看護師の仕事|種類や内容を知って理想のキャリアを手に入れよう

よく白衣の天使と表現される看護師ですが、具体的には一体どんな仕事をしているのでしょうか。一口に看護師といっても、実は様々な種類があり、仕事の種類や内容も様々なのです。この記事では、看護師の仕事内容や種類、看護師という仕事のやりがいや辛いところ、看護師の資格を取得するまでの流れなどを網羅的に紹介します。

看護師の仕事の内容・業務

看護師とは、医療現場において医師の指示に基づき、怪我や病気をした人の世話や診療の補助を行う専門職です。

例えば私たちが病院を受診した際、問診(症状などの聞き取り)や採血、検温など患者さんの状態や症状を把握して医師に伝えるといった事はもちろん、入院患者さんの入浴介助や体位変換、看護計画の作成、ベッドメーキングなども看護師の仕事です。

また、手術室などの特殊な現場では機材の準備や執刀医への器械出し(手術器具を渡すこと)、使用した機材の洗浄・滅菌、手術中の記録や病棟へ患者さんを受け渡すといった業務も行っています。

この他にも配属先や就職先によって様々な業務内容があり、非常に多くのスキルが求められます。

看護師の1日の仕事の流れ

では具体的に、看護師の一日の仕事の流れを見てみましょう。ここでは病棟で働く看護師の一日の流れを紹介します。

8:30 出勤。その日の受け持ち患者さんの状態や治療計画の確認、必要物品や薬剤の準備などを行います。

8:50 申し送り(カンファレンス)。夜勤帯の看護師から患者さんの情報などを教えて貰います。また、その日に予定されている検査や手術、退院・入院予定などの確認、医師からの処方変更の確認なども併せて行います。

9:00~12:00 受け持ち患者さんの血圧測定・検温、看護記録の記入、入浴介助、点滴、昼食準備、排泄介助などをします。昼休憩は交代制でとる場合が多いです。

13:00~16:30 受け持ち患者さんの血圧測定・検温など午後の記録の記入、排泄介助・体位変換を必要に応じて行います。入院患者さんがいる場合は、受け入れや説明・準備といった事も看護師の仕事です。

16:30~17:30 申し送り(カンファレンス) 今度は夜勤帯の看護師に日中の状態を申し送ります。また、一日の看護記録の記入や看護計画の作成、後片付けなどを退勤まで行います。

上記が大まかな一日の流れですが、勤務先や配属先によって勤務時間・勤務体系は大きく異なってきます。

看護師の仕事の種類

看護師と一口に言っても、実は多くの種類と資格があります。では、看護師には具体的にどの様な種類があり、どのような内容の仕事をしているのかを紹介します。

保健師

地域住民の健康維持・推進をサポートしたり、予防・衛生活動を行ったりします。また、赤ちゃんが生まれた家庭を訪問し、育児相談や発達状況の確認をする事も保健師の大事な仕事です。これ以外にも事業所や学校の職員・児童などの健康管理もしています。

助産師

妊娠・出産をサポートし、分娩の介助、新生児のケアなどを行います。助産師の資格を取得すると助産院を開業する事が許されます。この他にも、家族計画や婦人科に関する検査・更年期や思春期のケアといった性保健も助産師の重要な仕事です。

専門看護師

専門看護師とは、がん看護を始めとした13の各専門分野を極めた看護師の事です。看護師になった後大学院に2年間通う・所定の単位取得と実務経験といった条件をクリアし、更に試験を受けて合格をしなければ専門看護師になる事は出来ません。また、5年毎の更新が義務付けられています。

2016年12月時点では、全国に1900人弱程しかいない非常に貴重な看護師です。

認定看護師

認定看護師とは、21に分かれた各分野の中から熟練した技術・知識を持って看護に取り組む事を目的とした看護師です。認定看護師は各分野での実務経験を3年以上経験し、尚且つ看護師としての実務経験が5年以上であり、所定の教育カリキュラム修了後試験を通過した人が認定看護師となれます。

認定看護管理者

認定看護管理者とは、病院や老健施設などの管理者としての専門知識を以てより質の高い看護やサービスを提供する看護師の事です。所定の要件を満たし、試験を受けると認定看護管理者となる事が出来ます。

看護師の仕事のやりがい

非常に専門性の高い職業である看護師ですが、どんな時に仕事のやりがいを感じるのでしょうか。看護師の仕事のやりがいについて、まとめてみました。

・責任が重い分、仕事のやりがいを感じる

・患者さんから『ありがとう』と言われた時

・担当患者さんが回復し、退院した時

・人の役に立っているという実感を感じた時

・研究や学会発表を通して高い専門知識を得られた時

上記のような点が看護師としてのやりがいを感じる時として挙げられます。

看護師の仕事の辛い部分

医療職の中では医師に次いで幅広い知識と高い技術を必要とされる看護師ですが、やりがいを感じる一方で辛いと感じる時も多いようです。

・見た目以上に重労働。帰る頃には足がパンパン…

・担当患者さんが亡くなった時

・皆が思っている以上に給料が安い

・女だらけの職場だから、人間関係が複雑

・常に感染の危険と隣合せだし、汚物処理が…

など、天使のような微笑みを見せる看護師の裏には、こんな苦労が隠されていました。

看護師の仕事をするには

看護師になるためには、大きく分けて3つの方法があります。まず1つ目は、高校を卒業後看護師を目指すのであれば、看護系の大学もしくは看護学科のある専門学校へ進み、所定の単位や実習を終えて看護師の国家試験を受けるという方法です。

2つ目は、中学を卒業後に看護科を有する高校へ進学し、5年間の一貫教育を経て看護師になる方法です。多くの都道府県に看護科もしくはそれに準ずる専攻科を設けている高校がありますが、中には設置されていない県もあるので、進学を考えている方は調べてみましょう。

3つ目は、准看護師の資格を取得後に看護師の免許を取得する方法です。准看護師の資格を取得している場合、専門の高校や大学・専門学校に通わなくとも7年間の実務経験と2年間の通信教育を受ければ、看護師の資格試験を受ける事が出来ます。

また、転職エージェントを利用することで簡単に就職することができます。

転職エージェントは完全無料で利用することができ、転職や就職に関わるほとんどの面倒な作業を代行してくれ、転職のプロであるコンサルタントからアドバイスをいただくことができるため、転職初心者の方は使わない手はないです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェント|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」このように悩みを抱えている方はとても…

2017.11.10

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」このような意見をよく聞くことがあります。結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

看護師の仕事の主な就職先

看護師の仕事の主な就職先としてまず挙げられるのが、病院・クリニックです。小さな町のクリニックから、大学付属病院、日本赤十字病院、済生会など、一度は名前を聞いた事のある総合病院などが就職先の第一選択肢として上がってきます。

この他の就職先としては、保健師の資格を取得後に県や市の保健師として働く、産業看護師として企業内の保健室等で働く、保育園で病児・病後児保育に携わる、製薬会社や医療機器メーカーなどの企業で社員として働くという道があります。

看護師の仕事はとても魅力的

看護師という仕事は責任が重く、体力的にも精神的にも辛い仕事ですが、その分誇りややりがいを持って挑むことが出来る仕事でもあります。また、病院だけでなく企業や保育所といった医療現場とは全く異なる分野で就職出来るというのも看護師の最大の魅力です。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする