JACリクルートメントの面談内容と対策、流れまとめ|転職活動サービス受ける前準備も

「JACリクルートメントの面談の流れが知りたい」「JACリクルートメントの面談の服装や必要書類は?」深い業界知識に基づいた非常に質の良いサービスとハイキャリア向けの求人の高さで選ばれているJACリクルートメント。この記事をご覧になれば、JACリクルートメントの面談の流れや、面談の持ち物や服装、面談を最大限生かすコツをご理解いただけます。

JACリクルートメントの面談、3つの特徴

JACリクルートメント』は国内でも屈指の外資系に強い転職エージェントです。
また、扱っている求人の質が非常に高いため、ハイキャリアやハイクラスの求人を数多く保有しています。

ハイクラスに向いた求人が多いところのほか、IT系の求人に強いこと、アドバイザーは皆深い業界知識を備えており、質の高い面接練習や職務経歴書添削などのサービスを受けられることなど、メリットや特徴は多くあります。以下の記事ではJACリクルートメントのより詳しい特徴をご紹介しています。 ぜひ併せてご覧ください。

JACリクルートメントの特徴を現役転職エージェントが徹底解説

「JACリクルートメントは外資に強いって聞くけど本当?」「JACリクルートメントってどんな特徴があるの?」「結局JACリクルートメントに登録したほうがいいの?」 …

2017.12.26

また、以下の記事では詳しいJACリクルートメントの登録の方法・流れ~面談を含む全体サービスの流れを詳しく解説していますので、JACリクルートメントに登録していない方は、以下の記事をご覧になって登録してください。

JACリクルートメントの登録とその後の流れ|転職支援サービスの登録流れ、よくある質問も

JACリクルートメントで転職支援サービスを利用する流れ 『JACリクルートメント』とは、株式会社ジェイ エイ シー リクルートメントの略で、外資系企業に強み…

2018.01.09

JACリクルートメントは、スキルやキャリアに自信がある人には大きなメリットがあるのですが、それ以外の人には求人を紹介できないこともあり、20代のようにキャリアやスキルが未熟な世代には少し敷居を高く感じる転職エージェントかもしれません。

そんなJACリクルートメントも求人を紹介する前には面談(カウンセリング)を行っており大きな特徴が3つあります。
JACリクルートメントのキャリアアドバイザーは能力高く優秀な人材が揃っていますので、カウンセリングも丁寧だと評判です。

また、登録者の担当が決まるのも、登録者の経験してきた職歴や年齢、転職後に希望する職種などに応じて担当が決まります。
そのため、JACリクルートメントの部署は細分化されており、どんな職種や業種にも対応できるようにしています。

そんな中で担当に決まったキャリアアドバイザーと面談をすることになるのですが、JACリクルートメントの面談にはどのような特徴があるのでしょうか。

1.教育が徹底しているキャリアアドバイザー

JACリクルートメントのキャリアアドバイザーはコンサルの質が高く優秀だということでしたが、なぜこのような良い評判が広がったのでしょうか。
他の転職エージェントでは、キャリアアドバイザーの質にばらつきがあるところが多く、キャリアアドバイザーの質が高い状態でばらつきがないのはごく稀です。

そこで、転職wiki編集部はJACリクルートメントのキャリアアドバイザーの質が高い理由を調べてみました。
すると、JACリクルートメントでは社内教育が徹底されており、次の5項目が徹底されていることがわかりました。

  1. どのようなお問合せでも原則24時間以内に状況報告、または対応する。
  2. 初回の面談当日か、それまでに求人の有無を連絡する
  3. 書類選考結果や面接後の採用結果が出たら、原則24時間以内に連絡する。
  4. 求職者のスキルやキャリアを活かせる求人情報が入り次第、随時連絡をする
  5. 入社が決まったら退職手続きのアドバイスなど退職に必要な相談を受ける。さらに入社後1週間後と1か月後にサポートの連絡を入れる

と、キャリアアドバイザーとしては当然のことではないのかと思わる内容ですが、これら5点を確実に実行している転職エージェントは少ないのです。

ひどい所になると③がきちんと実行されておらず内定が取り消しになったという話もありますし、①の原則24時間以内の対応というのもできていない転職エージェントはたくさんあります。

これら5点を確実に社内教育することでキャリアアドバイザーの質は高くなりますが、その上JACリクルートメントでは一定の社内試験をクリアできなければキャリアアドバイザーになれませんので、この点も教育が行き届いている要因なのでしょう。

さらにJACリクルートメントのキャリアアドバイザーは知識や経験面でも優秀な人材ばかりですのでサポート能力の他に提案力も高いのです。

2.充実した面談で面接時間は約2時間

JACリクルートメントの面談時間は約2時間あり、この面談時間は業界でも長い方になります。
それだけ面談を充実させているわけですが、実際にこの2時間でどのような内容を確認しているのでしょうか。

まず面談が始まるとキャリアアドバイザーからの簡単な挨拶があります。
では、その後の質問内容を見ていきましょう。

  1. 学生時代の自分の長所と短所
  2. 社会人になってからの自分の長所と短所
  3. 今の職場の環境
  4. 今の職場の組織構成
  5. 今の職場で自分に合う人と会わない人の特徴
  6. 今の職場を退職する理由
  7. 転職先に求めることやその理由
  8. 転職で譲れないポイント
  9. 転職の希望条件(勤務先、年収、職種、労働時間、会社の希望など)

となっています。
全ての質問を毎回されているとは限りませんが、このような質問が出されると思い素早く回答できるように準備しておいた方がよいでしょう。

どのような回答をするか、質問に対してきちんと回答できるかなどもチェックして求人企業を探しているところもありますし、迅速に対応できた方が評価もあがりますので、質問に対する答えを準備しておいた方がよいでしょう。

ただし、転職理由など言いたくない部分がある人もいます。
そういう時は「無理に答えなくてもいいですよ」と言ってくれますので、理解のあるキャリアアドバイザーが多くきちんと教育が行き届いていることがわかります。

逆に、JACリクルートメントの面談は個室で行いますので、他の人に知られることもありませんから、素直に退職理由を話して、次の職場では同じ思いをしなくても済むように配慮してほしいと伝えるのも良いかもしれません。

細かい部分までヒアリングが済むと、自己分析を行ってくれますので自分では知らなかった部分を知ることができたり、新たな自分の長所なども分かり、自分に合う職業を知ることもできます

これだけの内容を面談で行いますので2時間ほどかかってしまいますが、内容はとても濃く充実した面談だと定評があります。

3.面談日時や面談場所も希望に沿ってくれる

JACリクルートメントは面談日時をとても柔軟に対応してくれます。
ほとんどの転職エージェントが平日は夜遅くまで、土曜日も対応しますというところは多いのですが、日曜日や祝日の対応はしてくれません。しかし、JACリクルートメントは現在仕事をしている人のために平日の夜遅くまで、土曜日の面談は当然対応してくれます。

場合によっては日曜日や祝日の対応も対応もしてくれますし、JACリクルートメントの面談拠点となる、東京・大阪・名古屋・埼玉・横浜・静岡・京都・神戸・広島の9拠点に来店できない場合は電話での面談も可能です。

この他の転職エージェントにはない柔軟な面談対応はJACリクルートメントの特徴でもありメリットとなる部分です。
できるだけ面談してヒアリングをしたいというキャリアアドバイザーの気持ちが伝わる対応ではないでしょうか。

JACリクルートメントの面談、前日に準備する物

JACリクルートメントの面談では必ず持参しなければならない物があります。
面談の連絡がきた時に教えてもらえますが、面談が急に決まった時のために早めに準備しておくとよいでしょう。

では、JACリクルートメントの面談までに必要な物とはいったい何なのでしょうか。
詳しい内容と共に解説していきます。

1.履歴書

履歴書は当然準備するものなのですが、JACリクルートメントの場合は面談用の履歴書フォーマットがメールで送られてきます。
もちろん、面談日までに送られてきますので内容を記載し、面談当日までに入力して履歴書を作成します。

また、自分が履歴書に書いた内容を覚えておくためにも入力した履歴書の内容をペーパーでも準備しておいたほうがよいので、フォーマットとペーパーの2つの履歴書を準備しましょう。

2.職務経歴書

職務経歴書にも履歴書同様に専用フォーマットがあり、面談日までにメールで送られてきますので履歴書と同様に面談日までに内容を入力しておきましょう。
また、職務経歴書もフォーマットとペーパーの両方を準備している方がよいので、ペーパーの方も準備しておきましょう。

職務経歴書には、これまで務めてきた企業での個人実績も記載するようにしましょう。
何かのプロジェクトを任され、成功したこと、失敗したこと、両方書いておくようにしましょう。
キャリアアドバイザーから成功だけではなく、失敗したことも書いておいてほしいと言われることが多いので両方記載しておきます。

3.自己紹介文(第二新卒)

職務経歴書を書いていると第二新卒の人は内容が少ないことに気付きます。
そのため、第二新卒の人は履歴書と職務経歴書の他に自己紹介文を準備するように言われます。
職務経歴が少ない場合、情報量が少ないため自己紹介文は自分のことをPRするチャンスです。
内容が希薄にならないようにしっかり考えて持参しましょう。

4.本人確認書類

本人確認書類は、免許証があれば問題ありません。
顔写真付きのものがよいので、パスポートや免許証があればよいでしょう。
もし、顔写真付きのものがない場合は、健康保険証や銀行のキャッシュカードなど本人確認ができるものを2つ持参するようにしましょう

顔写真付きのものがない場合は、それ以外の本人確認できるもの2つの提示が基本となりますので、必ず準備していきましょう。

5.資格証明書類(資格を持っている場合)

資格を持っている人は資格証明書を持参しましょう。
免許証タイプのものから、表彰状タイプのものなど資格証明書には色々ありますが、スキルを確認するためにも必要なものですから資格を取得した人は必ず持参しましょう。

もし、昔すぎて資格証明書(特に更新の必要がない資格証明書)を失くしてしまった場合は資格証明書を紛失したことをキャリアアドバイザーに伝えましょう。

6.転職の希望条件をまとめる

履歴書や職務経歴書とは別に転職する際の希望条件をまとめて紙に書いておきましょう。
これも面談の連絡の時に言われる内容ですから、必ずまとめておきましょう。

面談をスムーズに進めるだけではなく、紙に書くことで自分の希望条件で言い忘れがなくなったり、「これは必要ないな、これは必要だな」ということが目で見て分かりますから、転職の際に希望する条件をきちんとまとめておきましょう。

JACリクルートメントの面談、当日の流れ

では、実際にJACリクルートメントと面談する時の当日の流れをご説明していきましょう。
JACリクルートメントの面談も他の転職エージェントの面談と基本的には同じ流れとなっていますが、より詳しく解説していきますので参考にしていただければと思います。

1-1.JACリクルートメント利用時の順守事項などの説明

JACリクルートメントの面談が始まると、まずキャリアアドバイザーからの挨拶と軽い自己紹介があります。
その後、これから個人情報を細かく聞いていくことになりますので、個人情報保護の説明を受けた後、同意書にサインをします。

また転職活動に際し、JACリクルートメントを利用する際の順守事項などを説明してもらいます。
一通り理解できたら誓約書にサインして、ここから本格的な面談が始まります。

1-2.キャリアアドバイザーとの個別面談

キャリアアドバイザーとどのような面談を行うかは前章で詳しくご説明していますので省かせていただきます。
面談時間は約2時間程度となっていますので、面談の予定を入れる時間はギリギリの2時間ではなく前後に余裕を持たせ、2時間30分~3時間は面談時間を取れるようにスケージュールを組みましょう。

もちろん、行き帰りの時間も考えなければなりませんから、それも含めて時間が取れる日にちを面談日にした方がよいでしょう。

1-3.本日案内できる仕事・求人案件紹介

面談の後半になると、カウンセリングが終了した時点で案内できる求人があれば紹介してもらえます。
カウンセリングでとても細かいヒアリングをしていますので、「自分の希望する条件やスキル・キャリアなどを考慮して的外れがない求人を紹介してもらえる」と、提案力はとても高い評価を得ています

その場で紹介してもらえる求人数は人により異なってきますが、基本的にJACリクルートメントでは大量に求人を紹介してその中から選ぶという方法をとってはいません。

選りすぐりの数件を案内して、その中からさらに求職者に合う求人をじっくり探すというスタイルです。
ですが、多い人ではその場で30社紹介してもらったという人もおり、的外れの求人がないというくらいでしたので、いかにヒアリングに力を入れているかわかりますし、キャリアアドバイザーがとても優秀だということがわかります

その場で紹介してもらった求人を見て応募したい求人があればキャリアアドバイザーに伝えます。
応募はキャリアアドバイザーが代行してくれますので、求職者は「応募したい」という意思を伝えるだけです。

もし、その場で応募したい求人がない場合は、また後日別の求人を紹介してもらえます。
面談時に応募した求人がある場合は、書類選考を通過したのかなど合否の連絡を必ず1週間以内にしてくれます。
まだ結果が出ていない求人に関しても進捗具合などを報告してくれますので不安に感じることはないでしょう。

面談時に応募したい求人がなかった場合は、次の求人紹介を待つことになりますので、面談はここで終了となります。

JACリクルートメントの面談に関する、よくある質問

では最後に、JACリクルートメントの面談に関してよくある質問をまとめてみました。
質問内容を確認しておくことで、自分の面談のイメージができると思いますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

JACリクルートメントの面談時間はどのくらい

JACリクルートメントの面談時間は約2時間程度となっています。
ヒアリングの内容や当日に紹介された求人に応募するかどうかなど、面談時間が長くなったり、短くなったり、多少変動することはありますが、実際に面談を行った人の口コミなどを見るとほとんどの人が2時間程度だったということです。

JACリクルートメントで面談する場所(面談ブース)の雰囲気は

JACリクルートメントの面談は個室で行われます。
ブースではなく個室で行いますので、周りの声が聞こえることもほとんどありません。
よほど大きな声を出せば周りに聞こえますが、個室ですから周りに自分の情報が知られるようなことはありませんから安心して面談ができます。

雰囲気はキャリアアドバイザーによっても違ってきますが、あまりフレンドリーな感じではなく淡々と進んでいく感じが多いようです。
ですが、イヤな雰囲気ではなく「答えたくないことは無理に答えなくても大丈夫ですよ」という配慮も見られますので、穏やかな雰囲気の中で面談は進んでいきます。

JACリクルートメントで面談する場所(所在地)はどこか

JACリクルートメントで面談できる場所は、前章でもお伝えしていますが確認のためにもう一度ご説明しておきましょう。

面談の拠点となるのは全国で9カ所になります。
東京・大阪・名古屋・埼玉・横浜・静岡・京都・神戸・広島になります。
この近郊にお住まいの方は面談可能となりますが、このほかの地域で、面談となる拠点まで遠くて行けないという人は電話面談もありますのでご安心ください

JACリクルートメントの面談で準備しておきたい内容・面接対策とは

JACリクルートメントの面談で準備しておきたい内容は、質問内容にもある自己PRにもなる「自分の長所や短所」「これまでの職場での実績」「転職の希望条件」「スキル(資格)などの確認」はしっかりと準備しておいた方がよいでしょう。

これら4つの点は転職活動に大きく関わってくることですので、面談までにきちんと準備しておくことが大切です。
また、ここでしっかり準備しておけば面接対策にも使えて便利ですので、適当に考えるのではなくしっかり考えて準備しましょう。

JACリクルートメントで登録拒否はあるのか

JACリクルートメントでの登録拒否ですが、公式のホームページを見てみると「御経験・ご希望によっては紹介できる求人がなく、当社でのサポートが難しい場合もございます」と記載されています。

口コミなどを確認しましたが、インターネットから登録することは可能ですが、内容を見てキャリアアドバイザーから上記のように「紹介できる求人がありません」と言われることはあるようです。

ですので、登録拒否にはなりませんが、初めから紹介できる求人がありませんと言われることはあるということになります。
ハイキャリアやハイクラスの求人が多いのでキャリアの低い20代やスキルの低い方は登録しても求人の紹介がない可能性はあるでしょう。

JACリクルートメントから連絡がない時はどうするのか

JACリクルートメントから連絡がない時というのは、ほとんどないことだと思いますが、連絡をすると言っていた日に連絡がない場合はあるかもしれません。
担当のキャリアアドバイザーが病欠だったということも考えられますから、このような場合は自分からJACリクルートメントに連絡を入れるようにしましょう。

基本的に求人紹介に関しても、書類選考の結果に関しても、内定通知に関しても1週間後に連絡をくれるということが多いですし、連絡を入れるのが当然という転職エージェントですから無断で連絡が来ないということは考えにくいことですが、言われた期間を過ぎて連絡がない場合は連絡を直接入れてみましょう。

JACリクルートメント登録後の退会はどんな手続きが必要か

意外と知られていないのが転職エージェントの退会方法です。

転職に成功してそのまま放置していたという人は多いですし、他の転職エージェントから転職したという人も放置状態になっていることが多いのです。
ですが、利用することがなくなれば退会手続きをしなければ求人案内のメールや電話がかかってきますから、利用することがなくなれば退会手続きをしましょう。

多くの転職エージェントはインターネットやメール、電話などで簡単に退会手続きをすることができます。

JACリクルートメントの場合もメールで退会手続きができますので、指定のアドレスに「転職活動終了」や「退会依頼」など、退会したいという意思がわかる件名を書いておきましょう。

本文には氏名・生年月日、登録時の電話番号、退会の理由を書き、メールを送信すれば退会手続きは完了となります。

JACリクルートメントの面談は、準備次第でより充実した面談に

JACリクルートメントの面談は他の転職エージェントの面談に比べて充実度が高く、無料で行っているのがもったいないくらいだという方も大勢いらっしゃいます。
それほど、面談が充実しており得られるものが大きいカウンセリングをしているということでしょう。

以下の記事ではJACリクルートメントを上手に利用するためのコツを詳しくご紹介してしますので、JACリクルートメントをフル活用して転職を有利に進めましょう。

JACリクルートメントの上手な使い方|おすすめの方やメリット・デメリット、評判・口コミも

JACリクルートメントを利用するのがおすすめの方 転職を視野に入れている方なら転職エージェントという言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。転職エージェントと…

2018.01.06

さらに、JACリクルートメントの面談できちんと準備することで充実した面談を行うことができます。
実は、簡単に職務経歴や履歴書を書いてしまうと新人キャリアアドバイザーが担当することが多いのです。
もちろん、新人の場合は中堅で経験豊富なキャリアアドバイザーがもう一人入りますので、2人体勢でサポートを行ってくれますから質に関しては何も変わらないと思います。

ですが、いい加減な準備で回答できることが少なかったり、内容が薄い履歴書や職務経歴書の場合は新人の相手をするわけですから、なかなか思うように進まないこともあるでしょう。

ですので、しっかりと面談準備をすることでしっかりとしたキャリアアドバイザーがつき、内容の濃い面談を行うことができますので、事前準備は気を抜かずに頑張りましょう。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加