京都で転職するなら知っておきたい転職を成功させる全知識

「京都で転職したい!」

このように思っていてもなかなか行動に移せない人も多いのではないでしょうか?

その理由はとてもシンプルで、あなたが転職に関する知識があまりないからです。

この記事では、京都で転職するために必ず知っておきたい知識を全てまとめました。

最後まで読んで行動していただけたら、あなたの望み通りの転職ができることをお約束いたします。

京都で転職する特徴

京都は日本の「古都」とも言われているように昔ながらの寺社や仏閣が立ち並び、京都府全体が観光都市となっています。

人口の半分以上が京都府の中心地である京都市に集まっているため、求人も京都市の割合が多くなっています。

京都市の産業の中心は中小企業で、従業員9人未満の企業が京都府全体の8割をしめているほどです。

主な産業は製造業ですが、京都独特の伝統文化に関する職業も多数あります。

伝統工芸の指定を受けている商品が京都には17品目もあり、全国でも最多となっていますので伝統工芸に関する職業が多いのもうなずけます。

こうしてみると京都には大企業が少ないと思われるかもしれませんが、京都には海外でも事業展開をしている日本電産、オムロン、任天堂、島津製作所などの大企業が拠点を構えている地域でもあります。

京都は伝統文化が目立つので大企業が少ないように感じますが、従業員300名を超える大企業は全国で見ても平均数存在していますから、中小企業や伝統工芸だけではなく大企業への転職も可能となっています。

京都で転職するメリット

京都で転職するメリットとしては以下の5つが挙げられます。

京都で転職するメリット

  • 通勤手段が多い
  • 京都独特の雰囲気の中で働ける
  • 求人数が多く京都ならではの職種もある
  • 歴史や情緒のある中でゆったりと生活できる
  • 作法やマナーが自然と身につく
1つずつ詳しく解説いたします。

●通勤手段が多い

京都府全体が観光地になっているため交通網は完璧と言えるほど充実しています。

私鉄、JR、バス、空港など公共機関は整備されていますので、通勤で苦労するということはないでしょう。

京都市に人口の半分以上が集中しているということもあり、京都市の交通網は一段と充実しています。

ただし、京都は道路が碁盤の目のようになっており、一方通行や歩行者専用道路も多いので車で通勤するなら、慣れるまで少し時間がかかるでしょう。

●京都独特の雰囲気の中で働ける

京都は寺社や仏閣が多いだけではなく、京都ならではの「景観条例」が厳しい街でもあります。

そのため、京都の風情を壊すような外観の建物を建築することはできませんから、京都の中心地では4階建て以上の建物ができませんし、赤いバックに黄色の「M」の字で有名なマクドナルドも京都では黒と白のモノトーンでシックな色になります。

このように、京都にしかない独特の雰囲気で、竹林や木々、寺社や仏閣を眺めながら落ち着いた気分で働くことができるでしょう。

●求人数が多く京都ならではの職種もある

京都は近畿では大阪・兵庫に次ぐ求人数の多さです。

大企業が京都を拠点にしていますし、中小企業が多いため全国的に見ても求人数は多いと言えるでしょう。

また、京都ならではの職種として「舞妓」さんや「芸子」さんの求人もありますし、京都の観光でも使われている「人力車」の求人もあります。

観光都市ですのでバスガイドや観光案内人など京都にしかない職種があるのも魅力の一つです。

●歴史や情緒のある中でゆったりと生活できる

京都は「日本の古都」と呼ばれているように歴史や伝統文化を肌で感じることができる地域です。

奈良県も寺社や仏閣が多い地域ですが、やはり京都は「別格」というべきでしょう。京都市内は観光地ですし人口も多くとてもにぎわっている地域ですが、少し離れれば「田舎」もあり、自然や歴史、情緒を堪能できる街です。

仕事で疲れて帰っても、家に帰る道で情緒を感じたり、落ち着いた雰囲気の街でえすのでゆったりと生活できるでしょう。

●作法やマナーが自然と身につく

京都は日本でも特にマナーにうるさい街と言われています。

言葉の返し方を間違えると二度と取引できないというほどマナーや作法は厳しいでしょう。

ですが、他の地域では「接待の時だけ」や「訪問した時だけ」気を付ければよい作法やマナーも、京都では日常的なことですので意識せずに自然とマナーや作法が身につきます。

京都で転職するデメリット

京都で転職するメリットとしては以下の5つが挙げられます。

京都で転職するデメリット

  • 物価が高め
  • 必要最低限のマナーは必要
  • 車を使う仕事は道を覚えるのが先決
  • 一見さんお断りのお店が多い
  • 寒暖の差が激しい
1つずつ詳しく解説いたします。

●物価が高め

京都の住宅事情で言うと大阪とほとんど変わりませんので、家賃が高い地域もあれば安い地域もあります。

ですので、住居の問題というよりは「物」の物価が高いので生活するのが大変と感じることがあるでしょう。

食料品はもちろん、衣類や大型家具、電化製品など生活必需品となる「物」の物価が他の地域より高めですので、節約術を取り入れるなど対策が必要です。

●必要最低限のマナーは必要

京都はマナーや作法にうるさい街です。

京都独特の言葉や作法があり、例えば料亭など個室がある場合、個室の外に「ほうき」を逆さにして立てかけている場合があります。

これは、「長いするお客様がいますよ」という合図なのです。

このように、京都ならではの作法を学ぶことも必要ですし、一般的な作法や礼儀、マナーを知っておいた方が転職にも有利に働くでしょう。

●車を使う仕事は道を覚えるのが先決

京都市内は碁盤の目のようになっていますので、歩く分いはわかりやすいのですが車で通りとなると一方通行だらけで、なかなか目的地にたどり着くことができません。

もし、京都で車を使う仕事へ転職する場合は、一度京都の街を車で走ってみると良いでしょう。

京都の道を覚えておくと転職の時にもアピールでき有利になります。

●一見さんお断りのお店が多い

京都は老舗と呼ばれるお店が多く、料亭などは一見さんお断りのお店が多くなります。

一般のお店でも一見さんお断りのお店がありますから、接待の時に使えるお店は必ず事前リサーチが必要になります。

お店に行ったはいいけれど入れなかったということはよくありますので、事前リサーチは欠かせません。

●京都の人は思っていることの3分の1も口に出さない

京都の人は自分の思っていることの3分の1も口にしないというのは有名です。これは京都人の性格と言ってもよいでしょう。

京都の人は落ち着きがあり、怒りを前面に出すことはしません。しかし、言葉をよく聞き相手の表情を見ることである程度の感情は見えてきます。

仕事をする上でも、あまり思っていることを口にしないので相手の望んでいることを知るためには人を見る目を養う必要もあります。

 

京都の平均年収

年収ガイドによると、2016年の京都の平均年収は約「494万円」という統計が出ています。

つまり、日本全国での平均年収は「420万円」であるため、全国平均をはるかに上回るデータとなっています。

また、2016年に男性と女性では次のようになっています。

平均男性女性
月給33万円37万円27万円
ボーナス89万円102万円66万円
年収494万円552万円394万円

 

京都における求人倍率

リサーチfunjobの統計データによると、京都での求人倍率は「1.45倍」となっています。

ちなみに日本全国平均では「1.43倍」となっているため、京都の求人倍率は全国に比べて同じくらいと言えます。

京都は年収も全国で6位と高いので求職者が多い地域ですが、それ以上に求人数が多いのが現状です。

日本の伝統文化を大切にする街ですから職種も様々ですし、独特の雰囲気や文化、特殊な職種のある京都に転職するなら今が転職しやすい時期ではないでしょうか。

 

京都で転職しやすい職種

京都で転職しやすい職種はエンジニア関係や技術職、そして事務職だと言えるでしょう。

ものづくりの街ですので技術を持っている人材は必要ですし、優秀な事務職は中小企業の必要としている職種です。

では、それぞれ詳しく解説いたします。

エンジニアや技術職

京都は中小企業が8割を占めていることから、「ものづくり」の街ともいます。

そのため、ものづくりのできるエンジニアや技術を持っている人は転職しやすく、求人も豊富です。

もちろん、それだけのものづくりに関する求人がありますので、それに見合うだけの営業職も求人が豊富ですが、京都という特殊な街の場合、エンジニアという「ものを作れる人材」は重要な人材です。

事務職

京都は企業数も多く、ものづくりの街ということで海外に拠点を持っている企業も少なくありません。

そのため、一般事務や経理事務はもちろん、貿易事務なども求人が多い地域です。

ただし、中小企業が多いので、一般事務と募集していても簡単な経理が必要になる場合もありますし、海外の取引がある企業では貿易事務が含まれることがあります。

事務で採用されるには、「何でもこなせる」スキルを持っている人は採用されやすい傾向にあります。

 

京都での転職を成功させるポイント

京都での転職を成功させるにはいくつかポイントがあります。

京都転職を成功させる4つのポイント

  • 会社を辞める前に転職活動を行う
  • 本気で京都に住みたいと思えるか
  • 京都移住を成功させるには仕事で9割決まる
  • 転職エージェントを利用する
1つずつ詳しく解説いたします。

会社を辞める前に転職活動を行う

どこでも、転職する際に必ず守ってほしいことがあります。

それは、「会社を辞める前に転職活動を行う」ということです。

なぜならば、以下の3つの理由がありからです。

会社を辞める前に転職活動を行うべき3つの理由

  • 気持ちの余裕ができる
  • 家を借りれなくなる
  • 金銭的に厳しくなってくる
●理由①:気持ちの余裕ができる

会社を辞めた後に転職活動を行ってしまうと、上手くいかなくなった時にてんしょくにあせってしまいがちです。

そうなると労働条件の悪いブラック企業等の判断もつかないくらいにパニックになってしまい、条件の悪い転職をしてしまう可能性があります。

そうならないためにも在職中に転職活動を行うことで、「転職できなくてもいいや」と余裕を持って行動することができ、的確な判断をできるようになります。

●理由②:家を借りれなくなる

今務めている会社を辞めて無職という肩書になってしまうと、社会的信用がなくなってしまいます。

そうなってしまうと家を借りるとなったときに、手続きがややこしくなったり、特に東京では審査が厳しいために入居すらさせてくれないといった事態が起きます。

そうなる前に、転職活動は会社を辞める前から行っておきましょう。

●理由③:金銭的に厳しくなってくる

転職活動は早くても3ヵ月程度はかかると見積もっておいたほうがいいです。

そのため、生活費や交通費などの転職資金がある程度必要になってきます。

そうなった場合に、給料が毎月もらえるのともらえないのとでは安心感が全く違うので、転職活動中に会社は辞めないでおきましょう。

本気で京都に住みたいと思えるか

京都という街は全国どこを探しても似たような地域はなく、日本の中でも特殊な雰囲気を持つ地域です。

さらに、京都ならではの礼儀作法やマナーがありますし、思ったことの3分の1も口にしないところですから、住んでみたはいいけれどやっぱり住みにくいと感じることもあるでしょう。

ですが、本気で京都に住みたいと思っていれば、その苦労を乗り越えることができますから京都への転職も成功へと導かれるでしょう。

本屋や雑誌で京都を知り、ただ京都に住んでみたいという軽い気持ちでは仕事やプライベートで行き詰った時に簡単に京都から離れていきます。

ですが、京都に住みたいという確固たる目標や意思があれば乗り越えていけるでしょう。

本や雑誌で京都を見るのではなく、京都は特殊な地域ですから実際に数か月でも住んでみることが一番です。

もし、プチ居住が困難な場合はできるだけ多く京都に足を運びましょう。

そうすることで、自分がなぜ京都を選んだのか、本気で京都に住みたいのかなど実感することができるでしょう。

京都移住を成功させるには仕事で9割決まる

京都に転職したい理由の一つに「京都に住みたい、移住したい」という人もいるでしょう。

京都は独特の雰囲気や情緒があり、移住したみたいと思う人が多い街です。

そう思うのは良いのですが、実際、京都に移住を成功させた人の9割は自分が希望する仕事がうまく見つかっています。

つまり、転職に成功しなければ京都で移住することは難しくなるのです。

京都に住む場合は、まず転職を成功させることです。次にどこに住むのかなどを考える必要があります。

京都への転職を成功させるためには、転職するまでに現職でできる限りスキルやキャリアを挙げておいて損はありません。

そして転職エージェントを利用することで転職を成功させる確率も上がるでしょう。

転職エージェントを利用する

転職に成功するには、より高度な転職に関する知識が必要となります。

そのため、転職サイトを使って自分で求人を探していては、面接対策や職務経歴書の正しい書き方や業界の専門知識の多い転職プロもいるので、数十社受けても1社通るかどうか怪しいところです。

しかし、転職エージェントではあなたの代わりにスケジュール管理や求人の紹介、面接対策や書類の添削など、転職に関わる様々な業務を無料でこなしてくれます。

さらにあなたを担当する業界に詳しいコンサルタントもつき、応募先の人事が好きな人物像も教えてくれたりします。

ここまでしてもらえると書類審査の通過率や面接の合格率なども上がり、あなたの転職が成功する確率は格段に上がることをお約束いたします。

以下に京都転職に強い転職エージェントをご紹介いたしますので、あなたに合った最高の転職エージェントを見つけましょう。

 

京都転職に強い転職エージェント

京都の転職に強いエージェントの特徴は大企業・中小企業の求人はもちろんですが、それ以外の伝統工芸の求人が多いことです。

京都の特徴をよく知っているエージェントは京都に強いエージェントですので、京都に拠点があるエージェントを選ぶようにしましょう。

より詳しくは『京都のおすすめ転職エージェントとその選び方』の記事で紹介していますので、ご参考ください。

リクルートエージェント | 京都の求人数は業界トップ!大企業への転職も可能

リクルートエージェントは京都にも拠点があり、京都での求人数はなんと1,500件を超えています。

営業や事務、金融、コンサルタントの他にも職種は豊富にあり大手企業の求人が中心になっています。

京都の大企業が増えてきていることも要因の一つですが、大企業への転職を狙っているのならリクルートエージェントは登録しておきたいエージェントです。

マイナビエージェント | 京都の求人数はトップレベルの転職サイト

マイナビエージェントは、京都の転職を希望するなら登録しておきたい転職エージェントです。

とにかく京都の求人数は多いですし、転職した時の年収の目安や分かりやすく書かれているのも特徴です。

「転職を決めたサイト」としてマイナビエージェントは業界トップレベルとなっています。

コトコト | 京都に特化した地域密着型の転職エージェント

コトコトは京都に特化した転職エージェントです。特に京都市内を中心として地域密着型の転職エージェントで、京都への転職を考えているなら登録しておきたいエージェントです。

地域密着型と言っても求人数は豊富で、大手上場企業の求人から、成長途中にあるベンチャー企業、伝統工芸を守り続ける「ものづくり」を提供している優良企業など、京都全域で豊富な職種と求人数を保有しています。

 

まとめ

いかがでしたか?

京都で転職する際に必ず押さえておくべきポイントを全てお話ししました。

その中で最も重要なのが、転職エージェントを利用することです。

まずは以下の3社を利用してみて、ダメだったら他の転職エージェントを利用するといった方法を取れば最短で転職が成功できるでしょう。

  • リクルートエージェント
  • コトコト
  • マイナビエージェント

あなたの転職活動が成功することを心から祈っております。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする