働きたくないと思ったら読む改善法|専業主婦・大学生・女性・ニート向けも

毎朝「仕事だ」と起きながらも「働きたくない」と思い出勤していく人はどれだけいるのでしょうか。

18歳~29歳歳までを対象としたアンケートを電通が行った結果、この世代の約3割が「働きたくない」と感じています。

働きたくないと思いながらも仕事に行っているわけですから、もちろんやる気は出ませんし、モチベーションは上がりません。

風邪やだるさなど、ちょっとしたことで仕事を休むという状態で、「働く」ということに何の興味もなく、ただ生活のために淡々とこなしているのではないでしょうか。

ですが、「働きたくない」と感じた時が人生の考え時でもあります。むしろ、若い世代に限らず働きたくないと思いながら仕事をしている人の方が当たり前の状態ではないでしょうか。

「働きたくない」と感じた時に今後のことを考える人と、そのまま働きたくない気持ちのまま仕事を続けていく人とでは人生が大きく変わってきます。

この記事では、働きたくない人が今後どのようにしていけば良いのか、この状況を改善するための全てをご紹介いたします。

「働きたくない」原因を探し、心理を確認する

「働きたくない」と思った時は人生の転換期だと考え、まずは「働きたくない」と思う原因を探し、なぜそう思うのか自分の心理も確かめてみましょう。

働きたくない原因で特に多いものを4つ挙げてみました。自分が感じる原因を探る参考にしてください。

「自分にはこの仕事が向かない」と感じることが多い

「働きたくない」と感じている原因として「自分にはこの仕事が向かない」と感じている人は多いのではないでしょうか。
自分が求めている仕事、自分がやりたいと思う仕事と内容が違った時に「働きたくない」と感じる人が多く、今の仕事が自分に合っているのか合っていないのかで判断している人が多いようです。

入社した時は自分に合っている、自分が求めている仕事だと思い、やる気満々だったのに、いざ仕事が始まると自分が求めている仕事内容と違ったと感じると「自分にはこの仕事が向いていないのではないか」とやる気がなくなってしまうのでしょう。

ですが、自分が求めている仕事ができるようになるまでに学ばなければならないことがたくさんありますし、自分がやりたい仕事ではないからと「自分にこの仕事が向いていない」と判断するのは早すぎます。

なぜ自分に「この仕事が向いていないのか」をしっかり考え、本当に今の仕事は自分がやりたい仕事をする課程で必要ないのか、仕事が向いていないと感じるのはなぜなのかを考えましょう。

「自分の存在価値が見出せない」と感じることが多い

自分に自信がなかったり、物覚えが悪いなど自分のことを過小評価している人に多いのが「自分の存在価値が見出せない」という感情ではないでしょうか。
自分の存在価値が見出せない人は、これまでの経験が影響している場合があります。

何をしても褒められたことがなかったり、失敗を繰り返して後悔ばかりしている人は「どうせ…」と最初からネガティブな発想になっている人が多いのです。
ネガティブな考えはネガティブな発言や行動を呼び、結局悪い方向へ進んでしまいます。

自分の存在価値が見出せない人は、まず自分が自信をもってできることを見つけ、それを仕事に活かせることができれが改善できるのではないでしょうか。

今の仕事に興味があまり持てない

今の仕事に興味があまり持てない人は、何気なく今の会社に入社した人が多く、何の目的もなく仕事をしている人が多く見られます。
興味のない仕事に対して一生懸命仕事ができる人はなかなかいません。

ですが全ての仕事に興味がないのかと言えば、そうでもないと思う人もいるはずです。
「この作業は好き」「この作業をしている時はやる気になる」など、人それぞれやる気になる作業はあるはずです。

仕事全体を見ると興味がないと感じていても、ある作業をするときはやる気になるのであれば、「これが終われば好きな作業ができる」と割り切ることも大切です。

そして何より、目的をもって仕事をすれば仕事にも興味が出てきます。
自分がやりたい仕事は何かをじっくり考え、今の仕事がやりたい仕事のために必要だと感じればやる気が出てきますし、仕事ではなくてもやりたいことのために仕事を頑張るという目的もよいでしょう。

何か目的を見つけて仕事に取り組めば、今の仕事にも興味が出てくるのではないでしょうか。

仕事上の付き合いが面倒と感じる

仕事がイヤで働きたくないというよりも、仕事に関わる人間関係が面倒で「働きたくない」と感じる人もいるでしょう。
仕事をする上で人間関係はとても大切です。

ですが仕事で関わる人との人間関係は友人どうしのような簡単なものではなく、仕事が関わってくるので気を遣うことも多いですし、時には理不尽なことでも頭を下げなければなりません。

「なぜ自分がこんなことで…」と思う場面もあるでしょう。
特にコミュニケーション能力が低い人は仕事上での付き合いが面倒だと感じる人が多いのではないでしょうか。

ただし、自分でコミュニケーション能力が低いと思っている人は、初めから人と極力関わらないようにしようとするので、あいさつがきちんとできていなかったり、受け答えが単調でキツイ印象を相手に与えてしまっている可能性があります。

これでは自分の状況をさらに悪化させているだけですので、まずはあいさつをきちんとする、そして笑顔を心がけるだけで人間関係が面倒だと感じるのも少なくなるのではないでしょうか。

「働きたくない」「死にたい」心理になった病気を疑おう

「働きたくない」という状態で何も対策を取らず、そのまま仕事を続けていると最悪な精神状態になることがあります。
「働きたくない」から、働くくらいなら「死にたい」と感じると危険な状態です。

このような精神状態で今の仕事を続けていても何の改善もできなくなってしまいます。
「死にたい」と思う前に対策を考えることが大切なのですが、「まさかここまで精神的に参っていたとは…」と自分でもわからないうちにここまできてしまっている人もいます。

もし、「死にたい」と考えるようになってしまった時は「うつ」という心の病にかかっている可能性が高いので心療内科を受診するなど心の改善を最優先に考えましょう。

働きたくないなら転職も選択肢の一つに

働きたくないと思い続けているとうつ病になる可能性もあり、健康面でも悪い影響をもたらすことが多いでしょう。

そのため、どうしても休みたい場合は転職して自分の働きたい仕事につくことをおすすめ致します。

とは言えど、自分の力だけで転職をしようとしても転職初心者の方はあまりうまく行かないことが多いので、転職のプロであるキャリアコンサルタントに任せましょう。

キャリアコンサルタントとは転職エージェントに在籍してるアドバイザーのことで、登録すれば無料で転職の支援を行ってくれます。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェント|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」このように悩みを抱えている方はとても…

2017.11.10

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

当サイトでは下記記事にて1000人以上の転職エージェント利用者の体験談を基に本当におすすめの転職エージェントを紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントおすすめ人気ランキング|口コミ・評判比較

あなたは今、現在の職場の年収が少なくて転職を考えているけど、面倒だからと後回しにしてはいないでしょうか?または、転職しようと決断しているけども良い転職エージェ…

2017.06.19

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「パソナキャリア」と「DODA」です。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

今の職種で働きたくないと感じるなら仕事適正診断を受ける

「働きたくない」と思う原因や心理状態を確認して改善しようと努めても、どうしても今の職場で働きたくないと感じるなら、今の仕事が自分に合っているのかという「仕事適正診断」を受けてみましょう。

仕事適正診断は、質問に答えていくことで自己分析をしてくれるもので、自分に合っている仕事は何なのかを知ることができます。
無料で受けられる仕事適正診断は色々ありますので、いくつかご紹介しましょう。

  • 転職サイト「@type」の「転職力診断テスト」
    @typeが発信している転職力診断テストは簡単な質問に答えていくだけで、自分の強みや弱みを6つの分野から分析することができる上、今の自分の市場価値や転職後の予想年収、予想内定者数などもわかります。
  • 「あなたの夢を探す!適職診断」
    今、やりたい仕事や気になる仕事がある人もない人も無料で受けることができる診断で、あなたの性格や志向性などを分析して、あなたに向いている仕事は何なのかを診断してくれます。
  • 「Career Index」の適正診断
    今の職場で働きたくないと感じたり、自分に合っている仕事は何なのかわからないという人に向けた適正診断で、無料の会員登録をすれば利用することができます。
    自分に向いている職種やビジネス資質、自分の性格や傾向、自分が持っているビジネスでの強み、自分が仕事に何を求めているのかという診断結果が細かく表示されます。

おすすめのキャリア診断テスト

おすすめのキャリア診断テストはリクルートが提供している「グッドポイント診断」です。

リクナビNEXTという転職サイトに登録している人はログインすれば無料で診断を受けることができ、リクナビNEXTに登録していない人でも無料登録をすればすぐに診断を受けることができます。

働きたくないけどお金欲しい時、在宅で稼ぐ方法(ニート・専業主婦向け)

「会社」という場所で、どうしても働きたくないとなった場合、会社を辞めるのは簡単ですが生活ができなくなってしまいます。
会社で働きたくないのであれば転職活動をしても意味がありませんから、そんな時におすすめなのが在宅で稼ぐ方法です。

「自宅で仕事と言っても生活できるほど稼げないんじゃない?」と思われるかもしれませんが、仕事内容によっては会社で仕事をする以上に稼げるものもありますし、専業主婦なら家事や育児の合間に自分へのご褒美としてお小遣いを稼ぐ程度の仕事もあります。

最近では在宅でできる仕事が増えてきていますから、自宅にいながら稼げる方法をいくつかご紹介しましょう。

アンケート回答

在宅でできる仕事で、お小遣い程度に稼げるのがアンケート回答です。
お小遣い程度ですので専業主婦に向いていますし、自分の空いている時間でできるのでお手軽な仕事です。

「Get Money」や「げん玉」などのお小遣い稼ぎのサイトに無料会員登録すると「アンケート回答」という項目があるので、そこをクリックすればアンケート回答に応えていくことができます。
ただし、お小遣い稼ぎのサイトに登録する際のメールアドレスはYahoo!やGメールなどのフリーアドレスが良いでしょう。

色々なメールが送られてきますので、個人のメールと分けて使う方が面倒がなくてやりやすいので、まずはフリーアドレスを作りましょう。
稼げる金額としては月に1~2万円と少額ですが、無理なくできるのでお小遣い稼ぎには最適です。

データ入力

データ入力は、企業から受け取った資料を元に決められた書式に資料のデータを入力していく仕事です。
何も考える必要はなく、貰ったデータをそのまま書式にはめ込んで入力していくだけですので、簡単な作業で空いた時間にできるので主婦に人気の仕事です。

1文字単位で単価が決められていることが多く、1カ月で約2~3万円とさほど大きな収入にはなりませんがお小遣い稼ぎには最適です。

データ入力の仕事を探すのであれば「クラウドソーシング」を運営しているサイトに登録すると良いでしょう。

ライティング作業

ライティング作業というのは、データ入力に似ている作業ですが、データ入力はもらったデータを打ち込んでいくだけの作業に対し、ライティングは企業や依頼主から「こんな文章を書いてほしい」という要望を聞き、自分で文章を考えて打ち込んでいかなければなりません。

ライティングには技術も必要ですのでスキルが高い人は生活できるほどの収入を得ることができますし、ライティングスキルのない主婦でもお小遣い稼ぎにはなります。
ブログなどの日記の記事を書く程度なら主婦やライティング経験のない人でも書くことができるのですが、単価は安く月に5万円稼げれば良い方ではないでしょうか。

ライティングスキルた高い人は企業から依頼を受け、企業が求める文章を書くことができますので単価も高く月に10万円くらいから、稼ぐ人は30万円以上の収入を得ている人もいます。

文章を書くのが得意という人や、知識が豊富な人はある程度収入が望めますし、それ以外の「文章を書くのは楽しい」という人もお小遣い程度は稼げるでしょう。
ライティング作業をしたいのであれば、データ入力と同様に「クラウドソーシング」を運営しているサイトに登録するとよいでしょう。

イラスト制作

イラスト制作も、クラウドソーシングを運営しているサイトで仕事をすることができます。
ただし、イラスト制作の場合は競争相手が多いので、その競争相手を押しのけて依頼者の心を掴まなければなりません。

イラスト制作の技術やスキルも必要ですし、アイデアや感性も必要ですので依頼者の目に留まらなければ全く収入がない月は出てきます。
生活できるほど安定した収入を得るには時間がかかりますし、なかなか結果が出ないかもしれません。

ですが、依頼者の目に留まり個人で契約ができれば、仕事を続けていくことができます。
決して楽な道のりではありませんが、イラスト制作が好きという人はチャレンジしてみても良いかもしれません。

LINEスタンプ販売

LINEスタンプの販売も在宅で行うことができます。
これもイラスト制作と同様にアイデアや感性が必要ですが、専業主婦が趣味程度でスタンプ販売を行った結果、爆裂的に売れたスタンプもありますから、ちょっとしたアイデアが人生大逆転になる可能性があります。

ただ、LINEスタンプの販売を専業で行うと生活できなくなる可能性が高いので、LINEスタンプの販売は仕事の合間や家事の合間など、趣味程度に行う方がよいでしょう。

少しずつでも作り続ければお小遣い程度には稼げるようになるかもしれませんが、本業にするには長い道のりとなる仕事ではないでしょうか。

クラウドソーシングに登録

データ入力やライティング作業のご紹介の時に「クラウドソーシング」という言葉を出していましたが、クラウドソーシングとは在宅でできる仕事を紹介しているサイトで、企業から依頼を受けたクラウドソーソングサイトが、仕事がほしい人に紹介しているので、クラウドソーシング会社が仲介役となって企業と仕事をしたい人をつないでいます。

基本的には無料の会員登録をすればクラウドソーシングに登録することができ、登録が完了すれば自分がしたい仕事を探すことができます。
サイトによってはスカウト機能などもありますので、自分のプロフィールや実績などをできるだけ詳細に書いておけば仕事の依頼が来るようになるでしょう。

クラウドソーシングサイトは色々ありますが、業界最大手と言われているのが「クラウドワークス」「ランサーズ」ではないでしょうか。
人気があるサイトでは「クラウディア」などもあり、どのサイトもインターネット上での取引となりますのでセキュリティには万全を期しています。

仕事の内容も多様で、データ入力やライティング、イラスト制作の他に、ロゴ制作、キャッチコピー、翻訳、テープ起こし、Web制作(ホームページ制作が主)、システム開発など、お小遣い程度の収入を得られる仕事から会社に働きに行く以上の収入を得られる仕事まで様々な仕事を取り扱っています。

ハンドメイド販売

在宅で人気が出てきている仕事でハンドメイド販売があります。
主に専業主婦の人が多く、自分が好きなアクセサリーや衣類、小物などを作り、その画像を販売仲介サイトに登録することで、その商品に興味を持って購入してもらえれば収入につながるというものです。

安定した収入を得るには時間がかかりますし、カリスマと呼ばれる人以外はお小遣い程度にしかならないかもしれませんが、好きなことを仕事にできるため楽しく仕事ができますし、続けていれば安定した収入が入る可能性もあります。

メルカリ・ヤフオクで不用品販売

最近テレビでも取り上げられたことから利用する人が増えてきているのが不用品を転売できるメルカリやヤフオクです。
メルカリやヤフオクは無料で会員登録をすれば誰でも商品を出品することができ、丁寧な梱包や対応が良い販売者は評価が高くなり、売れる頻度も上がります。

一般的には不用品を販売する人が多いのですが、安く商品を仕入れて商品を売る
「せどり」という方法で商売にしている人もいますので、メルカリやヤフオクの使い方によってはお小遣い程度ではなく、毎月安定した収入を得ることができるお仕事です。

noteで読み物(文章)を販売

noteというサイトは、自分が知っている知識は情報を売ることができるサイトです。
販売できる情報(読み物)は様々で、接客の仕方やゴルフ初心者向けのアドバイス、営業マンが見るべき売り上げを上げるコツなど、ちょっとした読み物を販売できるサイトです。

どんな読み物なのかを文頭に書き、この続きが読みたい人は購入をお願いしますという方法ですので、最初の文章でユーザーを引き込む文章がかけるかという文章力も必要です。

ですが、長年何かに携わってきた人や、知識が豊富な人はお小遣い稼ぎになりますし、投稿自体簡単に済みますので、自分の知っている情報を教えてあげたいという人や文章を書くのが得意な人には向いています。

働きたくない女性が専業主婦になるためにやっておくべきこと

女性の場合、「働きたくない」のであれば仕事を辞めて専業主婦になるという手段もあります。
ですが、専業主婦はラクなように見えて実際やることがとても多く、仕事をするより疲れることもあります。

それでも会社で働きたくない、仕事をしたくないという場合は専業主婦になれるだけのスキルを身に付けなければなりません。
では、専業主婦になるためにはどんなスキルをアップさせればよいのでしょうか。

料理の腕を上げる

専業主婦になれば仕事をして疲れて帰ってくる主人のために栄養のある料理を作れなければなりません。
主婦でも仕事をしている人に対しては夫も料理のことでさほど文句を言うことはないとは思いますが、仕事をしていない専業主婦の場合、料理を作ることが仕事ですから、体調不良などでない限り手抜き料理はできません。

料理のレポートリーを増やし、味付けや栄養面なども勉強し、夫や家族の健康面をサポートできるようになりましょう。
また、いつも全力で料理を作るのも疲れてきますから、手抜きに見えない手抜き料理も勉強しておくとよいでしょう。

作り置きできる料理や、下処理しておけば簡単に料理ができる食材などを利用して食卓に花がありながら自分も無理せず料理ができるように、料理の腕を上げておきましょう。

家事全般・生活力を高める

仕事をせずに専業主婦になるなら、家事全般がきちんとこなせる能力が必要ですし、家族の生活を預かるわけですから生活力を高める必要もあります。
家事全般と言えば、掃除・洗濯・料理だけではなく、子供ができれば子供の世話という育児も入って来ます。

家事をするのも順番を考えて行わなければなりませんし、意外と休む暇がないのも家事です。
朝起きて朝ご飯の支度をして家族を送りだしたら、朝ご飯の片づけ、洗濯、掃除を午前中に終わらせます。

昼食を採ったあとに買い物に行ったり、子供がいる場合は幼稚園や保育園のお迎えなどもこのあとに入って来ます。
子供と一緒に帰宅したら夕ご飯の支度、片付け、お風呂の準備となり、1日があっという間に終わります。

毎回全ての家事を完璧にする必要はないかもしれませんが、専業主婦ですから「できていて当たり前」と思われています。
ですので、家事のスキルを上げて無理をしなくても「できて当たり前」のレベルになるようになれば家事はラクになります。

生活力を上げるには、慣れないうちは家計簿をつけたり、どのお金をどこに使うなどかを細かく書いてお金を上手に使い貯蓄していきましょう。
生活力が高ければ夫からの信頼も厚くなり、「家のことは任せても大丈夫」と思ってくれるようになります。

そうすれば専業主婦でいても文句を言われることもありません。
ですが、生活力や家事の能力がなければ「これなら働いてくれた方が…」と思われるので、専業主婦になりたいのであれば家事の能力や生活力を高めることは必須と考えましょう。

20代から婚活に積極的に参加する

働きたくないので専業主婦になりたいという人は、早い段階で婚活を始めた方が良いでしょう。
雇用面で男女平等が叫ばれている中、男性の中には専業主婦を求める人もいます。

共働きが当たり前になってきていますが、一部の男性は「女性は家を守るもの」という古風な考えをしている人もいますから、専業主婦を求める男性を探すのであれば婚活が一番早いでしょう。

さらん、20代という年齢なら「経済力があり専業主婦を求める男性」を見つけやすいですし、年上の男性なら包容力もあるでしょうから、働かずして生活できるレベルの男性を見つけるには20代という若いうちから積極的に婚活に参加するとよいでしょう。

働きたくない大学生が学生時代にするべきこと

ご年配の方から「大学生のうちから働きたくないとはどういうことだ!」という声が聞こえてきそうですが、文頭でもお伝えしましたように若い世代で働きたくないと感じている人は全体の約3割にも上ります。

大学生のうちに「働きたくないなぁ」という感情があるのなら、今のうちに身に着けておくべき知識が必要です。
働き出してから「働きたくない」という理由でせっかく入社した会社を辞めてしまうより、自分で稼ぐ力を身につけることができれば無理をして会社に入社する必要はありません。

自分で稼ぐ力を見につける

では、稼ぐ力と身につけるというのは、具体的にどのようなことを見につければよいのでしょうか。

自分で稼ぐということは、物流やサービスなど商品が売れる仕組みを知る必要があります。
実際にお金のかからない不用品などを販売して物がどのようにして売れるのか、サービスがどのような流れで行われているのかを学ばなければなりません。

物が売れる仕組みが分からなければ自分で稼ぐことはできません。
ですが、物が売れる仕組みが分かればどのようなことにも応用することができるので自分で稼ぐ力が身につきます。

まだ社会に出ていない学生の間に物が売れる、サービスの流れなどの知識を身につけることで会社で働かなくても収入を得る方法を確立できるのではないでしょうか。

「働きたくない」ならニートになってみるのもありかも

働きたくない時の改善方法を試してみたけれど、どうしても「働きたくない」という感情が消えない時は何も考えずニートになってみるのも一つの方法ではないでしょうか。

もちろん、ニートになってしまうと収入が途絶えてしまうので生活に不安が残ります。
ですが、ニートではなくても病気や事故で仕事ができなくなる可能性もありますので、貯蓄は必ず必要です。

仕事を始めた時から貯蓄をしていれば少しの間ニートになって悠々自適な生活をするのも息抜きになって次のステップへ進める力が湧いてくるのではないでしょうか。

少しの間でも仕事のことを忘れて自分がやりたいことをやってみるとエネルギーが充電され、働きたくないモードから、働くぞモードに変わるかもしれません。
どうしても今の状態が改善されないのであれば、ニートになるというのもあくまで一つの方法として考えてもよいのではないでしょうか。

「働きたくない」「就活したくない」ならフリーランスも

「もう働きたくない」「就活や転職活動をしたくない」という人はフリーランスという方法もあります。
もちろん簡単な道ではありませんが、時間に縛られる会社員になるのではなくフリーランスとして仕事をしたいなら、在宅でできる仕事をたくさんご紹介しましたので参考にしてください。

フリーランスは難しくとらえれば難しくなりますし、簡単に捉えれば稼げるものです。
もちろん、生活が軌道に乗るまでは自分がやりたくない仕事もしなくてはならないでしょう。

ライティング作業で生計を立てたいのに、テープ起こしやデータ入力までしなければならないということもあるでしょう。
ですが、自分が望むフリーランスで仕事をするという目標のためですから頑張れるはずです。

「働きたくない」なら休んで次を考えるのも必要かも

「働きたくない」と思っている時にあれこれ考えるのは難しいものです。
そんな時はニートとまではいかなくても、少し休んで心と体に休養を与えてから考えても良いのではないでしょうか。

少し休むことで頭もすっきりし、自分がどうなりたいのか、今後どうしたいのかが見えてきますし、何かよいアイデアが浮かぶかもしれません。
アイデアというのも、働きたくないという感情から抜け出せる方法か、自分が進みたい方向が見えるのか、それは本人にしかわかりません。
ですが、脳を休ませてあげれば今まで考えつかなかったことが浮かぶものです。

今の働きたくない状態のまま仕事を続けても、脳も体も休めていないのでなかなか良いアイデも浮かびません。
心と体をリフレッシュするという意味で、休養をとるのも良いのではないでしょうか。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする