広報の仕事|種類や内容を知って理想のキャリアを手に入れよう

広報の仕事と一口に言ってもあまりイメージがわかないのではないでしょうか。実は、広報の仕事は様々な種類があり、会社の顔となって会社の将来を担う非常に重要で責任の大きい仕事なのです。この記事では、広報の仕事の種類、広報の仕事のやりがいや魅力、広報の仕事をするにはどうしたらよいか、更には広報の仕事の辛い部分まで幅広くご紹介していきます。

広報の仕事の内容・業務

広報とは大まかに分けて、一般のお客様やメディアに商品・企業活動を知ってもらうため発信する社外広報・会社の情報共有や他部署との関わりで結束を高める狙いがある社内広報・投資家に業績や社会貢献の内容などを発信するIRの3種類に分かれます。

広告宣伝と間違えられることも多いですが、お金を払わない点が大きく違います。広告宣伝と違ってお金をかけないぶん地道なPR活動の積み重ねとなりますが、工夫一つで会社に大きな利益を与えることもできます。

株価にも影響する広報の仕事は、会社の将来にも大きく関わってきます。

企業と社会を繋げる役割を担っている広報は、お客様の声を一番近くで感じることができるのも特徴の一つです。PR方法によってはSNS上で拡散されて大きな利益となってかえってきます。

広報の1日の仕事の流れ

後方の仕事の一日の例をご紹介します。

8:30:携帯のメールをチェックしながら出社して、パソコンのメールを確認。

9:00:社内で今後の活動やPRについての会議と書類作成

10:00:クリッピングした内容を確認保存して社内への情報共有

11:00:アンケート対応やデスクワーク。お客様の意見を基に作戦を練る。

12:00:昼休憩。午後からはマスコミ対応などが入っていることも多いのでサッと済ませれる内容のものが多いです。

13:00:マスコミ対応。商品の良さを知ってもらうために情報をまとめて伝えます。

14:00:プレスリリースの為の資料作成。広報の仕事の大半がプレスリリースです。目に留まるような内容にする事で記事になり商品を多くの人にPRできます。

18:00:SNSやWEBサイトを更新。評判や意見などにも目を通す。

19:00:退社。仕事が残っている時や忙しい時などは夜遅くまで作業する事もあります。

広報の仕事は一般的に忙しく、定時で帰れることはほとんどありません。ご紹介したのは一例ですが、会社や職種によって1日の流れは変わってきます。

広報の仕事の種類

広報の仕事は多岐に渡ります。以下、1つずつご紹介していきます。

プレスリリースの作成

WEBやメディア向けて新商品の告知や新サービスの情報を発信します。毎日膨大な量が届くプレスリリースの中でも興味を持ってもらえるような内容にする事が最重要課題です。メディアに取り上げてもらう事で広く情報を発信できます。

社内報制作

商品についての最新情報や、新入社員の紹介などを書いて発表します。普段関わることの少ない他部署の仕事内容や情報を共有することで組織の活性化を図り、企業全体の結束を強める狙いがあります。

IR

主に株主や投資家へ向けて企業の決算短信や社会貢献の内容を発信します。株価にも大きく影響するIRは、会社が特に力を入れている内容でもあるためIR担当がいる場合も多いです。

会社の将来性を伝えて多くの人に賛同してもらえるように働きかけます。

取材対応

会社の商品や企業理念についてのメディア対応です。会社のイメージをアップさせると共に、また取材したいと思わせることが重要になります。長い付き合いになるかもしれないメディアとの関係は重要です。

イベント企画・運営

売上に直接繋がる事は少ないイベントですが、企業との接点がない人にも会社の存在を広く知ってもらう事ができる大切な仕事です。

クリッピング

新聞や雑誌などに載っている気になる記事を切り取り保存する仕事です。企業が行っている活動がメディアにはどのように報道されるかなど、第三者の視点から知ることができる広報の基本です。クリッピングした内容は会議などでも使用されます。

効果測定

発信した情報が会社にとってどれだけの効果を発揮したのかを調べます。効果がある媒体を見極めることでより効率的に会社の魅力を発信出来ます。

危機管理

会社で起こった不祥事や問題に対して対応します。情報をまとめてブランド価値への影響を最小限に抑える大事な役割です。厳しい意見を浴びせられる場合もありますが、会社の顔として謝罪の意思が大事になります。

自社製品のPR

イベントなどで広報担当者がパンフレットやサンプルを配って商品をPRします。地道な仕事ですが、PR活動から広がり売上に繋がる場合もありるので大事なお仕事です。。

WEBサイト・ソーシャルメディア運営

SNSや自社のWEBサイトを使って新商品をPRします。最近では商品の説明だけではなくて、SNS上でお客様と身近に関わり企業のイメージアップに成功している会社もあります。

広報誌制作

不特定多数の人に向けて発信する活動の紹介PR誌です。地域の人々に企業の活動を知ってもらうことでより円滑に作業を進めることが期待できます。新聞のチラシとして配られる場合もあります。

見学会企画・運営

一般の団体客や地元のマスコミなどを対象としてイベントを企画します。会社の内部や仕事の様子を知ってもらう事で会社の活動や企業理念を知ってもらいます。ブランドイメージアップも期待できる仕事です。

動画制作

決められた費用の中で会社のPR動画を作ることもあります。文のように堅苦しくならず広い年代に見てもらえる事から企業でも期待されています。YOUTUBEにアップするのも一つの手段です。

アンケート対応

一般の消費者の意見を基に会社へ反映させる仕事です。中には改善点や新商品へのアドバイスもあり社内だけでは見えなかったような意見も知ることができます。

問い合わせ窓口

意見や質問が集まる窓口は臨機応変に対応する力が求められます。社外の方に良い印象を持ってもらう機会でもあります。英語で対応できる能力があると更に会社の商品を広めることができます。

記者会見

合併や大型の新製品リリースなど大きな話題の時に使用される手法です。マスコミによって同時刻に広く知れ渡るので、正しい情報を適切なタイミングで発表する必要があります。マスコミとの関係作りも大事になります。

ノベルティ制作

多くの方が興味を持ち、会社を知るきっかけとなるような商品を企画します。イメージキャラクターがある場合にはキャラクターをノベルティの一部に入れ込んだりもします。

会社案内作成

会社について紹介したパンフレットを作ります。就職活動者向けなのか、営業用なのかで内容もデザインも変わってくるので用途にあった会社案内を作成する必要があります。会社の雰囲気も伝えることができる重要な仕事です。

広報の仕事のやりがい

広報の仕事でのやりがいは、会社の顔として活躍できる点にあります。大きな責任も伴いますが、自分が発信した情報によって会社のイメージアップや業績に繋がった時の喜びは大きいです。

広報での活動は株価にも影響してくるので、PRの成果によっては会社の価値を高めることもできます。

また、毎日多くの人と関わりを持つため人脈が広がります。毎日が刺激的で充実したものとなります。どの職業からも必要とされている広報は、転職の際にも有利に働くのでおすすめです。

広報の仕事の辛い部分

広報の仕事をしていて辛い部分は、問題が起こった時の対応です。たとえ自分が原因ではなくても会社の顔である広報に責任は回ってきます。クレーム対応など精神的に辛い場面も出てきますが、誠心誠意問題と向き合う気持ちを持つことが重要になってきます。

また社内全体と関わらなければいけない広報は、組織内で起きる揉め事に巻き込まれてしまう事もあります。華やかに見える広報ですが、孤独なことが多くて裏での地味な努力の連続です。

広報の仕事をするには

広報の仕事をするには空きが出た場合に社員の中から選ばれるか、即戦力として中途採用されるかの2択でとても狭い門です。

資格が無くてもできる広報の仕事ですが、PRプランナーの資格があると有利に働きます。PRプランナー資格認定制度とは、広報・PR業務において基礎的な知識からすぐに使えるスキルを習得する事ができる資格です。PRプランナー・准PRプランナー・PRプランナー補の3種類があり、最近注目されています。

また、転職エージェントを利用することで簡単に就職することができます。

転職エージェントは完全無料で利用することができ、転職や就職に関わるほとんどの面倒な作業を代行してくれ、転職のプロであるコンサルタントからアドバイスをいただくことができるため、転職初心者の方は使わない手はないです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 このように悩みを抱えている方はとても…

2017.11.10

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

広報の仕事の主な就職先

広報の仕事は非常に活躍の幅が広いため、大小さまざまあらゆる業種の企業が就職先となります。

しかし、大手の企業では新卒採用時に応募者の適性を見て採用したり、基本的に新卒は営業に配属されることが多いため、必ずしも広報の仕事が出来るとは限りません。

また、中途採用で広報の仕事の募集がでている場合もありますが、即戦力として広報経験者が優遇される傾向が多いです。

しかし、企業の広報専門ではなく、広報を専門的に行うPR会社もあり、広報の仕事では一般企業に加え、主な就職先となっています。

日本の主なPR会社としては、電通パブリックリレーションズ、ベクトル、サニーサイドアップなどの会社があり、中小も含めたら数も多く存在します。

広報の仕事はとても魅力的

会社の顔として大きな責任を伴う広報ですが、自分の働きによって大きく経営が左右されるのでやりがいは十分です。プレスリリースなど頭を悩ませる仕事も多いですが、毎日様々な人と出会い関わりがある広報は自分自身を大きく成長させてくれます。

また、人脈も広がりコミニケション能力もアップする広報は転職にも有利です。職場が合わなかった場合でも、別の業種で広報の経験を大いに活かすことが可能です。

 

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加