【現役エージェント推奨】IT業界に転職したいなら絶対に使うべきおすすめの転職サイト19選

IT業界で転職を考えているけど、とりあえず有名どころの転職サイトに登録しておけばいいか、などと思っていないでしょうか?

または、自分に合いそうな転職サイトを1つだけ選んで満足してはいませんか?

あなたがそう考えているうちは、IT業界でブラック企業に転職させられる可能性がとても高いです。

その理由は非常にシンプルで、IT転職を成功させるコツを知らないからです。

しかし、今ネット上にある情報には、素人が書いた不正確な情報が多く、信頼性に欠けるものがほとんどです。

この記事では、IT転職を5回以上行って年収100万以上アップを成功させてきた筆者が、本当におすすめな転職サイトやその使い方、選び方など、IT転職を成功させるノウハウを包み隠さずご紹介いたします。

IT業界におすすめの転職サイト

パソコンやスマホなど、インターネット機器の爆発的な普及により、IT業界の求人がとても多くなっています。

IT業界の求人は増えるのに、ITに詳しい人、またはIT業界に転職したい人が少なく、IT業界は慢性的な人手不足になっています。

そのため、IT業界では未経験者でも情熱があり積極性のある人材は確保しようとしていますし、IT関連の仕事をしていたのであればなおさら欲しい人材です。

ITと聞くと、全くわからない人からすると、とても難しいように感じますので、敬遠されがちなのかもしれません。

ですが、これだけ求人が多い業界ですから、転職しやすいですし、自分に合った転職サイトを使うことで自分の条件にあった企業を比較的楽に見つけることができ転職に成功する人が多いのです。

では、IT業界に転職するにはどのような転職サイトを使えばよいのかご紹介していきましょう。

IT業界に転職する全ての方におすすめ

ワークポート

ワークポートはIT業界やWEB関連業界、ゲーム業界、クリエイティブ業界などの業界の求人数は国内でも最大級となります。

取引企業は3,500社以上にのぼり、求人数は約7,000件と業界でも群を抜いて多い求人を保有しています。

IT業界に転職するならワークポートは、必ず一度は相談してみた方が良いでしょう。

ワークポートはIT業界に特化した転職エージェントです。転職サイトではなく、キャリアコンサルタントが転職のサポートをしてくれます。

キャリアコンサルタントの質も転職エージェントによって違いますが、ワークポートのキャリアコンサルタントはIT業界やゲーム業界、WEB業界などの業界経験者が多いので、業界の情報や事情に詳しいですし、企業とのつながりも強いため、転職に必要な知識や履歴書・職務経歴書の書き方などをアドバイスしてくれます。

親身になって相談にのってくれますから、業界でもキャリアコンサルタントの質は高いと評判です。

リクナビNEXT

リクルートが運営している転職サイトや転職エージェントはいくつかありますが、その中でもIT業界に強いのがリクナビNEXTです。

転職エージェントで業界最大手、つまり日本のトップにあるのがリクルートエージェントで、リクナビNEXTはIT業界に強い転職サイトになります。

転職サイトですので、キャリコンサルタントはいませんが求人数も多く、母体であるリクルートのつながりが各企業とありますので、リクナビNEXTが持つ求人の8割は独占案件になります。

キャリアコンサルタントはつきませんが、サイトを見ると履歴書や職務経歴書の効果的な書き方、転職成功させるためのポイントなどが書かれており、無料で専任のアドバイザーに相談することもできます。

また、リクナビNEXTに履歴や職務経歴、希望条件などを書き込めば、企業からのスカウトを受けられるので、すぐに転職を希望していない人でも転職活動がしやすくなっています。

大手企業との取引も多いので、大企業への転職を希望している人にも向いている転職サイトです。

パソナキャリア

パソナキャリアは、総合型の大手転職エージェントです。

転職エージェントですので、専任のキャリアアドバイザーがつき、転職サポートを行ってくれます。

パソナキャリアのキャリアアドバイザーは質が高いことでも有名で、親切で丁寧なサポートは定評があります。

転職エージェントのキャリアアドバイザーを評価するアンケート結果では、サポート面で第1位を獲得しています。

IT業界の求人も多く、キャリアコンサルタントの質が高いので、転職エージェントを初めて使う人でも安心してサポートを任せることができます。

登録者に合わせて転職活動をしてくれるのも魅力的です。

DODA

DODAは実績と求人数でリクルートエージェントに次ぐ業界第2位の転職エージェントです。

そのDODAが運営する「DODAエンジニアIT」は、IT業界に特化した転職サイトです。

転職エージェント業界第2位のDODAが運営しているため、大企業から中小企業、ベンチャー企業まで様々な企業の求人を保有しています。

DODAの求人は質が高く、これはDODAの営業力が高く、多くの独占案件を保有しているためだと思われます。

IT業界の求人数も約3,500件とIT関連だけで見てもかなり多い求人数となっています。

また、転職サイトなのですが、キャリアコンサルタントが転職のサポートをしてくれますので、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策や、その他転職に成功するためのアドバイスもしてくれますので、転職サイトの中でもサポート力が高いサイトと言えるでしょう。

キャリアトレック

キャリアトレックは、ハイキャリアやハイクラス求人に特化しているビズリーチが運営している転職サイトで、IT業界に強い転職エージェントです。

自分の希望条件や職務経歴などを入力すると、最適な転職先を提示してくれますので、どんな企業に転職したいのか明確になっていないという人には向いていますし、ビズリーチが母体ですので、求人の質も高くなっています。

求人も質が良いのも、ハイクラスやハイキャリアに特化したビズリーチとのつながりがありますので、大企業との取り引きも多く、大企業への転職も期待できます。

それぞれの職種によって求人を見ることができますし、地域特集などもありますので、全国各地の求人も見ることができます。

@type

@typeは、IT業界の中でもエンジニア関係の求人が多く、エンジニア関係の求人すは業界NO,1を誇ります。

さらに、エンジニアに中でも職種が細かく分かれており、エンジニアの求人は豊富です。

エンジニアの転職サイトと言えば@typeと言われるくらい知名度の高い転職サイトですので、エンジニア関係の職種に就きたい人にはおすすめのサイトです。

また、スカウト制度を採用していますのでスキルやキャリアがある人は、自分の理職務経歴などを入力すると有力企業からスカウトされる可能性もありますので、自分の能力に自信のある人にも向いているサイトです。

さらに、エンジニアの母集団形成が難しいということから、エンジニア向けの適職フェアが定期的に開催されていますので、人気の高い転職サイトとなっています。

エン・ジャパン

エン・ジャパンが運営している転職サイト「エン転職」は、国内でも最大級の転職サイトです。

特に、IT業界に強く、求人数は400件ほどですが、その8割がエン・ジャパンの独占案件となっています。

平均年収は300~700万円くらいですが、1,000万円を超えるハイクラス求人も扱っており、大企業との取引もあるため、大企業への転職を希望している人も利用して損はないでしょう。

さらに、エン・ジャパンでは未経験oKの求人も多く扱っているため、異業種からit業界への転職にも適しています。

エン・ジャパンのサイトはとても使いやすく、転職サイトを初めて使う人でも無理なく転職活動をすることができるでしょう。

マイナビ転職

マイナビ転職は常に約4,000件の求人を保有しており、毎週約400~500件の新しい求人が入ってきます。

IT業界に強い転職サイトではありますが、中でもクリエイティブ系の求人に強く、なかなか求人が出てこない出版系の求人も常時複数の求人が掲載されています。

総求人数ではリクナビNEXTの方が多いのですが、サイトの使いやすさはマイナビ転職の方が上ですので、転職サイトを初めて使う人でも簡単に使うことができます。

さらに、マイナビ転職では定期的に「マイナビExpo」という転職イベントを開催しています。

直接企業の人事と話すことができますので、転職サイトの弱点とも言える会社の雰囲気がわかります。

WEB系やクリエイター職の方におすすめ

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、人材紹介会社であるレバレジーズが運営しています。

IT業界やWEB業界、エンジニアに特化した転職エージェントで、転職サイトではありませんので、キャリアコンサルタントの転職サポートを受けることができます。

現場での情報を常に集めており、その情報から優良企業の求人を獲得しているためレバテックキャリアにしかない求人を多く保有しています。

さらに、エンジニア目線に特化した支援を行っていますので、IT業界やWEB業界、エンジニアに転職を希望している人は利用してみてはいかがでしょうか。

ただし、拠点が東京にしかなく求人も東京に集中していますので、東京や東京近郊にお住まいの方には強い味方となるでしょう。

Find Job!

Find Job!は、SNSでも最大級を誇るmixiが運営しているIT業界やWEB業界に特化した転職サイトです。

中でも、WEBデザイナーやWEBディレクター、HTMLコーダー、WEBエンジニア、プログラマの分野が得意で、約2,600件の求人を誇る、国内でもトップレベルの転職サイトです。

大企業の求人が少ないため、大企業への転職は難しいかもしれませんが、ベンチャー企業から中堅企業の求人が多く、未経験Okの求人もありますので、意業界や異業種からIT・WEB業界への転職も可能です。

新着求人は毎日更新され、求人情報だけではなく履歴書の書き方や職務経歴書の書き方、面接対策などのコンテンツも豊富に掲載されています。

マスメディアン

広告業界、マスコミ業界、WEB業界、エンジニアに特化した転職サイトがマスメディアンです。
大手優良企業との取引が多く、これらの業界では転職実績NO,1を誇ります。

マスコミや広告業界の求人は少ないのですが、マスメディアンはこれらの業界に特化しているためマスメディアンにしかない独占案件も多数保有しています。

転職サイトですが、キャリアコンサルタントの転職支援を受けることができ、転職から転職後のサポートまで万全なサポート体制となっています。

自分のスキルやキャリアなどから、最適な企業をマッチングしてくれますので、転職できる可能性も高く、履歴書や職務経歴書の書き方もアドバイスしてくれます。

広告業界やマスコミ業界、WEB業界に転職したいのであれば登録しておいて損はない転職サイトです。

CAREER HACK

CAREER HACKはエン・ジャパングループが運営しているコミュニティサイトなので、転職サイトや転職エージェントではありませんが、WEB業界やIT業界で実際に働いている人の取材記事を掲載していますので転職のためにも見ておいた方が良いでしょう。

とても丁寧な記事内容で、実際にWEB業界やIT業界で仕事をしている人が気づいたことや仕事をしていく上で大切なことなどを掲載しています。

今後、IT業界やWEB業界に転職を考えている、またはキャリアを積んでいきたいのであれば見ておいてほしいサイトです。

キュリア

キュリアの母体はインディバルといい、Yahoo!が母体になっています。

Yahoo!もWEB業界ということで、キュリアもWEB業界にやIT業界に強い転職サイトです。

一般的な転職サイトの情報より、企業情報や年収、残業時間などが細かく掲載されており、離職率まで書いていますので、離職率からある程度の社内事情がわかるのではないでしょうか。

求人数も多く、常に約1,200件の求人がありますが、転職サイトは使いやすく、検索軸が約50以上もあるので、自分の希望条件にあった企業を見つけやすくなっています。

自分の経歴を入力するとさらにマッチングした企業を探しやすいので、Yahoo!が母体ということもありWEBで転職先を見つけたいという人のニーズに応えているサイトと言えるでしょう。

ゲーム業界に転職したい方におすすめ

Geekly

GeeklyはIT業界やWEB業界に特化した転職エージェントですが、特にゲーム業界に強い転職エージェントです。

Geeklyはリクルートの優秀エージェント賞で第1位を獲得している転職エージェントですので、大企業との取引もあり上場企業の幹部の求人などGeeklyにしかない独占案件も多数保有しています。

ゲーム業界の求人数も実績もある転職エージェントですので、ゲーム業界への転職を考えている人は登録しておいて損はないでしょう。

また、転職サイトではなく転職エージェントですので、キャリアコンサルタントが転職のサポートをしてくれます。

ゲーム業界への転職に適している職務経歴書の書き方をアドバイスしてくれたり、履歴書の添削なども行ってもらえますので、転職サイトを使って自分で転職活動をする自信がない、もしくは、転職活動をする時間がないという人にも最適です。

シリコンスタジオエージェント

シリコンスタジオエージェントはゲーム業界や映像業界、放送業界に強い転職エージェントです。

特に、クリエイターやエンジニアの求人が多く、大企業の求人から中小企業、ベンチャー企業、スタートアップ企業など様々な企業との取引があります。

また、ただ単にこれらの企業の求人を保有しているだけではなく、各企業の人事ともパイプが強いのでより詳しい企業情報を持っています。

シリコンスタジオエージェントのキャリアコンサルタントは登録者のペースに合わせてくれますので、親身になって話を聞いてくれますし、希望条件により近い企業を紹介できるよう尽力してくれます。

とにかく早く転職したいという人には、最短で1日で求人を案内できるので、クリエイターやエンジニアを目指しているのであれば登録しておいて損はないでしょう。

気軽に求人だけ見てみたい方におすすめ

Green

IT業界やWEB業界に特化した転職サイトと言えばGreenの名前が出てくる人もいるのではないでしょうか。

それほどIT業界やWEB業界の転職には強い転職サイトで、求人数の多さは約4,500件と国内でも最大級と言われています。

企業が広告を出しやすい成功報酬型のため、大企業からベンチャー企業まで幅広い企業が利用しています。

完全成功報酬型の転職サイトは少ないため、GreenではIT業界やWEB業界での独占案件を保有しています。

IT業界やWEB業界の求人数がとにかく多いので、のぞいてみるだけでも価値がある転職サイトです。

WANTEDLY

転職サイトとしては、少し面白い方法で求職者と企業をつなぐのがWANTEDLYです。

Facebookの利用が前提となっており、ソーシャルリクルーティングサイトとなっています。

転職サイトや転職エージェントより、転職色が薄く、気軽に転職活動を始めたい人に向いています。

企業側、求職者側が気軽に話すことができ、双方の合意があれば気軽に会社見学ができるのも魅力的です。

求人数は約4,500件あり、ほとんどがIT業界やWEB業界の求人ということで、覗いてみるだけでも良いでしょう。

気になる企業にコンタクトを取ることもできますし、スカウト機能もありますので、自分のライフスタイルに応じた転職活動をすることができます。

キャリアに自身があり年収アップを狙っている方におすすめ

JACリクルートメント

JACリクルートメントと言えば外資系というイメージがあるかもしれませんが、IT業界にも強い転職エージェントです。

さらに、JACリクルートメントの求人はハイキャリアやハイクラスの求人が多く、求人の質も高いと業界でも評判を得ています。

転職エージェントですので、キャリアコンサルタントが転職をサポートしてくれますが、JACリクルートメントのキャリアコンサルタントは質が高く、年収交渉も得意ですし、登録者のスキルやキャリアを客観的に見て判断してくれますので、適切な求人を紹介してくれます。

年収を上げることに関しては、業界でもトップクラスですので、自分のキャリアやスキルに自信がある人は登録しておきたい転職エージェントです。

ただし、キャリアやスキルが低いと判断されると大企業の求人を紹介してもらえない可能性もありますので、退職までにスキルを磨いておく必要があります。

ビズリーチ

ビズリーチは国内でも最大級のハイクラス・ハイキャリア向けの転職エージェントです。

様々な求人を取り扱っていますが、中でもIT業界やWEB業界の求人が多く、質も高いので年収アップやスキルアップを狙っている人に向いている転職エージェントです。

ビズリーチはヘッドハンティング型ですので、業界でも優秀なヘッドハンター(キャリアコンサルタント)が在籍しており、登録者の履歴書や職務経歴書などの情報からマッチングした企業があれば登録者に連絡がきます。

つまり、ヘッドハンティングされるまで待たなくてはなりませんから、早く転職したい人には向いていませんが、じっくり腰を据えて年収アップやキャリアアップできる企業に転職したい人には向いている転職エージェントです。

取引している企業は大企業や中堅の企業が多く、約4,000社の企業との取引がありますので求人数もかなり多い転職エージェントです。

転職サイトを最大限に使うための知識

せっかく転職サイトを利用するのなら、最大限活用してあなたにとってプラスになるようにしたいですよね。

しかし、転職サイトはあなた以外にも実に多くのユーザーを抱えており、転職に積極的でないと相手にされないこともあります。

特に転職サイトは転職エージェントと違って主体的に行動したり事前に知識を活用していかないと、あなたに合った転職先を見つけることはできません。

そこで、ここでは転職サイトをフル活用する方法をご紹介します。

ここを読めば、周りの転職希望者に圧倒的な差をつけられることをお約束いたします。また、より詳しい使い方につきましては、下記記事をチェックしてみてください。

転職エージェントの使い方|完全に理解し転職活動を成功へと導く知識

「転職エージェントに登録はしたは良いものの、どのように使っていけば良いのかわからない」このように感じている方は多いでしょう。せっかく転職エージェントに…

2017.11.10

担当のキャリアコンサルタントをやる気にさせる方法

転職サイトを運営しているのは企業なので、利益を出すことに必死です。

転職サイトはユーザーを転職に成功させて初めて利益を得ることになります。

つまり、あなたが本当に転職してくれそうであれば転職サイト側のコンサルタントは必死であなたをサポートしてくれるようになります。

主にキャリアコンサルタントをやる気にさせる方法としては下記の4点がかなり有効です。

キャリアコンサルタントをやる気にさせる方法

  • 「良い求人があればすぐにでも転職を考えております。」と伝える
  • 前の会社の退職理由を素直に話しすぎない
  • 事前連絡なしに面談に遅刻しない
  • 経歴などを詐称しない
それぞれ1つずつ詳しく解説いたします。

「良い求人があればすぐにでも転職を考えております。」と伝える

転職サイトも、すぐに高い年収の転職をしてくれるとなればあなたをより大切に丁寧にサポートしてくれるのは間違いありません。

そのため嘘でもこのように言っておけば、キャリアコンサルタントはあなたの転職を支援してくれる支えになります。

前の会社の退職理由を素直に話しすぎない

もし前の会社での退職理由が「つまらなかったから」「上司と喧嘩したから」などのような、あなたが簡単に会社を辞めてしまうような人材と判断してしまうと、以下の理由がありコンサルタントはあなたをサポートしてくれなくなるかもしれません。

  • 転職先をすぐに退職してしまうと、転職サイト側は罰金を払わなくてはいけない
  • 企業との仲が険悪になり、今後の取引に悪影響を及ぼす
事前連絡なしに面談に遅刻しない

時間にルーズだと思われてしまうと面接本番でも遅刻してしまう恐れがあるので、良い求人を紹介してくれなくなります。

人間的にも、遅刻するような人とはあまり関わりたくないですよね。面談での詳しいポイント等はこちらを参考にしてください。

転職エージェントの面談|服装や準備すべきものを把握しておこう

転職エージェントに登録すると、最初に行うことになるのが「面談」です。面談と聞くと企業の入社試験にある「面接」と思っている方がいらっしゃるようですが、面接ではな…

2017.11.10
経歴などを詐称しない

キャリアコンサルタントの間で、「前言ってた経歴と違う」なんて言葉が噂で流れます。

経歴を詐称してしまうと、何に対しても嘘をついてしまうのではないかと警戒して良い求人を紹介してくれなくなります。

転職サイトを使う上で注意すること

転職サイトを賢く使う上で、キャリアコンサルタントをやる気にさせる以外に以下に注意しておかなければなりません。

転職サイトを使う上で注意するべきポイント

  • 複数の転職サイトに登録する
  • キャリアコンサルタントは自分に合う人を探す
  • 面談前から自分の経歴をキャリアコンサルタントに伝えておく
  • 1案件1サイトを徹底する
それぞれ1つずつ詳しく解説いたします。

複数の転職サイトに登録する

1つの転職サイトに頼ってしまうと1人のキャリアコンサルタントに頼ってしまうので、どうしても知識や案件が偏ってしまいます。

そのため、複数の転職サイトを利用することで複数のキャリアコンサルタントから様々な案件を紹介してもらえ、客観的に良い案件を見つけることができ、より良い転職が出来ます。

キャリアコンサルタントは自分に合う人を探す

転職サイトを利用する際に最も重要なことは、キャリアコンサルタントとの相性です。

どんなに優秀なコンサルタントでも、あなたが嫌だと思ってしまったら疑いが止まらなくなってしまいます。

なので、合わないと感じたらすぐにでも担当のコンサルタントを変えてもらうようにしましょう。


担当の変更申請メール例

お世話になっております。御社から転職のコンサルを受けさせて頂いている○○と申します。

現在、担当をして頂いている○○様には大変お世話になっており、丁寧なご対応を頂いている

ので大変感謝をしておりますが、他の方のご意見も参考にさせていただきたく思っておりま

す。

調整の方が可能でありましたら、志望しております○○業界に精通していらっしゃるアドバイ

ザーの方とお話をしたく考えております。

お手数をおかけし恐縮ではございますが、何卒よろしくお願い致します。


面談前から自分の経歴をキャリアコンサルタントに伝えておく

はじめての面談を行う際に、あなたの職歴等をそこで聞いても案件を紹介することは可能です。

しかし、面談の前の登録する段階で自分の経歴やスキルについて書いておけば、担当するコンサルタントも事前に案件を準備することができ、紹介するスピードも案件の数も圧倒的に良くなります。


【会社名・部署・役職】○○株式会社:WEBマーケティング部:部長

【職務内容】約5年ほどマーケティングを担当。その後WEBマーケティング部の立ち上げに参画し部長に約10年ほど就任。12名のマネジメントを経験。

【保有資格・スキル】SEO、PPCによる広告運用、SNSにより広告運用などのWEBマーケティング全般知識。

【今後の仕事の希望】現職ではとても大きなチームで動いており、3人で出来るようなことを約10人体制で動いていることに嫌気が差し、もっと刺激のある職場で働きたいと思っておりました。そこで、ベンチャーのWEBマーケティング部であれば少人数体制でよりハイレベルなスキルが身につくのではないかと思った次第です。転職初心者なので何から始めたら良いのか、何を行動した良いのか全くわからない状態なので、ぜひともご相談させてください。

【希望勤務地】東京都内

【希望年収】現状年収750万円ほどですが、高度なSEOを学べる環境であれば、500万円程度までの減少は覚悟しております。


1案件1サイトを徹底する

良くあることなのですが、複数の転職サイトを利用していると、どうしても同じ企業に複数の転職サイトから利用してしまうという、案件の被りが生じてくることがあります。

これは担当のコンサルタントに不快感を与えてしまい、破談となってしまったり最悪の場合はもう案件を紹介して盛らなくなることがあります。

そのため1案件1サイトを徹底できるように、しっかりと応募した案件を管理してください。

まとめ

いかがでしたか?

お探しのIT向け転職サイトは見つかったでしょうか。

転職サイトはまず試してみることが重要で、そこで合わないと感じたのであれば次、といった感じに利用することをおすすめします。

転職活動をしている方、これからされる方の転職がうまくいくことを陰ながら祈っております。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする