ホテルの仕事|種類や内容を知って理想のキャリアを手に入れよう

華やかで素敵に見えるホテルの仕事は憧れの職業。でも実際はどんな仕事をしているのか、就職するには資格は必要なのか、そんな気になるホテルの仕事の種類や内容、更にホテルの仕事のやりがいや辛いところまで、詳しくご紹介します。ホテルへの就職を考えているけれどなかなか踏み出せない人、ホテルの仕事の魅力を知って一歩踏み出しましょう。

ホテルの仕事の内容・業務

ホテルの仕事といえばフロントやドアマン、ベルパーソンなどの業務が思い浮かぶと思いますが、その他にもホテルの大小によって業務は様々です。大きなホテルになればなるほど担当業務が細かに分かれています。

お客様の宿泊はもちろんですが、ホテルによっては結婚式を行えたり食事を楽しめたり、会議で利用できる会議室を完備したホテルなどもあります。

お客様を直接お迎えする宿泊部門のスタッフ、食事を提供する飲食部門をはじめ、客室清掃スタッフやホテルの運営に関わる広報やマーケティングなどの営業部門とその仕事は多岐にわたります。

そんな、お客様へ最高のおもてなしを提供するホテルの仕事について詳しくご紹介いたします。

ホテルの1日の仕事の流れ

ホテルの顔とも言われるフロントスタッフと、お客様がゆったりとした時間を過ごすお部屋の清掃を担当する客室清掃スタッフの一日をご紹介します。

【フロントスタッフ(日勤)】

  • 出勤

出勤したらまず夜勤スタッフからの引き継ぎを受けます。チェックアウトのお客様をお迎えしながら前日の宿泊者のデータ集計等を入力。

  • チェックアウト終了

当日お迎えするお客様のチェックイン準備。清掃スタッフと連携して滞在中のお客様のお部屋の清掃有無などを指示。

  • ランチ休憩

交代で食事をとります。チェックインの時間までは予約受付の電話対応や、チェックイン前に訪れるお客様のお荷物のお預かりや様々なご案内の対応。

  • チェックイン開始

お客様を笑顔でお迎え。

  • 日勤業務終了

夜勤スタッフに連絡事項などを引き継ぎ。

この後、夜勤スタッフは引き続き夜間にチェックインされるお客様の対応や予約受付の電話対応、宿泊されるお客様のお部屋への貸し出し物への対応などを行います。この他、勤務するホテルにもよりますが、チェックアウトされる際に郵送を希望するお荷物をお預かりして宅配便の手配をすることもあります。

【客室清掃スタッフ】

  • 出勤

当日の清掃担当のお部屋リストをチェック。チェックアウトされるお部屋と滞在中のお部屋で清掃の仕方も変わってくるので注意深いチェックが必要。

  • 作業開始

清掃道具を持って各お部屋へ。1人で1日に平均10部屋から多いときは15部屋程度を担当。休憩を挟みながら作業を進めます。

  • 客室清掃終了

清掃が完了したお部屋から順番にチェッカーが清掃の最終確認を行います。お客様を迎えても問題がないか、アメニティーが全て揃っているかなどを最終チェックします。

チェックインの時間までにお部屋を完成させなければいけないので、丁寧でスピーディーな作業が求められます。

ホテルの仕事の種類

冒頭にも少しご紹介しましたが、ホテルの仕事は多岐にわたり様々な職種に分かれています。一体どんな種類があるのかここでまとめてご紹介します。

フロント

チェックインやチェックアウトなどをはじめ、会計業務や宿泊予約の受付、お客様からの様々なご要望に応えるのが主な業務です。お客様と接する機会も多く、ホテルの印象を左右するとても重要なポジションになります。

ベルパーソン

チェックインを済ませたお客様をお部屋までご案内するスタッフです。ホテル内はもちろん、お部屋の中のあらゆる説明もベルパーソンが担当します。お預かりしたお客様の荷物をお部屋まで運ぶのもベルパーソンの仕事です。

ドアマン

ホテルのエントランスに待機し、車のドアの開閉などを行い車で訪れるお客様の誘導をはじめ、タクシーやハイヤーの手配、送迎バスなどの案内も行います。ホテルに訪れるお客様を一番最初にお出迎えする大切な役割です。

ハウスキーピング (客室清掃)

お客様が快適な時間を過ごせるようお部屋を綺麗に清掃し、ベッドメイキングを行う仕事。アメニティーや客室備品の準備はもちろん、髪の毛一本落とすことなく完璧にお部屋を仕上げます。お客様と接する機会は少ないながらも、お客様の満足度を高めるとても重要な仕事です。

コンシェルジュ

主に館内のインフォメーションやレストランの予約受付などの業務があり、リムジンバスの予約やレンタカーの手配などにも対応します。他にも近隣の観光スポットのご案内など、お客様のあらゆる要望に柔軟に対応します。

ウェイター・ウェイトレス

館内レストランやラウンジなどで、オーダーを受けお客様にお食事や飲み物を提供します。キッチンと連携してベストなタイミングで料理を提供するためにテーブル毎に目を配ります。ただ料理を運ぶだけではなく細やかな心配りが必要です。

ソムリエ・バーテンダー

館内のレストランやバーラウンジなどで、ワインやカクテルなどのアルコールを提供します。お客様の好みを聞き出しピッタリのものを提供するため経験と知識も必要です。高級なホテルになるほど、優秀な人材が必要とされます。

調理師・シェフ・パティシエ

ホテル内の各レストランでの調理、ブライダル披露宴で提供されるお食事の調理、ルームサービスで提供される食事の調理を担当します。ホテルのランクによってホテル内レストランはシェフの憧れの職場とも言われています。

ブライダルコーディネーター

一般的にはウェディングプランナーと呼ばれる職種です。ホテル内にブライダル施設があるホテルでは、挙式を検討されているお客様へ会場やプランの説明をしたり、演出など細かな相談や提案をします。人生の大切な瞬間に立ち会える仕事です。

この他にも一般企業と同じく、人事・総務・経理・広報・営業などの本社勤務の仕事もありますが、こちらではホテル内で勤務する主な職種をご紹介しました。

ホテルの仕事のやりがい

  • 感謝の言葉がモチベーションに

ホテルでの仕事とは、何か目に見える商品を売るのではなくお客様に心地良い空間と時間を提供することです。満足する空間や時間は人によって様々で、それらを提供するのですから難しい業務とも言えます。

しかし、そんな職種だからこそお客様からの「ありがとう」「また来るよ」その一言が喜びに繋がります。お客様からの感謝の言葉や喜びの声を聞くと、お客様の立場になって喜ばれることをしたい! と思う気持ちがどんどん生まれ、仕事へのモチベーションが高まります。

もしも、アンケートや口コミで名指しで感謝を伝えられることがあれば、それは喜びと共にやりがいを感じずにはいられないでしょう。

  • 変化のある日々とスキルアップ

ホテルという場所は様々なお客様が大勢訪れる場所です。地方から旅行で来られる方はもちろん、海外からのお客様もいらっしゃいます。その時々で様々なお客様と触れ合えることもこの仕事の魅力の一つです。

また、言葉遣いや正しいマナーを身につけることができ、ホスピタリティー精神も自然と学ぶことができるので自身のスキルアップにも繋がります。変化のある毎日とスキルアップしていく自分に満足感を得られ、やりがいを感じられるでしょう。

ホテルの仕事の辛い部分

ホテルの仕事で一番辛いと感じるのは、職種によって異なりますが、日勤と夜勤の不規則な時間での勤務です。365日24時間フル稼動のホテルでは、日勤と夜勤のシフトに分かれて勤務することが基本です。

勤務するホテルによってその形態は違いますが、日勤と夜勤のシフトを両方こなさなければならない場合は、その不規則な生活に疲れが出て辛いと感じてしまいます。

また、どんな時も笑顔で対応しなければならないので、精神的に辛いと感じてしまう人がいたり、立ち仕事メインになるので体力的にもキツいと思うことがあります。華やかでかっこいいと思えるホテルの仕事ですが、体力も精神力も必要となる過酷な仕事です。

  • お客様からのクレーム

お客様のクレームも辛いと思うことの一つ。「部屋の匂いが気になる」「隣の部屋がうるさい」などのお部屋に関するクレームは、対応の仕方によってさらなるクレームを招いてしまう恐れもあるので誠心誠意の対応をしなければなりません。

また、お客様によっては「声が小さい」「笑顔がない」とスタッフの態度にクレームを入れられることもあります。しっかりと努めているはずなのに、接客態度にクレームを入れられてしまったら自信を失くしてしまい辛くなります。

しかし、捉え方や感じ方は人それぞれです。自分が思っている以上に、お客様へのご案内や対応が事務的になってしまわないよう心を込めた接客を心掛けましょう。

ホテルの仕事をするには

ホテルの仕事に就く際に資格は必要なのか?どんな資格があると有利なのか?気になるところです。もちろん、就職するホテルにもよりますが、基本的には特別な資格が無ければ働けないといったことはありません。新卒や中途採用で入社する方もいれば、資格がなくてもアルバイトから社員登用されるパターンも多いです。

最近では、旅行やホテルに特化した専門学校も多く、そういった専門学校でホテル業務の知識やホスピタリティーについて学んでから就職される方もいます。資格がなくてもホテルで働くことはできますが、持っているとホテル就職に有利な資格をいくつかピックアップしました。

  • ホテルビジネス実務検定
  • ホテル実務技能認定試験
  • サービス接遇実務検定
  • レストランサービス技能検定
  • ユニバーサルマナー検定
  • 観光英語検定
  • TOEIC

ビジネス知識やマナースキルをはじめ、様々なお客様への対応、外国からのお客様へ向けた英会話など、ホテルの仕事には欠かせないスキルを得られるものばかりです。これら全ての資格を取らなければならない訳ではなく、どれか一つでも持っているとホテル就職にとても有利です。

また、転職エージェントを利用することで簡単に就職することができます。

転職エージェントは完全無料で利用することができ、転職や就職に関わるほとんどの面倒な作業を代行してくれ、転職のプロであるコンサルタントからアドバイスをいただくことができるため、転職初心者の方は使わない手はないです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェント|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」このように悩みを抱えている方はとても…

2017.11.10

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」このような意見をよく聞くことがあります。結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

ホテルの仕事の主な就職先

就職先としてどんなホテルがあるのか、主なホテルをご紹介します。

  • 帝国ホテル
    1890年の創業から125年の歴史を持つ日本を代表する老舗ホテル
  • ホテルオークラ
    1960年に開業した老舗ホテル。2015年に東京本館がリニューアル。
  • ザ・リッツ・カールトン
    世界各国に展開する最高級ホテル。
  • ハイアットホテル
    パークハイアット、グランドハイアットなど12ブランドのホテルを世界54カ国に展開。
  • ザ・ペニンシュラ
    香港資本の超一流とされるホテル。
  • マンダリンオリエンタル
    ヨーロッパをはじめ、アジア、アメリカなどに展開するラグジュアリーホテル。
  • ホテルニューオータニ
    1964年、東京オリンピックの開催年に創業。日本各地に展開。
  • プリンスホテル
    日本各地をはじめ、ハワイ、中国、台湾に展開する老舗ホテル。
  • ウェスティンホテル
    北米を中心にアジア、ヨーロッパ、地中海など世界37カ国に展開されている高級ホテル。
  • 星野リゾート
    「星のや」「リゾナーレ」などのブランド名で、日本各地に高級温泉旅館やリゾートホテルを運営。

世界各国でチェーン展開しているホテルや、日本国内での老舗ホテルなど様々な一流ホテルを並べてみました。この他、ビジネスホテルなども含めてホテルの就職先はたくさんあります。

どんなホテルで働きたいか、ホテルの中でどの職種に就きたいかなどを踏まえて、希望のホテルを探してみてください。

ホテルの仕事はとても魅力的

ホテルの仕事は華やかでかっこいいイメージがあり、人気の職種ではありますが、実際は体力勝負で辛いこともたくさんあるのが現実です。しかし、心を込めたおもてなしでお客様から感謝の言葉をいただけた時、喜びと共にやりがいを感じられるのがこの仕事の最大の魅力です。

仕事を通して、語学力やマナースキル、ホスピタリティー精神を学べることで、自身のスキルアップにも繋がりその後の転職や就職にも活かせることも魅力の一つ。様々なお客様との出会いで得られる知識や経験も今後の自分の財産になることは間違い無いでしょう。お客様それぞれが様々なシーンで利用するホテルで働くことは、自分の人生経験も豊かにしてくれるはずです。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする