中小企業診断士の難易度と合格率、偏差値|メリット5つや勉強時間も

「中小企業診断士の難易度って実際どうなんだろう…」中小企業診断士の資格の難易度って気になりますよね。この記事では、中小企業診断士の試験の難易度はどのくらいかはもちろん、中小企業診断士はどのような人が受けるのか、どのくらいの時間勉強すればよいのか、また中小企業診断士の気になる年収など、中小企業の難易度を中心にご紹介していきます。

中小企業診断士になるメリット5つ

中小企業診断士を取得すると、大きなメリットがあります。この記事では、主な5つのメリットをご紹介します。このメリットがあるため、忙しいなか勉強して中小企業診断士の資格を取得する方がいるのです。

1.経営の観点から全体的に判断できる

単なる業務の一部だけではなく、経営者の視点から全体的にものごとを判断する力が身につきます。中小企業診断士の資格勉強をすると、経営全般の知識が身につき、仕事に活かすことができます。

2.キャリアアップになる

社内規程に中小企業診断士の資格手当がない場合でも、中小企業診断士の資格は非常に評価される可能性が高いです。

また、中小企業診断士の資格を取得しただけで向上心がある、会社経営の知識があると評価されます。中小企業診断士の資格で昇進や昇格を目指してみましょう。強みを生かすのは大切なことです。

3.一目置変える存在になる

社内外で信頼が増して、一目置かれる存在になります。中小企業診断士は、経営コンサルタントとしての唯一の国家資格です。難しい資格ではありますが、努力して取得する価値が十分あります。

資格取得をきっかけに、社内で新しいプロジェクトを担当したり、責任ある仕事を担当したりする方が多いようです。また、中小企業診断士の資格をもっていることにより、社内外問わず初対面の人でも早く信頼を得られます。

4.人脈を広げやすい

中小企業診断士に合格した後、登録までに実務補習を行ないます。同じグループで仲間ができます。こうした仲間は大切な存在です。何か悩みごとがあるときは相談できる大切な仲間です。

また、中小企業診断協会やその他の団体、ボランティアグループなど中小企業診断士のネットワークに加入することで、会社以外での人脈を増やすことができます。

こういった人脈は、仕事に役立つこともありますが、転職や独立・開業を目指す方には特に重要になるでしょう。人脈は広げておいて損はないです。積極的に参加しましょう。

5.転職や独立に有利

一般的に、中小企業診断士資格を持っていると転職でも有利です。中小企業診断士の資格は難易度が非常に高い資格ですが、難易度の高い資格にチャレンジする成長意欲、また経営者視点でビジネスができると判断されます。

また、中小企業診断士を取得した後に、独立・開業して成功している方もいます。そういった先輩の中小企業診断士のネットワークに入っていくことで、独立・開業するための方法を知ることができます。

中小企業診断士の業務としては、経営コンサルティングだけではありません。セミナー講師や公的な業務など、さまざまな業務があります。自分の強みを生かして独立するためには、向いている資格です。

中小企業診断士の試験合格を目指す学校や予備校もある

オンライン講座を利用して独学で中小企業診断士を取得した方もいらっしゃいますが、難易度の高い資格ですので予備校や専門学校に通う方も多いです。通学タイプの資格学校は下記の通りです。

名称 受験料(円) 備考
資格の学校TAC 290,000  ー
LEC東京リーガルマインド 252,000 早期申し込みの場合
資格の大原 227,000 早期申し込みの場合

 

学習するためのテキストも重要なポイントになります。以下、中小企業診断士の代表的な予備校・専門学校のテキストをご紹介します。今回ご紹介するのは利用者からの評価も高いテキストで、下記の5つです。

教材名 通信(円) 通学(円) 備考
診断士ゼミナール 59,800 価格が流動的、キャンペーン時は、42,000円
通勤講座 59,980 1次2次合格コース
産業能率大学 78,840 中小企業診断士合格総合
資格の大原 242,400 24,2400 1次2次ストレート合格コース
生涯学習のユーキャン 98,000 中小企業診断士合格指導講座

 

また、中小企業診断士の資格は、良いテキストを使い、適切な方法で勉強をすれば独学でも十分に合格できます。実際に独学で合格している人もかなり多いです。

以下の記事では、「独学で中小企業診断士に合格するためには絶対に使うべき参考書」「独学でも落ちない勉強法」など独学で中小企業診断士の資格に合格するためのノウハウを余すことなくご紹介していますので、この記事と併せてご覧になってください。

中小企業診断士を独学で合格するための全知識

中小企業診断士を独学かつ最短で合格するコツ 中小企業診断士の資格を取りたいけど、「家族もいるし、学校に通う時間がない。」「資格取得に出す出費を抑えたい。」と…

2017.12.29

中小企業診断士の合格率と推移

それでは、難易度が高いと言われている中小企業診断士の合格率をみていきましょう。中小企業診断士の資格に興味のある方は是非参考にしてください。

中小企業診断士の1次試験合格率

1次試験合格率は年によって多少は上下しますが、15%~25%ほどが相場です。平成13年度は、51.3%、平成14年度は31.7%と非常に高いですが、平成15年度は、16.2%と大きく下がっています。

近年でいうと、平成26年は23.2%、平成27年度は26.0%、平成28年度は17.7%となっています。その年によって差が生じています。それでも1次試験合格率が3割を超えることはありませんので、難易度は高いと言えます。

中小企業診断士の2次試験合格率

2次試験合格率も多少上下しますが、だいたい10%~20%が相場となっています。

平成13年度から平成15年度は非常に厳しく、合格率は10%台になっています。近年では、平成26年度が24.3%、平成27年度が19.1%、平成28年度が19.2%となっています。平成26年度の24.3%を除けば、2次試験の合格率は非常に厳しい10%台となっています。

中小企業診断士の科目別合格率

平成28年度の1次試験の科目別合格率をみてみましょう。

経済学・経済政策 29.6%
財務・会計 21.6%
企業経営理論 29.6%
運営管理 11.8%
経営法務 6.3%
経営情報システム 8.5%
中小企業経営・政策 12.5%

 

「経営法務」は多くの受験生が苦手とする科目であり、科目別の合格率も6.3%と非常に低くなっています。

中小企業診断士の受験者プロファイル

中小企業診断士を受験するのはどのような方なのでしょうか。平成27年度の中小企業診断士試験の受験者プロファイルをご紹介します。

性別

【1次試験】

男女別人数 申込者数(人) 構成比(%) 試験合格者数(人) 合格率(%)
男性 16,781 91.4 3,193 19.0
女性 1,580 8.6 233 14.7
合計 18,361 100.0 3,426 18.7

 

【2次試験】

男女別人数 申込者数(人) 構成比(%) 試験合格者(人) 合格率(%)
男性 4,797 93.5 867 18.1
女性 333 6.5 77 23.1
合計 5,130 100.0 944 18.4

 

1次試験の受験申込者は9割以上が男性で、2次試験も圧倒的に男性が多くなっています。男性に人気の資格と言えるでしょう。独立・開業を目指す方やサラリーマンの方もいらっしゃいます。

一方、2次試験では女性の合格率が高くなっています。1次試験を突破した女性は2次試験にもきちんと対応できていることが分かります。中小企業診断士は男女ともに相応しい資格であると言えるでしょう。

年齢

1次試験、2次試験ともに30~40代の受験者が約6割を占めています。会社の経営や管理業務のノウハウが必要とされる世代の受験者が多いです。キャリアアップのために受験する方も多いようです。

2次試験は、長時間に渡って集中しなければならない試験もあり、体力やスピードも必要になります。そのため、2次試験はテスト慣れしている若い世代の方が柔軟に対応できているという結果になっています。

中小企業診断士を目指す大学生もいる

実際に19歳という史上最年少の年齢で中小企業診断士の資格に合格した大学生もおり、大学生でも、就職や起業のために中小企業診断士の勉強をしている方もいます。

中小企業診断士の良いところは、年齢を問わず受験できるところです。難易度は高いですが、努力次第で、だれしもが手に入れられる資格です。今後、最年少記録を塗り替える方が現れるかもしれません。

中小企業診断士の勉強時間は800~1000時間

個人差はありますが、難関の中小企業診断士に合格するためには800~1000時間勉強しなけれないけないと言われています。サラリーマンの方だと、仕事帰りに1年~2年かけて勉強する方も多いです。

1次試験の勉強の悩みは主に以下の3つでしょう。

  • 勉強の仕方が分からない
  • 勉強のペースを掴むのに2~3ヶ月かかる
  • 複数科目を同時進行で進める難しさ

テキストで学んでも、いざ問題を解いたら手が止まってしまうことも多く、「間違った勉強法をしていたのでは…」と感じてしまう人も多いです。

しかし、中小企業診断士の資格勉強は形式に慣れるしかなく、1次試験は半分以上を取ればいいと考えて、頻出問題を中心に勉強すると良いです。

仕事が忙しくて、疲れていて、といくらでも勉強をサボる理由は挙げられます。まずは、1日何時間勉強すると決めて、勉強するペースを掴んでいくのが大切です。

複数科目を同時に勉強することは難しいです。多くの方が経験した科目数が多い大学受験を思い出してください。個人差がありますので、自分で勉強スタイルを築いていくしかありません。

一般的には、1日に4科目以上勉強すると効率が悪くなってしまいます。1日2~3科目勉強するようにしましょう。

以下の記事は、効率よく仕事を進めるテクニックを詳しくご紹介していますが、勉強にも応用できる内容になっています。

ぜひ、以下の記事で効率よく勉強するノウハウを学んでみてください。

効率的な仕事の進め方とコツが分かる「仕事の進め方10か条」|現状打破する改善方法も

仕事の進め方がわからない人が意外と多い もし何も知らず入ってきた新入社員がいれば、あなたは仕事の進め方を教え、完璧に育て上げることが出来ると言えるでしょうか…

2017.12.11

中小企業診断士の年収は様々

中小企業診断士の年収には、かなりのばらつきがります。1,000万円以上、2,000万円~3,000万円の方もいますが、ほんの一握りです。実は、100~300万円程度が7割ほどです。中小企業診断士の平均年収は、780万円という情報があります。

これらの統計をみると相当二極化していることになります。

診断士の資格を取得したからといって、高い収入が保証されているわけではありません。誰かがクライアントを紹介してくれるわけではありませんので、自分で案件を取っていかねばならないのです。

才能のある中小企業診断士は高収入が得られますが、何もしないと無収入になってしまいます。独立してから生活できるまで5年かかるという話もあります。

その点、サラリーマンの方で中小企業診断士を取得した方は安定した収入を得ることができます。キャリアアップをして収入もアップするかもしれません。その点では、サラリーマンにおすすめの資格と言えます。

中小企業診断士の難易度は社会保険労務士や行政書士試験と同じくらい

一概に比較できませんが、中小企業診断士と社会保険労務士や行政書士は難易度は同じぐらいと考えてよいでしょう。

ただ、行政書士は独立・開業を前提とした資格になっていますが、中小企業診断士や社会保険労務士は独立・開業をすることも可能ですが、企業内で資格を活かすこともできます。

中小企業診断士であれば経営企画部などで活躍することができます。会社に勤めながらでも、約1~2年間の受験勉強で資格を取得することも決して不可能ではありません。

簡単な資格ではありませんが、その分取得したら、周りの評価も変わるほどの効果のある資格です。中小企業診断士に興味がある方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加