ファイナンシャルプランナーの仕事|種類や内容を知って理想のキャリアを手に入れよう

ファイナンシャルプランナーの仕事内容や業務、あなたは知っていますか?おそらく、漠然と「お金の専門家」というイメージを持っていると思いますが、実は、ファイナンシャルプランナーはお客様の人生に大きな影響を与える非常に大きな存在なのです。この記事では、ファイナンシャルプランナーの仕事の種類から、どのような1日を過ごすのか、具体的な内容や魅力、また辛いことまで網羅的に紹介していきます。

ファイナンシャルプランナーの仕事の内容・業務

フィナンシャルプランナーって、言葉は聞いたことあるけれど、実際はどんな仕事をしているの?と思っている方がほどんどでしょう。フィナンシャルプランナーとは、通称「FP」と呼ばれ、専門の資格を持って働く人のことを言います。

フィナンシャルプランナーは、フィナンシャルプランナーという資格を取り、お金に関わる仕事をします。一言で表すと、「お金のプロ」です。

具体的には個人の人生設計や、企業の経営に関わるようなお金の相談を受け、総合的なアドバイスをする仕事です。その場合、資産状況だったり、終始状況などを元に、現状に問題がないかを分析します。

また、フィナンシャルプランナーは、セミナーを開いたりといったように様々な場面で活躍します。必ずしも、決まった企業に就職するわけではないので、就職先もさまざまで、独立する人の割合がとても高いです。

では、フィナンシャルプランナーは実際にどのような仕事をするのでしょうか。また、独立した場合の1日の流れなども見て行きましょう。

ファイナンシャルプランナーの1日の仕事の流れ

フィナンシャルプランナーは、独立する際の初期費用が少なく済むため、また、お客様と向き合って話をする仕事なので、最低限、場所があればよいために独立しやすい職業といわれています。

では、実際にフィナンシャルプランナーとして独立した場合、どのような1日を過ごすのでしょうか。実務経験を活かして独立した場合の1日の流れの例を見て行きましょう。

  • 5:30 起床 (早起きして、目を覚まします)

 

  • 6:00 メールチェック

夜の間に届いていたメールを返信する作業をします。クライアント企業や個人事業主の方と多く、契約しているので、確実にスケジュールを把握し、適切に返信しなくてはなりません。

  • 6:30 朝食

 

  • 7:00 新聞、ニュース

新聞は、社会面も経済面も全てに目を通します。ニュースは、毎日の世の中の動きや、金融市場の動向をチェックします。金融のプロなので、常に最新の情報を手に入れるようにします。

  • 9:00 取引先訪問

お金に関するセミナーを依頼してきた取引先にて、担当者と打ち合わせをします。フィナンシャルプランナーとして独立すると、企業で金融系のセミナー講師として研修を行ったりすることが多いです。

  • 12:00 昼食

外部に研修しに行ったり、企業に出向いていたりなど、外出していることが多いので外食が多くなりがちです。

  • 14:00 講演会

クライアント企業からローンに関する講演会で、講師を務めました。

  • 16:00 相談業務

講演会に参加している方々からの、相談に乗ります。お金のプロなので、講演会で相談されることが多いです。

  • 19:00 帰宅

定時などがないので、毎日バラバラの時間になります。

  • 21:30 資料作成

明日のセミナーで使う資料を作成します。

  • 23:30 就寝 (明日のセミナーに備えて就寝)

独立している方の多くは、セミナーで生計を立てている方が多いので、流れとしてはこのような流れになります。

会社に属している場合と違い、帰宅時間がバラバラだったり、移動が多いのも特徴です。

独立した場合は、お客さんを集める為に人脈が大切になるので、日頃からネットワーク作りを大切にしていかなければなりません。その為、勉強会などには自分から積極的に参加していく事が大事です。

ファイナンシャルプランナーの仕事の種類

では、独立していない場合、フィナンシャルプランナーの資格はどのような仕事に活かすことができるのかご紹介します。以下のような仕事になります。

  • 社会保険労務士
  • 税理士、公認会計士
  • 証券外務員
  • 宅地建物取引士

最近では、フィナンシャルプランナーの資格を持っている人が増えてきている為、上記のような資格と合わせたダブルライセンスを取得し、活躍している人が増えています。

では、それぞれ、どのように活躍が求められているのでしょうか。

社会保険労務士

社会労務士とは、企業の社会保険の手続きや、労働保険料の計算、確定申告、労働契約を作成したりしる仕事です。働く人の権利や、安心のある生活を様々な面からアドバイスします。

また、アドバイスするだけでなく、相談も受けたりするので、専門的な知識がとても求められます。社会労務士は、つまり企業の「人」に関するプロということになります。

社会労務士は企業の発展や、働く人の問題解決、福祉の向上、などに貢献できる仕事です。毎年のように、お金に関する制度は変わっていっています。その中で、労働環境を円滑にする為の人助けをします。

税理士、公認会計士

みなさんが知ってる通り、納税は国民の義務です。しかし、企業の納税はとても難しいので、税理士が企業に代わって、納税に関する仕事をします。

納税だけではなく、決算報告書を作ったり、経営に関するお金の事も、コンサルティングしたりします。また、税理士は、個人向けのお仕事もします。

税金は、身近に関わるお金なので、フィナンシャルプランナーとしての知識が活かせる職業です。最近では、個人資産運用などの相談が増えています。

証券外務員

フィナンシャルプランナーは、お金についての勉強をしますが、株式、投資信託、債権などの金融商品をお勧めすることはできません。これらの商品をお勧めするには、「証券外務員」という資格が必要になってくるのです。

証券外務員の資格というのは、フィナンシャルプランナーの資格と勉強する内容が似ている為、両方取りやすいと言われています。フィナンシャルプランナーの知識に、証券外務員の知識をプラスするという考えが分かりやすいと思います。

宅地建物取引士

宅地建物取引士とは、不動産の売買をする時に土地や建造物について詳しく説明するという仕事になります。

不動産にかかわる仕事は、非常に大きなお金が動くことになりますので、不祥事が起きないよう、宅地建物取引士は国家資格になっていると言われています。

宅地建物取引士でフィナンシャルプランナーの資格があることで、不動産を売る時などに、資金に関するアドバイスをすることができます。

企業に向けて不動産を勧める場合は、資金運用なども一緒に提案することもできるので、提案に説得力が増します。

ファイナンシャルプランナーの仕事のやりがい

フィナンシャルプランナーとは、夢や目標を持っていて、その為に金銭的に困っている人から相談されることが多い職業です。

「ありがとう」「助かった」「知れてよかったよ」などと、クライアントに感謝された時、フィナンシャルプランナーの仕事にやりがいを感じている人が多いです。

また、証券会社、銀行、信用金庫、クレジットカード会社、不動産、保険会社、などの高い知識が求められる企業で働いているフィナンシャルプランナーの人は、日々の経験でお金の知識を増やしていきます。

お金の知識が増えると、できなかった仕事ができるようになったりして自信に繋がり、それが大きなやりがいに変わります。

そして、何億という非常に大きい金額を動かすこともある仕事にですので、成功した時の達成感も大きいのが魅力です。

ファイナンシャルプランナーの仕事の辛い部分

フィナンシャルプランナーは、お金に関わる仕事になってくるので、もちろん辛い部分もあります。主なものに以下のような部分があります。

  • 人との信頼関係を築かなくてはならない
  • 常に勉強しなければならない
  • プライベートの時間を犠牲にすることが多い

お客様や、会社のお金の全てを把握して仕事していくので、クライアントとなるお客様や会社の人と深い信頼関係を築くこことが大事になってきます。

フィナンシャルプランナーとして独立するとなると、いかにお客様から信頼を得ることができるかが大切になってきます。つまり、信頼を築くことができなければ仕事がなくなってしまうのです。

また、フィナンシャルプランナーはお金のプロとして様々な知識からクライアントに合った提案をするので、フィナンシャルプランナーは常に勉強することが欠かせません。

情報がないとお客様の信頼も得られないので、毎日テレビやネットニュースから情報収集をします。

プライベートに関して、フィナンシャルプランナーはクライアントのお客様や会社に合わせてスケジュールを組んで仕事をします。

そのため、アポイントを取ろうとすると、土日だったり平日の夜になることがほとんどで、プライベートの時間を犠牲にしなければならないことが多くなってきます。

ファイナンシャルプランナーの仕事をするには

実は、ファイナンシャルプランナーには必要な資格が特にありません。しかし、お金に関する仕事をすることになるので、金融関係の資格を持っておいた方がいいというのが現状です。

一般的に、「フィナンシャル・プランニング技能士」という国家資格になります。この資格があると、フィナンシャルプランナーと呼ばれます。

どんな人がフィナンシャルプランナーに向いているかというと、人とのコミュニケーションを取るのが得意な人、数字が好きな人、計画を立てるのが好きな人、に向いていると言えます。

お客様の話を聞いて、気になったところがあれば改善してもらうようにアドバイスをするなど、聞く力だけでなく言葉でうまく伝える力も重要です。

また、クライアントの立場を考慮しアドバイスするのには総合的な視点が必要になるので、常に金融、経営をはじめとした最新の情報を取り入れておかなければなりません。

つまり、フィナンシャルプランナーは向学心をもって自分自身の知識をどんどん増やし、人としてレベルアップしていく必要があります。

また、個人情報を扱うシビアな仕事になる為、秘密を守ることができなければいけません。秘密を守り、情報などをきちんと管理できる人が、向いていると言えます。

また、転職エージェントを利用することで簡単に就職することができます。

転職エージェントは完全無料で利用することができ、転職や就職に関わるほとんどの面倒な作業を代行してくれ、転職のプロであるコンサルタントからアドバイスをいただくことができるため、転職初心者の方は使わない手はないです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェント|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」このように悩みを抱えている方はとても…

2017.11.10

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」このような意見をよく聞くことがあります。結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

ファイナンシャルプランナーの仕事の主な就職先

就職先は、クレジットカード会社、銀行、証券会社、保険会社、郵便局などの金融関係が多いです。

金融関係の企業では、入社してフィナンシャルプランナーの資格を取得することが、必須になってきているところもあります。

そのくらい需要があるということですので、転職する際などは、とても有利な資格です。ですが、必ずしもフィナンシャルプランナーの資格があるから就職できるわけではないのでご注意ください。

ファイナンシャルプランナーの仕事はとても魅力的

なかなか知られていない、フィナンシャルプランナーという仕事ですが、夢をもった人たちに感謝される素晴らしい仕事です。

フィナンシャルプランナーは、他の資格と違って社会労務士、証券外務員、公認会計士など様々な仕事で役に立つ資格です。

保険会社で保険プランナーとしてお客様に提案した場合などは、必ず一人一人、人生が違うので提案するプランも違ってきます。ただ資産設計をするだけでなく、毎日を安心して暮らせるようにアドバイスしてあげなければなりません。

お客様個人としっかり向き合い、お金のプロとしての深い知識を生かし、お客様の将来がより良くなるプランニングをしなければなりません。

うまくいって感謝された時は、フィナンシャルプランナーの仕事をして良かった、と思える瞬間なのではないでしょうか。

フィナンシャルプランナーは、信頼関係に基づいた人と人との親密なコミュニケーションも取れるので、数字を扱う中でも人間味を感じることができる魅力を感じられるお仕事です。

また、深い金融の知識があることで家族や自分の為の役に立つ仕事でもあります。

先ほども説明したように、フィナンシャルプランナーは独立する人が多い職業です。規定された会社の方針に従う必要もなく、自分の経営方針でやっていきたい、と思う人が多いからです。

ですが、フィナンシャルプランナーは独立して終わりではなく、日々新しくなっていく情報を取り入れていく努力も必要になります。

フィナンシャルプランナーの最大の魅力は、自分の知識を持って人の人生に大きな手助けとなる影響を与えることができること、自分の得意な分野を見つけて、理想のキャリアを手に入れることが叶うことでしょう。

 

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする