ニートを脱出して社会復帰するための3つのステップ|正社員を目指そう

「ニートを脱出したい気持ちはあるけど、どうニートを脱出したらいいのかわからない」「ニートを脱出する方法を知りたい」読者の方はニートを脱出したいけど、どう脱出できるのかわからなくて思い悩んでいるのではないでしょうか。しかし、ニートを脱出する方法は難しいことではなく、しかも、たくさんあるのです。この記事では、ニートを脱出する方法に加え、ニート脱出のための全知識を網羅的にご紹介しています。

ニート脱出にはきっかけが必要で、脱出したいと思った時がスタート

ニート脱出のきっかけの一つは、お金がなくなることです。親が病気になって、これ以上援助が続けらなくなることがあります。そうなるともう、ニートから脱出するしかありません。その時がニート脱出を始めるときです。

生活できなくなるまででなくとも、家族の支援だけでは、好きなものに好きなだけお金を使うということはできません。もっと自由になるお金が欲しいと思うこともあるでしょう。

話のネタがないと感じた時、外の世界への好奇心が湧いてきた時もニート脱出を始めるチャンスです。インターネットやテレビ、ラジオ、雑誌から得られる情報では、幅の狭い話題しか集めることができません。本当に体験して得られた話にはとうていかなうことができません。

好きな人ができるとどうでしょう、デートやプレゼントにお金が必要になります。好きな彼女のために働こうという意欲が湧いてきたりもします。

学びたいことができた、興味のあるものができた、知りたいことができた時も引きこもりやめて外の世界に出ていくときです。

有り余る時間で、たくさんの本を読んで、たくさんの映画を観て、たくさんのゲームをしたこと。それにより得られた経験は情報として売ることができます。特技がお金になるになるのです。そのことに気づいたとき、ニート脱出のきっかけとなります。

規律の無い時間に縛られない生活を続けていると、逆に規律が欲しい、時間に縛られたいと思うこともあるでしょう。

ニート脱出を始めるきっかけはたくさんあります。それはニートから脱出したいと思う、心の底から欲求があるからなのです。

最近話題ですが、ニート期間をずるずるひきづってしまうと、悲劇的な末路になりかねません。ニートでい続けることは危険です。今すぐ、ニート脱出のための第一歩を踏み出しましょう。

以下の記事では、ニートの絶望的な末路について詳しくリアルにご紹介しています。ぜひ、駆動を起こすためにもご覧ください。

ニートの末路は悲惨で絶望的と注目の話題に|ニート末路が描かれた漫画紹介も

ニートの末路が悲惨と話題になっている 海外からは「社畜大国」とも呼ばれる程、仕事をしている人が多い日本。周りを見ても「俺、私今日で〇連勤なんだ」なんて話す姿…

2017.12.10

ニートを脱出して社会復帰するためのステップ

まず、行動パターンを変え、アルバイトや仕事体験をし、そして就職活動を行います。

詳しくは、以下の記事で具体的にご紹介しています。重い腰を上げ、いざ行動することがニート脱出の大きな大きな第一歩です。

ニートとは|意味やフリーターとの違いを知り脱出するための全知識

ニートとは ニートという言葉は、イギリスが発祥で「Not in Education, Employment or Training」の頭文字とった略語です。…

2017.12.15

1.ニートから抜け出すにはまず、行動パターンを変えよう

ニートは時間の制約がなく、不規則な生活を送っている人が多く、昼夜逆転になっている人が大半です。家の外に出ないため、運動不足で体がなまり不健康な人がたくさんいます。

仕事をするためには、朝早く家を出る必要があり、また健康な身体が必要です。そのためには、早寝早起きといった規則正しい生活習慣、バランスのとれた食事を決まった時間にとること、適度な運動をすることが必要です。これまでの行動パターンを変えなければなりません。

1-1.外出をする・散歩する・ゴミ出しに出る

まずは家の外に出ましょう。そして近所の人に会ったら大きな声であいさつしてみましょう。挨拶をすると緊張がほぐれ、会話に発展しやすくなります。人と話すのは大切なことです。

そして外に出て散歩をすることは運動になります。運動は健康のために効果的です。また、汗を流すと活力が湧いてきます。

1-2.早寝早起きをする

早起きはニート脱出の第一歩です。人間は朝起きて朝日を浴びるとやる気と元気が出てきます。人間には太陽の光が必要なのです。

夜型生活は、ニートから脱出できない最大の原因です。人間の体は夜に活動するようにはできていないからです。

1-3.人と会ってファミレスやカフェでお茶をする

飲み会に参加するのは難しくても、家族や友人など会いやすい人と一緒に過ごすことはできるのではないでしょうか。できる範囲で人と会うことで、人といる時間に慣れるのが大切です。

1-4.人の意見もとりあえず受け入れてみる

自分と違う人の意見もとりあえず受け入れてみましょう。今まで気づかなかったことや、そういう考えもあることに気づいたりします。

また、ニート脱出の経験者の話を聞くと、就職なんて無理だと思っていたのが、間違いだったことに気づくこともあります。成功の体験談は励みになり、希望になります。

1-5.インターネットをしない時間を作る

インターネットの世界とリアルな世界は違います。インターネットをやめてリアルな世界と向き合う時間をつくるのはとても大切なことです。

2.無職から脱出するため、アルバイトや仕事体験する

いきなりフルタイムで働くのは大変で難しい事です。まずは短期のアルバイトで少しずつ慣れるのが良いと思われます。また仕事体験をするのもいいでしょう。

2-1.支援団体で仕事体験をする

ニート脱出のお手伝いをする支援団体はたくさんあります。そこでは、職業体験を実施されているところがあり、内容はホテルでの接客・調理場の作業・清掃、地ビール工場のウェイター・製造を体験できたりします。また農業、漁業、酪農を体験できるところもあります。

2-2.15歳以上39歳以下の場合、地域若者サポートステーションを利用する

地域若者サポートステーションは、働くことに悩みを持った若者に就職の手助けをしてくれます。対象は15-39歳です。これは、厚生労働省が委託しているNPO法人や株式会社が運用しています。日本全国に173か所、すべての都道府県にあります。

地域若者サポートステーションではまず相談・面談を行い、本人の特性や適した職業、今後の支援方針についてしっかり話し合います。

様々な支援として、コミュニケーション講座、就業体験、ビジネスマナー講座、就活セミナー、集中訓練プログラム、パソコン講座等があります。

そして就職活動のための情報提供を行い、履歴書等の必要書類の添削もお手伝いします。

就職が決まった後も、仕事の定着、ステップアップの支援を行います。働き出してからの悩み相談や不安の相談も行い、就職後のサポートを行います。さらに仕事のステップアップに関する相談も行います。

3.就職活動をする

さて、いよいよ就職活動です。ニート脱出に向けて大きな前進です!

3-1.キャリアカウンセリングを受ける

まず、キャリアコンサルタントや臨床心理士、産業カウンセラー等の専門家にキャリアカウンセリングを受けましょう。必要な経験スキルを考え、サポート内容を決めてくれます。

3-2.職業訓練を受ける

厚生労働省が行う求職者支援制度では、就職に必要な知識や技術を身につけることができます。

また、地域若者サポートステーションでは、以下の支援を行っています。

コミュニケーション講座では、会話に対する苦手意識を克服し、自分の強みを見つけることができます。

就業体験では、希望状況に合わせ様々な仕事の体験をすることができます。

ビジネスマナー講座では、社会人の基礎マナーを学びます。身だしなみ、言葉遣い、電話の対応、お辞儀の仕方などです。

就活セミナーでは求人の応募の仕方を教えてくれます。また、履歴書の書き方や面接の受け方の指導も行われます。

また、合宿形式の集中訓練プログラムもあり、ここでは職場実習や資格取得の支援を行い、就職に必要な基礎能力を身につけることができます。これは社会参加への自信回復にもつながります。

ほかに、パソコン講座もあり、職場で必要な基礎能力やWord、Excelの操作技術を身につけることができます。

3-3.転職サイトを使う

転職サイトのイメージは、正社員が年収アップやキャリアアップのために利用するといったものです。しかし、実はニートの人の就職活動に使える転職サイトもあるのです。

そのサイトで職業検索をすると、年齢不問・未経験可・社会経験なしでもOKの求人がヒットします。また、面談などの手続きも不要になっています。

 

ニートを脱出して社会復帰するのにおすすめのアルバイト

いきなり就職するというのは、ハードルが高すぎるかもしれません。まずは無理せずに働けるアルバイトをしてみましょう。

精神的にも無理をしなくてすみそうな職種、通える距離のアルバイト先、興味や性格にあうものを選ぶのがよいでしょう。

アルバイトは外の世界への道しるべとなり、ニートから抜け出す足掛かりになります。アルバイトは社会復帰のためのリハビリと考えるのが大事です。

1.ポスティング

チラシ投函のアルバイトです。送られてきたチラシを、各戸のポストに投函します。気軽にできて、散歩にもなりますので、運動不足の解消にもなり健康的なアルバイトです。

人付き合いが苦手な方でも、人の少ない早朝に配れば他人とはあまり出会いません。ただ、配達は日のあるうちにする方が望ましいのです。夜に行うと不審者に間違われやすくなってしまいます。

ポスティングは、好きな時間に好きなペースでできるアルバイトです。

2.在宅ワーク

家でできるアルバイトでパソコンを使ったりモノづくりをしたりします。パソコンは引きこもりニートの必需品で、得意なもののひとつです。モノ作りは手先を使うので、生活にハリが生まれてきます。

このアルバイトはどっぷりと引きこもったニートにおすすめです。ニートは精神的・肉体的に無理をする生活に慣れていないことが多く、急な激しい変化を必要とするアルバイトをすると、再びニートに逆戻りしてしまう恐れがあります。

まず始めるアルバイトは精神的にも肉体的にも無理をしないこものがおすすめです。

自宅ワークとして、最も始めやすく人と関わることもなく稼げるのは「ライター」の仕事です。クラウドソーシングというサービスが普及しており、ネット環境さえあれば手軽に始められるので、ライターの仕事はニート脱出には最適です。以下の記事ではライターの仕事について詳しくご紹介していますので、ご参考にしてください。

ライターの仕事|種類や内容を知って理想のキャリアを手に入れよう

ライターの仕事の内容・業務 ライターの仕事の内容はPCやタブレットを用いて、文字を書くことです。大まかに分けて0から文章を作成するものと、1度書かれた文章を…

2017.12.08

3.デザイナーなどの専門職

デザイナーの仕事はいろいろあります。お店のPOP広告(黒板に今日のおすすめ等を書いて店の前に置いてあるもの)を作るのもデザイナーの仕事です。ゲームのキャラクターや背景のデザインもあります。

これらの仕事は難しいものではなく、フォトショップやイラストレーターなどのアプリケーションの使い方を覚えればできます。

また、WEBデザインは就職活動でもアピールできる技能で、HTML,CSSの基礎知識が重要となり、JavaScriptのスキルがあるとよりよくなります。

デザインの仕事は、ニート期間中にパソコンのゲームにはまっていた人や、プログラミング経験のあるニートの人、絵を描くことが好きなニートの人にはもってこいの仕事でしょう。

以下の記事ではデザインの仕事について詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

デザインの仕事|種類や内容、魅力を知って理想のキャリアを手に入れよう

デザインの仕事の内容・業務 デザインの仕事というと、デザインをする「デザイナー」と呼ばれる仕事になります。デザイナーって言葉は、よく聞くけれど、どんな種類が…

2017.12.04

4.新聞配達

朝刊の配達は早起きをしなくてはなりません。これは時間枠のない生活からの脱却ができ、朝型人間になることができます。早朝に朝日を浴びると、とても気持ち良くなり、前向きになることができます。

また、早朝は人が少なく、会う人は決まった顔ぶれなのでその人たちと親しみやすくなります。やがて気軽に挨拶ができるようにもなります。

新聞配達は誰かの生活の一部をになう社会参加です。そして新しい一日を迎える人への社会貢献となります。

5.ネットカフェやカラオケ、映画館などの受付

ネットカフェでは入店時の受付、出店時の精算、注文された食事や飲み物をブースに運ぶのが仕事です。

カラオケでは、利用者の部屋への案内、部屋の掃除、簡単なフードづくり等が仕事です。夜のシフトに入ると、ビールなどを部屋に運ぶ仕事が増え、酔っ払いの客の対応が増えます。

映画館の仕事は、チケットの販売、上映時間の案内、電話対応などです。

6.造園や草刈り

未経験者可のところがほとんどで、そこで働く人たちの年齢層が高く、若い人たちがあまりいないのも特徴です。年配の方とは気軽にしゃべれるのではないでしょうか。

7.飲食店の皿洗い

皿洗い自体は簡単で、うまく洗えるようになるとうれしいものです。

しかし、人付き合いが必要な職場で、洗う食器はホールの女性達が運んできます。その時、一言二言声をかけられることが多く、黙っていると気持ち悪がられてしまいます。また、うまく話せないときも、やはり気持ち悪がられてしまいます。

休憩室で休憩する時も大変です。飲食店で働く人はハイテンションな人が多く、わいわい騒がれている狭い休憩室で過ごすことになります。このような状態を地獄のように感じる方も多いのではないでしょうか。

8.倉庫内での仕分けや検品作業

倉庫内の商品を集めて箱に詰めることをピッキングと言います。ピッキングには摘み取り方ピッキングと種まきピッキングの2種類があります。

摘み取り方ピッキングは、倉庫の中から指定された商品を集荷場所に持っていくもので、種まきピッキングは、コンベアに流れてくる商品を箱に詰めるものです。

おすすすめは摘み取りピッキングです。商品リストを手にもって倉庫内を探し回るのは、宝さがしみたいで楽しいものです。動き回っていると時間のたつのも早く、身体のため健康のためにもなります。

9.ビルメンテナンスや掃除

掃除の仕事はオフィスビルの掃除、ビジネスホテルの部屋作りと掃除、ショッピングモールの掃除等があります。

ショッピングモール、アミューズメントパークでの掃除は、接客が必要になることがあります。道案内を求められることも多く、どこに何があるか知っておかなくてはなりませんし、わかりやすく説明しないといけません。

その点、オフィスビルの清掃はおすすめです。オフィスビルで出会う人は、そこ働きに来ている人達がほとんどで、道を聞かれることはまずありません。また、清掃作業は会社の就業時間とずらすことが多く、作業時間は早朝から昼頃がほとんどです。

10.工場のライン作業

このアルバイトは黙々と仕事をすることがほとんどです。食品系の場合、総菜の盛り付けやケーキの飾りつけ、検品作業を行います。

ひたすら同じ作業を繰り返しますので、集中力が必要で、繰り返し作業が好きな人に向いています。

立ったままの職場が多いですが、座り仕事の職場もあります。化粧品のシール貼りやねじとパーツをつなげる作業、完成品の箱詰めなどがそうです。

ニートを脱出したい30代の場合、34歳以下が有利になることも

若い人ほど就職しやすいですが、30代でもまだ大丈夫です。あきらめないことが大事で、意地やプライドは捨てましょう。さぼり癖、怠け癖を治す必要があります。

職歴の無い30代は、就職するのに苦労します。まずはアルバイト、パートから始めましょう。

就職するために、家族や親せきのコネを使うのも一つの方法です。これを縁故就職といいます。うまくいけば面接の基準を下げてもらえたり、採用されやすくなったりします。

また、友人や先輩を頼る方法もあります。この場合は、プライドを捨ててお願いすることが大事です。

職歴がなくて求人が無い場合、資格を取得するのは就職するための有効な手段です。ニート期間は資格取得のために使ったということもできます。これには、面接官も納得してくれます。

就職に強い資格としては、以下のものがあります。

  • ファイナンシャルプランナー。

これはお金のスペシャリストです。色々な形態のお金の節約、投資、不動産、住宅ローン、教育ローン、老後の準備、税金、相続に関することを行います。

フィナンシャルプランナーの仕事は、社会的な立場も高く、ニートが一発逆転を狙うには最適な仕事でしょう。以下の記事では、フィナンシャルプランナーの仕事について、魅力やフィナンシャルプランナーのなり方など網羅的にご紹介しています。ぜひご覧ください。

ファイナンシャルプランナーの仕事|種類や内容を知って理想のキャリアを手に入れよう

ファイナンシャルプランナーの仕事の内容・業務 フィナンシャルプランナーって、言葉は聞いたことあるけれど、実際はどんな仕事をしているの?と思っている方がほどん…

2017.12.04
  • 日商簿記

日商簿記は、会社の事務に通じる資格で、日常生活にも役立ちますので、持っていると便利な資格です。

  • TOEIC

TOEICは英語でのコミュニケーション能力検定試験です。今や英語はビジネスシーンで必須のものとなっています。

  • 社会保険労務士

社会保険や人事のプロフェッショナルで年金のスペシャリストでもあります。会社にとってもメリットが多い資格です。

  • 中小企業診断士

中小企業診断士は中小企業のコンサルタントで、経営、助言、診断を行います。今はまだ取得者が少なく年々需要が高まっています。

以下の記事では、「独学で中小企業診断士に合格するためには絶対に使うべき参考書」「独学でも落ちない勉強法」など独学で中小企業診断士の資格に合格するためのノウハウを余すことなくご紹介していますので、中小企業診断士に関心がある方はご覧になってください。

  • 宅地建物取引主任者

宅地建物取引主任者は、不動産関係の就職には必須のものです。

  • 調剤薬局事務

調剤薬局事務は、比較的取得しやすく、近年人気になってます。調剤薬局の受付や事務仕事を行います。

また、若年就職には29歳の壁、34歳の壁というものがあります。年齢制限が書かれる場合、29歳以下・34歳以下が特に多くなっています。30代でも34歳以下の場合、求人が多くあるのが現状です。

若年層のほうが有利なのは、企業では一般的に年齢が高くなると給与も高くなり採用が厳しくなるからです。年齢が高い場合には資格が必要になる場合が多く、採用条件として、年齢か資格条件が指定されることが多くあります。

 

ニートを脱出したい40代は高齢ニートと言われることも

40代はニートとしては高齢であり、「高齢ニート」と言われています。

年代が高くなるほど就職が難しくなるのが現実であり、高齢ニートが就職するのは非常に大変です。採用条件に年齢制限が書かれていなくても実際には年齢制限のあることも多いのが現状です。

年齢は若いほど仕事の習得が早く、給与も低くてすみ、また体力もあります。新しい人間関係を作りやすいのも有利な条件です。

しかし、やる気次第で40代でも就職はできます。40代で、未経験可の就職先もあります。アルバイトですが、モスバーガーは中高年を積極的に採用しています。また、タクシー運転手や警備員も年齢制限のないところが多くあります。

ニートを脱出した体験談を聞くのもおすすめ

自分と同じ境遇にある人が、どのようにしてニートを脱出したのか、その話を聞くのは大変参考になります。仕事をするには、そうかその手があったのかと気づいたりします。

頑張って資格を取ったらいい企業に就職できたという話を聞くと、よし私も頑張るぞと励みになります。

ニートを脱出して正社員も目指せる

就職エージェントとして『ハタラクティブ』というサービスがあります。ハタラクティブの求人は20代に特化していて、29歳までなら職歴なしでも就職することが可能です。フリーター、高卒、既卒などの若年層に就職、転職の支援を行っている会社です。

ハタラクティブでは未経験者可の求人のみを紹介し、正社員就職は高い成功率を誇っています。(2015年10月実績80.4%)

独自の求人情報を集めていて、一般の求人サイトには出ていないものも多くあります。あらゆる業種、職種の求人があり、ブラックと言われる外食産業、先物取引、投資用不動産、アミューズメント業界は一切紹介していません。

ハタラクティブでは、経験豊富なカウンセラーがカウンセリングを行い、的確なアドバイスをします。利用者の適性を把握して、求人を紹介します。

面接の対策や応募に必要な書類の添削サービスも無料で行っています。

ニート脱出して社会復帰を目指すなら思い立った時がおすすめ

ニートを脱出したいと思っているあなた、思い立った時が、ニート脱出のチャンスです。できることから一つずつ、階段を上っていきましょう。協力してくれる大人や組織がたくさんあることを忘れずに、実行してみてください。

社会に復帰し社会に貢献できる生活は、人間としてとても満たされたものとなります。心豊かな生活を送るためにも、最初の一歩を踏み出そうではありませんか。まずは行動を起こしてみることです。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加