リクルートエージェントに登録する際の3つの注意点と登録のコツ

リクルートエージェントに登録しようとしているけど、登録する際にどのような点を記入していけば良いのかについて迷っている方も多いと思います。そこでこの記事では、転職エージェントサービスの選択肢としてまず挙げられるリクルートエージェントの登録手順とコツ、そして登録する際に気を付けてほしい3つの注意点をまとめました。

リクルートエージェントに登録しても断られることもある

求人関連サービスの一大グループ、リクルートホールディングス。その中でエージェントサービスを担っているのがリクルートエージェントです。

求人数や転職実績などにおいて転職サービスの頂点に立つ最大手・リクルートエージェント。
そのエージェントサービスは誰でも登録できますが、キャリアアドバイザーによるサポートを断られることもあるのをご存知でしょうか?

リクルートエージェントは幅広い業種や職種の求人を取り扱っており、年齢層のターゲットを絞り込んでいるわけでもないので、断られる頻度はそれほど高くないようです。

それでも休職期間が長かったり一度も職に就いたことが無かったり、希望の業種がニッチすぎる隙間産業だったり、経験やスキルが不足しているといったことが原因で紹介できる求人がありませんとサポートを拒否されることがあります。

こうなってしまうと、いくつか求人をおざなりにメールで紹介されるだけという、転職エージェントを利用する意味すらなくなってしまいます。

そうならないために、リクルートエージェントに登録する際に注意して欲しいことが3つあります。

  • 登録する際のレジュメは丁寧に作成しておく
  • 転職エージェントをその気にさせるような経歴を書く
  • 嘘をつかない

以上の3点が重要なポイントです。ひとつずつ詳しくご説明します。

リクルートエージェントに登録する際の3つの注意点

リクルートエージェントに登録するには、パソコンやスマホからオフィシャルサイトにアクセスすれば簡単に登録できます。

ですが、その手軽さゆえに必要な項目を適当に記入して登録してしまうと、リクルートエージェントの主力サービスであるキャリアドバイザーとの面談まで進めない場合もあります。

例えるならフルコース料理を頼んだのに、メインディッシュが無かった…といった感じでしょうか?

そういった事態を避けるために、リクルートエージェントのサービスに登録する時に気を付けてもらいたいポイントをご紹介します。

登録する際のレジュメを丁寧に作成しておく

後の項目で、実際の登録の流れを画像を使ってご紹介しますが登録の際のレジュメ、いわゆる職務経歴やスキル・資格の項目を丁寧に作成しておく事、これがまず大事です。

例えばどういった企業でどんな仕事をしていたのかはもちろんですが、どういった部署でどんな業務を行っていたのか?マネジメントの経験は?英語力は?といった事を出来るだけ詳しく記入しましょう。

この時点でリクルートエージェントが登録者を評価する情報はこのレジュメだけですから、ここで高評価を得ることであなたが企業に売り込める人材だと認められれば、キャリアアドザイザーとの面談へと一歩前進です。

登録レジュメは面倒がらず丁寧に記入しましょう。

転職エージェントをやる気にさせるような経歴を書く

登録レジュメを丁寧に書く。

言葉にすれば簡単ですが、リクルートエージェントがサポートに値すると判断する、つまりあなたという商品を企業に「いい人材ですよ!」とすすめる気にさせるような経歴やスキルを書くということです。

この人だったら、あの会社にピッタリ!あの企業が欲しがっていたような人だ!こんな人ならどの業種でも引く手あまた!そういう人材だから絶対いい企業にマッチングしたいとリクルートエージェントをやる気にさせるレジュメ作成を目指しましょう。

嘘をつかない

いくらリクルートエージェントをやる気にさせたいからと言って、経歴やスキルを盛って大げさに書いたり、出来もしないスキルを並べたりは絶対にしない方がいいです。

そういった「嘘」はいずれバレてしまいますし、そうなったらあなたの信頼度はゼロを通り越してマイナス評価になってしまいます。

信用できない人材を企業に紹介すれば、キャリアアドザイザーだけでなくリクルートエージェント自体の信用が落ちてしまうので、もうサポートは期待できません。

嘘偽りのないあなたで勝負しましょう。

リクルートエージェントのレジュメの書き方

できるだけ丁寧に書いた方がいい登録レジュメ、サポートにつながる効果的な登録レジュメの書き方をご紹介します。

先ほどの項でご説明したポイント、「丁寧に書く」と「やる気にさせる経歴」、そして「嘘はなし」の3つを念頭に置いたうえで、さらに具体的なポイントを4つご紹介します。

転職希望時期はなるべく早く

登録レジュメの最初の画面、そのまた一番最初の項目が「転職希望時期」です。

この転職時期については、たとえ今すぐに転職というわけではなくても出来るだけ早い時期を選択しましょう。

出来れば「すぐにでも」か「3カ月以内」を選ぶのがいいのではないでしょうか?

なぜなら、「未定」や「1年以内」を選択すれば「今すぐ使える人材じゃない」と判断されますから、すぐに人員補充をしたい企業にはマッチングできませんし、登録者自体の転職への熱意も感じられませんから、アドバイザーがやる気になれないからです。

転職時期は早めを選択しましょう。

経験・スキルは多く書いておく

登録レジュメで自分をアピールするいわゆる“見せ場”とも言えるのが経験・スキルの部分です。

今まで経験した業務の内容や役職を記入するのはもちろんですが、少しでも関わったことをもれなく記入しましょう。

特に企業が注目するのが「組織マネジメント」だと言われています。

そんな経験ないよ!という方でも、例えば後輩やアルバイト、パート従業員に業務上の指示を出したことはあるのではないでしょうか?

これだって立派な組織マネジメントです。しっかり記入しましょう。

職務内容は職務経歴書と同じものを記載する

転職を考えている人、あるいはすでに転職経験のある方なら職務経歴書を作成したことがあるのではないでしょうか?

従来の紙媒体の職務経歴書、もしくはパソコンやスマホのアプリなどを使って作成したデジタルな職務経歴書。

その職務経歴書に記載した内容をそのままレジュメの経歴の部分に記入しましょう。

もし作成したことが無い方は、転職活動には必須のアイテムですからこの機会にぜひ作成して下さい。

職務経歴を整理してまとめることを「キャリアの棚卸」というそうですが、ここで自分の経験やスキルをしっかり把握して、さらに現職(前職)への気持ちも在庫整理して新たな自分をスタートさせるのもいいかも知れませんね。

ともあれ、職務経歴書を作成してそれと同じ内容を登録レジュメに記載する事で記入ミスや、うろ覚えで間違った内容を書くことも防げます。

それに、パソコンやスマホのアプリで作成したのであれば、コピペすれば間違える心配はほぼありません。

希望条件を詳しく書いておく

業種・職種・勤務地・年収・職務内容…転職先への希望は皆さんいろいろあると思います。

どうせ叶わないからと適当に無難な希望を記入したりせずに、詳しく具体的に希望条件を書いておきましょう。

例えば、こんな業務を行ってきたのでその経験を活かしてこういった職種で活躍したいといった希望や、前職がかなりブラック企業だったので転職先は労働条件のいいところを希望、といった具合です。

この条件だけは譲れない!といった事もちゃんと記入しましょう。

リクルートエージェントの面談のコツ

リクルートエージェントに登録すると、すぐに面談日時を予約したいとメールや電話がある場合は問題ないのですが、紹介できる求人が無いといった理由でサポートを拒否されることもあります。

それ以外にも、電話で面談が行われることがありますが、この時の受け答えによって直接面談に進めるか否かが決まってしまうようです。

また、地方在住でリクルートエージェントの支社まで遠くて行けないという方も電話での面談になります。

キャリアアドバイザーのサポートへの第2関門、電話面談でのポイントをご紹介します。

面談で聞かれること

まずは面談で聞かれることですが、基本的に電話での面談もリクルートエージェントの本社・支社での個人面談と内容は大体同じです。

  • 現職または前職の業種・職種、職務内容
  • 現職または前職の頃の年収
  • 希望する業種・職種
  • 希望の年収や条件
  • 転職理由
  • 転職希望時期
  • 転職活動の現在の状況

以上のような内容がヒアリングの項目となるようです。
では、電話による面談の際の注意点をいくつかご紹介します。

転職活動状況は正直に話す

現在行っている転職活動の状況は隠さず正直に話しましょう。

例えば、リクルートエージェントに登録するより以前に、転職を前提として応募した理面接を行った企業があれば申告しましょう。

一度面接を受けて不採用になった企業を紹介されることを回避できます。

さらに、他の転職サイトや転職エージェントに登録しているのなら、それも包み隠さず話しましょう。

転職者で転職エージェントを利用する人は平均3社のサービスを併用しているそうなので、恥ずかしがったり運営に気を使ったりする必要はありません。堂々と申告しましょう。

転職エージェントにしてみても、自社の仲介で転職してもらわないと報酬が得られないので一生懸命になってくれるかも知れません。

転職の意思は固くしておく

登録&電話面談までに「転職するんだ!」という決意、転職の意思を固くしておくことも大切です。

エージェント側からすれば、冷やかしの客など相手にしていられませんし、まだ転職するかどうか分かりません…という人材を企業に紹介するわけにはいきません。

今よりいい職場に絶対転職する!そのあなたの熱意次第でキャリアアドバイザーも本気になるかも知れませんよ?

転職理由は前向きな理由にしておく

「給料が安すぎる!」「サービス残業が多くてツラい…」「周囲になじめなくて孤立した!」

こういった退職理由はあまり大きな声では言えませんよね?そこで、その退職理由を踏まえてもっと前向きな転職理由を考えておきましょう。

例えば…

  • 給料が安い→努力や成果を認めてもらえる職場で働きたい
  • 残業が多い→効率的な労働環境で頑張りたい
  • 人間関係→意思疎通ができるチーワークの良い部署で働きたい

こういったポジティブな転職理由なら企業側の担当者にも好意的に受け取られるものですから、リクルートエージェントとの電話面談でも口にしやすいですね。

直接の面談になった時には、ある程度本音の退職理由をキャリアアドバイザーに打ち明けてもいいと思います。

その上で企業側に提示したり、採用面接で答える転職理由をアドバイザーと一緒に考えるといいですね。

希望年収は妥当な金額にする

現在の年収を聞いたうえで、どのくらいの年収を希望するのかを質問されますが、その際に希望年収は常識的な額、妥当な希望年収を答えましょう。

現実とはかけ離れた年収アップを希望したりすると、度はずれた自信家か現実を見られない夢想家ぐらいにしか評価されず、真剣に転職する気があるのかすら疑われるかも知れません。

上昇志向は悪いことではありませんが、打算的な野心にならないようにほどほどの年収アップを目指しましょう。

リクルートエージェントの登録方法

それでは、リクルートエージェントの実際の登録方法を具体的にご紹介します。

今回はパソコンを使ってオフィシャルサイトにアクセスした場合の登録方法で解説します。

リクルートエージェントの登録画面は、個人情報入力などの前にいきなり転職希望時期と希望勤務地を選択する項目があります。

先程もお伝えしたように、転職希望時期は早めを選択しましょう。

続いて名前や住所といった個人情報の記入項目が並びます。

次の入力画面では現在の状況を聞かれますが、その下に英語力をアピールする欄がありますので、例えばTOEIC850点・900点といった方はしっかり記入しましょう。

最下部の資格などの欄にも特殊な資格、例えば公認会計士や宅地建物取引責任者、社会保険労務士などビジネスに直結する資格を保有していればアピールになりますから忘れず記入しましょう。

最後に職務経歴を記入しますが、他の転職エージェントに登録している人はその際に記入したデータをコピペすれば簡単です。

最下段にリクナビNEXTのスカウトサービスへの登録を聞かれます。
スカウトオファーがたくさん届いたりするのが嫌な人は登録しないにチェックしましょう。

以上でリクルートエージェントへの登録が終了しました。
この後登録完了のメールが届き、転職活動の管理を行うリクルートエージェントの専用ページの開設を促されます。

他にも、スマホ向けのリクルートエージェント登録者専用転職支援アプリもあります。

リクルートエージェントを使って転職を成功させよう

エージェントサービスを利用して転職活動をしようと思っているなら、リクルートエージェントは外せない選択です。

求人数・転職実績ともに業界ナンバーワンのサービスを利用しない手はありません。
もちろん、リクルートエージェントだけが最高のサービスというわけではありませんので、他の転職エージェント、あるいは転職サイトなどを幅広く使って転職活動を進めましょう。

つまり、あなたが今よりもっと素晴らしい職場で活躍できればいいんです!
リクルートエージェントはその手段のひとつに過ぎません。

さあ、転職活動を始めましょう!

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加