年収350万の手取りや税金、生活レベル・仕事まとめ|年収350万の世界

年収350万円ってどんな感じ? 年収350万円の手取りや税金の内訳、生活レベルを詳しくお伝えします。また、年収350万円で結婚するならどうしたらいいか、住宅ローンは組めるのか、などなど……なかなか人に聞けない年収の話を、こちらにまとめました。

年収350万円って少ない? 多い?

突然ですが、皆さんの年収は幾らくらいでしょうか?  350万円より少ない、多い、だいたいそのくらい……色々な方がいらっしゃると思います。

なかなか他人に聞きづらい年収のことですが、年収350万円というと、世間的にいったいどのくらいなのでしょう? 一瞬少ないように思えますが、 実は国税庁「平成28年民間給与実態統計調査結果」によると、年収300万円〜400万円代というのはもっとも多いゾーンになっていて、全体の17〜18%にあたります。

これは全年齢のデータなので、若い世代だけを抜き出した場合、もっと割合は多くなるでしょう。なので、年収350万円は特に若者の中では一般的な給与ゾーンと言えます。

年収350万の月収・手取りはいくら?

職種にもよりますが、年収350万円程度の場合、手取り年収は、250〜280万円程度になります。 手取り月収というのは、額面から福利厚生の社会保険、所得税や住民税、国民年金を差し引いたものです。

賞与があるかどうか、会社にもよるのですが、賞与なしの場合、月収にすると20万〜23万程度になります。

年収350万の税金・所得税はいくら?

社会保険料というのは、厚生年金、雇用保険、健康保険に支払う保険料のことです。会社から渡された給与明細から、けっこうな額が引かれているのを見て、愕然としたのを覚えている方も多いのではないでしょうか。

社会保険料は年収によって決定されており、だいたい年収300万円の方なら年間40万円程度、年収350万円の方なら年間50万円程度引かれている計算になります。(具体的な額面は、住んでいる都道府県の自治体や健康保険組合の種類、また年度によって異なってきます)。

所得税・住民税もまた、前年度の年収によって決定する税金です。年収300万円ならあわせて15万円程度(所得税5万円、住民前10万円)、年収350万円なら22万円程度(所得税7万円、住民税15万円)の負担になる計算になります。 今年度の所得が変われば、来年支払う税金はその限りではなく、金額に合わせて変動します。

年収350万円の職業・仕事

前に述べたとおり、年収350万円程度どいうのは、20〜30代の一般的なボリュームゾーンの給与です。様々な業種で、会社員や契約社員の平均的な金額といって良いでしょう。

ここでは年収350万円の具体的な職業を挙げていきます。

一般事務

一般事務とは、民間企業や官公庁で資料の作成や電話・メール対応、来客対応、郵便の種分け、会議の議事録作成、備品の発注などなど、実に広範囲にわたった業務を行う仕事です。企業によって内容は異なりますが、経理や庶務の仕事、業種によってはもっと専門分野の内容を任されることもあります。

一見単純な作業の繰り返しで、雑用のような印象を受けますが、企業運営には欠かせない役割で、どこの会社でもいなくてはならない縁の下の力持ちです。

パソコンやワード・エクセルといったスキルは必須で、時に簿記や英会話なども必要になることもあります。リクルート社の集計によると、平均給与は18.4万円、となっています。

医療事務

医療事務とは、病院や診療所の受付で、会計や患者対応などをする仕事です。

主にカルテ管理・入力業務、レセプト管理(患者が払った3割以外の、医療費の7割を保険組合に請求するために必要な書類=レセプト)などを行うほか、医師、看護師、患者の間に立ち、さまざまな事務作業をこなします。

レセプトや会計業務を行うには、様々な医療や薬の知識が必要で、専門知識を活かせる職種であるため、妊娠・出産といったブランクを経たあとも活躍できる仕事として、女性に人気があります。

リクルート社の集計では、平均給与が17.1万円となっています。

調理師

調理師は、レストランや料亭、ホテルやその他飲食店で料理を作る仕事です。学校の給食や病院の食事を作る調理師もいます。特にケーキやチョコレートなどの洋菓子を専門に作る職業をパティシエと呼びます。

主に、材料の仕入れから調理の下準備、調理、盛り付けまでを行います。レストランのシェフは、名前が売れて何ヶ月先の予約までいっぱいになる売れっ子もいますが、最初は雑用係から。先輩が来る前の調理場を掃除し、道具を調え、食材を運び、洗っておきます。やっと包丁を握らせてもらったと思ったら、延々と芋の皮むきだけ、という下積みが長い世界です。

リクルート社の集計によると、平均給与は20.8万円です。

歯科衛生士

歯科衛生士は歯科医のもと、治療・診療の補助をしたり、虫歯の予防処置や保健指導を行う仕事です。

患者の歯垢・歯石除去や、治療器具の準備と管理、歯磨きの指導、患者のカルテの管理なども行います。歯科助手と混合されがちですが、歯科助手が資格不要であるのに対して、歯科衛生士になるには資格が必要です。(歯科助手は歯石除去などの口腔ケアは一切できません。)解剖学や病理、口腔衛生学の知識を身につけている専門職が、歯科衛生士です。

リクルート社の集計によると、平均給与は22.7万円となっています。

システムエンジニア、プログラマー

SE(システムエンジニア)とは、コンピュータを動かすためのプログラムとハードウェアを組み合わせて、システムを設計する技術者のことです。プログラマーとは、主にソフトウェアを設計する仕事です。

現在、コンピュータやネットワークを導入していない企業はほぼありません。SEやプログラマーはシステム設計やソフトウェア開発会社、一般会社の情報処理部門などで活躍しています。

リクルート社の集計によると、平均給与は20.2万円です

年収350万の生活レベル・生活水準

年収350万円だと、手取り月収にすると20万円ほどというのは先ほどご説明しました。

ごく一般的な給与ゾーンである年収350万円なら、都市部で普通に生活をして、無駄遣いをしなければ趣味も楽しめる程度でしょう。

では、実際に年収350万円で生活している人の暮らしはどんな感じなのでしょう? 以下でご説明していきます。

年収350万の家賃相場

支出の中で、とりわけ大きな割合を占めるのが住宅ローンや家賃です。

なので、特に都市部では、家を借りる際には、収入に見合った家賃の部屋を選ばないと大きな負担となってしまいます。では、年収350万円の方の家賃相場とは、いったい幾らくらいでしょうか?

一般的に、家賃はほぼ「収入の三分の一」程度が好ましいといわれています。

年収350万円の手取り収入が250万円として、250÷3=約83、つまり、家賃を年間83万円程度に抑えるのが理想です。これは毎月の額にすると6〜7万円程度、となります。

年収350万円で一人暮らしの場合

一人暮らしで年収350万円なら、そこそこ快適な家に住んで、遊びに行ったり外食をしたりするのが可能な額です。ゆとりがあるとは言えませんが、無駄遣いをしなければ充分暮らしていけるので、月々に決まった額の貯金も可能でしょう。

男性か女性か、住んでいるのが地方か都市部か、ライフスタイルによってもだいぶ変わってきますが、だいたい一人暮らしの方の家計の内訳を出してみると以下のようになります。

家賃 70,000円
水道光熱費 10,000円
通信費 8,000円
食費・日用品費 40,000円
服飾費 4,000円
美容費 3,000円
交通費 5,000円
交際費 10,000円
医療費 5,000円
その他・小遣い 25,000円
貯金 20,000円
合計 200,000円

年収350万円で子供がいる場合

しかし、小さい子どもがいるとなると、配偶者と子を二人養うのは、月に20万円では少厳しくなるでしょう。食費、ミルク代、おむつ代、ベビーカーやベビー用品、どんどん大きくなる子どもの洋服代、など支出が一気に跳ね上がるためです。子どもが生まれたなら、家賃などを遠方に住むなどして、大きな支出を抑えたいところです。

また、それまで夫婦ふたりで働いていたなら、そのままどちらも辞めずに、共働きをおすすめします。例えば、「夫婦どちらかが病気になった」、「寝付いてしまって長期入院が必要になった」、「リストラや退職しなければならなくなった」、などなど……人生は何が起きるか分かりません。そういった時のために、二馬力で働いているのは何よりの保険です。

年収350万の貯金額

単身者世帯なのか、配偶者がいるのかでまったく違ってきますが、年収350万で貯金をすることも可能です。

単身者の場合、毎月2〜5万円前後、貯金している方が多いようです。また、家賃を抑えるため、「すこし遠くの家に住む」、「携帯委電話をSIMフリーにする」、「コンビニでお菓子を買わない」、「こまめに節電する」……などの節約を頑張れば、もっと大きな額の貯金も可能になるので、一定額を貯めてマンション購入などの資金にするという方もいます。

年収350万で住宅ローンは組めるか

結論から言うと、年収350万円でも住宅ローンは組めます。

職種にもよりますが、実際にローンを払いながら暮らしている方もいます。ローンを検討している方は、どのような人生設計を持っていて、支出と収入が、今後数十年というスパンでどのように変化していくか。それを踏まえて、銀行に相談してみると良いかも知れません。

年収350万台を稼いでいる・もらえる人の割合、男性女性別

先ほどの国税庁「平成28年民間給与実態統計調査結果」によりますと、年収400万円以下の人の割合は、全体の57%(男性41%、女性65%)となっています。

かなり大勢の方が該当しますが、女性の方が全体的にだいぶ給与が低い分布になっています。

年収350万の人と結婚・結婚生活・結婚観

一人なら充分暮らしていける年収350万円ですが、やはり配偶者や子どもを養うとなると大変です。

親と同居できる、持ち家があるなど特別な条件があるなら別ですが、都市部で結婚して核家族で暮らしていくとなると、やはり共働きが良いでしょう。

共働きを目指すのでしたら、男女ともに、「結婚して養われたい、楽したい」「女は家にいて家事・育児をやるもの」といった古い価値観に縛られない、経済的・精神的に自立していて平等な結婚観を持っている方と家庭を持つのが良いでしょう。

自分のことは自分でやる、夫も妻も、同じだけ家のこともやる。というように、仕事も家事も育児も、夫と妻で平等にわけあって助け合いながら家庭を回していく、そんな結婚観が理想なのではないでしょうか。

20代から年収350万以上を狙うなら、転職や資格取得も

業界にもよりますが、若いうちから年収700万円や800万円、場合によっては1000万円超えの高い年収が可能な仕事も存在します。「結婚をするから、子どもが生まれるから、もう少し給与の良い仕事に転職したい」、という方は特殊な資格を取って、転職に挑戦してみましょう。

基本的に若いうちから高い年収を得ることが可能なのは、国家資格など、難しい資格や特別なスキルが必要なスペシャリスト、実績が給与に反映されやすい外資系営業職などが、高い給与が狙える職種です。

医療関係の資格を取って転職したり、コンピュータのエンジニアなら難しい言語も扱えるようにしたり……などなど。また、今やっている仕事に必要なスキルと、加えて英語も使えるようになると、2本柱のスキルを活かせる、となって引く手あまたとなり、一気に年収が跳ね上がります。

年収アップのために手っ取り早く何かしたい、と思っている方は、まずは英語を勉強して、仕事に使えるレベルまで上達させることをおすすめします。

また、特に同じ業界で仕事内容に変化がなくても、会社によって待遇は千差万別なので、まずは転職エージェントに登録してみるべきです。

転職エージェントは完全無料で利用することができ、転職や就職に関わるほとんどの面倒な作業を代行してくれ、転職のプロであるコンサルタントからアドバイスをいただくことができるため、転職初心者の方は使わない手はないです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 このように悩みを抱えている方はとても…

2017.11.10

しかし、転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

年収350万の割合は多く、結婚も貯金もできる

いかがでしたでしょうか? 以上で「年収350万円」の大体のイメージが伝わったのではないでしょうか。世間の給与状況と自身を照らし合わせて、ライフプランニングの一助にしてみてください。

今の年収が350万円でも、今後ずっとその限りではありません。業績と共に昇給したり、転職して給与が上がったりと、年収は時間と共に変化していくものです。

ぜひ、今後自分がどのような収入を得ていたいか、人生設計を立てて考えてみてくださいね。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加