年収300万の手取りや税金、生活レベル・仕事まとめ|年収300万の世界

実は、年収300万円は日本で一番多い年収相場です。この記事では、年収300万円を達成している人の具体的な手取り年収はいくらなのか、税金はどのくらい払っているのか、どのような家に住んでいてどのような車を所有することができるのか、またどの様な職種だと年収300万円を達成することができるのかということを具体的に紹介していきます。

年収300万の手取り・月収はいくら

年収300万円の場合、基本給から所得税・住民税や保険で支出する金額を引き、手取りでの年収は約250万円前後です。

これも、務めている会社のボーナスによって多少前後しますが、ボーナスを含めないで考えた場合は月の月収は約20万円~23万円になるのが、年収300万円の方の相場です。年収300万円の方の中には、手取り月収が18万円ほどで年収300万円を達成している人もいます。

年収300万の税金・所得税はいくら

年収300万円をもらっている人は、どのくらいの税金や所得税が発生するでしょうか。

年収300万円の場合、所得税と住民税を合わせて年間15万円~22万円ほどに収まります。

内訳は以下の通りです。

所得税:約5万円~7万円(年収300万円の場合、国税庁によると10%か20%の税率がかかります。)

住民税:約10万円~15万円

最近は、社会保険料も実質税金として納めている方も多いですが、社会保険料を納める場合、社会保険料はその人の月収によって変動し、加入している保険組合や住んでいる都道府県など様々な環境によって多少変動はするものの、年収300万円の方ですと年間約40万円前後かかります。

 

年収300万の職業・仕事

それでは、年収300万円を達成している人は一体どのような仕事に就いているのでしょうか。

また、20代で年収300万円は達成することは可能なのか、以下で紹介していきます。

一般事務・医療事務

まず、一般事務と医療事務の全国の平均年収を紹介します。

一般事務:290万円~300万円

医療事務:250万円~260万円

このように、医療事務よりも一般事務のほうが年収が少し高いことがわかりました。

そして、体験談をもとに具体的にどのくらいもらっているのかということを紹介します。

大阪で一般事務として働いているAさんは、基本給が22万6000円です。

22万6000円から保険料などを引いて手取りで残るのは月18万円で、ボーナスは年間80万円になります。

一般事務で手取り額18万円でボーナスが80万円をもらえているのは、決して低いお給料ではなく平均的と言えます。

次に、クリニックに務めている医療事務のBさんは、医療事務に務めるのは初めてだったため、17万円ほどの額面給付でした。

額面というのは、基本給から交通費や残業代などが含まれた合計の金額です。

ですので、交通費や残業代を含まれなければ基本給はさらに低い金額になります。

しかし、医療事務未経験の場合相場や額面が17万円~19万円と言われており、20万円を超える場合は、かなり恵まれている職場です。

同じ職場に3年間勤務した場合、手当がついたりと年収がグンと引きあがります。

年収300万円を超えている年齢は30代後半からというのが多かったです。

医療事務の仕事については以下の記事で詳しくご紹介していますので、医療事務に興味がある方はぜひご覧ください。

医療事務の仕事|種類や内容を知って理想のキャリアを手に入れよう

医療事務の仕事の内容・業務 医療事務という言葉は、よく聞くけれど実際にどういう仕事内容なのか、どういった資格が必要なのか、医療事務の魅力って何?と疑問に思っ…

2017.12.04

調理師

調理師の求人サイトなどを見てもらうとわかる通り、務める地域によって基本給の変動の幅が大きくなります。

おおよそ、調理師の相場は残業代や交通費を含めた額面で13万円~21万円ほどでした。

さらに、13万円~21万円というのも調理師と名乗れるくらいの実力をつけた人の額面給与で見習いの場合は、額面10万円前後という条件も普通に存在します。

男性は30代前半で年収300万円を突破する人が多く、40代で年収400万円を突破する人も数は少ないですが、存在します。

女性は、40代になったころに年収300万円を超える人が多いです。

実際に、調理師として働いている方の体験談ですと、調理師は勤務年数が多くてもお給料が大きく増加することがないと言っていました。

調理師の年収を平均しても男性の場合は、約350万円~400万円で女性の場合は約250万円~300万円という結果になっています。

ですので、調理師はもらえるお給料を気にする人は続けるのが難しく、単純に美味しい食べ物を作って提供するのが好きという人ではないと続けるのは難しい業界です。

歯科衛生士

歯科医師のサポートをする歯科衛生士ですが、お勤めする病院の規模によってお給料は変動してきます。

病院の大きさの目安として、歯科医師と歯科衛生士が病院にある程度たくさんいると大きな病院、反対に歯科医師と歯科衛生士が1人または2人しかいない病院が小さな病院と言えます。

歯科衛生士の年収の平均は、約300万円~350万円で、月収にすると約20万~25万前後という結果になります。

新卒の方の平均は約20万円前後と言われていますので、20代であっても年収300万円を超える歯科衛生士の方はたくさんいます。

40代で400万円を超える人も多数います。

介護系

介護系と聞くと、3K(汚い、きつい、臭い)と言われたり、お給料が少ないというイメージがある人が多いのではないでしょうか。

平均年収は

介護士:300万円~330万円(月収は20万円前後)

ケアマネージャー:320万円~360万円(月収は25万円前後)

男性も女性も30歳を超えるあたりから、年収は300万円を超え始める方もいるので、給料が労働に見合わないというのも本当かもしれません。

しかし、介護福祉士という国家資格を持っているAさんの年収は約430万円です。

このことから、介護系の職種は国家資格を持っているとお給料が持ってない人に比べ大幅に上がるということが言えます。

現在、日本は介護職を優遇する制度を作っていると言われているため、これから先には国家資格を持っている人のお給料と持っていない人のお給料の差がさらに大きくなると言われています。

さらに、体験談の中に一家の世帯主であれば例え、介護職として経験がなくても年収が約350万円を超えたという人もいました。

入社した当初は、夜勤がないが手取りでの給料は約23万円ほどもらっており、ボーナスで年間60万円をもらっていましたということでした。

外食産業

外食産業は、簡単に言いますと飲食店です。

飲食店は、労働時間が長く、お給料も低いという方が多いです。

外食産業は、働く人に求めるスキルだったり一人当たりの仕事量は多いですが、資格や難しい知識が必要なく、誰であっても働けるチャンスはあるというのが外食産業のメリットです。

しかし、誰でもできる分お給料は低い傾向にあります。

しかし、20代であっても年収300万円後半から400万円前半を頂いている人もいるため、一概に低いとは言えません。

更に、学歴が低い人であってもチェーン店のエリアマネージャーになることができれば、年収は約500万円を超えることも十分可能なので、外食産業は、可能性の広い業界です。

労働環境は、他の職種に比べてきつい印象ですが、自分の頑張りによってバイトであっても、高い時給で雇ってもらえるところもありますので、年収300万円を超えることは十分可能です。

アパレル系

先ほどの外食産業と同じく、アパレル系はお給料が低いというイメージがある人が多いです。

実際、店長になったとしても年収は300万円に届かなかったりと、厳しい状況です。

アパレル系だけではないですが、基本的にサービス業はお給料が低い傾向があるので、お給料を重視する人には向いていない業界です。

正社員でアパレル系で働く場合、一年目の年収は約200万円~240万円と言われおり、月収は20万円以下の場合が多いですが、大卒の場合は高卒より月収が3万円~5万円高くつけてくれるところもあります。

アパレル系は実力社会ということもあり、売り上げが一定以上上げることをできれば、勤務年数が少なくても年収300万円を超える人もいますし、約400万円台を突破する人もいます。

外食産業同様、エリアマネージャーとなると年収は約500万円から600万円を超える人も続出しています。

アパレル系は基本給が低い印象ではありますが、福利厚生など待遇が他よりもしっかりしているところが多いです。

保育士

保育士は、お給料が低いと言われていますが、公立の保育園で正社員として働くと地方公務員という立場になります。

ですので、手当などは公務員の手当てが適応されるので、お給料が低いといいましたも、安定して働くことができます。

また、務める都道府県によってお給料が大きく異なることもあります。

お給料が基本的に低いと言われている一方、神奈川県などは保育士や介護士などの福祉系に力を入れているため、基本給が20万円を超えるなど決して給料が低くはないと言われている所もあるのです。

保育士の初任給は約15万円前後となっており、年収は約180万円~200万円と言われています。

また、保育士の年収はどの年代であっても約300万円~400万円であったので、お給料の大きな収入アップはあまり見込めないという印象です。

男性の平均年収が約300万円~350万円で、女性は約400万円~450万円と男性のほうが年収が高い職種が多い中、保育士は女性のほうが平均年収が高く、女性が働きやすい環境に整っているところも多いです。

年収300万の生活レベル

年収300万円の方は一体どのような生活をしているのでしょうか。

例えば、年収300万円で独身男性の場合、特に節約することにはあまり気にかけず、好きなものにお金をかけることができます。

それでも、毎月4万円は貯金できているため、独身の場合は変にストレスをためるほどカツカツな生活ではなく、自由に使えるお金も比較的ある生活ができます。

夫婦と二人で暮らしている方は、お小遣いが2万円でしたり、妻と子供がいる3人家族の場合はお小遣いが1万円ほどの家庭もあります。

年収300万円で子供が一人いるだけでも、車や家のローンなどを踏まえながら子供が成長するにつれて生活していくだけで精一杯という家庭も多い印象です。

家賃相場

年収300万円の家賃の相場は約5万円~9万円です。

一番高くても、年収300万円では9万円の家賃に住んでいる人は本当に少なく、一般的に5~6万円の家賃の家に暮らしている人が多いです。

子供を育てていくことを考えたり、節約をそこまで気にしなくていい生活をしていくにはやはり5~6万円が適当な家賃という結果になりました。

最近有名になってきた、「シェアハウス」を利用しながら家賃を抑えている人たちもいたりと、上手に家賃を節約している人たちがいるのも見受けられました。

子供がいる場合

子供が入る場合の生活レベルですが、様々な人の体験談をもとに紹介していきます。

 

  • 旦那と奥さんと子供一人の3人家族の場合

旦那さんと奥さん二人の手取り年収が合計300万円です。

節約できるところは節約をして、家も購入しました。

基本的には生活が苦になっていることはなく、今の生活にそれほど不満はないといっていました。

 

  • 旦那と奥さんと中学生の子供1人の3人家族

こちらの夫婦は、妻の年収が103万円以下で二人の年収を合わせても年収300万円にいかないことも多いです。

旦那さんの年収は200万円を超えないため、奥さんと中学生の子供は扶養家族になっています。

扶養家族になることで、以下の様なメリットがあります。

  • 所得税が基本的に0円で、住民税は一年で3000円ほど。
  • 国民年金は、旦那さんと奥さんともに免除
  • 子供が義務教育の期間(小学生1年生~中学3年生)まで就学援助費がでる。(文房具や修学旅行費、学校に必要なものを購入するお金)

年収が300万円の方は一体どのような車に乗っているのかをこれから紹介していきます。

 

  • トヨタ ヴィッツ

新車価格:130万円~

中古価格:19万円~

トヨタのヴィッツは室内がとても広いため、小さい子供がいても便利に使える車です。

そして、燃費は高速道路で24KM/Lだったりと、子供が大きくなり旅行に行く機会が多く多くなっても安心で、長い距離の運転も疲れないという方が多いです。

走行できる距離が長く、車の価格も安いためとても実用的な車と言えます。

 

  • ホンダ N-BOX

新車価格:169万円~

中古価格:39万円~

安心安全の自動ブレーキが搭載されていたり、軽自動車の中では最大の室内空間があったりと、かなり使い勝手が良い車です。

後部座席では140CMの子供が立ったまま着替えることができたり、自転車を載せることができたりと、大きな荷物を運ぶことも可能です。

 

  • ホンダ ステップワゴン

新車価格:245万円~

中古価格:35万円~

ステップワゴンほどの大きさであると、気になるのが燃費ですがこの手の車でも17.0KM/Lと燃費が良いのと、価格、税金共に安いのが大きなメリットです。

衝突軽減ブレーキや誤発信抑制機能が搭載されているため、万が一の場合にも役に立ちます。

 

  • ベンツ(Cクラス)

新車価格:440万円~

中古価格:18万円~

頭金をある程度払うか、中古車を選択することでこのような高級外車を購入することも十分に可能です。

高級車と言ったらベンツという人が多いほど、認知度も高く注目される車なので乗りたいと思う人も多いです。

休日にベンツでドライブをしても良し、日常の買い物などに使う車にしても良しと使える場面がたくさんあるため、見た目以上に機能性もとても良い車です。

年収300万の貯金額

高級車や少し良いマンションなどに住むな豪華な生活はせず、普通に生活していけば年収300万円の方の貯金額は、月2万円~4万円になります。

実際、あまり節約をせず生活していても2万円~4万円を月にコツコツ貯金しているという人はとても多い印象です。

節約をして頑張っている人ですと、月5万~6万円ほどを貯金している人もいたり、年間65万や120万円と言ったりと、かなり貯金している人も多いですので、頑張り次第で貯金の幅は変わります。

年収300万で住宅ローンは組める?

結論から申し上げますと、年収は300万円でも住宅のローンは組めます。

ここで、銀行がいくらくらい貸してくれるのかということを覚えておきましょう。

銀行が住宅のローンとして貸してくれるのは年収の6倍のほどと言われていますので、年収300万円×6で1,800万円までなら貸してくれます。

ただ、ローンによっては様々な条件が付いている可能性もあるので、1,800万円を借りることができるから借りようではなく、しっかり条件を確認したうえで適切な判断をすることが大切です。

例えば、このような例もあります。

物件が約1500万円の家を頭金500万円の貯金で返済期間を35年。

契約プランにもよりますが、月5万円ほどの返済のため無理なく支払い続けることができます。

年収300万台を稼いでいる・もらえる人の割合・男性女性別

国税庁が発表している民間給与実態統計調査結果というものがあるのですが、年収300万円以下の人の割合が全体で約4割ほどでした。

男女別で表すと、男性は3~4割、女性は5~6割という結果です。

女性の場合は、結婚して子供ができた場合に仕事を辞める人が多く、そのあとパートタイマーやアルバイトとして非正規雇用者として働く人が多いため、半分以上の女性の方は年収300万円を稼げていないのです。

しかし、問題となってくるのは男性で年収300万円を稼げていない割合が年々増加してきていることです。

男性であっても、年収300万円を稼げないという人は増えているので、今後は男性のみの収入で生活していくことは大変になってくるのではないでしょうか。

年収300万は20代30代が多め、40代もいる

年収が300万円稼げていない20代は約5割ほどいます。

やはり、まだ経験や知識が少ないため安いお給料で働かされている人も多く、専門的な資格や知識がある人でないと20代で年収300万円を超えるのは難しいです。

30歳を超えるあたりから年収は300万円を超える人が半分以上であり、中には400万円や500万円という年収を稼ぐ人も現れてきます。

しかし、中には40代になっても年収は300万円を超えないという人もたくさんいます。

自分に合う仕事が見つからず、非正規労働者として働いている人や、有名大学を卒業したが人間関係が上手くいかず同じ職場で長い期間働けないという人もいたり様々です。

年収300万の人と結婚・結婚生活・結婚観

年収は300万円ほどだと、贅沢ができなくて生活厳しい、結婚なんて夢のまた夢というくらい思っている人もいるはずです。

しかし、決してそんなことはありません。

十分結婚もすることができて、子供もしっかり育てていくことも可能です。

多少は節約などをして我慢をすることもあるとは思いますが、年収300万円でも上手に節約をしてマイホームを購入している人もたくさんいます。

仮に、旦那さんが年収300万円、奥さんが年収は300万円の場合は二人合わせて年収は600万円になります。

年収600万円ですと、手取りは40万円~45万円とかなりゆとりがもてる生活もできます。

ですので、節約の仕方や生活を工夫することで子供大学に行かせることも可能ですし、マイホームを購入することも高級外車を購入することも可能です。

20代から年収300万以上を狙うなら転職や資格取得も

20代では、年収300万円を超える人が多いと言いましたが、実際超えている人もたくさんいるので不可能ではありません。

介護職のように専門的な国家資格を持っていると優遇されて年齢の平均年収以上稼ぐことも十分可能です。

年収300万円を超えることを目指して転職をしたいという方は、「転職エージェント」を活用してください。

転職エージェントとは、あなたの転職を手助けしてくれる担当者がつき、あなとの希望に合った職などを紹介してくれるサービスのことです。

転職エージェントは完全無料で利用することができ、転職や就職に関わるほとんどの面倒な作業を代行してくれ、転職のプロであるコンサルタントからアドバイスをいただくことができるため、転職初心者の方は使わない手はないです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 このように悩みを抱えている方はとても…

2017.11.10

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

年収300万以下は労働者の約4割、節約次第で貯金もできる

年収300万円以下の方は、実際多いという現状です。

ただ、年収300万円以上を目指して転職エージェントを有効活用し、20代で年収300万円以上を稼ぎ出した人もたくさんいます。

年収300万円と言っても、結婚して家庭を持ち幸せに生活している人や、自分の夢だった高級外車を購入したり、マイホームを購入している人もいます。

ですので、年収300万円稼げていなくても、また年収300万円ほどであっても生活を変えてみたり、工夫をすることで十分充実した生活をしていくことが可能なのです。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加