ハタラクティブの評判が悪いのはなぜ?現役転職エージェントが丁寧に解説

ニートやフリーターなどのキャリアがない方から好評を得ているハタラクティブですが、評判を調べていると悪い評判ををよく見かけます。

しかし、実際に現役転職エージェントである筆者からするとハタラクティブは非常に丁寧なサポートで、実際に若い方の就職や転職に大いに貢献しています。

そこで、ハタラクティブとはどんな転職エージェントなのか、なぜ評判が悪くなってしまっているのかについて解説いたします。

転職エージェント「ハタラクティブ」とは

「ハタラクティブ」という転職エージェントがあります。転職エージェントとは、転職のための求人情報を紹介したり、転職のためのお手伝いをしてくれます。もちろん初めての就職のお手伝いもします。

「ハタラクティブ」は特に20代の若年層の求人を中心に紹介している転職エージェントです。29歳までなら働いた経験のない人でも働ける求人が常時1000件以上用意してあります。

第二新卒・ニート・大学中退者・フリーター等も就職活動ができ、応募者の経歴や学歴を問わない求人に特化した転職エージェントなのです。

求人の紹介だけでなく、就職のための丁寧なサポートを行います。専門性の高い就活アドバイザーが個別に対応を行い、希望に合った求人を紹介します。どんな仕事をすればいいのかわからない人には、その人の特性を見極め、どんな職業が向いているかアドバイスをしてくれます。

また、求人の応募に必要な書類(履歴書・職務経歴書)の作成を手伝ってくれます。

面接の対応のため、練習やアドバイスもしてくれます。

さらに、就職が決まった後も、入社後のフォローをしてくれます。社内での人間関係や、仕事に関してこまっていることがあれば相談に乗ってくれます。

そして、これらのサービスすべてが無料で行われるのです。かかる費用は、企業から紹介料として賄ってるからなのです。

ハタラクティブの評価が悪い原因や理由、デメリット

ハタラクティブには悪い評価も多く寄せられます。

それは、20代の若年層に特化した、未経験者歓迎の求人を中心に紹介する転職エージェントのためにおきています。

それでは、具体的に悪い評判についてみていきましょう。

1.未経験業種が多いため、求人案件の質が低め

ハタラクティブの求人案件は、未経験者歓迎のものが中心です。未経験者可ということは、誰でもできる仕事ともいえます。当然、年収の低めの求人案件が多くなります。

そのため、たいした仕事がない、収入の低いものしかない、アルバイトのような仕事、この条件なら正社員になる必要ないといったものがたくさんあります。

20代に特化した未経験者歓迎の求人ですので、当然質は低めのものになってしまいます。

キャリアのある方、30歳以上でこの条件に満足いかない方は、他の大手転職エージェントに行かれたほうがよいでしょう。

2.条件が高い場合は紹介不可のこともある

大学卒、大学院卒、年収は600万以上などの高い条件の求人を求める人には、案件を紹介できない場合があります。

また、医療関係、金融業、不動産などの専門性の高い資格を持っていて、それを生かせる仕事を求めている人にも求人を紹介するのは難しくなっています。

ハタラクティブは、あらゆる求人を用意しているわけではなく、職業未経験者の若年層にターゲットを絞り込んだ、特化型転職エージェントだからです。

ですので、年収の高い求人はほとんどなく、紹介をすることができないのです。。

ハタラクティブの悪い評価をふまえ、利用しない方が良い方

ハタラクティブの求人はたいしたことない、年収が低い、などの悪い評判があります。それは、ハタラクティブが、20代の若年層で就職経験がない、またはアルバイトしかしたことがない方を対象にした転職エージェントだからしかたがないのです。

ですので、次のような方は別の転職エージェント利用されたほうが良いと思います。。

1.ハイキャリアや専門性の強い求人案件を求める方

ハイキャリアとは、高学歴、高職歴を持っている方の事で、大学卒、大学院卒、しかも有名大学。また、大企業に勤めていたといった方です。

当然求める職業は、高収入で待遇の良いものとなります。ハタラクティブでは、20代で未経験者可を中心に求人案件を集めていますので、ハイキャリの希望に沿ったものはほとんどありません。

また専門性の強い求人案件、特殊技能や資格を持っている方のための求人案件も、ハタラクティブにはほとんどありません。

ハイキャリアでそれに見合った求人をお探しの方は、他の大手転職エージェントに行かれたほうがよいでしょう。

2.職歴学歴にあまり自信がないが、希望条件が高い方

職歴、学歴にあまり自信がなくても、就職する条件は高いものを求めている方。気持ちはわかりますが、ハタラクティブにはそのような求人案件はほとんどありません。

そもそも、他の転職エージェントでも、そのような求人は稀です。特殊な技能や資格を持っている人を求めている企業は、そのために高額の収入を用意します。高学歴、高職歴の持ち主には、その成果を求めて企業は投資するのです。

ただ、高収入が欲しいというだけではだめです。自分が企業にとって何を提供できるのか、どんな仕事ができるのか、それを示す必要があるのです。

ハタラクティブでの転職活動で感じた悪い評判

ハタラクティブで転職活動をして、感じた悪い評判に次のようなものがあります。

ハタラクティブの悪い評判1.

ハタラクティブの求人は条件が悪い。年収も低い。アルバイトと変わらない。これでは正社員になる意味がない。

ハタラクティブの悪い評判2.

自分の住んでいる地域の求人がない。ハタラクティブの求人案件は、関東近郊のものばかり。

ハタラクティブの悪い評判3.

公認会計士、不動産鑑定士、弁理士、社会保険労務士、行政書士、難しい資格を取得したのに、これを生かせる求人がない。

悪い評価だけじゃないハタラクティブが選ばれるメリット

ハタラクティブには悪い評判もありますが、それ以上に良い評判も数多くあります。ハタラクティブを選ぶ人にはそれなりのメリットがあるのです。ハタラクティブには悪い評判もありますが、それ以上に良い評判も数多くあります。ハタラクティブを選ぶ人にはそれなりのメリットがあるのです。

1.20代や第二新卒・ニート・大学中退者・フリータ等もOK、応募者の経歴や学歴を問わない

ハタラクティブでは応募者の経歴や学歴を問わない求人を中心に用意しています。

第二新卒・ニート・大学中退者・フリータ等は就職活動を行う上で、不利な立場にいます。ハタラクティブはそのような人達の応援をし、正社員になれるようにお手伝いします。

ニートから脱出したい。フリータから正社員になりたい。そんな人を応援する転職エージェントなのです。

働く意欲さえあれば採用し、仕事ができるように育て、働けるようにする。生きがいを持ってほしい。社会の役に立てるようになってほしいと、考える企業が日本にはたくさんあります。そんな企業と若者の間を取り持つのが、ハタラクティブなのです。

2.未経験OK業種の求人が多めで得意

ハタラクティブの求人には、未経験者可の求人がたくさんあります。一般に企業は経験のある労働者を欲しがります。それは、経験者は即戦力として働いてもらえるからです。すぐに企業の利益になるからです。

未経験者を採用する場合は、仕事を教えて、仕事ができるようになるまで育てる必要があります。その間は会社の収益にはつながりません。

でも、未経験だけど働きたい、正社員になりたい人はたくさんいます。労働意欲の高い人はたくさんいます。最初に投資は必要でも、結果として会社の利益になる人たちです。

ハタラクティブはそんな求人に特化して用意しています。また、一般の求人には出ない、非公開の求人情報もたくさん用意しています。

3.職務経歴書添削や面接練習などもあり、サポートが丁寧

ハタラクティブでは履歴書・職務経歴書の添削や書き方などを教えてくれます。履歴書・職務経歴書は書くのがなかなか難しいものです。また、書き方によっては企業にアピールできるものもあります。そんな、ちょっとしたテクニックも丁寧に教えてくれます。

また、面接の練習をしてくれるサービスもあります。面接官との受け答え、どのようなことを話せば、採用されやすくなるのか。本人は気づいていないセールスポイントを見つけてあげて、それをアピールすることを教えてくれたりします。

カウンセラーは経験豊富で、的確なアドバイスをカウンセリングでします。そして、利用者に向いている求人を紹介します。

ハタラクティブの主な特徴と他エージェントと比較

ハタラクティブは20代の若年層で、正社員として働いたことのない人向けの求人に特化しています。

ニートやフリーター、第二新卒、大学中退者でも大丈夫な求人を多くそろえ、未経験者や職務経歴の無い人でも採用される求人を多く集めています。

まず、専門の就活アドバイザーが希望する求人を探してくれます。どんな仕事をしたらいいのかわからない人にはその人の適性を見極め、おすすめの求人案件を提案してくれます。

サポートも万全で、応募書類(履歴書・職務経歴書)の書き方指導、添削を行い、面接の対応も無料で行っています。面接は練習をし、どのような受け答えをするのがいいのかを丁寧に指導します。

就職のために、複数の求人を掛け持つことが多くなりますが、そんな時は面接の日程調整も就活アドバイザイーがしてくれます。

そのため、正社員採用は高い成功率を誇っています。

入社後も様々な相談に乗ってくれて、また、ランクアップの転職アドバイスも提供してくれます。

転職wikiで作成したランキングでは「ハタラクティブ」は14位にランクインしています。

  1位 リクルートエージェント 総合転職エージェントとしては国内最大手です。幅広いユーザから支持を集め、第二新卒からハイキャリアまで支持を集めています。
  2位 DODA 業界規模第2位の転職エージェントで、パーソナルキャリア(旧インテリジェンス)が運営しています。豊富な案件数、幅広い求人があります。
  3位 JACリクルートメント 外資系転職エージェントで、ロンドン発祥です。ハイキャリア案件についてはトップレベルです。
  4位 パソナキャリア 1600社以上と取引実績のある転職エージェント「利益よりも社会貢献」を社風とするパソナが運営しています。手厚いサポート、フォローに定評があります。
  5位 Spring転職エージェント(アデコ) 求人の量・質が豊富。世界に60か国の拠点を持っています。転職のサポートがそれほど必要ない方向けです。
  6位 エンエージェント 大手人材会社enジャパン社が運営しています。丁寧なサポートが売りですので、転職が初めてという方向けです。
  7位 type 1994年に創業、関東圏中心に求人案件を扱っています。
  8位 マイナビエージェント 新卒採用の求人が多い。全体の求人料としては少なめです。
  9位 ワークポート IT、Web関係に強み。案件の質・量とも多くあります。
 10位 アイデムスマートエージェント アイデムが40年以上運営しています。サポート体制が高評価です。
 11位 エリートネットワーク 小規模ながら、業界知識や人脈に優れています。
 12位 ロバートウォルターズ 外資系で、世界24か国で事業を行っています。英語が得意なハイキャリア向けです。
 13位 マイケルペイジ 外資系で、世界34か国で事業を行っています。高収入、外資系求人を求める人向けです。
 14位 ハタラクティブ 未経験可の求人が1000件以上。紹介を断られることはまずありません。

 

上位にくる転職エージェントの特徴としては、様々な求人案件を数多くそろえているところが多いですね。そして、それぞれ特徴を持っていて、利用者の求めているものを提供しています。

ハイキャリアのための、高収入の求人を集めたものや、世界に拠点を持っている外資系は、語学力に自信のある人向けとなっています。

丁寧なサポートを売りにしているところから、転職のベテランのためにあえてサポートをあまりしないところまであります。

ITやWeb等の職種を限定したものもありますし、関東圏しかサポートしない老舗の転職エージェントもあります。

転職エージェントを選ぶには、ランキングが上位ということだけでなく、それぞれの特徴をよくとらえ、自分の求めているものに答えてくれるエージェントを探すのが大事になってきます。

ハタラクティブの評判が悪い原因を把握し、自分に合うか見極めよう

 

ハタラクティブには悪い評判もたくさんあります。その内容は、条件の良い案件が少ない、年収が低い。関東圏周辺しか求人がない。特殊な技能や資格を持っているのにそれを生かす求人が少ない。ハイキャリアを生かせる求人が少ない。などです。

ハタラクティブは20代の若年層で就職未経験者やフリーターに特化した転職エージェントですので、そういった悪評があるのは当然の事なのです。

ハタラクティブには、未経験社歓迎の求人が数多くあります。意欲はあるのに、働けない、アルバイトじゃなく正社員になりたい。そんな人を応援しています。

また、いわゆるブラック職種と言われる求人案件はありません。安心して働ける職場だけを紹介しています。

就職のためのサポートも充実していて、応募書類の添削や書き方、面接の対応などを無料で行っています。

優秀なカウンセラーが、的確なアドバイスをしてくれ、利用者に向いている求人を紹介します。

一般には出ない求人案件もたくさんあり、正社員としての就業成功率は高い実績を誇っています。2015年10月、80.4%。

働く意欲があるのに働けない若者を応援するエージェントです。

そのような方にはとても役に立つものとなっていますが、キャリアがあるひとや、30歳以上の方には、物足りないのではないでしょうか?

自分が求めている転職エージェントはどんなものなのか、見極めて希望に合ったものを選ぶ必要があります。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加