音響の仕事|種類や内容を知って理想のキャリアを手に入れよう

テレビ制作やコンサートスタッフのイメージが強い音響の仕事ですが、実際はどのような職業なのでしょうか。実際の音響の仕事内容について詳しく解説します。また、音響の仕事を通して得られるやりがいや、仕事の辛い側面についてもリアルに紹介します。華やかなイメージの強い、いわゆる「業界」の仕事の裏側をまとめました。音響の仕事について全く知識のない方にもわかりやすく説明しているので、仕事内容に興味のある方や将来音響に関わる仕事がしたい方など、ぜひ参考にしてみてください。

目次

音響の仕事の内容・業務

音響の仕事を一言で説明すると、「現場の音を統括・管理する仕事」です。

音響が働く現場には、ミュージシャンのライブや舞台演劇、テレビ番組の制作現場などの華やかなものから、冠婚葬祭にまつわる式典、企業の株主総会や展示イベントなど私たちの生活に身近なものまで多岐にわたります。

音響スタッフはこうした現場で、マイクや音響機器の設置やメンテナンスをしたり、音の聞こえ方を細かく調整したり、機材の搬入・搬出を行います。

音響スタッフは現場にごとに「PAエンジニア」「ミキサー」など呼び方に違いはありますが、どれも「音のスペシャリスト」であることに間違いありません。

ここでいうPAというのはPublic Address(パブリックアドレス)の略で、現場の全ての音を一つのシステムに集約し、バランスを整えて拡声します。

通常、楽器や人間の声はそのままだと音のボリュームがバラバラで、せっかく上手に演奏しても綺麗に聞こえないことがあります。

PAシステムでは、その問題を解消するために、全ての音を一つの場所に集め、それぞれの音のボリュームを管理し、ベストなバランスに調整し直してから再び会場に拡声します。そのおかげで、会場内でも綺麗に全ての音が聞こえるようになるのです。

PAシステムの複雑な機材を扱い、音の聞こえ方を整える仕事は音響スタッフの大切な役割です。そのため、細かい音を聞き分ける耳の良さや、出演者の指示に素早く対応できる能力は音響スタッフにとって欠かせないスキルとなります。

もちろんそれだけではなく、重い機材の搬入や搬出を行うのも音響の仕事の範囲ですので、力仕事ができることや車の運転ができることも音響スタッフになる上で重要です。

音響の1日の仕事の流れ

音響の現場にはさまざまなものがありますが、ここでは代表的な音響スタッフの仕事場である「コンサート本番当日」での1日の流れを紹介します。

  • 8:00    現場入り、打ち合わせ
  • 9:00    機材搬入
  • 10:00  機材の仕込み
  • 12:30  昼食
  • 13:00  チューニング
  • 14:00  音合わせ、サウンドチェック
  • 16:00  リハーサル
  • 17:30  最終チェック
  • 18:00  開場
  • 19:00  本番開始
  • 20:30  終演、撤収開始

朝、打ち合わせ後の機材搬入作業では、精密な音楽機材をトラックから会場まで人力で運び入れます。

会場によってはエレベーターがなかったり通路が狭かったりと、運搬条件が整っていない場合もありますが、ときには他のスタッフと協力しながら慎重に機材を運びます。

機材の搬入が無事に終わると、今度は機材がきちんと動くようにセッティングをします。この作業を「仕込み」と呼び、マイクやスピーカーを設置したり電源ケーブルを繋いだり、会場内での音響設備を整えていきます。

休憩後は機材のチューニング作業に入ります。午前中の仕込みでセッティングされた音響機材を実際に稼働し、会場での音の響き方を細かくチェックします。

チューニングが終わったら、今度は音合わせをします。ここでは実際に出演者に音を出してもらい、打ち合わせをしながらベストな音のバランスに調整していきます。微調整とサウンドチェックを繰り返し、この後のリハーサルへ備えます。

本番前のリハーサルでは、照明や舞台スタッフ、そして出演者と本番さながらの流れを通して全体のコンディションをチェックします。

リハーサル終了後、本番直前に最終確認を行い本番に向けての「詰め」の作業をします。

開場し、お客さんが入ってきたらいよいよ本番。朝からの打ち合わせやリハーサルでの注意点に加え、観客の歓声による微妙な音の響き方を常に調整しながらコンサートを進めていきます。失敗が許されない一発勝負のため、どのスタッフも気合を入れて臨みます。

無事に終演したら、速やかに機材を搬出、撤収作業に入ります。場合によってはこの後スタッフを交えての打ち上げがあることもあり、帰宅するのは深夜になることも。

以上が、代表的なコンサート当日の音響スタッフの仕事の流れです。

現場によって開始時間や終了時間が異なるため、ここで紹介した内容はほんの一例です。ときには深夜や早朝に現場入りすることもあり、時間が不規則な職種なので適切に体調管理をすることはとても大切です。

音響の仕事の種類

音響の仕事内容はたくさんありますが、代表的なものを簡単に挙げていきます。もちろん、ここに挙げた以外の仕事内容をすることもあります。

イベントPA

大小さまざまなイベントで、環境に合わせた音響設備のセッティングや音の管理をします。

コンサートPA

コンサート会場で、観客にとって一番魅力的に音が聞こえるよう音響設備を整えます。

テレビ音声

出演者の声や取材先での音を拾い、テレビ番組の元となる音声素材を集めます。

テレビ音響効果

現場で撮影された元の音だけの映像素材に、効果音などの演出を加えます。

舞台音響

演劇やミュージカルなどの舞台で音楽や効果音を管理、調整します。

ブライダル音響

結婚式や披露宴での音響効果を担当し、新郎新婦の希望に合わせてタイミングよく音楽を流します。

音響の仕事のやりがい

音響の仕事のやりがいは何といっても、チームワークで一つのものを作り上げる達成感です。

音響の仕事は、音響スタッフだけでは成り立ちません。ステージに立つ出演者、映像や照明、舞台スタッフなど他の部分を担う人たちと、「本番」という一つの目的に向かって協力しながら仕事をします。

また、コンサートや舞台、テレビ番組において音声はいわば肝となる大切な要素。本番の良し悪しを大きく左右する音響の仕事は、責任重大であると同時に大きな達成感を得られます。

一生懸命演奏しているミュージシャンの音を最高なバランスで観客に届けられた時や、他のスタッフと一丸となって作った作品が評価された時など、音響スタッフにとってはこの上なく嬉しい瞬間です。

ステージ関係の仕事だけではなく、冠婚葬祭などでも音響の仕事はとても重要です。一生に一度の晴れ舞台や故人を偲ぶお別れの会など、主催者側にとっては大切なイベント。

いちスタッフとして依頼者の大事な日を演出できるというのは、やはりとてもやりがいのある仕事なのです。

また、華々しいステージの側で仕事をする機会が多いだけあって、自分の好きな芸能人やミュージシャンと会えた時に喜びを感じる人も少なくないようです。

高いスキルを身につければ、憧れのアーティストの専属音響エンジニアになることも夢ではありません。音楽が好きな人にとっては、これ以上ないほどの環境ではないでしょうか。

音響の仕事の辛い部分

音響の仕事はとてもやりがいがありますが、辛い側面があるのも事実です。

特に仕事の拘束時間が長いことや、勤務時間が不規則なことで体を壊しやすいというリスクがありますが、一度きりのイベントでは代わりの人間がいないことの方が多く、休みがなかなか取れないのが実情です。

コンサートやイベントの当日は機材の設置や打ち合わせ、リハーサルなど音響の仕事は山積みです。そのためトイレに行く時間すらないということもあります。忙しくテキパキ働くのが好きな人にとっては苦にならないかもしれませんが、のんびり働きたい人には辛い環境かもしれません。

また、エンジニアという職種の特性上、職人気質のベテランスタッフも多く、若い新人スタッフはとにかく怒られっぱなしということも。音響スタッフとして一人前になるには、肉体的、精神的にもタフで、年上の人とも上手にコミュニケーションが取れる必要があります。

また、音響スタッフは力仕事もこなさなくてはいけません。音響設備の搬入や搬出も重要な業務の一つですが、なかには100kgを超える大きな機材もあります。さらに精密機器を運搬するのはとても神経を使うため、慌ただしい搬出入の作業中も一切気が抜けません。

このように、音響スタッフの仕事は辛い面も多く、たとえ女性でも男性顔負けのタフさが求められる職業でもあります。

しかし、辛いことがある分、一つの仕事をやり遂げた時の達成感が大きく、また音楽に密着して携われる唯一無二の職業であることも確かです。

音響の仕事をするには

音響の仕事をするために必須の資格はありません。しかし、複雑な機器を扱うエンジニア職であるため、専門的な知識は求められます。また、細かい音の聞き分けや音楽に関する知識も必要となってくるため、音楽が好きであることも大切です。

音響関係の知識を身につけるには、電子工学、情報通信工学などを学べる大学や専門学校に行くと良いでしょう。時代の流れに合わせて、音響の現場もアナログからデジタルへの移行が進んでおり、最新のデジタル機材を扱える人材は重宝されます。

音響関係の学校に進めば、手厚い就職サポートを受けられるというメリットもあります。講師や学校のスタッフにも業界に人脈をもつ人がいる可能性があるため、積極的に働きかけて色々な人の力を借りてみましょう。

また、音響の世界では何よりも現場での経験が重視されます。そのため、高校を卒業後進学をする人も、学業と両立しながらライブハウスやコンサート会場、舞台などでスタッフのアルバイトをして早いうちから現場の雰囲気を学んでいくことは今後のキャリアに大いに役に立ちます。

音響の仕事に必須の資格はありませんが、「舞台機構調整技能士検定」や「映像音響処理技術者資格認定試験」などの試験は仕事の知識を深める上で役に立つかもしれません。国や地方自治体が運営する公共施設などでは、これらの資格を持っていることを採用条件としているところもあります。

しかし、やはり音響の仕事で何よりも大切なのは実務経験。できるだけ早く関連のある仕事を経験し、スキルと人脈を築いていくのが一番の近道であると言えます。

また、転職エージェントを利用することで簡単に就職することができます。

転職エージェントは完全無料で利用することができ、転職や就職に関わるほとんどの面倒な作業を代行してくれ、転職のプロであるコンサルタントからアドバイスをいただくことができるため、転職初心者の方は使わない手はないです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 …

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

当サイトでは下記記事にて1000人以上の転職エージェント利用者の体験談を基に本当におすすめの転職エージェントを紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識…

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

DODA

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

パソナキャリア

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

音響の仕事の主な就職先

音響エンジニアの就職先としては、代表的なところでテレビ局や大手レコード会社、音響専門の企業などがあります。またこのほかにも、映画やテレビの制作会社、録音スタジオなども音響スタッフとしての働き口があります。

ただし、音響エンジニアの雇用形態は非正規雇用やアルバイト、フリーランスであることも少なくありません。テレビ局の正規雇用は大卒者限定採用の場合もあり、初めから大手企業に就職するのは狭き門です。

まずはアルバイトなどで下積み経験を積み、徐々に出世していく方法を選ぶ人も珍しくありません。

音響の仕事はとても魅力的

以上、一般的にあまり知られていな音響エンジニアとしての仕事を紹介しました。一般的にはあまり馴染みのない職業ですが、特殊な世界で専門スキルを身につけられる非常に面白い仕事です。

もちろん楽しいことばかりではありませんが、努力次第では有名アーティストと一緒に働けるかもしれないというのはとても夢があります。また、音楽が好きな人にとってはこれ以上ない環境です。

音響の世界はまだまだ発展していく可能性があり、若く元気なスタッフが求められています。業界の特性上、学歴がさほど重視されないということもあり、他の業界に比べてチャンスが掴みやすいというのも音響エンジニアの魅力。

未知の世界で専門スキルを伸ばしたいという人は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。