管理栄養士の仕事|種類や内容を知って理想のキャリアを手に入れよう

管理栄養士は、病院や介護老人施設の食事や学校、保育園などの給食の献立作りや栄養管理の仕事をし、専門的な知識を活かして様々な職場で幅広く活躍しています。人が生きていくために大切な事は「食べる」という事です。その食事をバランスよく摂れるように栄養管理や食事提供をしてくれるのが管理栄養士です。この記事では、管理栄養士の仕事内容や魅力をお伝えしています。

管理栄養士の仕事の内容・業務

管理栄養士とは、病院や介護老人施設の食事提供を行ったり、保育園や学校などの給食の献立作りや栄養管理を、食の専門的な知識を活かして栄養指導を行う仕事です。また、栄養指導だけではなく入院患者や施設の利用者、保育園や学校の子供たちの健康面もサポートをします。

食事の提供が1回300食、1日では750食以上ある病院または介護老人施設などにおいては、管理栄養士を必ず1名は従事させなければいけないことが義務付けられていますので、これからの時代管理栄養士はますます需要が高まっていく職業と言えます。

一般の栄養士は、栄養士養成学校で2年以上専門知識や技能を学び、都道府県知事に申請をすることによって栄養士の認可を受けられますが、管理栄養士は指定された学校で栄養士の資格を持ちながら必要な教育を受けた後、国家試験を受験して合格しなければ資格を得ることができません。

管理栄養士は国家資格になりますので、病気の改善の為の食事を指導したりと栄養士よりも高度な知識を求められるようになります。

管理栄養士の1日の仕事の流れ

管理栄養士は、病院や介護老人施設、保育園や学校などで献立の考案や栄養指導など様々な職場で活躍しています。それぞれの職場環境では業務内容や役割なども少し違ってきますが、ここでは病院などで働く管理栄養士の1日の仕事の流れを参考に見て行きましょう。

朝・・・出勤します。

  • 朝食の残り具合をチェック
  • 1日の食数を確認する
  • 昼食の準備の確認、調理をする
  • 翌日の食材の発注業務

 

昼・・・昼食の配膳

  • 食事の内容の味付けや盛り付けなどを患者さんの感想を聞きに行く

 

午後・・・昼食を済ましてから

  • 調理スタッフとミーティングを行う
  • 献立の作成や事務処理を行う
  • 入院患者の栄養指導
  • 夕食の配膳の確認
  • 1日の食事の集計などを行う
  • 翌日の食数などを再度確認して業務終了

 

その他にも外来患者の栄養指導や入院患者の栄養管理計画を立てたりと、空いた時間内にこなしていかなければいけない業務もあります。

管理栄養士の仕事の種類

 

医療の現場や学校給食などに限らず、高齢化社会に伴って増加する介護老人施設や学校教育の一環である食育、生活習慣病の改善問題など様々な環境で従事している管理栄養士は、いろいろな職場環境で需要がますます高まってきています。

ここでは、それぞれの職場環境での管理栄養士の仕事の種類や仕事内容について紹介していきましょう。

病院

病院などでは病気の治療のための食事指導や病気の再発防止、合併症などを予防して患者の症状や栄養状態に合わせた食事の献立作りを行ったりします。

入院患者の食事管理も行いますが、病院を退院した患者や外来の患者に対しても栄養指導を行うこともあります。

介護老人施設

介護老人施設では、施設の利用者の体調や栄養状態を介護スタッフや看護師と一緒に管理しながら栄養指導をしたり、食事提供を行います。

時にはデイサービスなどの利用者さんにはヒアリングを行い、日ごろの食事内容の栄養指導をしたりします。

保育園や小学校

保育園や小学校などでは、子ども達が食に興味をもって食に関する知識を身につけられるよう食育指導を行っています。

成長に必要な栄養を美味しく摂取できるように学校給食の献立を考案したり、調理スタッフの調理指導を行ったりもします。

委託給食会社

委託給食会社とは、管理栄養士や栄養士を給食施設からの依頼で派遣する会社の事です。
病院や学校、介護老人施設、学生寮、企業の社員食堂などが主な職場になります。

最近では食事提供の食数が多い病院や介護老人施設では、給食業務を外部委託しているところが多く、管理栄養士が必要とされる職場の中でも大半を占めています。

保健所、保健センター

保健所、保健センターでは小さな子供から高齢者まで地域住民を対象に健康づくりの支援や健康診断、栄養指導などを行っているためそれぞれに管理栄養士が配置されています。

外食産業

外食産業とは、レストランやファーストフード店を含む飲食店などを言います。

外食と言うと油物などの高カロリーな食事が多く敬遠されがちなのですが、最近では栄養バランスの整った食事を提供できるよう、管理栄養士と調理師が協力してメニューの開発などを手掛けています。

食品メーカー

食品メーカーでの管理栄養士は、商品開発や市場調査、商品のコンセプトの提案や営業などに携わなければいけないので専門知識以外の能力が必要になってきます。

しかし、自身が開発した商品が一躍ヒットすれば、商品開発までの苦労が吹き飛んでしまうくらいやりがいがあります。

スポーツ栄養士

スポーツジムなどでトレーニングをする人への健康相談や、生活習慣病の食事指導などを行ったりします。また、スポーツ選手などアスリートの栄養管理や食事管理なども行います

フリーランスの管理栄養士

フリーランスの管理栄養士は、高齢者向けの宅配弁当の開業や料理教室の開催、レストランのメニュー考案のアドバイザーとして活躍したりと実務経験を役立てることができる環境で自由に働くことができます。

ですから、病院や食品メーカーに勤めて、実務経験を積んでから独立する管理栄養士の方がほとんどです。

自衛隊

自衛隊の管理栄養士として働くにはまず、自衛隊員として入隊しなくてはいけません。

自衛隊員は訓練や日常の仕事で体力の消耗が激しいので、体力の基礎となる栄養をたくさん摂れる献立作りが大切です。また、作る量もとても多いのである程度の体力がないと負担が大きくなりかねません。

管理栄養士の仕事のやりがい

管理栄養士は、献立について「苦手な食材が食べられるようになった」とか「美味しかったです」と直にお礼を言われたりした時には、どのような環境で働いていても献立作りは欠かせない仕事の1つなので、栄養バランスを考えて作った献立を喜んでもらえて良かったとやりがいを感じます。

また、食品メーカーやレストランのメニューの考案に携われば、自分で商品開発した商品が爆発的にヒットしたり、レストランのメニューが高評価を得たりと様々な環境で管理栄養士のやりがいを感じる事ができます。

保育園で栄養士として働いています。
やりがい魅力を感じるところは、子どもたちが私の顔を見ると「給食の先生!」と声をかけてくれたり、「今日の給食最高だね!」と言ってくれるところです。
給食だよりを出した後、保護者から「レシピか載っていて良かった。」
などと言ってもらえると尚更やる気が出ます。
また、遠足、お泊り保育などの行事は準備が忙しくなったり大変に感じる事もありますが、
終わった後はとても達成感がありやりがいのある仕事だと実感します。

[link]https://xn--vcst8blzd69seto0xkmgzu5zj7b.com/kanrieiyousi-kyuzin/data.php?c=entry506[/link]

管理栄養士の仕事の辛い部分

管理栄養士は、病院や介護老人施設、保育園や学校など集団で食事提供をしなくてはいけない職場環境にあります。

栄養管理や献立の作成、食材の発注業務や準備、時には調理などを一人で行わなければいけない環境というのもめずらくありません。その為、一人での責任も重く、同じ職種の人に相談もしずらかったりする場合もあります。献立の内容や食事提供で喜んでもらえる反面、辛いこともあります。

ここでは、管理栄養士の仕事の辛い部分を見て行きましょう。

  • 調理スタッフから献立内容の苦情を受けることがある。
  • 人出不足と仕事の量が多くてこなすのが大変。
  • 大人数の職場で働く事で、人間関係が大変。
  • 患者さんとのコミュニケーションが取りづらい。
  • 予算にあった献立表が作れないと上司に怒られる。
  • 病院や施設勤務などは勤務時間や休日が不規則になる。
  • 仕事の量に見合った賃金が払ってもらえない。
  • 立ち仕事がつらい。

その他にも、資格を軽視されているなどメンタル面でも辛いことがある事が挙げられます。職場環境を十分に把握して自分に合った職場かどうかの見極めをすることも大切です。

管理栄養士の仕事をするには

管理栄養士の仕事をするには、まず、国が指定した栄養士養成学校で栄養士の資格を取って管理栄養士国家試験に合格しなければいけません。

栄養士の資格は国が指定した栄養士養成学校は4年制大学、3年制の専門学校や短期大学、2年制の短期大学、専門学校とがあり、いずれも卒業と同時に資格が得られます。その後、国が定めている施設で一定期間の実務経験を積むと管理栄養士国家試験が受けられます。

一定期間というのは次の通り定められています。

  • 4年制大学の場合は1年以上
  • 3年制短大または専門学校の場合は2年以上
  • 2年制短大または専門学校の場合は3年以上

その他にも管理栄養士養成学校では4年制大学と専門学校があり、卒業と同時に栄養士の資格がもらえて、実務経験なしで管理栄養士国家試験を受験することができます。

また、転職エージェントを利用することで簡単に就職することができます。

転職エージェントは完全無料で利用することができ、転職や就職に関わるほとんどの面倒な作業を代行してくれ、転職のプロであるコンサルタントからアドバイスをいただくことができるため、転職初心者の方は使わない手はないです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェント|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」このように悩みを抱えている方はとても…

2017.11.10

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」このような意見をよく聞くことがあります。結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

管理栄養士の仕事の主な就職先

管理栄養士の主な就職先企業は病院や介護老人施設、食品メーカーなど民間企業が多く、民間企業の中では、特に食品メーカーが大半を占めています。公立の病院や保健所、保健センター、保育園や小学校などは地方公務員として働く事になります。

ここでは、管理栄養士の仕事の主な就職先で有名な企業をご紹介していきます。

  • カルピス(株)
  • 日清医療食品(株)
  • キユーピー(株)
  • 雪印メグミルク(株)
  • 六花亭製菓(株)
  • 日本食研(株)
  • 日本製粉(株)

その他、介護老人施設や民間運営の病院など各県の地元の企業などがあります。

管理栄養士の仕事はとても魅力的

管理栄養士の仕事の魅力は、栄養指導や食の面でサポートをして生活習慣病の改善につながったり学校給食で子供たちが喜んで給食を残さずに食べてくれたり、または献立内容についてお礼を言われたりといろいろな場面で喜びを感じる事ができます。

栄養バランスの事など食の専門知識を活かし、人に食べる事の大切さを伝えることも管理栄養士の仕事の魅力の1つです。

食の専門知識と言っても、栄養管理だけではなく、調理方法や調味料を上手に使って味付けを考えるなどいろいろな面での知識が必要になってきます。これらを、実務を交えながら日々考案していくことで仕事への自信とやりがいにつながっていきます。

食べるという事は、大人から子供まで生きている限り欠かせない事となっています。その食事を健康で丈夫な体を作るためや、病気の改善、予防にサポートができるという管理栄養士の仕事はとても魅力です。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする