仕事が嫌いな人の特徴や原因・解決法|仕事が嫌いになった時に心に刺さる名言も

毎日仕事をしているうちに、嫌なことが増えて仕事が嫌いなっていませんか。

仕事をやらされていると感じていませんか。

中には仕事が嫌いでやめたい、転職したいと思っている人もいるでしょう。

そんな人でも少しでも楽しく仕事ができるように仕事が嫌いになってしまう人の特徴や解決法を紹介していきます。

ぜひ参考にしてください。

仕事が嫌い・働くのが嫌いになる原因と仕事が嫌いな人の特徴・傾向

仕事内容自体に興味がない

自分の本当に興味のあること、言い換えれば好きなことが仕事であれば自分から進んで仕事をすると思います。

しかし興味のないことや中途半端に興味のあることが仕事になってしまうと、仕事をやらされている感覚が強くなり、どんどん仕事をするのが嫌いになっていきます。

職場の人間関係がよくない

嫌いな上司がいる、同期とうまくやっていけないといった人間関係の問題は、たとえ好きな仕事に就いたとしても、仕事が嫌いになってしまう原因になります。

仕事を気遣いなく頼めるような仲間がいれば仕事が楽しくなります。反対に、仕事を頼むことでさえ周りに気を遣わなければならないとなれば居心地が悪くなり、次第に仕事に行くのが嫌になっていくでしょう。これは人間関係を気付くのが苦手な人が陥りやすいです。

自分の仕事がどのように世の中に役立つかが分かっていない

仕事をしている以上、自分の仕事には誇りをもって、何らかの目的をもって望みたいと思っているでしょう。

しかし、自分の仕事が世の中にとってどう役に立っているのかがわからないと、仕事の意義に対して疑問や不満が募るのは当然のことであり、その結果仕事が嫌いになってしまうこともあります。

給与が低い

働いている人にとっては考えざるをえない問題であるだろう。「自分の思っていた分の給与がもらえない」、「どれだけ働いても給与が増えない」となると不満が募ってきます。

しかしこの問題を抱えているのは自分だけでしょうか。一度周りの人に聞いてみる、もしくは上司に宴会の場など話しやすいところで聞いてみるのも手です。

この仕事を続けていても自分の明るい将来が見えない

毎日同じ作業の繰り返しになってしまい、自分が何をやっているのかと、働いている意義、目的を見失ってしまうことも仕事が嫌いになってしまう原因の一つに挙げられるでしょう。

こう悩むことは将来を見据えていてとてもいいことですが、かといってそう簡単に改善策が見つからないのが現状です。

拘束時間が長い

これも多く聞かれる意見ではあるが、仕事が嫌いになる原因の一つになるには十分です。毎日朝から晩まで拘束され、さらに働かされるとなると、仕事に行くのが嫌になってしまうこともあります。

しかし残業時間など自分の努力次第で減らすことのできる時間がないかどうか考えてみてほしいです。

体力が続かない

若いころは多少の重労働でもこなせていたという人でも老いには勝てず、どんどん体力が落ち、一日中仕事をするのが精一杯になってしまいます。

もしくは初めから体力がなく、一日中仕事をするだけでも大変な人もいるかもしれない。そうなれば仕事が嫌いになってしまう人も出てきます。

自分が磨きたいスキルを使った仕事ができていない

例えば、ExcelやWordの技術を磨きたいと思い、いざ仕事に就いてみると全くパソコンを使わない仕事であったとします。

仕方がないと割り切る人もいれば、その仕事を辞めて自分の磨きたいExcelやWordを使う機会がある仕事に転職する人も出てくるでしょう。

もし本当にそのスキルを磨きたいのであれば、今の仕事を辞めることも視野に入れて考え直すことが大事です。

単純作業で飽きる

仕事を始めたばかりは一生懸命にこなしていた仕事でも、何度もやらされ慣れてしまうと、単純作業になってしまいます。

すると、単純作業が毎日続くことで仕事に新鮮さを感じなくなってしまい、その結果仕事が仕事が嫌になってしまいます。

忙しい時と暇な時の波がある

適度に忙しいと自分が疲れている感覚はあまりないですが、仕事を順調に進めることができるので、楽しく仕事をすることができるでしょう。

しかし、忙しい時と暇な時の波があると仕事が忙しくなった際に余計に忙しく感じてしまい、体力の消費が激しく、さらにストレスが溜まってしまう。これによって仕事が嫌いになってしまうこともあります。

仕事が嫌い・働くのが嫌いになった時の解決策・対処法

このページを読んでくださっている方は仕事が嫌いで悩んでいる方が多数でしょう。そんな方のために、仕事が楽しくなる解決策・対処法を紹介していきます。

仕事内容の中に楽しさを見つける

ほんの小さなことでもいいので、仕事の中で楽しみを見つける、もしくは作り出すのは効果的な方法の一つです。

例えば、ランチのメニューなどの小さなものでも大丈夫です。こうすることで、自分で作ったモチベーションのために仕事に取り組むことができるので仕事を多少は好きになれます。

仲間を作る

会社内で愚痴を言い合えるくらいの仲間を作ることができれば仕事が楽しくなります。仕事をしていて嫌なことがあればお酒の席で仲間に愚痴を言うことができます。

また、自分のキャパシティーを超えた仕事があっても、仲間に手伝ってもらうことで終わらせることができます。仲間が多ければ多いほど、自分にとって嫌なこともいいことも沢山共有できるので仕事が楽しくなります。

テンションがあがる褒め言葉を自分に言う

毎朝会社に行く前や仕事で疲れが溜まってきたときに、「頑張れ」と一言自分に対して呟くだけでモチベーションを上げることができます。

これは心理学でも証明されている事実なので効果はあるといえます。たった一言自分に対して呟くだけでいいのでぜひ実践して欲しいです。

楽しいお金の使い道を考え、そのために頑張ると思う

給料をもらったら買いたいもの、食べたいものなど給料でできる贅沢を考えましょう。そのうえでお金のためだとわりきって仕事をすることができれば、お金を稼ぐために仕事をしているというモチベーションが生まれます。すると、ストレスがたまる原因がなくなり、楽しく仕事をすることができます。

仕事が嫌になる時期もあると割り切る

なぜ仕事が嫌いなのかと考えていても仕方がないので、仕事が嫌いな時期もあると割り切ることも仕事が嫌いにならないための方法の一つです。

仕事が嫌いであることから意識を背け、仕事をこなすことができる。これによって仕事が嫌いになることは避けることができます。

自分の仕事がどのように世の中に役立っているかを知る

接客業におけるお客様の「ありがとう」はモチベーションを最大限まで上げることができます。それを自ら探しに行く方法です。

ネットで自分の職業について検索してみると、感謝を綴ったページが見つかるでしょう。そのページを読むことで、自分のお客様の感謝を間接的に感じることができ、自分のモチベーションを上げることができます。

仕事が嫌いだと思い続けるとうつになる可能性も

嫌いな仕事を我慢しつづけた結果、うつ病になってしまうケースもあります。主な原因は過労や上司によるパワハラなどです。うつ病になってしまうと仕事に行けなくなり、さらに治療をしなければならないので、金銭面での負担も大きいです。

しかし、うつ病が相談しづらい病気であることもあり、仕事嫌いが原因でうつ病になる人は多いです。少しでも自分がうつ病の症状に当てはまっている場合は、病院に相談に行くことをお勧めします。

仕事が嫌いになった時に読むと心に刺さる名言選

ここまでは具体的な方法について紹介してきました。しかしこれだけでは、信用をしてくれていない方もいるかもしれません。ここで、有名人の残した名言を紹介します。

壁がある時はチャンス

壁というのは、できる人にしかやってこない。超えられる可能性がある人にしかやってこない。だから、壁がある時はチャンスだと思っている。

メジャーリーガーであるイチローが言った言葉です。壁にぶちあったときは悲観的にならずに、自分が成長するためのチャンスだと考えればモチベーションを上げることができるのではないか。

耐える心に、新たな力が湧くもの

自動車メーカーHondaの創業者である本田宗一郎はこう言っています。

耐える心に、新たな力が湧くものだ。全てそれからである。心機一転、やり直せばよいのである。長い人生の中で、そのための一年や二年の遅れは、モノの数ではない。

今の仕事に不満があるのであれば、数年はかかってしまっても自分のやりたい仕事について見るのも一つの手です。

苦しい時でも、とにかく笑っていろ

苦しい時でも、とにかく笑っていろ。笑える余裕、ゆとりがないと判断を間違える。

心に余裕がないと正しい判断ができなくなってしまう。しかし、無理やりにでも笑っていると、心に余裕が生まれ、正しい判断ができるようになる。

住吉金属鉱山元社長の藤森正路が言った言葉です。辛いからといって苦しい顔をするのではなく、笑ってみると案外気持ちが楽になるでしょう。

特別なことをするために、普段どおりの当たり前のことをする

特別なことをするために、特別なことをするのではない。

特別なことをするために、普段どおりの当たり前のことをする。

毎日同じことの繰り返しでも、それは何か特別なことをするための準備をしているのである。イチローの言った言葉です。

イチローの輝かしい実績は試合という特別なことのために行ってきた日々の練習の積み重ねによって生み出されたものです。自分の仕事も来るであろう特別なことのための積み重ねであると考えてみてはどうでしょうか。

仕事が嫌いで辞めたいなら転職も視野に

今の仕事に不満があり、嫌いになってしまった。なおかつ他に興味のある仕事があるならば、思い切って転職してみるのも一つの手段です。

本田宗一郎が言っていたように、一、二年の遅れは人生の中のほんのわずかな時間でしかない。むしろ一、二年でやりたい仕事に就くことができると考えるべきです。

仮に転職活動を始めるならば、DODAなどの転職エージェントを使うことで、より自分のやりたい仕事に就ける可能性が上がります。一般には公開されていない求人を見ることができたり、キャリアコンサルタントに相談できたりと転職活動の幅が広がるのでお勧めです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェント|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」このように悩みを抱えている方はとても…

2017.11.10

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」このような意見をよく聞くことがあります。結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

仕事が嫌いになったら、一度立ち止まって全体を見てみよう

仕事が嫌になってしまうと落ち込んでばかりで周りが見えなくなってしまう。そうなったときは、一度冷静になり、なぜ自分が仕事が嫌いなのか書き出してみると改善策が浮かぶはずです。

やりたい仕事が諦めきれなければ、思い切って転職をしてみることで毎日楽しく働けるようになります。

仕事が嫌いだ、辞めたいと思っているだけでは何も変わりません。しかし、自分の行動次第で、仕事を楽しくできる可能性はいくらでもあります。まずは仕事が嫌いだ、辞めたいと考えこまずに何か行動を起こすことが大事ではないでしょうか。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする