っていっておいた方が良い持ち物があります。

面談当日に焦ることがないように、必要な持ち物をチェックしておきましょう。

  • 履歴書(記載済み)
  • 職務経歴書(記載済み)
  • 筆記用具
  • メモ帳

筆記用具とメモ帳は言われなくても持っていきましょう。
筆記用具はボールペンだけではなく、シャーペン、消しゴム、赤ペン、マーカーなど、きちんと揃えて持っていきましょう。

実際に持っていくものはこの程度ですが、転職エージェントから持ってきてくださいと指示のあったものは持っていきましょう。

また、面談までに頭で整理しておきたいこととしては以下があげられます。

  • 自己PR、スキル、経歴
  • 志望業界
  • 転職理由

職務経歴書に書いている内容もありますが、さらに詳しく聞かれることが多いので、頭の中で整理してから面談に臨みましょう。

転職エージェントとの面談場所

転職エージェントに登録すると面談が行われますが、面談はどこで行われるかは転職エージェントがある場所と登録者が足を運べる距離などを考えて様々なところで行われます。

基本的には、登録者が一番通いやすい転職エージェントの支店やオフィスで行われることが多いのですが、登録者がオフィスに来社できない距離の場合は転職エージェント側が出張してくれるところもあります。

オフィスで面談を行う場合は、大手転職エージェントになると、面談室がいくつかあり、個室のような部屋で面談を行うことが多いので、プライバシーが守られ安心してキャリアコンサルタントに相談できます。

中小規模の転職エージェントの場合は、面談室はあっても数がすくなかったり、パーテーションで区切られているだけというところもありますので、少々周りが気になるということもあるでしょう。

また、転職エージェントによってはオフィスに来社できない場合は電話での面談になったり、オフィスに来社できる人に限りますというところもありますが、出張面談を行ってくれる場合もあります。

時間がなかなか取れない、遠方でオフィスにすぐに行けないなど、面談に来ることができない登録者のために、キャリアコンサルタントが登録者の自宅や会社近くの喫茶店やファミレスまで出張できてくれることもあります。

オフィスがない転職エージェントの場合は、全て出張で面談となりますが、出張してくれる転職エージェントの場合は、喫茶店やファミレスだからと雰囲気がだらけないように注意しなければなりません。

あくまで面談ですので、お店に着くなり、いきなりメニューを見るようなことはNGです。真剣に話を聞き、答えていきましょう。

転職エージェントとの面談時間

転職エージェントとの面談時間は転職エージェントによって違います。30分で終わるところもあれば1時間半や2時間かかるというところもあります。

登録時に履歴書や職務経歴書を記載しているところは面談時間が短縮されることもありますが、余裕をもって一番長い2時間程度見ている方が良いでしょう。

ただし、話の内容によっては時間を延長しなければならないこともありますので、面談後に予定があるなど、面談時間を知りたいのであれば転職エージェントに「面談時間は何時間くらいでしょうか」と確認すると良いでしょう。

転職エージェントの面談では本音を話すべき?

転職エージェントの面談時に本音で話さない人がいますが、本音で話した方が自分にとっては得な情報を得ることができます。

また、面談時にキャリアやスキルなどで嘘をつくと、企業の面接を受けて採用となったときに、聞いていた情報と違うとなり問題になることがあります。

トラブルを防ぐためにも面談では本音で話す必要がありますが、本音で話すことで、自分にとって転職活動時に不利になることと、有利になることを教えてもらえますので、面談時は本音で話す方が良いでしょう。

ただし、本音で話しして良いのはポジティブな内容だけです。ネガティブな内容を本音で話すとやる気がないと判断されキャリアコンサルタントも本気でサポートしてくれなくなります。

例えば転職理由が「もっと楽な仕事がしたい」というのはネガティブな発言になります。このようなネガティブな内容は話さない方が良いでしょう。

もし、ネガティブな内容でも伝えたおきたいと思うなら、ポジティブな内容に言い換えて話しましょう。

「もっと楽な仕事がしたい」→「ワークライフバランスが取れず、残業が多かったので、残業が少ない企業に転職したい」というように、マイナスをプラスに変えて伝えましょう。

転職エージェントの面談では履歴書の添削もしてくれる

履歴書の添削は、転職エージェントの面談時に行うことはほとんどないでしょう。

ただし、面談では履歴書や職務経歴書を使ってヒアリングを行います。履歴書や職務経歴書の確認作業と言えばわかりやすいでしょうか。

履歴書や職務経歴書に書かれている内容を、さらに深く掘り下げて確認する作業は面談時に行います。

履歴書や職務経歴書の添削は面談後に行う転職エージェントが多いのですが、中には履歴書の添削を行ってくれるエージェントもあります。

遠方に住んでいる人や、キャリアコンサルタントが出張して面談しているなど、面談回数があまり取れない場合は、最初の面談の時に履歴書や職務経歴書の添削を行ってくれるところもあるでしょう。

職務経歴書の添削に強い転職エージェントを下記記事で紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。

職務経歴書の添削に強い転職エージェント3選とその選び方

「職務経歴書をどうやって書いたら良いかわからない」 「職務経歴書を第三者から見てもらって意見を聞いてみたい」このような悩みを抱えてはいませんか?実は…

2017.11.10

転職エージェントの面談でお礼は必要?

面談後にお礼をした方が良いのかと思う人もいるのではないでしょうか。

基本的にはキャリアコンサルタントも仕事ですから、お礼は必要ないのですが、キャリアコンサルタントは多くの登録者(求職者)を抱えています。

そこで、感謝の気持ちを伝えれば、キャリアコンサルタントの中で優先順位が上がります。

ですので、お礼はした方がよいのですが、茶菓子のような品をお礼として渡すのではなく、お礼はメールで十分です。

お礼をしてもらって不快な思いをする人はいませんし、これからもサポートをお願いするのですから、自分のために時間を割いてくれて尽力してくれることに感謝しなければなりません。

普通に考えても、お礼のメールを送るのは当然のように感じます。

キャリアコンサルタントの優先順位が上がるということもありますが、純粋に自分のためにしてくれていることに感謝してお礼のメールを送りましょう。

転職エージェントの面談は電話で出来る?

転職エージェントの面談は電話でもできますが、基本的に会える場合は合って面談となります。

地方などで、どうしても転職エージェントのオフィスに行けない、遠すぎて出張範囲を超えているなど、会えない時は電話で面談となりますが、それ以外は合って面談となります。

ただ、直接会っての面談と電話での面談が選べる場合は、直接会って面談する方が良いでしょう。電話は、声だけしか相手のことがわからないため絆を深めるには難しい点があります。

ですが、直接会って面談すれば相手の顔も分かり、話も弾みますし絆も深まるでしょう。転職活動でキャリアコンサルタントに手厚いサポートしてもらうには信頼関係が大切です。

面談はできるだけ会う方が、登録者もキャリアコンサルタントもやる気が起こりメリットとなります。

転職エージェントの面談の質問例

面談での大まかなことがわかったところで、面談時にどのようなことを質問されるのかご紹介していきましょう。

転職エージェントによって違ってきますが、ある程度聞かれる内容というものがありますので、いつ聞かれても良いように、そしてキャリアコンサルタントにプラスのイメージが伝わりやすいように回答を準備しておきましょう。

あなたについて(自己紹介)

面談は、まず自己紹介から始まります。

キャリアコンサルタントは、登録者が登録時に書いた履歴書を見ながら聞いていますから、簡単な自己紹介ができるようにはしておきましょう。

履歴書の自己PRを一語一句覚える必要はありませんが、ある程度同じ内容になるように自己紹介できるようにしましょう。

また、履歴書に書き忘れたことがあるなら、この時に付け加えて自己紹介すると良いでしょう。

転職活動の状況

次に、転職活動の状況を聞かれることが多いのですが、ここでは転職活動の進展具合や、他社転職エージェントを利用しているのか、利用していないのか、また、選考状況などの状況を聞かれることが多いでしょう。

転職エージェントにとって、すぐにでも転職したいと思っている登録者は最良の顧客と言えます。

転職活動の状況を聞くことで、どれくらい転職活動に意欲があるのか、すぐに転職したいのか、他社との進展具合や選考状況などから、どのようにサポートしていけばよいのか、登録者が他社に流れてしまう可能性があるのかなどを判断しています。

また、どのようにサポートしていけばよいかという部分で、転職理由を聞かれることもあるでしょう。

転職活動の状況を聞かれるのは当然のことですので、きちんと答えられるようにしておき、他の転職エージェントに登録している時は隠さずきちんと話しましょう。

転職理由はネガティブな内容は避け、ポジティブな内容に言い換えて伝えましょう。

転職先の業界・業種について

次に転職先の業界や業種についてですが、転職エージェントに登録した時点で転職したい業界や業種が決まっているなら、そのまま伝えると良いでしょう。

もし、転職したい業界や業種が決まっていないのであれば、素直に伝えてかまいません。

業界や業種が決まっていなくても、年収や待遇、勤務地、残業時間、こんな業種はイヤだなど、決まっていることはキャリアコンサルタントに伝えましょう。

ただし、あまり条件を絞り込みすぎると、その条件に見合う求人がなかなか出てこないという可能性がありますので、ここだけは譲れないという部分や、ここは多少変わっても構わないということも伝えておくと良いでしょう。

他の転職エージェントに登録しているかどうか

転職活動の状況を聞かれる時に、他の転職エージェントに登録しているかどうかを聞かれますが、登録している人は隠さずに素直に答えましょう。

他の転職エージェントに登録していることがわかると「失礼」と考えたり「自分のことをきちんとサポートしてくれないのではないか」と思われるかもしれませんが、きちんと話していなければスケジュール管理が難しくなり、最悪の場合、面接のダブルブッキングなどもあり得ます。

また、他の転職エージェントを利用することは、最近では当たり前になっていますから、失礼には当たりませんし、転職エージェントも他社との競争は当たり前だと思っています。

さらに、他の転職エージェントに取られたくないとキャリアコンサルタントも本気で転職活動をサポートしてくれますので、素直に他の転職エージェントに登録していることを伝えましょう。

まとめ

転職エージェントの面談についてご説明してきましたが、いかがでしたか?

転職エージェントに登録して最初に行われる面談は、自分のスキルやキャリア、希望条件を把握してもらうために、とても重要なことです。

また、今後お世話になるキャリアコンサルタントとの絆を深めるためにも大切なことですので、できるだけ会って面談するようにしましょう。

面談回数については人によって違います。最初の1回で終わる人もいれば、何度も面談する人もいます。

つまり、最初の1回で終わると考えると、その時にしかキャリアコンサルタントに自分のことをわかってもらう機会はないと考えて、キャリアコンサルタントが全力でサポートしたくなるように、転職に対して積極的で本気であるという意思を伝えましょう。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする