神奈川県で転職するなら知っておきたい転職を成功させる全知識

「神奈川県で転職したい!」

このように思っていてもなかなか行動に移せない人も多いのではないでしょうか?

その理由はとてもシンプルで、あなたが転職に関する知識があまりないからです。

この記事では、神奈川県で転職するために必ず知っておきたい知識を全てまとめました。

最後まで読んで行動していただけたら、あなたの望み通りの転職ができることをお約束いたします。

神奈川県で転職する特徴

神奈川県での就労において、大きく2つのポイントがあります。それは「ベッドタウン」であるという点、「製造拠点が多い」という点です。

横浜市の人口は373万人で人口の多さは全国で2位、県全体907万人で東京都に次ぐ人口を抱える地域となっています。一方有効求人倍率は1.08倍と全国最下位の水準となっており、神奈川は東京のベッドタウンという側面が強いことを物語っています。

加えて、横浜市を本社とする日産自動車をはじめとして、東京・相模湾沿いには京浜工業地帯が広がり、横浜市営地下鉄沿いにも中小規模の製造拠点が軒を連ね、製造業の従事者が多いことが分かります。神奈川県内での転職は製造業を中心に活躍される方にとっては好都合な土地柄です。

神奈川県で転職するメリット

神奈川県で転職するメリットとしては以下の4つが挙げられます。

神奈川県で転職するメリット

  • 都内と比較し家賃が安い
  • 通勤ラッシュの影響を受けない、もしくは影響が少ない
  • 県の西側を観光地、休養できるスポットが多い
  • 平均年収が高く給与水準の高い企業が多い

1つずつ詳しく解説いたします。

●都内と比較し家賃が安い
例えば、比較的神奈川県よりである自由が丘駅周辺と東京寄りである川崎市の日吉駅周辺の家賃相場を比較した場合、自由が丘駅周辺は1DK12万円に対し、日吉駅周辺が8万1000円と4万円程度の家賃の開きが発生します。

自由が丘が人気エリアであることを差し引いても、電車で10分の違いでこんなにも家賃の差が発生します。ちなみに神奈川県境に近い蒲田でも1DK9万5000円であることを比較しても都内に比べ安く家賃を抑えられます。

●通勤ラッシュの影響を受けない、もしくは影響が少ない

神奈川県から東京都に向かう小田急線、東急線、京王線、京急線などの路線において朝は概して通勤ラッシュに巻き込まれることになりますが、その反対方向に向かう、もしくはラッシュに巻き込まれても短時間で納まることになります。

そのため、都内での就労と比較し、通勤ラッシュに巻き込まれない、また巻き込まれたとしても短時間で完結することができます。

●県の西側を観光地、休養できるスポットが多い

神奈川県は八景島シーパラダイスをはじめ、湘南海岸、鎌倉、さらに西に行けば箱根、熱海(静岡と神奈川の県境))といった温泉地があります。

家族サービスができる、静かな場所、温泉地でのんびり過ごすといった有意義な休日を過ごせる環境が揃っています。また、中華街、ランドマーク、赤レンガ倉庫などデートスポットも従事しており、どの世代の方でも楽しめるというのもメリットです。

●平均年収が高く給与水準の高い企業が多い

神奈川県を代表する会社として、日産自動車や、日揮、千代田化工建設などの石油プラント会社など高年収の会社が軒を並べています。石油化学、メーカー系の年収の高い会社が多いため、文系職種はもちろんのこと、工場・プラント内の作業員の方々の年収も上がります。

すべての会社とは言いませんが、神奈川県の会社へ転職した場合、高年収の会社に遭遇しやすいという点で大きなメリットとなります。

神奈川県で転職するデメリット

神奈川県で転職するメリットとしては以下の4つが挙げられます。

神奈川県で転職するデメリット

  • 転職先がそもそも少ない
  • 家賃水準が高い
  • 住みづらい地形
  • 就労できるエリアが限られている

1つずつ詳しく解説いたします。

●転職先がそもそも少ない
神奈川県の有効求人倍率は1.08倍ということで沖縄県に次いで、有効求人倍率が少ない地域です。そのため、神奈川県内における求人数というのは人口の割に少ないというのが現状です。

有効求人倍率が1.0を超えているため全く仕事がないという状況にはなりませんが、自身がやりたい業界、業種への転職が実現しにくい環境にあるのはデメリットの1つです。

●家賃水準が高い
上述では、東京と比較して家賃が安いといいましたが、あくまでも比較対象は東京で、全国的に見た場合、また同じ関東県内から見ても高い水準となっています。

例えば、東京に近い埼玉県川口市だと1DKの平均が7万円、千葉県浦安市だと7.4万円となっており、日吉の8万1000円と比較すると、他の隣県より高めの家賃設定となっています。

●住みづらい地形
これは横浜市、およびその周辺のみに該当する点なのですが、坂が多いことです。山側の地域を横浜市に組み込んできた経緯があるためのようですが、いずれにしろ坂が多いと移動が大変なのはいうまでもありません。

日常生活における移動が大変というのは、横浜に住んで働くという点において、非常にデメリットであるといえます。

●就労できるエリアが限られている
上述の通り、神奈川県の有効求人倍率は1.08倍で、上位3位までの都市を見ると、トップの横浜市が2.08倍、川崎市と厚木市が1.40程度です。有効求人倍率の全国平均が1.45であることから、横浜市の一極集中となっていることが分かります。

そのため、神奈川県の就職=横浜市での就職となり、その周辺に住むことが求められることになります。

 

神奈川県の平均年収

年収ガイドによると、2016年の神奈川県の平均年収は約「545万円」という統計が出ています。

つまり、日本全国での平均年収は「420万円」であるため、全国平均をはるかに上回るデータとなっています。

また、2016年に男性と女性では次のようになっています。

平均男性女性
月給545万円601万円415万円
ボーナス37万円40万円29万円
年収545万円601万円415万円

 

神奈川県における求人倍率

リサーチfunjobの統計データによると、神奈川県での求人倍率は「1.08倍」となっています。

ちなみに日本全国平均では「1.43倍」となっているため、神奈川県の求人倍率は全国に比べて極めて低いと言えます。

これは、神奈川県は横浜市も含め県内全体が東京都内のベッドタウンという位置づけになっており、神奈川県だけ見ると横浜に雇用が集中しているものの、他の地域には特段雇用が生まれていない現状が読み取れます。

 

神奈川県で転職しやすい職種

神奈川県は上述の通り有効求人倍率の低い地域ですが、横浜市だけをフォーカスすれば非常に求人が多く、あらゆる転職が可能な地域です。
また、製造業や石油プラントの多い地域でもあるというのも大きな特徴です。ここでは、営業職と技術職にスポットを当ててみたいと思います。

それぞれ詳しく解説いたします。

営業職

神奈川県全体は有効求人倍率1.08が示すように求人数は決して多くありません。ただし、横浜市のみをフォーカスすると有効求人倍率は2倍を超えています。

なぜなら、横浜市本社、また支店のある会社は製造業を中心に数多くあります。加えて、横浜市はベッドタウンとしての位置づけでもありますので、不動産業、金融業、サービス業などBtoCの求人も数多くあります。

神奈川県というより、横浜市が中心となりますが、営業職の案件は有形、無形、BtoB BtoCとバリエーション豊富な求人があることを認識してもらえたら良いでしょう。

メーカーのエンジニア・製造職

神奈川県には、石油プラント、機械メーカーを中心に非常に数多くの工場・製造拠点が存在します。例えば、横浜市には日産自動車、日揮、千代田化工建設、川崎市には富士通、京セラ、機械メーカーではありませんが花王、味の素などの名だたる大手企業の工場があります。

そのため、メーカーにおけるライン作業から、施工管理、生産技術、機械・電子系の設計の求人など製造現場の求人が非常に多いです。製造現場の就労を希望される方、エンジニアとして技術者の仕事を探している方にとっては非常に良い地域です。

神奈川県での転職を成功させるポイント

神奈川県での転職を成功させるにはいくつかポイントがあります。

神奈川県転職を成功させる3つのポイント

  • 会社を辞める前に転職活動を行う
  • ターゲット業界・職種を決める
  • 転職エージェントを利用する

1つずつ詳しく解説いたします。

会社を辞める前に転職活動を行う

どこでも、転職する際に必ず守ってほしいことがあります。

それは、「会社を辞める前に転職活動を行う」ということです。

なぜならば、以下の3つの理由がありからです。

会社を辞める前に転職活動を行うべき3つの理由

  • 気持ちの余裕ができる
  • 家を借りれなくなる
  • 金銭的に厳しくなってくる

●理由①:気持ちの余裕ができる

会社を辞めた後に転職活動を行ってしまうと、上手くいかなくなった時にてんしょくにあせってしまいがちです。

そうなると労働条件の悪いブラック企業等の判断もつかないくらいにパニックになってしまい、条件の悪い転職をしてしまう可能性があります。

そうならないためにも在職中に転職活動を行うことで、「転職できなくてもいいや」と余裕を持って行動することができ、的確な判断をできるようになります。

●理由②:家を借りれなくなる

今務めている会社を辞めて無職という肩書になってしまうと、社会的信用がなくなってしまいます。

そうなってしまうと家を借りるとなったときに、手続きがややこしくなったり、特に東京では審査が厳しいために入居すらさせてくれないといった事態が起きます。

そうなる前に、転職活動は会社を辞める前から行っておきましょう。

●理由③:金銭的に厳しくなってくる

転職活動は早くても3ヵ月程度はかかると見積もっておいたほうがいいです。

そのため、生活費や交通費などの転職資金がある程度必要になってきます。

そうなった場合に、給料が毎月もらえるのともらえないのとでは安心感が全く違うので、転職活動中に会社は辞めないでおきましょう。

ターゲット業界・職種を決める

やみくもに面接を受けても面接に受かりません。そして、やりたい仕事でないと、活躍することもできなくなり長期就労も難しいです。では、どうやって決めたらよいのでしょう。

以下のポイントで業界・職種を決めてください。
・自身が経験した業界での転職が最も良い
・同業種での就労を希望しないのであれば「何ができるか」ということを明確にする
・その能力を生かす業界・業種に転職する

転職において、一番良いのは、経験を生かす転職をすることです。まずはそこかスタートしましょう。ただし、業界を変えたいならば、ポータブルスキル、すなわちこれまでの経験で培った能力を認識し、その能力を生かせる仕事に転職をするということがあなたの今後の活躍を担保する上で重要です。

幸い、横浜市に限定すると、あらゆる業界の求人があります。東京都内ほどではないものの、あなたの就きたい仕事ができるでしょう。そのため、あなたが転職する理由、次にあなたがやりたいことを明確にしたうえで転職先の選定を行ってください。

転職エージェントを利用する

転職に成功するには、より高度な転職に関する知識が必要となります。

そのため、転職サイトを使って自分で求人を探していては、面接対策や職務経歴書の正しい書き方や業界の専門知識の多い転職プロもいるので、数十社受けても1社通るかどうか怪しいところです。

しかし、転職エージェントではあなたの代わりにスケジュール管理や求人の紹介、面接対策や書類の添削など、転職に関わる様々な業務を無料でこなしてくれます。

さらにあなたを担当する業界に詳しいコンサルタントもつき、応募先の人事が好きな人物像も教えてくれたりします。

ここまでしてもらえると書類審査の通過率や面接の合格率なども上がり、あなたの転職が成功する確率は格段に上がることをお約束いたします。

以下に神奈川県転職に強い転職エージェントをご紹介いたしますので、あなたに合った最高の転職エージェントを見つけましょう。

 

神奈川県転職に強い転職エージェント

そこで、これだけ登録しておけば失敗しない、という転職エージェントを3つご紹介いたします。

より詳しくは『神奈川県のおすすめ転職エージェントとその選び方』の記事で紹介していますので、ご参考ください。

リクルートエージェント | 日本最大級の転職エージェント

リクルートエージェントは言わずと知れた日本最大の転職エージェントです。

他の地域でもそうですが、神奈川県の求人についてはどのエージェントと比較しても求人数が劣ることはまずありません。

神奈川県の転職においては、東京都をはじめとした他の地域同様リクルートエージェントに登録しておけば間違いなく豊富な求人に出会えます。

DODA | 求人のバリエーションならココ!

DODAは、インテリジェンスに次ぐ第2位の転職エージェントです。特徴としては、求人数が非常に豊富な点です。

また、DODAは転職サイトと転職エージェントという2つの顔があるため、求人のバリエーション(職種・業種)が非常に豊富です。

当然神奈川県の求人についてもバリエーションが豊富となっているため神奈川県の転職において、非常にお勧めしたい転職エージェントです。

JACリクルートメント | 高年収層の転職ならココ!

JACリクルートメントは年収600万円以上のいわゆるミドル領域に強いエージェントです。JACリクルートメントの求人数はリクルート、DODAと比較すれば少ないものの、確実性の高いエージェントです。

そのため横浜本社の企業は、高年収層の企業が多いため、あなたの経験を活かし、高年収の転職を実現したい方には確実に成功に導くでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

神奈川県で転職する際に必ず押さえておくべきポイントを全てお話ししました。

その中で最も重要なのが、転職エージェントを利用することです。

まずは以下の3社を利用してみて、ダメだったら他の転職エージェントを利用するといった方法を取れば最短で転職が成功できるでしょう。

  • リクルートエージェント
  • DODA
  • JACリクルートメント
あなたの転職活動が成功することを心から祈っております。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする