モンスター上司の特徴7つと対策・対策法5つ|モンスター上司の特徴も

あなたの周りにいる、職場の雰囲気を悪くしたり円滑な業務を行うのを阻害する上司。もしかしたら「モンスター上司」かもしれません。この記事ではモンスター上司の特徴、そしてあなたの上司が実際にモンスター上司だった時の対処法についてご紹介します。この記事を読んで、モンスター上司に対する適切なかかわり方を考えましょう。

モンスター上司の特徴7つ

上司との関係というのはどちらかが職場を変えない限り切ることはできません。上司と良好な関係が築けていれば問題ないのですが、やはり人間関係はそう簡単にうまくはいきません。上司との関係に対しなんらかの不満を持っているという方が多いでしょう。

ところで「モンスター上司」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。その言葉通り、周りに悪影響を与え、円滑に仕事をするのを阻害してくる、まさにモンスターともいえる上司のことを指します。

モンスター上司は意外とあなたの周りの身近なところにいるかもしれません。まずはモンスター上司にありがちな特徴を7つ紹介します。

これにあなたの上司が当てはまれば当てはまるほどその上司はあなたに肉体的・精神的被害を及ぼす可能性がある危険人物です。モンスター上司の特徴をしっかりおさえて、最適な対応をとれるような心構えをしておきましょう。

 

1.自分の正義・やり方が全て正しいと考え、その考えを押し付ける

自分の正義ややり方がすべて正しく、それ以外のことはすべて間違っているという考えを持っている上司はいませんか。その上司はモンスター上司の可能性が高いです。

そういった上司は他人(特に部下)の意見を取り入れようという意識がありませんから、多くの人の意見が反映されなくなってしまいます。上司の意見に反する人物が出てこようものなら、それを否定し却下してしまうでしょう。

みな上司の機嫌を損ねぬよう、顔色をうかがって意見しなければならなくなります。そうして、その上司の周りの人々が不満をためていってしまい、どんどん風通しの悪い職場になってしまいます。

2.自分のミスには甘いが人のミスには厳しい

ミスに対して必要以上に厳しく怒る、そのくせ自分がミスしても仕方ないですませたり、ひどいときには責任転嫁をする上司はいませんか。

失敗は人間だれしもするものです。失敗しないことよりも失敗した後の受け止め方や行動が重要だというのはよく聞く話であり真理です。

ミスを頭ごなしに怒るような上司の元では部下は萎縮してしまい、職場の雰囲気もピリピリしてしまいます。そのミスの根本的解決にもなりません。

さらにその上司が自分のミスに対しては反省の態度を見せぬものなら、部下は理不尽さを感じるようになってしまいます。

3.感情の起伏が激しく、機嫌が悪いと精神的にも肉体的にも当たられる

よく怒鳴っている姿を目にする、機嫌によって態度が違うので周りが機嫌を取りながら接しているという上司がいたらそれはモンスター上司といえます

ちょっとしたことですぐカッとなって怒鳴り散らしたり、仕事・プライベート問わず何かいやなことがあった時にそれを職場に持ちこまれてはたまりません。友人であれば「今日は機嫌が悪いからあまり接さないでおこう」とできても報告・連絡・相談が求めらる職場においてはそうもいきません。部下は上司の顔色をうかがいながら恐る恐る接さなければなりません。

さらに怒鳴ったり小言を言うにとどまらず、仕事に直接的に関係しない人間性やそれまでの経歴などの否定、最近は取り締まりが厳しくなったことによって減りましたが体罰ともいえる行為に及ぼうものなら最悪です。部下が精神的・肉体的なダメージを受けストレスをためてしまいます。

4人によって対応がガラリと変わる

あの人に対してはすごく優しいのに、あの人に対しては必要以上に当たりが強い、そんな上司を目にしたことはありませんか。

自分のお気に入りの部下の話はしっかり聞きいつも笑顔で接しているのに、気に食わない部下には見るからに当たりが強い上司は職場の雰囲気を険悪にするモンスター上司です。

嫌われている立場なら上司からの扱いに対するストレスがたまってしまいます。たとえ気に入られようとも「あの人は気に入られているから特別だ」という目で見られてはたまったものではありません。その上司と部下の関係だけにとどまらず、部下どうしの関係もピリピリさせてしまいます。

5.仕事の指示がはっきりとしない

部下に仕事の指示出しをする際には部下の能力や理解度を見極め、適切な指示を出さなければなりません。しかし、部下に指示を出す上司が出すべき指示を出さず仕事を丸投げしたり、上司自身が仕事に対する理解度が甘いため適切な指示が出せないと、部下は困ってしまいます。

部下に対しての指示がはっきりと出せない上司は、いくら怒ったり嫌味を言ったりすることがなくてもモンスター上司となり得ます。上司にそうした能力がないと、部下にいくらやる気があったとしても職場全体の仕事の能率が下がってしまいます。

6.他人や部下の意見や話を聞かない

自分が正しいと思っていたり、現状を変えることを極端に嫌う保守的な上司は、他人や部下の意見を聞かないことが多いです。

仕事というのはほとんどがチームプレイで、様々な人の意見を考慮し、取り入れてよりよい形にしていかなければなりません。上司は仕事に対する報告・連絡・相談がきちんとできるような状態を整えておくべきです。

部下の職場に対する不満や悩みを聞いてあげるのも上司の大切な仕事です。その解決も上司は手を貸すべきですが、人の話を聞かない上司ではそれもままならないでしょう。

人の意見や相談を聞かない上司がいては、職場全体の一体感が損なわれてしまいます。

7.人からの評価が低く、あまり信頼がない

職場に、周りの人間から嫌われていたり、あまり仕事を評価されていない上司はいませんか。

人からの評価が得られないのには、それなりの理由があります。(もちろん理不尽な理由なこともありますが、もしそうであれば逆に嫌っている側がモンスター上司かもしれません…)モンスター上司は今まで述べてきたような特徴をいくつか持ち合わせているため、人から疎まれるのは当然といえば当然です。

あなたから見て嫌われている理由がわからなくても、よくよく見ていればその上司の問題点に気づくことでしょう。

モンスター上司と上手く付き合う対処法・対策5つ

モンスター上司の特徴をご紹介してきましたが、実際に自分の上司がモンスター上司であることに気づいたとき、どのような対策がとれるでしょうか。考えられる対策を5つ紹介します。

1.かわいそうな人と哀れな気持ちや諦めて接する

まずはこの人はかわいそうな人なのだと割り切ることです。

モンスター上司は、周りから嫌われることが多く、評価も得られません。人間だれしも多かれ少なかれ自己承認欲求をもっており、周りから認められないというのは非常に悲しいことです。

その上司に対する哀れみや諦めを持って接すれば、イライラもしなくなるでしょう。その上司のせいで、自分の評価が落とされている、または肉体的なダメージを負っているというわけではないのならば、まずはこの対策が有効です。

2.仕事を完璧にこなし、何も言われないように努める

2つめの対策は、与えられた仕事を文句のつけようがないくらいに完璧にこなし、突っ込みどころがないようにすることです。上司にあれこれ聞く前に、まずは自分で調べたり、他の信頼できる人からアドバイスを受けたりして、最大限の手を尽くした上で、上司に報告しましょう。

上司はあなたを有能な部下として認めざるを得なくなります。上司があなたに対し腹を立てることも減るでしょうから、良好な関係を築きやすくなります。

3.同じ苦痛を味わっている仲間を見つけ、愚痴を言い合う

3つめは同じようにモンスター上司の被害を被り、ストレスをためている仲間と愚痴を言い合うことです。やはりイライラを吐き出すことができる相手がいるとストレスもたまりにくくなります。

その仲間との仲も上司の愚痴をこぼしあっていく中で深まっていくでしょう。あまりいい交友関係の結び方ではないかもしれませんが、職場に仲のいい人間がいると心強くもあります。

4.モンスター上司の上司に相談する

モンスター上司に指示をしている上司が良識のあるきちんとした人ならば、その人に相談するのが吉です。

いくらモンスター上司といえども、自分の上司からの指示にはある程度従わなければなりませんし、自分を見つめなおすことにもつながるでしょう。

こちらが勇気はいりますが、一番根本的な解決方法といえます。

5.モンスター上司の良い所を見つけ、褒める

モンスター上司のいいところを見つけてほめる、ほめ上手になれば、モンスター上司から気にいってもらえるでしょう。モンスター上司から気に入られて損はありません。あなたに対す当たりも優しくなります。

普段、あまり周りから評価されることがないので、あなたからの信頼はモンスター上司にとって喜ばしいものになります。

モンスター上司から逃げたい場合は、転職も視野に入れる

あまりにもひどい職場の場合は無理してその職場にとどまり続けることはありません。あらゆる手をうったとしてもどうしようもないこともあります。

そんなときは転職を視野に入れてみましょう。転職といってもどうやって転職先を見つけていけばいいかわからないという方は、転職エージェントを利用してみましょう。

転職エージェントとは企業に人材を紹介する会社です。キャリアコンサルタントを通じて転職会社を紹介してもらえます。人が介在すると自分ひとりですべてを背負わなくてよいので安心感もあります。

無料ですし、まずは登録して話を聞いたり開かれているイベントに行ってみましょう。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 このように悩みを抱えている方はとても…

2017.11.10

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

モンスター上司の対応に困ったら、まずは相談や対処法を試そう

この記事を通じて、モンスター上司の特徴とその対策をまとめました。いかがだったでしょうか。

あなたの上司がモンスター上司だったのならば、我慢するばかりでなく、しかるべきところに相談したりこの記事の対策をもとに行動を起こしてみましょう。

仕事とは、今後の人生において長い付き合いとなります。少しでも自分の負担にならないような工夫をしてみましょう。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加