リクルートエージェントの口コミ・評判を現役転職エージェントが辛口解説

「リクルートエージェントの口コミを知りたいけど、ありすぎて見る気も失せる」
「リクルートエージェントの評判ってどうなの?」
「リクルートエージェントに登録するべきか迷っている」

転職業界では最も有名である『リクルートエージェント』を使ってみたいけど、以上のような悩みを抱えた人は多いと思います。

実際に『リクルートエージェント』を利用した人は、「求人の数が圧倒的」と言うようにかなり満足した人や、「ミスマッチがありすぎる」と言うように批判的な人も一定数いて、口コミや評価は総合的に見ると二極化しています。

そのため、大企業のリクルートが行っているサービスだから安心だと思って使っている人は、転職活動を終えた後に満足する結果が得られないかもしれません。

そこで『リクルートエージェント』のメリット・デメリットや裏事情をより効率的に、短時間で知るための、口コミや評判を厳選してご紹介します。

この記事を読めば、よりあなたに合った転職エージェント選びを実現できることをお約束します。

リクルートエージェントの特徴

リクルートエージェント』は転職業界では、他の転職エージェントにはない、サービスの質の高さや圧倒的な求人数、その網羅性から、業界人の間では誰しもが認めるNo.1の転職エージェントです。

そのため、転職を希望している様々な業界、キャリアの人たちからも絶大な支持を得ており、ユーザー数は年間約41万人(2015年)にものぼると公表しています。

そんな『リクルートエージェント』ですが、ユーザー数が多いのもあってか、批判的な口コミも多く見受けられました。

役に立つ口コミを厳選し、分析した結果をまとめると以下のようになりました。

評価概要
 コンサル(提案力)の質普通 人によるが、やる気のある人にはかなり親切だが、やる気のない人にはあまり良い態度をとらないとの口コミも。
 求人案件の量・質やや良 業界では他を圧倒する求人数。だが、中にはブラック企業も混じっており、ホワイト企業が少ないことから質は高いとは言えない。
 サービスの質 良面接セミナーを行ったり、企業の独自レポートや進捗管理ツールなど、転職に役立つ便利な独自サービスを展開。かなり役立っているとの口コミも。

 

この表からわかる通り、『リクルートエージェント』は求人案件数が業界最大規模です。つまり言い換えると、それだけ企業に対する営業力が強く、信頼も手厚いのです。

以上を踏まえたうえで、『リクルートエージェント』のメリットは以下のようになります。

メリット

  • 面接などのサポートが手厚いため、自分に合った転職に成功しやすい
  • 求人案件の量が多いため、いろいろな業界への転職が可能
  • 転職に失敗しづらい環境にいるという安心感を持てる
転職エージェントは、より自分に合った転職を実現するためにあります。

そのため、これらのメリットは転職する際にとても重要なところなので、『リクルートエージェント』はかなりオススメできる転職エージェントと言えます。

しかし、求人数が多いことは逆手に取るとブラック企業も混じりこんでくる可能性もあるということです。

もちろんホワイトな企業もしっかりとありますが、中にはブラック企業を巧みな営業トークですすめられて転職し、入社してから後悔した人もいるので注意が必要です。

以上を踏まえたうえで、『リクルートエージェント』のデメリットは以下のようになります。

デメリット

  • ブラック企業に転職してしまう可能性もある
  • 強引に転職させられてしまうことがある
  • メールなどの対応が遅い
一見すると嫌な転職エージェントのように思えますが、このようなことは他の転職エージェントでもよくあります。

なので、いちいち気にしていてはキリがないのかもしれません。

ここまで、わかりやすくするために口コミや評判をエッセンスだけ抜いてまとめましたが、ここからはより深く掘り下げて知るために、ありのままの口コミをコンサルの質、求人案件の量・質、サービスの質ごとにご紹介します。

※重要なところは上の表に書かれていますので、読むのが面倒な方はここの口コミは読み飛ばしてもらっても構いません。

コンサルの質に関する口コミ

転職エージェント選びの1つの基準となるのが、キャリアコンサルタントです。

キャリアコンサルタントは、転職エージェントに登録した後、あなたの転職やキャリアの相談にのってくれる人のことで、この人が親身になってくれるかどうかであなたの転職がうまくいくかどうかを握っていると言っても過言ではありません。

そのため、キャリアコンサルタントの対応などが適当なところなどを選んでしまうと、転職した後に後悔するかもしれませんのでご注意ください。

20代女性:営業
転職活動を行うにあたって、リクルートエージェントを利用しました。

流れとしては、専門のコンサルタントの方との面接が一番初めにあります。希望職種や、キャリアプラン等、丁寧に聞いて下さりました。また、自分の長所など、アピールポイントも一緒に考えて下さり、とても参考になりました。

出典:http://www10.plala.or.jp/zikiru/

20代男性:不動産
最初の内は親身になって相談してくれるが、無職期間が長くなってくるとこちらの要望は無視で紹介する業界や職種などが適当になってきた気がした。

内定辞退した時もかなりしつこく説得され、紹介手数料をもらうために求職者をとりあえずどこでもいいから入社させたい感が丸出しで、付き合いづらくなった。

出典:http://www10.plala.or.jp/zikiru/

求人案件の量・質に関する口コミ

転職エージェント選びの基準の1つとなるのが、求人案件の量や質です。

もちろん、求人の数が多ければ多いほど網羅性が高くなるので、より広い業種やキャリアでの転職や、より良い条件での転職ができる可能性が高くなるほか、そのサービスの求人獲得をする営業力の高さや信頼があるため、ユーザーからすると安心感があります。

しかし、案件の数はあってもブラック企業のような質の悪い案件ばかりの可能性もあるので、数だけでなく質も見逃してはいけません。

20代女性:営業
求人数の多さは圧倒的に多く、希望の業種以外での求人もお願いしたこともあってか、選ぶのに迷う程の量の求人の紹介を受けました。

マイナビやDODAも利用しましたが、他ではそこまでの量の求人はありませんでした。いろいろな業界の求人を見たいという方には非常におすすめだと思います。

出典:http://www.kuchikomi-s.com/

40代男性:SE
最初の面談でエントリーシートの確認をしてくれ、職務経歴書の内容確認、構成などを提示してくれる。初期の求人案件の案内は未公開案件が多数あり初回は20社程紹介してくれる。希望する業種・職種を伝えると良い。

就職活動が3ヶ月を過ぎると案内される案件が減少する(1件/月程度)。登録期間は6ヶ月まで。それ以降はサポートして貰えない。

出典:http://www10.plala.or.jp/zikiru/

サービスの質に関する口コミ

転職エージェント選びの基準の1つとなるのが、サービスの質です。

独自のサービスがあったり、良質なサービスがある転職エージェントには、ユーザーを大事にしている転職エージェントが多い傾向にあります。

そのため、サービスの質は転職エージェント選びの際には、必ず見るべきポイントです。

30代男性:SE
志望先が外資系で、特殊な面接をする業界だったため不安が大きかったが、過去の面接質問例を頂いたり、実際に電話で練習に付き合ってくれたりと、本当によくして頂きました。

担当者は外資系には詳しくなかったものの、社内にいる詳しいコンサルタントの方を連れてきてくれました。熱心さは他社に比べ物にならないです。

出典:http://career-theory.net/

30代女性:法人営業
求人のラインナップ自体は悪くなかったが、おそらく担当が経験のないキャリア・アドバイザーだったからだろうが、あくまでも「どうしますか?」「これがありますが」程度で、ヒアリングの内容をとうてい活かしたとは思えない提案だった。

サポートはほぼ 全く無いと考えたほうがよいと思う。連絡や返信もやや遅く、心配になる。

出典:http://career-theory.net/

リクルートエージェントのメリットに関する口コミ・評判

「リクルートエージェントの特徴」でもご紹介した通り、『リクルートエージェント』を利用するメリットは以下の3つです。

メリット

  • 面接などのサポートが手厚いため、自分に合った転職に成功しやすい
  • 求人案件の量が多いため、いろいろな業界への転職が可能
  • 転職に失敗しづらい環境にいるという安心感を持てる
これらのメリット1つ1つについて、口コミを引用しながら解説いたします。

面接などのサポートが手厚いため、自分に合った転職に成功しやすい

『リクルートエージェント』では、独自の面接セミナーなどのサポート体制がしっかりとしています。

そのため、転職初心者な方にも優しいといった口コミが多いです。

20代女性:営業
有名講師による面接対策のセミナーがあり、それはとても役に立ちました。その時は50名くらいの参加者がいて、所要時間は2時間ほどでしたが、職務経歴書の書き方や面接で話すべきことなどを教えてもらいました。

新卒の頃の就職活動の時から時間が経ち、忘れかけていた面接の感覚をこのセミナーで思い出すことができました。

出典:http://agent.jobmark.jp/

20代女性:営業
履歴書や職務経歴書の書き方指導も充実していました。完成したものはマイページで管理することができ、希望すれば担当者の方にアドバイスをもらうことも可能です。

初めての転職で何を準備すれば良いかわからない人には安心のサポートだと思います。私もここで作成した職務経歴書を他の紹介会社経由で応募した企業に流用することができ、とても助かりました。

出典:http://www.kuchikomi-s.com/

求人案件の量が多いため、いろいろな業界への転職が可能

転職業界ではNo.1ということもあり、求人案件数は非公開案件を含め、最大レベルです。

そのため、幅広い求人があるので、非常にさまざまなキャリアや業種の人が満足している印象を受けました。

30代男性:SE
転職サービスとして考えた場合、全体的には悪く無いと思います。求人の量も多く、質も悪くありません。リクナビNEXTと比較して、非公開の求人も多かったです。

出典:http://www.kuchikomi-s.com/

20代女性:事務
第2新卒、かつ一般事務職しか経験のない状態で、他のエージェントでは紹介できる案件はないと言われ諦めていたが、リクルートエージェントでは30件以上の案件を提示してくれました。

面接対策もばっちりしてもらい、総合職として改めてキャリアをスタートさせることができました。

出典:http://career-theory.net/

転職に失敗しづらい環境にいるという安心感を持てる

『リクルートエージェント』は、大企業であるリクルートによって運営されているため、他社と比べても、圧倒的な信頼感があります。

そのため、ユーザーは非常に安心感をもって転職活動を行えているような印象を受けました。

30代男性:営業
不採用になった時のアドバイス(応募企業の求めているものと私が持っている技能やこれまで経歴との差、など)も適切な内容だったと思います。

最終的に自分が納得できる企業への内定を取り付けられるまで3ヶ月ほどかかりましたが、時間をかけただけの意義が感じられる企業を選べたと思っています。

30代女性:人事
アドバイザーの方は「どうにか自分の会社の紹介で転職させたい」ではなく「私の転職が上手くいくように」という気持ちでサポートしてくれる意思が見えました。

それは「ご自身でも転職サイトなどを利用して人材紹介と並行で活動していく方がいいですよ!良い出会いはどこにあるか分かりませんから」という発言から感じられました。

出典:http://www.kuchikomi-s.com/

リクルートエージェントのデメリットに関する口コミ・評判

「リクルートエージェントの特徴」でもご紹介した通り、『リクルートエージェント』を利用するデメリットは以下の3つです。

デメリット

  • ブラック企業に転職してしまう可能性もある
  • 強引に転職させられてしまうことがある
  • メールなどの対応が遅い
これらのデメリット1つ1つについて、口コミを引用しながら解説いたします。

ブラック企業に転職してしまう可能性もある

『リクルートエージェント』は、求人案件数が業界最大レベルではありますが、それを逆手に取るとブラック企業が紛れ込んでいるのです。

キャリアコンサルタントから紹介された案件が、ユーザーの想像していたものと違った、なんてことが多いようです。

20代女性:人事
エージェントも1社1社深い部分まで企業調査はできないのでしょうが、それにしてもあまりにも話と違いすぎ、がっかりでした。

やはり自身で情報収集を行い、面接時にもしっかりと納得がいくまで条件面についての確認を取る必要があることを痛感しました。

出典:http://www10.plala.or.jp/zikiru/

20代女性:営業
面談のアポイントを代行してくれるしRAとの付き合いの親密な企業では書類選考を通過し易いし選考結果のフィードバックしてもらえるし給与交渉を代行してくれるなどいたせりつくせりしてもらえるが、ちょこちょこブラック企業の案件もあるので企業をちゃんと調べる必要があります。CAとの相性もあり、合わないと利点が損なわれる場合もあります。こればかりは運なのでなんとも言えませんが・・・

企業側から見て有料(転職者報酬が要る)なので、当落線上に同レベルが並ぶと厳しい結果が待ち受けているかも・・・リクルートエージェントを使ってみた結果、使い方次第では、良い方向にも悪い方向にも転ぶと思います。

出典:http://www10.plala.or.jp/zikiru/

強引に転職させられてしまうことがある

転職エージェントは、ユーザーを転職させてはじめてお金をもらえるビジネスモデルなので、内定が出てしまうとどうしても転職させたくなります。

その度合いが過ぎてしまって、強引になってしまうキャリアコンサルタントもいるようです。

30代女性:IT
内定通知を貰った際に、担当のキャリアカウンセラーから「ここで決めないともうどこの会社にも決まりませんよ」的なことを1時間以上も言われて非常に不愉快な思いをし、しばらく電話に出るのが怖くなってしまいました。

出典:http://agent.jobmark.jp/

30代男性:SE
担当者にもよると思いますが、内定が出た後、とにかく早く入社するようにと促がされた点が気になりました。

その分、企業にも内定出しを迫ってくれたのでトータルでは感謝していますが、積極的すぎて自分のペースでやりたい人にはおすすめしにくいです。

出典:http://career-theory.net/

メールなどの対応が遅い

『リクルートエージェント』も業界最大レベルのユーザー数なので、1人1人にかけられる時間が限られています。

そのため、メールや電話といった連絡が遅れてしまうこともしばしばあるそうです。

20代男性:販売管理
結果的に転職は成功したが、先方への面接日時設定メールの送り忘れが生じていたことには愕然とした。

担当コンサルタントが若いorあまりに忙しそうな場合は、重要な依頼ごとはこちらからチェックすることが必要。

出典:http://career-theory.net/

20代男性:販売
メールの連絡が遅い時があった。年収交渉や希望の交渉が上手くいっていなかった。

ただし、面接対応はしっかりと対策してもらえたので結果的に良いが、内定承諾書の通知が遅れたこと、先方に遅く届いたことについてはそもそも社会人としてどうかと思った。

リクルートエージェントを使うべき人

リクルートエージェントは、転職業界No.1の実績を誇っているため、誰でも使うべき転職エージェントです。

しかし、リクルートエージェントにも悪い部分があるのでそれを補う形で、他の転職エージェントも使うと良いでしょう。

また、地方によってもおすすめの転職エージェントが変わってきますので、こちらの記事も合わせてご参考ください。

地方名おすすめエージェント解説ページ
北海道・東北地方北海道のおすすめ転職エージェント
青森のおすすめ転職エージェント
岩手のおすすめ転職エージェント
宮城のおすすめ転職エージェント
秋田のおすすめ転職エージェント
山形のおすすめ転職エージェント
福島のおすすめ転職エージェント
関東地方茨城のおすすめ転職エージェント
栃木のおすすめ転職エージェント
群馬のおすすめ転職エージェント
埼玉のおすすめ転職エージェント
千葉のおすすめ転職エージェント
東京のおすすめ転職エージェント
神奈川のおすすめ転職エージェント
中部地方新潟のおすすめ転職エージェント
富山のおすすめ転職エージェント
石川のおすすめ転職エージェント
福井のおすすめ転職エージェント
山梨のおすすめ転職エージェント
長野のおすすめ転職エージェント
岐阜のおすすめ転職エージェント
静岡のおすすめ転職エージェント
愛知のおすすめ転職エージェント
近畿地方三重のおすすめ転職エージェント
滋賀のおすすめ転職エージェント
京都のおすすめ転職エージェント
大阪のおすすめ転職エージェント
兵庫のおすすめ転職エージェント
奈良のおすすめ転職エージェント
和歌山のおすすめ転職エージェント
中国地方鳥取のおすすめ転職エージェント
島根のおすすめ転職エージェント
岡山のおすすめ転職エージェント
広島のおすすめ転職エージェント
山口のおすすめ転職エージェント
四国地方徳島のおすすめ転職エージェント
香川のおすすめ転職エージェント
愛媛のおすすめ転職エージェント
高知のおすすめ転職エージェント
九州地方福岡のおすすめ転職エージェント
佐賀のおすすめ転職エージェント
長崎のおすすめ転職エージェント
熊本のおすすめ転職エージェント
大分のおすすめ転職エージェント
宮崎のおすすめ転職エージェント
鹿児島のおすすめ転職エージェント
沖縄のおすすめ転職エージェント

 その他のリクルートエージェントの口コミ・評判一覧

『リクルートエージェント』は業界No.1ということもあり、実にさまざまな口コミや評判が存在しています。

そのため、1つ1つすべて見ていたら時間も足りませんし、同じような口コミが出てきてしまい、『リクルートエージェント』について知るだけなのに効率が良くありません。

そこで、ここでは時間を圧倒的に短縮し、より効率良く『リクルートエージェント』について知れるよう、役に立つ口コミや評判を一覧にしました。

ぜひ活用して、あなたの転職エージェント選びの参考にしてみてください。

良い口コミ・評判

厳選した、絶対に見るべき「良い口コミ・評判」を10件ご紹介します。

30代男性:デザイナー
さすがに大手(リクルート)だけあって情報量は多い。ただ聞いたこともないような会社ばかりだったかも。自己の営業成績のためであろうが、親身になってくれているような接し方はしてくれる。

ただ具体的なアドバイスをしてくれないのでどう面接をしたらいいのかわからないといった部分もある。コンサルタントにもよるんだろうけど。紹介会社も一点に絞らずにいろいろ登録とかしておいたほうがいいかもしれない。

出典:http://www10.plala.or.jp/zikiru/

20代女性:広報
転職した先輩に薦められ登録しました。登録後、すぐに担当者との面談がありました。その際に転職に必要なこととか、書類だとかをを伝授してくれた。転職についての知識など一切なかったので、とても役に立ちました。面接で聞かれそうなことなどの資料も一式くれたり、面接練習の講習会の案内等をくださいました。

私は地元で転職先を希望していたのですが、リクルートということでどうしても大きな都市の求人が多く、なかなか受けたいなと思える求人にめぐり合うことができませんでした。そのことを話すると、ハローワークだと地元密着でいいよ!ハローワークとか他の転職サイトで見つけた求人でも持ってきてくれたら相談にのるからねと言ってくださり、とても親切な対応でした。

もし、周りで転職を希望している友達がいたら、是非紹介してあげたいと思います。

出典:http://www10.plala.or.jp/zikiru/

40代男性:営業
私は今年で47歳になるサラリーマンです。30歳で転職を経験し、一昨年の46歳の時に2度目の転職を決意。お世話になったのがリクルートエージェントさんでした。2度目ということでタカをくくってしまい、就職先も見つけない内に退職届を出してしまった私は、1度目と同じように就職情報誌で転職先を探しました。

しかし…1度目と違い45歳以上という年齢が大きな壁となり立ちはだかったのです。焦った私はネットを活用して就活をしようと検索を行った時、一番初めに目に留まったのがリクルートエージェントさんでした。藁にもすがる思いで個人の情報やスキル、希望する職種などの登録を行った数日後、担当となるエージェントさんから連絡が入りました。

具体的なスキルや今までに経験した職種などを詳しく問われましたが、私自身が気付いていなかったりすることも質問をしながら導き出してくれ、その丁寧さと私の為に真剣に取り組んでくれる姿勢にとても感動しました。

出典:http://tenshokusite.sakura.ne.jp/

30代女性:事務
リクルートエージェントを利用して転職をしました。転職する前は地方の病院でファイリングの仕事を主にしていたのですが、地方から都会に引っ越したのもあって、転職することにしたんです。

その時にリクルートエージェントを利用しました。東京都内に引っ越してきたのは旦那の転勤でです。旦那とは地方で知り合ったのですが、旦那の地元で結婚して更に、旦那の職場異動の結果東京都内で暮らすことになったのですが、都内で仕事を探す際にこの転職エージェントを利用しました。

利用した結果医療事務で再就職出来て地方で勤務していた病院よりもいい時給で勤務することができましたし、待遇も良くなりましたね。また自宅からの通勤も楽な職場で勤務しています。

出典:http://tenshokusite.sakura.ne.jp/

40代男性:SE
良い会社を紹介して頂きました。きちんと面談を時間を取ってして頂き、本当に転職したほうがいいのかも含め、親身に今後について一緒に考えて頂きました。

経歴書や職歴書や面接についても、細かく、アドバイスを頂き、無事、採用され、入社する事ができました。面接迄こぎつけ、かつ、採用されるにはどうしたらよいか、的確なご指導も頂きました。自分の長所や短所を見出さなければならない点や、自分の考えの甘さの指摘を受けることで、さほど応募せずに、採用されたと思います。

面接のシュミレーションなどは大変助かりました。本当に有難く思っております。この場をお借りして再び御礼申しあげたいと思います。有難う御座いました。

出典:http://www10.plala.or.jp/zikiru/

20代男性:経理事務
転職しようと思ったきっかけは、会社の業績不振による給与カットで自分の将来に不安を覚えたことでした。そこで、同じ経理事務としての経験を活かしてより安定した会社に転職しようと思い、リクルートエージェントに登録しました。

リクルートエージェントを選んだきっかけは、やはり転職サイト大手という安心感が決め手でした。実際に申し込んでみると、私と歳のそう変わらなさそうなエージェントの方が担当に付き、私の希望に沿った求人の紹介や、日程の調整、模擬面接などを行ってくれました。

また、エージェントとマンツーマン以外にも、面接対策セミナーなどが定期的に行われ、求職者の強い味方になりました。結果、1か月ほどで転職先が決まり、転職が成功し、年収は1.5倍になりました。

出典:http://tenshokusite.sakura.ne.jp/

30代女性:営業
初めての転職する際に、最初からどこかのエージェントを利用しようと考えていました。業界大手という事もあり、求人情報が本当に豊富だと考え、リクルートエージェントを活用することにしました。

実際活用してみて、これまでの自分が携わってきた業務内容から、最適な転職先を複数ご紹介いただくことができました。自分自身ががアピールすると良いポイントや、応募先企業の推薦等、支援していただくことができました。また、こまめに連絡をいただけたので、かぎられた時間を大変有効に使うことができよかったです。

面接の準備についても、こちらでお世話になりましたが、勉強になる点が多かったため、必ず利用したほうが良いと感じました。今後も機会があればぜひ利用したいと考えております。また、基本的なことではありますが、すべてをエージェント任せにせずに、あくまで主体は自分自身という事を忘れずに利用することが大切だと感じました。

出典:http://www10.plala.or.jp/zikiru/

30代女性:MR
前回の転職で、数社のエージェントと面談を持ちました。その時に感じたリクルートエージェントと他転職エージェントとの差異、また、実際に転職支援をしていただいた際の印象を下記にまとめます。

・職歴だけでなく、考え方や価値観を聞きだし、最適なキャリアを一緒に考えてくれる
・アドバイザーの企業情報、求人内容について理解が深い
・面談時に提示された求人票が、他転職エージェントより多かった
・提出書類の採点をしてもらえる
・細井先生の面接セミナーが非常に有用
・面接ワークシートなどのフォローがしっかりしている
・アドバイザーの対応が早い
・担当アドバイザーが休暇の間も、サブ担当が代理で支援
・不安なときに、電話でしっかり話を聞いてもらえる
・スムーズな退職についてアドバイスもらえる
・入社後も、その後のフォローの連絡があった。

出典:http://www10.plala.or.jp/zikiru/

30代女性:経理事務
求人数が豊富な大手で、無料で利用できるので登録しました。メール対応がとてもスムーズです。遠方に住んでいるので電話でカウンセリングをしてもらいました。

電話の方も非常に話しやすく、こちらの希望条件や状況をしっかりヒアリングしてもらえました。実際の紹介担当は別の方でしたが、電話で話したことがきちんと伝わっていたので、紹介される求人が希望と大きくかけ離れていることは少なかったです。ほぼ毎日1通はメールで仕事を紹介してもらえたのが良かったです。

メールなので好きな時に確認できるし、応募する・しないもHPから簡単にできるので、断るときも気兼ねなくできました。1回の紹介件数も10件以上あり、たくさんの中から選ぶことができてよかったです。

出典:http://tenshokusite.sakura.ne.jp/

30代男性:飲食店
初めての転職でリクルートエージェント、JAC、インテリジェンスに登録。リクルートのカウンセラーは30代後半の男性ですごく頭の切れる方。しかも謙虚で丁寧。コンサル的な仕事を探したいとの意向を伝え、コンビニのSV、とMR、駐車場企業の紹介いただく。

コンビニSVは好条件で内定、MRは1次でNG、駐車場会社は最終選考返事待ち時で辞退。今までのキャリアの洗い出し、面接の練習(上司同席いただく)など 非常に適切な対応いただき感謝しています。

ただ、リクルートさんは カウンセラー一人当たりの担当数も多く、とても忙しそうでした。なかなか連絡いただけないときがありました。でも相談してみる価値は大です。

出典:http://www10.plala.or.jp/zikiru/

悪い口コミ・評判

厳選した、絶対に見るべき「悪い口コミ・評判」を10件ご紹介します。

20代女性:サービス業
リクルートエージェントにインターネットから登録したが、未経験の職種への転職希望だったので、今までの自分の経験では紹介できる会社がないとメールが1通来て終わった。

もっと簡単な適正検査をするなどして希望を残してほしかった。経験がないのでダメです。では何の仕事もできないと思う。

個人情報の入力だけ無駄にしただけのように感じた。

出典:http://www10.plala.or.jp/zikiru/

20代女性:営業
とりあえず、求人数が豊富で大手企業も多かったので登録しました。登録後すぐに電話がかかってきて、すぐにでも面談をしたいと言われ後日面談がありました。

正直流作業のような感じで進み、私の希望や要望を聞き入れてもらえるというよりは、リクルートエージェントの推している企業や、割りと出入りの激しい企業(不動産営業や販売など)を薦められ全く見当違いでした。事務職を希望していた私に、「あなたのスキルでは行けるところは今のことはありません」とはっきり言われてしまいました。

求人者と一緒になって就職先を探してくれるというよりは、とりあえずどこでもいいから就職して下さいという感じで正直あまり良い印象は持ちませんでした。

出典:http://tenshokusite.sakura.ne.jp/

20代男性:金融
担当のCAが最悪でした。大手の勤務経験ないからと決めつけられ大手は紹介されない。CAが明らかに上から目線。(CAのスペックは知らないですけど。)中小企業を紹介してもらったが良い会社もあればブラック企業・DQN企業を紹介してきた。

東京採用での求人を紹介してきた、面接に行くとスキルが足りないと言われ断った筈だが?っと言われた。企業が連絡しリクルートエージェントの営業からCAの連絡漏れだった。往復の新幹線代は自腹でした。リクルートについては、スペックの高い人には良いかもしれませんが、私のように低スペックには実用的ではないようです。

幸いにも私は、現在の会社に運よく採用されましたが、リクルートには何の恩義もありません。自分の身の程を知りました。

出典:http://www10.plala.or.jp/zikiru/

30代女性:販売
今回、転職の機会に利用させていただきました。学歴・スキルでランク分けされているとの噂は聞きましたが、非常に酷い対応でした。

紹介案件は1週間に1件あるかないか。しかも質は非常に悪い。添削も一切なし。電話連絡もなし。たまに、サービスを利用してることを忘れるくらいです。おそらく、もう利用することはないと思います。

しかし、高学歴・経歴も申し分ない知人は、非常に良かったと言っていましたので、高学歴・高スキルの方には、いいサービスなのかもしれません。

出典:http://www10.plala.or.jp/zikiru/

20代女性:土木
就職活動の際に、リクナビNEXTを使っていたのですが、その際にリクナビエージェントをオススメするメールが来まして、専門担当者からアドバイスをいただけるという所に興味を持ってお願いしました。

私の希望職は理系工学部出身なので、建築関係とクリエイティブ関係の正社員職を希望していましたが、紹介されたのは契約社員で主に土木職のみ。担当者の女性は理系担当でしたが、専門外の職ばかり進めてきました。私は『専門外なので無理です』とお断りしても、『理系だから大丈夫』と、よく分からない返答ばかりで、紹介を受けても全く面接は受けませんでした。

挙句の果てには、『やる気のない人の世話はできない』と言われ、あちら側から一方的に退会手続きをされました。やり取りは約1ヶ月くらいでしたが、無意味な時間を過ごしてしまったと後悔ばかりです。

出典:http://tenshokusite.sakura.ne.jp/

40代男性:製造業
担当者がマンツーマンで支援する、企業との交渉もする、 とうたいながら、1週間後に送られてきたメールは、「ご期待に添えなく申し訳ありません」はぁ? あのボリュームのレジュメを空打ちさせてテンプレメール送って、はい、おしまい・・・?

ここは、企業がお客様で、我々はタダで仕入れできる商品です。野菜の選別のように、色あいの悪いものや鮮度の悪いもの、 そういった感覚で、要らないものは相手にしません。
どんな基準かは知らないが、エントリーさせる段階で、基準に満たなければエントリーを進められないようにする事くらいやるべき。

そもそも、リクルート内で別会社の起業を歓迎しているせいか、リクルート〇〇 という派生が多すぎる。リクナビNEXTにも豊富なレジュメが集まっているのだから、そこから、リクルートエージェントへ誘えそうな人を選べばいいじゃないかと思う。

出典:http://www10.plala.or.jp/zikiru/

20代女性:医療
大手だからか、担当者のレベルがとにかくばらばらでした。領域ごとに担当が分かれているはずですが、何か質問はありますか?と聞かれたので、現在の業界の動向や(勧められた会社)の様子等を聞いたのに、今すぐ答えられませんの一点張りでした。

いい方に考えて、「キチンとした情報を伝えたいからだ」と思い直し帰宅。返事のメールを待ちました。でも、内容はどうしてその場で答えられないのか?と言った内容でした。転職は人生を左右しかねない大きなものなのに、サポートする側が基本的なことができていないように感じてしまい信用して、自分の大事な転職を預ける気持ちになれませんでした。

担当変更をお願いしたかったのですが、それすら面倒になってしまい、別の会社を利用しました。言える方は良いとは思いますが、そういった担当者もいるので念頭に置いておくのもいいかと思い書かせていただきます。

出典:http://www10.plala.or.jp/zikiru/

20代男性:営業
ベテランの担当者であれば事はスムーズに進むかと思います。結果、他の場所で転職活動しましたが、それ迄の時間はとても無駄だったような気もします。質の高いキャリアコンサルタントに当たる可能性が高いのは「type転職エージェント」か「JACリクルートメント」です。リクルートエージェントも良いキャリアコンサルタントがたくさんいますが、ちょっと残念な方もそれなりにおられるようです。

キャリアコンサルタントの交代をお願いってなかなか言いにくい事かと思いますが、転職エージェント(人材紹介会社)ではよくある事のようです。すっきりしないまま転職活動を進めるのならお願いする方がいいでしょう。特にリクルートエージェントは求人数が一番多い転職エージェント(人材紹介会社)です。

応募のチャンスを逃すのはもったいないかと思います。極端な話、リクルートエージェント以外の転職エージェント(人材紹介会社)なら、担当のキャリアコンサルタントと合わなければ、他の転職エージェント(人材紹介会社)に乗り換えてしまうのも”あり”だと思います。

出典:http://www10.plala.or.jp/zikiru/

30代女性:派遣社員
アドバイザーにもよると思いますが、リクルートエージェントでは、とりあえず受けて受けて受けまくれ!的。

経験も取り立ててないし、妥協しないと仕事なんてない…みたいな事を言われる。職務経歴書に対しても特にアドバイスなし。希望でない職種を紹介されて断ると「なぜ?」と理由を求めてくるのがしつこい。

それに比べJAC Japanのアドバイザーは、職務経歴書ももっとこうした方がいいとか、見やすくなるからとか、面接前にもこの企業はこういった質問突っ込んでくるよとか、本当にアドバイスが的確。そして大手企業に一発合格!JAC Japanのアドバイザーさんの意見がなかったら、こんなに上手くいってなかったです。

出典:http://www10.plala.or.jp/zikiru/

20代女性:秘書
「ハケンはちょっと」「業種はコレは駄目です」という必要最低限のことをお伝えしていたのですが、完全に無視した求人を紹介されます。高望みはしていませんが、明らかに希望とは別の求人を持ってこられるとへこみます。

面談においても、マイナスのことしか言われず、アドバイスもろくになくとても事務的でした。
質問しても具体的な返答は期待できず、なんというか……ハローワークのほうが何倍も対応が良かったです。

ビジネスマナーだけはよく、対応だけは丁寧でしたが、「こんなこと言っちゃ悪いかもしれませんけど、無駄に資格ばかりありますね。資格マニアですか?」と笑いながら言われたり、「この人たちは転職者をなんだと思っているのだろう」と疑問に感じました。
まあ、定期的に求人は来るので、何も期待しなければ使用してもいいとは思います。

出典:http://www10.plala.or.jp/zikiru/

登録とその後の流れ

ここまで口コミや評判を見てきて、『リクルートエージェント』の良いところや悪いところがよくわかったと思います。

少しでも迷っているのであれば、転職のプロに任せられるし無料で登録できるので、まずは登録してみることをオススメします。

ここからは、登録しようと考えている人に向けて、登録の仕方からその後の流れまでをご紹介します。

登録の仕方

まずは『リクルートエージェント』の登録ページに移動し、「転職支援サービスに申し込む」というところへ移動してください。

そうすると個人情報を扱う登録ページへ移動するので、指示に従って項目を埋めていってください。

この登録は、大きく分けて以下の3項目について書いていきます。

登録項目

  1. 現職に関してや転職に期待すること
  2. あなたの個人情報
  3. 現職や職歴に関しての詳しい記述
どれも、嘘を書いてしまうとサービスを受けられなくなってしまったり、転職が満足する結果で終わらなかったりするので、正しい情報を書いていきましょう。

これが全て終われば、登録は完了です。

 登録後の流れ

無事に登録が完了すると、『リクルートエージェント』はあなたが転職できるまで全力でサポートしてくれます。全体的な流れとしては以下のようになります。

サービスの流れ

  1. 登録後1週間以内に、キャリアコンサルタントからメールもしくは電話で面談の案内をされる。
  2. あなたのキャリアや、転職条件の希望などに関することをキャリアコンサルタントと面談。
  3. 求人紹介(非公開案件含む)や企業情報を紹介してもらう。
  4. 面接のテクニックや職務経歴書の添削など、内定をもらうための指導の実施。
  5. キャリアコンサルタントとの面談後、企業への応募、日程調整を行う。
  6. 内定獲得後、円満退職のアドバイスや入社日の調整をキャリアコンサルタントが行う。
このように、転職エージェントではほとんどの転職に関わる部分をキャリアコンサルタントが代行してくれます。

そのため、『リクルートエージェント』に登録することで、あなたの転職活動がよりスムーズに、より良い条件で転職できることをお約束します。

まとめ

いかがでしたか?

リクルートエージェント』はキャリアコンサルタントによってユーザーの満足度が大きく左右されます。

しかし、業界No.1ということもあり、圧倒的な信頼感を得ています。

なので、もしあなたに合わないとしても、他の転職エージェントと掛け持ちしてでも登録するべき転職エージェントと言えます。

『リクルートエージェント』は、あなたが転職を考えているのであれば、必ず登録するべき転職エージェントです。

また、その他の転職エージェントのおすすめランキングを『【経験者推奨】年収100万円アップ確実なおすすめ転職エージェントランキング』の記事でご紹介していますので、こちらもご参考ください。

あなたの転職活動が成功することを心から願っております。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする