自分に合う仕事を見つける3つのポイント|向いている仕事かわからない時の対処法

自分に合う仕事がしたいと思っていても一体どんな仕事が自分に合っているのか、向いている仕事なのかわからなかったりしますよね。そんな方のために、自分に合う仕事を見つけるためのポイントをご紹介します。今すぐ見つからなくても、少しずつ自分に合う仕事を見つけられる近道を一緒に探っていきましょう。

自分に合う仕事・職業を探す、3つのポイント

自分にどんな仕事がピッタリと合うのか、どれだけの人がしっかりと自覚しているでしょうか?初めて仕事に就く人、転職を考えている人は不安も多いことでしょう。すでに社会人として生活している方も、今の仕事で良いのだろうか…と悩んでいる方もいると思います。

自分にはどんな仕事が合うのか、自分では気づいていない強みは何なのか。それらを知っていれば自分が満足いく仕事に就くことができるかもしれません。

自分に合う仕事を見つけるためのポイントをまず見ていきましょう。

無料の適正診断を受ける

自分にどんな強みがあるのか、どんな仕事が向いているのかを知ることができる適正診断を無料で受けられるサイトがあります。特におすすめなのが、就職情報誌などでおなじみのリクルート社のリクナビNEXTがWEBで提供している「グッドポイント診断」です。

最初にリクナビNEXTへの登録が必要なものの、無料でしっかりとした診断ができるのがポイント。およそ30分程度、細かに出される質問に答えていくと自分の持っている5つの強みを知ることができます。

この診断をすることで自分では気づかなかった部分を知ることができる良い機会になります。質問への回答は正直に答えるのが正確な診断へのカギ。自分に合う仕事を見つけるために、まずは己を知ることから始めましょう!

好きな事の延長線にある職種を調べる

自分が何に興味があってどんなことが好きなのかを知ることも大切です。映画が好き、本を読むのが好き、スポーツが好き、音楽が好き、といった趣味の範囲のことはもちろん、人と話すことが好き、じっとしているよりも動き回るほうが好き、人の役に立つことに喜びを感じるなど、まず自分が好きなことや何に興味があるのかを1つずつ挙げてみましょう。

次に、その好きなことに繋がる仕事はどんなものがあるのか調べます。とにかく映画が好きな人なら映画館での仕事もありますし、映画会社での仕事もあります。スポーツが好きなら、スポーツ用品店やスポーツ記者という仕事もありますよね。人と話すことが好きで動き回るのが好きなら、色んな場所を飛び回る営業マンなんていうのも良いかもしれません。

この様に、自分の好きなことや興味のあることからどんな職種があるかを調べて検討してみるのも、自分に合う仕事を見つける1つのポイントです。

実際に体験してみる

気になる仕事があったら体験してみるのも良いかもしれません。実際にその職種の仕事をアルバイトで体験してみたり、実際にその仕事をしている人を見てみるのも参考になるでしょう。

例えば、映画館での仕事なら、実際にアルバイトをしてみるのも良いですし、映画館に行ってスタッフの仕事ぶりを観察してみたり。簡単に体験できる仕事ばかりではないですが、実際に見てみたりアルバイト体験ができる職種であればやってみることをおすすめします。

憧れていたり夢を持っていても、実際にやってみると思っているのとは違ったり、自分に合っていないとなるパターンが多いのも事実。仕事のみならず、やはりやってみないとわからないことが多いですよね。できることがあるならば、実際に体験してみるのもポイントです。

 

向いている仕事がわからない時は自分に合った適正審査を受ける

自分にどんな仕事が向いているのか、何がしたいかいまいちよくわからない。そんな人におすすめなのが適正審査を受けることです。先ほど、自分に合う仕事を探す3つのポイントの1つとしてご紹介した、リクナビNEXTの「グッドポイント診断」の他にも、適性検査を受けることができるものをご紹介します。

ハローワークの職業適性検査・適職診断テスト

就業に関するあらゆる相談に乗ってくれるハローワーク。各地域のハローワークによって内容が違うようですが、適性検査はもちろん、これまでの職務経験なども踏まえ、どんな仕事が合うのか考える手助けをしてもらえます。

直接職員の方に相談してお話を聞いてもらえるのがハローワークのポイント。適性検査の結果と実際に聞いた話を元にその人に合う仕事を一緒に探してくれます。ハローワークまで出向かなければいけませんが、一人で悩んでいて相談する人もおらずどうしようもないという人にはおすすめです。

A Real Me「どこより正確な職業適性診断」

こちらはWEBで簡単に診断できるものです。質問は全部で31問あり、最初に性別を答えてから診断がスタートします。出される質問に対して答えが2択で用意されており、どちらか当てはまる方を選んでいくといった診断方法です。

2択の答えの中には究極の質問といった様な内容のものもあり、どちらかといえば心理テストに近い印象を受けます。なので、細かな診断を希望する人よりも、とにかく手軽に適正診断をやってみたいという人にはおすすめです。

https://www.arealme.com/career/ja/

MY DREAM「あなたの夢を探す!適正診断」

こちらもWEBでできる診断です。やってみたい仕事や気になる仕事が決まっている人と、どんな仕事が良いか迷っている人で診断ページが分かれており、それぞれに違った質問が30問ずつ用意されています。

やってみたい仕事が決まっている人には、診断によってその職種が合っているのかどうかを評価してくれます。そして、他にもこんな職種もおすすめといった具合に、診断結果を元に別の職種も紹介してくれます。質問は「YES・NO」「どちらでもない」にチェックを入れるだけなのでサクッと簡単に診断することができます。

http://oshigoto.mydreams.jp/shindan/

 

マイペースな人に向いている仕事

マイペースな人と言うと少しネガティブなイメージを持っている人がいるかもしれませんが、ポジティブに考えてみると、自分の価値観をしっかりと持っていたり自分だけのアイディアを持っている人かもしれません。

一つの事を極める職人系

職人と言われる職業はジャンルも様々で、どれも一つのことを極めその人にしかできない技術を持つ職業です。そんな一つのことを極める職人と呼ばれる仕事はどんなものがあるのか、少しご紹介します。

  • 料理人
  • 和菓子職人
  • 植木職人
  • 大工
  • 花火師
  • ヘアメイクアーティスト

この他にもまだまだ、日本ならではの文化を守る工芸職人や、酒造の職人など、興味深い仕事は沢山あります。一つの事を極めて、その道で長く活躍されている人は多くいます。自分の好きなジャンルや、興味のある事を極めて一生の職を手に入れてみるのも良いですよね。

クリエイティブ系

本来「独創的・創造的」という意味を持つクリエイティブという言葉。日本では「製作物・製作者」という意味で用いられることが多いようです。クリエイティブな仕事と聞くと、なんだかかっこいいと思う人もいるのではないでしょうか?では、そのクリエイティブな仕事とはどういうものがあるのか見てみましょう。

  • グラフィックデザイナー
  • イラストレーター
  • 広告デザイナー
  • ゲームデザイナー
  • ファッションデザイナー
  • パタンナー
  • インテリアデザイナー
  • インテリアコーディネーター
  • ディスプレイデザイナー
  • 空間デザイナー
  • パッケージデザイナー
  • フォトグラファー
  • CGクリエイター

こうして見てみると、何かを作り上げる仕事、デザインする仕事が多いことがわかります。グラフィックやCG、イラストなど仕事に就く前に勉強が必要なものが多いですが、学んだことが活かせる仕事ですし、自分の持っている想像力や発想力も大いに発揮できる魅力的な仕事ばかりです。

ファッションやインテリア、ゲームやイラストはもちろん、パッケージや空間のデザインでも見る人を感動させたり喜ばせることができます。一人前になるまでには時間がかかるかもしれませんが、やりがいを持てる素敵な仕事です。

以下の記事では、クリエイティブな仕事の代表である、デザインとゲームの仕事について詳細に紹介しているので、興味のある方はぜひご覧ください。クリエイティブな仕事の魅力を感じられるでしょう。

ゲームの仕事|種類や内容を知って理想のキャリアを手に入れよう

ゲームの仕事の内容・業務 ゲーム作品は、さまざまな役割の人が関わって共同作業でつくっています。 ゲーム作品の役割別で見てみると、ディレクター、プロデュ…

2017.12.05

デザインの仕事|種類や内容、魅力を知って理想のキャリアを手に入れよう

デザインの仕事の内容・業務 デザインの仕事というと、デザインをする「デザイナー」と呼ばれる仕事になります。デザイナーって言葉は、よく聞くけれど、どんな種類が…

2017.12.04

自営業

自分で会社を起業したり、お店を運営したり、どの会社にも属さずに自分自身が経営をするのが自営業です。コーヒーが大好きで落ち着くカフェを経営したいと始めてみるのも、ネイルを勉強したからネイルサロンをオープンするというのも夢があって素敵ですよね。

自営業となると自分自身が経営者となり従業員を引っ張っていくことになるわけですから、責任感や判断力が重要となります。また、起業する際の資金を貯めなければならないという問題もあるので、苦労も多いかもしれませんが成功すれば充実感もひとしおです。

最近では「ひとり起業」という言葉があるように、知識や経験を活かして一人で起業する方もいます。しかし、それで成功している人は皆さん必ずしっかりと勉強もしています。夢は大きくありたいですが、何事も始める前の準備は大切です。

 

自分に合う仕事・向いている仕事かわからない時の対処法

自分にどんな仕事が向いているのか、どんな仕事だったら自分に合うのか、なかなかすぐにはわからないものです。そういう時はどうすれば求めている答えに近づけるのか対処法を見ていきましょう。

今の仕事の中で、自分の得意・好きと感じる仕事内容を見つける

まずは自分が今働いている仕事の中で、この業務は自分に合っているな、この業務が好きだなと思えるものを見つけてみましょう。ほんの些細なことでもいいですし、どんなことでもいいです。

そうすることによって、自分がどんな業務に興味があるのかがわかってくるようになります。

手当たり次第、色んなジャンルに足を踏み入れてみる

とにかく経験することが重要ということで、色んなジャンルの仕事に足を踏み入れてみるのも1つの方法です。やったこともない、内容も知らない仕事が自分に向いているか向いていないかはわかりません。

様々なことを経験することでその中から自分に合う仕事を見つけ出せるかもしれません。とにかく色んなジャンルに足を踏み入れ経験してみることも1つの方法です。

苦手意識のある仕事をはっきりしておく

どの様な仕事が苦手なのかハッキリと自分で理解しておくことも重要です。苦手だったり、嫌だなと思う仕事を自分で把握しておきましょう。人には得意なもの不得意なものがあるのは当然です。

苦手なものを自分で理解しておくことは自分に合う仕事を見つける近道でもあります。

世の中にどんな仕事があるかを常に意識する

自分が思っている以上に、仕事というのは様々なものがあります。最近ではSNSの普及などで、新しい事業も増えてきています。世の中にどの様な仕事があるのか、自分の興味のある分野でどんな仕事があるかなど、常に意識してみることが大切です。そうすることで自分に合う仕事に出会うチャンスが広がります。

もし、本当に「自分に向いている仕事がわからない」「自分に合う仕事が見つかりそうにない」と悩んでいるようでしたら、以下の記事では、仕事に向いていないと迷った時の対処法を詳しく紹介していますので、一読してみてください。

仕事が向いてないと迷った時に役立つ全知識|傾向や性格、診断や転職判断基準など

いつも一生懸命仕事をしているのに、上司や家族に「仕事に向いていない」と言われればショックを受けますし「本当にこの仕事は自分に向いていないのかもしれない」と思ってしまい…

2017.12.01

自分に合う仕事に転職したいなら

今現在働いている仕事に満足できず、自分に合う仕事に転職したいと考えている人は多いのではないでしょうか?この仕事で頑張っていこうと思って就職しても、どうしても自分に合わないこともあります。それは致し方ないことです。

そんな思いを抱えている方は、自分に合う仕事に思い切って転職してみるのも良い考えです。同じ働くなら自分に合った仕事をしたいですよね。転職を考えて仕事を探す場合、いくつかの転職エージェントを利用するとよりスムーズに自分に合う仕事を見つけることができます。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 このように悩みを抱えている方はとても…

2017.11.10

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

自分に合う仕事は、仕事をこなすと徐々に分かる

自分に合う仕事を見つけるためにまず重要なのは、自分自身がどんな強みを持っているのかを知ること。そして、自分の強みはもちろん興味のあることや好きなことも明確にすると、自分に合った仕事を見つける近道になるとわかりました。

また、世の中にはどんな仕事があるのかを知ることも大切で、自分の興味のある分野や強みを活かせる分野でどんな仕事があるのか把握することも、自分に合う仕事を見つけるために必要なことです。

例え今自分にどんな仕事が合うのかわからなくても、ほんの少し意識することで自分に合う仕事はどんなものなのか少しずつわかってくるものです。焦らずとも、今の仕事をこなしながら、または様々なアルバイトを経験しながら、じっくりと自分に合う仕事を見つけてみましょう。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加