仕事が続かない人の7つの特徴とその対処法|原因はうつ病の可能性も

「転職ばかりで仕事が続かない」
「一定の期間仕事をするとやる気がなくなって辞めてしまう」
「せっかく転職できてもすぐに辞めてしまう」

このように、仕事が続かないと「自分は甘えているんだろうな」など自己嫌悪に陥ってしまうものです。

ですが、仕事が続かない時には「甘え」ではなく「精神的なこと」が原因で仕事が続かない場合もあります。

もちろん、入社してすぐに辞めてしまうのは「甘え」と捉えられてもしかたありませんが、入社してから仕事を続けていけるように何かしら対策をしてみたけれどだめだったという場合は、精神的な部分で何かが影響を及ぼしているのかもしれません。

甘えとは「最初から何もせずに諦める人」であり、精神的なことが原因になっている人は「頑張りすぎている人」なのです。

仕事を辞めてしまう原因は人それぞれですが、自分が甘えで辞めてしまっているのか、精神的なことが原因で辞めてしまっているのかを知るためにも、なぜ仕事が続かないのか、どういう人に仕事が続かない人が多いのか、自分と照らし合わせて探ってみましょう。

仕事が続かず自信が無い時に確認したい、7つの特徴と原因

これからお話する特徴と原因に当てはまる人は今後仕事をしていても続かない可能性がありますので、甘えにしろ精神的なことにしろ改善していかなければなりません。

自分がもし当てはまるようであれば、対処策なども改善策を実践していきましょう。

仕事が続かない人の特徴と原因1|人間関係作りが苦手

仕事が続かない人の特徴として最も多いのが人間関係作りが苦手という人です。

コミュニケーション能力が低い、自分と周りの温度差を感じるなど、人と接することが苦手な人は仕事が続かなくなる人が多いのです。

会社に属するということはコミュニケーションは必須となります。
極力人と話さないようにしていても、仕事をしていく上で必ず会話が必要になります。
その時に「こんなことを聞いたら嫌がられないだろうか」「自分の話し方は失礼ではないか」など、コミュニケーション能力が低い人は会話に関して必要以上に不安感があります。

このような状態で仕事を続けていくのはとてもしんどく感じますし、「人に聞かなければいいんだ」と自己判断で仕事をしていると大きなミスをしたり、取返しの付かないミスにつながる可能性がありますので、人と話さずに仕事をすることは不可能です。

仕事が続かない人で一番大きな特徴となるのが人間関係を作るのが苦手な人が多いようですが、これは甘えではなく精神的な部分で疲れてしまっていることが原因でしょう。
ですが、努力することはできますので無理をしない程度に「挨拶だけはきちんとする」「仕事と割り切って話かける」など少しずつ人を会話する時間を長くしていくことも必要です。

仕事が続かない人の特徴と原因2|次の仕事はいくらでもあると考えがち

仕事が続かない人の特徴と原因ということで「次の仕事はいくらでもある」と考えている人がいます。
これは、自意識過剰と甘えが原因で仕事が続かない状態になっています。

「次の仕事はいくらでもある」と考えるのは自分の能力を高く評価しているからですし、「次の仕事がなければ?」という危機感がなく、転職を簡単に見ているので甘えがあるため「仕事なんていつ辞めても大丈夫」と思ってしまうのです。

確かに正社員という条件を外せばアルバイトでもパートでも仕事ができる場所はいくらでもあるでしょう。
ですが、正社員の仕事となると簡単ではありません。
今の自分がどれくらい社会に通用するのかは転職エージェントに登録するとわかります。

転職エージェントでは、登録者の市場価値を判断して企業とのマッチングを行い、求人を紹介してくれます。
登録者の市場価値が低いと判断されれば希望しているような企業(例えば大企業や優良企業など)は紹介してもらえないでしょう。

さらに、この不景気ですから次の仕事はいくらでもあるという考えはとても怖いことです。
仕事に対してもっと謙虚な姿勢でいなければ、いつか大きなしっぺ返しに遭うことでしょう。

仕事が続かない人の特徴と原因3|仕事に楽しさを感じられない

仕事が続かない人の中には「仕事に楽しさを感じられない」という人もいます。
「やりがい」や「楽しさ」がなければ何事も長続きはしません。
自分が何かの役に立っている、誰かの役に立っている、頼りにされていると感じることができなければ仕事が楽しいと感じることは難しいでしょう。

この原因の場合、甘えでもなく病気というわけではなく、ただ「やりがいのある仕事をしたい」という理由ですので向上心がありますから悪いことではありません。

ただ、自分がやりたいと思って就いた仕事でも「この作業はイヤだな」「ここは面倒だな」と感じることは多々あります。
また、自分がやりたい仕事ではない職業に就いた場合でも、仕事全体を見ればやりがいがない、楽しくないと感じても「この作業は好き」「これは楽しいな」と感じる時もあるのではないでしょうか。

仕事に楽しさを感じられるのも感じられないのも自分の仕事に対する姿勢次第で楽しくなるものです。
仕事に楽しさが感じられない場合は、仕事に対する見方を変えて仕事の楽しさを見つける作業から始めてみると解決するのかもしれません。

仕事が続かない人の特徴と原因4|嫌な事があった時の対処法や解消法を持っていない

仕事が続かない人の中には「嫌な事があった時の対処法や解消法を持っていない」人がいます。
自分なりの対処法や解消法を持っていなければ嫌な思いを持ったまま仕事を続けることになり、その状態が毎日続くと嫌な気持ちはどんどん蓄積され、結局仕事を辞めてしまうという事態になります。

仕事をしていれば嫌な事が全くないわけはありませんし、気の合わない人の一人や二人はいるものです。
仕事をしていく上で、嫌な事=ストレスの解消法や対処法を身につけていなければどんなに転職を繰り返しても結局仕事が続かないままです。

仕事を続けられるようにするためにも嫌な事があった時の対処法や解決法を持っておきましょう。
対処法や解決法は人それぞれ違います。
スポーツをすれば解消される人や、趣味に没頭する人、マッサージに行ったり、旅行に行ったり、とにかく寝る人など様々です。
自分なりの対処法や解決法を探し、嫌な事があっても対応できるようにしておきましょう。

仕事が続かない人の特徴と原因5|個人プレーでチームプレーを考えない

仕事が続かない人の特徴や原因で一番改善しなければならないのが「個人プレーをする人」です。
会社というのは組織で動いていますから、一人が勝手な行動をすると全ての統制が取れなくなってしまいます。

特に売り上げを上げなければならない営業は個人プレーに走ることが多く、自分さえよければいいという考え方の人がいます。
このような考え方をしていては自分の売り上げは上がっても会社の売り上げは下がりますし、その課のチームワークも崩れてしまうでしょう。

いくら自分が売り上げを上げていてもチームプレーができない人間は、いずれ売り上げも伸びなくなり、誰も助けの手を差し伸べてくれなくなります。
そうなると「自分にこの会社が合っていないんだ」と勝手な解釈をして仕事を辞めてしまうのです。

会社という組織に属している以上チームワークを考え、会社のために、そしてその商品やサービスを使うユーザーのために自分にできることは何かを考えましょう。

仕事が続かない人の特徴と原因6|仕事の延長線にいるお客様が見えてない

仕事が続かない人の中には、「その仕事の延長戦にいるお客様の姿が見えていない」人がいます。
今自分がしている仕事は、お客様のどんな役に立っているのかを考えて仕事をしなければ、どんな仕事をしていても長続きしません。

「やりがい」というところにつながるかもしれませんが、この仕事をすることで自分はお客様のどんな役に立っているのかを考えながらすることで、仕事の楽しさがわかり、やりがいも見出せるでしょう。

仕事が続かない人の特徴と原因7|自信がない

仕事が続かない人の中には「自分に自信がない」「仕事をやっていける自信がない」という人もいるでしょう。
この場合は甘えということではなく精神的なことが関係しているのかもしれません。

小さい時に褒められることが少なかった人は自分に自信がない人が多いですし、仕事に関しては人それぞれ処理スピードが違いますから、自分よりできる人を見れば仕事に対する自信も失ってしまうでしょう。

小さい時からの環境や性格が影響しているので、すぐにどうこうできることではないかもしれませんが、自分に自信が持てるように仕事ではなくても良いので何か一つでも自信を持てるものを見つけたり、仕事の中でも「この作業は好き」「この作業は得意」というものを見つけましょう。

「仕事」と一くくりにしてしまうと自信がなくても「仕事の中でもこれなら」とピンポイントで得意なことを見つけるだけでも自信につながります。

仕事が続かない・仕事を変わる回数が多い時は病気、うつ病の場合も

客観的に見れない場合は、カウンセリングを受けよう

仕事が続かなかったり、転職回数が多い人は「うつ病」の可能性があります。
仕事が続かないと自己嫌悪に陥っている時は自分のことしか見られなくなっています。

仕事を辞めたいと感じた時に冷静になって自分のことを客観的に見てみましょう。
客観的に見ようと思っても、どうしても自分の感情が先に立ってしまい客観的に見られない場合は、今の精神状態から脱出することは困難ですので、この場合は心療内科などでカウンセリングを受けた方が良いでしょう。

自分のことを客観的に見てもらうことで今の状態から脱出する方法が見出せますし、カウンセリングで今の気持ちを相談することでストレス発散にもなりますから気持ちも軽くなるでしょう。

仕事が続かないならキャリア診断テストを受けておこう

仕事が続かないのであれば、あなたの現在の仕事が合ってない場合があります。

そこで、自分に合った仕事を知るためにキャリア診断テストを受けることによって、自分の長所を知ることができ、自分がどのような仕事が合っているかを知ることができます。

そのため、仕事が続かない人はぜひともキャリア診断テストを受けるべきです。

おすすめのキャリア診断テスト

おすすめのキャリア診断テストはリクルートが提供している「グッドポイント診断」です。

リクナビNEXTという転職サイトに登録している人はログインすれば無料で診断を受けることができ、リクナビNEXTに登録していない人でも無料登録をすればすぐに診断を受けることができます。

仕事が続かない時に試したい対処法

仕事が続かない人の特徴や原因がわかったところで、仕事が続かない時の対処法が分からなければ意味がありません。

特徴や原因をお話している中で、いくつかの対処法はご紹介しましたが、これからする対処法は、どんな原因や特徴の人にも共通する対処法で、この対処法をしてみれば「仕事が続かない」状態から脱出できるかもしれません。

難しいことは一切ありませんし、楽しく仕事ができるようになったり、なぜ仕事が続かないのか自分の中の原因が見えたり、嫌なことがあった時の対処法にもなりますから実践してみてください。

仕事の中で小さな楽しみを見つける

これまでのお話の中でも少しご説明しましたが、「仕事」といっても色々あり、いつもしている作業も様々です。
電話を受ける、見積書を書く、受注書を発行する、発注書を発行する、請求書を発行する、プレゼンの資料を作る、出納帳を書く、貸借対照表を書く、損益計算書を書く、社内文書を作る、接待をするなど仕事には色々あります。

「仕事」とひとくくりにしてしまうと「楽しくない」「つまらない」という言葉が出てきてしまうかもしれませんが、「仕事」の中にある自分が得意とする作業や好きな作業はないでしょうか。

どんな仕事もイヤだなと思う作業はありますが、「この作業は好きだな」と思う作業もあるはずです。
仕事の中の小さな楽しみを見つけることで、仕事自体がイヤにならずに楽しみにしている作業まで頑張ってやろうと思えますし、お昼休憩や3時の休憩、アフターファイブを楽しみにしているなら、その時間まで頑張ろうという気になるでしょう。

信頼できる人に相談する

仕事がなかなか続かず、また「辞めたい」と思った時は信頼できる人に相談してみましょう。
友人や家族、会社の同僚など相談できる相手は色々だと思います。

その中で自分が一番信頼できる人に相談すれば、何か良いアドバイスがもらえるかもしれません。
もし、信頼できる上司がいるなら、その上司に相談するのが一番良いでしょう。

上司も「仕事を辞めたい」と思ったことはあるでしょうし、そんな時期を乗り越えてきています。
ましてや同じ会社で仕事をしているのであれば、仕事の辛さやしんどさなどもくみ取ってくれるでしょう。

自分の気持ちがわかってくれる上に的を得たアドバイスをもらえるのは信頼できる上司のはずです。
相談する相手を考える時は、まず信頼できる上司がいるか探してみましょう。

もし、信頼できる上司がいなくても家族や友人に話すだけでも一人で抱えることなく心に溜まっていたストレスも発散されるので、誰かに相談するのは精神的な安定を図ることができるので、とても良いことなのです。

お金の楽しい使い道を考える

仕事が続かず「会社を辞めたい」と思った時は楽しいことを考えてみましょう。
仕事をしている理由やなぜ自分は今の仕事をしているのだろうと考えた時に、何も思い浮かばないこともあります。

そんな時は、辛い中せっかく頑張って得たお給料なのですから自分へのご褒美に楽しいお金の使い道を考えても良いのではないでしょうか。

継続して何かをするには楽しみも必要です。自分の趣味に使ったり欲しいものを買ったりと自分が喜ぶことを考えて、お給料日を楽しみに仕事をするのもよいでしょう。

ミスをしたら自分の悪いところを客観的に見て、同じミスをしない対策を考える

仕事が続かない原因として「自信がない」ということがありました。
自分に自信がないために「ミスをしたらどうしよう」「もし間違っていたら」という不安感から仕事をするのが辛くなり、辞めたくなってしまいます。

特に「ミス」ということに関して過剰に反応してしまう人がいますが、ミスを減らすにはミスをしないように行動をする必要があります。
ミスをしないようにするには余計なことを考えず、仕事に集中しなければなりません。

「ミスをしたらどうしよう」と考えていると集中力が散漫になり、一番したくないと思っているミスをしてしまうのです。
まずは、ミスを減らすために仕事に集中するようにしましょう。

ですが、人間ですからミスをしてしまうこともあります。
この時に後悔ばかりして「同じミスを繰り返さないにはどうすればよいのか」ということを考えていない人がいます。

過去には戻れないのですからミスをしてしまったことをなかったことにはできません。
ですので、ミスをした時は素直に自分の悪いところを認めて、同じ失敗を繰り返さないようにするにはどうすればよいのかを考えましょう。

こうして「ミス」をしない対策をすることでミスが減っていき怒られる回数が減りますから仕事を辞めたいと思う回数も減っていくことでしょう。

仕事が続かない旦那・彼氏への対処法

仕事が続かない人が自分の旦那や彼氏の場合は困ります。
特に旦那の場合は家族ですし、一家の大黒柱ですから仕事が続かなければ家族が路頭に迷うことになります。

また、彼氏が「仕事が続かない」人の場合「この人と一緒にいて良いのだろうか」と考えてしまいます。

「一緒にいたいけれど、今のままでは…」と悩んでいる女性もいるでしょう。
そんな人の為に、旦那や彼氏が仕事が続かない場合にどのような対処をすれば良いのか、対処法をいくつかご紹介しましょう。

褒める

男性は褒められると気分が良くなり「よっしゃ!頑張ろう!」という気になるものです。
「なんで仕事が続かないの?!」と責められるより「仕事でそんなことしてるんだ!すごいね!」と自分の仕事や自分のことを褒められることで「俺ってすごいんだ」とやる気も出てきます。

男性は女性より繊細な部分を持っています。
責められるとやる気がなくなり、また仕事を辞めるという結果にもなりかねません。
ですが、褒められるとうれしくてもっと頑張ろうと思います。

男性はプライドが高いのでプライドを傷つけるような言葉は避け、褒めてあげると仕事が続くかもしれません。

プライドを傷つけない

先程のお話の最後に少しプライドという言葉が出てきましたが、男性はプライドがとても高い生き物です。
責められたり、怒られたり、プライドが傷つけられる全くやる気になりません。

男性は、「家族を守らなくては」「彼女にかっこよく見られたい」などプライドと見栄で頑張って仕事をしている部分もあります。

このプライドや見栄が崩れてしまうと続けられていたはずの仕事も続けられなくなりますので、男性のプライドを傷つけないようにしましょう。

優しい言葉をかける

仕事が続かない旦那や彼氏は、仕事のことで傷ついている可能性があります。
なかなか仕事が続かない時は、優しい言葉をかけてあげるようにしましょう。
自分のことを理解してくれている人がいることがわかるだけでも、男性はやる気になります。

もちろん、甘えで仕事が続かない場合は叱咤激励する必要も出てきますが、そうではない理由の場合は「十分頑張っているよ」「そんな仕事を任されているなんて頼りにされているんだね」「あまりに辛いなら無理しなくてもいいんだよ」など、「逃げ場がある」と思ってもらえるような言葉をかけてあげましょう。

また、「そのプロジェクトが終わったらご褒美旅行に行こう」「いつも大変な仕事をしているから今日はおいしいもの食べに行こう」など、旦那や彼氏を元気づける行動をするのもよいでしょう。

仕事が続かない主婦・彼女への対処法

仕事が続かないのは旦那や彼氏だけではありません。
女性にも仕事が続かない人はいます。

旦那や彼氏の対処法がわかったところで、次は主婦や彼女が仕事が続かない場合の対処法をご紹介しましょう。

慰める

主婦や彼女の仕事が続かない時も男性の時と同様に褒めてあげましょう。
女性は男性より社会的立場が低いことが多いので、その中で仕事をするのは大変なものです。

また、主婦の場合は子育てと家事の両立という大変な中で仕事をしていますから、仕事が続かないとなっても仕方のないことだと寛容な心で受け止めてあげましょう。

主婦や彼女も男性のように褒めてもらえれば頑張れる活力になります。
褒めてくれるのが自分の家族であり、大好きな彼氏であれば、頑張れる活力は何倍にもなることでしょう。

ただし、「頑張れ!」という言葉を口にするのではなく、「本当にすごいよ!」
「尊敬する」など、女性は男性から「すごい、尊敬する」という言葉をほとんど聞くことができませんから、「君はすごい人だよ」という意味の言葉をかけてあげるととても喜ぶのではないでしょうか。

甘いものを買ってあげる

女性と言えば甘い物!と定番のような気もしますが、甘いものを食べるととてお幸せな気持ちになります。
実際に、甘いものを食べると幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」が分泌されるので幸せな気分になります。

逆にセロトニンが不足すると、うつ病になったり不眠症になる人もいますので、甘いものは「仕事を辞めたい」とナーバスになっている時にはとても効果的です。
主婦や彼女が好きそうなお店を選んで、一緒に幸せな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

働きやすそうな職業を見つけてあげる

多くの女性は仕事に対して深い知識を持っていない人が多く、転職するにも「え?そんな仕事があるの?」という人もいるのです。

男性は定年までは仕事をしていかなければならないので職業や職種のことに詳しいのですが、女性は子供ができても働いている人はいますが、出産などで一度は仕事から離れますし、立て続けに子供ができれば退職する人もでてきます。

そのため、職業や職種の知識が少ない人が多く、今の仕事も「給料がいいから」「早く帰れるから」など安易な考えで入社した可能性が高いのです。
ですので、仕事が続かない場合は主婦や彼女に合った職業を見つけてあげるのもよい方法ではないでしょうか。

それでも仕事が続かないなら転職も視野に

あまりにも仕事が続かないなら、あなたの仕事があなたに合っていないことがあります。

そのため、どうしても休みたい場合は転職して自分の働きたい仕事につくことをおすすめ致します。

とは言えど、自分の力だけで転職をしようとしても転職初心者の方はあまりうまく行かないことが多いので、転職のプロであるキャリアコンサルタントに任せましょう。

キャリアコンサルタントとは転職エージェントに在籍してるアドバイザーのことで、登録すれば無料で転職の支援を行ってくれます。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェント|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」このように悩みを抱えている方はとても…

2017.11.10

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」このような意見をよく聞くことがあります。結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

仕事が続かない原因と向き合い、改善・対処法を試そう

仕事が続かない人の特徴や原因、対処法などをお話してきましたがいかがでしたか。仕事が続かないなと感じた時は、自分を見つめ直す良い機会です。

「仕事が続かない」原因が甘えなのか、精神的なものなのかをしっかり考え、その原因と向かっていなかければなりません。

原因と向き合わなければ、今後転職をしても結局仕事が続かない状態になることでしょう。
原因と向き合い、改善方法や対処法を試していくことで「仕事が続かない」という状態から抜け出すことができるでしょう。

仕事は何のためにしているのか、自分はどんな役に立っているのかなど、仕事を続けていくためには何を考えればよいのかを考え、考えるだけではなく改善策や対処法などを行う行動を起こすことでステップアップした自分に出会うことができるでしょう。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする