着付けの仕事|種類や内容を知って理想のキャリアを手に入れよう

着付けの仕事についてアレ・コレご紹介します。洋装が普段着となった現代で、再注目されているかつての普段着【着物】。特別な日にしか纏わない日本の民族衣装でしたが、近年若者を中心として着る機会が増えている傾向にあります。そこでニーズが増えている職業【着付け】の仕事について、仕事内容や魅力・必要な資格などについてまとめました。

着付けの仕事の内容・業務

お客様に着物の着付けを施すことを生業とする人を【着付け師】と呼びます。かつては普段着であった着物ですが、現代ではすっかりスカートやズボンを主とする洋装が普及しているので、着物に袖を通す機会がめっきりと少なくなっています。

とは言え着物は日本の民族衣装でもありますので、成人式や結婚式などの慶事は勿論のこと、前触れなくやってくる弔事などでの正装として大切に受け継がれています。しかし一人で着付けることのできる人など、今では滅多にいないのではないでしょうか?

そこで、その場で最適な装いをできるように多岐にわたる着物の知識を身に着け、相手に着装させることを生業とするのが着付けの仕事です。

この【着付け】という仕事は、冠婚葬祭などの人生の重要な節目に関わることのできる数少ない職業のひとつです。

着付けの1日の仕事の流れ

着付けの仕事をする上での、1日の流れをご紹介します。

着付けの仕事は、その勤務形態によって異なります。まず正社員として結婚式場や写真館、販売店に勤務している場合は、フルタイムでの勤務となります。勤務先によっては、成人式や卒業シーズンなどの繁忙期限定で着付けスタッフとして依頼先に出向いて着付けを行う場合もあります。

勤務先で着付けを施す場合でも、依頼先に出張して着付けを施す場合でも、正社員であろうとも・独立した着付け師であろうとも共通しているのが、早朝出勤になることです。依頼そのものが午前中に入ることが多いので、依頼先が遠方の場合は特に、かなり早い時間の起床となることがほとんどです。

一方で、着付け教室の講師として勤務している場合・自宅にて着付け教室を開業している場合は、その日に受け持っている授業に左右されます。授業に合わせて出勤し、終了後に退勤となりますので、比較的安定した1日の流れとなります。

着付けの仕事の種類

では、着付けの仕事としてどのようなものがあるのでしょうか?多様化しつつある着付けの仕事の種類を挙げてみます。

店頭での着物の販売員

主にデパートや呉服店といった専門店での着物販売員としての仕事です。培った知識を最大限に生かしながら、購入者へアドバイスをしたりします。

写真館のスタッフ

お客様が、特別な日の記念として着物で写真を撮るときに着付けます。誕生日や七五三・結婚記念日など、人それぞれです。

時代劇や芸能の世界での和装スタイリスト

お客様が、特別な日の記念として着物で写真を撮るときに着付けます。誕生日や七五三・結婚記念日など、人それぞれです。

結婚式での和装スタイリスト

晴れの舞台である結婚式での着付けの仕事です。ウェディングドレスが一般的ですが、白無垢姿にあこがれる花嫁も少なくありません。

出張着付け

依頼者が訪れるのをじっと待つだけではありません。時には成人式・卒業シーズンなどを中心に依頼先に出向くこともあります。

着付け教室の講師

着付け師として最もその要素が強い仕事です。着付け教室での民間資格、または国家資を取得することで、着付け教室に勤務します。

自宅開業

生徒を従えて着付け教室を自宅で開業したり、依頼があったら自ら出張して着付けを行ったりする仕事です。自身の裁量で運営しますので、趣味の延長・副業的な要素も大きくなります。

着付けの仕事のやりがい

着付けの仕事のやりがいとはどのようなものでしょうか?感じ方・着眼点は着付け師それぞれでしょうが、共通して言えるのは【喜んでもらえる事・ありがとうと感謝されること】ではないでしょうか?

依頼者から「着物をきれいに着付けてくれてありがとう」だったり、着付け教室にて「教えてくれてありがとう」と声をかけられ、嫌悪感を抱く人はいないはずです。

洋装のような曲線などがなく、すべて直線で成る着物の作りはとてもシンプルです。しかし、専門的な知識を身に着けていないと自分で着付けることは難しい衣装です。ましてや着物を着る機会が滅多にないために、一人で着付けることができる人は限られています。

その反面、夏に浴衣を着る若者が増える傾向にあったり、着物に魅せられる外国人が増える傾向にあったりと、着付けの仕事のニーズが増えつつあります。

着付けとともに、独自の礼儀作法や日本の奥ゆかしさなども教えてあげることができれば、外国人のお客様にとっては一生の思い出に残るような出来事となり、非常に感謝されるでしょう。着物の着付けのお仕事でもっとやりがいを感じることができるはずです。

また、一生の晴れ舞台である結婚式はもちろんながら前準備がとても大変です。催行日の数か月前から衣装合わせなどのたくさんの打ち合わせをしなくてはなりません。当日も早朝から準備に追われ、失敗の許されない緊張感漂う一日を過ごさねばなりません。

しかし大変だからこそ、きれいに着付けられた花嫁の艶姿を見た時はやりがいを感じることができます。彼女たちの笑顔を見た時は、それこそ疲れが吹っ飛んでしまうかもしれません。

着付けの仕事の辛い部分

着付けの仕事においてもいいことばかりではありません。もちろん辛く感じる陰の部分があります。以下が着物の着付けの仕事で辛い部分の主なものです。

  • 早朝出勤

依頼を受ける時間が早い段階からの午前中がほとんどですので、それに合わせた早朝出勤がほとんどとなります。依頼先に出張する場合、出張先が遠方であればあるほど朝が早くなります。

  • 土日祝日に依頼が集中する

着付けの依頼を受ける日取りは、ほとんどが土日・祝日です。平日の依頼ももちろんありますが、記念式や祝典・食事会などは休日に行われるものが多いので土日・祝日に集中してしまいます。

  • 仕事量が安定していない

若者を中心に着物を着るニーズが増えているとはいえ、全体的にはまだまだ小規模なものです。また、仕事数もシーズンによって大いに左右されます。最も多忙を極めるのが、成人式と卒業・入学が行われる春です。

  • 着付けの技術だけでは食べていけない

単に着物に関わる知識を携え、一通りの着付けの仕方を網羅していても、それだけでは見込める収入はとても少ないものです。就職先も、着付け教室限定となってしまいます。

着物を着つけるだけでなく、その着物姿に合わせたセットアップやメイクアップなど、プラスアルファされる技術が必要とされます。また、新しいアイディアも必要とされています。

結婚式で和装を着る人は少なくありませんが、昔ながらの古典的な着物を現代風の着こなし方にアレンジして着こなすニーズが増えていたりします。これまで通りではなく、独自のセンスや斬新さが問われる仕事にもなっています。

着付けの仕事をするには

着付けの仕事に就くに至って、どのような資格を取得しておくべきでしょうか?実のところ、着付け師として働く場合、着付けの資格は必要としません。かつては母から娘へと伝えられていたものですので、この点は合点するかと思います。

しかし、就職する際は着付けの資格の有無によって技術の証明となり、即戦力を求める現場にとってあなたが魅力的な人材に見えます。国家資格から民間資格に至るまで、必要なもの・あると便利なものをご紹介します。

  • 着付け技能検定

着付けの資格として、唯一国家資格にカテゴリされる資格で、2009年から厚生労働省の認可を受けています。

1級と2級に分けられたこの資格を受験するには、5年・2年の実務経験を必要とします(特定の各種教育機関の修業時間によって、免除・軽減される場合があります)。就職に合わせての取得は難しいかもしれませんが、スキルアップや転職を考える際に取得しておきたい資格です。

  • 各着物教室での民間資格

巷には、数多くの着付け教室が開かれています。その各々の教室にて一定時間以上の講習を受け、さらに独自の試験をパスすることで得られる民間資格が存在します。名称もその資格を認定する団体も様々で、「1級・2級・3級」「初級・中級・上級」という形で階級分けをします。

一例に、「ハクビ総合学院」の【きもの免許】や「花 京都きもの学院」の【着付行使認定書】・「長沼静きもの学院」の【着付け師】などが挙げられます。

  • カラーコーディネーター

必要な資格ではありませんが、持っているととても戦力になる資格です。着付ける依頼者の雰囲気や好み・依頼者が向かう会場などによって、どんな柄・色彩の着物にするか吟味しなくてはなりません。カラーコーディネーターとしての知識を踏まえて、色が持つ力を最大限生かした提案ができるとお客様に非常に喜ばれるでしょう。

  • 美容師

これも必要な資格ではありませんが、持っていたい資格です。 現代では着付けを施すだけでは仕事は完了しません。着付け後、髪をセットアップしたり化粧を施したりしなくてはなりません。

求人情報に美容師資格を必要、または優遇すると記載されているものが散見されます。就職を優位に進めるためにも、将来独立するためにも取得しておきたい資格の一つです。

また、転職エージェントを利用することで簡単に就職することができます。

転職エージェントは完全無料で利用することができ、転職や就職に関わるほとんどの面倒な作業を代行してくれ、転職のプロであるコンサルタントからアドバイスをいただくことができるため、転職初心者の方は使わない手はないです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェント|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」このように悩みを抱えている方はとても…

2017.11.10

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」このような意見をよく聞くことがあります。結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

着付けの仕事の主な就職先

着付けの仕事の主な就職先として、呉服屋や着物販売店・美容院・結婚式場・写真スタジオなどが挙げられます。これらの就職先では正社員として雇用され、お客様に対して希望の着物を着付け、人によってはヘアメイクやフェイスメイクを施したり、その他小物類をコーディネートしたりします。具体的に有名企業を挙げると、以下のような企業があります。

  • ホテルニューオータニ内サロン

有名ホテル、ホテルニューオータニ内にあるサロンでの勤務です。ホテル内で行われる結婚式は勿論のこと、食事会・パーティーなどで着物を着用する依頼者を相手に着付けの仕事をします。

また、着付けの仕事に加えてセットアップやメイクなども行いますので、各種知識・資格を持っていると有利です。

  • スタジオマリオ

全国展開する、大手フォトスタジオです。大人の依頼者は勿論ですが、誕生日や七五三を記念としたお子様も多く訪れるスタジオなので、子供好きにはより働きやすい企業です。また、独自の【カムバック制度】を整備していますので、育児復帰のしやすい職場でもあります。

また着付けを教える講師として、数ある着付け教室にて働く形もあります。

  • 日本和装

数ある着付け教室の中でも、有名女優・俳優を起用したテレビCMでお馴染みの着付け教室です。こちらの教室の卒業生でないと就職できないという縛りはありませんが、専門学校を卒業しているか、民間・国家資格を取得している方が就職に有利です。

着付けの仕事はとても魅力的

着付けの仕事についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

現在では、人に着物を着つけるだけでなく、着物に合わせたメイクや髪形・小物合わせなど着物姿全体への技術やセンスを求められるようになっています。

着付ける相手やシチュエーションなどの難易度が上がると同時に、やり遂げた後の達成感も大きく感じることができるはずです。また、疎遠になりつつある日本の【和】の心を後世に伝える大切な仕事でもあります。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする