転職エージェントはたくさんあるけれど、どの転職エージェントを選べば良いか悩んでいませんか?

その理由はとてもシンプルで現在ネット上で様々な情報が飛び交っており、どの情報が正しいのかわからなくなってしまっているからです。

そこで当記事では現役転職エージェントである筆者が本当に効果が出る転職エージェントの選び方と、効率的に使うための知識をご紹介いたします。

全てを読めば転職活動の成功がぐっと近づくことをお約束いたします。

転職エージェントを選ぶ際に注意するべき3つのポイント

良質な転職エージェントを選ぶ際のポイントは以下のたった3つです。

転職エージェントを選ぶ3つのポイント

  • コンサルの質
  • 求人案件の量・質
  • サービスの質
どれも転職エージェント選びの際にとても大切なため、それぞれ詳しく解説いたします。

コンサルの質

キャリアコンサルタントは、転職エージェントに登録した後、あなたの転職やキャリアの相談にのってくれる人のことで、この人が親身になってくれるかどうかであなたの転職がうまくいくかどうかを握っていると言っても過言ではありません。

そのため、キャリアコンサルタントの対応などが適当なところなどを選んでしまうと、転職した後に後悔するかもしれませんのでご注意ください。

転職成功者の口コミ

20代女性:IT
転職活動が初めてだったので、不安になり転職エージェントを利用しました。

私と相性の悪いキャリアアドバイザーだったら嫌だったので事前にネットで調べておいたのですが、とても相性の良いキャリアアドバイザーの方と出会うことができ、面談から内定までスムーズに転職活動が進めることができました。

20代男性:営業
アラサーだったこともあり、転職できるのかどうかとても不安でキャリアコンサルタントの方にいつも相談させていただいていました。

提案していただいた求人案件も僕の希望の的を射ており、キャリアコンサルタントの質はとても重要だと改めて実感しました。

求人案件の量・質

求人の数が多ければ多いほど網羅性が高くなるので、より広い業種やキャリアでの転職や、より良い条件での転職ができる可能性が高くなるほか、そのサービスの求人獲得をする営業力の高さや信頼があるため、ユーザーからすると安心感があります。

しかし、案件の数はあってもブラック企業のような質の悪い案件ばかりの可能性もあるので、数だけでなく質も見逃してはいけません。

転職成功者の口コミ

30代男性:SE
大手転職エージェントと中小転職エージェントの両方に登録しましたが、やはり求人案件が多いほうがより自分に合った求人案件を選べると思います。

ブラック企業を見分ける力さえ持っておけば、求人案件の質は悪くてもある程度なら大丈夫でした。

20代女性:事務
私達のような事務職はブラックな職場がとても多いので、求人の質は重要視しておいた方が良いと断言できます。

そのため転職活動で後悔しないためにも、求人量と質さえ確保できている転職エージェントは絶対に利用するべきです。

サービスの質

独自のサービスがあったり、良質なサービスがある転職エージェントには、ユーザーを大事にしている転職エージェントが多い傾向にあります。

そのため、サービスの質は転職エージェント選びの際には、必ず見るべきポイントです。

転職成功者の口コミ

20代男性:IT
某P社に登録しましたが、サポートがとても手厚かったので転職活動がとてもスムーズに進みました。

転職初心者の方はサービスが充実している転職エージェントを利用すれば、待遇の良い転職先から内定をもらえるかもしれません。

30代男性:マーケティング
個人的な感想ではありますが、転職フェアなどを開催している転職エージェントはサポートがとても丁寧で、親身になって転職相談者に寄り添ってくれているイメージがありました。

そのため、サービスの質が高いと優良転職エージェントである可能性が高く、転職の成功率も跳ね上がると思います。

 

転職エージェントの選び方

転職エージェントを選ぶ際には、「総合型転職エージェントと特化型転職エージェント両方に登録する」ことを意識して選びましょう。

業界など関係なくたくさんの案件を持っている「総合型転職エージェント」と、それぞれの業界に特化した「特化型転職エージェント」の両方を利用することで、あなたの転職に関する知識や転職に成功する確率はグッと上がります。

それぞれにメリット・デメリットがあり、総合型転職エージェントは3~5社、特化型転職エージェントは1~2社は登録しておけば間違いないです。

総合型転職エージェント

メリット デメリット 
特定の業界に捉われずに大量の求人を持っている。特定の業界に転職する際に重要な転職ノウハウを持っていない。
あなたの業界に捉われずに、他の業界への転職も視野に入れられる。ユーザー数が多い傾向があるので、対応が薄い可能性が高い。

特化型転職エージェント

メリット デメリット 
業界に特化した面接や職務経歴書の書き方を教えてくれる。主に特化型転職エージェントを運営しているのは現状中小企業が多く、案件が少ない。
業界のことを隅々まで知り尽くしたキャリアコンサルタントが多い。多くの案件から自分の好きな条件を選ぶことができない。

総合型転職エージェント

総合型転職エージェントは、あなたが転職エージェントに対して何を望むかによって決めていきましょう。

単に求人数が多いからとかではなく、転職が初めてで親身になって相談に乗ってもらいたいからサービスが評判の転職エージェントを選ぶ、といった感じです。

それ以外にも、キャリアコンサルタントとの相性が良くなければあまり良いアドバイスは期待できないので、相性が良くなければどんどん他の転職エージェントを利用するのが賢い使い方です。

下記に最も良質な総合型転職エージェントを5つ紹介するので、まずはこの中から3~5社登録しておきましょう。

コンサル 求人量・質 サービス 
リクルートエージェント
DODA 
パソナキャリア
JACリクルートメント
アデコ 

 

特化型転職エージェント

特化型転職エージェントは、自分希望する業種のものを選んでください。

業界の案件に強いだけでなく、キャリアコンサルタントも業界出身の場合もあり、業界の裏事情などを知っている場合もあるかもしれないので、登録必須です。

下記にそれぞれの業種や年代に対応している最も良質な特化型転職エージェントを紹介するので、この中から1~2社登録しておきましょう。

転職エージェント詳細解説ページ
20代リクルートエージェント20代でも年収大幅アップ!おすすめの転職エージェントまとめ 
30代パソナキャリア30代の転職を成功させるために使うべき転職エージェントまとめ 
40代DODA40代でも転職できる!選び方とおすすめのエージェントまとめ 
女性パソナキャリア知らないと転職できない!女性におすすめの転職エージェントまとめ 
IT・WEBワークポート【経験者推奨】同ポジションで年収100万アップに成功!IT・WEB系転職エージェントおすすめランキング 
外資JACリクルートメント年収アップ間違いなし!おすすめの外資系転職エージェントまとめ 
海外Spring転職エージェント海外で転職するなら絶対使うべき転職エージェントまとめ 
第二新卒アイデムスマートエージェント年収アップ間違いなし!第二新卒におすすめの転職エージェントまとめ 
エグゼクティブビズリーチエグゼクティブの方向け!キャリアアップできるおすすめの転職エージェントまとめ 
コンサルムービンストラテジックキャリアキャリアアップ間違いなし!コンサルにおすすめの転職エージェントまとめ 
金融コトラ年収アップ間違いなし!金融業界におすすめの転職エージェントまとめ 
経理MS-JAPANキャリアアップ間違いなし!経理におすすめの転職エージェントまとめ 
アパレルクリーデンスアパレル業界に転職するなら絶対に使うべき転職エージェントまとめ

転職エージェントとは

転職エージェントの仕組み

転職エージェントは、登録するだけであなたの転職を最初から最後まで無料でサポートしてくれるサービスです。

面談でキャリアの相談に乗ってくれ、希望の求人を紹介してくれて、面接の日時や対策から内定をもらいやすい職務経歴書の書き方の指導と、転職に関わる何から何まで代行してくれます。

なぜ無料でそこまでしてくれるかというと、転職エージェントは採用を望む企業と契約していて、転職が無事に成功し働き始めるとその人の年収の約20%前後の報酬をもらうというビジネスモデルだからなのです。

そのため、あなたを転職に成功させなければ転職エージェントは利益が出ないので、担当者は必死になってあなたをサポートしてくれます。

転職サイトと転職エージェントの違い

結論から言うと、転職サイトより転職エージェントのほうが圧倒的に優秀であり、転職エージェントをまずは利用しましょう。

転職サイトは主に求人案件を見つけるためだけのものであり、あなた自身で面接の日程や対策、職務経歴書対策などを行っていかなければなりません。

それに比べて、先述した通り転職エージェントは何から何まで代行してくれるので、とても楽でスムーズに転職が進んでいきます。

しかし自分のペースでは進められないので、その点においては転職サイトのほうが優れていると言えます。

下記に転職サイトと転職エージェントの特徴をそれぞれ比較しましたので、ご参考ください。

 転職サイト 転職エージェント 
転職ノウハウ×転職サイトに転職ノウハウは全く載っていない。各転職エージェントの転職ノウハウの詰まったキャリアコンサルタントに相談できる。
サポート体制 ×転職サイトでは求人を見れるだけなので、サポートは全くない。転職に関わるあらゆる作業をキャリアコンサルタントが代行してくれる。
企業との連携 ×面接から条件交渉、入社日等の調整も全て自分で行わなければならない。面接日程の調整、給与等の条件交渉から入社日の決定まで、全てキャリアコンサルタントが代行。
転職成功率 その人の実力次第だが、職務経歴書など素人が書いてしまうと書類審査で落ちてしまうことも。転職ノウハウを持っているプロのキャリアコンサルタントが直接指導してくれるため、ほとんど成功する。
転職の情報基本的にはサイトに載っている情報しかないので、自分で探さなくてはいけない。企業の裏情報など、キャリアコンサルタントが知っている情報を教えてもらえる。
選択の幅 たくさんの求人を見れるので、いろいろな求人を選ぶことができる。公開求人より多い非公開求人もあるが、基本的にキャリアコンサルタントが紹介するので幅は狭まる。
手軽さ 急かされるようなことは一切ないので、自分のペースで転職を進められる。キャリアコンサルタントと一緒に進めていくので、自分のペースでは利用できない。

絶対に使うべき転職サイトおすすめ人気ランキング|口コミ・評判比較

転職を考えているけれど、転職サイトは何百社もあってどれを選べば良いのかわからないと悩んでいませんか?実は転職サイトと一括りにしてもその得意領域や対応内容には大…

2017.09.13

転職エージェントごとの違い

転職エージェントは『リクルートエージェント』や『DODA』のような総合型で超大手転職エージェントもあれば、『ワークポート』や『転職エージェントneo』のような中小転職エージェントもあります。

中小転職エージェントはユーザー数が少ない傾向があるので1人1人に対して時間をじっくりとかけれますが、大手転職エージェントはユーザー数が多いのでまず面談の段階で落とされてしまう可能性もあります。

逆に大手転職エージェントは求人数や実績などは圧倒的ですが、中小転職エージェントでは求人数や実績はまだまだ少ないところが多いです。

このように大手転職エージェントと中小転職エージェントには、それぞれにメリットとデメリットがあります。

また、転職エージェントには大きく分けて「コンサル」「求人量・質」「サービス」においてそれぞれ特化しているものが違います

自分が転職エージェントに何を期待しているのかによって、自分に合った転職エージェントが何なのか、これらの違いからわかります。

おすすめの転職エージェント

ここまで転職エージェントの選び方について解説してきました。

その選び方を踏まえ、ここではおすすめの転職エージェントをご紹介いたします。

ぜひここで紹介する転職エージェントはすべて登録するようにしてください。

また、下記記事では転職エージェントを切り口ごとにランキング形式で紹介しておりますのでぜひご参考ください。

転職エージェントおすすめ人気ランキング|口コミ・評判比較

あなたは今、現在の職場の年収が少なくて転職を考えているけど、面倒だからと後回しにしてはいないでしょうか?または、転職しようと決断しているけども良い転職エージェ…

2017.06.19

DODA

『DODA』は公開求人の数、非公開求人の数は、転職業界トップである『リクルートエージェント』に次ぐほど多かったり、サービスの質の高さから、転職業界ではNo.2の実績を誇る転職エージェントです。

『DODA』の大きな特徴は、エージェントサービスを利用しなくても公開求人に直接応募できることです。

そのため、キャリアコンサルタントへの気遣いなどをしなくても良いので、非常に気楽に利用できるサービスであると言えます。

様々な口コミや評判からおすすめな転職エージェントのランキングの記事を作成し、その中でも2位となっています。

転職エージェントを利用するのであれば、『DODA』を使ってみてはいかがでしょうか?

パソナキャリア

パソナキャリアは総合型の大手転職エージェントですが、女性の求人に強いので、女性からの人気がとても高い転職エージェントです。

求人数は約35,000件あり、取引している企業数も13,000社ほどありますから、とても大きな転職エージェントです。

女性に特化しているということではありませんが、女性の求人に強い転職サイトで、女性の転職を応援している転職エージェントです。

キャリアコンサルタントの質も高く、親身になって相談に乗ってくれますし、年収アップ率が約70%と驚異的な数字を誇りますので、転職を機に年収アップしたい女性に向いている転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は転職業界では、他の転職エージェントにはない、サービスの質の高さや圧倒的な求人数、その網羅性から、業界人の間では誰しもが認めるNo.1の転職エージェントです。

そのため、転職を希望している様々な業界、キャリアの人たちからも絶大な支持を得ており、ユーザー数は年間約41万人(2015年)にものぼると公表しています。

様々な口コミや評判からおすすめな転職エージェントのランキングの記事を作成し、その中でも1位となっています。

転職エージェントを利用するのであれば、まずは『リクルートエージェント』を使ってみてはいかがでしょうか?

転職エージェントの使い方

せっかく転職エージェントを利用するのなら、最大限活用してあなたにとってプラスになるようにしたいですよね。

しかし、転職エージェントはあなた以外にも実に多くのユーザーを抱えており、転職に積極的でないと相手にされないこともあります。

転職エージェントはほとんど任せっきりのサービスではありますが、主体的に行動したり事前に活用する知識があるだけで、圧倒的に有利に転職を進められます。

そこで、ここでは転職エージェントをフル活用する方法をご紹介します。

ここを読めば、周りの転職希望者に圧倒的な差をつけられることをお約束いたします。また、より詳しい使い方につきましては、下記記事をチェックしてみてください。

転職エージェントの使い方|完全に理解し転職活動を成功へと導く知識

「転職エージェントに登録はしたは良いものの、どのように使っていけば良いのかわからない」このように感じている方は多いでしょう。せっかく転職エージェントに…

2017.11.10

転職エージェントの流れ

まずは転職エージェントを利用した際の、大まかな流れを把握しておきましょう。

転職エージェントのサービスはどこのエージェントも大体以下のような流れになります。

サービスの流れ

  1. 登録後、キャリアコンサルタントからメールもしくは電話で面談の案内をされる。
  2. あなたのキャリアや、転職条件の希望などに関することをキャリアコンサルタントと面談。
  3. 求人紹介(非公開案件含む)や企業情報を紹介してもらう。
  4. 面接のテクニックや職務経歴書の添削など、内定をもらうための指導の実施。
  5. キャリアコンサルタントとの面談後、企業への応募、日程調整を行う。
  6. 内定獲得後、円満退職のアドバイスや入社日の調整をキャリアコンサルタントが行う。

このように、転職エージェントではほとんどの転職に関わる部分をキャリアコンサルタントが代行してくれます。

転職エージェントをやる気にさせる方法

転職エージェントも企業なので、利益を出すことに必死です。

先述した通り、転職エージェントはユーザーを転職に成功させて初めて利益を得ることになります。

つまり、あなたが本当に転職してくれそうであれば転職エージェントは必死であなたをサポートしてくれるようになります。

主に転職エージェントをやる気にさせる方法としては下記の4点がかなり有効です。

転職エージェントをやる気にさせる方法

  • 「良い求人があればすぐにでも転職を考えております。」と伝える
  • 前の会社の退職理由を素直に話しすぎない
  • 事前連絡なしに面談に遅刻しない
  • 経歴などを詐称しない
それぞれ1つずつ詳しく解説いたします。

「良い求人があればすぐにでも転職を考えております。」と伝える

転職エージェントも、すぐに高い年収の転職をしてくれるとなればあなたをより大切に丁寧にサポートしてくれるのは間違いありません。

そのため嘘でもこのように言っておけば、キャリアコンサルタントはあなたの転職を支援してくれる支えになります。

前の会社の退職理由を素直に話しすぎない

もし前の会社での退職理由が「つまらなかったから」「上司と喧嘩したから」などのような、あなたが簡単に会社を辞めてしまうような人材と判断してしまうと、以下の理由がありエージェントはあなたをサポートしてくれなくなるかもしれません。

  • 転職先をすぐに退職してしまうと、エージェントは罰金を払わなくてはいけない
  • 企業との仲が険悪になり、今後の取引に悪影響を及ぼす
事前連絡なしに面談に遅刻しない

時間にルーズだと思われてしまうと面接本番でも遅刻してしまう恐れがあるので、良い求人を紹介してくれなくなります。

人間的にも、遅刻するような人とはあまり関わりたくないですよね。面談での詳しいポイント等はこちらを参考にしてください。

転職エージェントの面談|服装や準備すべきものを把握しておこう

転職エージェントに登録すると、最初に行うことになるのが「面談」です。面談と聞くと企業の入社試験にある「面接」と思っている方がいらっしゃるようですが、面接ではな…

2017.11.10
経歴などを詐称しない

キャリアコンサルタントの間で、「前言ってた経歴と違う」なんて言葉が噂で流れます。

経歴を詐称してしまうと、何に対しても嘘をついてしまうのではないかと警戒して良い求人を紹介してくれなくなります。

転職エージェントを使う上で注意すること

転職エージェントを賢く使う上で、転職エージェントをやる気にさせる以外に以下に注意しておかなければなりません。

転職エージェントを使う上で注意するべきポイント

  • 複数の転職エージェントに登録する
  • キャリアコンサルタントは自分に合う人を探す
  • 面談前から自分の経歴をエージェントに伝えておく
  • 1案件1サイトを徹底する
それぞれ1つずつ詳しく解説いたします。

複数の転職エージェントに登録する

1つの転職エージェントに頼ってしまうと1人のキャリアコンサルタントに頼ってしまうので、どうしても知識や案件が偏ってしまいます。

そのため、複数の転職エージェントを利用することで複数のキャリアコンサルタントから様々な案件を紹介してもらえ、客観的に良い案件を見つけることができ、より良い転職が出来ます。

弊社では、総合型転職エージェントを3~5社、特化型転職エージェントを1~2社登録することをおすすめしています。より詳しくは下記記事にて解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」このような意見をよく聞くことがあります。結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10
キャリアコンサルタントは自分に合う人を探す

転職エージェントを利用する際に最も重要なことは、キャリアコンサルタントとの相性です。

どんなに優秀なコンサルタントでも、あなたが嫌だと思ってしまったら疑いが止まらなくなってしまいます。

なので、合わないと感じたらすぐにでも担当のコンサルタントを変えてもらうようにしましょう。


担当の変更申請メール例

お世話になっております。御社から転職のコンサルを受けさせて頂いている○○と申します。

現在、担当をして頂いている○○様には大変お世話になっており、丁寧なご対応を頂いている

ので大変感謝をしておりますが、他の方のご意見も参考にさせていただきたく思っておりま

す。

調整の方が可能でありましたら、志望しております○○業界に精通していらっしゃるアドバイ

ザーの方とお話をしたく考えております。

お手数をおかけし恐縮ではございますが、何卒よろしくお願い致します。


面談前から自分の経歴をエージェントに伝えておく

はじめての面談を行う際に、あなたの職歴等をそこで聞いても案件を紹介することは可能です。

しかし、面談の前の登録する段階で自分の経歴やスキルについて書いておけば、担当するコンサルタントも事前に案件を準備することができ、紹介するスピードも案件の数も圧倒的に良くなります。


【会社名・部署・役職】○○株式会社:WEBマーケティング部:部長

【職務内容】約5年ほどマーケティングを担当。その後WEBマーケティング部の立ち上げに参画し部長に約10年ほど就任。12名のマネジメントを経験。

【保有資格・スキル】SEO、PPCによる広告運用、SNSにより広告運用などのWEBマーケティング全般知識。

【今後の仕事の希望】現職ではとても大きなチームで動いており、3人で出来るようなことを約10人体制で動いていることに嫌気が差し、もっと刺激のある職場で働きたいと思っておりました。そこで、ベンチャーのWEBマーケティング部であれば少人数体制でよりハイレベルなスキルが身につくのではないかと思った次第です。転職初心者なので何から始めたら良いのか、何を行動した良いのか全くわからない状態なので、ぜひともご相談させてください。

【希望勤務地】東京都内

【希望年収】現状年収750万円ほどですが、高度なSEOを学べる環境であれば、500万円程度までの減少は覚悟しております。


1案件1サイトを徹底する

良くあることなのですが、複数の転職エージェントを利用していると、どうしても同じ企業に複数の転職エージェントから利用してしまうという、案件の被りが生じてくることがあります。

これは担当のコンサルタントに不快感を与えてしまい、破談となってしまったり最悪の場合はもう案件を紹介して盛らなくなることがあります。

そのため1案件1サイトを徹底できるように、しっかりと応募した案件を管理してください。

転職エージェントに関するよくあるご質問

ここまで転職エージェントの選び方からおすすめの転職エージェント、転職エージェントの使い方までご紹介してきました。

当記事を熟読し、行動していただけたら転職活動はほぼ確実に成功するでしょう。

しかし、転職エージェントに登録した後にどうしたら良いのかわからなくなってしまうことも多々あるでしょう。

そこでここでは、転職エージェントに関するよくあるご質問とその答えを現役エージェントである筆者が解説いたします。

非公開求人を紹介されるメリットはある?

そもそも企業が求人を非公開にする理由は、表には出せないような粗悪な求人ばかりだからではなく、上位職や他の企業には見られたくない専門職の求人であることが多いです。

逆に、公開されている求人に関しては、誰でもできる安給の仕事であることが多いです。

そのため、非公開求人はより給料が高く、より待遇の良い案件の仕事が多いという所がメリットとなります。

転職エージェントに登録しても支援されないのはなぜ?

転職エージェントとは」でも解説を致しましたが、転職エージェントは転職希望者を企業に送り込むことで利益を得られる仕組みになっています。

そのため、転職エージェント側が転職市場価値が低く、内定がもらえなさそうだと判断した場合は転職支援を断られることがあります。

その場合は「ハタラクティブ」などのキャリアがない方向けの転職エージェントを使うことによって転職活動を成功させることができます。

転職エージェントに登録したら本当に年収は上がるの?

転職エージェントに登録したからと言って必ず年収が上がるわけではありません。

しかし、転職サイトなどを使って自力で転職する方は、年収交渉や面接対策など全て自分で行わなくてはならないので、転職のプロであるキャリアコンサルタントに相談している方に比べて年収は下がりがちになります。

そのため、人にはよりますが転職エージェントに相談することによって年収は上がりやすい傾向にります。

まとめ

転職エージェントの選び方を解説してきましたが、いかがでしょうか?

転職エージェントは複数登録することがとても大切です。

当記事でご紹介している転職エージェントの正しい使い方を知って、あなたの希望の転職希望先に内定が決まりましたら幸いです。

あなたの転職活動が成功することを心より祈っております。

の口コミ平均評価

評価なし 評価なし (全0件)

あなたの評価を教えてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加