【2017年最新版】儲かる仕事ランキング|職種・業種別で紹介、女性版も

「こんなに働いているのにお給料これだけかぁ」「何か儲かる仕事ってないのかなぁ」など、儲かる仕事を日々探している人もいるのではないでしょうか。

転職する時も、今より少しでも年収の高いところに行きたいと思うのは当然です。

ですが、儲かる仕事とは一体どのような仕事なのでしょうか。

「自分にできる仕事なのか」「儲かる仕事って怪しい仕事なのでは?」と思われている人もいると思いますので、儲かる仕事をランキング形式でご紹介致します。

儲かる仕事は平均年収1000万円越え

ここでは実際に儲かっている仕事をご紹介いたします。

ランキングに出てくる職業の中には年収1,000万円を超えるものもありますので目指してみたいと思った人は挑戦してみてはいかがでしょうか。

儲かる仕事ランキング5位「大手テレビ局」

儲かる仕事ランキングで第5位となったのが「大手テレビ局」です。日本には大手テレビ局が数局ありますが、それぞれの局で年収も違ってきます。

大手テレビ局の中でも最も平均年収が高いのが朝日放送で年収1,518万円、次いで第2位がTBSホールディングスで1,509万円、第3位が日本テレビホールディングスで1,469万円、売上高では第1位のフジテレビの平均年収は1,447万円で第4位となっています。

平均年収第1位の朝日放送は売上高ランキングでは第7位にも関わらず年収が高い所を見ると、売上高と年収は比例していないということがわかります。

ですが、一般的にテレビ局の中でも大手は年収が高い傾向にあります。

儲かる仕事ランキング4位「大手総合商社」

商社には色々な種類がありますが、その中でも総合商社は日本に7社しかなく、一般的に大手総合商社と呼ばれている商社です。

売上高の順位では第1位が丸紅、第2位が三菱商事、第3位が伊藤忠商事、第4位が三井物産、第5位が住友商事となっていますが、平均年収の高さはこの順位と比例していません。

平均年収が一番高い商社は伊藤忠商事で1,395万円、次いで第2位は売上高と同じく三菱商事で1,375万円、第3位は三井物産で1,361万円、第4位が丸紅で1,306万円、第5位は売上高順位と同じく住友商事で1,300万円となっています。

商社の中でも大手である総合商社は他の専門商社に比べても格段に年収が高くなっています。

儲かる仕事ランキング3位「大学教授」

大学教授の平均年収は1,086万円で、年ごとに多少の変動はあるものの年収1,000万円台をキープしています。

ですが、大学教授になる前の准教授の平均年収は約600万円、常勤講師で約500万円ということで、大学教授にならなければ年収1,000万円の大台に乗ることはできないようです。

年収は4位、5位と比べると低くなりますが、大学教授はリストラもありませんし、職場環境も良いことから年収が高い上に高い水準の環境で仕事をすることができます。

年収以外に年間で数十万円の研究費が貰えるので、自分のやりたい分野の研究に没頭することができます。

儲かる仕事ランキング2位「医師」

儲かる仕事ランキングで第2位になったのが医師です。「医師が1位ではないの?」と驚かれた方もいらっしゃると思いますが、医師の場合は大学病院、開業医、市中病院などで勤務形態や年収がかなり違ってきます。

また、医師の役職である教授、助教授、部課長などでも年収が違います。

医師全体の平均年収を見ると1,098万円と、毎年多少の変動はあるものの1,000~1,100万円の間で落ち着いています。
ですが、医師になりたての研修医の頃は年収300~400万円台ととても低い年収です。

大学病院の教授で平均年収が約1,000万円前後ですが、医師になりたての20~30代の医師の年収は300~600万円とかなり低い年収となっています。
一方市中病院の場合は水準が高く、院長で約2,000万円、スタート時の医師でも600~800万円、5~10年の医師で1,000万円台となっています。
大学病院より市中病院の方が年収が高いのは驚きの結果だったのではないでしょうか。

儲かる仕事ランキング1位「パイロット」

儲かる仕事ランキングで、堂々の第1位に輝いたのがパイロットです。
パイロット全体の平均年収は1,530万円くらいとなっていますが、航空会社により年収が異なります。

JALの平均年収は1,636万円、ANAが1,934万円、スカイネットアジアが1,206万円となっており、スカイマークは751万円とかなり低く航空会社により大きな差があることが分かります。

パイロットで仕事をするなら大手のJALかANAへの就職が年収に大きな差がでるカギとなりますし、機長か副操縦士かという点でも年収に大きな差が出てきます。

ANAの副操縦士の平均年収は約1,500万円ですが、機長になると2,300万円にまで跳ね上がります。
今、パイロット不足と言われていますし、パイロットを目指している人には、この年収はうれしい情報ではないでしょうか。

儲かる仕事・稼げる仕事ランキング【女性版】

女性が社会で活躍できる場が多くなってきていますが、それでも男性に比べると年収は低めの傾向にあります。

ですが「女性のいない会社は成り立たない」と言われるほど、女性がいなければ会社が機能しないと言われている時代ですので、女性が活躍できる仕事もたくさんあります。

その中で、女性が最も稼げる仕事をランキング形式でご紹介していきましょう。

儲かる仕事・稼げる仕事ランキング女性版5位「看護師」

女性が稼げる仕事で第5位にランクインしたのは女性ならではの繊細さや包容力が要求される「看護師」でした。

最近では男性の看護師も増えてきましたが、やはり看護師は女性の職場となっているところが多いようです。

看護師の平均年収は約500万円となっていますが、働いている病院によって年収は異なってきます。

また、看護師の役職である婦長になると年収も上がります。ただし、職場の環境は病院によって異なり、夜勤が多い職場や休みが少ない職場など環境が悪いところもありますので、就職する時は職場環境をよく調べてからが良いでしょう。

儲かる仕事・稼げる仕事ランキング女性版4位「一級建築士」

女性が稼げる仕事で第4位となったのは一級建築士です。「意外だ」と思った人も多いかもしれませんが最近女性で一級建築士の資格を取る人が増えてきています。

建築家の中でも最も高い資格と言われている一級建築士ですから、年収も比較的高くなっています。

一級建築士の平均年収は540万円ですが、企業に勤めているのか自営業として仕事をしているのかでも大きく年収が違っていますので、安定を求めるなら企業に勤めることですが、年収アップを狙うなら起業したほうが良いでしょう。

儲かる仕事・稼げる仕事ランキング女性版3位「医師」

女性が儲かる仕事として第3位になったのが医師です。全体的な年収ランキングでも第2位となっていましたが、女性が儲かる仕事としても3位にランクインしました。

最近では女性の医師も増えてきましたし、女性の場合も大学病院に勤務しているのか市中病院に勤務しているのか、開業医として仕事をしているのかで年収が違ってきます。

女医の平均年収は約750万円と言われていますが、役職や病院の規模などによっても違います。

儲かる仕事・稼げる仕事ランキング女性版2位「高校教師」

女性が儲かる仕事で第2位となったのが「高校教師」です。教師の中でも小学校、中学校、高校、大学と分かれていますがその中でも女性が稼げる仕事ということで高校教師が第2位となりました。

高校教師の平均年収は約800万円と言われていますが、これも役職や私立か公立かで年収が違ってきます。

効率の場合は国が定めている年収ですので、どの公立もさほど変化はありませんが、私立の場合は経営状態によって年収が異なります。

儲かる仕事・稼げる仕事ランキング女性版1位「大学教授」

女性が儲かる仕事で堂々の第1位に輝いたのは大学教授です。

全体の儲かる仕事ランキングでも第3位になっていますが、女性の場合は大学教授が最も儲かる仕事になります。

大学教授の平均年収は1,000万円ほどで、これは女性も男性も関係なく年収は変わりません。

ただし、大学教授の場合も准教授、常勤講師など役職によって年収が変わりますので、高い年収を希望する人は大学教授になった方がよいでしょう。

儲かる仕事に転職するなら転職エージェントを利用しよう

儲かる仕事に転職すれば給料も上がって、あなたの幸福度が現状より上がることは間違いないでしょう。

しかし、いざ転職しようとしても何から始めたら良いかわからない方や、書類審査などの通過率に不安を持っている方が多いと思います。

そこで役に立つのが、転職エージェントという転職支援サービスがあります。

転職に関わる面倒な業務を全て無料で代行してくれるので、転職初心者は利用は必須とも言えるでしょう。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェント|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」このように悩みを抱えている方はとても…

2017.11.10

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」このような意見をよく聞くことがあります。結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

儲かる自営業の業種ランキング

儲かる仕事ランキングということで、これまでは企業に属するという雇用形態で業種をご紹介してきました。

では次に、企業に属するのではなく自営業者として仕事をするならどのような業種が儲かるのかランキングでご紹介していきましょう。

「その業種ってそんなに儲かるの?」という業種があるかもしれませんので、これから起業しようと思っている人は参考にしてみてください。

儲かる自営業の業種ランキング5位「公認会計士」

儲かる自営業の業種ということで、第5位になったのが「公認会計士」です。

公認会計士と第4位の税理士は、ほとんど平均所得の差がありませんが、若干税理士の方が所得が高いようです。

公認会計士の平均所得は662万円で、年収400万円以上の所得を得ている人の割合は公認会計士全体の約70.5%と高い水準となっています。

儲かる自営業の業種ランキング4位「税理士」

儲かる自営業の業種ランキング第4位となったのが「税理士」です。

税理士と公認会計士の平均所得はさほど変わりがなく、税理士の方が若干高いというくらいですので、公認会計士の平均所得662万円より少し高いくらいと認識してください。

年収400万円以上の所得を得ている人の割合も公認会計士とほとんど同じですので、税理士と公認会計士の順位はどちらも第4位と思っていた方が良いかもしれません。

儲かる自営業の業種ランキング3位「歯科医」

儲かる自営業の業種ランキングで第3位となったのが「歯科医」です。

「え?歯科医って儲かるの?!」と思われた人もいるかと思いますが、医師免許の中でも比較的取得するのがラクだと言われているのが歯科医ですから、その歯科医が第3位にランクインしているのは意外だった人もいるでしょう。

歯科医の平均所得は950万円で、年収400万円以上を得ている割合が77.7%となっていますから、比較的儲かっている人が多いと言えます。

ただし、歯科医は最近飽和状態となっているため、顧客獲得が難しいと言われていますから、営業力も必要となるでしょう。

儲かる自営業の業種ランキング2位「弁護士」

儲かる自営業の業種ランキングで第2位となったのが「弁護士」です。当然と言えば当然の順位ではないでしょうか。

弁護士の平均所得や968万円となっていますが、改行した弁護士事務所の規模によっても違ってきます。

そのため、年収400万円以上を得ている割合は第3位の歯科医より低く66%となっており、それぞれの弁護士事務所で所得の差が大きいと思われます。

儲かる自営業の業種ランキング1位「病院・診療所」

儲かる自営業の業種ランキングで堂々の第1位となったのが「病院・診療所経営」となっています。

これも、弁護士の時と同じように病院の規模や開業医なのかということでも年収が変わってきますが、病院・診療所経営の平均所得が2,396万円と第2位までの弁護士と比べると各段に所得が上がりました。

さらに年収400万円以上の割合も高く92.3%の病院・診療所が年収400万円以上の所得を得ています。

やはり、病院というのは儲かる仕事なのだということがわかりました。

田舎でも儲かる商売・儲かる仕事

自営業で儲かる仕事と言っても、田舎の場合はこれまでご紹介してきたような業種では儲からない場合があります。

そして、これまでご紹介してきた業種より田舎なら圧倒的に儲かる商売があります。田舎ならではの特性を生かした商売ですのでご紹介しておきましょう。

便利屋・何でも屋

田舎の場合は、コンビニが近くにない、修理を頼もうと思っても修理屋さんが遠くて費用が高くなってしまうなど都合が悪いことも多々あります。

自然の中で暮らせる田舎の良さがあれば、物や人手不足など不自由なこともあるのです。

ですので、田舎で不自由だと感じることを請け負ってくれる「便利屋さん」や「何でも屋さん」というのは田舎ではとても重宝され儲かります。

ですが、それなりの知識も必要ですし、仕入れのために動き回らなければならないことが多いので忙しい業種ではありますが、人の役に立てる上に儲かる仕事ですので田舎にいる方は便利屋や何でも屋を起業してみてもよいのではないでしょうか。

不況でも儲かる仕事

これまでご紹介してきた業種の中には不況のあおりを受けると倒産してしまう業種もありました。

病院も経営難になれば廃業となりますし、弁護士や税理士なども顧客が確保できなければ経営は難しくなります。

安定していると言えば大学教授や高校教師など学校の先生という立場の人くらいではないでしょうか。

そこで、不況でも関係なく儲かる仕事をご紹介したいと思います。これから、不況でも強い仕事をしたいという人は参考にしてください。

経営コンサルタント

不況だからこそ忙しくなる業種が経営コンサルタントです。

経営コンサルタントと聞くと難しいのではと思われるかもしれませんが、経営コンサルタントになれるセミナーや通信講座などもありますので、最近では比較的早く経営コンサルタントになれるようになりました。

ですが、経営コンサルタントは何と言っても経験が必要です。様々な起業を任されることで経営コンサルタントとしての知識や技術、経験が身につき、経営が悪化している企業を立て直すことができるようになるのです。

経営コンサルタントになりたいからと言って、すぐに経営が傾いている企業を立て直すほどになれるわけではありませんが、積み重ねが実績となり儲かるようになるでしょう。

起業は儲かる仕事なの?

これまでご紹介した業種の中には「自営業」で儲かる業種もありました。

また、医師でも大学病院や市中病院に勤務するより開業医として働く方が平均年収が高いこともわかりました。

こうしてみると「起業する方が儲かるのでは?」と思いませんか?

ですが、医師になるのは今からでは無理だと感じる人も多いでしょう。そこで、これからの時代で起業して儲かる仕事は一体どんな仕事なのかご紹介しましょう。

これからの時代に儲かる仕事

不況と呼ばれている状態がずっと続いているため、倒産する企業も増えてきており、大企業でも経営が傾くような時代になりました。ですが、そんな中でも儲かっている仕事はあるのです。

それは「パソコンを使う仕事」です。まず、パソコンを使う仕事には色々ありますが、パソコン内でお店を出したりやり取りするため経費(コスト)がほとんどかからずリスクが少ないことが大きな理由の一つです。

そして、パソコンやスマートフォンなどインターネットをつなぐ環境が常に日常にあるということです。
昔は携帯電話を持っている人は少なく、パソコンも導入している企業が半数くらいという時代でした。

ですが今では携帯電話は1人2台持つ時代になり、パソコンは企業になくてはならないものになりました。
書類は全てパソコンで管理しているという企業もあるくらいです。これだけインターネットが普及している時代で、これからもこの状態は続くでしょう。
その上、コストがほとんどかからないということで、パソコンを使った仕事がこれからの時代は儲かると考えるのが当然です。

では、パソコンを使った仕事の中でも、どのような仕事が儲かるのでしょうか。パソコンを使う仕事の中でも特に儲かると言われている仕事をご紹介しましょう。

セールスコピーライター

セールスコピーライターというのは聞いたことがあるけれど詳しく知らないという人もいるでしょう。セールスコピーライターは、言葉だけで商品を買いたくなるような文章を書くお仕事です。

売り上げに悩んでいる企業からの依頼もありますし、トップコピーライターともなれば安定した収入が入って来ます。

本来、商品を売るためには営業マンが企業に出向き商品のプレゼンなどをしなければなりませんが、セールスコピーライターの場合は「言葉で商品を売る」わけですから、営業マンを雇う人件費も必要ありませんし、プレゼンに使う資料の経費などもかかりません。

低コストで商品が売れるようになるということで、最近では店舗を構えていてもインターネットで商品を販売している企業も増えていますから需要は高まっています。

ネットショップ

ネットショップはインターネット内でお店を作り販売するので経費はほとんどかかりません。
仕入れなくてはいけないのでは?と思われるかもしれませんが、最近では仕入れずにお客様が購入した商品のみを仕入れ販売するということができるようになりました。

ですので、店舗を構えて同じ売り上げが上がっても利益になる割合が格段に大きいのがネットショップです。

例えば、月に100万円の売り上げがあった場合、店舗を構えていると光熱費や人件費、家賃などで約8割が経費として消えてしまいます。
つまり、手元に残り利益は20万円ほどになるのです。

ですが、同じくネットショップで月に100万円の売り上げがあった場合、電気代やサーバー代、梱包代などを入れても月に10万円程度しかかかりませんから、売り上げの約9割にあたる90万円を利益として受け取ることができるのです。

店舗を構えるのと、構えないのとではこれほど大きな差が出てくるので、インターネットを使った仕事は売上が少なくても生活していけるレベルになるのが早いということが特徴です。

アフィリエイト

最後にパソコンを使ってできる仕事としてアフィリエイトをご紹介しましょう。アフィリエイトは比較的簡単で、誰でもすぐに始めることができる仕事です。

自分の持っているブログやホームページなどに広告を貼り、その広告をクリックして購入された商品(サービス)の何%かが収入となるシステムです。

もちろん、アフィリエイトもネットショップと同じくコストはほとんどかかりませんし、ネットショップのような商品管理が必要ないので、とても気軽に始めることができます。

アフィリエイトで年収1億円を超える売り上げを上げている人もいますし、自分の得意分野の商品やサービスを扱えば、より詳しい説明が書けますので売上も上がる傾向があります。

また、それぞれの旬のものを扱ったり、今人気のあるものなど、その時によって扱うものを変えたり、自分がやりたいようにできる仕事ですので副業として空いている時間にアフィリエイトをしている人も多くいます。

儲かる仕事は専門職に強い

儲かる仕事と聞くと「怪しい」と感じた人もいるのではないでしょうか。ですが、儲かる仕事は怪しい仕事ではなく、専門職が多いということにお気づきでしょうか。

医師、高校教師、弁護士、税理士など、専門知識に長けている人の年収が高い傾向にあります。

つまり、何かを極めた人の年収が高くなっていますので、これから年収を上げたいという人だけでなく、何かに取り組んでみたいと思っている人も、自分の興味のある分野の専門知識を増やし、資格を取得して見れば年収がグンと上がるかもしれません。

専門知識を得るのは簡単なことではありませんが、それだけの見返りがあるということがわかりましたので、挑戦してみる価値はあるのではないでしょうか。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする