仕事に行きたくない人が最初に見るべき全知識|休む理由から対処法まで

「人間関係が嫌で仕事に行きたくない」
「仕事に行きたくなさ過ぎてうつになりそう」

このように感じる人は少なくありません。

仕事に行きたくないと思い続けることで、病気になる実例も多発しています。

この記事では、仕事に行きたくない人がどう対処するべきか、休むときにはどのような理由を使えば良いのか、辞めたいならどのように行動していけば良いのかについて解説いたします。

全てを読めば、どう対応したら良いのかについて理解できるようになるでしょう。

仕事に行きたくないと思ったら、最初にすること

仕事に行きたくない理由や感情を確認

朝起きるたびに「会社に行きたくない…」「会社を辞めたい…」と思いながら通勤するのはとてもつらいことです。

本当は会社に行きたくないのに、「行かなければならない」「会社に行くべきなんだ」と行きたくないと思っている自分の感情を押し殺している時が一番つらい時ではないでしょうか。

朝起きて、仕事が行きたくないという思いが強くなり、吐き気がしたり頭痛がしたりと体調に異変が起こっている人は、すぐにでも今の状況を改善するべきです。

朝起きて「仕事に行きたくない」「なぜ仕事に行かなければならないのだろう」と感じたら、まずは仕事に行きたくない理由や感情を確認することが大切です。

自分はなぜ仕事に行きたくないのか、仕事に行きたくない感情は何が理由で来ているのかを確認しましょう。

仕事に行きたくない理由の多くは

  • 人間関係(同僚、上司、先輩、後輩など)
  • 仕事内容(仕事にやりがいがないなど)
  • 社風や会社の雰囲気が合わない
  • 昇進の可能性が限りなくゼロに近い

など、人それぞれ仕事に行きたくないと感じる理由は様々です。

そして、仕事に行きたくない理由から生まれる感情もあります。

  • 人間関係が面倒だ
  • 仕事がつまらない
  • 社風や会社の雰囲気に合わせなければならないので疲れる
  • やる気が出ない

など、最初は小さな感情でも体調に異変が起こるくらいになれば、これらの感情が大きくなり、自分では抱えきれなくなっているのです。

仕事に行きたくない理由や感情が分かったところで、次は今の仕事が自分に合っているのかを判断する必要があります。
自分に合っていない仕事を続けている限り、今の状況から脱出することはできないでしょう。

そこで、自分が今の仕事と合っているかどうかを診断できるキャリア診断テストについてご説明しましょう。

キャリア診断テストを受ける

自分に合っていない仕事を続けていると、一瞬は仕事に行きたくないという感情から解き放たれても、その仕事を続けている限り何度も「仕事に行きたくない」という感情が出てきます。

そこで、今の仕事が自分に合っているかを診断できるのがキャリア診断テストです。
キャリア診断テストとは性格診断テストのようなもので、自分の性格を分析して自分に合っている仕事が何なのかを診断することができます。

キャリア診断テストを受けると自分の長所が分かるため、自分の長所を活かすことができ、なおかつ今の仕事が自分に適しているかどうかを診断することができるのです。

診断内容は難しいものではなく、簡単な質問に答えていくだけです。
性格診断テストですので、問題も短く直感で答えていくような内容です。
長くても30分程度で終わり、診断結果は18ある性格項目の中から自分の長所である上位5位までが表示されます。

表示された上位5位までの内容はとても細かく分析されていますので、自分の長所がわかりやすく、今の仕事が自分に向いているのか判断することができます。

おすすめのキャリア診断テストはリクルートが提供している「グッドポイント診断」です。

リクナビNEXTという転職サイトに登録している人はログインすれば無料で診断を受けることができ、リクナビNEXTに登録していない人でも無料登録をすればすぐに診断を受けることができます。

仕事に行きたくないときに使う会社を休む理由

仕事に行きたくない時でも無理して仕事に行っている人がほとんどだと思いますが、体調に異変が起こっている時や、本気で仕事に行きたくない時は自分の心と体を休めることも大切です。

ですが、休む理由によっては社内で悪い評判が立ってしまうことがあります。仕事に行きたくない時の休む理由もうまく考えなくてはなりません。

そこで、社内で悪い評判が立たないような欠勤理由をご紹介しましょう。

仮病

仕事を休みたいと思うのは、いつも突然起こります。
つまり、事前から休みを取ることができないので、最も使いやすい欠勤理由は「仮病」です。

仮病と言っても色々あり、頭痛・吐き気・熱・めまい・風邪などがありますが、この中で熱や風邪を欠勤理由にするのはおすすめできません。

熱や風邪は1日で治るものではなく、咳が出たり鼻水が出たりするものです。
ですが、仮病ですから次の日に会社に行くと咳や鼻水などの症状が出ません。

そうなると「仮病だったんじゃないの?」と思われても仕方ないのです。
ですので、仮病で会社を休む時はひどい頭痛や吐き気、めまいなど1日で回復してもおかしくないような病名が良いでしょう。

もちろん、軽いめまいや吐き気で仕事を休むわけにはいきませんから、病院に行くということは必ず伝えます。
実際に病院に行くことはありませんが、これらの理由であれば「診察の結果、疲労から来ているということで1日ゆっくり休んだら回復しました」と言い訳も通ります。

仮病を使って休む場合は、1日で回復してもおかしくない理由を考えることと、病院に行くくらいつらい状態だったということがわかるようにしましょう。

家族のトラブル

次に欠勤理由として使える理由は「家族のトラブル」です。
「家族が病気で朝病院に運ばれたので付き添っている」「家族が朝方事故を起こして病院に運ばれたので付き添っている」など、家族のトラブルを理由にすると怪しまれることはないでしょう。

ただし、「親戚が亡くなった」など、誰かが亡くなったという理由はおすすめできません。
親戚が亡くなったという場合、休む期間や等身によっては香典料をもらってしまう可能性があります。

また、飲み会の席などで親戚が亡くなったことになっているのに忘れて親戚の話を出してしまう可能性もありますので親戚が亡くなったという理由はやめておきましょう。

急な病気や事故で付き添っている場合、病気の時は急性胃炎など軽い病気であれば1日付き添って次の日から仕事に行っても怪しまれませんし、事故の場合でも手術はしたけれど精密検査の結果、骨折で済みましたと言えば問題ないでしょう。

家族のトラブルを理由にする場合も、1日で出社してもおかしくない理由を考える必要があります。

どうしても仕事に行きたくないと思ったら休むのも一つの選択肢

前章で会社を休む時の理由をご説明したのにはわけがあります。
本来、仮病や家族のトラブルがあったなど「嘘」をついて会社を休むことは良いこととは言えません。

ですが、どうしても仕事に行きたくない時は休むことも大切なのです。
無理して会社に行くと、そのストレスが積み重なって体に異常が出てきてしまいます。
体に異常が出てしまっては仕事に行くどころか病院通いになってしまい体の不調から精神的な不調も増長して「うつ」という、なかなか治らない病気になってしまうのです。

ですので、そうなる前に「仕事に行きたくないなぁ」と思ったら一旦止まって会社を休むことも一つの選択肢と考えましょう。

「自分が会社に行かなければ仕事が回らない」と思っている人ほど要注意です。
実際、あなたが会社に行かなければ仕事がはかどらないかもしれません。
ですが、仕事が回らないということはないのです。

あなた一人でやっていた仕事が、あなたが休むことで回らないのであれば2人でやれば仕事は回ります。
会社側からすれば、会社の利益を上げなければ全ての従業員に迷惑がかかるため、たった一人の従業員が休んだくらいで仕事が回らなくなることはありません。

もっと言い方を変えれば、あなたが会社を辞めたところで会社は痛くもかゆくもないということです。
あなたがしていた仕事は、1人でできなければ新人さんが慣れるまではみんなで振り分けて分散しますし、新人さんが慣れてくればあなたが仕事をしていた時と同じような状態に落ち着くのです。

ですので、「自分が会社に行かなければ」と思う必要はありませんし、体がつらい時だけではなく、心がつらい時も休養を取らなければ、あなた自身が疲れ果てて「うつ」という最悪な状態になってしまうのです。何事も無理は禁物です。

人間関係で仕事に行きたくない時は、誰かに相談してみる

理解してくれる人を持つ

仕事に行きたくない理由で、最も多いのが人間関係です。
人間関係で仕事に行きたくないとなった場合、人間関係を修復するにもとても長い時間がかかりますし、嫌いだと思っている相手を理解できないまでも受け入れるには、とても長い時間がかかります。

人間関係のことで長い時間一人で考え込んでしまうと、悪い方向にばかり考えてしまうようになり、最終的に修復不可能な状態になってしまいます。
ですので、まずは自分の胸の内を理解してくれる人に相談してみましょう。

友人や恋人、家族でも構わないのですが、仕事の内容や会社のことがわからない相手の場合、自分のことを理解してもらえなかったり、相手が上っ面だけ理解している状態になり相談しても的を得た回答が返ってこないことが多いのです。

話すだけで落ち着くのであれば友人や恋人、家族でもよいのですが、理解してほしいという場合は信頼できる会社の上司や先輩などに相談するとよいでしょう。

朝、仕事に行きたくない時、とりあえず外出するつもりで家を出る

半日有給を使うつもりで家を出る

朝起きて仕事に行きたくないと感じた時は、まず家を出ることが第一目標です。
ですが、「仕事に行きたくない」のに「会社に行く」と考えながら支度をするのはとてもつらく、家を出る気力もなくなります。

そこで、仕事に行くのではなく「外出する」という気持ちでまずは家を出ましょう。
向かう場所は会社ですが、「今日はお昼まで頑張って、お昼からは有給にしよう」という気持ちで行けば気分も格段に違うはずです。

そして、お昼まで仕事をすると「これなら定時まで仕事はできそう」「ここまでしたなら定時まで仕事をして帰ろう」と思うようになります。
ですので、まずは家を出ることを目標にし、家を出れたら半日頑張る気持ちで出勤してみましょう。

仕事が終わった後の楽しみを考えて、頑張る

仕事に行きたくないと感じた朝は、仕事が終わってからのアフターファイブを楽しみに出勤してみてはいかがでしょうか。
アフターファイブはおいしいものを食べたり、自分のやりたいことができる時間ですから、仕事終わりの「ご褒美」を楽しみにして出勤すると気分も違います。

行きたくない会社に行くわけですから、その見返りとしてアフターファイブを楽しむくらいのご褒美を自分にあげても良いはずです。
仕事に行きたくない時は、アフターファイブに何をするか考えながら出勤すると楽しい気分になりますし、その日1日楽しい気分で仕事ができるのではないでしょうか。

仕事に行きたくない時に聞くべき歌

スキマスイッチ/全力少年

朝、仕事に行きたくない時にスキマスイッチの「全力少年」を聞いてみてください。
曲調もポップで明るい気分になりますし、前向きになれる曲です。
歌詞をじっくり聞いていても前向きになれますし、今の自分の暗い気持ちを壊して「仕事に行きたくないモード」から「やってやる!」と思わせてくれるような力強い曲です。

Superfly/タマシイレボリューション

Superflyのタマシイレボリューションはサッカーのワールドカップの主題歌にもなった曲です。
とてもパワフルなボーカルで、朝この曲を聞くとやる気が出ますし、歌詞を聞いていても「スタンドアップ!モンスター頂上へ!道なき道を切り開く時」など、今の自分を奮い立たせてくれるような、つらい朝にパワーをもらえる曲です

greeeen/扉

greeeenの「扉」は「ユーキャン」のCMに使われていた曲です。
歌いだしの「ほら、顔上げ少し笑って そりゃ色々あるよ わかるって 思い通り文字通りとは行かないけれど」と、自分のことをわかってくれていると思わせてくれる曲です。

サビの部分も、今ではなく未来を見ようと言っていますので、朝の暗い気分を吹き飛ばして未来を考えさせてくれる曲です。
仕事に行きたくないと思う時は、自分のこれからを考える良いチャンスでもありますので、明るい未来を考えさせてくれる曲ではないでしょうか。

仕事に行きたくない感情を前向きにする考え方

自分を責めない、あまり深く考えない

仕事に行きたくないと思った時に「自分が弱いからだ」「仕事に行きたくないのはみんな同じだから自分だけ逃げてはいけないんだ」と自分を責める人がいますが、自分を責めると感情は前向きにはなりません。

逆に自己嫌悪に陥り、どんどん悪い方向に考えてしまいます。
悪い方向に考え出せば考えなくてもよいことまで考えてしまい負の連鎖が起こり、結局自分を責めることで自分の首を絞めているような状態になってしまうのです。

仕事に行きたくないと思うのは決して悪いことではありません。
自分が生き生きと仕事ができないような職場なら仕事に行きたくなくなってしまっても当然だと思いますし、今の仕事をこれからも続けていくのかどうかを考えるよい機会だと考えましょう。

仕事に行きたくないというのは逃げているわけでも、自分が責任を感じることもないのです。
仕事に行きたくない理由や感情をしっかり考えて、仕事に行けるように色々方法を試してみて、それでも「行きたくない」と感じるなら仕事を変える良い機会なのかもしれません。

あまり深く考えすぎると精神的に追い詰められてしまいます。
自分が悪いと責任を感じる前に、「自分に合っている仕事なのか」を考えるほうが良い方向に向かうのではないでしょうか。

どういう状態だと良いかを想像し、今できる小さなステップを進む

仕事に行きたくない状態を前向きにするのは大変だと思われているかもしれません。
ですが、いきなり全てを解決することは難しくても小さなことを積み重ねればいつのまにか「仕事に行きたくない」という状態から抜け出せているものです。

まずは、自分の今の状態がどのような状態かを把握し、その状態がどう改善すれば良いのかを想像してみましょう。
イメージすることはとても大切で、イメージできることは実際にできることですので、毎日良いイメージをするのは気力の回復にも繋がりますから、とても大切なことなのです。

そして、イメージしたことを実践するにはどうすればよいのかを考えます。
いきなり大きなことをしなくても、小さなことから始めてみましょう。

例えば、「仕事がつまらない」ことが理由で仕事に行きたくないと考えているなら、つまらない仕事もあれば自分が得意な仕事があるはずです。
仕事が全て楽しいわけはありませんので、「この仕事が終われば次は得意な仕事だ」と自分が得意とする仕事をするまでの辛抱だと考え方を変えてみるのも良いでしょう。

また、今の仕事がつまらないのであれば、自分がやりたい仕事に関する資格を取ってみるのもよいでしょう。
仕事に行くのはつまらないと感じても、仕事が終わってから資格を取る勉強をするのは楽しいはずです。

仕事が終わって資格の勉強をするのを励みにすれば、目の前にある仕事に集中できるでしょうし、資格が取れればその資格を活かした仕事に転職することも可能です。

このように、少しずつ前向きになれる自分をイメージして、その自分に近づけるように小さなことから一歩ずつ進んでいきましょう。

朝泣くほど仕事へ行きたくない場合は、病気の場合も

朝起きて「仕事に行きたくないなぁ」と単に思うだけであれば良いのですが、泣くほどイヤな時は精神的に限界にきていることが多く、心の病気を患っている可能性もあります。

朝仕事のことを考えただけで涙が出てしまうような時は、体からのSOSだと受け取り、心療内科を受診することをおすすめします。

吐き気がするほど仕事に行きたくないなら会社を辞めるのも選択肢に

人は、ストレスを感じると体に「異常」と言う形で出てきます。
その中でも「吐き気」は、「吐き気がするほど嫌気がする」と言われているように、その場所に行く、その行動をするのが「吐き気がするほどイヤ」な時に起こるのです。

こんな状態のまま仕事に生き続けているとストレスがかかりすぎて精神的な部分だけではなく体も病気になってしまいますので会社を辞めることを視野に入れて今後どうしていくかを考えましょう。

転職活動をする

会社を辞めるとなれば転職活動が必要になりますが、「仕事に行きたくない」という状況で、次の仕事を探すのはとてもしんどい作業です。

  • 求人探し
  • 求人への応募
  • 面接日の調整
  • 面接対策
  • 入社に関する資料の作成、チェック

など、今の仕事をしながらこれだけのことをしなくてはなりませんので、「仕事に行きたくない」という状況で転職活動をするなら、これらの処理を全て行ってくれる転職エージェントを使うべきでしょう。

おすすめの転職エージェント

転職エージェントを使う時は、自分の精神的状況を考慮して、登録者に優しい転職エージェントを使うことをおすすめします。
転職エージェントにはキャリアコンサルタントという転職をサポートしてくれる担当者がいるのですが、転職エージェントによってキャリアコンサルタントの質が違います。

転職をガンガン進めてくるところがあれば、登録者のペースに合わせて転職活動をサポートしてくれるところもあります。
また、登録者に対して厳しいところがあれば、登録者の気持ちを優先してくれるところもあり、転職エージェントによってキャリアコンサルタントの質が違ってきますので、精神的に疲れている時は、自分に合わせてくれて、気持ちを優先してくれるキャリアコンサルタントが在籍している転職エージェントが良いでしょう。

そこで、おすすめしたい転職エージェントは「パソナキャリア」と「DODA」です。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。
求人数も多く、求人の質も良いので「仕事に行きたくない」と感じている人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。
業績は業界で第4位、求人数はDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

新入社員時代に感じる「仕事に行きたくない」の対処法

仕事はできなくて当たり前と思う

新入社員が「仕事に行きたくない」と感じる内容は、3年や10年務めた人とは違ってきます。
新入社員が仕事に行きたくないと思う理由で、特に多いのが「仕事ができない」という理由です。

自分がやりたい仕事だと思って、やる気満々で入社してきたものの、学生時代と社会人との厳しさを痛感し、できると思っていたことができなかったり、できないと思うと委縮してしまい、今までできていたこともできなくなってしまうこともあります。

ですが、仕事ができるようになるには新入社員の段階では難しいのではないでしょうか。
その会社で3年や5年キャリアを重ねてきた人でさえ「自分はまだまだ仕事ができな人間だ」と思っている人もいるでしょうし、そんな人たちと比べると新入社員ですから仕事ができなくても当然です。

新入社員は、仕事ができるできないという段階ではなく、仕事を覚えて人間関係を築いていく段階です。
まずは仕事を覚え、ミスがないよう仕事ができるようにならなければなりません。

それまでは、わからないことは質問し、理解できないところは理解できるまでやってみるのもよいでしょう。
新入社員に仕事ができて当然と思っている先輩はいまえせんから、仕事ができなくて当たり前だと考えて、今はできる限りのことを素直に吸収する時期と考えましょう。

自分は頑張っていると認めて、自分を自分で褒める

新入社員にできる仕事は限られています。
もちろん、仕事量は成長スピードと共に増えていきますが、人それぞれ成長スピードは違います。

ここで、同期で入社した同僚と自分を比べてしまう人がいますが、その人と自分は同じ人間ではありませんし、その人にできて自分にできないこと、その逆えで自分にできてその人にはできないこともあります。

周りと自分を比べた時に自分の成長スピードが遅いと情けなく感じてしまうかもしれませんが、その中でも一生懸命やっているのは自分自身が一番よくわかっているのではないでしょうか。

社会人になると褒めれらることも少なくなり、自分はこのままでいいのだろうかと考えてしまうかもしれませんが、周りが褒めてくれなくても頑張っていることを知っているのは自分です。

自分は頑張っているんだと自分を認めてあげることで成長スピードが遅くても他に勝っている点があると考えることができますし、これから成長していくんだと思うこともできます。

自分を否定せず肯定してあげれば、自分の長所がさらにい活かされていくことでしょう。

他人は良くみえると考える

これも、先ほどの「自分を褒める」というところで前述していることと似ていますが、「隣の芝生は青く見える」と同じことで、どうしても他人は自分より優れていると見えがちです。

ですが、よく観察してみると自分にはできてその人にはできていないこともたくさんあります。
人それぞれ、長所を活かすことで仕事が楽しくなってきますから、他人と自分を比べるのではなく、自分の長所を活かせるような仕事をしていきましょう。

仕事に行きたくないと思う、自分の感情を大切に

仕事に行きたくないと思うと逃げているように感じたり、自分を責める人がいますが、「仕事に行きたくない」と感じるということは、今の仕事に満足していない、今の職場ではダメなんだと感じているということです。

人間関係でも同じことで、自分が成長すればその時の自分に合った人間関係ができてきます。
ですが、その会社で今の自分に合った人間関係を築けなければ仕事に行きたくないと感じるようになるでしょう。

つまり、仕事に行きたくないと感じるということは、今後の自分を考え直す良い機会だということです。
今の仕事を続けていくことで自分は成長できるのか、本当に自分がやりたい仕事は何なのか、今後の自分をどうしていきたいかを考えるよい機会なのです。

仕事に行きたくないという感情を押し殺すのではなく、本当に自分がどうしたいのかを問いただす時期だと思って、自分を責めず前向きな未来を考えるようにしましょう

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする