年収600万の手取りや税金、生活レベル・仕事まとめ|年収600万の世界

年収600万円というのは、働いている人なら目標にしている人も多いのではないでしょうか。この記事では、実際に年収600万円をもらっている人はどのくらいの税金を払っていてどのくらい手取りでもらえるのか、どのような職種なら年収600万円以上を達成できるのか、更に、どのような家に住んでいてどのような車に乗ってどのような生活をしているのか、年収600万円の世界をご紹介します。

 

年収600万の月収・税金、月の手取りはいくら?

年収が600万円がある「旦那さんと専業主婦と子供2人」の家族と「独身」の方の月収・税金・月の手取りを例に挙げて紹介していきます。

 

  • 旦那さんと専業主婦と子供2人の4人家族

年収:600万円

保険(健康保険・雇用保険):約30万円

住民税:約8万円

所得税:約15万円

手取りの年収:約500万円

 

こちらの家族は月収が50万円に対して、月の手取りが約41万円でした。

この手取り金額は、子供の数によって変動され子供の人数が多いと手取りが多くなります。

住宅のローンなど様々異なることはありますが、旦那さんと専業主婦の奥さん、そして子供2人の4人家族だと税金や手取り額は上記の様になりますので、参考にしてみてください。

 

  • 独身男性

年収:600万円

保険(健康保険・雇用保険):約30万円

住民税:約19万円

所得税:約27万円

 

手取りの年収:約47万円お次に、独身男性が月収600万円の場合の月収や税金そして月の手取り額を紹介しましたが、家族4人いる家庭よりも住民税が約11万円ほど高く、所得税が約12万円ほど高いのがわかります。

月収が50万円に対して、月の手取り額は約39万円です。

先ほどの、家族4人の家庭の場合は、手取りが約41万円でしたので独身男性の方は2万円ほど手取りが低いことがわかります。

しかし、独身でこれだけお給料をもらっていますと、かなり自由に使えるお金も多いので十分だと言えます。

年収600万以上を狙える職業・仕事

年収600万円は多くの方が目標としている年収です。

そこで、すでに年収600万円を達成している人はどのような仕事をしているのか、どのような仕事をすれば年収600万円を達成できるのかということを紹介していきます。

不動産鑑定士

まず初めに、気になる年収ですが平均して年収600万円~700万円です。

不動産鑑定士は、雇われている方よりも独立して不動産鑑定士をやっている人が多い傾向にあります。

更に、固定資産税の評価替えというのが3年に1度行われます。そのため、評価員に選ばれている方は固定資産税の評価替えをする年は更にもらえるお金が増えるため、全体の年収がグッと引きあがります。

基本的に、お給料が高い不動産鑑定士ですが,更に高いお給料を頂けることもあります。

それが、外資系の金融関連会社に勤めている人です。

先ほど不動産鑑定士の年収は600万円~700万円といいましたが、こちらに、務めている人はその倍の年収1000万円~1500万円を頂いている方もいます。

しかし、すぐに不動産鑑定士になれるわけではなく,その前に研修生として地方の不動産鑑定事務所で経験を積む期間があります。

いわゆる、独立する前の勉強する期間ですが、この研修生の間のお給料がかなり低いそうです。

しかし、不動産鑑定事務所でたくさん知識や経験を積むことで将来年収600万や1500万円という報酬を頂けかもしれないので、耐える時期と言えます。

高等学校教員

学校の先生と言えば、公務員ですのでたくさんお給料をもらっているのではと思う方も多いです。

一体どのくらいもらっているのかと言いますと、高等学校教員の平均年収は700万円~800万円です。年収が600万円を超えて、なんと年収700万円を超える方がたくさんいます。

しかし、高等学校教員になるには教員免許を取得しなければいけないので、大学を卒業しなければなりません。

大学を22歳で卒業し、定年の60歳まで高等学校教員として働いた場合生涯推定年収は約2億5000万円~3億円と言われています。

大卒で一般的なサラリーマンの方の生涯推定年収は2億円~2億5000万円と言われているので、約5000万円ほどの差が生まれてきます。

高等学校教員は、公務員なので退職金がたくさんもらえることもでき、共済年金扱いになるため老後も安定して暮らせるのもメリットの一つです。

一級建築士

一級建築士の平均年収は約500万円~900万円と幅が広いです。

その理由として、一級建築士と言っても大手の会社で務めているのか、中小企業で務めているのか、というのが年収の幅が広い理由です。

一級建築士の年収ですと、中小企業に務めている場合は、約400万円~600万円ほどです。

また、大手会社で務めている一級建築士の年収ですが、目安として以下を参考にしてください。

某建築会社:620万円~650万円

ハウスメーカー:630万円~660万円

設計事務所:580万円~620万円

このように、一級建築士の年収は中小企業と大手企業では大きく異なってくるのです。

20代や30歳で年収600万を狙える仕事

もちろん、年収600万円以上を稼いでいる人の多くは40代からの人が多く、それなりに経験やスキルがある必要があります。

しかし、年数を重ねないと年収600万円以上は達成できないのかと言いますとそうではありません。

20代~30代の方でも、すでに年収600万円を超えているという方も実はたくさんいます。

それでは、どんな職業で働けば、20代や30代という早い段階で年収600万円を達成できるのかご紹介していきます。

IT業界

IT業界は高収入というイメージがある方も多いはずです。

やはり、そのイメージの通り平均年収も高く若くして年収600万円を超えている方も数えきれないくらい存在します。

その中でも、SE(システムエンジニア)と呼ばれるコンピューターシステムの設計や作成に携わる仕事があるのですが、こちらがIT業界の中で稼げると有名です。

IT業界では、能力によってすぐに昇給したりするため会社に入社してから5年で年収600万円を超える人も珍しくありません。

体験談でAさんは平社員として入社して7年目で年収600万を超えたという実績を持っています。

大学を卒業して入社しますと、月収20万円前後をもらえることができ、課長レベルに達すると年収は800万円を超えてきます。

不動産

不動産業界の中でも、不動産営業の気になる年収は約600万円~1,800万円といわれています。

不動産の業務内容を簡単に紹介します。

 

  • 不動産売買の仲介営業:マンションやアパート、土地などの売買を仲介する営業業務です。
  • 賃貸の仲介営業:こちらは、大家さんと賃貸マンションなどを借りたいという方を結ぶ仲介営業です。
  • マンションなどの販売営業:こちらは、一戸建てやマンションなどを販売する営業です。

 

営業が主な仕事のため、やはりどのくらい担当している土地や交通機関などを把握しているのかというのがポイントとなってきます。

平均年収が600万円から1800万円と広いため、上手く物件の利点を伝えられり、その土地ならではの悩みなどを解決してあげる知識が必要となってくるので土地勘などは重要です。

そこで、求人票などを探してみると、年収が600万円を狙えるということを売りにして募集をかけている会社が多いのが目立ちました。

例えば

  • 残業が少ない!年収が600万円以上が可能
  • 入社1年目から年収が600万円を狙える
  • 入社3年以内で年収が600万円達成者続出

 

このような求人が多かったため、年収が600万円を目指したいという方で営業が得意という方はチャレンジしてみましょう。

金融系

こちらの金融系も稼げると昔から有名です。

金融業界では一番低い年収であっても700万円はこえており、高いところで1500万円前後のところも多数あります。

しかし、金融という名前から知識がないと働けないというイメージがある人も多いですが、決してそんなことはありません。

営業などを裏方で支える、「オペレーション部門」という部門に務め20代でも年収が600万円を超えている人もいます。

ある程度、有名企業に就職することが条件とはなってきますが、年収が600万円ではとどまらず、年収700万円、800万円というお給料を頂いている人もいるので、どなたでも可能性があります。

20代で月収50万円ほどをもらっている人もいるので、体力があり若いうちからたくさん稼ぎたい方にとっても丁度いい職種であります。

しかし、実際に外資系金融時代にオペレーション部門で働いていた人が共通して言っていることが、「急激にお給料が上がることがない」ということです。

元々、高い賃金が設定している会社が多いためグンとお給料が上がるというよりは、毎年少しづつ上がっていく印象が強いです。

女性で年収600万を狙える仕事

最近では、女性であっても年収を600万円以上を稼ぐ人が多いのが現状です。

そんな中で、年収600万円以上稼ぐ女性はどのような職種で働いているのかご紹介していきます。

医療系

医療系は女性が活躍する業界として有名ですが、医療系は600万円以上稼ぐ女性が多い業界です。

医療系で年収が600万円を目指すのであれば、医師、看護師として勤め、以下の職種を狙うのがおススメです。

 

  • 大きな総合病院

各地域に一つは一番大きな病院があると思いますが、このような大きな病院ではやはり経営の基盤がしっかりしているところが多いため、定期昇給もちゃんと行わ、会社に務めている年数が長い人ほど年収が高いです。

最近は、医療系で働きたいという女性の方が多く倍率が高くなりつつありますが、努力をすればどなたであっても働ける環境なので挑戦してみる価値はあります。

  • 美容外科クリニック

美容外科クリニックは、主に自由治療が多いため他のクリニックよりも売り上げが伸びやすく、利益もたくさん取れます。

そのため、お給料が高くなる傾向にあり、月収40万円を超える求人が多いのもこのためです。

さらに、一定以上の売り上げを上げると、ボーナスがでるクリニックも多いため、月収40万+αとなる場合が多いです。

医療系の仕事については以下の記事で詳しくご紹介していますので、医療系の仕事に興味のある女性の方はぜひご覧ください。

医療の仕事|種類や内容を知って理想のキャリアを手に入れよう

医療の仕事の内容・業務 日本は、世界の中でも長寿の国として有名です。なぜ長寿の国でいられているのか?その理由の一つとして、医療の世界で働いている人たちが活躍…

2017.12.07

看護師の仕事|種類や内容を知って理想のキャリアを手に入れよう

看護師の仕事の内容・業務 看護師とは、医療現場において医師の指示に基づき、怪我や病気をした人の世話や診療の補助を行う専門職です。 例えば私たちが病院を…

2017.12.04

大学講師

大学講師というのは、主に准教授とは立場があまり変わらず、自分が研究していることを論文に残し、それが教授に認められたら正確に准教授と名乗れます。

ですので、大学講師というのは准教授になる前の研修期間という立場です。

実際立場が似ているため、准教授が年収800万円前後に対して大学講師の年収は700万円前後と大きく差が開くことはありません。

ただ、事業所の大きさや規模によって年収が変わってくるため、規模が小さいところですと、年収550万円前後に対して、規模が大きいところは700万円を超えるなど、大学講師は所属する事業所によって年収は変わってきます。

そして、大学講師の方の待遇は務めている大学によって様々です。

国立大学や公立大学であれば、比較的安定していますが、私立大学の待遇は本当に大学それぞれ違います。

大学講師になるためには、一般から募集する公募推薦で決まるため、やる気があればどのような方でも大学講師になれる可能性があるため、副業として大学講師をやっている方もいます。

年収600万の生活レベル

年収600万円もらっているかたは、どのような家に住んでいてどの様な生活をしているのでしょうか。

高級車に乗ることも可能であるなら、どのような車に乗っているのでしょうか。

気になる、年収600万円の方の生活レベルを紹介していきます。

家賃

一般的に年収の2割~3割の家賃に住むことが苦にならず生活できると言われています。

ですので、年収600万円の場合は月の家賃が最高12万円ほどの家まで住むことができます。

家賃12万ですと、かなり良い家に住めそうですが一体どのような家に住んでいるのか実際に住んでいる人の体験談を元にまとめました。

  • 旦那さんと専業主婦の奥さんと子供1人の3人家族:家賃9万円
  • 独身男性(28歳):家賃7万円
  • 独身女性(32歳):家賃10万円

 

結果として、子供がいる家庭は10万円以内、独身の場合は10万円以上の家に住んでいることが多いです。

東京ですと、家賃10万円ほど払えるのであれば新築の1LDK、2LDKのマンションなどを借りることも可能ですし、六本木で良いマンションにも住めます。

その他には、タワーマンションの高層階に住んでいる方や池袋の中心部に住んでいる方など様々な人がいました。

年収600万円は独身女性が結婚相手に望む額

女性で結婚相手に求める額で年収600万円という方が多いですが、なぜ600万円代の年収があってほしいのでしょうか。

割合で言いますと、約3割の女性の方は年収600万円以上あってほしいと思っています。しかし、この世の中年収600万円以上稼いでいる男性は5%ほどです。

女性は年収600万円以上の男性を求めていますが、決して贅沢な生活をしたいからという理由ではありません。

例えば、子供が産まれたときには女性の方は子供を育てるためにも会社を辞めなければいけません。つまり、その瞬間奥さんの収入が0円になってしまいます。

子供がある程度大きくなり社会復帰しようとしても、ほとんど人は正社員として仕事に戻ることはできずに非正規労働者として働く人が多いです。その結果、生涯賃金として約2億円ほどが失われてしまいます。

そんな中、年収600万円以上ある男性が入れば子供を十分に育てていくこともでき、生活も普通にしていけます。反対に、収入が少ない男性の場合は子供を育てていくことができるのかどうか今後がとても不安になります。このような思いから女性の方は男性に年収600万円以上稼いでほしいと望んでいるのです。

年収600万の貯金額

年収600万円以上の方の貯金は年齢によって大きく異なりました。

  • 平均約150万円~190万円(20代)
  • 平均390万円~420万円(30代)
  • 平均580万円~620万円(40代)
  • 平均980万円~1100万円(50代)

 

ただ、子供がいる人数やほかのローンなどによってはこんなに貯金できていないという方もいるので、参考程度にご覧ください。

年収600万円以上の方はどのような車に乗っているのでしょうか?以下、年収600万円以上の方が愛用している車を紹介していきます。

  • トヨタプリウス

新車価格 260万円~

中古価格 200万円~

トヨタプリウスの良いところは、やはり「燃費の良さ」です。

元々、ハイブリットカーということで燃費が良く、それからさらに改良されて燃費が良い車では常に上位にいる車です。5人乗りということで子供がいる家庭にも丁度いい車です。

そして、「耐久性」があります。ガソリンで走る車よりも複雑な仕組みになっていることから、故障しやすいと思う方もいますが、実際とてもしっかりしていて耐久性も優れています。

 

  • トヨタ NOAH

新車価格 246万円~

中古価格 117万円~(2014年モデル)

NOAHは、7人乗りで広く乗れるため、家族で旅行をされる方に愛用されている車です。

更に、このくらい大きな車ですと燃費が悪い車が多いですが、NOAHはガソリンで16.0km/L,ハイブリットで23.8km/Lと燃費が良いです。

 

  • レクサス

新車価格 372万円~

中古車価格 153万円~

レクサスは、国産の高級車として有名で、年収600万円以上稼いでいる方でレクサスを愛用している方は非常に多いです。

また、レクサスは国産SUVとして圧倒的に良い走行性能とラグジュアリーさを備えている車です。

最高峰のモデルは1500万円を超すものもありますが、新車で370万円台、中古車だと150万円台で購入できるモデルもあります。

年収600万以上稼いでいる・もらえる人の割合|男性女性別

年収600万円以上稼いでいる男女別の割合ですが、男性が約8%、女性が約2%とかなり低いのがわかります。つまり、男女合わせても約1割の方しか年収600万円を達成していないことになります。

また、この割合は非正規労働者や正社員を含めた割合ですので、正規労働者のみと限定すると男性は約5%、女性は約1%にも満たないのではないかと言われています。

年収600万を狙うなら転職や資格取得も

年収600万円を超える人はやはり、医療系やIT系そして弁護士など専門的な資格を持っている人が多いです。

ですので、専門的な資格をとることであなたも年収600万円以上を達成することは十分に可能です。

しかし、転職活動もしながら資格を取るための勉強をするのは大変です。なおさらすでに働いている会社のことで忙しかったら転職活動を自力でやる時間は取れません。

そこで、効率的に転職活動を進めるために「転職エージェント」を活用しましょう。

転職エージェントは完全無料で利用することができ、転職や就職に関わるほとんどの面倒な作業を代行してくれ、転職のプロであるコンサルタントからアドバイスをいただくことができるため、転職初心者の方は使わない手はないです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 このように悩みを抱えている方はとても…

2017.11.10

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

年収600万円は憧れ人が多い、20代30代でも業界によっては狙える

年収600万円は、働き始めたらたくさん稼ぎたいという20代の方でも、仕事次第でい十分達成できる可能性はあります。

年収600万円を達成することができれば、10万以上の2LDKのマンションを借りたり、六本木に住むことも可能であり、タワーマンションの高層階に住むこともできます。更に、憧れの高級外車に乗ることも十分に可能です。

ぜひ、あなたも転職エージェントを有効活用しながら、夢を叶えるために年収600万円以上を目指しましょう。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加