リクルートエージェントの評判・口コミ2018年最新版|現役担当者が語る裏情報も

「リクルートエージェントの口コミや評判を知りたい」

しかし、そう思ってネットで検索しても、素人が作った薄っぺらく信用できないような情報で溢れており、有益で確かな情報は非常に少ないのが実際のところです。

そこで転職wikiでは、現役リクルートエージェント担当者をお呼びして当事者目線でリアルな情報や裏情報を伺い、更に400名以上のリクルートエージェント利用者に向けて大規模な調査を行いました。

その結果を踏まえ、どのメディアにもない『本当に有益で確かな情報』だけをご紹介します。

リクルートエージェントの総評|他の転職エージェントとの徹底比較の結果

リクルートエージェントは転職エージェント業界No.1の実績を誇る最大手転職エージェントです。

この記事をご覧いただくにあたり、転職エージェントとは何か知っていなければなりません。「転職エージェントとは何か具体的に理解していないかも」という方は以下の記事をまずご覧になってください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 …

リクルートエージェントは保有求人数が公開求人・非公開求人合わせて15万件以上、更に内定決定数は全転職エージェントの中でNo.1

名実ともに日本最大手の転職エージェントで、転職活動をした人は必ずと言ってよいほど利用している転職エージェントです。

保有求人数や内定決定数以外のリクルートエージェントの特徴に関しては以下の記事で詳細にご紹介していますので、併せてご覧ください。

リクルートエージェントの特徴を現役転職エージェントが徹底解説

「リクルートエージェントの特徴って何?」「とりあえずリクルートエージェントに登録しなよ?って言われるけど実際どうなの?」 …

転職wikiでは、実際に転職活動でリクルートエージェントを利用した人400人以上に対して電話や対面などの大規模な調査・インタビューを実施しました。

さらに、現役リクルートエージェントのキャリアアドバイザーをお呼びし、比較情報を徹底チェックして頂きました

その結果、他の転職エージェントと比較してわかったリクルートエージェントの評価は以下の通りになりました。

※転職wikiでは、求職者の望む条件に合った案件を紹介してくれるか、そしてその量は多いかという点を基準にしていますので、求人の量と質は同一のものであると考えています。そのため、以下の表では求人の量と質を分けずに、「求人量・質」という表記を採用しています。

  キャリアアドバイザーの質 求人量・質  面接対策・書類添削などのサービス の質
リクルートエージェント  ★★★★★ ★★★★★ ★★★★☆
DODA  ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★★★
パソナキャリア  ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★★★
JACリクルートメント  ★★★★★ ★★★★★ ★★★★☆
Spring転職エージェント  ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★☆☆☆

リクルートエージェントのメリットして多く挙がった点は以下の7点

  • 圧倒的な求人数
  • 自分にあった求人を提案してくれる
  • 書類の添削や面接対策をしっかりやってもらえる
  • 面接や書類審査で落ちた際、きっちりフィードバックをくれる
  • メンタルのサポートまでしてくれる
  • 対企業提案力が高い
  • アプリや会員サイトが使いやすい

デメリットとして多く挙げられたのは以下の5点

  • 連絡が遅い
  • 質の悪い求人を紹介されることもある
  • 少々しつこい
  • 自社の入社を勧めてくることも
  • 他の転職エージェントを利用しないように言われることも

現役リクルートエージェントの方から伺ったところ、リクルートエージェントではキャリアアドバイザー一人につき、転職希望者は10人~20人を担当することが当たり前になってしまうため、リクルートエージェント全体で、転職希望者への連絡は遅くなりがちということでした。

また、転職希望者に深く寄り添っていくスタンスですので、メールや電話がしつこいと感じてしまう方は多いです。

しかし、リクルートエージェントは圧倒的な求人数を保有し、どんな年代職種にも対応。また、面接対策や書類添削、更には落ち込んだ時のメンタルのサポートまでしてくれるサポートの細やかさが高評価です。

もちろん、担当のキャリアアドバイザーによって当たりはずれがあったり、リクルートエージェントは転職希望者を3か月以内に転職を成功させることがポリシーですので急かされているように感じるといったこともありますが、転職をする際には必ず登録すべき転職エージェントと言えるでしょう

リクルートエージェントの7つのメリット・評判・口コミ

リクルートエージェントのメリットは先述の通り、

  • 圧倒的な求人数
  • 自分にあった求人を提案してくれる
  • 書類の添削や面接対策をしっかりやってもらえる
  • 面接や書類審査で落ちた際、きっちりフィードバックをくれる
  • メンタルのサポートまでしてくれる
  • 対企業提案力が高い
  • アプリや会員サイトが使いやすい

の7つ。

以下、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

1.国内転職エージェントで求人数が圧倒的No.1。年代業種問わず、すべての求職者に対応

リクルートエージェントは非公開求人数だけでも10万件以上で公開されている求人数を併せると膨大な数の求人数を誇っているため(DODAは非公開求人数合わせて10万件以上、パソナキャリアは2万1千件以上)、年代業種問わずすべての求職者に対応しています。

20代男性・美容メーカー:年収500万円台

そこまで広い業界でもない上、私事により遠方への引越しを余儀なくされていたため、知人の紹介等も使えず、様々なジャンルの求人を扱っているということに期待。

他の求人紹介にもいくつか登録したが、ここは知名度同様、やはり案件数が圧倒的に多い印象をもった。

この口コミの全文を見る

30代男性・精密機器メーカー:年収750万円台

業界最大手ということだけあって取り扱われている案件数が非常に多かったです自分が務めている業界は比較的ニッチで、通常の求人サイトやハローワークなどにも中々募集がかかりづらく、従来の転職活動は人づてに行うということが標準的な業界でした。ただ、私の場合は職場の人間関係の問題から転職を行いたかった為、人づての紹介を利用したくない背景がありその点でリクルートメントエージェントは案件数が非常に多く助かりました。

この口コミの全文を見る

リクルートエージェントは既卒(第二新卒)からハイキャリアの方まで、様々な年代業種に対応した求人が膨大な数存在しているのです。

更に、転職エージェント業界最大手として不動の地位を確立しているリクルートエージェントは、長年にわたり培ってきた求人企業とのコネクションがあります。

そのため、他の転職エージェントにはない独占案件を多数保有しており、その中にはだれもが知る業界最大手企業、外資系企業などが名を連ねています。

2.最高の提案力|専属のキャリアアドバイザーはあなたの希望する条件にマッチした求人を提案してくれる

専属で担当するリクルートエージェントのキャリアアドバイザーは、膨大に存在する求人の中から、面談や電話を通してあなたの希望する条件の企業を探し出し、提案してくれます。

30代男性・企画職:年収700万円台

年収100万アップを目指してリクルートエージェントに登録しました。私の求める年収の企業があるか疑問だったのですが、登録して直ぐにどんどん希望する条件を満たした案件の連絡が入ってきました

20代女性・営業:年収450万円台

提出した内容をどんどん掘り下げて、より希望にあった企業を紹介してもらえるだけでなく、面談の中で自分に向いているとエージェントが感じた企業も教えてくれます。

担当するキャリアアドバイザーは業界ごとに担当が決まっており、金融でしたら金融業界出身のキャリアアドバイザーといったように、業界業種ごとに深い専門知識をもったキャリアアドバイザーがあなたに専属でつきますので、あなたの行きたい業界や望む条件にマッチする求人を提案できるのです

また、希望する業界業種だけでなく、キャリアアドバイザーがあなたの経歴ややりたいこと、将来のビジョンなどを考慮、分析した上で、自分では全く考えつかないような業種業界の企業を提案してくれることもあります。

一回の面談やメールで20件ほど提案することもありますが、求人保有数転職エージェントNo.1のリクルートエージェントだからこそできることです。

また、リクルートエージェントはキャリアアドバイザーから紹介してもらうだけでなく、自分で調査して応募できる求人も多数あります。そのため、自主的にあなたにマッチする求人に応募することも可能なのです。

3.書類添削・面接対策のサポートをしっかりと納得いくまで行ってくれる

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーはあなたが納得いくまでなのはもちろんのこと、キャリアアドバイザー自信も納得いくまで徹底的に書類添削、面接対策などのサポートをしてくれます。

20代男性・エンジニア:年収500万円台

他の転職エージェントと同時並行でリクルートエージェントを利用していましたが、リクルートエージェントの担当者は群を抜いて優秀だなと感じました。

紹介してくれる求人、職務経歴書の添削、面接の対策などの質が高く、やはり最大手転職エージェントは違うなというイメージが強かったです。

転職活動は結果として成功しましたが、ほとんどリクルートエージェントの担当者のおかげだと思っています。
本当にありがとうございました。

20代女性・事務職:年収400万円台

20代でずっと事務職だけだと、人生がやばいと感じて、もっとクリエイティブな仕事がしたいと思い転職活動を始め、比較的評判が良かったリクルートエージェントに登録しました。

登録すると実際に面談の予定が入り、日程調整をしたら実際に面談が入りました。

担当者の方は私と同い年くらいの優しそうな印象の方で、話を親身に聞いてくださいました

 この口コミの全文を見る

専属のキャリアアドバイザーは、「この会社は数年前からこのような質問をよくされる」「この業界だとこのような人が面接官に好まれる傾向がある」といったように転職のプロでしか知り得ない知識を存分に活かして、書類添削や面接の際のマナーやよくでる質問まで細やかに教えてくれます

更に、リクルートエージェントは独自のサービスとして、面接対策セミナーも随時開催しています。

このセミナーを受けるか受けないかで、本番での面接において出せる結果が全然変わってくる(受講者の面接通過率は35%向上)ので、転職希望者には非常に好評です。なんと、利用者の満足度は99%を誇っており受けない理由はありません

無料で開催しているので、ぜひともリクルートエージェントに登録して面接対策セミナーを受けてみてください。

より詳しくはリクルートエージェント公式サイトで確認してみてください。

4.書類審査や面接のフィードバックを的確にしてくれる

専属のキャリアアドバイザーは、書類審査や面接で落ちてしまった時も、「だめだったから次はこの案件に応募してみましょう」といったように落ちたらすぐ次ではなく、今後に生かせるようじっくりと落ちた理由を分析し、フィードバックしてくれます。

30代女性・金融:年収700万円台

書類審査や面接に落ちたら次の案件に応募して!ということはなく、なんで落ちたのかを徹底的に分析してくれました。フィードバックが非常に役立ち、結果的に希望する会社に内定を頂くことができました!ここまでやってくれるのはリクルートエージェントの方だけでしたので、業界最大手は違うなーという印象を受けました。

20代男性・IT:年収500万円台

うまくいかなかったことも多かったですが、次もありますよ!と応援してくれただけでなく、つまずいた理由を話すと改善策を提案してくれました。更に、実際に本番で活かせるように個別に面接練習の場を設けてくれました。

更に、あなたの転職を成功させるために、優秀なキャリアアドバイザーが「志望動機が弱かったから次は積極性をアピールしましょう」といったように的確なフィードバックをくれるだけでなく、フィードバックを元に何度でも面接練習に付き合ってくれます。

リクルートエージェントが全転職エージェント中内定決定数No.1という圧倒的な実績につながっているのは優秀なキャリアアドバイザーが的確なフィードバックをしている結果と言えるでしょう。

5.うまくいかなかったときのときのメンタルのサポートをしてくれる

専属のキャリアアドバイザーはあなたが転職でうまくいかず、落ち込んでいるときにはメンタル面でもサポートしてくれます。

つまり、「二次面接でだめだった」「最終面接で落ちてしまった…どうすればいいんだろう…」と、転職活動でうまくいかず落ち込んでいるときでも、キャリアアドバイザーは電話やメール、対面で励ましてくれるのです。

30代男性・営業:年収450万円台

最終面接で落ちたときはこの先内定を取れるか本当に不安で不安でどうしようもなく、家族の生活もあるし借金もあるしで絶望状態でした。そんな時、リクルートエージェントの私の担当の方はなぜ落ちたのかの分析をしてくれただけでなく、「これで終わりじゃないですし、これからですよ!最後まで一緒に頑張っていきましょう!」と励ましてくれました。心のサポートをしてくれたことは大きな転機となる転職では本当にありがたいことでした。

20代女性・専門商社:年収400万円台

何社も落ちるので自信を失いかけていました。そんなときにリクルートエージェントのアドバイザーの方は慰めてくれ、自分が転職したときの経験も語ってくれました。転職の辛さはわかります。悩みはなんでも聞いてくださいね!という言葉が救いになり、悩みができたら相談するようになりました。リクルートエージェントの方に悩みを相談できなかったら…

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは、求職者にしっかりと向き合うことが自らの実績にも直結すると考えているので、あなたがうまくいかないときでもしっかりと心のケアをしてくれ、あなたの転職成功を全力でサポートするのです。

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは転職希望者の心のケアもうまいために、リクルートエージェントの高い実績に貢献していると言えます。

6.対企業提案力が高く、内定決定数は転職エージェント中No.1。年収交渉もしてくれる

リクルートエージェントはずば抜けて高い対企業提案力を持っており、企業に対して年収交渉もしてくれます。

また、リクルートエージェントは実績と信頼がありますので、企業とは深いかかわりがあります。そのため、キャリアアドバイザーはあなたの代わりに直接企業には聞きにくい「会社の雰囲気」や「年収や労働時間」などの情報を求人企業から聞いてくれます。

30代男性・経営コンサル:年収900万円台

2回目の転職に利用しました。1回目の転職のとき、内定をもらった会社に入ったものの、雰囲気や社風が自分に合わず、2年で辞めてしまった経験があります。そのため、今回の転職では、受ける会社が自分の雰囲気に合いそうか非常に心配でした。リクルートエージェントさんは業界最大手だからなのかもしれませんが、紹介してくれる会社の事業内容だけでなく、どのような雰囲気か詳しく教えてくれました。更に、年収や労働時間など、ききにくいことも代わりに教えてくれたので安心して自分に合う企業を受けることができました。

30代男性・外資:年収800万円台

前職から年収が下がってしまうのを懸念していましたが、内定獲得後に担当者の方が労働条件や年収を人事と交渉してくれて、更に面接では伝えきれなかった自分の長所を伝えてくれました。結果的に年収は初年度で前職よりも90万円ほど上がり、自分の活躍できるポジションで働けています。リクルートエージェントの私を担当してくれた男性のアドバイザーの方には感謝しています。

入社後に「雰囲気や年収のギャップで辞めたくなった」「年収がかなり下がってしまった」ということはないでしょう。更に、リクルートエージェント利用者の約6割が入社後の年収アップを実現できたという実績があります

対企業提案力が強いのは、営業が強いリクルートの風土と、リクルートエージェントの信頼と実績が成せる業と言えます。

7.リクルートエージェントのアプリや会員限定サイトの使い勝手が秀逸

リクルートエージェントのメリットとしてアプリと会員限定サイト「Personal DeskTop」の使い勝手の良さも挙げられます。

アプリの機能として

  • 非公開求人からキャリアアドバイザーが厳選した紹介求人が簡単に確認可能
  • 紹介求人のブックマーク、応募が簡単にできる
  • リクルートエージェント、キャリアアドバイザーからのメールを確認できる
  • 新着メールをプッシュ通知で知らせてくれる

会員限定サイト「Personal DeskTop」の機能として

  • 求人情報がチェックできる
  • キャリアアドバイザーへの応募手続きの依頼が簡単にできる
  • 職務経歴書作成ツール「レジュメnavi」で、簡単に職務経歴書が作成できる

以上、このような便利な機能がありますが、アプリの使い勝手の良さは非常に役立つとの声もありました。

30代男性・建設:年収500万円台

アプリやサービスの質はかなり優秀。 アプリで紹介される求人の量も目移りするレベルで数がある企業情報ページもみればだいたいわかる感じでしっかりと情報の記載がある。

この口コミの全文を見る

30代男性・IT:年収500万円台

スマホアプリで求人一覧を見れたり、細かい部分の使い勝手はいいサービスだと思った
案件の量も多く、手っ取り早く転職先を見つけたい人にとっては使いやすいんじゃないかな?

この口コミの全文を見る

他に転職エージェントを併用していたり、1日、1週間に何回も面接が入ってきてスケジュール管理が煩わしくなる転職活動においてはアプリやサイトの使い勝手の良さは非常に役立つでしょう。

また、口コミの方々のようにキャリアアドバイザーからの紹介をメインにするのではなく、自主的にアプリを使って案件を探して応募するといった利用法も、自主的に転職活動を進めたい人にはオススメです。

リクルートエージェントの5つのデメリット・評判・口コミ

求人数の多さ、面接・書類対策やメンタルサポートの充実度合いといったメリットで実績を上げてきたリクルートエージェントですが、一方、転職wikiが行った調査では、調査に協力してくれた方に多く共通する、以下5つのデメリットがありました。

  • 連絡が遅い
  • 質の悪い求人を紹介されることも
  • 少々しつこい
  • 自社の入社を勧めてくることも
  • 他の転職エージェントを利用しないように言われることも

以下、ひとつずつご紹介していきます。

1.メールや電話など、細かい対応が遅くなることもある

調査の中で最も多く見受けられたのが「メールや電話などの連絡の遅さ」です。

現役リクルートエージェントの方によると、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーの方は一人当たり10人~20人もの担当を抱えている関係で、それぞれの転職希望者に連絡する時間が遅くなってしまうということでした。

20代男性・広告:年収500万円台

人間関係のもつれで退職。こちらのサービスを使いました。
20代、広告関係です。
結果的には転職成功しました。
さすが、大手というだけあって先方との交渉力やコネがすごいのは感じましたが、先方への面接日時の連絡し忘れ、交渉結果の連絡の明らかな遅れ、こちらの要望を履き違えての先方への交渉、など細かなミスが多くありました

この口コミの全文を見る

30代男性・流通:年収450万円台

CMや広告でもよく見かけるので、期待してましたがレスポンス面でかなり不安要素がありました。 
こちらからの催促がないとメールの返信すら3日4日ないのはあたりまえ。 
・最初のヒアリングでは丁寧に細かなところまで聞いてもらったが、実際送られてくる紹介案件には、ほとんど希望が反映されていない。 

この口コミの全文を見る

もちろん、連絡の遅さは属人的なものであり、キャリアアドバイザーによって変わってくるでしょう。もし、連絡の遅さが気になるのでしたら担当を変えることもできますので、遠慮せずに変えてもらいましょう。

担当の変更の仕方は担当のキャリアアドバイザーにメールで以下の例文の通りに送りましょう。

担当の変更申請メール例

お世話になっております。御社から転職のコンサルを受けさせて頂いている高橋と申します。

現在、担当をして頂いている星野様には大変お世話になっており、丁寧なご対応を頂いておりますので大変感謝をしておりますが、他の方のご意見も参考にさせていただきたく思っております。

調整の方が可能でありましたら、志望しております広告業界に精通していらっしゃるアドバイザーの方とお話をしたく考えております。

お手数をおかけし恐縮ではございますが、何卒よろしくお願い致します。

2.質の悪い求人を紹介されてしまうことも

リクルートエージェントは大量に求人を保有していますが、すべての求人が優良企業と言うわけではなく、中にはブラック企業と言えるような質の悪い求人も紹介されてしまうこともあります。

40代男性・流通:年収500万円台
紹介される求人数は多いが、とても応募する気になれない質の低い求人も結構あった。

この口コミの全文を見る

20代男性・営業:年収300万円台
業種も決めていなかったので、色々な待遇の中から選ぶことができて使いやすかったです!
ただ、やっぱり中にはかなり質の悪い紹介先とかも多くあって、しっかりと自分で見定める力がないと、変なとこに転職しちゃうのかな~っていう感じです。

この口コミの全文を見る

リクルートエージェントの口コミの中でも、デメリットとして「求人の質が悪い」という声も散見されました。

ホワイトな求人ももちろん多いですが、中にはブラックな求人も混じっていることもありますので、

ブラックな求人を見分けられるようになれば、優良な求人に絞って転職活動に臨めます。

以下の記事ではブラック企業の見分け方についてご紹介していますので参考にしてみてください。

ブラック企業の特徴と見分け方完全マニュアル|転職のプロが徹底解説

「就職や転職をする際はブラック企業を避けたい」 ブラック企業やホワイト企業といった言葉はよく使われるようになりましたが、…

また、転職エージェントはどこもそうなのですが、基本的に外資系企業、国内大手企業やホワイトな企業は求める人材の基準が高いため、これらの企業に対しては優秀な人材を提供しなければなりません。

その結果として、質の高い優良企業の求人をスキルやキャリアのある求職者が取っていってしまうので、スキルが低く、キャリアがなかったりといた求職者には優良な求人がなかなか紹介されず、ブラックと呼ばれるような質の低い求人ばかりが紹介されることになるのです。

「ブラックな求人しか紹介されなくて悔しい」「DODAをはじめとした転職エージェントで優良な求人を紹介してもらい、転職でキャリアップしたい」と思うのでしたら、現職で結果を出すことで転職市場での自分の価値を最大化でき、DODAをはじめとした転職エージェントに優良求人を紹介してもらえるような市場価値の高い人材になれます。

仕事で成果を出すためには、効率の良い仕事の進め方などの仕事上のテクニックと、仕事に対する考え方を身に着けることが大事になってきます。

具体的には、効率の良い仕事の進め方を覚えることと、仕事ができる人の考え方や習慣を真似することが最も効果的です。以下の2記事では効率よくサクサク仕事を進めて生産性を圧倒的に高めるテクニック」「なぜか仕事ができる人が無意識に実践している習慣」について詳しく解説していますので、「自分の転職での市場価値を上げ、転職エージェントで優良求人を紹介してもらって転職でキャリアアップを果たしたい!」という方は必見です。

効率的な仕事の進め方とコツが分かる「仕事の進め方10か条」|現状打破する改善方法も

仕事の進め方がわからない人が意外と多い もし何も知らず入ってきた新入社員がいれば、あなたは仕事の進め方を教え、完璧に…

仕事ができる人の共通点や条件・特徴・性格|今日から真似したい習慣も

「仕事できるようになりたい」なら仕事ができる人の習慣を真似るのがおすすめ 仕事ができる人というのはどんな人でしょうか…

また、仕事に対する考え方やノウハウを手っ取り早く吸収できるのに最適なのが、ビジネス書を読むことです。

しかし、ビジネス書を読むといっても、巷には大量のビジネス書が溢れており、中身のないようなものも非常に多いのが現状です。

そこで、転職wikiでは2018年最新の「本当におすすめのビジネス書」を48書籍に厳選してピックアップしてみました

古典として読み継がれているものから、近年の名著まで幅広くご紹介していますので、DODAをはじめとした転職エージェントとして良質な求人を紹介してもらい、年収アップを実現したい方はもちろん、社会人としての教養をつけたい方は必見です。

2018年に絶対読むべき20代・30代必読のおすすめビジネス書48選

「ビジネス書がありすぎてどんな本を読んでいいかわからない」 「ビジネス書って何から読んだらいいんだろう?」 「有名なビジネ…

3.積極性はあるが、少々強引なところも

転職wikiが行った調査では、「リクルートエージェントは少々強引なところがある」という点が目立ちました。

20代男性・営業:年収500万円台

担当の方がとにかくしつこい程電話をかけてきて戸惑いました。まだ迷っている段階なのに早くに決断を迫られて強引な印象を受けました。

30代女性・事務職:年収300万円台

30代主婦です。 
事務関係の転職を希望してました。 
結果的にはこのサービスで転職できたのでよかったですが、驚いたことがたくさんありましたのでシェアします。  
使ってみて一番最初に驚いたのが、他のエージェントでは普通にある、【経歴書サポート】がありませんでした。 

この口コミの全文を見る

現役リクルートエージェントのキャリアアドバイザーの話では、”リクルート社員として”働くことに誇りを持っているキャリアアドバイザーが多く、リクルートエージェントのポリシーとしても「転職希望者を3か月以内で転職成功させること」をポリシーとしているということです。

また、キャリアアドバイザーも営業マンですから、あなたの転職を成功させれば自分の実績にもなります。

そのため、3か月以内にあなたの転職を成功させるべく、一気に20件以上の求人を紹介したり、電話やメールがしつこい、早めの転職を迫られるなど、強引だと感じる方もいるでしょう。

4.自社の入社を進めてくることもある

高いキャリアを持っていたり高学歴なリクルートエージェント利用者に多くあるのですが、自社(リクルートキャリア)への入社を進められることもあります。

20代女性・コンサル:年収750万円台

担当の男性は、職務経歴書の書き方を教えてくれたり、面接のアドバイスをくれたりと非常に良くしてくれました。しかし、まさかリクルートへの入社を勧められるとは思っていなかったのでびっくりしました。しかも、前職がコンサルで近しいものがあったからだと思いますが、望んでもいない業界を勧められたのは残念でした。それ以外は文句なしです。

30代男性・営業:年収900万円台

望んでもいないのにリクルートへの入社をごり押しされました。転職者から自社の採用をしようとするがめつさを感じました

キャリアアドバイザーは一人で何人もの転職希望者を担当しているため、常に人員が不足しています。そのため、転職希望者から優秀な人材をヘッドハンティングすることで自社で採用活動をするよりも効率的な採用活動をすることができるのです。

もしリクルートへの入社を勧められたら、入社を希望しないならはっきりとその意思を伝えましょう。しかし逆に言えば、平均年収が1000万円に迫るリクルートへの入社を勧められたということは自分が優秀であるということでもありますので、自信を持って良いと言えます。

5.他の転職エージェントを経由せずに転職を進められる

他の転職エージェントとの併用を勧めず、リクルートエージェント一本で転職を進めるように言われることもあります。

30代女性・営業:年収450万円台

他社と併用していたが、併用していたところは利用しないように言われた。リクルート併せて3社利用していたが、面接を予約していたのでリクルート一本に絞るのは厳しかった。また、内定が決まったときは入社するようにしきりに勧めてきたし、担当の強引さが気になってしまった。

30代女性・不動産:年収500万円台

担当の中年の男性のキャリアアドバイザーの方は、ベテランということでプライドが高いのはわかりますが、自社のみを利用するように勧められたのはどうかな、と感じました。その分熱心に面接対策や書類対策をしてくれて結果的に転職を成功させることができたので満足ですが、もっと転職者のことを考えてもいいのかなぁと思いました。

リクルートエージェントは3か月という短い期間の中でも、じっくりと転職希望者に寄り添うことがベストであると考えています。そのため、プロのキャリアアドバイザーとして高いプライドを持ち、付きっ切りで転職希望者の転職を成功させようと、他の転職エージェントとの併用を勧めないキャリアアドバイザーもいるのです。

他の転職エージェントと併用して自由に進めたいという方も多くいましたので、そのような方には少々やりづらさを感じてしまうこともあるでしょう。

この項でご紹介した以外にもリクルートエージェントの評判について、悪いと言われてしまう理由を詳しくご紹介しています。ぜひ併せてご覧ください。

リクルートエージェントの評判が悪いのはなぜ?現役転職エージェントが丁寧に解説

転職エージェント「リクルートエージェント」とは リクルートエージェントは転職エージェント業界で実績・求人数共に国内No.1を…

リクルートエージェントの利用をおすすめしたい人

ここまで、リクルートエージェントの様々な口コミ・評判をご紹介してきました。

転職wikiではこれらの口コミ・評判を分析した結果、リクルートエージェントは求職者なら全員使うべき転職エージェントだと自信をもっておすすめできます

リクルートエージェント推奨の理由

なぜならリクルートエージェントの求人数は業界トップクラスで、求人の網羅性が最高クラスだからです。もちろん、求人の質こそ悪いものも含まれていることもありますが、それを考慮しても求人数の多さほど転職に心強いものはありません。

また、早めに転職活動を終えることを前提としていますので、スピード感を持って転職活動に臨みたい人にはうってつけでしょう

利用者の口コミでも「利用して良かった」という評判がたくさんあり、転職希望者からは非常に好評の転職エージェントなため、必ず利用するべき転職エージェントと言えるのです。

登録はカンタンにできて完全無料なので、まずは公式サイトから登録して相談だけでも気軽にしてみましょう。

登録が終わると担当となるキャリアアドバイザーの方からメールか電話で連絡が来ますので、そちらに対応していただき、面談の日程だけ調整してください。

また、面談当日は自分のキャリアについて相談してもらえるようにすると良いでしょう。

リクルートエージェントの登録方法、登録の詳しい手順、リクルートエージェントの利用の流れは以下の2記事をご覧になることでご理解頂けます。登録がお済でない方、ご利用方法を確認したい方はご覧ください。

リクルートエージェントに登録する際の3つの注意点と登録のコツ

リクルートエージェントに登録しても断られることもある 求人関連サービスの一大グループ、リクルートホールディングス。そ…

リクルートエージェントの流れ|応募方法から利用の流れまで徹底解説

リクルートエージェントは業績・求人数共に国内第1位を誇る日本最大の転職エージェントです。 求人数は15万件以上とも言われ…

リクルートエージェントと併用すべき転職エージェント4選+α

リクルートエージェントと併せて利用すべき転職エージェントとして、転職wikiでは『JACリクルートメント』『DODA』『パソナキャリア』を推奨しています。

1つの転職エージェントに頼りきってしまうのは、1人のキャリアアドバイザーの意見しか聞かないことになってしまい、うまい口にはめられて希望していなかった企業を紹介されて転職してしまうことも無きにしもあらずです。

そこで、転職wikiでは複数の転職エージェントに2~3社登録することをおすすめしています

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用するべき理由は以下の記事で詳しく説明していますので併せてご覧ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識…

以下、リクルートエージェントと併用すべき転職エージェントである『JACリクルートメント』『DODA』『パソナキャリア』をメリットや特徴とともにリクルートエージェントと併用する強みをご紹介します。

外資系・海外求人・国内最大手企業などハイキャリア向け案件が充実|JACリクルートメント

JACリクルートメントはロンドン発祥の日系転職エージェントです。

JACリクルートメントは外資系企業・国内最大手企業・海外求人・エグゼクティブ求人など、非常に質の高いハイキャリア向けの案件を多く保有しています。また、ネイティブスピーカーによる英語での英文添削サービスなどもあり、外資系企業、管理職を目指している方に非常に好評です。

海外転職、外資系企業や高い年収・地位で働きたい方は案件数が非常に多いリクルートエージェントと併せてJACリクルートメントを利用することをおすすめします

担当キャリアアドバイザーの面接対策や書類添削が好評。リクルートエージェントに次ぐ業界No.2、サポートサービスは受ける価値あり|DODA

DODAはリクルートエージェントに次ぐ国内最大手の転職エージェントです。

DODAは、キャリアアドバイザーが総じて優秀で、人による質のバラツキがないことが特徴となっており、手厚いサポートに定評があります。

特に、初めて利用する人には高い評価を得、利用者満足度90%という驚異的な満足度を誇っており、満足度は業界No.1と言われています。

また、リクルートエージェントと比較して急かされることはないので、自分のペースでじっくりと転職を進めていきたい方にはおすすめです。

転職者に寄り添った親身なサポートを提供。メンタルのケアも充実|パソナキャリア

パソナキャリアはサポートの質がダントツに高いことで業界内で有名な転職エージェントサービスです。

リクルートエージェントのサポートの質も非常に高いですが、1人のコンサルタントの意見だけでなく複合的な意見を聞くことでより理解が深まることも多いです。

パソナキャリアは、リクルートエージェントと比較して規模は小さいので、転職初心者にもじっくり丁寧に向き合ってくれます。

実際に、パソナキャリア利用者の70%近くが年収アップを実現しているというデータがあります。

リクルートエージェントのスピード感とパソナキャリアのダントツのクオリティのサポートがあれば、転職活動をぐっと優位に進めることができるでしょう。

ITに特化。IT業界への転職をするなら併用すべき|ワークポート

『ワークポート』はIT業界への転職に圧倒的な強みを持った転職エージェントです。

IT業界の求人の多さ、質の高さはリクルートエージェントを超え、業界NO.1。

ワークポート独自の案件も保有しており、IT業界で高いポジションで働きたい方には、案件が非常に多いリクルートエージェントと併用して利用することをお勧めします

また、業界別に特化している転職エージェントも1つだけ登録しておくと、転職活動がよりスムーズに進むでしょう。

  転職エージェント 詳細解説ページ
20代 リクルートエージェント 20代でも年収大幅アップ!おすすめの転職エージェントまとめ 
30代 パソナキャリア 30代の転職を成功させるために使うべき転職エージェントまとめ 
40代 DODA 40代でも転職できる!選び方とおすすめのエージェントまとめ 
女性 パソナキャリア 知らないと転職できない!女性におすすめの転職エージェントまとめ 
IT・WEB ワークポート 【経験者推奨】同ポジションで年収100万アップに成功!IT・WEB系転職エージェントおすすめランキング 
外資 JACリクルートメント 年収アップ間違いなし!おすすめの外資系転職エージェントまとめ 
海外 Spring転職エージェント 海外で転職するなら絶対使うべき転職エージェントまとめ 
第二新卒 アイデムスマートエージェント 年収アップ間違いなし!第二新卒におすすめの転職エージェントまとめ 
エグゼクティブ ビズリーチ エグゼクティブの方向け!キャリアアップできるおすすめの転職エージェントまとめ 
コンサル ムービンストラテジックキャリア キャリアアップ間違いなし!コンサルにおすすめの転職エージェントまとめ 
金融 コトラ 年収アップ間違いなし!金融業界におすすめの転職エージェントまとめ 
経理 MS-JAPAN キャリアアップ間違いなし!経理におすすめの転職エージェントまとめ 
アパレル クリーデンス アパレル業界に転職するなら絶対に使うべき転職エージェントまとめ

転職wikiでは転職エージェントおすすめランキングを作成しており、『JACリクルートメント』は求人の量と質で第一位、『DODA』はリクルートエージェントに次ぐ業界No.2の転職エージェントで総合第二位、『パソナキャリア』はサポートの質の部で第一位、『ワークポート』はIT転職おすすめランキング第一位となっています。

以上、ご紹介した転職エージェントについてより詳しく順位やおすすめのポイントを知りたい方、こちらでご紹介していない転職エージェントのおすすめランキングを知りたい方は、転職エージェントの選び方や活用方法も併せてご紹介していますので、以下の記事をご覧になってください。

転職エージェントおすすめランキング2018年最新版|1000人の口コミ・評判を比較

元転職エージェントキャリアアドバイザーである筆者が1000名以上の求職者の支援をしていた経験に加え、実際に転職活動で転職エージ…

【転職wiki最注目転職エージェント】

【速報】2018年2月現在、『マイナビエージェント』の評判が急激に高まってきております!

マイナビエージェントを運営するマイナビは新卒業界ではトップの企業で、マイナビと言えば就活を思い出す方も多いのではないでしょうか?

しかし、転職エージェントでも30代を中心に「マイナビエージェントのサポートはピカイチだった」「新卒の時よりも転職エージェントのほうが親切丁寧で安心して転職活動を進められた」といった良い評判が急激に高まっていることから、転職wikiでは今期の最注目転職エージェントとしてマイナビエージェントをピックアップしています。

マイナビエージェントについては、上記でご紹介したランキング記事と以下の記事で詳しく評判をご紹介していますので、ぜひご覧ください。

マイナビエージェントの口コミ・評判を現役転職エージェントが辛口解説

「マイナビエージェントの口コミを知りたいけど、ありすぎて見る気も失せる」 「マイナビエージェントの評判ってどうなの?」 「…

リクルートエージェントの評判・口コミまとめ

ここまでリクルートエージェントのメリット・デメリット、利用するのに向いている人などについてお伝えしてきました。以下、実際の口コミをご紹介していきます。

20代の利用者からの評判・口コミ

20代男性・営業職:年収450万円台

ほかのエージェントも併用していたのですが、初回の面談のクオリティが非常に高く、満足感がありました。

私の過去の経歴や希望する業界、業種を丁寧に聞いてくれたあと、マッチしそうな企業を15社ほど提案頂き、中には自分では考えていないような求人もありましたが、それも、私の希望する労働条件や今後活躍できそうかを基準に考えて提案してくれた求人でした。

また初めての転職でなにもわからない状況でしたが、書類の添削指導や面接対策を丁寧にしてくださったり、企業ごとに質問傾向を教えてくださったりと、リクルートエージェントさんは非常に信頼でき、安心して転職活動を進めることができました

20代女性・営業:年収500万円台

希望を聞く意味あります???っていうくらいなんにも聞いてくれてない! 
評判みると、担当によってかなり差があるみたいですが、私のは完全にハズレ!! 
営業をやっていたのですが、前の仕事がコミッションベースということで、毎月給与にかなり差が出ちゃうのが嫌で、固定給の営業を探していたのですが、なんかルールがあるのか知らないですが、紹介してくるのはほとんど歩合給の個人営業の会社ばかりでした!  
何回か、希望も伝えて、”こちらの話聞いてます?”と伝えているにも関わらず、悪びれるそぶりもなく、この会社はいいですよというのでみると、歩合給!! 
たまーに、固定給の営業もありましたが、ブラックっぽいところであったり、全然使えません。 
紹介先がないならないで、最初に言ってくれればいいのに、時間を無駄にした感じでした。

20代女性・不動産:年収400万円台

不動産関係での転職で利用しましたが、担当の方が業界に詳しくスムーズに打ち合わせ、またその後の流れを決めることができ、助かりました。
私の希望もしっかりと汲み取っていただいて、親身になって探してくれたのはかなり高評価です。
ただ、時期的な問題やたまたまかも知れませんが、思っていたより紹介の案件が少ないのかなと感じました。
インターネットでの評判などでは、案件の数がかなり多い!といった感じで紹介されてるのをよく見ますが、私に紹介してもらったのは本当に数件で、その中からしか選べない感じでした。
もしその中にどうしても見つからなければ、また別のところを紹介してくれてたのかもしれませんが、最初にもう少し選択肢をもらえるともっと使いやすいのかなと思います。

既卒(第二新卒)からの利用者の評判・口コミ

20代男性・エンジニア:年収250万円台

他の転職エージェントと同時並行でリクルートエージェントを利用していましたが、リクルートエージェントの担当者は群を抜いて優秀だなと感じました。

紹介してくれる求人、職務経歴書の添削、面接の対策などの質が高く、やはり最大手転職エージェントは違うなというイメージが強かったです。

この口コミの全文を見る

20代男性・営業:年収250万円台

悪い点とすると、担当者の積極性の無さですかね。

こちらから色々と質問したり、アドバイスを促したりする分にはしっかりと対応してくれますが、特にこちらからアクションを起こさない限りはほったらかしにされている印象を強く感じます。

この口コミの全文を見る

以下の記事では、より詳しく第二新卒の方が実際にリクルートエージェントを利用した口コミや評判をご紹介しています。

第二新卒の方は必見です。

リクルートエージェントの第二新卒からの評判を口コミから徹底分析!

【総評】リクルートエージェントは第二新卒に強い?|リクルートエージェントの特徴から徹底分析 リクルートエージェントの…

30代の利用者からの評判・口コミ

30代男性・コンサル:年収900万円台

的外れでなく、自分の望む条件に合った条件を紹介してくれたと思う。求人も膨大な数から自分から選べるので良かった。しかし、他社の転職エージェントを利用しないように言われたのが強引だと感じた。結局紹介してもらった企業に特別ルートで内定を頂けたし、年収アップの交渉までしてくれたから満足

30代女性・事務職:年収350万円台

使ってみた感想としては、しっかりすべきところはもちろんしっかりしてくれてはいるが、やはりあちらもこれがビジネスということで、自分が紹介した案件を必死に決めさせようという感じが多く見受けられました。 
もちろん、契約(転職)があることでなにかしらの恩恵を得られるからとは思いますが、もう少し時間をかけて悩みたい部分でも、担当から決断を急かされて無理やり承諾してしまった部分もなかにはありました。 
内定から、入社までの間に関しても、こちらとしてはかなり大事な最終決断ではあるのですが、担当からすると早く決めてください!といったオーラがすごくて、もう少しこちらの気持ちを考えてくれてもいいのではないかという印象を受けました。

30代男性・メーカー:年収600万円台

これまでに2度の転職経験がありますが、どちらもリクルートエージェントさんにお世話になっています。
希望とする転職に成功していますので、使ったことにはとても満足していますが、気になった点もいくつかあります。

良い点としては、キャリアコンサルタントとの相性は転職活動において重要だと思いますが、やはり何よりも求人数が圧倒的な点がとてもたすかりました

この口コミの全文を見る

40代・50代(中高年)の利用者からの評判・口コミ

50代男性・IT:年収700万円台

どこの転職支援サイトも門前払いだったが、リクルートエージェントでは無事登録でき少ないだろうと思っていた求人数も多く、内定を獲得

50代男性:年収800万円台

50代ともなると転職は非常に厳しいという世論はもちろん、周りの同年代も転職は厳しいという声を聴いていてこの年では難しいと思っていたが、いい求人が多いと言われるリクルートで思ってもみなかった企業を紹介されて再就職。チャレンジをしてみてよかったと本当に思った。

40代男性:年収600万円台

大手だからここに登録さえすればいいと思っていたが、担当のコーディネーターはあまり親身になってサポートしてくれなかった

うまく自分に合った会社が無い、たくさん求人があるのにうまくいかない

以下の記事では、より詳しく中高年の方が実際にリクルートエージェントを利用した口コミや評判をご紹介しています。

中高年の方は必見です。

リクルートエージェントの中高年からの評判を現役転職エージェントが徹底解説

中高年がリクルートエージェントを利用した評判 大学生は就職難で氷河期…などと言われていた時期もありましたが、そう…

2chによく見られるリクルートエージェントの口コミ・評判について

この記事では、転職wikiが独自にアンケートやインタビューで調査した内容に基づいてお届けしました。

これらの結果は転職wiki編集部が必ず身元の確認を行った上で30分にわたる電話・対面でのヒアリングも行っているので、実態に即した評判になっています。

しかし、2chなどの匿名掲示板の口コミも気になる人がいると思いますので、ここでは、2chなどの匿名掲示板の口コミをまとめました。

リクルートエージェントは質が良い

リクルートエージェントは最大手の転職エージェントということもあり、他の転職エージェントよりも質が高いという2chの評判が多く見受けられました。

リクルートのエージェントって他社と比べてすごく質が良く感じる。求人票の質も高い。マイナビとインテリジェンスと3社行ってみたけど段違いだわ。

出典:https://tamae.5ch.net/test/read.cgi/job/1471204060/l50

担当の当たり外れが大きい

リクルートエージェントの評判でも出てきましたが、担当の実力に幅がありすぎて人によっては気分を害する方もいるかもしれません。

ここって自分で求人票閲覧しながら応募するからエージェントを使ってる感覚がいまいちない。

どこでも言えることだが担当によって当たり外れが多きすぎるよな。

出典:https://tamae.5ch.net/test/read.cgi/job/1471204060/l50

若いキャリアアドバイザーが多い

リクルートエージェントは比較的キャリアアドバイザーが若く、新人のアドバイザーが多いため、満足する結果が得られないことも多いようです。

もし、若いキャリアアドバイザーは信用できない、担当を変えたいなどありましたら、すぐに担当を変えることもできますので、転職活動を成功させるためにも担当を変えるべきでしょう

エージェントっていうても若い奴ばっかで信用できん
キャリア積んだ40代50代の人がいい

出典:https://tamae.5ch.net/test/read.cgi/job/1471204060/751-851

この項でご紹介した以外にも、以下の記事ではより詳細に、よりリアルにリクルートエージェントの2chの評判をご紹介しています。ぜひ併せてご覧ください。

リクルートエージェントの本当の評判を2chから徹底分析

リクルートエージェントの評判を2chで調べたいと思っていませんか? 実際にリクルートエージェントの2chのスレッドを見て…

まとめ|リクルートエージェントは転職するなら欠かせない転職エージェント

いかがでしたでしょうか。

リクルートエージェントは担当のキャリアアドバイザーの質によって評価の良しあしがかなり変わってきたり、悪い評価の口コミも多数あります。

しかし、リクルートエージェントは圧倒的な案件保有量、強い対企業提案力など業界最大手として他の転職エージェントにはないメリットが多数あり、すべての年代・業種業界に向いている転職エージェントです。

ですが、口コミ評価をすべて鵜呑みにするのではなく、あくまでも参考程度にするのが賢明でしょう。

もし、担当のキャリアアドバイザーが「なんか違うなぁ」「自分と合わない」ということでしたら自分に合う人に変えてもらえばよいだけですので、転職エージェント業界総合No1のリクルートエージェントは、転職に失敗したくないならば必ず登録すべき転職エージェントです。

以下の記事では、失敗が許されない転職活動でリクルートエージェントを最大限活用する方法を詳しくご紹介しています。この記事でご紹介した内容を踏まえ、リクルートエージェントを利用して転職を成功させましょう!

リクルートエージェントを最大限に活かす使い方|転職活動を成功へと導く全知識

数ある転職エージェントサービスの中でも、業界最大手と言われているリクルートエージェント。 競合他社と比べて求人数や転職成…

転職wiki編集部からさいごに

セクハラパワハラなどのハラスメント、職場の人間関係、または「給料が低い」「やりがいを感じられない」「仕事がつまらない」「仕事に疲れてしまった」「仕事が憂鬱…」「ブラック企業を辞めたい」「もっと高みに挑戦したい」などの理由で「仕事を辞めたい、転職したい…!」と感じることは多いはずです。でも、いざ転職しようと思うと、「本当にそれでよいのだろうか」と不安になってしまいますよね。

しかし、今の時代、一昔前とは違って終身雇用はなくなり転職することが当たり前になっています。転職することを不安に思っていると思いますが、不安に思う必要は全くないのです。

もし、あなたが仕事を辞めたいと感じていますが、仕事を辞めることに関して後ろめたさを感じているのでしたら、この記事と併せて以下の記事をご覧になってください。

「仕事を辞める」「前向きに転職する」という決断の後押しとなり、スッキリして転職活動をスタートできるはずです。

読者の皆様の転職がどうかうまくいきますように、陰ながら応援しております。

仕事を辞めたいなら必ずやるべき9ポイント+3つの対策|辞めたい理由を分析しよう

「仕事を辞めたいけど、甘えてると怒られる」 「仕事を辞めたいのに誰に相談したら良いかわからない」 このように悩む方は少…

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。