香川で転職するなら知っておきたい転職を成功させる全知識

「香川で転職したい!」

このように思っていてもなかなか行動に移せない人も多いのではないでしょうか?

その理由はとてもシンプルで、あなたが転職に関する知識があまりないからです。

この記事では、香川で転職するために必ず知っておきたい知識を全てまとめました。

最後まで読んで行動していただけたら、あなたの望み通りの転職ができることをお約束いたします。

香川で転職する特徴

香川は四国の中でも中心都市と言われている街で、特に県庁所在地である高松市は四国中心の都市となっています。
北は瀬戸内海、東に徳島、西に愛媛に囲まれた、日本で一番面積の小さい県となっています。
人口は約99万人となっており、人口の約42%にあたる約42万人が高松市に集中しています。

香川は「うどん県」とも呼ばれるほど、讃岐うどんが有名で全国各地から香川のうどんを食べたいという観光客も多くなっています。
また、海に囲まれた小豆島は海産物が有名でオリーブなどの栽培も盛んです。
他にも「讃岐牛」や「讃岐コーチン」などの畜産も盛んですし、ハマチや真鯛などの養殖も盛んに行われています。

観光地では、金運アップすると言われている「銭形砂絵」や映画「二十四の瞳」
の舞台となった「二十四の瞳映画村」、日本三大水城である「高松城跡」、本州と四国を結ぶ「瀬戸大橋」、昭和初期の雰囲気が漂う「北浜alley」はオシャレなカフェやバーなどが立ち並びます。
そして香川と言えば1368段の階段がある「金刀比羅宮」や香川で人気スポット第1位であり続ける1日2回の引き潮の時にのみ姿を現す「エンジェルロード」は恋人たちの観光スポットとして有名です。

そんな香川の産業は、農業、畜産業、漁業などの第一次産業が盛んなだけではなく、香川の中心都市である高松市や坂出市では造船業も盛んですし、食品加工業や石油化学工業も盛んです。

特に人口がダントツに多い高松市と高松市の次に人口の多い丸亀市(約11万人)ではオフィスワークや飲食業、小売販売業も盛んです。
特に建築に関する事務職や管理事務の求人が多く、未経験でも採用している企業が多くなっています。
研修制度も充実していますので未経験で事務職に転職したいという人に向いている地域と言えるでしょう。

また、地元で働く人を応援する地域密着型の求人も多く、総合職でも研修を設けていたり、適正や条件をクリアできるような研修制度が組まれています。

香川で転職するメリット

香川で転職するメリットとしては以下の5つが挙げられます。

香川で転職するメリット

  • 年収が若干高め
  • 求人数が多い
  • 交通の便が良い
  • 雨が少なく気候が温暖で過ごしやすい
  • 自然も市街地も近くリフレッシュできる
1つずつ詳しく解説いたします。

●年収が若干高め

香川の平均年収は全国の平均年収よりも若干高めです。

物価が高いというわけでもありませんから、年収が高いと生活しやすいですし、将来のために貯蓄することも可能です。

香川の平均年収は全国47都道府県中、第27位と決して高い順位ではありませんが、それでも全国平均より年収は上回っていますので、香川の物価などを考えると住みやすい街と言えるのではないでしょうか。

●求人数が多い

香川にはたくさんの職種があり、全国的に見ても求人数が多くなっています。

求人の多さは全国第9位と、トップ10入りする多さで香川へ転職するには今がチャンスかと思われます。

求人数と求職者数を見て見ると、人手不足という状況ですので、どの職種に転職するにも転職しやすくなっています。

●交通の便が良い

香川の交通は比較的発達していますので、通勤も不便に感じることはないと思います。

さらに、香川は日本で一番面積の小さい街ということで、よくある田舎地方では、特定の地域になると交通が不便になることがあります。

特に中心地から外れると交通が不便になりがちですが、香川の場合はJRや私鉄もありますし、バスも、空港、航路もあり、高速道路も通っていますのでどの地域でも交通に不便さを感じることは少ないでしょう。

●雨が少なく気候が温暖で過ごしやすい

香川は雨の日が少なく1年を通して晴れた日が多い街です。

また、瀬戸内海式気候ですので、1年を通して温暖で生活しやすくなっています。

雨が少ないので、通勤や外回りの仕事で苦痛に感じることも少なく、真夏でもさほど高温になることはなく、冬でも温かい地域ですので生活面でも通勤やビジネス面でも生活しやすいと言えるでしょう。

●自然も市街地も近くリフレッシュできる

香川の高松市に42万人、丸亀市に11万人と香川の総人口の半分以上が、この2つの市に集中しています。

そのため、高松市や丸亀市は発展しており遊び場や飲食店も多くなっていますが、そのほかの地域は自然も豊かで、海や山に囲まれた素晴らしい街です。

香川は面積が小さいため、自然豊かな場所へも、遊び場や飲食店が多い市街地へもちょっと車を走らせば行けるので、プライベートはリフレッシュでき充実するでしょう。

香川で転職するデメリット

香川で転職するデメリットとしては以下の5つが挙げられます。

香川で転職するデメリット

  • 職種が限られている
  • ガス代、電気代が高い
  • 運転が荒い傾向がある
  • ガソリン代が高い
  • 大型施設が少ない
1つずつ詳しく解説いたします。

●職種が限られている

香川は求人数が全国第9位と、かなり多いのですが職種に関しては限られてきます。

特殊な職種は少なく、第一次産業や製造業、飲食業、小売販売業、オフィスワークについては他の都道府県と同じように求人はありますが、この他の職種の求人はとても少なく、特殊な職業は少なくなっています。

ですが、上記のような職種への転職を考えているのであれば求人数が多いので転職しやすいでしょう。

●水道光熱費が高い

香川のガス代、電気代は全国第1位という高さです。

家賃や食料品などの物価は平均クラスなのですが、電気代とガス代については全国で最も高い県となっています。

ガス代の基本料金は月額2,757円、電気代の基本料金は月額403円となっています。

また、水道代も全国4位で基本料金の月額は1,070円となっており、香川の水道光熱費は全国でもトップレベルの高さです。

strong>●運転が荒い傾向がある

香川の交通事故死者数は全国で第1位となっており、交通事故が多い街となっています。

「人口10万人あたり」「自動車等1台あたり」「死亡者1,000人あたり」の交通事故死亡者数は全て全国第1位となっており、交通事故が多くなっています。

こうしてみると香川は運転が荒い傾向があり、車を運転する仕事や通勤で車を使う場合は注意が必要です。

●ガソリン代が高い

四国4県は、特にガソリン代が高くなる傾向があります。

本州から四国へ行くには橋を渡らなくてはならないのでどうしても四国以外の都道府県に比べるとガソリン代が高くなります。

特に、徳島や香川は本州から四国へ渡る際に明石海峡大橋と鳴門大橋、または瀬戸大橋を渡りますので、2本の橋を渡る為ガソリン代がどうしても高くなります。

車をよく使う場合は、ガソリン代が高いことを頭に入れておかなければなりません。

●大型施設が少ない

香川の中心地となる高松市には大型ショッピングセンターなどの大型施設はありますが、他の地域になるとほとんどありません。

そのため、生活必需品を揃えるのに小型店舗を渡り歩くことになりますから不便に感じることもあるでしょう。

ただし、大型施設がない変わりに小型店舗が多い街ですので、生活用品がそろわないということはありませんが、大型店舗ならそこだけでそろうものが、色々な店舗を回らなければならないので少し不便さはあるでしょう。

香川の平均年収

年収ガイドによると、2016年の香川の平均年収は約「433万円」という統計が出ています。

つまり、日本全国での平均年収は「420万円」であるため、全国平均をやや上回る データとなっています。

また、2016年に男性と女性では次のようになっています。

平均男性女性
月給29万円33万円23万円
ボーナス76万円88万円56万円
年収433万円487万円341万円

 

香川における求人倍率

リサーチfunjobの統計データによると、香川での求人倍率は「1.67倍」となっています。

ちなみに日本全国平均では「1.43倍」となっているため、香川の求人倍率は全国に比べてめて高いと言えます。

香川には農業や水産業などの第一次産業が盛んに行われている一方、建築関係の職種も豊富です。

また、製造業や造船業も盛んなため人口が多い高松市には企業が集中しています。

そのため高松市の求人がとても多く、人手不足の状態となっているのでしょう。

 

香川で転職しやすい職種

香川の高松市では建築関係の事務職の求人が多くなっていることと、販売職や飲食店関係の求人が豊富なため、これらの職種は転職しやすい状況と言えます。

では、それぞれ詳しく解説いたします。

事務職

香川で転職しやすい職業に事務職があります。

特に中心地となる高松市や丸亀市では建築関係の事務職が不足しており、求人数が多くなっています。

建築関係の事務ですので、一般事務や営業事務の他にもCADを扱える事務の求人もあり建築関係独特の事務職もあります。

ほかにも、管理サポート事務などもあり事務職が不足していることから、未経験でも採用してくれる企業が多く、企業側で研修制度を設けて人材を育てていくという企業が多くなっています。

販売職

香川には大型ショッピングセンターなどの大型店舗が少ない代わりに、飲食店や小型店舗が多くなっており、販売職や接客業の求人が多くなっています。

特に人口の多い高松市や丸亀市では店舗が多くなっていますので、販売職や接客業などの求人がこの2つの街に集中しています。

特に、香川は「うどん県」ともよばれていますし、「手延べそうめん」も盛んに作られていますので飲食店が多く、接客業の求人はとても多くなっています。

 

香川での転職を成功させるポイント

香川での転職を成功させるにはいくつかポイントがあります。

香川転職を成功させる香川つのポイント

  • 会社を辞める前に転職活動を行う
  • 転職活動の前に住みやすい居住地の目星をつける
  • 香川に転職する自分だけの目標や目的を見つける
  • 転職エージェントを利用する
1つずつ詳しく解説いたします。

会社を辞める前に転職活動を行う

どこでも、転職する際に必ず守ってほしいことがあります。

それは、「会社を辞める前に転職活動を行う」ということです。

なぜならば、以下の3つの理由がありからです。

会社を辞める前に転職活動を行うべき3つの理由

  • 気持ちの余裕ができる
  • 家を借りれなくなる
  • 金銭的に厳しくなってくる
●理由①:気持ちの余裕ができる

会社を辞めた後に転職活動を行ってしまうと、上手くいかなくなった時にてんしょくにあせってしまいがちです。

そうなると労働条件の悪いブラック企業等の判断もつかないくらいにパニックになってしまい、条件の悪い転職をしてしまう可能性があります。

そうならないためにも在職中に転職活動を行うことで、「転職できなくてもいいや」と余裕を持って行動することができ、的確な判断をできるようになります。

●理由②:家を借りれなくなる

今務めている会社を辞めて無職という肩書になってしまうと、社会的信用がなくなってしまいます。

そうなってしまうと家を借りるとなったときに、手続きがややこしくなったり、特に東京では審査が厳しいために入居すらさせてくれないといった事態が起きます。

そうなる前に、転職活動は会社を辞める前から行っておきましょう。

●理由③:金銭的に厳しくなってくる

転職活動は早くても3ヵ月程度はかかると見積もっておいたほうがいいです。

そのため、生活費や交通費などの転職資金がある程度必要になってきます。

そうなった場合に、給料が毎月もらえるのともらえないのとでは安心感が全く違うので、転職活動中に会社は辞めないでおきましょう。

>転職活動の前に住みやすい居住地の目星をつける

香川の場合、求人倍率が1.67倍とかなり高い数値ですので、焦って転職活動をするのではなくじっくり自分の希望に合う求人を見つけて転職活動ができます。

つまり、転職活動は他の都道府県に比べて落ち着いてできるので、生活基盤となる居住地の目星を先につけた方が良いでしょう。

求人数が多いのは高松市や丸亀市で、特に人口の半分近くが集中している高松市は求人が多くなっています。

人口が多いところは求人数も多く、店舗なども多くなっていますので生活するには高松市などの中心地が便利でしょう。

ですが、普段は田舎の方で静かに暮らして仕事の時だけ中心地に行きたいという人は高松市や丸亀市から少し離れた方が良いでしょう。
香川の場合、どの地域からでも中心地に行きやすいので、中心地から外れたからと言ってさほど交通の不便さは感じないでしょう。

ただし、車がない場合は中心地から外れると交通の不便さを感じることもあるようですので、高松市や丸亀市などの生活用品が揃いやすく、近くに食料品店があるようなところを居住地にした方が生活しやすくなります。

生活しにくい場所に居住地を決めてしまうと、どうしても通勤が苦になってきたり、生活自体が苦になってしまい、せっかく転職しても辞めてしまうということになる可能性もありますから、求人数が多い香川の場合は自分が住みたい土地を見つけ、その場所から行ける範囲の転職先を探す方が良いでしょう。

香川に転職する自分だけの目標や目的を見つける

香川で転職する場合、特殊な職種がないため、その職種でスキルアップしたいなど自分だけの目標を持って転職すると良いでしょう。

特殊な職種の場合は、その職種に誇りを持って仕事をしている人が多いので転職してすぐに辞めてしまうようなことはありませんが、よくある職種の場合、何か目的や目標をもって仕事をしていかなければ、簡単に辞めてしまう可能性もあります。

せっかく転職に成功しても、すぐに辞めてしまっては意味がありません。
新しい職種に転職する人も、これまでの職種に転職する人も、仕事に対して何か目的を持って転職すると、何か壁にぶち当たった時に乗り越える活力となるでしょう。

また、できればプライベート面でも趣味や目標を持っておくと、生活にハリが出て充実した毎日を過ごすことができるでしょう。

転職エージェントを利用する

転職に成功するには、より高度な転職に関する知識が必要となります。

そのため、転職サイトを使って自分で求人を探していては、面接対策や職務経歴書の正しい書き方や業界の専門知識の多い転職プロもいるので、数十社受けても1社通るかどうか怪しいところです。

しかし、転職エージェントではあなたの代わりにスケジュール管理や求人の紹介、面接対策や書類の添削など、転職に関わる様々な業務を無料でこなしてくれます。

さらにあなたを担当する業界に詳しいコンサルタントもつき、応募先の人事が好きな人物像も教えてくれたりします。

ここまでしてもらえると書類審査の通過率や面接の合格率なども上がり、あなたの転職が成功する確率は格段に上がることをお約束いたします。

以下に香川転職に強い転職エージェントをご紹介いたしますので、あなたに合った最高の転職エージェントを見つけましょう。

 

香川転職に強い転職エージェント

香川には大手転職エージェントの拠点がほとんどないため、地域密着型の転職エージェントも登録しておきたいところです。

ですが、求人数などを見るとやはり大手の方が多いので、大手転職エージェントと地域密着型の転職エージェントに登録しておきましょう。

そこで、これだけ登録しておけば失敗しない、という転職エージェントを3つご紹介いたします。

より詳しくは『香川のおすすめ転職エージェントとその選び方』の記事で紹介していますので、ご参考ください。

リクルートエージェント | 業界最大手の転職エージェント

リクルートエージェントは業界第1位の最大手転職エージェントです。香川の求人数も第3位ですが、公開している求人数ではトップです。

大手転職エージェントですので大企業への転職も可能ですし、転職するのに必要なスキルアップの研修制度などもあり、転職活動をするなら登録しておきたいエージェントです。

キャプラ転職エージェント | 香川の求人数最多の地域密着型転職エージェント

キャプラ転職エージェントは瀬戸内にある、愛媛・香川・広島・岡山に特化したエージェントで、香川での求人数は転職エージェントの中でも最多となっています。

香川の企業とも太いパイプがあり「コネ」で転職することも可能です。地元に特化した職種も扱っていますので、香川で転職するなら登録しておきたい転職エージェントです。

DODA | 大手転職エージェントで香川の求人数も多い

DODAは業界第2位の規模を誇る大手転職エージェントです。

香川での求人数も第2位と多く、大手ならではの手厚いサポートが特徴です。

大手企業との太いパイプもありますので、香川に拠点のある大手企業に転職することも可能です。

 

まとめ

いかがでしたか?

香川で転職する際に必ず押さえておくべきポイントを全てお話ししました。

その中で最も重要なのが、転職エージェントを利用することです。

まずは以下の3社を利用してみて、ダメだったら他の転職エージェントを利用するといった方法を取れば最短で転職が成功できるでしょう。

  • キャプラ転職エージェント
  • DODA
  • リクルートエージェント

あなたの転職活動が成功することを心から祈っております。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする