仕事に不安があり自信がないと悩んだ時の解決策・対処法

ほとんどの人が仕事に対しての不安を抱いたことがあるのではないでしょうか。

「今の仕事は自分にできるのだろうか」「周りの人が優秀で仕事についていけない」「今の会社で本当に大丈夫なのだろうか」など、仕事に関する不安は誰にでもあるものです。

不安というのは自分が経験したことのないものや、自信がないことから生じる感情です。

ですので、何が不安というわけではなく何となく仕事に対して不安があるという人もいるでしょう。

それは、特に何が悪いというわけではなく経験したこがない恐怖心から不安という感情が出てきているのです。

ここでは仕事に不安がある方が知っておくべき対処法や原因などをご紹介いたします。

仕事の不安を解消する対処法

不安を抱えたまま仕事をしていると何の成長もなく日々淡々と仕事をするだけで、そのうち仕事に対してのやりがいを感じられなくなり、仕事をすること自体憂鬱になってしまいます。

また、毎日不安に怯えて仕事をしていると精神的にも辛く精神的な病を引き起こす原因になってしまいます。

不安は不安を呼び、状態はさらに悪化する一方ですので仕事に対して不安を感じているなら、その不安を解消しなければなりません。

では、不安を解消するにはどうすればよいのでしょうか。

不安と思っていることを全て書き出す

仕事の不安がある時に、まずしなければならないことが不安と思っている原因を探ることです。何となく不安と思っている人も、何か不安な理由があるはずです。

何が不安かわからない人は不安に感じる要素を全て紙などに書き出してみましょう。また、何が不安かわかっている人も、不安な理由は一つではないかもしれません。

ですので不安と感じる理由は、どんな小さなことでも書き出してみましょう。

不安に思っていることを書き出してみると「こんな小さなことまで不安に感じていたのか」と自分が不安に思っていることが意外と小さく見えることもあります。

その中で、これが自分の中で一番大きな不安要素だなと不安になる原因もわかります。

不安を持っていても良いと、一度自分を自分で受け入れてみる

仕事に対しての不安は誰もが持っていると冒頭でもお伝えさせていただきました。

人によって大きな不安、小さな不安、人それぞれ不安に感じることは違いますが、不安を持つことは決して悪いことではないのです。

不安は恐怖でもあります。人は恐怖を感じると防御反応が働きます。不安に対しての防御反応とは、「不安に感じることを排除する」「不安に感じることと戦う」など不安に感じることへの「対策」を講じることです。

ですので、不安を感じることで「この不安感をどうすればよいのか」と考え行動するようになり、行動すると新しい自分を発見できたり、不安に思っていたことが意外と軽いことだったと気づきます。

ここまで来れば不安がそれ以上大きくなることもありませんし、不安なことを考えすぎてマイナス思考になることもありません。

そして、不安を感じるということはそれだけ、その仕事に対して真摯に向き合っているということです。真剣な気持ちで向き合っていなければ不安を感じることはありません。

不安を感じるということは、その仕事が自分にとって大切なものだと認識しているのです。

仕事のことをきちんと考えているんだと、まずは自分が不安に感じていることを受け入れてみましょう。

不安や怖いと思う要素を分割し、コントロールできる所だけ対応する

人は、感情や物事をコントロールできない事に対して不安を感じます。

今、仕事に対して不安に感じていることは、自分ではコントロールできないことであったり、自分の感情がコントロールできないことではないでしょうか。

ですが、よく考えてみれば全てのことがコントロールできないわけではなく、その一部分だけがコントロールできないということはありませんか?

「不安」や「怖い」という感情は自分を見失ってしまうことが多く、いつもならコントロールできることも「できない」と思い込んでしまうのです。

まずは冷静に自分のことを見つめ直し、不安に思うことを思い返してみてください。自分がコントロールできるところもあるのはずです。

全ての不安を一度に解消することはできなくても不安を和らげることはできます。

自分がコントロールできる部分だけ対応して、コントロールできない不安の芯の部分は別の解消法で解決していきましょう。

自分の力でコントロールできる部分があれば、大きな力ではなく小さな力で不安を解消できることもあるのです。

「不安で押しつぶされそうな仕事も時にはある」「どうでもいい」と一度開き直る

仕事で不安に感じると必要以上に考え込んでしまう人がいます。

必要以上に考え込んでしまうと、考えなくてもよい余計なことまで考えてしまって不安が増大し「不安で押しつぶされそう」になってしまいます。

では、こうなった時はどうすればよいのでしょうか。不安で押しつぶされそうになった時というのは精神状態が限界の時です。

しかも、考えても仕方のないことを考えて自分で自分の首を絞めている状態ですので、一度考えていることを頭から離してしまいます。

「もう、どうでもいいや」と頭から考えていることを離してみると「あれ?なんでこんなに不安に思っていたんだろう」と思えるはずです。

また、生きていれば本当に不安で押しつぶされそうになる仕事も時にはあります。

そう考えると自分が考えすぎて不安になっているだけですから、本当に不安で押しつぶされそうになった時よりマシなんだと思えるのではないでしょうか。

よいイメージ・想像をする

不安な時はマイナスのことしか考えられなくなってしまっています。

「こうなったらどうしよう」「ああなったらどうしよう」と、まだ起こってもいないことをいつまでも考えて不安が大きくなっているのです。

ですが、まだ起こってもいないことを考えても解決のしようがありません。解決のしようがないから不安なことをずっと考えてしまうのです。こうなってしまっては、負の連鎖です。

仕事が不安と感じた時は仕事に対して良いイメージをしたり、想像してみてください。「思考は現実化する」という言葉がありますが、自分の思考は自分に全て跳ね返ってきます。

不安に思っていれば不安なことが起こり、起こった不安なことからさらに不安になると、もっと不安になることが起こってしまうのです。マイナスの感情はマイナスを引き寄せます。

ということは、プラスの感情はプラスを引き寄せるのです。仕事に対して不安なことばかり考えるのではなく、同じ考えるのであれば良いイメージや良い想像をしてみてはいかがでしょうか。

そうするとプラスがプラスを呼び、仕事も自分も良い方向に変わっていくのではないでしょうか。

親しい人に不安を打ち明ける

仕事に不安がある時は、自分の胸の内を誰かに聞いてもらうとスッキリすることがあります。

人に話すだけでも不安というストレスが和らぎますし、話す人によっては不安が解消する答えをもらえることもあります。

自分が信頼できる人や親しい人に自分が思っている不安を話してみましょう。きっと心が軽くなり、不安に思う感情も薄れるはずです。

仕事に不安があり仕方がない人が感じる、不安の要素

仕事に不安を抱える人の中には、どうしても不安を解消できない人がいます。

不安の中でも大きな不安を抱えている人は、どのような要素を不安に感じているのでしょうか。

その不安を解消する方法なども合わせてお話していきましょう。

給与が低い

仕事に不安がある人で、重い理由として最も多いのが「給料が低い」ということではないでしょうか。

給料が低ければ生活していくこと自体大変ですし、そのまま結婚して子供ができてと将来のことを考えると、さらに給料に対しての不安は大きくなります。

給料が低いことへの不安を解消するには2つの方法があります。まず、会社の査定評価の評価点数に自分が到達していなければ給料が上がることはありません。

会社の査定がどのような評価で行われているのかを調べて自分が評価点数に達するように努力すれば給料も上がっていくでしょう。

そして、もう一つの解消法は転職することです。査定評価と言っても、その基準を調べることができなかったり、元々の給料が低すぎてこのままではやっていけないという人もいます。

そのような人は今の会社より給料の高いところへ転職すれば不安は解消されるでしょう。

自信がない

不安の中でも最も解決が難しいのが仕事に対して「自信がない」ということです。特に、新入社員や転職して間もない人は仕事に慣れていない分、仕事が遅くミスもありますから「自信がない」という不安感が出てきます。

また、同期の人たちがどんどん昇進していく、自分が会社やチームに必要とされているのかわからないなど、自信がなくなってしまう要素は会社にたくさんあります。

そして、最も解決が難しいという部分が、自信がない人は自分ができないことにがかり目が行くことです。「できない=自信がない」の繰り返しになりますから、自分に自信がない人は、まず自分に対しての見方を変えなければなりません。

できない自分を探すのではなく「自分には何ができるのか」を探してみましょう。そして、自分がその会社にいる意味をよく考えてみましょう。

その会社の試験をクリアして入社しているのですから、その会社に必要と判断されて仕事をしているのです。これだけでも、自分が必要ない人間ではないとわかります。

自分に自信がない人は、自分にできることを探し、その中から自分にしかできない仕事や、これだけは負けないという仕事を見つけてみてください。それが自信につながり、「仕事に対して自信がない」という感情も薄れていくでしょう。

会社や業界の将来が不安

会社や自分のいる業界の将来が不安で仕方ないという人もいます。

色々な噂や会社の環境などから不安に感じる人もいれば、給料やボーナス支払いが遅れたり、仕事が暇になってきているなど自分の身に直接不安なことが起こっている人もいるでしょう。

会社や業界の将来に不安を感じると仕事が手につかなかったり、「いくら仕事を一生懸命しても意味がないのではないか」と思ってしまう人もいるでしょう。

こんな状態では仕事をしていくこと自体困難になりますので、まずは真相を確かめる必要があります。

会社の上司は本当のことを言ってくれない可能性がありますから、インターネットで調べたり、同業者で仲の良い人などに聞いてみるなど自分のいる会社や業界が本当に不安を感じる要素があるのか調べましょう。

調べた結果、不安が的中していれば転職が必要ですし、ただの噂だった場合は安心して仕事ができるのではないでしょうか。

ミスをしないか不安

仕事の不安を抱いている人で「ミス」というところに囚われて大きな不安になっている人がいます。この不安を解消するのは簡単です。

結果を言えば「ミスをしない人間はいない」ということです。どんなに仕事ができる人でも、どんなに地位の高い人でもミスをすることはあります。ですが、ミスをした後の対処がきちんとできればよいのです。

ミスをしたことをいつまでも悔やんだり、ミスをすることを恐れるのではなく、ミスをしたら反省も必要ですが、いかに早くそのミスを処理できるかが問題なのです。

ミスをしても的確な処理ができるようになればミスも怖くなくなりますし、どうすればミスをするということがわかるのでミスに対する不安も解消されるでしょう。

クビ・解雇・リストラされないか不安

仕事の不安で「クビになったらどうしよう」と考えている人もいるでしょう。ですが、それを考え出せばどの企業に行っても不安は解消できません。

「この会社はクビやリストラされる可能性があるから転職しよう」と転職したところで、転職先の企業でも同じように再びクビやリストラ・解雇の恐怖と戦わなければならないのです。

クビや解雇、リストラに対する不安をなくすには、クビにされない、解雇やリストラをされない人材になる必要があります。

今任されている仕事だけではなく、もっと自分にできる仕事を覚えキャパシティやスキルを伸ばし、会社にとって必要な人材だと思ってもらえるような努力が必要です。

そして、クビやリストラ・解雇を考えすぎると仕事の効率が落ちたり、ミスを招きます。クビにされたくないことで、クビになったらどうしようと考えすぎてミスをしていては自分で自分の首をしめているようなものです。

クビや解雇・リストラの不安がある人は、会社にとってどんな人材が必要なのか、自分に何ができるのかを探してみてはいかがでしょうか。

仕事の不安に人間関係がある時の対処法

仕事の不安の原因が人間関係の場合は、これまでの対処法と違ってきます。

人間関係の不安は難しく、関係を修復するのも時間がかかりますし、不安に思っている時に必要以上のパワーを使いますので、とても疲れます。

ましてや「この仕事は好きだけど人間関係だけが…」と人間関係だけが問題の場合なら、会社を辞めると決断するのも難しいでしょう。

ですが、人間関係が悪ければその職場で仕事をするのは困難になりますから、なんとか仕事ができる環境にしなければなりません。

では、人間関係に不安がある場合はどのような対処をすれば良いのでしょうか。

仲間を作る

人間関係に悩んでいる時は新たに仲間を作るという発想はないのではないでしょうか。「今の人間関係に悩んでいるのに、また新たな人間関係を築くなんて…」と思っている人もいるでしょう。

ですが、今の人間関係を修復するより新たな人間関係を作る方が断然早いのです。

また、人間関係の修復は過度のストレスがかかりますが、新たな人間関係を作るのは楽しく新鮮な気分で過ごすことができるので精神的にも新しい仲間を作る方が良いのです。

大きな会社でなく新たな仲間を社内で見つけにくい場合は、会社が終わった後のアフターファイブで趣味の仲間を見つけるなど自分が楽しくなる時間を共有できる仲間を作るのもよいでしょう。

異動願いを出す

どうしても人間関係の修復ができない、新しい仲間を作ることもできない場合は異動願いを出すというのも一つの方法です。

異動願いを出す時に上司に理由を聞かれると思いますが、信頼できる上司であれば直に話しても良いでしょうし、仕事上だけの付き合いという上司なら「その部署で仕事がしたい」と仕事への向上心があるという言い方をすればよいでしょう。

信頼できる上司の場合、相談することで人間関係が解決することもありますので、会社の上司が信頼できる人なら、異動願いを出す前にまずは相談してみてもよいのではないでしょうか。

仕事に不安が消えないなら転職も考える

仕事の不安を解消する方法や対処法を色々ご紹介しましたが、試してみてもどうしても不安が消えない場合は転職を視野に入れることも必要です。

ですが、転職すれば不安が消える時もあれば不安が消えないときもあります。

まずは、不安の原因をしっかり調べ、その不安を解消できる条件を知ることが大切です。

不安を解消できる条件が分かれば転職する時に、その条件にあてはまる企業への応募を避けることができます。

ただし、自分一人で転職活動をしていると社内事情まではわかりにくく、「転職したのにまた同じ理由で不安になった」ということもあり得ます。そこで頼りになるのが転職エージェントです。

自分の希望する条件を話し、不安を解消できる企業に転職したいということもきちんと伝えれば、その条件に合った企業を探してくれます。

一人で行う転職活動より転職のプロである転職エージェントと転職活動をする方が自分が希望する企業に転職しやすいでしょう。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェント|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」このように悩みを抱えている方はとても…

2017.11.10

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」このような意見をよく聞くことがあります。結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

自分の強みを調べる

転職を視野に入れる場合は、自分の強みを知っておいた方が有利になります。今知っている自分の強みの他に、さらに強みがあるのなら伸ばしていくべきですし、その強みを活かせる職場への転職もできます。

自分の強みを調べるには「仕事適正診断」を使えばよいでしょう。仕事適正診断を受けると、自分の性格などから自分に適している仕事の業種や職種を知ることができます。

今まで「自分に合っているのはこの業種」と決めつけていた人は、特に仕事滴定診断を受けてみてください。新たな自分を発見できたり、自分の自信につながりますので利用してみて損はないでしょう。

仕事適正診断で転職業種・適正業種を調べる

仕事適正診断のお話しをしましたが、「仕事適正診断ってどんなものがあるの?」と思われた方もいるでしょう。そんな方のために、仕事適正診断を無料で受けられるサイトをご紹介しましょう。

自分の強みを知ることができる仕事適正診断は色々ありますが、特に人気があり評価の高い仕事適正診断は大手人材会社のリクルートが運営している転職サイト「リクナビNEXT」が提供している「グッドポイント診断」という適正診断です。

グッドポイント診断は全部で18種類ある強みの中から、自分の中で一番強い強みの上位5位までを解説付きで表示してくれます。

質問内容で難しいものは1問もなく、瞬時に判断して回答していくような感じですので深層心理や潜在意識など深い部分で仕事の適正診断をしてくれます。

仕事の不安で眠れない・寝れないことが多い場合は病院へ行くことも検討する

仕事に対する不安が大きく考えすぎると夜も眠れないという人もいるでしょう。ですが、夜も眠れないという状態は精神的に良くありません。

睡眠不足から体力も低下し病気になってしまう可能性もありますし、睡眠不足が続けば体も脳も働きにくくなりマイナス思考になってしまうので、さらに不安が大きくなってしまいます。

そして、最悪な場合精神的な病にかかってしまう可能性もありますので、夜も眠れない日が多いという人は心療内科など精神的なサポートをしてくれる病院に行くことも検討しましょう。

仕事の不安は誰でも持っている、受けながす力も必要

文頭でもお伝えしましたが、仕事の不安は誰でも持っているものです。これといって不安がない人も、小さな不安が積み重なれば大きな不安となってしまいますので、多少の不安は受け流すことも必要です。

また、大きな不安に悩まされている人も、不安な気持ちの中にも喜べることは必ずあります。仕事全てが不安ではないと思いますし、自分自身の問題、会社の問題など不安に感じるところは全てではないでしょう。

不安に感じているところばかり見てしまうので毎日不安と戦っているようになっていますが、仕事の中で自分が得意とする作業や自分が好きな業務をしている時は不安な気持ちも薄れているのではないでしょうか。

不安を見るばかりではなく、好きな仕事・得意な仕事を見つけることで不安は小さくなっていき受け流すこともできてくるでしょう。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする