DODAの特徴を現役転職エージェントが徹底解説

「DODAを使ってみたいけど、DODAがどんなサービスなのかわからない」
「DODAの求人数以外の特徴ってないの?」

電車や道路などの広告でDODAの広告を見る人は多いでしょう。

そんなDODAは実際に優良サービスなのかどうか、気になる方も多いでしょう。

この記事では、DODAの特徴や強み・弱みから、向いている人や向いていない人を現役転職エージェントである筆者が解説いたします。

DODAの最大の特徴

DODAの最大の特徴は非公開求人が多く他社と比べて圧倒的に多く、さらにその中に隠れている優良企業の求人がたくさんあるということです。

以下は実際に保有している非公開求人の数です。

IT・通信関連エンジニア10148件
電気・機械・化学関連エンジニア7895件
建築・土木・不動産関連職2985件
金融・専門職2366件
メディカル関連職1923件
営業職10099件
人事・経理・法務・総務職6111件
企画マーケティング職2846件
販売・サービス関連職1234件
事務職3411件

※2014.8.18現在 DODA保有データより

なぜDODAに非公開求人が集まり、その中でもさらに優良企業の求人が集まっているかというと年間1万人以上の利用者の方々を転職に導いているという実績があり、そこからDODA独自の方法で求人を厳選しているからです。

DODAの強み

DODAの強みは非公開求人だけではありません。DODAの強みを4つにまとめました。

  • 求人数が非常に多い
  • 求人の給料が比較的高い
  • コンサルタントの営業力が高い
  • メーカー・ITの求人に強い

それぞれ以下にまとめてていきたいと思います。

求人数が非常に多い

DODAは非公開求人の数が多いことは先に述べたとおりですが、非公開求人数だけでなく公開求人数も非常に多いです。2017年12月4日現在では44,208件となっており、この数は増え続けると予想されています。

特に、DODAの特徴的な部分として転職エージェントと転職サイトが一つに融合されているために求人数は担保されていますし、登録も一度だけでいいため非常に利用者に優しいサービスとなっています。

求人の給料が比較的高い

転職する以上、求人に記載されている給料は気になると思います。DODAでは求人の給料は他サイトと比べて比較的高い傾向にあります。

なぜなら、DODAではつり広告などでもご存知かもしれませんが「条件は、今よりいい会社。以上」というメッセージの通り、より良い条件で働いてほしいという思いにあるようにその条件のうちの一つである、給料は今の条件よりステップアップしてほしいという思いから給料が比較的高い求人が多いです。

そのため、今までの経験を生かしさらにステップアップするという経験者採用を支援しています。

コンサルタントの営業力が高い

DODAのコンサルタントの方々は熱量が高い方が多いです。コンサルタントの熱量の高さは業界でも有名で、企業に自ら出向き求人を集める能力が高いと企業側からも声が上がっているほどです。

また、ただ熱量が高いだけではなく転職をする際に必要な知識や面接の際の実践的なテクニックなどを詳しく教えてくれて、圧倒的な求人数の中から利用者に合った求人を探してきてくれます。

DODA主催の転職イベントなどの情報なども教えてもらえるため、様々なニーズに対する答えを細かく提示してくれます。

メーカー・ITの求人に強い

メーカーやITの求人に強く、文系職よりも理系職の色は強いです。ITの中でもプログラマーの案件なども強いのは、DODAを運営しているパーソルグループの前身であるインテリジェンス時代からの信頼があることが理由として挙げられます。

とはいえ、大手の転職サイトなので様々な求人を持っており、あなたに適性に合った企業を様々な企業の中から選んでくれるということも大手企業ならではの強みです。

DODAの弱み

対して、DODAの弱みである部分を3つまとめてみました。DODAの弱みを知ることで自分に合うかどうかを知ることができます。

  • 未経験者歓迎の求人は少ない
  • コンサルタントの押しが強い
  • アフターフォローが弱い

それぞれ詳しく見ていきましょう。

未経験者歓迎の求人は少ない

強みで書いたようにキャリアアップのための転職として使われることが多いため、未経験者歓迎の求人はあまりないのが現状です。

しかし、業界を横断しての転職などで分からないことも多いかと思うので、とりあえず求人数の多いDODAに登録するということはプラスになると考えられます。

コンサルタントの押しが強い

コンサルタントの押しが強いという問題も強みで書いたようにDODAのコンサルタントは熱量が高いため、人によっては押しが強いと感じてしまうことがあるようです。

面談の中ではあなたの価値観や過去の経験などを聞き出し、それを転職活動に生かすために様々なことを聞かれることもあると思いますが、自分を振り返る機会だと思ってコンサルタントの方とともに考えていくことができるとより親密な仲になることができます!

アフターフォローが弱い

もちろんDODAにもアフターフォローのサービスは存在するのですが、3か月定着を超えるとその後の連絡をDODAからは連絡をあまりとらないようになっているようなので、もし何か心配事などがある場合は3か月以内に連絡を取ったほうがいいでしょう。

DODAの良い口コミ・評判

20代男性:IT

これまで電話とメールだけの紹介会社ばかりだったので、ていねいな会社だと感じました。

実際に面談の調整をして、担当の方と話をしましたが、自分なりに考えていた自己分析や志望業界の話をしていくうちに、だんだんと整理されてきて、ほんとうによい面談となりました。

この口コミの全文を見る

30代女性:団体職
私は団体職員をしているので、職種は管理部門での転職を希望しており、業種は関係なく求人を紹介してもらいました。

そもそも管理部門の求人は少ないようでしたが、それでも20件ほど紹介してもらえたので良かったと思います。

この口コミの全文を見る

DODAの悪い口コミ・評判

30代男性:プログラマー

自分は、仕事辞めてたから、半年くらいかけてじっくり探そうかなと思ってたけど、そんなことしてるとリスクになるとばっかり言われて、コンサルタントは業績のために早めに転職させようと思ってるのかと思ったね。

自分の要望も結構変わったから、偉そうなことは言えないけど、そんな営業的な感じは実際したかな。

この口コミの全文を見る

30代男性:建設

DODAのアドバイザーのからの電話がしつこい

紹介される求人数がとても多く、メールがとてもしつこかったです。

すぐに転職したい人には良いかもしれませんが、どんなものがあるのか知りたいレベルの人にはあまりおすすめはできません。

この口コミの全文を見る

DODAを利用するべき人

DODAに特に向いている方は以下のような方です。

  • 求人情報の量を重視する方
  • 中小優良企業の求人が欲しい方
  • 経験した業務を生かせる仕事がしたい方
  • 今よりもいい条件を求めている方

上記のような方には非常にDODAが向いているのでぜひ今すぐに登録をしてみてください。

また、転職wikiではDODAを利用するべきかどうかの判断を下記記事でDODAの評判から徹底分析しました。気になる方はチェックしてみてください。

DODAを利用するべき人はこんな人!DODAの評判・口コミから徹底分析!

「DODAはおすすめ」という話はよく聞くけど、本当にそうなのか気になりますよね。そこで、「DODAが本当にオススメできるのか」を検証するため転職wiki編…

2017.02.13

DODAを利用すべきでない人

対してDODAの利用があまり向いていない人は以下のような人です。

  • 社会人経験が浅い方
  • 完全未経験の方
  • 深いかかわりをされることが嫌いな方

しかし、DODAに全く向いていないという人はいません。なぜなら圧倒的な求人数によってさまざまな情報を探すことができますし、面接対策なども非常に価値の高いものになっていながら無料で利用できるからです。

もし自分には合わないと思ったのであればサービスの利用を止めることもできるため、とりあえずまずは登録をしてみることをオススメします。

DODAと組み合わせて使うべきサービス

リクルートエージェント

求人数約100,000件(非公開求人)
メリット全国対応で求人数も多く、ハイクラス求人にも対応
デメリット求職者によって対応が違う 専門的な知識に欠ける

リクルートエージェントは非常に担当者によって当たりはずれの波があるものの、転職先を早く見つけたいと思ってる方には非常に有用なサービスであると言えます。

業界No.1と言われているリクルートエージェントと組み合わせて使うことで、非常に多くの求人の情報を手に入れることができます。

type転職エージェント

東京、神奈川、千葉、埼玉での転職を考えているのであれば、type転職エージェントをオススメします。1都3県の求人情報の量であれば大手求人サイトに引けを取らない程の求人数を保有しています。

サービスの質もとても良いと評判であるので、非常にオススメです。

ビズリーチ

ビズリーチは専門職や管理職などエグゼクティブ人材に対してヘッドハンティングを行うというサービスです。

ビズリーチでヘッドハンティングを待ちながらも、自分自身から情報を探したいという方はDODAの非公開求人も非常に価値があるものだと思うので、ぜひ組み合わせて使ってみるといいでしょう。

DODAを最大限有効活用し、あなたに合った転職活動を成功させよう!

DODAは単体でも非常に価値の高いサービスを提供していますが、組み合わせて使うことであなたに合った転職活動を進めることができるようになります。

転職活動において最も重要なのは情報をいかにして仕入れ、いかにして管理するかであると思います。しかし、それを一人でやっていてはやがて回らなくなってしまうのがオチです。

しかしDODAのサービスがあなたに最適な転職先をあなたと共に探してくれるパートナーとして探してくれます。孤独といわれる転職活動においてこれほど心強いことはないでしょう。ぜひあなたのペースで転職活動を進めていきましょう。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする