メイクの仕事|種類や内容を知って理想のキャリアを手に入れよう

「メイクの仕事って華やかなイメージがあるけど実際どうなんだろう?」「メイクの仕事をするにはどうすればなれるんだろう?」メイクの仕事は華やかなイメージがあり、憧れの仕事ですよね。しかし、メイクの仕事には華やかさ以外にも様々な魅力があるのです。この記事では、メイクの仕事について業務や種類、就職先、そして、やりがいと辛いこと、どのような資格があると優遇されるのかをまとめて解説します。

メイクの仕事の内容・業務

メイクの仕事とは、その人の魅力をより美しく最大限に引き立てることを目的としている仕事です。

メイクの仕事は、モデルやタレントなどテレビに映る仕事をしている人や、結婚式や成人式など、一般人のヘアメイクまで幅広い場で仕事をしています。

活動方法には、ヘアメイク専門のプロダクションや企業などに所属する場合と、自由に活動ができるフリーランスの場合があります。

メイク以外にも、ヘアカットやヘアアレンジ、着物の着付けなどメイクに関わらない仕事も求められるので、美容師の免許を取得していると優遇されます。

メイクの1日の仕事の流れ

メイクの仕事は、働き方によって1日の流れは大きく変わります。

例えば、サロンや企業に所属していた場合は、決められた労働時間内の仕事がほとんどですが、モデルやタレントなどメディア関係に携わっていた場合は、早朝や深夜の撮影があるので不規則な時間で働きます。

今回は、メディアの現場で働いた場合の1日の主な仕事内容について説明します。

  • メイク道具などを用意して、仕事現場に向かう
  • 放送本番前に担当する人のメイクや髪の毛をセットする
  • 撮影の合間にヘアメイクを直す
  • 後片付けをする
  • 次の仕事内容について打ち合わせを行う

自分のペースでヘアメイクが出来るのではなく、決められた時間内に最大限の魅力を引き立たせなければなりません。少しでも遅れてしまうと、他の人たちの迷惑に繋がってしまいます。

メイクの仕事の種類

メイクの仕事は大きく分けると8つの種類がありますので、以下一つずつ解説します。

ヘアメイクプロダクション

ヘアメイクプロダクションでは、雑誌や広告、テレビや映画等の撮影現場で、制作側と打ち合わせを行いながら、モデルやタレントにメイクを施します。

化粧品メーカー

化粧品メーカーでは、一般企業や百貨店などに就職し、化粧品売り場を主にお客様にメイクを施しながら、自社商品を推奨販売します。

ブライダルサロン

ブライダルサロンでは、結婚式での新郎新婦や参加者に希望を伺いながら満足して頂くメイクを行います。

写真スタジオ

写真スタジオでは、「素敵な記念写真を残したい」と考えるお客様に、より美しく見えるようにメイクを施します。

特殊メイク

特殊メイクでは、映画やドラマ、演劇でも特殊メイクが施されます。専門プロダクション勤務や、フリーランスで活躍する人もいます。

医療メイク

医療メイクでは、医療メイク用の化粧品を使い、医療現場で患者にメイクを施します。一般的なメイクアップと異なる技術が必要です。

メイクセラピー

メイクセラピーでは、化粧療法の一環として、心理学を始めとした心理カウンセリングの手法を取り入れているメイクアップです。

フェイス&ボディーペインティング

フェイス&ボディーペインティングでは、マタニティペイントやイベント等を盛り上げるための演出として、お祭り、テレビCMなど様々な現場で顔や体にメイクをします。

メイクの仕事のやりがい

メイクの仕事に携わっている方々から寄せられた、メイクの仕事のやりがいをご紹介します。

  • 達成感と喜んでもらえた時

自分自身の最新のテクニックと知識を活かして思い通りのメイクができたことや、メイクをお願いした人がイメージ通りのメイクになって喜んでもらえたことがやりがいと感じます。

  • 自分のメイク技術が認められた時

メイク1つでモデルの雰囲気が大きく変わるため、責任は重大です。「誰がやっても同じメイク」では、やりがいには繋がりません。

自分の持つ技術を高め、自分の個性をしっかりと発揮しなければ、評価も上がっていかないでしょう。メイクアップアーティストは非常にクリエイティブな仕事です。自分にしか出来ないメイクをして、評価をどんどん積み重ねていくことで、プロとして成長していることの実感を得られます。

  • 心の繋がりを感じた時

もう一度、同じ人からメイクの依頼があった時は、自分のメイクに信頼され認められた瞬間を味わうこともできます。人との温かい心の繋がりを感じた時はやりがいを感じます。

  • メイクをした人が輝いている時

自分が関わることによって、モデルがより一層美しく華やかになり、それが多くの人たちの目に触れ、多くの人たちに笑顔や感動を与える瞬間を感じた時もやりがいの1つです。

メイクが完成した時の充実感や達成感は、メイクアップアーティストでなければ得られない最高の瞬間です。

メイクの仕事の辛い部分


以下、メイクの仕事に携わっている方々から寄せられたメイクの仕事の辛い点をご紹介します。

  • 中腰の姿勢での立ち仕事

メイク中は立ちながら腰を曲げた状態で作業を行います。慣れない姿勢は筋肉痛なることもあり、体力勝負の部分もあります。

  • 不規則な生活

芸能人のメイクを担当した場合は、早朝からの撮影が行われるときは、深夜に現場に到着してメイクをしなければいけません。もしも、連日のスケジュールが立て込んでいた場合は、まともに睡眠時間を確保することなく、次の仕事現場に向かわなければなりません。

  • 情報を収集する能力と努力

今、流行っていることの情報を集めや、自分自身のメイク技術を高めて日々新しい変化を求められます。例えば、10年前のメイクテクニックから何も変わらず、現在も昔のメイクのままだと古く感じてしまいます。

しかし、昔に流行ったメイク技術を忘れても良いわけではなく、以前流行ったメイクを依頼される場合もありますので、膨大な情報と豊富な知識を蓄えておくことが必要です。

  • 会話やコミュニケーション能力

若い方からご年配の方までメイクをする人の年齢は問われません。そのため、その人に合った会話やコミュニケーション力が求められます。話しやすい方もいれば、口数が少ない方もいますので、どのようなメイクをしたいのか聞き出すという能力が必要です。

  • 対人に関するストレス

芸能人やモデルなどに関わる時は、メイクをされることに慣れています。初めて担当する時は、その人の情報が少ないために気を遣ってしまうことや上手くコミュニケーションがとれないと気疲れしストレスと感じることがあります。

  • 最初は付き人アシスタントとしての下積み

学校を卒業した後、メディア関係のメイクの仕事に就いた場合、初めての仕事は1~2年程度は付き人のアシスタントとして下積みの経験をします。メイクの準備や補充など雑用の仕事がメインです。すぐに自分でメイクができるわけではないので、下積み経験が辛いと感じることがあります。

メイクの仕事をするには

メイク技術の他に、自分自身のスキルレベルを判定してもらうため、就職の時に持っていると有利になる資格を紹介します。

  • 美容師資格

メイクをする仕事以外に、ヘアカットやヘアスタイリングを任されることが多いので、国家資格である美容師資格があると有利です。

  • JMA日本メイクアップ技術検定

1級、2級、3級の試験があり、日本だけではなく、海外でも通用できるメイクアップアーティストの育成を目指しています。1級の試験は、モデルの悩みやなどのカウンセリングを行い、そのイメージになったフルメイクを行います。過去2015年秋期から2017年春期の平均合格率は、1級が32.6%、2級が54.5%、3級が75.7%です。

  • 着付けの資格

ハクビ総合学院や彩華文化学院など通う学校によって異なりますが、長沼静きもの学院は着付け師の資格が1級から3級まであり、どの級も1年間で取得を目指すことができます。

  • コスメコンシェルジュ

肌で悩んでいる人のカウンセリングをして、その人にピッタリな化粧品を選び提案できる資格です。化粧品に含まれている成分と特徴を理解することができます。

  • メイクセラピー検定

特級、1級、2級、3級の4段階に分かれています。メイクをすることで見た目の印象が変わり、心にも変化が起こります。心理カウンセリングのやり方を取り入れてメイクをすることでメンタルサポート行います。

また、転職エージェントを利用することで簡単に就職することができます。

転職エージェントは完全無料で利用することができ、転職や就職に関わるほとんどの面倒な作業を代行してくれ、転職のプロであるコンサルタントからアドバイスをいただくことができるため、転職初心者の方は使わない手はないです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 このように悩みを抱えている方はとても…

2017.11.10

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

job

メイクの仕事の主な就職先

美容室やブライダル、テレビ局、化粧品メーカーなど活躍できる場所は多いです。今回はメイクの仕事の中でも、主な就職先についてまとめました。

  • 化粧品メーカー

資生堂、カネボウ化粧品、DHC、コーセー、イプサ、ナリス化粧品、シュウウエムラ化粧品

  • ヘアメイク事務所

D-GO、パルフェ、クローズ、アディクトケース、SONA、ブロボル、東京メイクアップ

  • ブライダルサロン

マリオットウェディング、アモーレ、パウダーパフ ラボーテ、PRECES、ブライダル派遣会社、ワタベウエディング、品川プリンスホテル

  • 写真スタジオ

スタジオアリス、写楽館、フォトスタジオプラスワン、オプシス、静岡フォトスタジオ

  • 美容室

ダイアモンドドレッサー、アトリエはるか、ヘアセットサロン宮沢、奥松かつら、ピアスグループ

メイクの仕事はとても魅力的

メイクの仕事は華やかなイメージでしたが、プロとして認められ活躍の場を広げるためには、地道な活動が必要です。メイクをすることが好きという気持ちだけではなく、体力や忍耐力、そしてコミュニケーション能力などメイク以外のスキルも求められます。

メイクの仕事には様々な種類がありますので、自分自身が将来何を目指したいかを考え、自分に合った道に進むことが大切です。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加