消防士の仕事|種類や内容を知って理想のキャリアを手に入れよう

火災や災害の現場で活躍する消防士という仕事。そんなヒーローのような消防士の仕事に小さなころからなりたいと思った方も多いのではないでしょうか?実際に消防士の仕事をすることを考えて、凍記事では消防士の1日や仕事内容、やりがいから辛い部分まで、更に、消防士の仕事をするためにはどうにたらよいのかなど、消防士の仕事について幅広くご紹介していきます。

消防士の仕事の内容・業務

消防士の仕事は皆さんの「安全」を守る仕事です。警察とは違い、代表的な業務は「火災の消火」や「救助」「救急」が主な仕事で、その他にも火災を未然に防ぐ防災や予防に関することも仕事になっています。

安全を守るだけでなく、実際に危険な現場に向かって「人命救助」をすることもあります。火災や災害の現場のような危険な場所での仕事は、命を落とす危険も伴いますが、その分やりがいのある仕事になっています。

消防士の1日の仕事の流れ

消防士の仕事は、緊急の時にいつでも出動しなくてはならないので、一般的な仕事とは勤務体系が異なります。多くの消防士の出勤時間は「24時間勤務」と「非番」を繰り返し行うという形になっており、通報があれば、いつでも出動できる体制を整えています。

24時間勤務しているときの仕事の流れとしては、

  • 6時半から7時

起床して、交代準備に入る。

  • 8時から12時まで

当番の交代や消防車、救急車の装備点検、無線のテスト、事務作業

というように、毎朝いつでも出動できるように備品のチェックや装備の確認など、故障などが無いように点検するところから始まります。

  • 12時から13時まで

お昼休みです。配属される署にもよりますが、隊員たちで自炊する所と弁当を持参する署の2通りあります。自炊は当番制で交代しながら行います。

お昼休みであっても、出動要請が入ったら、すぐに現場に駆け付けなくてはならないので署内での食事になります。

  • 13時から16時半まで

午後も同じように点検から始まり、出動に備えて、通信機器などのチェックを行います。

出動要請がない場合は午後から訓練が始まり、放水や救助など実際の現場を想定した訓練が行われます。

  • 16時半から19時まで

基本的に16時半までが業務時間となっており、その他、必要な会議や勉強会、食事をとることになっています。

  • 19時から23時

食事をとった後はまた、配属されている地域の防災に関する勉強会や出動する際の地形などを取り上げて、ルートの確認をします。その後、23時には仮眠に入ります。寝る際も緊急の出動要請に備えて、制服で寝るというのも特徴的です。

このように消防士の一日の流れとしては、出動要請があるときは直ちに出動しますが、出動がないときは装備の点検や訓練、勉強会などをします。

いつ何時でも出動ができるようにするというのも仕事の一環となっており、24時間気が抜けないということもありますが、その分重要な役割を担っています。

消防士の仕事の種類

消防士の仕事のイメージは、防災服を被って、燃えている家の消火活動をしたり、救急車に乗ってけが人を病院に搬送するといったことがあります。

ただし、それだけではありません。

火災の消火活動

一番イメージの強い、火を消す仕事「消火活動」です。火災の通報が入ったら、直ちに現場に駆け付け、風向きや出火原因を突き止め、消火活動に入ります。

消火活動は火を消すだけでなく、近隣の住民の避難を促したり、現場の状況によって異なってきます。

救助活動

人命救助の活動です。災害や火災、交通事故、水難事故などで逃げ遅れた人を救助しています。危険も伴う救助活動は悲しい現場にも直面することもあり、知識と経験が必要な仕事です。

救急活動

救急車に乗って、病院など医療機関に搬送する仕事です。一般的には、交通事故などが多く、怪我をした人に適切な応急処置をするのも仕事になっています。

訓練

消防士の仕事は「消火」「救助」「救急」が主な仕事に感じますが、訓練も仕事の一環です。様々な状況で消火や救助を行うため、実際の現場を想定した訓練などで体を鍛える仕事です。

通信業務

119番でかかってきた通報を受ける仕事です。通報内容を瞬時に理解して、出動させる部隊を選び出動指令をします。消防署の仕事としては一番重要な仕事でもあり、指令室という場所で行われます。

防災活動

防災活動は、火災が発生しないようにあらかじめ予防する活動です。勤務地域の方々の防災に関する意識を高めてもらうとともに、避難方法などの指導も行います。

予防活動

建物の防災上の安全性を確認する活動です。実際に建築現場に出向き、審査や検査を行い、安全基準を満たしているかチェックする仕事です。

事務

消防署で働く人には、消火や救助などをする以外にも事務作業をする人もいます。デスクワークのみの作業で書類の作成や経理などを行い、消防士をサポートする仕事です。

消防士の仕事のやりがい

消防士の仕事は「人の命」に直結する仕事です。火災の現場や災害の現場に行き、消火活動や救助活動をしたときに「ありがとう」と感謝されることが一番のやりがいになります。

他の人にできないことをやり遂げられるのが消防士で、危険な現場に行くことも多いですが、その分「守る」ということに力を注げられるヒーローのような仕事です。

危険を最小限に食い止めるために毎日勉強をする。救助を確実にこなすために日々、体を鍛える。仲間と一緒に「守る」という目標に向けて、突き進むことができる。

そんな職業が消防士で、仕事のやりがいであり、魅力的な部分です。

消防士の仕事の辛い部分

消防士の仕事は「ヒーロー」のような職業ですが、辛い部分や大変な部分を忘れてはいけません。

火災の現場や災害の現場など、危険な状況での救助活動では時に、悲惨な状況に出くわすこともあります。どんなに頑張っても、100%人を助けられるという保証はなく、その現実を受け止めるということも必要になってきます。

そのため消防士という仕事はその悲惨な現実を受け止めながら任務をこなしていく必要があります。消防士の仕事は、諦めないという心や前向きな心が特に必要とされる職業です。

また、消防士になるためには「消防学校」という育成学校に通う必要があります。消防学校では消防士になるために厳しい訓練が待ち受けています。体育会系の学校なのでスパルタの教育にも耐える必要があり、人の命を守るという仕事の辛さを乗り越える必要もあります。

業務内容に事務の仕事があったように体を鍛える訓練以外にも大量の事務作業をこなす必要もあります。

消防士に向いている人は?

消防士に向いている人はやはり「正義感が強い人」が向いています。どんな危険な場面に直面しても、人を守るという強い正義感を持っている必要があります。

ただ、それだけでは不十分です。消防士という仕事は、様々なところで活動するため、体力も必要です。基本的な運動能力も重要ですが、火災の現場では高温の中で長時間救助活動をしなくてはならないし、ボンベもかなりの重量になります。

また、災害の現場や交通事故の現場などでは一刻を争う事態も想定されます。そのために適材適所に的確な判断を下せる必要があります。

消防士に向いている人は、そんな正義感持っている人、体力をつける努力をする人、判断力を鍛えるために勉強する人が向いています。

消防士の仕事をするには

消防士の仕事をするには資格がいるのかと思われがちですが、実は「消防士」という仕事に資格は必要ありません。消防士は公務員になり、全国で各自治体が行っている「消防士採用試験」に合格できれば、消防士になることができます。

消防士採用試験区分 受験資格
Ⅰ類 大卒程度
Ⅱ類 短大卒程度
Ⅲ類 高卒程度
専門 建築や機械、電子系など

 

消防士になるために必要な資格はありませんが、消防士採用区分というものがあります。各自治体によっても異なりますが、年齢によって受けられる試験が変わってきます。(※表には目安として大卒から高卒までと記載しましたが、年齢さえクリアすれば、受験することができます。)

試験区分が分かれており、その分試験の難易度も変わってきます。消防士という職業は人気の職業なので、試験に合格できる倍率も高く大変ですが、大学卒業まですると倍率も低くなり、受かる確率も高くなります。

ただし、消防士の中でも救急車に乗って働く「救急救命士」という仕事は「救急救命士国家試験」に合格する必要があり、消防士とは少し違った試験を受ける必要があります。

また、転職エージェントを利用することで簡単に就職することができます。

転職エージェントは完全無料で利用することができ、転職や就職に関わるほとんどの面倒な作業を代行してくれ、転職のプロであるコンサルタントからアドバイスをいただくことができるため、転職初心者の方は使わない手はないです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 …

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

当サイトでは下記記事にて1000人以上の転職エージェント利用者の体験談を基に本当におすすめの転職エージェントを紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識…

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

DODA

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

パソナキャリア

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

消防士の仕事の主な就職先

各自治体が行う消防士採用試験に合格したら、消防本部か消防署、消防署の出張所が就職先になります。全国に700以上の消防本部、1700以上の消防署、3000以上の消防署の出張所があり、そのどこかで働くことになります。

また、主に仕事をする現場は仕事内容からもわかるように火災、交通事故、災害の現場で働きます。

消防士の階級制度と給与

消防士として、就職した後は一般的な大企業のように階級制度があります。各自治体によっても異なりますが、一番大きな東京消防庁の階級制度は、以下のようになっています。

消防総監 消防官最高位 年収1500万前後
消防司監 政令指定都市の消防本部の消防長 年収800万から1000万
消防正監 政令指定都市以外の市町村の消防長 年収700万前後
消防監 人口10万人以上の市町村の消防長 年収600万前後
消防司令長 人口10万人未満の市町村の消防長 年収500万から600万
消防司令 政令司令都市の消防本部の副署長 年収500万から600万
消防司令補 消防司令を補佐する人 年収500万前後
消防士長 消防本部の副隊長 年収400万から500万
消防副士長 消防士を長期間勤め、成績を残すともらえる階級 年収300万前後
消防士 最初の階級(全員同じ) 年収300万前後

 

消防士の仕事は階級によって権限が変わり、もらえる報酬も変わってきます。管理職レベルになってくると、優秀な人を実績や勤務年数などで選考されて決まりますが、管理職以外は昇進試験によって階級を上げることができます。

消防士の仕事はとても魅力的

消防士の仕事は「消火」「救助」「救急」の3種類が代表的ですが、実は地域のために様々な仕事をこなす必要があります。一般的に勤務する会社とは違い、人命にかかわる仕事になっているので厳しい仕事も多いですが、その分やりがいのある仕事になっています。

階級制度などもしっかりしており、公務員で安定するということでかなり人気の職業ですが、それらを差し引いても魅力的な職業です。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。