デザインの仕事|種類や内容、魅力を知って理想のキャリアを手に入れよう

デザインの仕事ってどんな種類があるか知っていますか?一口にデザインといってもデザインの仕事の幅は広く、家具、ゲーム、Webサイト、電車の中吊り広告などなど、日常的に目にするものは様々な分野のデザイナーが手掛けた仕事の成果物なのです。それだけ、デザインは身近であり、デザインの仕事は多岐に渡ります。この記事では、様々なデザインの仕事の種類や魅力、更にはデザイナーの仕事の大変な部分までご紹介します。

デザインの仕事の内容・業務

デザインの仕事というと、デザインをする「デザイナー」と呼ばれる仕事になります。デザイナーって言葉は、よく聞くけれど、どんな種類があるのか知っていますか?

また、デザインの仕事と聞くと、個性的で自分の好きなようにデザインすることができる仕事、と思っていませんか?実は、そうではありません。

デザインの仕事は、クライアントからの要望を取り入れ、人々に受け入れてもらえるデザインを作ることです。

つまり、クライアントからの要望を世の中に伝えることが、デザイナーの仕事の大事な部分になります。

デザインという仕事は、様々な分野にわたっています。分野が違えば仕事内容も、もちろん変わってきます。デザインの仕事には、どんな仕事の種類があるのか、どんな仕事内容なのか、どんな魅力や大変なことがあるのか、この記事で紹介できればと思います。

デザインの1日の仕事の流れ

  • 10:00 仕事開始

1日のスタートは、メールのチェックからスタートします。
朝ごはんを会社で食べながら、ゆっくりをメールを返していきます。

  • 11:00 案件確認をする

現在、抱えている案件のスケジュールを確認します。
遅れている案件があれば、一緒にやっているメンバーに一声かけたりして、調整します。

  • 12:00 クライアントと電話

クライアントからのメールの返事は、お昼頃に帰ってくることが多いです。
電話でも、やりとりすることがあります。

  • 13:00 資料作成

提案書を書きます。

見た目が大事になってくるので、作図などを使い丁寧に書きます。

  • 14:00 昼食、打ち合わせ

お昼を食べながら、打ち合わせをすることも多いです。

その為、お昼は外食が多いです。

  • 16:00 クライアントと打ち合わせ

クライアントから、Webサイトの変更希望があったため打ち合わせです。
この場合、事前にヒアリングシートで、質問を送っておくことで打ち合わせがスムーズにいきます。
無駄な時間がないように、心がけます。

  • 17:30 制作物のクオリティチェック

一緒に仕事をしている方の制作物のチェックをします。

  • 18:00 ロゴデザインを作成

昼間に打ち合わせした会社のロゴのデザインのイメージを手書きでメモとして描いておきます。
だいたい10個くらいは書くように心がけます。

  • 19:30 スポールジム

帰宅途中にあるジムに行きます。
汗を流すことで、頭の中もスッキリします。

  • 21:30 帰宅

ジムで汗を流したので、ゆっくり寝ることができます。
自分のスケジュールをしっかり管理することで、仕事のスケジュールもしっかり管理することができます。

Webデザイナーさんの、1日の流れの例でしたが、いかがでしたか?見てみると、打ち合わせが意外と多いですね。

Webデザイナーはクライアントやチームのメンバーなど、多くの人と関わる仕事なので、
進捗の確認やプロジェクト管理で話し合うことが多くなるのです。Webデザイナーの他にも、どのような、デザインの仕事の種類があるのか見て行きましょう。

デザインの仕事の種類

デザインの仕事は、デザインの種類によって様々な分野で仕事があり、それぞれの分野でデザイナーさんが活躍しています。以下、主なデザイナーのお仕事です。

  • ファッションデザイナー
  • テキスタイルデザイナー
  • グラフィックデザイナー
  • DTPデザイナー
  • Webデザイナー
  • ゲームデザイナー
  • インテリアデザイナー
  • 空間デザイナー
  • フラワーデザイナー

一つずつ、簡単にどういった仕事内容なのか見て行きましょう。

ファッションデザイナー

名前の通り、洋服や、靴、バックなどをデザインします。
ほとんどのみなさんが、デザイナーと聞いて、思い浮かぶのがファッションデザイナーです。

ファッションデザイナーは、的確なマーケテングをしてこれからの流行を感じ取ったりする力が必要不可欠です。ファッションデザイナーは、デザイナーの中でも1番人気の仕事です。

テキスタイルデザイナー

テキスタイルデザイナーは、洋服やインテリアに使う布の素材や柄、加工方法、配色などをデザインします。

洋服やインテリアというのは、人々が直接触れる物ですので、テキスタイルデザイナーは、日々の生活で最も身近に感じられる仕事をするデザイナーです。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、みなさんが毎日目にする広告やポスター、商品パッケージやチラシなどをデザインする仕事です。

文字や図、イラストなどのグラフィック要素を組みあわせて、デザインします。
グラッフィックデザイナーの特徴として、映像などではなく印刷媒体のデザイン制作であることです。

DTPデザイナー

DTPデザイナーは、雑誌、書籍、パンフレットなどの紙媒体のデザインをします。
DTPデザイナーの特徴は、DTPソフトを使い、クライアントの要求を満たすものを作る必要があることです。

Webデザイナー

Webデザイナーは、Webサイトの構成企画、デザインなどをします。見た目のデザイン性が高いだけでなく、ユーザーが使いやすいようにデザインされているかどうか考え、デザインすることが大事になってきます。

ゲームデザイナー

ゲームデザイナーは、ゲームを制作していく上でキャラクターや背景、などの絵を担当する仕事です。2Dの場合は、ドットと呼ばれる点で絵を表現します。最近では、3Dグラフィックが主流なのでポリゴンで表現します。

インテリアデザイナー

インテリアデザイナーは、家具、カーテン、照明などインテリアのデザインをします。インテリアデザイナーは、家具やインテリアのデザインをするので、安全性や機能性も考えてデザインしなければいけません。

また、インテリアデザイナーはインテリアに合わせて室内の演出や、インテリアの空間構成など、物だけでなく空間のデザインも行います。

空間デザイナー

空間デザイナーは、個人の家から駅やショップ、ホテル、公園などの空間をデザインする仕事をします。決められたコンセプトなどを大事にして、みなさんが過ごしやすい空間になるように、必要な設備を加えたりして内装のデザインも行います。

そのため、空間デザイナーは高い空間デザイン能力に加え、建築の知識も必要となる仕事です。

フラワーデザイナー

フラワーデザイナーは、結婚式の会場やイベント会場などで、美しく飾られている綺麗なお花をデザインする仕事です。

フラワーデザイナーは、会場ごとの目的を明確にして予算内でどれだけのデザインをすることができるのかのセンスが求められる仕事です。

デザインの仕事のやりがい

デザイナーという仕事は、納品する作品が多くの人にされされますので、周りの人からの評価が分かりやすい仕事になります。評価が良い時も悪い時も分かりやすいです。評価が良いときは次の作品へのモチベーションが上がりますし、評価が良くない時は、悔しさを乗り越えてつくった作品が良い評価を受けた時にやりがいを感じるでしょう。

また、デザインは人々の目や肌に直接触れることになります。そのため、ただ自分のしたいデザインをするのではなく、デザインをする目的、ユーザーが使用する目的も考えてデザインしなければなりません。考え抜いて形にしたデザインが多くの人に届いた時は、達成感でいっぱいになります。

また、依頼主の想いを、デザインにすることができたときは、お互いに思い描いた作品ができた嬉しさとやり切った達成感で胸がいっぱいになり、デザイナーとしてのやりがいを感じることができます。

デザインの仕事の辛い部分

デザインの仕事の辛い部分も見て行きましょう。

  • スキルを習得するまで時間がかかる
  • 長時間労働
  • 何度も修正の繰り返し

1つの作品を完成させるまでに、何度も何度も修正を繰り返します。これは、クライアントからの要望に答えるためです。その為、完成させる為に夜遅くまで作業をすることもありますが、残業など、基本的に出ることはありません。

また、上司が細かく指導をしてくれないという事もあります。デザイン業界の風潮的に色々任せた方が成長する、という考えもありますが、受け取り方によっては上司に頼らずに自分でなんとかしないといけないので、辛い部分でもあります。

また、今の時代は、技術の進化によって一般の方でもプロのようなデザインをすることができます。その為、プロのデザイナーとしての存在価値が薄まりつつあります。

これからデザインの仕事をしたいと考えている方は、デザインだけでなく他の自身の強みになる技術を勉強しておくといいでしょう。

デザインの仕事をするには

デザインをする上で、デザインの分野が異なってくるため、必要な資格や試験もそれぞれ異なってきます。もちろん、未経験からできる仕事もありますし、専門学校などで専門の知識を身につける必要がある仕事もあります。

どの分野でも活躍できるように、スキルとして、「Illustrator」と「Photoshop」というデジタルツールの知識をつけておくといいでしょう。どのデザインの分野でも必要になるスキルなのでオススメです。

また、転職エージェントを利用することで簡単に就職することができます。

転職エージェントは完全無料で利用することができ、転職や就職に関わるほとんどの面倒な作業を代行してくれ、転職のプロであるコンサルタントからアドバイスをいただくことができるため、転職初心者の方は使わない手はないです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェント|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」このように悩みを抱えている方はとても…

2017.11.10

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」このような意見をよく聞くことがあります。結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

デザインの仕事の主な就職先

就職先も、それぞれの分野ごとに違ってきます。ファッションデザイナーだったら、ほとんどがアパレルメーカーです。テキスタイルデザイナーだったら、デザイン事務所、アパレルメーカー、繊維メーカーが一般的です。グラフィックデザイナーだったら、広告代理店、広告制作会社、デザイン会社などに就職するのが一般的な流れになります。

本当に自分がデザインの仕事をしたい、と思える分野を見つけることで就職先も変わってきます。

以下、主なデザイナーの就職先一覧になります。

ファッションデザイナーアパレルメーカー、デザイン事務所、個人ブティックなど
テキスタイルデザイナーアパレルメーカー、テキスタイルコンバーター、繊維メーカー、デザイン事務所など
グラフィックデザイナー広告代理店、広告制作会社、メーカーの広告宣伝部、デザイン会社、フリーランスなど
DTPデザイナー広告代理店、デザイン事務所など

 

WebデザイナーWebサイト制作企業、一般企業、フリーランスなど
ゲームデザイナー映像制作系会社、ゲーム制作系会社、モバイルゲーム開発系会社など

 

インテリアデザイナーハウスメーカー、建築事務所、デザイン事務所、フリーランスなど
 空間デザイナーデザイン事務所、メーカー、ハウスメーカー、飲食チェーン、フリーランスなど

 

 フラワーデザイナー大手フラワーショップ、ホテル、ブライダル会社、ディスプレイ会社、プロデュース会社など

 

 

デザインの仕事はとても魅力的

デザインの仕事は、自分のデザインしたものが形となって世の中に出て行き、そして、人々に評価をされ、喜びがやりがいになる、というのが最大の魅力です。

ただデザインをすればいいだけではなく、クライアントを満足させるなどの条件を満たす必要もあるのが、デザイナーの仕事です。その為、人とのコミュニケーション能力も必須になってきます。

デザインの仕事をする上で大事なのは、人の役に立つという意識を持つことです。一つのデザインを作る為には、多く人が関わることになります。

デザインの仕事は、周りとの協調性を大事にしてデザインを作っていくことで、自分自身も大きな成長を感じることのできる、魅力的な仕事なのです。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする