職場の好きな人への態度・行動、サインやアプローチ|男性も女性も話したい会話内容

職場で好きな人ができると、それだけで毎日仕事に行くのが楽しくなります。ですが、「あの人は私ことをどう思っているのだろう」「話しかけたいけれど何を話せばいいのかわからない」と思っている人も多いのではないでしょうか。実際に、職場にいる好きな人と話したいけれど話せなかったと答えた人はアンケートに答えた人の約50%にも及ぶ結果が出ていました。そこで、この記事では職場の好きな人へどのような行動をしていけば良いのか、脈ありサインはどうなのかについて解説していきたい思います。

職場の好きな人に話しかけると嬉しいと思われる会話内容

好きな人と近づくためには、まずは会話することが必要ですが、恥ずかしさや緊張、周りの目を気にしてなど、会話をしたくてもできない人の方が多いようです。

そこで、職場で好きな人が出来た時に、話しかけると喜ばれる会話内容をご紹介しましょう。

話す内容が決まれば、あとは勇気を出して声をかけるだけなので是非参考にしてみてください。

休みに行った場所の話

いきなり休みに行った場所の話を切り出すのは難しいと思いますが、「友人と休みの日にどこかへ行こうと思うのですが、〇〇さんは休みの日にどこに行きますか?」と、休みの日に相手がどんな所に行っているのかを知りたければ、この質問で良いでしょう。

また、自分から楽しい会話がしたいと思った時は「この間の休みの日にとても面白いところに行ったんですよ」と、「面白い」という言葉を使うと、相手も「面白いってどんなところ?」と興味を示してくれるでしょう。

休みの日のことを聞いいたり、聞かれたりすることは意外とうれしいもので、「自分に興味があるのかな」と相手も気にかけてくれるようになるのではないでしょうか。

興味のない相手に休みの日の行動を聞いたり話すことはありませんから、自分に興味を示してくれていることがわかる話は嬉しいのではないでしょうか。

美味しい飲食店・デザート・カフェなどの話

美味しい飲食店の話題やデザート・カフェなどの話も話しかけるとうれしいと感じてくれるのではないでしょうか。

ただし、デザート・カフェなどの話は自分に興味がある人なら聞いていてうれしいと感じるかもしれませんが、相手とまだあまり話をしたことがない場合は、飲食店の話の方が良いです。

何度か話をしていてデザートやカフェの話が出てくると、相手も「自分に興味を持ってくれているのかな?」「今度一緒に行ってみたいな」と誘いやすくなりますが、女性の色が強いデザートやカフェの話はあまり話をしていない段階でしてしまうと相手に踏み込み過ぎて引かれてしまうかもしれません。

ですが、美味しい飲食店の話なら気軽にできる話ですし、相手も気軽に「今度行ってみたいね」と言えるのではないでしょうか。

ただし、相手がスイーツ好きな場合は美味しいデザートの話をすると盛り上がると思いますので積極的に話してみましょう。

趣味の話

趣味の話は、誰に聞かれてもうれしいものです。趣味ということは自分が好きなことですから、自分の好きなことに興味を示して話を聞いてくれるのは、とてもうれしいことです。

また、気を張っている職場だからこそ趣味の話をしてリラックスしたいという気持ちあるでしょう。

ただし、自分から趣味の話をするのではなく、相手の趣味を聞いてから自分の趣味を聞かれたら答えるようにしましょう。

相手の趣味を聞いて自分も好きな部類に入るのであれば「私もそれ好きですよ!」と話しを盛り上げることができます。

ですが、自分の趣味と相手の趣味が全く合わなかった時は、相手も「この子とは趣味が合わないな」と話しが続かなくなってしまいますので、まずは相手の趣味を聞くようにしましょう。

女性が職場の好きな人にとる行動や態度、脈ありサイン

女性が職場に好きな人がいる場合、女性の行動や態度を見ていると「あの人が好きなのかな」と気づくことがあります。

男性では気づかないところもありますから、女性がどんな行動や態度をとると脈ありサインなのか見分けるコツをお話しましょう。

挨拶プラス一言添える

挨拶は社会人として当たり前の行動ですが、挨拶一つをとっても脈があるかどうか見分けることができます。

毎朝の「おはようございます」や退社時の「お疲れ様でした」という挨拶だけでは脈があるかはわかりません。

ですが、「おはよう」や「お疲れ様」の後に「今日も寒いですね」や「帰り道気を付けてくださいね」など挨拶プラス一言を添えてくれる場合は脈ありと言えるのではないでしょうか。

他にも、仕事中に「お疲れ様」や「たまには休憩してくださいね」など気にかけてくれていることが分かる言葉をかけてくれるのも脈ありと言えるでしょう。

もちろん、まだ興味がある程度かもしれませんが、興味のない相手に一言添えることはありませんから、挨拶プラス一言がある場合は脈ありと思って良いでしょう。

積極的な女性の場合は席が離れていてもわざわざ挨拶に来たり、自分にだけ声をかける頻度が高い、挨拶が多いということもありますから、この場合はあきらかに脈ありと見て良いでしょう。

連絡先を聞いてくる

連絡先を聞かれたら脈ありと見て間違いないでしょう。

嫌いな相手に連絡先を聞かないということもありますが、仕事上の連絡を取るために連絡先を聞く意外で男性に連絡先を聞く場合は、その相手に興味がある時になります。

ですが、女性も「仕事目的ではありませんから」と積極的な言葉を言える人が少ないので、最初は「仕事で必要なので」と仕事目的で連絡先を聞かれたように感じても、仕事連絡意外のことで連絡が来るようなら、脈ありとみて間違いないでしょう。

また、話始めは仕事の話でも、会話をしているうちに仕事の話よりプライベートの話が多くなった時はチャンスかもしれません。

仕事の相談・質問をする

女性は興味のある男性と何とか話をしたい、距離を縮めたいと思っています。

男性と話をするなら仕事の質問や相談をすることが一番自然ですので、頻繁に仕事の相談や質問をしてくる場合は脈ありと見てよいでしょう。

また、仕事の相談や質問に答えている時に、相づちをうったり質問を返したり、自分の話を熱心に聞いてくれるのも脈ありを見分けるポイントなのですが、この時に真顔ではなく、女性が微笑む程度の笑顔を見せてくれれば脈ありかもしれません。

仕事の相談や質問だけが目的の場合は真剣に話を聞いてはくれますが笑顔になることなく真顔で真剣に聞いてくれるでしょう。

ですが、女性の心理からすると「真剣な話をしているので真剣に聞かなくてはいけないけれど、好きな人の前ではかわいい自分でいたい」と思うものです。

話しの途中に笑顔がなくても、話が終わって「ありがとうございました」と笑顔でお礼を言ってくれる場合は脈ありサインではないでしょうか。

出社や退社の時間帯を合せる

男性の場合、女性に比べて残業が長引くことが多いので基本的には女性の方が先に変える職場が多いでしょう。

ですが、それでも自分が興味のある男性と少しでも長い時間話をしたい、そばにいたいという思いから退社時間を合わせる人もいます。

「最近退社時間がよく重なるな」と感じたら脈ありと思ってよいでしょう。

また、自分が女性の退社時間に合わせると相手も同じように「自分に興味を持ってくれているのかな」と感じますし、そのまま食事に誘うこともできますから、自分から退社時間を合わせるのも良いでしょう。

ですが、あまりに残業時間が長く男性に合わせることができない女性は、出社時間を合わせるなど仕事場意外で顔を合わせる時間を増やす傾向があります。

仕事中によく目が合う

これはよく耳にするのではないでしょうか。

好きな人にはどうしても目がいってしまいますから、仕事中に目がよく合うということは、それだけ相手のことを見ているということですので、脈ありと思って良いでしょう。

ただし、敏感な人は視線を感じたから振り向いたという人もいますので、自分が見ていて振り向いた場合は、すぐに脈ありと判断するのは危険です。

ですが、目を合わすタイミングが合ってくると相手も自分のことを意識していると思ってよいでしょう。

男性が職場の好きな人にとる行動や態度、脈ありサイン

先程は女性が職場の好きな人にとる行動や態度、脈ありサインを見分けるポイントをお話しましたので、次は男性が職場に好きな人がいる時の行動や態度をお話していきましょう。

女性の場合と比べて、男性は積極的にアプローチしてくる人が多いので見分けるポイントを見ると「あ!あるある!」と思うことが見つかるかもしれません。

女性に比べて男性は細かい駆け引きが苦手なところがあるので、アプローチの仕方を見ればすぐに脈ありと気づくことば多いかもしれません。

話しかける回数が多い

男性は気になる女性と少しでも長く一緒にいたい、そばにいたいと思ったら積極的に話しかけてきます。

女性が「話しかけられる回数が多いな」と感じたら脈ありサインと見てよいでしょう。

仕事の話ばかりでも話しかけられる回数が多ければ脈ありかもしれません。

男性は積極的な人もいれば恋愛に関して奥手な人もいますので、仕事の話くらいしか話しかけられないという人もいます。

ですが、好きな人とはたくさん話したい、そばにいたいという気持ちは皆同じですので、どんな内容でも話しかけられる回数が多ければ脈ありと見てよいのではないでしょうか。

二人きりで話すことが多い

相手の興味を引きたい、自分のことを見てほしいと思えば二人きりで話したいと思うのは当然でしょう。

皆と一緒に話しているだけでは、皆と同じ扱いになります。ですが、自分のことを見てほしいと思えば「二人きりで話したい」と思います。

休憩時間を合わせてきたり、お昼休憩で同じお店で食事を一緒にすることが多いなど、二人きりで話すことが多いと感じたら脈ありと思ってよいでしょう。

他の人と接する態度が違う

男性からのアプローチで一番脈ありと見分けやすいポイントは「自分に対する態度と他の人と接する態度が違う」という部分ではないでしょうか。

他の人にはサラッと話を済ましていることも、自分の場合は詳しく説明してくれたり、仕事の話だけではなくプライベートな話をしたり、一番わかりやすいのは笑顔が多いことではないでしょうか。

話し方が自分の時だけ柔らかい、笑顔が多い、説明が丁寧など、他の人にはしない態度を自分の時だけしてくれる場合は脈ありと思ってよいでしょう。

さりげなく体調を心配する

男性は仕事となると熱があっても仕事に行くというくらい、体調のことはさほど心配しません。ですが気になる女性に対しては違います。

気になる女性が体調不良で休んだ次の日は「無理しないようにね」と声をかけたり、体調が悪そうな時は「大丈夫?」と声をかけて仕事を手伝ってくれることもあるでしょう。

ですが、男性にとって仕事は一生付き合っていかなくてはいけない大切なものですから、仕事に支障がでるような態度で心配するようなことはありません。

周囲にあまりわからないようにさりげなく気遣ってくれることが多いので、何も言わず仕事を手伝ってくれる人もいるでしょう。

体調のことを気遣ってくれるようなら脈ありと見て良いのではないでしょうか。

仕事を手伝う

男性は気になる女性が困っているのを放っておくことはできません。

男気のある男性なら、誰が困っていても手を差し伸べてくれるかもしれませんが、それでも自分が気になる女性のことは常に見ていますので、「困ったな」と感じた時にすぐに仕事を手伝ってくれる時は脈ありとみて良いでしょう。

男性は気になる女性が困っているのを放っておけないと男らしい考えがある反面、「少しでも近づける」と思っていることも確かです。

もちろん、その仕事をしなければ女性が成長しないという部分では心を鬼にして見守ることもありますが、仕事量が多いなど処理しきれないような時に手伝うという行動は男性からすると気になる相手だから何とかしてあげたいという気持ちの現れなのです。

職場の好きな人を振り向かせたい時のアプローチ法

職場で好きな人ができると仕事上の関係や周囲の目などが気になって、なかなか近づくことができない人もいます。

ですが、振り向かせたいなら自分の存在を知ってもらうために話をしたり、一緒に行動をすることが必要です。

また、ただ話をするだけ、周りの人と一緒に行動するだけでは自分の気持ちに気付いてもらえません。好きな人を振り向かせるには仕事以外で話す時間や会う時間を増やさなければならないのです。

では、好きな人を振り向かせるにはどのようなアプローチをすれば良いのでしょうか。

好きな人を振り向かせるということは、相手のテリトリーに入らなければなりませんから、「二人で」ということがキーワードになります。

それではアプローチ方法を見てみましょう。

プライベートで二人きりで会う・飲みに行く

好きな人を振り向かせるには、勇気を出して飲みに誘ったり、遊びに誘ったりと仕事以外で二人きりで会えるようにしましょう。

いきなりプライベートな時間を二人きりでというのはハードルが高いと思いますので、最初はグループや何人かで遊んだり、飲みに行ったりした方が雰囲気も和らぎ「二人きり」で誘いやすくなるでしょう。

ただし、グループで会っていると自分の好きな人が自分の友達に興味を示してしまうなど辛い場面を見なければならなくなる可能性があります。

もし、勇気を出して誘える人はグループで誘うより最初から単独で誘う方が良いでしょう。

最初から単独で誘う場合は遊びに行くとなると二人きりということはデートになりますから、いきなりデートに誘うのはハードルが高いと思われた人は、最初は飲みに行くなど仕事の延長線上で会える内容で誘うのはいかがでしょうか。

そこから徐々にプライベートでも二人きりで会えるようになればベストです。

二人でメッセージのやり取り

好きな人を振り向かせるには、まずはメールやメッセージのやりとりから始めてみてはいかがでしょうか。

いきなり二人きりで飲みに行くったり、デートに誘うのは難しいと考えている人も、連絡先を聞いてメッセージのやり取りから始めれば比較的スムーズに食事や飲みになど誘えるのではないでしょうか。

ただメッセージのやり取りをするのではなく、二人にしかわからない会話をするなど、「二人の会話」ができるようになればより相手に近づけると思います。

二人にしかわからない会話ができるようになれば、相手との距離もかなり近づいていると言えるでしょう。

二人でいる時間を増やし、プライベートな話を増やす

好きな人に振り向いてもらうには「二人でいる時間を増やす」ということと、「プライベートな話を増やす」ということが大切です。

お昼休憩などの長い休憩時間だけではなく、短い休憩時間、退社時間や出社時間などできる限り二人でいる時間が増えれば、自然と相手も意識してくれるようになります。

また、プライベートな話は親密な相手や興味のある相手にしかしないことですので、好きな人にはどんどんプライベートな話をして、自分たちにしかわからないプライベートな話をするのもよいでしょう。

「二人の時間」と「プライベートな話」が合わされば、二人の距離はどんどん近づいていくのではないでしょうか。

職場の好きな人から避けられてると感じたら

職場に好きな人がいる時、相手の行動が気になったり、会話が気になったり、自分のことはどう思っているのか気になったり、最初のうちは仕事に行くも楽しく、毎日ドキドキしながら出社することでしょう。

ですが、ある時を境に「もしかして避けられているかも…」と不安になることがあります。

「恋は盲目」という言葉がありますが、恋をすると相手のことにしか目がいかなくなり、ちょっとしたしぐさや行動、言葉で不安になってしまったり、冷静な判断ができなくなってしまいます。

もし、職場の好きな人から避けられているかもしれないと感じた時は、同僚や職場内で信頼できる人に相談してみましょう。

第三者から見る目と冷静な判断ができない自分の目とは違います。冷静な判断ができる第三者に相談してみるのも一つの手です。

また、好きな人の社内の友人と仲良くなっておくのも一つの方法でしょう。好きな人に避けされているのかもと感じたら、その友人に何気なく聞いてもらうこともできます。

ただし、その友人とあまり仲良くなりすぎると、好きな人から誤解されてしまう可能性もありますので注意しましょう。

職場に好きな人が出来たら、慎重にアプローチを

職場で好きな人ができるとつまらなかった仕事が楽しく感じたり、毎日会社に行って会えるのが待ち遠しくなります。

ですが、職場は仕事をする場であり、責任を果たす場でもあります。

恋愛をすると仕事に支障が出るという理由で「社内恋愛禁止」にしている企業もあるくらいですから、職場で好きな人が出来ても慎重なアプローチをしなければなりません。

周囲がわかるような強引なアプローチをして相手に嫌われると「会社に行きたくない」「辞めたい」と仕事に支障が出てしまいます。

また、アプローチの仕方が露骨だと周囲に「何しに来ているんだ」と白い目で見られますし、お目当ての好きな人もあなたに振り向いてくれることはなくなるでしょう。

職場に好きな人ができるのは、仕事にやる気が出たり、意欲が増すなどとても素敵なことですが、職場という場所と立場をわきまえて、慎重にアプローチしなければなりません。

それが社会人としてのマナーですから、好きな人に振り向いてもらうためにも社会人として恥ずかしくないアプローチをして毎日を楽しく過ごしましょう。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加