音楽の仕事|種類や内容を知って理想のキャリアを手に入れよう

音楽の仕事ときいてイメージするのは、アーティストやアーティストにつくマネージャーといったイメージではないでしょうか。しかし、音楽の仕事は多岐に渡っており、様々な職種が存在するのです。この記事では、音楽の仕事の種類や内容に加え、音楽の仕事でしか得られないやりがいや魅力、更に、音楽の仕事に就くにはどうすればよいかといったことや、音楽の仕事の辛い部分まで網羅的に紹介していきます。

音楽の仕事の内容・業務

音楽の仕事とは、パッと思い浮かぶのはアーティストやバンドですが、実際にはマネージャー、レコードメーカー営業部、宣伝部、プロデューサー、A&Rなど裏で支えている方たちもたくさんいます。

一つの音楽を作るためには、制作から営業まで考えることのできるプロデューサーの思考回路をそれぞれのスタッフが持つことが重要になります。

場合によっては、音楽活動をしながら自分たちですべてのことをします。たとえば、インディーズの場合、原盤製作費を出してくれるインディーズや、レコード会社とだけ契約しているアーティストはプロダクション業務も自分達で行っています。完全なインディースバンドは、製作費も自分で支払い、レコード会社業務、プロダクションも自分達だけで行っています。

↓プロダクションとレコード会社の違い↓

プロダクションとは・・アーティストと契約をして、アーティストの活動、スケジュール管理など、全部を決めるところです。プロダクションは、アーティストに給料か印税、ギャラなどで給料を支払い、アーティストのマネージャーも派遣します。

レコード会社とは・・アーティストの音源製作、プロモーションを行います。その他、マスコミ、テレビ、ラジオ、広告代理店など、色々な場所にもプロモーションを行います。製作は、音源だけでなく、映像やプロモーション等に必要なパンフレットやポスター等、様々なことをします。

音楽の1日の仕事の流れ

音楽の仕事と聞いてイメージするのはアーティストだと思います。ですので、この記事ではアーティストの一日の流れを紹介していきたいと思います。

アーティストの一日は、基本基礎練習の繰り返しです。体力作り、ボイスレッスン、ダンスの練習などです。歌だけでなく、見た目も重視されるので、美容や体重管理なども大切な日課になります。基本を繰り返し、レコーディングが入ると、一日は歌漬けになります。

レコーディングの施設があるので、朝から夜まで合宿のように歌を歌います。プロデューサーに歌い直しなど要求されることもあり、こだわりなどもあるので、長くて一か月以上続くこともあります。

テレビの出演などで時間が取れない歌手は、夜のみという場合もあります。

新人歌手の場合、一日先輩歌手の付き人のようなことをする場合もあります。新人歌手は、そうやって音楽業界を学んでいくのだと思います。

曲が売れて有名になったら、一日は大きく変化します。

雑誌のインタビューや、テレビ出演の依頼が分刻みで入る忙しい毎日になってきます。この時期になったら、売れて嬉しい反面、自分の時間を作るのも大変になると思います。

人気が落ち着き、ある程度大御所になれば、時間はある程度使えるようになります。

スポンサーとの食事や、イベントやコンサートなどがあっても、生活にゆとりが出てくるので、自分の時間も作れるようになってきます。

アーティストによって様々ですが、大体このような一日を過ごしています。

音楽の仕事の種類

音楽の仕事といっても、音楽活動をするバンドマンや歌手、音楽活動をする人をプロデュースするプロデューサーだけではなく、様々な仕事があります。以下、音楽の仕事で主な仕事になります。

  • アーティスト
  • プロデューサー
  • レコードメーカー営業部
  • レコードメーカー宣伝部
  • マネージャー
  • A&R

では、それぞれ詳しく、どのような仕事内容なのか紹介していきます。

アーティスト

一般的に知られているのはライブやコンサートでの演奏です。しかし、歌手として人前で歌ったり、バンドとして人前で演奏するには持ち歌や曲をたくさんもっていないといけません。

なので普段は、レコーディングはもちろん、歌のレッスン、ライブのために体力作り、振り付けの公安や練習、ダンスの練習などに時間をつかっています。

また、レッスンだけでなく、スポンサーに誘われたら飲みに行ったりパーティなどにでることも大切な仕事です。

こうやって人脈を広げていくこともプロとして大切なことになります。

プロデューサー

製作全体の統括を行う人のことをプロデューサーといいます。TV番組の映像作品などで予算の調達や管理、スタッフの人事などをおこなって、製作物に対して責任をもちます。

なので、成功すれば注目されて次の予算調達などしやすいですが、失敗してしまったら評判が落ちてしまい、仕事がなくなっていく可能性が出てきます。なので自ら積極的にうごいて宣伝活動をしたりもします。

マネージャー

具体的にアーティストについて、出演交渉、スケジュール管理、オーディション参加の準備、宣伝などの仕事をします。

芸能界は人気の上がり下がりが激しい世界なので、継続的に人気を集めるため、担当するアーティスをどのようにプロデュースするか考えて売り込むことが大切です。その他にも、アーティストの悩みを聞いてあげたり、アドバイスをしてあげたりと、アーティストの精神面を気遣うことも大切な仕事です。

アーティストを上手に管理、サポートして、一人前に育て上げていくことが芸能マネージャーの役割です。

レコードメーカー営業部

全ての会社がそうとは言えませんが、入社したときに最初に配属されるのは営業部。というのが多いです。

主に、地方でセールスマンとして、経験、実績を積み上げることがスタートになります。

自分のテリトリーに決まった販売店を回って注文をとる。ということが大体の仕事になりますが、その前に、今後リリースされる曲を聴く視聴会などに参加したりもします。

レコードメーカー宣伝部

宣伝部は、リリース予定のCDがあるとき、ショップの仕入れ担当の方に会いに行き、CDを一枚でも多く置いてもらうために、アイデアを出したりします。

また、店頭ライブやサイン会など、イベントもたくさん行います。

働く場所は、楽器販売店、イベント会場、コンサートホール、ブライダル会場、ライブホール、演劇会場など様々で、レコードメーカーの宣伝部には専門的な知識、経験、即戦力となる人材が必要です。

なですので、レコードメーカーの宣伝部への転職を考えている場合は専門学校などで宣伝スタッフとしての経験をしっかり身に着けて就職する、というのをお勧めします。

マネージャー

具体的にアーティストについて、出演交渉、スケジュール管理、オーディション参加の準備、宣伝、ギャラの交渉などの仕事をします。

音楽の世界は人気の上がり下がりが激しい世界なので、継続的に人気を集めるため、担当するアーティスをどのようにプロデュースするか考えて売り込むことが大切です。その他にも、アーティストの悩みを聞いてあげたり、アドバイスをしてあげたりと、アーティストの精神面を気遣うことも大切な仕事です。

つまり、マネージャーの役割は、アーティストを上手に管理、サポートして、一人前に育て上げていくことです。

マネージャーは、休みも決まっているわけではなく、休みの日も電話があったり、書類などの整理をしたりと、タフさが要求される大変なお仕事です。

その分、担当のアーティストが成長していき、大きなステージで歌えるようになったときは、凄く感動し、やりがいを感じられる素敵なお仕事です。

A&R

A&Rとは、Artist and Repertoire(アーティストあんどレパートリー)の略です。

アーティストを発掘し、レーベルと契約、レーベルと契約後はアーティストを育成、更に、アーティストに合った楽曲を発掘したり、楽曲の提供も自身で行ったりします。

他にも、企画→制作→宣伝まで、レコード会社の仕事全般を管轄する責任者でもあります。

また、楽曲の制作をするために、機材周りの情報収集などをしたりします。音楽をつくる人たちの使う機材を細かく知れるので、流行る音楽のジャンルや、今まで流行ってきたジャンルの制作にまつわる話もたくさん聞くことができます。音楽好きな人にはたまらない環境になりうるでしょう。

音楽の仕事のやりがい

 

音楽の仕事のやりがいは、なんといっても自分の好きな事の世界で仕事ができることです。0からスタートして、歌詞や音をつくっていったり、歌うアーティストの事を考えながら楽曲を作っていき、完成したときなどは大変な喜びを得ることができるでしょう。

更に、世間に公開した楽曲が高い評価を受けたり、アーティストに高い評価の曲を提供し、アーティストが売れるようになった時などは達成感に包まれ、やりがいを感じることができます。

自分の好きな音楽を通して、世間から認められるのは凄く幸せであり、その機会が多いのが音楽の仕事の最大の魅力でしょう。

音楽の仕事の辛い部分

音楽で認められるようになっても、そこからが大変な仕事で、有望なライバルが次々にあらわれます。少しの気のゆるみで、すぐに追いつかれ、追い越されてしまいます。

ライバルだけでなく、賞などをとったら世間の注目度もかなりアップし、有名になれたことに幸せを感じますが、その先に期待以上の音楽ができなければすぐに忘れられてしまうでしょう。

「これくらいでいいや」と思ってしまったらそれ以上の成長はできなくなります。

ですので、どんなにきつく、忙しくても、レッスンは欠かさずにテクニックを磨いていかなければならなかったり、売り出したりプロデュースする曲はどのような層に高評価が期待できるかなど、日々研究したりセンスを磨いていかなければなりません。

また、そもそも必死に努力して世に出した音楽が認められるとは限らず、失望したり悩んだりすることも多いので、ストレスになってしまうことも多いです。

音楽の仕事で成功し続けるには、辛いことがあっても、成功を信じて辛抱強く努力できるかが重要になってくるのです。

音楽の仕事をするには

歌手などのアーティスト志望でしたら、オーディションがあります。しかし、オーディションにも色々な種類や合格するための知識が必要になってきます。

オーディションに合格したら、大抵、音楽事務所の所属になるので、歌手・アーティストとして仕事をするためには所属しておくのも一つの方法になります。

最近では、ネット上(YouTubeやニコニコ動画)に自分の歌を公開し、それがきっかけで歌手デビューする人もいます。

歌手以外でも、音楽にまつわる仕事はたくさんあります。

レコーディングディレクター、音響エンジニアなどの技術で音楽を支える仕事やレコード会社などです。レコード会社や音楽プロダクションで必要な学歴や資格は、大手や主要レコード会社の場合、新卒採用では、大半が専門学校卒業以上になっています。

新卒採用、定期採用をしていないところもあり、行っていたとしても、採用人数は少なく、ライバルたちと少ない採用枠を争わなればならない場合が多くなります。

音楽プロダクションなら、大手や中小、アーティストの数などに比例して、人材が必要になれば不定期に事務職やマネージャーを募集したりすることが多いです。

事務職に関しては、細かい作業をしなければならないため、ワードやエクセルなどパソコンのスキルが必要です。また、経理職などもあるので、簿記など、関連する資格をもっていればそれだけ有利になります。

マネージャーは、アーティストと行動をともにすることが非常に多くなるため、都内の道が詳しかったり、運転スキルなどが基本的に求められます。

また、転職エージェントを利用することで簡単に就職することができます。

転職エージェントは完全無料で利用することができ、転職や就職に関わるほとんどの面倒な作業を代行してくれ、転職のプロであるコンサルタントからアドバイスをいただくことができるため、転職初心者の方は使わない手はないです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 …

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

当サイトでは下記記事にて1000人以上の転職エージェント利用者の体験談を基に本当におすすめの転職エージェントを紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識…

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

音楽の仕事の主な就職先

音楽の仕事はアーティスト・その他の様々な仕事にかかわらず、基本的にレコード会社などに所属することがメインになります。アーティストで独立するという道を選ぶ人もいますが、経理や宣伝など、すべて自分で行わなければならないため、大手のレコード会社に所属することをおすすめします。

以下が、音楽の仕事の職種別の主な就職先になります。

アーティスト avexgroup・Sony Music・WARNERMUSIC
プロデューサー avexgroup・Sony Music・WARNERMUSIC
レコード会社営業部 (株)アミューズ・SBSグループ・日本コロムビア(株)
レコード会社宣伝部 (株)アミューズ・SBSグループ・日本コロムビア(株)
マネージャー ワールドアパート有限会社・Sony Music・株式会社ヴァンプローズ
A&R avexgroup・Sony Music・WARNERMUSIC

音楽の仕事はとても魅力的

音楽の仕事は、歌うアーティストのことを考え作詞、作曲をしたり、できた音楽をどのように表現するかを考えたり、多くのスタッフに支えられながら一つのものを作り上げたり、という過程を経験し、音楽を世に出します。

音楽を世に出す過程では、報われないことも多かったりと思い悩むことも多いのは間違いありません。音楽の世界は人気で左右されるので、稼げないこともあることでしょう。

ですが、苦労の末に完成した作品が世に出て高い評価を獲得し、ライブやコンサートでお客様と一つになり、全員で楽しめることができる、というのが音楽の仕事で最大の魅力でしょう。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。