やりがいのある仕事を見つけるポイント|仕事満足ランキングも

「やりがいのある仕事がしたい…」そう思って今の仕事からやりがいのある仕事に転職しようと「自分はいったい何にやりがいを感じるのだろう」と考えたことが1度はあるのではないでしょうか。

ですがその時に「やりがいっていったい何?」と「やりがい」自体がどういうものかわからず結局今の仕事に落ち着いている人も多いと思います。
人それぞれやりがいを感じることが違います。

「人を助ける仕事」にやりがいを感じる人、「収入を上げる」ことにやりがいを感じる人、「人に喜んでもらえる仕事」にやりがいを感じる人、「人の役に立つ仕事」にやりがいを感じる人など、人それぞれ何に対して「やりがい」を感じるのかは違います。

ここでは、やりがいのある仕事を見つけるためのポイントについてご紹介していきます。

「やりがいのある仕事」が持つ、言葉の意味とは

また、「この仕事がしたい!」とやってみたものの「やりがいのある仕事ではなかった」と自分がやりたい仕事とやりがいを感じる仕事は違う人もいます。

「やりがいのある仕事」がなかなか見つからないという人が多いのも「やりがい」が自分にとって何なのかがわからないので見つからないのです。

「やりがいのある仕事」が持つ言葉の意味は人それぞれ違い、「この仕事だ!」とすぐに見つかるものでもありませんから、まずは自分が何に対してやりがいを感じるのかを見つけなければなりません。

やりがいのある仕事を見つける、5つのポイント

やりがいのある仕事を見つけるには「自分が何に興味があるか」「何に対して達成感を感じるのか」「その仕事をしていて楽しいと思えるか」などいくつかのポイントがあります。

そのポイントをじっくり考え、自分が何に対してやりがいを感じるのかを見つけていきましょう。
では、何をやりがいに感じるのかを見つけるためのポイントを5つご説明しましょう。

キャリア診断テストを受けてみる

自分が何にやりがいを感じるのかを見つけるのに有効なテストがあります。それは「キャリア診断テスト」というもので自分の強みが分かるテストです。自分でわかっている強みの他にも、自分では知らなかった強みを見つけることができます。

自分の強みを知ることで自分に合った仕事がわかりますので、自分に合うということは自分が楽しいと感じられたり、やりがいを感じられる仕事の可能性が高いので、やりがいのある仕事が分からない人はキャリア診断テストを受けてみるとよいでしょう。

そこでおすすめのキャリア診断テストをご紹介しましょう。リクナビNEXTが提供している「グッドポイント診断」というものがあります。

キャリア診断は様々なサイトがありますが、グッドポイント診断は自分の強みを詳しい解説付きで教えてくれますので、自分の強みがとてもわかりやすく自分に合った仕事も見つけやすいのです。

グッドポイント診断は早い人で10分程度、遅くても30分程度で終わる診断です。質問数は多いのですが、内容はとても簡単で自分のことを直感で答えていくので小学生でも答えられる内容です。

診断が終わると18ある強みの中から、自分が一番強い上位5位までを解説付きで表示してくれます。

その内容を見ると「あ、わかるわかる」と自分でもわかっている内容もあれば、「え?私にこんな強みがあったの?」という内容もあったり、楽しみながら自分のことを知ることができます。

やりがいのある仕事は自分が楽しいと思える仕事でもありますから、自分に向いている仕事を探せるグッドポイント診断はやりがいのある仕事を見つけるのに有効でしょう。

人の役に立っていると感じられる仕事

「やりがいのある仕事」を見つけるためのポイントとして「人の役に立っていると感じられる仕事」が挙げられます。

人それぞれ「やりがいとは何か」が違いますが、人の役に立てていると感じることでやりがいを感じる人は多いのではないでしょうか。

実際、ほとんどの仕事が突き詰めてみると人の役に立っているものなのですが、お客様と直に接する仕事ほど人の役に立てていると感じることが多いでしょう。

人の役に立っていると感じられる仕事でやりがいを感じる傾向のある人は、営業や販売などを視野に入れておくとよいでしょう。

自分が興味ある分野の仕事

「やりがいのある仕事」を見つける時は「自分が興味のある分野の仕事」に注目するとよいでしょう。

興味のないことをすることほど「つまらない」と感じることはありません。やりがいのある仕事をみつけようとしているのですから、自分が興味のある分野の仕事を選んだ方がよいでしょう。

どんなことに興味があるのかがまだわからないという場合は、グッドポイント診断を参考にして考えてみてもよいでしょう。

また、趣味から連動して興味のある分野を探してみてもよいですし、仕事の中から「この作業が好き」というものがあれば、その作業から興味のある分野を探してみてはいかがでしょうか。

人によっては、自分が全く知らない分野に挑戦するほうが興味が出るという人もいますが、全く知らない分野の仕事は、最初は知らない事ばかりで覚えることも多く楽しんで仕事ができるのですが、慣れてくると「やっぱりこの仕事ではなかった」と感じることもあります。

年齢がまだ若く色々なことに挑戦しながらやりがいのある仕事を見つけたいという人は知らないことにどんどんチャレンジしていけばよいのですが、30代や40代など転職するには厳しくなってくる年齢であれば、これまでの経験や自分の性格から考えて興味のある分野を探した方がよいでしょう。

自分が得意で出来ることが含まれる仕事

自分が得意とする仕事内容が含まれている仕事は、とても楽しく仕事をすることができるでしょう。

仕事をしていて「楽しい」と感じるということは、やりがいのある仕事と感じることが多いのでとても大切です。

これまでの仕事を通じて自分が得意と感じる仕事があれば、その仕事を長くできる仕事を探してみるとよいのではないでしょうか。

「得意な仕事がわからない」「今のところ見つかっていない」という人はグッドポイント診断を受けてみましょう。

思わぬところで自分が得意と感じる仕事が出てくるかもしれません。

生活する収入が十分に得られる仕事

仕事をすることで生活をしていくのための収入を得るのは当然のことですが、収入が上がればやりがいを感じるという人もいます。

ただし収入を目安にする場合は、自分の成果がそのまま収入に反映するような仕事でなければやりがいを感じることはできないでしょう。

歩合給の付く営業職や、専門職、技術職の場合は自分の能力に従って収入が変わってきますので、収入で自分の能力がどれくらい評価されているのかを知ることもできます。

ただし、専門職や技術職の場合は資格や経験が必要となることが多いので、まずは資格を取り下積みをする期間が必要です。

営業であればやる気次第で収入を上げることもできますが、営業も向き不向きがありますので、まずはどの仕事がどれくらいの収入を得られるのかを知る必要があります。

収入を把握した上で自分が興味のある仕事を探していくとよいのではないでしょうか。

関わった仕事の成果や結果が分かる仕事

自分が関わった仕事の成果や結果がきちんと評価される仕事にやりがいを感じる人もいます。

プロジェクトのチームリーダーを任され、そのプロジェクトが成功したなど、自分が関わった仕事が成功したり結果を出すことができれば、達成感もありますし仕事が楽しいと感じるでしょう。

その上、きちんと成果や結果が評価され収入が上がったり、評価が上がったことが目に見えて分かれば大きなやりがいを感じるのではないでしょうか。

もちろん、関わった仕事の成果や結果が出なければ落ち込むこともあると思いますが、大きな仕事を任された時ほどやる気も出ますし、成功した時は達成感も大きいでしょう。

自分が関わった仕事の成果や結果がわかる仕事は企画や営業などの職業に多いのですが、問題はどんな商品やサービスを扱うのかということです。

自分が興味のない商品やサービスを扱っても、成果や結果は出にくくなりますから、自分が興味のある商品やサービスを扱う企業を視野に入れましょう。

やりがいのない仕事はしたくない

「やりがいのない仕事」は誰もしたいとは思いません。ですので、転職するならやりがいのある仕事に転職したいと思うでしょう。

自分の中でやりがいのない仕事が分かっている人は、比較的やりがいのある仕事をみつけやすいかもしれません。

やりがいのない仕事の特徴をメモなどに書き出し、その内容と全く反対のことを書いていきましょう。

そうすれば、自分にとってやりたいのある仕事はどんな仕事なのか見えてくるのではないでしょうか。

ですが、やりがいがないと思っていた仕事でも、やってみると興味が湧いて来たりしますので、最初から「この仕事は興味がない」と決めつけて視野を狭めてしまうのではなく、まずはやりがいがないと感じる仕事からやりがいのある仕事を見つけていき、それぞれの仕事に対して何にやりがいを感じるのか考えてみましょう。

男性も女性もやりがいのある仕事ランキング|仕事満足度の高い職種

やりがいのある仕事を見つけるには、どんな職業があるのか知ることも大切です。その中でもやりがいがあると感じる仕事をランキングでご紹介しましょう。

仕事の満足度が高い職業を紹介していきますので、自分がやりがいを感じる職業かもしれないと思うものもあるのではないでしょうか。

やりがいのある仕事ランキング(業種)10位「店長」

やりがいのある仕事ランキングで第10位となったのが「店長」です。一概に店長と言っても様々な業種があります。

ファッションショップの店長や飲食店の店長、ジュエリーショップの店長、美容院の店長、エステサロンの店長などたくさんの店長があります。

店長という仕事はお店を任されているわけですから、従業員の教育や、休日や出勤日のシフトの調整、どうすれば売り上げが上がるのかなど考えることがたくさんあります。

もちろん考えることが多いということは悩みも多い仕事ですが、売り上げが上がったりお店の雰囲気がよくなれば「店長をやっていてよかった」とやりがいを感じることも多いでしょう。

お店を任されている責任も大きいので責任が大きい分達成感も大きいのが店長という職業ではないでしょうか。

やりがいのある仕事ランキング(業種)9位「知的財産・特許」

知的財産や特許の仕事と言われても分からない方が多いのではないでしょうか。

知的財産というのは、自分の会社で開発した商品の特許権や商標権、著作権などを知的財産として権利化するために法律を見ながら様々な手続きを行う仕事です。

知的財産の仕事は法律の知識が必要ですし、様々な手続きもできなくてはなりません。

また、自社が開発した商品が他社に使われていないかなど自社を守る役目もありますし、逆に他社が開発した商品を無断で侵害していないかなどをチェックする役目もありますので、「自社を守る」という大きな役割があります。

責任が重いポジションですのでやりがいがあり、会社にとって必ず必要な役目ですから会社や人の役に立てていると感じることができる仕事でしょう。

やりがいのある仕事ランキング(業種)8位「ファッション・インテリア関連」

やりがいのある仕事ということで第8位になったのが「ファッション・インテリア関連」の仕事です。

ファッション関連の仕事もインテリア関連の仕事もお客様と直接接することが多い業種ですのでお客様の喜ぶ顔を見るとやりがいを感じるという人が多いのではないでしょうか。

ファッションやインテリアはセンスが求められる仕事ですので、カラーコーディネーターの資格やインテリアコーディネーターの資格などを取得している方が任されることも多くなり、さらにやりがいを感じることでしょう。

直接お客様の声を聞くことでやりがいを感じる人には向いている仕事で、お客様の役に立てたと感じることが多い仕事です。

やりがいのある仕事ランキング(業種)7位「美容師・エステシシャン」

美容師やエステティシャンはお客様を綺麗にする仕事です。目に見えてお客様の変化がわかる仕事ですので、やりがいを感じる人が多いのでしょう。

また、お客様がキレイになる仕事ですのでお礼を言われることが多く、感謝の気持ちを受け取ることが多いのもやりがいを感じる要因ではないでしょうか。

ですが美容師は免許が必要ですし、エステティシャンは最初は資格が必要ではないのですが、扱う機械によっては資格が必要なものもあります。

ですので、すぐに美容師やエステティシャンになるというのは難しいかもしれませんが、見習いで仕事を覚えながら免許を取得することになります。

やりがいのある仕事ランキング(業種)6位「クリエイティブディレクター・アートディレクター」

クリエイティブディレクターやアートディレクターと聞くと難しいイメージがあるかもしれません。

また、アートディレクターとクリエイティブディレクターを混同されている人もいるようですが、簡単に言うとアートディレクターの上司にあたるのがクリエイティブディレクターで、仕事内容としては広告業界の仕事を請け負うことが多く企画やアイデアを出すスタッフを総括しているのがクリエイティブディレクターです。

クリエイティブディレクターがいる場合はアートディレクターがクリエイティブスタッフとして企画を立てたりアイデアを出すのですが、規模の小さい企業の場合はアートディレクターがクリエイティブディレクターの仕事をすることもあります。

自分が出したアイデアが通ったり、その企画が広告として全国に知られればやりがいを感じるでしょうし、クリエイティブスタッフをまとめる能力が必要な仕事ですので知識や経験も必要でやりがいを感じるには十分な職業ではないでしょうか。

やりがいのある仕事ランキング(業種)5位「イベント・芸能関連」

やりがいのある仕事で第5位にランクインしたのが「イベント・芸能関連」の仕事です。華やかに見える芸能界は裏側では休憩を取る暇もないくらい動き回っています。

自分が育てた芸能人がブレイクすればやりがいはひとしおですし、その芸能人を支える側にいる裏方の仕事はとても忙しいのですが、その分やりがいも感じられるでしょう。

また、イベントなどの企画をしたりアイデアを出したり、そのイベントが大成功すれば芸能人と共に大きな喜びを得られることでしょう。

やりがいのある仕事ランキング(業種)4位「投資銀行業務」

やりがいのある仕事ということで第4位となったのが投資銀行業務です。

投資銀行業務と言っても、皆さんが想像している株式の投資話をしたり取引業務をするだけが投資銀行の仕事ではありません。

M&Aと呼ばれる企業の合併や買収のアドバイスをする業務や、自己勘定投資などの業務、また株式や債券を発行する仕事など様々です。

基本的に資本に関する仕事が主な仕事になりますが、顧客の資本を増やす、管理する、提案するなど、豊富な知識と経験が必要な仕事ですし、責任も重い仕事ですのでやりがいを感じる人が多いのではないでしょうか。

やりがいのある仕事ランキング(業種)3位「セールスエンジニア・FAE」

やりがいのある仕事で第3位となったのがセールスエンジニア、またはFAEです。

セールスエンジニアはFAEと呼ばれることもあり、フィールドアプリケーションエンジニアの略となります。

セールスエンジニアと聞くとセールスとついているので営業かな?と思われる人が多いと思いますが、ただの営業ではなくエンジニア=技術職という言葉が入っていますので、自社の商品の技術的な面でも知識に長けており、その上営業のスキルが必要となる仕事です。

営業の仕事だけではなく特殊な技術の知識が必要となりますので、一般的な営業に比べてやりがいがあり、自分にしかできない仕事と感じることができ達成感や充実感を得られる仕事ではないでしょうか。

やりがいのある仕事ランキング(業種)2位「薬剤師」

やりがいのある仕事ランキングで第2位になったのが「薬剤師」です。薬剤師は豊富な薬の知識が必要です。

もちろん資格がなければできない仕事で、簡単に取れる資格ではありません。

医師から指示のある薬を用意するだけと思われているかもしれませんが、その人の体調はアレルギー、体重などを考え、医師から指示があった薬より違う薬にした方がよいのではないかなど患者の状況を把握して薬を処方しなければなりません。

また、医師が処方した薬より安いジェネリック医薬品に変更できる薬があれば患者さんに提案するなど薬に対する豊富な知識が必要です。

収入も一般的な仕事より多いですし、比較的休日も多く残業が少ない仕事ですので収入面でやりがいを感じることができますし、残業が少なく休日も確保できますので待遇面でも充実感が得られる仕事です。

やりがいのある仕事ランキング(業種)1位「映像関連」

やりがいのある仕事ランキングで、堂々の第1位に輝いたのが「映像関連」の仕事です。

映像関連と言っても様々で、映画やCM、今ではユーチューバーと呼ばれる人たちも映像関連の仕事と言えるでしょう。

映画やCMに関連する仕事は簡単にできることではありませんが、映像に興味のある人であればアルバイトやエキストラから始めることができますし、テレビ局への就職も可能です。

一つのものを作り上げていくということや、その映像を見て喜んだり楽しんでいる視聴者が多ければ多いほど仕事に対してやりがいもあるでしょう。

映画では興行収入、CMでは売上数などで、自分たちが作り上げたものがどれだけ評価されているかがわかりますし、YouTubeでも登録者数を見ることで自分たちが作った映像がどれだけ評価されているかが目に見えてわかります。

映像やCM,YouTubeなどは直接収入に関わる仕事ですし、目に見えて評価がわかり、世界を相手にしていますのでやりがいも達成感も大きい仕事と言えるでしょう。

やりがいのある仕事に転職するなら

やりがいのある仕事を見つけるのは簡単ではありません。

自分が好きな仕事がやりがいのある仕事とは限りませんので、やりがいを感じる仕事を探すのは容易ではないでしょう。

ですが、転職エージェントを使えば自分一人でやりがいのある仕事を探すより比較的早く見つけることが可能です。

転職エージェントは様々な企業と取引があり、自分がやってみたい仕事や楽しいと感じる仕事を伝えることで、その条件に合った企業の求人を探し出してくれます。

一般的な情報ではわからないことでも転職エージェントは企業とのつながりが深いため企業の内情もわかっています。

ですので、入社してみたけれど思っていた内容と違ったということを回避できるでしょう。

転職エージェントに自分の希望条件を伝えるには、自分がどんな仕事に興味があり、どんな仕事が楽しいと感じるのかを明確にしておいたほうがよいので、考えをまとめておくと比較的早くやりがいのある仕事に就けるのではないでしょうか。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 …

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

当サイトでは下記記事にて1000人以上の転職エージェント利用者の体験談を基に本当におすすめの転職エージェントを紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識…

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

やりがいのある仕事は人によって違う

やりがいのある仕事は人それぞれ違います。「あの人がやっているからやってみよう」「あの人が勧めるからやってみよう」という基準では自分が「やりがい」を感じる仕事に出会うことは難しくなります。

やりがいのある仕事を見つけるには、自分が何に興味があるのか、何に対して楽しいを感じるのか、どんな作業が好きなのか、「仕事に対しての好き・楽しい」をたくさん見つけてみましょう。

仕事に対しての好き・楽しいがわからない時はキャリア診断テストを受け、その内容から探ってみてもよいでしょう。

とにかく、仕事に対しての好き・楽しいをたくさん見つけることです。そうすれば自分が何に対してやりがいを感じるのかが見えてくるのではないでしょうか。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。