子育てと仕事の両立ポイント|働くママがストレスを貯めない育児と両立するコツ

仕事をしながら子育てをしている働くママは、どうしたら育児をうまく両立することができるかと共通の悩みを持っています。両立することができない、日々忙しさに追われてしまってどうしようもなく疲れる、もうこんな生活無理、とたくさんストレスも抱えてしまいます。そんな働くママへストレスを貯めない育児と仕事の両立方法を紹介します。

子育てと仕事、育児の両立できない、疲れた、無理…と感じるのは、働くママの共通の悩み

なんで私だけこんなに無理をしなきゃいけないの!毎日疲れて、ストレスを感じている働くママは多いのではないでしょうか。子育てと仕事の両立は、働くママにとって共通の悩み。無理をしなければ家事も育児も仕事も両立出来ない、と日々悩みを抱えていませんか?

子育てと仕事の両立でストレスを貯めない育児と仕事を両立するコツ5つ

働くママは、子育てと仕事をうまく両立することが、いつまでも尽きることのない悩みの一つです。朝は子供の支度と自分の支度、さらに家事もしなくてはいけませんので、起きた時からバタバタ過ごすことが当たり前の毎日です。

急いで幼稚園や保育園に連れて行き、そして仕事に遅れないように急いで向かい、一息つく暇もなく仕事にとりかかる日々。仕事が終わった後も子供のお迎えと夕食の支度、そして家事をしてとゆっくり過ごすことなく過ごしている方は多いのではないでしょうか。

そして職場での立場や、その時の子供の年齢によっても状況が変化するため、その都度、両立の方法を考えなくてはいけません。自分がストレスを抱えてしまうと、子供はもちろん家族にまで悪い影響を与えてしまい、さらに自己嫌悪になってしまいます。働くママが少しでもストレスを貯めずに、育児と仕事を両立するコツを5つご紹介いたします。

1.朝型のライフスタイルへと変更する

毎朝、何時に起床されていますか?

働くママは、朝の時間が一番忙しい時間帯ですよね。自分自身の仕事の準備はもちろん、洗濯などの家事、子供を保育園や幼稚園に預けている場合は、その準備も必要となります。また、弁当がある場合はその準備もし、家族の朝食も作らなければいけません。とても1、2時間で終わるような内容ではないのです。

子育て前と同じくらいの時間で起床されている方は、とても出発までゆっくり過ごすことはできず、バタバタと準備をして出掛けているのではないでしょうか。

特に小さいお子様をお持ちの場合は、思いがけない突発的なことが発生しがちです。

まずは、今までより1時間早く起床して朝方のライフスタイルに切り替えてみるのはいかがでしょうか。超特急で朝の支度をしていたことが、少し時間に余裕をもって準備することができますし、少し自分のゆっくりとした時間を過ごせるようになります。

温かい飲み物を飲む時間にしたり、ストレッチをしたりと、自分の好きなことを過ごす時間を作ることで、気持ちも落ち着いてきてゆったりとした朝の時間を過ごすことができますよ。

また、朝は一日のうちで一番集中力が高まる時間帯なのはご存知でしたでしょうか。朝は日中の集中力の約6倍の集中力が高まると言われています。

必ずしなくてはいけない家事などは、朝に行う方がテキパキと過ごすことができますね。

また朝早く起床することで、自律神経も整ってきます。毎日疲れがとれず、体調がすぐれないと感じている方は、ぜひ朝型のライフスタイルに変更してみることをおすすめいたします。

朝早く起床して、ママ自身もゆっくり過ごせるようになると、子供の気持ちも自然と落ち着いてきて、お互い余裕を持って時間を送ることができます。

時間があることで親子での会話もゆっくり楽しむことができて子供も気持ちよく出発することができるようになりますし、ママも気持ちよく仕事に向かうことができますよ。

2.自分の時間を作って気分をリフレッシュする

日々の生活に追われていると、どうしても自分の時間を作ることは後回しになりがちですよね。でも、ストレスになる原因はそこにあります。

働くママは、働かないママよりも子供と過ごす時間が少ないため、自分の時間を作ることよりも子供との時間を作らなきゃと強く感じてしまって、ストレスになってしまうのです。

でも、ママ自身がストレスを貯めている状態で子供と接していると、子供はママの気持ちを感じ取ってしまいますし、ママ自身も子供にあたってしまうことも出てきてしまいます。

そのように、ストレスを持った状態にしないためにも、自分の時間は定期的にするようにしリフレッシュするように心がけることも必要です。

保育園や幼稚園に預けている時間帯に自分の時間を作る事もできますし、近隣に身内の方がいれば、たまには預けてママだけの時間を作るようにしても良いですね。預け先がない場合は、各自治体や保育園で行っている一時預かりをぜひ利用しましょう。

その時間は、ママだけの時間です。いつもがんばっている自分へのご褒美に、少しの時間だけでもリフレッシュして、日々の生活への活力にしましょう。ママの気分が良ければ、子供も機嫌が良くなりますし、家族の雰囲気も明るくなりますよ。

3.子供と過ごす時間の質を上げる

仕事をしているママにとって、仕事をしていないママと比較すると、子供と過ごす時間が少ないことが、罪悪感や劣等感に感じてしまうことがあります。

しかし、子供との時間の長さが子育てに重要ということだけではありません。長い時間、子供と一緒に過ごしていても、特に何もせずダラダラしていては意味がありません。

またずっと一緒にいることで、子供がすることなすことすべてに対して口を出してしまったりすることで、子供の自立を妨げる原因になってしまうこともあります。

短時間しか子供と一緒に過ごす時間がなくても、子供と過ごす時間の質を上げることが重要なのです。例えば、買い物に行く時間でも、野菜の色はどのくらい種類があるのか、土の中で育つものや土の上で育つものはどれか、この料理にはどの野菜が使われているかなど、一緒に会話をしながらすると、子供はいろんなことを考えるようになりますし、親子で会話をする時間も増えますね。

その他にも、今日あった出来事を一緒に話し合ったり、本の読み聞かせをしてどんな風に思ったかなど、お互いコミュニケーションをとって過ごすことで、質の良い時間を過ごすことができますよ。

4.辛いと思ったら、夫や協力者に家事などをできる範囲でお願いする

子育てと仕事の両立をしていて、辛い!と感じたことはありませんか。無理をしていることはありませんか。辛かったり、無理をしながら両立を続けているといつか体調も崩してしまいますし、気持ちも更に辛くなってきます。無理をすることは禁物です。

夫やご家族などの協力者が周りにいる場合は、今の辛い気持ちや、両立するために手伝ってほしいことを伝えて、話し合う事から初めてみましょう。

全ての家事を分担するのではなく、夫や協力者ができる範囲で手伝う事ができる家事を聞いて、どの程度ならお願いできそうかを話し合います。少しずつ夫や協力者にお願いできる範囲が広がってくるかもしれません。

辛いことを自分の中だけに留めておくのではなく、辛いことは話し合って、家事をお願いすることも、子育てと仕事を両立する上で必要なことです。

5.家事を減らす

家事は教えてもらってこなしているわけではなく、必然とやる事になってしている事です。そのため各家庭によってこなしている家事の量や質、種類もバラバラです。仕事と育児を両立しながらできる家事の量や種類を一度見直してみることも大切なことです。

まず、今行っている家事を全て書き出してみて、毎日するべき事、週1回するべき事、月1回するべき事などに分けてみましょう。月1回すればよい事を毎日していたりと、書き出してみることで、意外と気づいていなかった事が出てくることがあります。

今、仕事と育児の両立をする上で、家事が負担になっている場合は、一度書き出してみて、毎日しなくても大丈夫な家事を思い切って家事を減らしてみませんか?家事も仕事と同じで、定期的に見直しをしていくことも、子育てと仕事を両立するために必要なことです。

子育てと仕事を両立して疲れたなら転職も視野に

子育てと仕事を両立するために様々に工夫をしていても、疲れきってしまって毎日がやりきれない気持ちになってしまうこともあります。

その場合は、仕事が子育ての妨げになっていることが考えられます。両立しやすい部署に異動できるのであれば、それを願い出ることも一つですが、それが難しい場合は、子育てと両立しやすい仕事に転職することも視野に入れてみましょう。

転職先を探すなら転職エージェントを利用されるのをおすすめします。転職エージェントは、アテンダントスタッフと相談しながら転職先を決めることができます。

アテンダントスタッフは、転職先の情報を知っているため、子育てと両立しやすい職場かどうか、どのような職種が向いているのかなど、一人で悩むことなく転職先を探すことができるため、働くママにとって転職エージェントを利用することは効率が良いため、一度利用してみるのはいかがでしょうか。

転職エージェントは完全無料で利用することができ、転職や就職に関わるほとんどの面倒な作業を代行してくれ、転職のプロであるコンサルタントからアドバイスをいただくことができるため、転職初心者の方は使わない手はないです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 このように悩みを抱えている方はとても…

2017.11.10

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

 

子育てと仕事・育児の両立におすすめの職種や在宅ワーク

子育てと仕事を両立している方はどのような職種に就いているのでしょう。また、これから子育てしながら仕事をしていきたいという方も多くいらっしゃると思います。子育てと仕事、育児を両立しやすいおすすめの職種や、人気の在宅ワークをご紹介します。

1.ホームセンターなどのシフト制

ホームセンターやスーパー、飲食店などは、主に希望した時間で勤務できるシフト制を採用しており、育児と仕事を両立しやすい仕事の一つです。事前に希望シフトを伝え、そのシフト通りに働くことが出来ますので、学校行事や予定がある際の休みが取りやすい環境ではあります。

しかし、同じように子育てをしながら働いている方が多いため、必ずしも希望のシフトで勤務できるとは限りませんが、お子様の急な病気などでお休みをしなくてはいけない場合に、お互い様ということで、シフトを変わってくれる人を探しやすいことが利点でもあります。

サービス業種である場合は、基本的に土日祝日は店舗が開いているため、平日のみで勤務することが出来るかどうかを予め確認しておくと良いでしょう。

2.医療事務

医療事務は子育てと両立したい方に人気の職種の一つです。その理由として、決められた時間で勤務することが出来ることと、病院に保育施設がある場合は利用することができるということです。また医療事務はパートでの勤務の場合でも、比較的時給が高い職種も人気の理由となっています。

ただし、医療事務の資格を持っていることが採用の条件となりますし、ある一定の経験を持っている方が採用されやすいようです。医療事務は、在宅で資格を取ることも出来ます。まずは資格を取得し、未経験でも勤務できる職場を探し経験を積んでいくことをチャレンジしてみてはいかがでしょう。

以下の記事では医療事務の仕事について詳細に解説しています。

医療事務の仕事|種類や内容を知って理想のキャリアを手に入れよう

医療事務の仕事の内容・業務 医療事務という言葉は、よく聞くけれど実際にどういう仕事内容なのか、どういった資格が必要なのか、医療事務の魅力って何?と疑問に思っ…

2017.12.04

3.介護系

高齢化社会になるに伴い、介護施設が増えてきたことによって、介護系の求人が多くなっております。介護の仕事は、シフト制で勤務可能な施設もありますので、勤務時間の調整がしやすいことから、子育てと両立しやすい職種ともいえます。

また、最近では住宅街に介護施設が建設されておりますので、比較的自宅から近い場所で勤務できることもあります。介護職も基本的には資格を持っていることが勤務の条件となります。また介護職は大変体力を使う仕事ですので、体力に自信があるという方にはおすすめです。

4.ライター

ライター業務は納期を守れば、一日のうちいつやっても良いお仕事のため、大変自由度の高い仕事と言っても良いでしょう。

在宅でも出来るため、子育て中の方に人気のある職種です。出版社や広告代理店などに所属しているライター業務の場合は、外部との打ち合わせなどもありますが、裏方のライター業務に特化し、出勤時間や日数を減らすことを会社と相談しやすい業務です。

ただし、在宅でライター業務を行う場合は、子供との時間の合間に行うため、乳幼児を持つ場合は決めていたスケジュール通りに仕事が進まないことも考えられます。余裕を持ってスケジュールを組める方や、お子様が少し落ち着いた年齢の方などにおすすめの職種です。

ライターの仕事について詳しくは以下の記事をご覧ください。

ライターの仕事|種類や内容を知って理想のキャリアを手に入れよう

ライターの仕事の内容・業務 ライターの仕事の内容はPCやタブレットを用いて、文字を書くことです。大まかに分けて0から文章を作成するものと、1度書かれた文章を…

2017.12.08

5.イラストレーターなどのデザイナー

イラストレーターなどのデザイナー業務は、ライター業務と同じく納期を守ることが必須です。納期を守れるスケジュールを組み立てることができれば、子育てと両立が無理なくできる職種です。あらかじめ予備の日を設けて、余裕を持たせたスケジュール管理をすることをおすすめします。

デザイナーの仕事は以下の記事に網羅的に紹介しています。

デザインの仕事|種類や内容、魅力を知って理想のキャリアを手に入れよう

デザインの仕事の内容・業務 デザインの仕事というと、デザインをする「デザイナー」と呼ばれる仕事になります。デザイナーって言葉は、よく聞くけれど、どんな種類が…

2017.12.04

6.データ入力

データ入力業務も子育て中のママに人気の職種です。基本的には、ひたすら入力のみを行う業務ですので、接客や電話対応などがないことと、座ってできる仕事のため体力をあまり使わなくて良い仕事です。

子育ては体力を使いますので、仕事であまり体力を使いたくない方にはおすすめの職種です。データ入力業務は、シフト制や固定時間制など就業場所によっても勤務時間が異なります。

7.クラウドソーシング

仕事はしたいけど、子供を預けられない環境であったり、仕事をしても託児料しか稼げないのであれば家に居た方がよいと悩まれている方は多くいらっしゃいます。そんな在宅でできる仕事を探している方に人気なのがクラウドソーシングです。

代表的なクラウドソーシングは、ランサーズやクラウドワークスです。ライターやデザイナー、入力業務など、様々なニーズに合わせての業務があり、在宅でも出来る職種が豊富にあります。ランサーズとクラウドワークスの双方に登録をし、今までのお仕事の経験を生かして探してみるのはいかがでしょうか。

子育て仕事の両立は、無理せず男性や協力者に頼ることも大切

子育てと仕事の両立をどのようにしていくかということは、働くママにとって尽きることのない悩みです。まずは、ママが無理をしない事が第一で、子育てと両立するためにどの部分を大事にするのかを家族で話し合い、男性や協力者に少し頼ることも大切です。その上で、仕事が支障になっているようであれば、子育てと両立出来る職種への転職を考えてみましょう。

 

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加