営業の仕事|種類や内容を知って理想のキャリアを手に入れよう

営業職の仕事が実際にどのような業務内容になっているかご存知ですか?

また、営業職の仕事の種類はどのようなものがあるのか異業種の方は知らない人も多いでしょう。

しかし、営業職の仕事内容や種類を知らないと転職や就職をした際に、「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまうこともあるかもしれません。

そこで、当記事では営業職の実際の業務内容や種類をご紹介いたします。

営業の仕事の内容・業務

営業という仕事を聞くと色々な人と関わることからなんだか大変そうなイメージです。

ですが、実際は営業が仕事を得ることで企業で働く人が仕事をする事が出来ているのが実態なのです。それだけ営業の仕事がなくてはならないことであり、また、その存在は企業にとっても必要不可欠なものなのです。

営業の仕事は企業の顔となって提案し、仕事を得てくることです。

ただ、簡単には言いましたが中身は色々あります。まずは仕事を得るというのが簡単なことではないのです。お客様あってこその仕事なため、客先への訪問や電話などでのアプローチなど、 仕事を得るまでの見積もりやプレゼンテーションも大事な営業の仕事なのです。

また、営業は仕事を得てそれで終了ではありません。仕事を得てから商品などを納品して、そこからのアフターフォローも行ないます。更に、商品などの金額等の集計管理なども把握しておくことも必要です。

営業という仕事は企業としてとても重要な役割になるのが簡単な説明からも大いにわかります。

営業の1日の仕事の流れ

  • 情報収集

営業にまず第一に行なうのが情報収集からです。営業先のニーズや課題、今後の起こりうるであろう問題点など営業するための情報を得ておく必要があります。

  • 新規のお客様へのアポイント取り

新規のお客様への電話、もしくは飛び込みでのアポイントを取りを行ないます。付き合いのあるお客様は次回の訪問日程を決めるなどし、新規のお客様へは新たに企業を知ってもらうためのきっかけ作りを営業が行います。

  • 提案と見積もり

アポイントがとれたら次はお客様先へ資料を基に提案します。ここで提案するための知識やコミュニケーション力が発揮される場でもあります。お話の流れを作るとともにそのまま見積もり書も提示するところまで行ないます。

  • 成約

お客様が提案内容に納得し、見積もり金額にも了承を得た場合は契約成立になります。ここが成功か失敗の鍵となります。

  • 納品と提供

契約した商品や契約したモノに対してお客様へ納品します。ここでは、納品期限などもしっかりと頭に把握しておき期限に間に合うようにしっかりとお客様の手元に届くように管理しておく必要が有ります。

  • アフターフォロー

一度成約して下さったお客様へはそれで終わりではなく、商品納品後の状況や実際の声などを聞き、フォローすることでしっかりとその後もお客様との信頼も取ることで長く付き合いを続けて更なる追加や新商品なども提案しやすくなるのです。

営業の仕事の種類

一般営業職(訪問販売)

不特定多数の消費者が対象者となります。例えば、金融商品や受託販売などを行います。商談の時間は決まっておらず、土日祝日関係なく、出勤するため不規則なスタイルです。ただ、ここでは営業力だけでなく、相手の見る力(洞察力)が身に付けられます。

ルートセールス(法人営業職)

特定の顧客を回るのが主な内容となります。元々の築いた信頼関係から営業を行ないます。大切なのは新規を得るというより既存のお客様からそのまま続く信頼を得続けることなので、安定した信頼性を築く人間力が大事になってきます。

カウンターセールス(内勤営業職)

店舗に訪れた来客に対して自社製品やサービスを販売することがカウンターセールスです。例えば、旅行代理店や不動産賃貸会社がイメージしやすく、短時間で顧客の信頼やニーズを把握する力が必要となります。

代理店営業職

販売代理店となる企業や個人を探し、交渉を行ない、契約を結びます。契約を結んだ代理店に関しては販売活動の支援などのフォローも行ないます。販売代理店の努力などや実績よって売上高が大きく増減するため代理店オーナーとの信頼関係がとても重要となります。

セールスエンジニア(技術営業職)

コミュニケーション力だけでなく、技術的な知識を持った営業職となります。商品を資料を基にただ説明書を読むだけではなく、しっかりと説明書以外の商品を製造するにあたっての内部構造までを的確に答えることの出来る知識を持った営業職です。

海外営業職

自社商品を海外に向けて販売を行ないます。国外のため語学力を持ったコミュニケーション力が必須となり、また、それぞれの国の文化や価値観への対応力がとても大事です。

医薬営業職(MR)

MR(Medical Representative)は、医療機関へ直接出入りし、自社製品の効果や使用方法などの方法を医師へ提供を行ないます。企業と医師との架け橋となる存在となり、使用した薬の使用感や副作用などの実際の情報をフィードバックするも行ないます。

反響営業職

広告やDMなどで自社の商品を見て連絡してきた見込み顧客に対して営業を行ないます。興味を持った顧客が前提から営業するため成約率も比較的に高いです。

ソリューション営業

顧客のご要望などをまずは聞き、顧客の現状の問題や今後の課題などを分析した上で、顧客解決に向けて自社の商品を提案します。顧客の現状を解決するための提案のためとても営業としても大きなやりがいを感じる事が出来ます。

営業の仕事のやりがい

  • 契約(受注)成立時

営業は仕事の中でも営業職はかなり仕事のやりがいを大きく感じることが出来る職種の一つです。営業でまずやりがいを感じる瞬間は「契約(受注)が取れたとき」がまさにやりがいを感じる瞬間でしょう。契約というのも企業間と個人間で難易度が変わってきますが、なかなか一件でも契約を成立させることは難しいものです。

  • 成果が対価で返ってきた瞬間

その他に営業は成果が対価としてして返ってくるので、インセンティブというもので自分がどれだけ頑張ったかなど実際の対価で成果を感じた際にはそこで『更に頑張ろう!!』、『また、次もやってやる!!』といったアドレナリン増加させることにもなり、波に乗れて更なる飛躍にも繋がるのです。

  • 様々な職種や役職者や企業トップ者と直接話が出来るとき

営業という仕事は企業に対して行なう場合は様々な企業、また、その企業の中でも上層部の地位ある役職者と直接話をするため、度胸も付くとともに実際に営業をしていないと話なんて出来ない企業トップとの直接的な関わりも出来る瞬間もあるためかなりやりがいを感じれます。

  • 自己成長

営業は戦いの場でどれだけのスキルが出せるかによって勝てるか負けるかといった一つの試合のような感覚でもあります。そのため、自分自身を成長させる事で更なる結果を生み出す事も出来ることから成長は無限大です。自分の頑張りがそのまま成長へと繋がっていくためその成長を結果として感じた際にはやりがいを感じる瞬間が大いにあります。

営業の仕事の辛い部分

  • ノルマによる辛さ

営業だけではないことですが、営業とし利益を生み出すための目標値があります。その予算を含めた目標値が達成出来ないとマイナスになるなど利益を生み出せない結果も仕事をしているとあります。そのためノルマによるプレッシャーで辛さを感じてしまうのです。

  • 怒られてしまう

営業はクレーム対応も行ないます。必ずしも契約し、納品が出来たとしても説明不足であったり、商品に不備があった場合は営業が顧客に怒られる役目なのです。そのため、年齢が何歳になっても怒られることは常にではないですが多々あるため柔軟な対応と強い精神力がないととても辛いと感じてしまいます。

  • キャリアにつながらない

営業の仕事は自社の製品がたとえ知らないものでも営業力を通して顧客に興味を持ってもらうという結果までいかにもっていくかが凄く、魅力でもあります。ただ、顧客がほしいものを提供している場合はそれは誰にでも出来ることでもあるため営業力をキャリアで活かすのは難しいです。そのため実際に簡単な仕事内容のみばかりやっているとキャリアにつながらないことが辛く感じてしまいます。

営業の仕事をするには

営業職に就くにあたり何もないよりあった方が有利な資格があります。
まずは「営業士検定」という資格です。これは、日本営業士協会の検定制度の資格であり、必要なマーケティング知識や営業技術が重視されることから「営業士検定」資格を持っていることで営業技術が備わっている人材として企業側としてもとても魅力的に感じれます。

次は営業だけではなく今後日本のどの企業でも必要な資格の一つとなる「TOEIC・英検」いずれかの資格です。TOEICでは700点以上の点数、英検では2級以上のレベルで履歴等で記載するとビジネス会話ができるレベルとして有利となります。

営業では主に対人に対することなので、取得しておくと今後の営業職での活躍にも充分に活かすことができますし、その他日常でも人との対話で活用することもあるので人としての成長が見られます。

また、転職エージェントを利用することで簡単に就職することができます。

転職エージェントは完全無料で利用することができ、転職や就職に関わるほとんどの面倒な作業を代行してくれ、転職のプロであるコンサルタントからアドバイスをいただくことができるため、転職初心者の方は使わない手はないです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェント|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」このように悩みを抱えている方はとても…

2017.11.10

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」このような意見をよく聞くことがあります。結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

営業の仕事の主な就職先

営業に就職するなら有名企業で営業利益トップを目指すのがいいです。何より安定性がしっかりしていることもあり、ライバルも多いことからしっかりとやる気に満ち溢れることが環境としても結果としても感じることができます。

営業職での有名企業は「リクルート」がまずおすすめです。『就職(人的資源)、住宅、旅行、自動車、ブライダル、グルメ・美容、介護、ライフスタイル』など様々な事業に対して営業が行えるので企業内でかなり幅広い営業知識を得られます。

その他には「野村証券」です。証券会社では、実際にものとして商品ではなく、株券で他社と比べるなどいったこともなく、むしろ社内での競争で戦うことで勝ち残るとかなりの報酬も手に入れられます。ここで勝ち残るには人間力でいかにニーズに応えることが出来るかまた、信頼を得るか大きく差がうまれるのでしっかりと人間力とそれに必要な営業力を身に付けることが大切です。

営業の仕事はとても魅力的

営業職について仕事とは?という点から営業のメリット・デメリット面を紹介してきましたが、営業職は人間が存在する以上必要な職種である一つの仕事です。また、基準はなく、頑張れば頑張った分だけその頑張りが結果へと繋がることからこれからも魅力的な仕事と言えるでしょう。

  • 営業の仕事内容は営業がいるからこそ企業の成長がどれだけ成長できるかがかかってくる重要な役割である
  • 営業はただ話をすることではなく、しっかりと提案から見積もりなど営業へ行く前とまた成約後のアフターフォロー以降もサポートしていくことで信頼関係を築く
  • 営業にも何種類もの営業職があるため自分自身にあった営業スタイルで勝負していこう
  • 営業での仕事のやりがいこそ一番の魅力部分であるため、精一杯頑張り、精一杯のやりがいを感じる
  • 営業では契約を得ることの大変さがあるなど辛い面もあるが、そこを頑張ることで対価として返ってくることを考えて精神的な強さも身に付ける
  • 何もない状態で営業に飛び込むより、営業で必要な資格などを取得して説得性を持った営業力とその人間性を身に付けることでコミュニケーションにも自信が持て、信頼も得られる
  • どうせ営業で勝負の世界に飛び込むなら大手有名企業で精一杯やって頑張ってみよう

営業職はただ人と対話するだけの仕事ではなく、様々な営業スタイルもあれば多くの魅力があります。営業職に関して色々な思いがある人も営業職とは何か、どんな魅力があるのか、大変さがあるのかを知り、営業職で誰からも信頼されるベテラン営業マンになってみてください。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする