医療事務の仕事|種類や内容を知って理想のキャリアを手に入れよう

医療事務の仕事は病院の受付で患者さんの対応をしたり、総合窓口で患者さんを案内する仕事、とイメージできるでしょう。しかし、実は医療事務は患者さんを窓口で案内するだけでなく、医師や看護師と患者さんをつなぐ、実に様々で重要な仕事をしているのです。この記事では、医療事務の仕事の種類や内容、医療事務の仕事をするのに必要な資格、医療事務の仕事の魅力や大変なところを詳しく紹介していきます。

医療事務の仕事の内容・業務

医療事務という言葉は、よく聞くけれど実際にどういう仕事内容なのか、どういった資格が必要なのか、医療事務の魅力って何?と疑問に思っている方は多いと思います。

医療事務とは、病院やクリニックで、医療費の計算をしたり経理をしたりする、事務の仕事の事です。また、受付や窓口対応も主な仕事内容です。

大きな総合病院になりますと専門ごとに分かれていたりしますが、普通のクリニックなどでは、全てをこなさなければなりません。

一般事務と違い、医療に関する知識が必要になってくるので医療事務と呼ばれています。専門的な仕事で、業務の幅も広い為、一般事務に比べて覚えることが多いお仕事でもあります。

経験があると、ブランクがあっても戻ってきやすい仕事なので、女性に人気のお仕事です。

専門的な分野なのに、どうして戻ってきやすいのか、どんな魅力があるのか、よく分からないと思います。また、事務の仕事といってもどんな事務仕事をしているのか、ご紹介したいと思います。

医療事務の1日の仕事の流れ

医療事務という仕事の、1日の流れを、例で見て行きましょう。

  • 6:30 起床 (朝ごはんをしっかり食べて、準備をします)
  • 8:00 出勤 (制服に着替えます。掃除と準備もしっかりします)
  • 8:30 受付開始 (患者さんを会計に誘導したり、受付で案内する患者さんの対応、帰られる患者さんに明細書を渡すなどの、レセプト業務を行います)
  • 13:30 昼食 (お昼ご飯を食べて、午後も頑張ります)
  • 14:30 受付開始 (午後も、患者さんの対応だったりレセプト業務など様々な業務を行います)
  • 18:00 受付終了 (掃除やミーティングをしたりします)
  • 18:30 終業 (基本的に、定時で帰れます)

医療事務は、定時で帰れることが基本なので女性に人気のポイントです。また、制服があるので忙しい毎日には助かります。

レセプト業務や様々な業務という言葉が出てきましたので、次にこちらを分かりやすく簡単に、説明していきます。

医療事務の仕事の種類

医療事務のお仕事には、様々な種類があります。

基本的な医療事務の流れとしては、患者さんから診察券を受け取り、患者さんが医師の診察を受け、医師の指示通りに処方箋や、診断報酬明細書を出し、診療代を払っていただくというのが、一般的な流れです。

さらに細かく見ていくと、次のような業務に分かれます。

  • 受付窓口業務
  • レセプト作成業務
  • 予約確認
  • 医師、看護師への取次
  • カルテの管理
  • その他の窓口業務
  • 備品の発注
  • 電話対応
  • 医師の指示による書類作成
  • 病棟クラーク業務

この他にも、駐車場や待合室の掃除をしたりと、業務の幅が広いです。

小さいクリニックなどでは、医師の簡単なお手伝いもすることもあります。医療事務は、患者さんだけでなく、医師や看護師など、たくさんの人とコミュニケーションを取りながら、仕事をしていかなければなりません。

受付窓口業務

診察券や、保険証の確認をしたり診断申込書を書いてもらったりします。診察が終わったら、お会計も窓口でします。1番最初に患者さんと接するので、適切な対応や気遣いが大切です。

レセプト作成業務

レセプト作成業務は、医療事務のメインの業務になります。医療機関で保険証を提出して、診察を受けることを保険診察といいます。保険診察で診察を受けた場合、診断報酬明細書というものを必ず作成します。

この診断報酬明細書の別名を、レセプトと呼びます。レセプトは、医療機関が保険者に対して請求する明細書のことです。

予約確認

病院によっては、予約制の病院もあります。予約の管理をするのは、看護師や医師ではなく医療事務の仕事です。予約の時間や、日付を間違えるとクレームに繋がるので注意が必要です。

医師、看護師への取次

患者さんと医師や看護師の、中間の立場にあるのが医療事務です。患者さんからの質問だったり、医師からの伝言を伝えたりする場合もあります。また、入院手続きをする場合は、この取次が重要になってきます。

カルテの管理

患者さんの個人情報になりますので、管理はしっかり行います。カルテを元に、診察を行ったりレセプト業務を行ったりします。

その他の窓口業務

体調が悪いのに、長時間待たされてイライラしている患者さんは、そのイライラを窓口にぶつけてきます。対応をきちんとしないと、余計患者さんをイライラさせるだけですので適切な対応をします。

備品の発注

医療事務では、備品の発注なども任されます。雑用のような業務に感じますが、他の業務がうまくいく為の大事な業務になります。

電話対応

電話での対応は、窓口で行いますので医療事務の仕事になります。患者さんからの質問や、予約の電話の対応をしたりします。

医師の指示による書類作成

通常の明細表などだけではなく、医師から指示された書類を作成して患者さんに渡します。ミスのないように作成しなければなりません。

病棟クラーク業務

病棟クラーク業務は、入院設備を備えている病院のみになります。患者さんと医師を繋ぐ役目で、入院手続きをしたりします。

医療事務の仕事のやりがい

一般の事務と違い、パソコンや紙と向き合うだけの仕事ではありません。専門的な知識が必要になる仕事で、間違いを絶対にしてはいけないという点から、緊張やプレッシャーを感じることが多い仕事です。

レセプト業務というのは、医療事務の人だけの分野になりますので、医師や看護師はできない場合がほとんどです。

つまり、医療事務がいないと医療費の算出はできません。そうなると、患者さんは保険が使えなくなり、病院の経営は回らなくなります。医療事務は病院が成り立つにはなくてはならないとても重要な仕事なのです。

医療という重大な行為のサポートというのは、非常にやりがいがある仕事です。責任感も求められるので、患者さんや医師、看護師からの信頼を得るのも、やりがいの一つと言えるでしょう。

医療行為を行うことは法律上できませんが、医療スタッフをサポートするのが医療事務という仕事です。

事務職でありながらも、患者さんから「ありがとう」と言われることで励みになり、やりがいを感じながら仕事をしている人も多いです。

医療事務の仕事の辛い部分

医療事務は、定時で終われて座って事務仕事をするので、比較的、楽な仕事と思っている方が多いと思いますが、辛い部分ももちろんあります。以下、医療事務の仕事で主に辛い部分になります。

  • 覚えることが多い
  • 患者さんへの気遣い
  • 患者さんへのクレーム対応
  • ミスが許されない仕事
  • レセプト業務

医療に関わるお仕事なので、専門的な言葉を覚えるのが大変です。また、患者さんと最初に接するのが受付である医療事務のお仕事になるので、病院の顔となります。そのため患者さんへの気遣いを大切にしなければなりません。医療事務によって

医療という現場では、ミスは絶対に許させませんので、レセプト業務でたくさん扱う数字には特に集中して行います。

医療事務の仕事をするには

医療事務として働くには、必ず資格が必要というわけではありませんが、やはり専門的なお仕事になるので資格があったほうが有利です。どんな資格がいいのかというと、一般的にこの2つが挙げられます。

  • 財団法人日本医療教育財団の「医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)」
  • 財団法人日本医療保険事務協会「診療報酬請求能力事務認定試験」

資格を取得する方法として、通信、通学講座、大学、短大・専門学校などがあり、自分が取得しやすいような環境で学ぶのがオススメです。

独学で学ぶ方法もありますが、質問できる相手がいないことなどを考えると、あまりオススメはできません。

また、医療事務に向いている人の特徴として次のような性格があります。

  • 几帳面な人
  • 人とコミュニケーションを取ることに優れている
  • 事務処理能力が高い

覚えることが多い上に、カルテを見て間違えのないようにパソコンで入力していかなければならない為、几帳面な人が向いています。

また、子供からお年寄りまで様々な年代の患者さんと接する為、相手を思いやる気持ちが大切です。

病院の顔となる窓口業務を行うので、対応次第で病院の印象も変わってきます。

毎年、高齢者はどんどん増え続け、患者さんの数も増えているのが現状です。診察報酬の計算方法も数年ごとに変わっているので、それに対応する力が求められます。

また、転職エージェントを利用することで簡単に就職することができます。

転職エージェントは完全無料で利用することができ、転職や就職に関わるほとんどの面倒な作業を代行してくれ、転職のプロであるコンサルタントからアドバイスをいただくことができるため、転職初心者の方は使わない手はないです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェント|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」このように悩みを抱えている方はとても…

2017.11.10

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」このような意見をよく聞くことがあります。結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

医療事務の仕事の主な就職先

主な就職先としてはクリニックや病院です。歯科医院や、調剤薬局、企業で設けられている社内の医務室などで、医療事務が求められています。

医療機関では、高齢化社会に伴い医療施設が増加しているので、医療事務の求人も増えています。

医療事務の仕事はとても魅力的

医療事務は、長年に渡って女性に非常に人気の職業です。やりがいがあるだけではなく、女性にとってライフスタイルに合わせて、長年働ける環境だからです。

ライフスタイルに合わせて、長年働ける環境というのは、医療事務ならではの雇用形態にあります。医療事務は、正社員、契約社員、パート、アルバイト、から選ぶことができ、柔軟な働き方ができるのです。

元々は正社員だったけれど、子育てをしながらパートとして、復帰するというような働き方ができるのが、魅力です。

医療事務のような、立ち仕事ではなく座って仕事ができ、休みが安定していて残業もほぼないという条件も女性にとっては嬉しい条件です。

日々、進化する医療の現場で働くことで医療に関する知識が増え、私生活でも役に立つことがたくさんです。

例えば、自分が病院にかかった時に不正な請求をされていないかチェックができることです。

また、今まで知ることのなかった保険の制度なども知ることができるのが嬉しいポイントです。

医療事務は、毎日様々な人々と接する上で相手に対して気遣いを持つことなど、学ぶことが多く成長することができる素敵なお仕事です。

その中でも、成長し続けている医療の現場で、自分自身も学び続け、人としても成長していくことができるのが、最大の魅力だと感じることができます。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする