「ビジネス書がありすぎてどんな本を読んでいいかわからない」
「ビジネス書って何から読んだらいいんだろう?」
「有名なビジネス書は読みつくしてきたけど他に良い本はないの?」

このように頭を悩ませている方は少なくないでしょう。

年間5000冊以上のビジネス書が出版され、有象無象のビジネス書籍が世の中に溢れかえっている今、本当に有益なビジネス書に出会うのは至難の業です。

そこで当記事では、過去3年間で1400冊以上ものビジネス書を読んだ筆者が本当に役に立つおすすめビジネス書を48冊に厳選してまとめました。

当記事でご紹介するビジネス書を熟読していただけたら、ビジネススキルだけでなく、人生をも大きく好転させることも可能だと断言できます。もちろん、今のあなたに必要な分野を読むだけでも十分にお役立ていただけますので、ぜひ参考にしてください。

目次

【おすすめビジネス書】筋トレが最強のソリューションである

ある企業のマッチョ社長が「筋トレをすれば全てのことが解決できる」とユニークにわかりやすく解説してくれています。

行き詰ったり煮詰まった時に、体を動かすと解消できるという人もいるでしょう。

その根拠を面白おかしく、本気で筋トレで悩みが解決できると解説しています。

ビジネス面だけではなく、恋愛や家庭、仕事、考えなど、全ての悩みを解決する方法だと書かれており、実際に読むと気力が沸き上がり「実際にやってみてもいいかも」と思わせてくれる本です。

実際にこの本を読んだ人は「今まで待ちの姿勢だったのですが、この本を見て攻めの姿勢に変わりました」というくらい前向きになれる本です。

ビジネス面というよりメンタル強化の一冊になりますのでおすすめです。

【おすすめビジネス書】孫子

孫子は、たった6,000文字からなる兵法書なのですが、読めば読むほどとても深い本で、、たった6,000文字の中にこんな意図があったのかと思わせる本です。

孫子は今から2,400年以上も前に書かれた本なのですが、現代でも最高の評価を得ています。

兵法書ですので、戦略や戦術が記載されています。

戦略や戦術以外にも人の在り方や考え方などがかかれているため、人間の本質を記した本でもあるのです。

孫子に記されている本質はとても深く、現代の事業戦略にも重要なことが書かれており、「孫子」に書かれている本当の意味が分かれば、事業戦略に活かすことができますし、管理職でも上位の人たちと話す時にはとても役立つ一冊になるでしょう。

【おすすめビジネス書】人生と財産

「人生と財産」の筆者は明治時代の大富豪でした。

さらに森林額博士でもあり知力とお金の両方を手にした筆者が人生と財産について書いている本です。

お金は二の切りとも呼ばれており、命が一の切りで、一番大切なもののことを指します。

つまり、お金は命の次に大切なものと言われており、実際生活していくためにはお金は必要不可欠です。

お金がなければ食べるものを買うこともできません。

そう考えるとお金が二の切りと言われているのも納得できます。

その命の次に大切なお金を軸にしてどうすれば健康で、人づきあいも良く、豊かな生活を送ることができるのか、自分が豊になるための生活習慣なども書かれています。

効率よくお金を貯める方法や豊かな生活を送る方法が書かれていますので実践するためにも読む価値のある本ではないでしょうか。

【おすすめビジネス書】ネクスト・ソサエティ

ネクスト・ソサエティはビジネス版予言書とでも言うべきでしょうか。

2002年に発刊されたビジネス書ですが、その後社会がどのように変わっていくかが書かれており、15年後にあたる2017年に、実際ネクスト・ソサエティに書かれているような現状になっているのが驚きです。

ビジネスを展開していく上で先のことを予測するのはとても重要ですし、先見性がなければ予測すらできません。

経営者や部署を統括するリーダーなど今後の事業展開を考える上でも読んでおいて損はないビジネス書です。

社会で流行を起こすにはどうすればよいのか、流行が起きれば莫大なビジネス基盤となりますから、これから起業する人や現在企業している経営者、統括者などは必読しておきたいビジネス書です。

【おすすめビジネス書】「原因」と「結果」の法則

「原因と結果の法則」は100年にも渡り読み続けられているビジネス書で、自己啓発書の発端になった著書だとも言われています。

この本に書かれている内容の一つに「周りのせいではなく自分の考え方や在り方が自分の人生を左右している」と言っています。

「引き寄せの法則」で自分の人生は自在に変えることができるということも書かれていますので、どうすれば最高の人生を引き寄せられるのか、今起こっていいることが、なぜ引き寄せられたのかなども分かるビジネス書です。

引き寄せの法則はビジネスだけではなく私生活にも影響してきますが、習得できれば最強の武器となるでしょう。

【おすすめビジネス書】世界は感情で動く

「世界は感情で動く」と言葉だけ聞くと難しく感じますが、このビジネス書は行動経済学をわかりやすく記したもので、行動経済学の入門編と言っても良いでしょう。

「常識」や「判断」をあてにしていてはビジネスで成功できないということが書かれており、脳は行動に対してどのように働いているのかがわかるビジネス書となっています。

この本を読むべき人は営業マンなど「物を売る」仕事をしている人です。

物を売る時に売上を上げる手段として消費者側に立って考えるということがありますが、消費者側にたつことはできていてもバイヤー側に立つとだまされているということもあります。

ですが、このビジネス書を見れば騙されることなく営業の攻めと守り両方に使える万能書になるでしょう。

【おすすめビジネス書】レバレッジ・シンキング

レバレッジ・シンキングは小さな力で無限大の力を発揮する方法が書かれています。

レバレッジとは「てこの原理」のことですので、てこの原理同様に小さな力で大きなものを動かすための自己投資方法が記されています。

レバレッジ・シンキングには「労力・時間・知識・人脈」の4つのの分野で、どのように自己投資すれば大きな力を動かすことができるのかが書かれています。

自分の力が弱いと思っている人に向いているビジネス書ですが、時間がない、忙しいという自分の時間がなかなか取れない人にもおすすめのビジネス書です。

最小限の力で最大限の力を発揮するにはどうすればよいのかが書かれていますので、ビジネスをしている人全てに共通する内容が書かれています。

【おすすめビジネス書】7つの習慣

7つの習慣は、自分の潜在意識を変えるビジネス書と言って良いでしょう。

今の自分は過去の自分が作り上げたものです。

今の自分で短所となる部分も長所となる部分も全て自分が作り上げていると分からせてくれるビジネス書です。

ですが、短所となる部分を自分が作ったということは自分で改善することもできます。

7つの習慣には、短所となる問題をクリアするにはどうすればよいのかが一つずつ丁寧に記されています。

潜在意識に語り掛けるビジネス書ですから、納得できない部分も出てきます。ですが、納得できない部分は受け入れたくない現われです。

納得できないところは何度も読み返し、納得できた時に行動に変わり自分が変わるきっかけを作ってくれるビジネス書です。

【おすすめビジネス書】あした死ぬかもよ?

「あした死ぬかもよ?」はビジネス書ではないように感じますが、ビジネス面でもとても有益に使える著書です。

書かれている内容は、明日死んでも後悔することなく笑って死ねますか?という内容です。

ほとんどの人が仕事にしろ、勉強にしろ、家事にしろ、〆切や切羽詰まった状態から一気に仕上げる人が多いのです。

子供の頃は夏休みの宿題、社会人になると仕事の〆切、家事にいたっては「これくらいならまだしなくてもいいか」など、人間はできることならさぼりたいと思ってしまうものですから、こう思うのも仕方ないのかもしれません。

ですが、もし明日死んでしまったら後悔することはないでしょうか。

「後回しにして後悔する」考え方ではなく、「やるべきことをやる人生」にすることで後悔のない人生を送ることができるのではないでしょうか。

そんな人間の心理や、後悔しないための思考など人生とビジネス面の両方でためになる著書だと言えるでしょう。

【おすすめビジネス書】金持ち父さん貧乏父さん

「金持ち父さん 貧乏父さん」はビジネス書としてはとても有名な本です。

ビジネスに関心のある人はすでに読んだという人も多いのではないでしょうか。

金持ち父さん貧乏父さんは、お金持ちになるにはどうすればよいのかというビジネス直球の本です。

2人のお父さんを比べてお金持ちになるにはどうすればよいかを学ぶことができます。

お金持ちになるにはお金持ちになるための知識や能力を身につける必要があるといいうことと、サラリーマンのように限られた収入の人でもお金持ちになる知識や能力が身につけば、給料以外でも収入を得る方法はいくらでもあるということに気づかされます。

ビジネス書の入門編とも言える本ですので、わかりやすく説明されていますから、まずはビジネスへの入口として読んでおきたい本の一つです。

【おすすめビジネス書】世界のエリートはなぜ、この基本を大事にするのか

ビジネス書の中級編の位置にあるのが「世界のエリートはなぜ、この基本を大事にするのか」というビジネス書です。

日本国内にとどまらず世界中の有名企業や有名大学のことが書かれていますので、ある程度ビジネスに関する知識画必要ですが、全くビジネスの知識がなくても何度も読み返すことで世界規模のビジネス観を養うことができます。

中級編と言っても難しい内容ではなく読みやすいのでビジネス書を初めて読む人でも読みやすい内容となっています。

内容自体は仕事論が書かれているのですが、わかりにくい場合は類似するほかの著書を読むことで、「世界のエリートはなぜ、この基本を大事にするのか」の奥深さが分かることでしょう。

【おすすめビジネス書】スタンフォードの自分を変える教室

「スタンフォードの自分を変える教室」は、簡単に言えば意志力を鍛える方法が書かれているのですが、自分の心をコントロールできれば自分と戦うことはない」という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

自分の心をコントロールするのは「根性論」であることが多いのですが、「スタンフォードの自分を変える教室」では科学的に意志を鍛えることができると証明している本です。

意志力と言われている「やる力・やらない力・望む力」の3つの要素が読者にどのように当てはまるのかを記しており、自己コントロールを強化するにはどうすればよいのかが記されています。

この本を読み終えると自然と力が湧いてきて、やる気に満ち溢れていることでしょう。

【おすすめビジネス書】天才!成功する人々の法則

「天才!成功する人々の法則」では、天才は持って生まれた可能性だけではなく、生きてきた環境や努力によって左右されているということが書かれています。

「1万時間の法則」は、鍛錬の長さによって天才は育てられると言われている時間ですが、1万時間がいかに重要なのかが記されている本です。

自分を分析し鍛錬する1万時間は自分一人ではなく家族の協力も必要です。

自分の子供を天才にしたいのであれば親が環境を整えてあげることも必要ですし、自分がそうなりたいのであれば、自分で環境を整えなければなりません。

ですが、天才が育つためにもそれだけではないということも書かれています。

社会で成功している人たちが、どのように成功したのかという法則も書かれていますので、この本を読んで実践してみれば天才が生まれるかもしれません。

【おすすめビジネス書】仕事は人間関係が9割

退職理由で最も多いのが人間関係だという統計が出ています。

また、退職とは逆に最高の仕事ができるのも人間関係によるものだと言えます。

「仕事は人間ン関係が9割」では、仕事をしている上で起こる人間関係の悩みを解決する方法を記しています。

それぞれのケースで例題を入れて問題点と改善点を解説していますので、とてもわかりやすい本となっています。

また、ビジネス面ではコミュニケーション能力が大きく左右しますが、家族や友人など一般の人とのコミュニケーションとビジネス面でのコミュニケーションの違いもわかりやすく解説されています。

さらに、人間関係が円滑になれば一生懸命頑張らなくても仕事がうまくいくようになってくるものです。

なぜ仕事をあまりしていないのにうまく仕事が回っているのかもコミュニケーションによるものだと書かれています。

コミュニケーションを取るのが苦手ていう人だけでなく、ビジネスを有利に進めて行くコミュニケーション能力についても書かれていますので、経営者や営業マンにも向いているビジネス書です。

【おすすめビジネス書】統計学が最強の学問である

「統計学が最強の学問である」は、ビジネスマンには必ず読んでいただいた本ですが、後半部分は情報化社会やインターネット用語の羅列が続くので、解読が難しい部分も出てきます。

書かれている内容はビッグデータやAI、データマインングなどが書かれていますので、これらの情報に関心がある営業マンなら読み進めて行くことができるのではないでしょうか。

ですが、それ以外の営業マンにも必要な話がたくさん書かれており、ビッグデータ時代となっている今、どうすれば正しい情報を正しく見極めることができるのか、統計がビジネスにとってなぜ有益なのかを理解することができるでしょう。

「統計学が最強の学問である」は2014年にビジネス書大賞を受賞していますので、ビジネスマン必読の一冊です。

【おすすめビジネス書】フロー体験 喜びの現象学

「フロー体験 喜びの現象学」は世界13カ国に翻訳されたベストセラーですので、手にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

フロー体験とは、最高の集中力を発揮している時にそれがとても楽しいと思える状態のことで、フロー体験は自分だけではなく周りにる家族や友人、上司や部下など全ての人を幸せにすることができると言われています。

このフロー体験を通して、どうすれば周りの人全てに良い作用を引き起こし、周りの人にもフロー体験をしてもらう方法が開設されています。

フロー体験はビジネス面でとても大切なことですが、周りを引き付けるだけの自分にならなくてはならないため簡単ではありません。

ですが、この本を読めばフロー体験に近づき全てが円滑に回り始めるのではないでしょうか。

【おすすめビジネス書】ビジネスマンの父より息子への30通の手紙

「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」は実際に父が学んだ経験や知恵、ノウハウを息子に伝えたいという思いから、息子に宛てて書かれた実際の手紙が書籍になったものです。

経営のノウハウやビジネス成功の哲学だけではなく、恋愛や結婚、人間関係、友情や幸せ、ストレスに関することなど、親から子へ生きていく上であらゆることに遭遇した時に、どのように回避すればよいのか、どう乗り越えていくのかなどが記されています。

手紙の内容にはビジネスマンが遭遇るすべきあろう道のりの乗り越え方などあらゆる場面の乗り越え方が網羅されていますのでビジネスマンは読んでおきたい一冊です。

【おすすめビジネス書】読書をお金に換える技術

お金を稼ぐために、様々なビジネス書を手に取る人がいますが、やみくもにビジネス書を読み漁るのではなく、お金と読書の関係や、どうすればお金を稼ぐ読書ができるのかなどが記されています。

実際にお金持ちの本棚に並んでいる本が書かれていますので、リアルな読書とお金の繋がりを見ることができます。

内容がとても見やすく、ビジネス書としては文章が短いところが多いのでビジネス書初心者の人でもストレスを感じることなく読めます。

20代という若い世代にも人気がある本ですし、稼ぎたいと思っている人にはわかりやすい内容ですから、入門編として読んでおきたい一冊です。

【おすすめビジネス書】プロフェッショナルの条件

「プロフェッショナルの条件」はとても内容の濃い書籍となっており、それぞれの世界で一流のプロになるにはどうすればよいのかが書かれています。

5つの章で構成されているのですが、1章1章が1つの書籍として発刊できるほど内容が濃いものとなっています。

それぞれの章で書かれている内容は違いますが、総括すると「貢献」ということがプロフェッショナルになるための大きなキーワードとなっていることが分かります。

今、何かしらの壁を越えられずに悩んでいる人は必読の一冊です。

【おすすめビジネス書】生き方―人間として一番大切なこと

ビジネスを展開していく上で、ノウハウや能力も必要だが、一番大切なのは生き方であると記されています。

生き方がビジネス成功のカギを握っていることを解説してくれている書籍ですが、書かれている内容を見ていくと、人間として何が一番大切なことで、何がビジネス成功につながっているのかがわかる書籍となっています。

著者は大手企業のKDDI、京セラ、JALなどを経営してきた稲盛和夫さんで、様々な企業を大企業へ導いてきた人だからこそわかる「生き方」が記されています。

生き方次第で人は成功者にも敗者にもなることがわかる一冊です。

【おすすめビジネス書】思考は現実化する

ナポレオン・ヒルの有名な言葉に「思考は現実化する」という言葉があります。

この言葉はとても有名で多くの成功哲学本の原点とも言われています。

ビジネス書では7,000部を超えるベストセラーで、現在でもビジネス書の第1位に君臨しています。

成功ノウハウの6つの法則、願望実現の6箇条があり、それぞれワークシートがあり指示に従って書いていきます。

思考は現実化するという本当の意味を正確に把握している人は少なく、ほとんどの人が間違った捉え方をしています。

思考が現実化するとはい一体どういうことなのか、思考を現実化させるにはどうすればよいのか

この本を読めば今まで悩んでいたことが嘘のように解消されていきます。

ビジネス書はこの1冊で十分とも言われているので、ビジネス関係だけではなく潜在意識の開花のためにも読んでおきたい一冊です。

【おすすめビジネス書】非常識な成功法則

「非常正規な成功法則」は少し変わった視点から書かれているビジネス書です。

世の中には様々な成功法則を記した書籍が出回っていますが、それらの成功法則に不満がある人に向けられた書籍です。

成功法則がなくても自分のスイッチが入りさえすれば誰でも成功できるチャンスがあるという内容が書かれており、成功哲学、自己啓発という内容ではなく、どうすればいち早く成功できるのかが現実的な方法で書かれています。

成功法則には抽象的なものが多く、多くの場合、法則の通り実行してもかなりの時間がかかってしまいます。

ですが、「非常識な成功法則」は現実的な法則が書かれているため、書籍通りに実行すれば早い段階で何らかの変化が出てくるのではないでしょうか。

【おすすめビジネス書】ザ・ゴール

「ザ・ゴール」は経営やマネージメント関係のポジションの人におすすめの一冊です。

特に、「ザ・ゴール」はベストセラーになった一冊ですのでご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、この「ザ・ゴール」は17年間も翻訳が禁止された本で、この本が翻訳されて日本の人たちに本の内容に書かれているような最適化の方法が知れ渡ってしまえば貿易摩擦が起き世界を大混乱に陥れる可能性があると言われていたからです。

その「ザ・ゴール」が翻訳されたものですからベストセラーになるにも時間はかからず、ビジネス書を読むなら必ず読んでおきたい一冊となっています。

内容が小説の形式ですのでビジネス書には思えない一面もありますが、生産関係の人には是非読んでいただきたい一冊です。

【おすすめビジネス書】スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン

「スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン」は、企画・営業に関わる全ての人に呼んでいただきたい一冊です。

プレゼンは、企画内容をただ単に話せばよいというものではありません。

人を惹きつける話し方、音量、言葉の緩急など、人が効きたくなるような話し方が必要です。

「スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン」では、どうすれば人を惹きつける噺家方ができるのか、ただ何かを訴えるのではなく、どう伝えればどのような印象になるのかなどプレゼンの極意を総まとめにしたような解説書となっています。

プレゼン能力の高い人と今の自分の差は何なのか。

いつもプレゼンがうまくいかないのはなぜなのか、プレゼンに悩んでいる人だけではなく、コミュニケーション能力を高めるためにも必要な一冊です。

【おすすめビジネス書】最速の仕事術はプログラマーが知っている

「最速の仕事術はプログラマーが知っている」は、いかに効率よく仕事をするにはどうすればよいのかが記されています。

現在のビジネス界のトップにはプログラマー出身の人が多い理由も書かれています。

どうすれば効率よく仕事ができるのかをプログラマーの仕事を通して分かりやすく解説してくれています。

プログラマーは一般的な仕事とは違い、技術職となります。

特殊な仕事なだけにプログラマーにはプログラマーにしかない考え方や理論があります。

仕事をしていく上で効率化は絶対に必要なものです。

書いている内容は時間単位ですが、本に書かれている内容を実践することで分単位、秒単位で時間を短縮して効率よく仕事ができるようになるでしょう。

【おすすめビジネス書】経営者の条件

「経営者の条件」はビジネスを展開する経営者だけではなく、企業に勤めている会社員の人にも読んでいいただきたい一冊です。

「経営者の条件」には経営者=エグゼクティブではなく、企業に勤める人全てがエグゼクティブでなくてはならないということが書かれています。

自分がエグゼクティブとして成果を上げるにはどうすればよいのか、他人のマネジメントばかりに囚われず、まずは自分をマネジメントしなければ他人をマジメントすることはできないなど、自分をマネジメントし成果を上げれる模範となるにはどうすればよいかという方法が書かれています。

この本を読むことで、経営者としてだけではなく企業で働くということがどういうことなのか、成果を上げるにはどうすればよいのか、自分を成長させるにはどうすればよいのかなどが学べます。

【おすすめビジネス書】成功のコンセプト

今では誰もが知っている「楽天市場」ですが、その楽天市場の創設者である三木谷浩史さんの著書です。

三木谷浩史さんは様々な著書を出版していますが、その中でも「成功のコンセプト」はビジネス書の中でも特に重要な一冊です。

「成功のコンセプト」では、実際に三木谷さんがマイナーだったインターネットを利用したショッピングサイトをどのように宣伝したのか、何を信念におきビジネスを展開していったのか、どのような考え方で事業を拡大させていったのかなど、経営者として必要なノウハウを細かく学ぶことができます。

「成功のコンセプト」は経営者だけではなく、売上を必要とする営業マンは新社会人として社会に飛び出す若者にも必要な仕事の捉え方が書かれています。

【おすすめビジネス書】コトラーのマーケティング・マネジメント

「コトラーのマーケティング・マネジメント」は事業戦略を立てる時や、具体的な分析方法、マーケティングなどを身につけることができます。

MBAの教科書になるほどの著書ですので、書かれている内容は難しいと感じるでしょう。

ですが、「コトラーのマーケティング・マネジメント」はマーケティングのバイブルとも言われている書籍ですので、経営者や営業マンにとっては大切なことがたくさん書かれています。

内容は専門的で難しいものになっていますが、この本を何度も読み返し網羅できた時には、マーケティングでこれまでの数倍の成果が期待できます。

【おすすめビジネス書】ブルー・オーシャン戦略

市場にはブルーオーシャンとレッドオーシャンがあり、競争のない市場をブルーオーシャンと言います。

レッドオーシャンはすでに競争相手が多く、この中で成功していくのは難しいとされていますが、競争相手のいないブルーオーシャンであれば成功することも可能でしょう。

ブルーオーシャンとは競争相手がいないということで、まだだれも手を出していない市場ということになります。

新しい市場を開拓し、事業を拡大させるにはどうすればよいのか、過去120年で30以上もの新事業を調査した結果から出された戦略が書かれていますので、今後経営者になる人や、現在経営者で事業拡大を視野に入れている人、営業マンで新しい企画を提案したい人に向いている書籍です。

【おすすめビジネス書】マッキンゼー式世界最強の仕事術

マッキンゼーとは、世界最大級のコンサル企業会社で、マッキンゼーでは問題が起こった時にはどのように対処して処理しているのかが記されています。

どんなプロセスで問題が起こり、対処し、どのようなツールで解決したのかなど細かく書かれています。

かなり具体的な方法が書かれており、リサーチ方法、アプローチ方法、プロジェクトの構築などビジネス面では欠かせない方法が記されています。

世界最大級のコンサル会社であるマッキンゼーでは、どのように効率を上げ、成果を上げているのかを知ることができる一冊です。

問題解決方法はビジネスをしていく上でとても重要なことです。

問題解決ができなければ二の足を踏みますし、なかなか先に進めない事態に陥ります。

どんな問題でも素早く解決し、仕事の効率を上げる方法全てのビジネスマンにとって必要ではないでしょうか。

【おすすめビジネス書】競争の戦略

「競争の戦略」は経営者やエグゼクティブ層のバイブルとも言われている書籍です。

「競争の戦略」ではファイブフォースと呼ばれる5つの競争要因から戦略を考える方法が記されています。

以前は経営戦略と言えば3つの要因と言われていましたが、現代では5つの要因から考える方法が評価されています。

「競争の戦略」は企業内部ではなく、企業外部を重視して戦略を考えるため、経営者やエグゼクティブ層には必要なノウハウが記されています。

「競争の戦略」はMBA取得者はすでに読んでいる著書です。

経営者であれば必ず読んでおきたい一冊ですので、まだ読んでいないという人は読んでみてはいかがでしょうか。

【おすすめビジネス書】FREE〈無料〉からお金を生みだす新戦略

「無から有を生み出す」という言葉がありますが、まさに「FREE(無料)からお金を生み出す新戦略」に書かれている内容です。

「FREE(無料)からお金を生み出す新戦略」ではインターネットを使って無料で集客し利益を上げるビジネスモデルが紹介されています。

インターネットでの起業はコストが低く済むため、起業を考えている人が多いと思いますが、経営者だけではなく全てのビジネスマンに読んでいただきたい一冊です。

無から有を生み出すということがどういうことなのか、自分の考えにはなかった発想にも出会うことができる一冊です。

ビジネスモデルが50掲載されていますし、勘違いしやすい内容なども掲載されているため、実践形式で読み進めて行くことができます。

【おすすめビジネス書】ブラック・スワン不確実性とリスクの本質 (上・下)

「ブラック・スワン不確実性とリスクの本質」はお金や経済に苦手意識のある人に向けた書籍と言われていますが、実際に読んでみるとお金を稼ぐことができない人は社会の中でお金がどのように流れているのか理解していない人が多いことに気づきます。

お金や経済に苦手意識がある人だけではなく、お金の流れや経済に関する初歩的なことが学べますので、入門編として読んでいただきたい一冊です。

「ブラック・スワン 不確実性とリスクの本質」の著者は不確実性科学の大学教授であり、トレーダーの奇才と呼ばれた人物で、世の中のありとあらゆることは予測不可能なことだと言っています。

ですが、予見をすることはできるため、いかに不確実性のあるリスクを回避し、リスクに備えることができるのかが記されていますので、ビジネス面だけではなく私生活でも役立つ一冊です。

【おすすめビジネス書】イノベーションのジレンマ

「イノベーションのジレンマ」は経営者は起業の経営陣が読むべきビジネス書と言えるでしょう。

マーケティングの基本は顧客のニーズに応えることが前提となっていますが、あまりにここに重きを置くと、他社に市場の主導権を握られる結果になりかねないということが書かれています。

実際に、日本製品の真似をする側だったジョブズが、今では逆の立場になっています。

「イノベーションのジレンマ」では、なぜこのようなことが起こるのか、顧客のニーズに応えることが基本となるマーケティングをどのように構築していけばよいのかなど、イノベーションのジレンマを解消する方法を知ることができるでしょう。

【おすすめビジネス書】タモリ学

お昼の人気番組「笑っていいとも」の司会者だった「タモリさん」の著書で、タモリさんの仕事に対する姿勢や、仕事に対する考え方などがわかる本です。

一見ビジネス書ではないように感じますが、内容を見てみると、現在仕事で行き詰っている人の解決になるようなことが色々書かれています。

中でも有名なのが「仕事じゃないんだぞ!遊びなんだから本気でやれ!」という言葉があります。
この言葉はとても深い意味があり、本書の中でも解説されています。

本来、「仕事なんだぞ!遊びじゃないんだから本気でやれ!」と逆のことを言われそうなものですが、タモリさんの仕事に対する姿勢を知った時には大きな驚きと発見があるでしょう。

【おすすめビジネス書】リスク 神々への反逆 (上・下)

「リスク」は「ブラック・スワン」に類似する書籍ですが、内容を見てみるとブラック・スワンとは違う視点で不確実性のリスクについて語っています。

不確実性をコントロールし、いかにリスクを最小限に抑え、立ち向かってきたのかが記されており、ビジネス面だけではなく全ての人に必要な一冊と言えるでしょう。

神々への反逆という言葉は怖いように思いますが、神々が起こす不確実性を数学的な方法を駆使し確率論で立ち向かっています。

リスクに立ち向かう方法だけではなく、リスクの本質を学ぶことができる一冊ですので、経営陣だけではなく、全ての人が目を通しておきたい書籍です。

【おすすめビジネス書】自分のアタマで考えよう

ビジネス書を読むのであれば必ず入れておきたい一冊が「自分のアタマで考えよう」です。

内容はとてもわかりやすく、情報化社会と言われていますが、情報に惑わされるのではなく自分のアタマで考える必要があると言っています。

頭の回転が速い人と、そうでない人の分析などもあり、読んでみるとびっくりするような思考法であることもわかります。

過去の自分が現在自分を作っているということも理解できる一冊で、有能なアイデアが出る人とそうでない人の違いもわかります。

企画・営業関係に携わっている人には是非読んでいただきたい一冊です。

【おすすめビジネス書】アニマルスピリット—人間の心理がマクロ経済を動かす

「アニマルスピリット」は人間が持つ理性的な部分ではなく、野性的な「血気」や「野心」などが世界経済に及ぼした影響を記しています。

「アニマルスピリット」アメリカでは有名なノーベル経済学賞を受賞した2人によって書かれてたもので、経済が不況に陥る原因や失業が発生する原因などをわかりやすく解説しています。

行動経済学的な観点からとらえているため、基本的な経済学ではなく違った視点から見る経済学を学ぶことができます。

経営者や経営陣は先見性が必要ですが、この書籍を見ることで経済の先行きを見ることができるようになるのではないでしょうか。

【おすすめビジネス書】決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法

決算書と聞くと簿記がわからなければ内容がわからないのではと思われるかもしれませんが、専門的な知識がなくてもわかりやすいように解説されています。

決算書は経営者や経営陣だけではなく、営業マンにも必要なものです。

決算書の見方が分からなければ会社の利益を上げることはできません。

営業マンが決算書のどの部分を重視すべきかが分かりますし、簿記を知らない営業マンでも決算書をスラスラ見ることができるよになる一冊です。

決算書の基本となる貸借対照表(BS)、損益計算書(PL)、キャッシュフロー計算書(CS)を簡単に理解でき、これら3つの基本が理解できれば会社のお金の流れや重要視すべき点も見えてきますので、簿記知識が乏しい営業マンでも決算書を理解し、成績を上げることができるようになるのではないでしょうか。

【おすすめビジネス書】道は開ける

ビジネス書籍の中にはコミュニケーションに関するものもたくさんあります。

ビジネス=コミュニケーションと謳っている書籍もあるほどビジネスにおいてコミュニケーションはとても重要なものです。

「道は開ける」は人間関係の悩みを解決する方法が書かれているビジネス書で、ストレス社会に生きている現代人にとっては癒しの書籍となるでしょう。

会社を辞める最も多い原因が人間関係です。

人間関係で悩んでいる時に読みたい一冊ですが、人間関係を円滑にし、ビジネスでうまく展開していくにはどうすればよいのかもわかるのではないでしょうか。

【おすすめビジネス書】人を動かす

「人を動かす」も、人間関係に関する書籍ですが、「道は開ける」のように、人間関係の問題を解決するという内容ではなく、良い人間関係を構築するにはどうすればよいのかが書かれています。

「人を動かす」にはビジネス面だけではなく家庭での人間関係についても書かれており、ビジネスマンだけではなく、全ての人に通じる一冊です。

人に好かれる方法、人を動かす方法、人を変える方法、人を説得する方法、幸せな家庭にする方法などが書かれており、ビジネスマンはもちろん、人間関係に悩んでいる人、これから良好な人間関係を築きたいと思っている人にも最適な書籍です。

【おすすめビジネス書】ザ・コピーライティング

「ザ・コピーライティング」は実践型のビジネス書で、いかに効率よく仕事を勧められるか、即効性を出すにはどうすればよいのか、が書かれています。

内容はコピーライティングについてですので、いかに売れる文章を書けるかがわかるようになっており、売れる文章の書き方や読者はどこを見ているのかなど実践的な内容となっています。

文章の書き方が分かれば、売れる文章を書くことができるようになり、同時に売れる話し方にも繋がります。

題材はコピーライティングですが、ビジネスマンが読んでも損はない一冊でしょう。

【おすすめビジネス書】影響力の武器なぜ、人は動かされるのか

「影響力の武器」も実践型のビジネス書となっています。

人の心をどう誘導すればスイッチが入り売上に繋がるのかが記されている書籍ですが、人の心が誘導される原理も解説されているため、全ての営業マンに読んでいただきたい一冊です。

心理学的な部分がありますので、お客様を相手にする営業マンは必ず知っておきたい内容です。

知覚に頼った営業は失敗することもあるという内容から、人が持つ感覚を利用することで欠点になるものがあると解説しています。

この書籍を何度も読み返し、理解することができれば売上アップにつながりますし、詐欺などの犯罪からも身を守ることができるようになるでしょう。

【おすすめビジネス書】自分を変える習慣力

今の自分を変えることで様々な道が開けてきます。

ですが、今の自分を形成しているのは過去の自分でし、持って生まれた性質を変えるのはとても大変なことです。

ですが、この本を読むといかに自分が無駄な時間を過ごし、可能性を無駄にしているかに気づくでしょう。

「時は金なり」と言いますが、いかに時間を有効に使えば自分の道が開けてくるのかがわかる書籍です。

1日たった数分でもいつもの自分と違う行動をし、それが習慣になった時に自分を変える何かに気づくのではないでしょうか。

日々の習慣は積み重なるごとに大きな力となります。

書籍に書かれていることを実践して3か月後の自分と今の自分を比べるのが楽しみになる一冊です。

【おすすめビジネス書】できる人のお金の増やし方

「できる人のお金の増やし方」は、できる人の思考や行動、生活習慣や何を感じているのかなど様々な方向からお金を増やす方法を解説しています。

人は、お金がなくては生きていけないということではなく、お金の先にあるものを見ていると言っています。

一般的な人では見落としがちなことも、できる人は見落とさずお金を増やしていることにも気づかされるでしょう。

できる人とそうでない人の思考や感じ方は違います。

ですが、このビジネス書を見ることで、できる人の視点や考え方に触れることができますから、お金を増やすチャンスを逃さない自分になれるのではないでしょうか。

【おすすめビジネス書】ロジカル・シンキング

「ロジカル・シンキング」は職種に関係なく全ての人の思考について書かれている書籍です。

世界最大級のコンサルティング会社であるマッキンゼーが発刊しているロジカルシンキングについても解析書です。

ロジカル・シンキングは様々な思考について書かれていますが、、第一部がとても重要なカギを握っています。

第一部を理解できない状態で第二部に進んでも意味がありませんので、まずは第一部を理解できるまで読むことが大切です。

第一部には人に伝える時に大切なことが書かれています。

企画・営業職の人は人に何かを伝えることが多い職業ですので、読んでおいて損はないでしょう。

【おすすめビジネス書】35歳までに必ずやるべきこと

「35歳までに必ずやるべきこと」は新人、中堅に関わらずすべてのビジネスマンに読んでいただきたい一冊です。

ビジネスマン1年生の新人にも、ビジネスマンとして10年頑張ってきた中堅にも納得できる内容が書かれています。

この書籍に書かれていることを実践することで運を引き寄せチャンスを掴めるようになるでしょう。

ビジネス書籍は難しい内容が多い中、ビジネスマンの基本とも言われることが書かれていますので、基本をしっかりできるようになってこそ一流の営業マンになれるとわかるでしょう。

【おすすめビジネス書】ワーク・シフト

働き方が昔に変わって多様化している現代で、「ワーク・シフト」はこれまでとルールも働き方もどんどん変わってくるということが書かれています。

特に、テクノロジーを駆使した社会が広がるという内容が書かれており、今後起こりうる未来が目に見えるようにわかる一冊です。

以前は当たり前だった終身雇用は崩れていますし、働き方も違ってきています。

今後訪れるボーダレスな未来は、「こんなはずではなかった」と思うことも出てくるでしょう。

ですが、そうならないためにも、未来に向けて読んでおきたい書籍ではないでしょうか。

まとめ

おすすめのビジネス書籍48選を解説してきましたが、いかがでしたか?

ビジネス書籍は世の中に大量にあふれています。

ビジネス書籍は難しくて読む気にならないという人もいるでしょう。

ですが、ビジネスマンとして知っておかなければならないこともありますし、知っておいて損はない情報もたくさんあります。

自分の成長のためには知識も必要ですが、大切なことは、これらの書籍を読んで「実行」することです。

読むだけでは知識にしかなりませんが、「行動」に移せば「実」になります。

動かなければわからないことも出てきますので、読むことばかりに集中するのではなく納得できることは行動に移してみましょう。

そうすればきっと未来は開けますし、壁も何なく乗り越えていけるのではないでしょうか。書籍は自分を成長させるためのツールの一つです。

頭でばかり考えず、行動を起こすために書籍があることを忘れないようにしましょう。

の口コミ平均評価

評価なし 評価なし (全0件)

あなたの評価を教えてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加