東京で転職するなら知っておきたい転職を成功させる全知識

「東京で転職したい!」

このように思っていてもなかなか行動に移せない人も多いのではないでしょうか?

その理由はとてもシンプルで、あなたが転職に関する知識があまりないからです。

この記事では、東京で転職するために必ず知っておきたい知識を全てまとめました。

最後まで読んで行動していただけたら、あなたの望み通りの転職ができることをお約束いたします。

東京で転職する特徴

東京都は日本の首都であり、日本の中では経済や政治の中心となって動いている都市です。

そのため、たくさんの業界トップの人や企業が集まっており、転職活動をしている人にとっては売り手市場となっています。

また都民の特徴として上昇志向が強い人が多いので、あなた自身をも成長させるきっかけとなることは間違いありません。

しかしその反面、どこに行っても人口が多くて静かに暮らせない、といった理由から地元に帰ってしまう、というケースも多くみられます。

上京を夢見て東京に転職してしまうと、東京のデメリットを知らずに過ごしてしまうため、半年後にはそのギャップにやられてしまうようです。

そうならないためにも、ここでは東京転職によるメリットとデメリットをご紹介いたします。

東京で転職するメリット

東京で転職するメリットとしては以下の7つが挙げられます。

東京で転職するメリット

  • たくさんの求人がある
  • 東京でしかない職種がある
  • 給料が高い
  • プライベートが充実する
  • 職種が多い
  • 業界の成功者に会える確率が高くなる
  • 豊富な交通手段

1つずつ詳しく解説いたします。

●たくさんの求人がある

東京にはたくさんの企業の本社が存在しています。

しかし、それに見合う人口が東京にはなく、需要過多となっているのが現状です。

そのため企業は良い人材を採用できなくなっており、求人に出す給料も高く設定するようになります。

●東京でしかない職種がある

先述した通り、東京にはたくさんの企業の本社があります。

本社でしかできない地方の支社の管理系の業務であったり、インターネット・WEB関連の業務はほぼ東京でしか扱っていません。

そのため、こういった仕事をしたい方は東京でしかできないので、東京への転職が必須となります。

●給料が高い

先述した通り、東京では転職者の売り手市場となっているため、給料が高めに設定されています。

具体的には後で詳しく解説しますが、東京の平均年収は「605.9万円」となっており、全国平均である「420万円」より遥かに上回っているデータがあります。

2020年の東京オリンピックまでこの状況は続くとされているので、東京で転職をするなら今だと言えます。

●プライベートが充実する

誰もが知っているので言うまでもありませんが、東京には渋谷、新宿、池袋、秋葉原、六本木、銀座等の繁華街があります。

このような繁華街にはクラブやバーなどのいわゆる遊ぶ施設がとても充実しており、プライベートで遊ぶ場所がなくて困るようなことはないでしょう。

グルメなども日本の中でも最高峰のものを堪能できるので、東京で転職したらあなたのプライベートが充実することは間違いないでしょう。

●職種が多い

東京には大企業から小規模なベンチャー企業まで、いろいろな企業が拠点を置いています。

多種多様な企業があるからこそ、いろいろなビジネスを行っている企業があり、地方とは違い、昔ながらのものから最先端の技術職まで、たくさんの職種があります。

しかし、経験やスキルが必要なものが多いので、未経験から始めようとしている人には注意が必要です。

●業界の成功者に会える確率が高くなる

有名人や業界で成功した人は、東京に住んでいることや東京で仕事をしていることが多いです

そのような人たちとのコネを持ったり、会ったりできるような環境は東京にいるだけで、地方にいるときより高くなるのは言うまでもありません。

●豊富な交通手段

地方に比べて東京の鉄道は駅間がとても短く、家から徒歩で行けるような距離に駅があることが多いです。

また、目的地にたどり着くまでに、車を使わずとも駅から徒歩圏内で行けるような企業が多いので、移動で困ることはまずありません。

東京で転職するデメリット

東京で転職するデメリットは以下の5つです。

東京で転職するデメリット

  • 激務であることが多い
  • 物価が高いので生活に苦労する
  • 人混みが多く、落ち着かない
  • 優秀な人材が多く、競争が激しい
  • 都民の特性上、ドライな人間関係になりがち

1つずつ詳しく解説いたします。

●激務であることが多い

東京には年収の高い求人が多く、求められるレベルも高くなっています。

そのため、のんびりと仕事をするなどありえなく、成果を出さなければ最悪解雇されてしまう、というケースも少なくありません。

地方ではありえませんが、日をまたぐような残業も普通にあるので注意が必要です。

●物価が高いので生活に苦労する

東京へ転職してしまうと、どうしても都内に住みたくなってしまいます。

しかし、都内の家賃は非常に高く、築年数が30年のワンルームマンションでも月6万以上するのもざらにあります。

また、ランチやディナーなどするときも、地方とは比べ物にならないような値段がすることもあり、最初上京するときにはその物価の高さに驚くでしょう。

●人混みが多く、落ち着かない

特に繁華街に住む人は要注意ですが、眠らない街などと呼ばれて深夜になっても遊んでいる若者が多いです。

そのため、いつになっても人混みの中で生活しなくてはならなく、心の休まる場所がなくなってしまいます。

田舎のような、心を落ち着かせながら自然を楽しむようなことはできないので、そういうのを望んている方は東京転職をやめたほうがいいでしょう。

●優秀な人材が多く、競争が激しい

東京は日本の首都であるために、全国各地や海外からも、上昇志向が高い人が集まっています。

そういった上昇志向が高い方は勉強熱心な方が多く、優秀な方が多いです。

そのような方々に囲まれて仕事できるのも良いことですが、あなたも追いついていかないと精神的に大変になってしまいます。

●都民の特性上、人間関係がドライになりがち

東京に住んでいる人のほとんどは地方出身の人が多く、コミュニティを持っていない人がとても多いです。

そのため、なかなか地元のように心をさらけ出せるような友達を持っている人も少なく、人間関係がドライになってしまいがちです。

地方のような暖かい団結を求めている方には、東京転職は向かないでしょう。

 

東京の平均年収

出典:年収ガイド

年収ガイドによると、2016年の東京都の平均年収は約「606万円」という統計が出ています。

つまり、日本全国での平均年収は「420万円」であるため、全国平均をはるかに上回るデータとなっています。

また、2016年に男性と女性では次のようになっています。

平均男性女性
月給40万円45万円32万円
ボーナス122万円143万円80万円
年収606万円677万円465万円

 

東京における求人倍率

リサーチfunjobの統計データによると、東京での求人倍率は「2.05倍」となっています。

ちなみに日本全国平均では「1.43倍」となっているため、東京の求人倍率は全国に比べて極めて高いと言えます。

また、東京では東京オリンピックの影響で転職市場がとても伸びており、需要過多となっています。

需要過多となってくると転職者は売り手市場となり、結果的に東京ではいま転職者が売り手市場となっていて、非常に転職しやすくなっています。

そのため、東京で転職するのであれば今がチャンスです。

 

東京で転職しやすい職種

東京では様々な企業の拠点が集中しており、東京にしかない職種もたくさんあります。

そんな数ある職種の中でも、「営業」と「事務」は東京の転職に強い職種です。

それぞれ詳しく解説いたします。

営業

東京での転職といえば「営業」というイメージが強い方が多いと思いますが、営業職は売り手市場なので、とても転職しやすいことで有名です。

特に東京にはIT・WEB系のベンチャー企業が多く集まっているので、営業職はかなり需要があります。

また、営業職は成果報酬であることが多く、実力のある人であれば30代になる前から年収1000万も夢ではありません。

キャリアアップやスキルアップ、年収アップを目的としている方には特におすすめしたい職種です。

事務

一概に事務職と言っても、一般事務や貿易事務、営業事務など色々な種類があります。

その中でも一般事務と営業事務は、正社員として転職するのは厳しいです。

しかし、それらの事務職は派遣として転職したほうが給料が良いことが多く、正社員として働くのであれば貿易事務をおすすめします。

貿易事務にはある程度の専門知識が必要なため、スキルや経歴(マーケティング・経営企画・経理・人事・総務)を持っている方以外にはおすすめできません。

 

東京での転職を成功させるポイント

東京での転職を成功させるにはいくつかポイントがあります。

東京転職を成功させる4つのポイント

  • 会社を辞める前に転職活動を行う
  • 東京で行われる転職フェアや転職イベントに積極的に参加する
  • 東京で働く理由をしっかりと決めておく
  • 転職エージェントを利用する

1つずつ詳しく解説いたします。

会社を辞める前に転職活動を行う

東京でもどこでも、転職する際に必ず守ってほしいことがあります。

それは、「会社を辞める前に転職活動を行う」ということです。

なぜならば、以下の3つの理由がありからです。

会社を辞める前に転職活動を行うべき3つの理由

  • 気持ちの余裕ができる
  • 家を借りれなくなる
  • 金銭的に厳しくなってくる

●理由①:気持ちの余裕ができる

会社を辞めた後に転職活動を行ってしまうと、上手くいかなくなった時にてんしょくにあせってしまいがちです。

そうなると労働条件の悪いブラック企業等の判断もつかないくらいにパニックになってしまい、条件の悪い転職をしてしまう可能性があります。

そうならないためにも在職中に転職活動を行うことで、「転職できなくてもいいや」と余裕を持って行動することができ、的確な判断をできるようになります。

●理由②:家を借りれなくなる

今務めている会社を辞めて無職という肩書になってしまうと、社会的信用がなくなってしまいます。

そうなってしまうと家を借りるとなったときに、手続きがややこしくなったり、特に東京では審査が厳しいために入居すらさせてくれないといった事態が起きます。

そうなる前に、転職活動は会社を辞める前から行っておきましょう。

●理由③:金銭的に厳しくなってくる

転職活動は早くても3ヵ月程度はかかると見積もっておいたほうがいいです。

そのため、生活費や交通費などの転職資金がある程度必要になってきます。

そうなった場合に、給料が毎月もらえるのともらえないのとでは安心感が全く違うので、転職活動中に会社は辞めないでおきましょう。

東京で行われる転職フェアや転職イベントに積極的に参加する

特に地方から東京に移住しようと考えている方は、東京で行われる転職フェアや転職イベントなどに参加しておくと良いです。

これらに行って、企業の人事と仲良くなったからといって転職に有利になることはありません。

しかし、一度東京の街並みがどのようなものなのか、自分の行きたい企業のオフィスはどのような場所にあるのかについて知っておけるいい機会です。

また、企業もこういったイベントに採用目当てで一気に集まってきますので、どのような転職先があるのか素早く情報収集ができます。

絶対に行って損はしないので、1度は行ってみてはいかがでしょうか?

DODA』という転職エージェントではこのような転職イベントを行っているので、ぜひ登録してチェックしてみてください。

東京で働く理由をしっかりと決めておく

企業の採用担当者も、地方からの転職者に対してはやたら厳しく、あなたのスキルや経歴を地方移譲に重要視します。

そのため、「なぜ東京に来たのか?」という問いに対して、明確な答えを持っていないと採用に至らないケースが多いです。

そもそも東京でしかできないことなのか?あなたの持っているスキルは本当に転職先の利益につながっていくのか、この辺についてしっかりと考えておきましょう。

また、面接対策だけでなくあなたの東京転職に対する自問にもなります。

本当に東京に行きたいのか?地元でも良いのではないか?今一度振り返ってみて下さい。

転職エージェントを利用する

先述した通り、東京では求人倍率が非常に高く、より高度な転職に関する知識が必要となります。

そのため、転職サイトを使って自分で求人を探していては、面接対策や職務経歴書の正しい書き方や業界の専門知識の多い転職プロもいるので、100社受けても1社通るかどうか怪しいところです。

しかし、転職エージェントではあなたの代わりにスケジュール管理や求人の紹介、面接対策や書類の添削など、転職に関わる様々な業務を無料でこなしてくれます。

さらにあなたを担当する業界に詳しいコンサルタントもつき、応募先の人事が好きな人物像も教えてくれたりします。

ここまでしてもらえると書類審査の通過率や面接の合格率なども上がり、あなたの東京転職が成功する確率は格段に上がることをお約束いたします。

以下に東京転職に強い転職エージェントをご紹介いたしますので、あなたに合った最高の転職エージェントを見つけましょう。

 

東京転職に強い転職エージェント

東京はほとんどの転職エージェントが拠点を置いているため、近くに転職エージェントがない、といった事態は避けられます。

しかし、逆に多すぎてどれを選べばいいかわからないとなってしまうケースも少なくありません。

そのような事態にならないように、これだけ登録しておけば失敗しない、という転職エージェントを3つご紹介いたします。

より詳しくは『東京のおすすめ転職エージェントとその選び方』の記事で紹介していますので、ご参考ください。

リクルートエージェント | 圧倒的な求人数と実績で業界No.1

リクルートエージェント』は転職業界では、他の転職エージェントにはない、サービスの質の高さや圧倒的な求人数、その網羅性から、業界人の間では誰しもが認めるNo.1の転職エージェントです。

そのため、転職を希望している様々な業界、キャリアの人たちからも絶大な支持を得ており、ユーザー数は年間約41万人(2015年)にものぼると公表しています。

様々な口コミや評判からおすすめな転職エージェントのランキングの記事を作成し、その中でも1位となっています。

転職エージェントを利用するのであれば、まずは『リクルートエージェント』を使ってみてはいかがでしょうか?

DODA | サポートの徹底により絶大な支持を誇る


『DODA』は公開求人の数、非公開求人の数は、転職業界トップである『リクルートエージェント』に次ぐほど多かったり、サービスの質の高さから、転職業界ではNo.2の実績を誇る転職エージェントです。

『DODA』の大きな特徴は、エージェントサービスを利用しなくても公開求人に直接応募できることです。

そのため、キャリアコンサルタントへの気遣いなどをしなくても良いので、非常に気楽に利用できるサービスであると言えます。

様々な口コミや評判からおすすめな転職エージェントのランキングの記事を作成し、その中でも2位となっています。

転職エージェントを利用するのであれば、『DODA』を使ってみてはいかがでしょうか?

JACリクルートメント | ハイキャリア案件に特化


JACリクルートメント』は、JACリクルートメントが運営している転職エージェントで、リクルートやインテリジェンスなどの人材派遣会社と違うところは、人材派遣一筋でビジネスモデルを確立しているということです。

他の日本の企業では、人材派遣以外にもさまざまなビジネスを行い収益をより大きくしていますが、『JACリクルートメント』では人材派遣を絞ることによって、一部のファンにより厚い信頼を得ています。

そのため、この転職エージェントのサービスに手を抜くことは即ち倒産ともなりうるので、いつでも本気のサービスを受けられることが特徴的です。

様々な口コミや評判からおすすめな転職エージェントのランキングの記事を作成し、その中でも3位となっています。

ハイキャリア層向けの求人案件が多いので、キャリアに自信のある方はぜひとも利用してみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

東京で転職する際に必ず押さえておくべきポイントを全てお話ししました。

その中で最も重要なのが、転職エージェントを利用することです。

まずは以下の3社を利用してみて、ダメだったら他の転職エージェントを利用するといった方法を取れば最短で転職が成功できるでしょう。

あなたの転職活動が成功することを心から祈っております。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする