職務経歴書の添削に強い転職エージェント3選とその選び方

「職務経歴書をどうやって書いたら良いかわからない」
「職務経歴書を第三者から見てもらって意見を聞いてみたい」

このような悩みを抱えてはいませんか?

実は転職エージェントを利用することで、職務経歴書を添削してもらうことが可能になりますので、そのような悩みは一切なくなります。

そこでここでは職務経歴書の添削、指導に強い転職エージェントを業界、職種に分けてご紹介いたします。

全てを読めば、どの転職エージェントに職務経歴書の添削を依頼すべきかどうかを判断できるようになることをお約束いたします。

職務経歴書はプロの添削によって改善される

昔は企業の求人に応募した際に準備するものは履歴書のみという企業がほとんどでした。

ですが、今では履歴書に加えて、自分が経験してきた仕事内容を書いた職務経歴書の提出が必要な企業がほとんどです。

職務経歴書では、求職者のこれまでの実績やできる仕事内容などが見られるため、適当に作ってしまうと評価は各段に下がります。

ですので、履歴書より作成が難しいと言えるでしょう。

逆に、職務経歴書をきちんと作成できれば企業からの評価も上がり転職成功する確率があがります。

そこで頼りになるのが転職エージェントに在籍するキャリアコンサルタントです。

転職エージェントに登録すると、専任のキャリアコンサルタントが職務経歴書の添削をしてくれます。自分で書いた職務経歴書とプロの目で見る職務経歴書の書き方は全く違いますし、登録者の強みを引き出してくれるのも、職務経歴書の添削です。

通常、1人で転職活動をすると、自分の強みなどを自己分析しなければなりませんが、その自己分析が違っていたということもあるのです。

そこで、転職野プロであるキャリアコンサルタントに、客観的に自分のことを見てもらうことで、自分の本当の強みを見つけてもらうことができ、ありきたりの評価ではなく、企業が欲しいと思う人材の的を得た職務経歴書を作ることができるのです。

ですので、職務経歴書は自分の評価だけではなく、キャリアコンサルタントの添削を受けた方が、よりよい情報を記載でき、書類審査通過率も各段に上がるのです。

職務経歴書に強い転職エージェントの選び方

職務経歴書は書類審査時に重要な資料となり、キャリアコンサルタントによって、よりより職務経歴書に改善されるということがわかりました。

では、転職エージェントに登録する時は、職務経歴書に強い転職エージェントに登録した方が良いということになります。

ですが、職務経歴書に強い転職エージェントは存在するのでしょうか。どの転職エージェントでも職務経歴書の添削を行っています。

企業情報に詳しく、転職のプロであるキャリアコンサルタントが職務経歴書を添削することで転職活動が有利になります。

そのため、どの転職エージェントでも職務経歴書の添削は重要だと判断しています。

重要だと判断している半面、職務経歴書の添削は、とても時間がかかり、面倒な作業なので進んで職務経歴書の添削を行おうとしないキャリアコンサルタントがいるのも事実です。

ですので、転職エージェントに登録したら、必ず職務経歴書の添削をしてほしいとお願いした方が良いでしょう。

では、職務経歴書の添削に強い転職エージェントをご紹介しましょう…と言いたいところなのですが、結論を言えば「この転職エージェントが職務経歴書の添削に強い」ということはないのです。

かと思えば「書類審査通過率80%!」と謳っている転職エージェントもあります。

では、この転職エージェントが職務経歴書の添削に強いのでしょうか。これは、どちらとも言えないということが正解でしょう。

どの転職エージェントにもキャリアコンサルタントは在籍していますが、全てのキャリアコンサルタントの質が高いわけではありません。

質が高いキャリアコンサルタントでなければ職務経歴書の添削の質も下がってしまいますから、質の高いキャリアコンサルタントがいる転職エージェントを選ぶ必要があります。

ですが、質が高いキャリアコンサルタントがいると謳っていても、実際利用してみれば質の低いキャリアコンサルタントが多かったなど、キャリアコンサルタントも人間ですから、質の高い、低いの差は同じ転職エージェント内でも出てきてしまいます。

そこで、職務経歴書の添削に強いキャリアコンサルタントが多く在籍している転職エージェントの見分け方をご紹介いたします。

質の高いキャリアコンサルタントが多く在籍している転職エージェントの特徴は、手厚いサポート体制が整っているということです。

職務経歴書の添削に強い、手厚いサポートを受けられる転職エージェントの選び方は以下の2点になります。

  • キャリアコンサルタントが受け持つ担当(登録者・求人)が多すぎない
  • 求人の年収単価が高い

では、それぞれの選び方を詳しくご説明していきましょう。

また、より詳しい選び方については下記記事をチェックしてみてください。

転職エージェントの選び方|比較の軸と最大限に使うための全知識

転職エージェントはたくさんあるけれど、どの転職エージェントを選べば良いか悩んでいませんか?その理由はとてもシンプルで現在ネット上で様々な情報が飛び交っており、…

2017.10.16

キャリアコンサルタントが受け持つ担当(登録者・求人)が多すぎない

どの転職エージェントでも、キャリアコンサルタントは複数の登録者と企業を受け持つため、常に忙しい状態です。

受け持つ担当の多さは、転職エージェントによって違いますが、大手転職エージェントや人気の高い転職エージェントは受け持つ担当が多いと思って良いでしょう。

また、登録者数が多いところも受け持つ担当が多くなるため、どんなに凄腕のキャリアコンサルタントでもサポートが手薄になってしまいます。

大手は、登録者数が多い分キャリアコンサルタントも多いですが、能力が一定かと言うとそうではありません。

これらのことを考えて、キャリアコンサルタントが受け持つ担当が多すぎない転職エージェントを選ぶ必要があるのです。

求人の年収単価が高い

転職エージェントがどのように利益を上げているかと言うと、求職者の転職が決まった時に年収も同時に決められます。

年収の30~35%が転職エージェントに支払われ、これが転職エージェントの利益になっているのです。

ですので、求人の中でも年収単価が高いところは得られる利益が高く、キャリアコンサルタントも本気で転職成功に導いてくれます。

キャリアやスキルに自信がある人は、年収が高い求人を多く保有している転職エージェントを選ぶと、手厚いサポートを受けることができ、職務経歴書の添削にも力を入れてくれるでしょう。

職務経歴書の添削に強い転職エージェント3選

職務経歴書の添削に強い転職エージェントの選び方が分かったところで、実際にどんな転職エージェントを選べば良いのかわからないという人のために、数ある転職エージェントの中から厳選した3社をご紹介しましょう。

これからご紹介する3社は、職務経歴書の添削に強い転職エージェントの選び方をクリアしている会社です。

それぞれに特徴は違いますが、職務経歴書の添削を見る限りでは強い転職エージェントと言えます。

それぞれの特徴をよく見て、自分に合う転職エージェントを選びましょう。

パソナキャリア

パソナキャリアは業界随一と呼ばれるほど、キャリアコンサルタントの質が高い転職エージェントです。

求人数は20,000件以上ありますが、大手に比べると少な目ですから、キャリアコンサルタントが担当する求職者は大手ほど多くありません。

取引先企業数は15,000社ですので多めですが、その分求人数や登録者数は大手に比べると少なく、手厚いサポートを受けることができるでしょう。

パソナキャリアは利益重視ではなく、「社会貢献」を重視しているため、親身になって相談に乗ってくれますし、転職エージェントを初めて利用するような初心者にも丁寧に対応してくれます。

登録者と企業を第一に考えているため、登録者と企業が希望する転職サポート力はとても高い評価を得ています。

また、求人の約8割が非公開求人ということで、パソナキャリアの独占案件になっていますから、年収が高いなど質の高い求人もそろっています。

DODA

DODAは業界第2位を誇る求人数を誇っています。その求人の総数はなんと110,000件以上と言われており、とても求人数が多い転職エージェントになっております。

登録者数が多いので、キャリアコンサルタントが受け持つ担当者数も多くなっているように感じますが、DODAは業界第2位の実績もあるため、キャリアコンサルタントの人数も多くなっています。

ですので、取引先企業数やキャリアコンサルタントの数、登録者数などを考えるとパソナキャリアと同じくらいの担当数だと考えられます。

また、DODAの求人も約8割が独占案件のため、年収の高いハイクラス求人なども多く保有しており、キャリアコンサルタントがやる気になる求人も多数保有しています。

さらに、パソナキャリアほどではありませんが、DODAのキャリアコンサルタントの質も高いと業界では有名ですので、職務経歴書の添削に強いキャリアコンサルタントが多く在籍しているでしょう。

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ハイクラス求人に強い転職エージェントのため、年収が高い求人が揃っています。

自分のキャリアに自信がある人は、JACリクルートメントに登録した方が、自分の希望する求人に出会える確率が高くなるでしょう。

JACリクルートメントは外資系やグローバルな求人に特化していますので、こちら方面の業種に転職したい人にはおすすめです。

ハイクラス求人を扱う転職エージェントだけに、キャリアコンサルタントの質は高いのですが、レベルが高いため初心者には向いていません。

ハイクラス求人に強いということから、登録者数、取り扱い企業数は一般的な転職エージェントより少な目ですから、レベルの高いキャリアコンサルタントの手厚いサポートを受けることができます。

また、外資系に強い転職エージェントで、在籍するキャリアコンサルタントは英語の職務経歴書の添削なども行えますので、職務経歴書に強い転職エージェントと言えるでしょう。

大手転職エージェントはどこも職務経歴書の添削に強い

職務経歴書の添削は、基本的にどこの転職エージェントでも行ってくれますが、添削に強いとなれば大手転職エージェントが良いでしょう。

大手転職エージェントは、試験のレベルも高いですし、それだけの知識や経験がなければ大手転職エージェントでキャリアコンサルタントになることはできませんん。

ですので、大手転職エージェントに在籍しているキャリアコンサルタントは他の転職エージェントに比べるとレベルも高く、質も良い人材がそろっているのです。

もちろん、難関を潜り抜けて入社してくるキャリアコンサルタントですので、職務経歴書の添削にも強く、職務経歴書の添削が強いとなれば大手転職エージェントは外せないでしょう。

では、大手転職エージェントの中でも職務経歴書の添削に強い転職エージェントをご紹介しましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェント業界で業績・求人数共に第1位を誇る最大手転職エージェントです。

求人数が15万件以上とダントツに多く、大企業から中小企業まで幅広い求人を扱っているため、企業情報にも詳しいですし、求人内容にも詳しいので、職務経歴書の添削には強いと言えるでしょう。

キャリアコンサルタントの質は、業界1の転職エージェントだけにとても高く、丁寧で親切なアドバイスをしてくれますし、業績が良いということは、それだけ転職成功者も多いということですので、職務経歴書が関係する書類審査通過率も高いということになります。

ただし、リクルートエージェントは3ヵ月以内に転職成功させるという目標を元い転職サポートをしていますので、早く転職したいという人には向いていますが、自分のペースで転職したいという人には向いていないでしょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは若い世代の転職に強い転職エージェントです。

特に、20~30代の転職に強く、第二新卒や即卒、未経験業種への転職に強い転職エージェントです。

第二新卒の転職では、マイナビエージェントの右に出るエージェントはいないと言われているほどですので、業界でもトップレベルのサポートを受けることができます。

マイナビエージェントは、大手人材会社のマイナビが運営している大手転職エージェントで、マイナビ自体が若い世代のサポートに尽力していますので、若い世代で質の高い職務経歴書の添削を受けてみたいという方には向いているでしょう。

取引先企業は大企業から中小企業まで様々ですし、キャリアコンサルタントの質も良いと高い評価を得ています。

初心者にも親切で丁寧なサポートをしてくれますが、40代以降の転職実績はまだまだですので、20~30代の若い世代には向いている転職エージェントです。

エンエージェント

エンエージェントは大手人材会社のエン・ジャパンが運営している転職エージェントです。

求人数はリクルートエージェントに比べると少ないですが、エン・ジャパンが大手ということで、求人の質は良く、大企業の求人なども保有しています。

登録者数もリクルートエージェントほど多くありませんし、質の良い求人ということで大手や優良企業との取引はありますが、取引先企業もさほど多くはありません。

ですので、大手なのに手厚いサポートを受けることができるのでおすすめです。

キャリアコンサルタントの質も良く、親切で丁寧なのですが、キャリアコンサルタントによるという部分もあります。

ですが、キャリアコンサルタントが抱える担当数が少ないので、登録者に時間を取ることができますから、手厚いサポートを受けることができるので職務経歴書の添削も良い結果が出るでしょう。

特化型転職エージェントも職務経歴書の添削に強い

職務経歴書に強い転職エージェントは基本的には大手転職エージェントや、質の高いキャリアコンサルタントが在籍している転職エージェント、また登録者数や取引先企業がさほど多くなくキャリアコンサルタントが受け持つ担当が多すぎない転職エージェントとご紹介してきました。

では、特化型転職エージェントは職務経歴書の添削に弱いのでしょうか。

いえ、決してそうではありません。

特化型の転職エージェントにも職務経歴書の添削に強い転職エージェントはあります。

特化型の転職エージェントは、ただでさえ一定の業種や職種に強い転職エージェントです。
自分の進みたい道が見えているなら、特化型の転職エージェントを使わない手はありません。

特化型転職エージェントは、その業界や職種の情報は一般的に知られていないことまで熟知していますし、専門的な知識が豊富ですので、その知識と経験を職務経歴書に活かすだけでも、とても質の高い職務経歴書になります。

さらに、特化型の転職エージェントは中小規模のところが多いので、登録者数も取引先企業者数もさほど多くなく、担当する数が比較的少ないので登録者のサポートも手厚くできるのです。

では、特化型転職エージェントの中でもおすすめの転職エージェントをご紹介しましょう。

IT業界なら「ワークポート」

IT業界で職務経歴書の添削に強いと言えば「ワークポート」でしょう。

ワークポートはIT業界の転職なら右にでる転職エージェントはいないと言われている特化型転職エージェントです。

IT業界の転職なら「ワークポート」と呼ばれるほどIT業界に強く、求人も質が良く取引先企業も大手からベンチャーまで様々です。

ですが、大手転職エージェントほどの求人数もありませんし、取引先企業もIT業界関連がほとんどですので、キャリアコンサルタントの負担は少なく手厚いサポートを行うことができます。

ワークポートのキャリアコンサルタントは質が良いと定評がありますし、未経験OKの求人も扱っていますので、初心者への対応もできています。

キャリアコンサルタントの知識や経験も豊富で、ワークポートに在籍しているキャリアコンサルタントは業界経験者ばかりです。

IT業界の職務経歴書の添削ならワークポートが強いと言えるでしょう。

第二新卒なら「アイデムスマートエージェント」

第二新卒の職務経歴書の添削と言えば「アイデムスマートエージェント」が有力でしょう。

アイデムスマートエージェントを運営しているのは、求人媒体事業を手掛けているアイデムで、求人業界では老舗であり、取引先企業は25万社を超えています。

大企業から中小企業まで幅広い求人を保有していますが、質の良い求人を扱っていますので、求人数はさほど多くはありません。

そして、アイデムスマートエージェントでは20代や業界未経験の転職に力を入れているため、第二新卒に強い転職エージェントでもあります。

第二新卒に強いため、第二新卒に必要な職務経歴書の添削に強いですし、取引先企業は多くても厳選された求人のみを扱っており、登録者数も大手転職エージェントに比べると少ないので、手厚いサポートを受けることができるでしょう。

エグゼクティブなら「ビズリーチ」

エグゼクティブというのは、ハイキャリア、ハイクラス(高収入)の求人に強い転職エージェントのことです。

ハイキャリア、ハイクラスに強い転職エージェントと言えば「ビズリーチ」でしょう。

ビズリーチは転職エージェントですが、取り扱う求人の質が高いため「ヘッドハンティング型」という方法を取っています。

ヘッドハンティング型とは、ビズリーチに在籍するキャリアコンサルタントが企業が必要としている人材と登録者の情報を見てマッチングした登録者にオファーをするという方法です。

キャリアやスキルに自信のある人は、より良い待遇や年収で転職できる可能性がある転職エージェントです。

ビズリーチの求人はハイキャリア、ハイクラスに絞られているため、登録者も、その求人に見合う人しかいません。

ですので、キャリアコンサルタントが受け持つ担当も少ないですし、取引先企業も厳選されていますので手厚いサポートを受けることができるでしょう。

また、キャリアコンサルタントの質も高く、ハイキャリアやハイクラスの転職に必要な知識と経験も豊富ですので職務経歴書の添削もエグゼクティブ向けに改善してくれるでしょう。

アパレル業界なら「クリーデンス」

アパレル業界は、業界の中でも特殊な職種が多く、アパレル業界に転職したいのであればアパレル業界に特化して転職エージェントを使う方が転職に成功しやすくなります。

中でも「クリーデンス」はアパレル業界に特化した転職エージェントの中でもダントツに評価が高く、求人数はアパレル業界のみとなりますので少ないのですが、取引先企業は大企業から中小企業ま幅広く、自分が望むアパレル業界への転職を可能にしてくれます。

また、キャリアコンサルタントの質も良く、アパレル業界の専門知識はもちろんですが、アパレル業界への転職実績も豊富です。

登録者数はさほど多くありませんし、取引先企業も決まってきますのでキャリアコンサルタントが受け持つ担当もすくなく手厚いサポートを受けることができるでしょう。

さらに、アパレル業界に転職する場合は、アパレル業界に特化した情報が必要なため、アパレル業界に転職成功しやすい職務経歴書の添削を行ってくれるでしょう。

経理なら「MS-JAPAN」

経理と言えば、企業の管理をする中枢な仕事を担っている部署ですが、経理などの管理部に特化した転職エージェントと言えば「MS-JAPAN」でしょう。

MS-JAPANは経理だけではなく、財務、人事、総務、法務、会計士、税理士などの管理部門に特化して老舗の転職エージェントです。

管理部門に特化した転職エージェントの中では、求人の質も、キャリアコンサルタントの質も業界第1位と言われており、取引先企業も大企業から中小企業まで様々です。

老舗ということで、情報量も豊富ですし、管理部門の知識に長けているキャリアコンサルタントが在籍しているため、経理などの管理関係の仕事に転職するならMS-JAPANは外せません。

管理部門のみの求人ですので、キャリアコンサルタントが受け持つ登録者の担当は少ないですし、企業数も大手転職エージェントほど多くはありませんので管理部門の専門知識を持つキャリアコンサルタントの手厚いサポートを受けることができます。

管理部門では転職実績第1位と言われていますから、職務経歴書の添削も質の高いものに改善してくれるでしょう。

職務経歴書を作る際はキャリア診断テストを利用しよう

職務経歴書を作る時は、キャリア診断テストを利用すると良いでしょう。

キャリアコンサルタントに職務経歴書の添削をしてもらうなら、まずは自分で自分のことを分析して書くことで、キャリアコンサルタントから見る自分の相違点を見つけることができます。

他社から見た自分をどのように職務経歴書に活かすのかを見られるのも、自分で職務経歴書を作成しているからです。

ですが、自己分析は意外と難しく、自分でわかっていないところも多々あります。そこで利用しておきたいのが「キャリア診断テスト」です。

キャリア診断テストとは、出題される問題に対して自分のことを考えながら性格診断のような要領でテストを進めて行きます。

出てきたテスト結果は、自分の強みとなる部分で、自分では気づけなかった強みを発見することができるのです。

強みは職務経歴書を作る時に、とても重要ですから、新たな自分の強みを発見したり、強みをさらに強調できるようにキャリア診断テストを利用すると良いでしょう。

そこで、数あるキャリア診断テストの中からおすすめのキャリア診断テストをご紹介しましょう。

おすすめのキャリア診断テスト

キャリア診断テストの中でもおすすめなのが、「グッドポイント診断」です。

3部構成になっている質問にそれぞれ応えていきますが、それぞれの部で所要時間が決まっているため、直観で回答を進めて行くことになります。

全ての回答が終わるまでに早い人で15分、遅い人で30分くらいかかりますが、全ての回答が終わると、18種類ある強みの中から自分が最も強み5つを解説付きで表示してくれます。

その強みを見ることで自分の強みが分かり、職務経歴書の作成に活かすことができるでしょう。

グッドポイント診断が職務経歴書を作る際におすすめな理由

職務経歴書を作る際にグッドポイントを利用すると良い点は、企業でも試験で性格診断をする時があります。

そこで導き出された答えと職務経歴書に書かれている求職者の強みなどが違っていると、「この人は自分のことがよくわかっていない」「視点が違う」と判断され、自分のことがよくわかっていない人(自己分析ができていない人)や視点が違う人は人材として必要ないと落とされてしまう可能性があります。

企業が思う強みと自分が思う強みをなくすためにも、グッドポイント診断をして相違点をなくすことができるのです。

また、グッドポイントで出てきた自分の強みの5つのうち、上位2つは自分の新しい強みであることが多いのです。

新たな自分を見つけることで職務経歴書の内容も濃くなりますし、強みが増えるので自分の自信にもつながり、転職活動を有利に進めることができるのです。

まとめ

職務経歴書の添削に強い転職エージェントをご紹介してきましたが、いかがでしょうか。

転職エージェント在籍しているキャリアコンサルタントは、職務経歴書の添削も仕事ですので、お願いすれば応じてくれますが、進んで行わないところもあります。

ですが、職務経歴書の添削は、知らなかった自分にも気づけますし、自分とキャリアコンサルタント職務経歴書の書き方は何が違うのかがわかります。

そのため、職務経歴書はまず自分で書いてみるということが大切です。

職務経歴書を書くのは時間がかかりますが、企業が求職者の情報として重要視しているのは職務経歴書や履歴書ですから、企業が求めるような人材であると示すためにも、キャリアコンサルタントに添削してもらい、書類審査通過率を少しでも上げることで転職成功につながるのです。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする