仕事が辛いと感じた時に心休まる7つの考え方と対処法

「上司に怒られてばかりで辛い」
「オーバーワークが多くて仕事が辛い」

このように、仕事が辛いと感じている人は少なくないでしょう。

仕事が辛いと感じ続けていると病気になってしまう可能性もあるため、そのまま放置してしまっては心が休まらなくて精神的にも肉体的にも追い込まれてしまいます。

ここでは、仕事が辛いと感じている人がこれからどのように考えれば良いのか、今後どのように対処していけば良いのかについてご紹介いたします。

仕事が辛いのは甘え?

朝起きて「仕事に行きたくない」「起き上がるのが辛い」と、仕事に行くと考えるだけで辛いと思う人もいるでしょう。

「仕事なんだから辛いのは当たり前だ!そんなのは甘えだ!」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん「朝起きるのがだるいから」「会社に行くのが面倒」など、仕事に対して辛いということではなく、「面倒」という思いで「辛い」と言っているのであれば甘えになるでしょう。

しかし、今の仕事にやりがいを感じることができなくて辛いと感じたり、今の自分のスキルでは会社のやり方についていけないなど、怠慢から仕事が辛いと感じることは甘えではありません。

「自分の能力では…」「何のために仕事をしているのだろう」など、仕事のことを考えるだけで辛い状況で毎日仕事に行くのはとても辛いことではないでしょうか。

精神的に仕事に行くのが辛い、辞めたいと感じたら

仕事が辛いと思いながら毎日仕事に行っているとストレスが溜まり続けます。

ストレスが溜まっていくと精神的に負担がかかり、朝起きて「仕事に行くのが辛いな」と感じていた程度が、朝ベッドから起き上がることができなくなってしまうなど体調にも異変が出てきます。

このように、精神的なことから体調異変まで起こっている状態で毎日仕事に行っていると精神的な病にかかってしまうこともあるのです。

ですので、精神的な病にかかる前に「精神的に仕事に行くのが辛い、仕事を辞めたい」と感じたら対策を考えなければなりません。

精神的な部分ですのでとてもデリケートな問題ですから、簡単に精神の改善ができるとは言えません。

ですが、「仕事が辛い」と感じている状態を少しでも和らげ、改善に導くにはどうすればよいのか、自分を責めるのではなく「仕事が辛い」状態から脱出できる考え方をご紹介しましょう。

仕事が辛いと感じる人の多くが陥っている働き方の傾向パターン

「仕事が辛い」状態から脱出できる考え方をご紹介する前に、「仕事が辛い」と感じる人はどのような特徴があるのかお話しておきましょう。

自分に当てはまるようなところがあれば、今は「仕事が辛い」と思っていなくても今後「仕事が辛い」と感じるようになるかもしれません。

また、現在すでに「仕事が辛い」と感じている人は自分と照らし合わせてみてみましょう。

特徴がわかれば、「仕事が辛い」と感じる原因もわかりますので、解決法を導き出せるかもしれません。

業務内容が自分がしたい仕事からかけ離れている

「仕事が辛い」と感じる人の特徴として「仕事の内容が自分のやりたいことから掛けな離れている」場合があります。

これは「仕事にやりがいが感じられない」という意味にもなり、仕事が楽しいと思えない人に多い特徴です。

仕事全てではなく「仕事の中でもこの作業が好き」など、少しでも仕事のことが楽しいと思える人はよいのですが、自分のしたい仕事ではないということで「仕事全て」を楽しくない、やりがいがないと感じている人がいます。

ほかにも「入社した時に希望の部署を出したけれど、今まで一度もその部署に配属されない」という人や、「希望を持ってこの会社に入社したけれど思っていた仕事内容と違った」など、仕事内容が自分がしたいことからかけ離れていると仕事にやりがいを感じられなくなり「仕事が辛い」と感じるようになるでしょう。

残業や休日出勤が多く、心も体も休めてない

「仕事が辛い」と感じるのは自分のスキルや能力不足、やりがいがないなどではなく、待遇面でも辛いと感じる人はいるでしょう。

特に、残業が多く休日も出勤しなければならない状況が続き、心も体も休める暇がない時は「仕事が辛い」と感じても当然です。

特にきちんとした睡眠時間が取れないほど残業が多い、休みがないとなれば脳をきちんと休めることができないため、ミスも多くなりますし、ミスが多くなれば怒られることが増えストレスが溜まってきます。

また、睡眠不足は体力を奪いますので会社に行くことすら辛い状態になっていくでしょう。

このように、心も体も休めない状態が続く場合は無理をしてでも有給休暇を取ったり、残業をせずに帰る日を作るなど対策を考えなければ心身ともに疲れ果てて病気になってしまう可能性があります。

通勤時間が長い

「仕事が辛い」と感じる人の特徴として「通勤時間が長い」ということが挙げられます。

「通勤時間が長いなんて最初から分かっていることじゃないか?これこそ甘えだ」と思われるかもしれませんが、通勤時のラッシュが長ければ長いほど過度なストレスがかかります。

仕事をしている人で、精神的に一番負担がかかっているのは通勤時だというデータもあるくらいですから、通勤というのはとてもストレスがかかるものなのです。

その通勤時間が長いということは、それだけストレスを受ける時間が長いということですので「仕事が辛い」と感じても仕方ありません。

あまりに通勤が辛く仕事が辞めたいとまで感じてしまった時は通勤の時間をずらしてみたり、路線を変えるなどして毎日同じ通勤ではなく変化をつけてみましょう。

それでも通勤のストレスを強く感じる場合は上司に相談して異動願いを提出するのも一つの方法です。

職場に苦手な人がいて、人間関係がよくない

「仕事が辛い」と感じる特徴の中で人間関係に悩んでいる場合は精神的な負担もかなり大きいと言えるでしょう。

仕事をしていく上で人間関係を良好に築くのはとても大切なことです。

人間関係が悪ければ仕事に支障が出ることもありますので、人間関係が悪化すると「仕事が辛い」と感じる人が多いのではないでしょうか。

ただし、職場に苦手な人がいるというのであれば自分の考え方一つで上手く関係を築くことができます。

人間関係が悪化してしまった場合は修復するのにとても長い時間がかかりますし、さらに精神的な負担がかかります。

ですが、職場に苦手な人がいるので人間関係が辛いということであれば考え方次第で改善の余地はありますので後ほどお話していきましょう。

全ての仕事に全力投球している

仕事に全力投球することは良いことなのですが、全ての仕事に一生懸命になりすぎて毎日完全燃焼で帰ってくると、そのうち「仕事が辛い」と感じるようになってしまいます。

うまく仕事をこなしていくには息抜きも必要です。

ですが、息抜きの仕方がわからなかったり、一生懸命やらなければ皆に追いつけないなど毎日全力投球で仕事をしていると、車のガソリンが切れてガス欠を起こすようにエネルギー切れとなり「仕事が辛い」と感じるようになるでしょう。

仕事の時と休日のonとoffを切り替えるように、仕事中も集中してしなければならない仕事と、比較的簡単な仕事で楽しんでできる仕事を分けるなどして、集中するときは全力投球、時に息抜きという具合に、うまく仕事を組み合わせて常に全力投球にならないようにしなければなりません。

仕事辛い・辞めたいと感じた時、心休まる考え方7つ

仕事が辛い・仕事を辞めたいと感じた時は精神的に辛い状態です。

その状態で仕事を続けても結局会社を辞めてしまったり、最悪な場合は体調不良を起こし精神的な病に陥る可能性もあります。

そうなる前に精神的な負担を減らさなければなりません。

精神的な負担を減らすには考え方一つで心が軽くなり、休まるようになります。

「仕事が辛い」という状況から、「辛い」としか感じていない今の凝り固まった考え方を一度切り離して、これからお話する「心が休まる考え方」を実践してみてください。

1.頑張っている自分を認めて褒める

仕事が辛いと感じている時は、「誰にも褒めてもらえない」「自分の仕事を認めてもらえない」という時があります。

また、「こんなに頑張っているのに誰もわかってくれない」など自分のことを評価してくれないと感じている時も「仕事が辛い」と感じます。

そんな時は誰かに褒めてもらうのではなく、自分で自分のことを認めて褒めてあげましょう。自分がどれだけ頑張っているのかは自分が一番よく知っています。

周りに何を言われようと、自分が頑張っていることを知っているのですから、自分のことを褒めてあげればよいのです。

自分を褒めると言ってもどうすればよいのかわからないという人は、頑張ったご褒美を用意するとよいでしょう。

アフターファイブはおいしいご飯を食べに行く、休日には趣味に没頭するなど、自分にご褒美をあげる時間を作ってみましょう。

2.今の仕事が人生の全てではない

仕事が辛い時に、「これは甘えだ」と自分に言い聞かせて無理して働いている人がいます。
ですが、よく考えてみてください。仕事がだけが人生ではありませんし、この先もっと良い仕事に巡り合えるかもしれません。

仕事が辛いと感じると他のことまで楽しくないと感じるかもしれませんが、それは自分の心が仕事に支配されているからです。今の仕事が人生の全てではありませんし、その仕事を必ずしなければならないわけではありません。

自分の人生を作っているのは自分自身です。仕事だけが人生だなんて悲しいと思いませんか?
そして、今の仕事だけに囚われているのはもったいないと思いませんか?

今の仕事のことだけを考えるのではなく、自分の人生について考えてみてください。きっと楽しい未来が見えるのではないでしょうか。

3.完璧な人間はいない

仕事が辛いと感じている時は「自分の能力では…」と考えてしまったり、ミスをしたことで上司に怒られて失敗が怖くなってしまっている人がいます。

また、自分のことを過小評価している人も仕事が辛いと思いがちでしょう。

ですが、どんなに仕事ができる人でもミスをすることはありますし、どれだけ仕事のことを知っている人でも知らないことはあります。さらに言えば、仕事ができる人ができないことでも、自分ができることはあるのです。

どんなにすごいと思っている人でも完璧な人間はいません。もし完璧な人間がいれば、その人はとてもつまらない人生を送っていることでしょう。

人は失敗をしたり壁にぶち当たるから成長できるのです。仕事が辛いと感じているのも自分にとっての壁です。

壁を一つ乗り越えるたびに人は成長します。そして、壁を乗り越えるたびに達成感を味わうことができます。完璧な人間ほどつまらないことはありません。

4.気持ちに余裕を持たないと質の良い仕事はできない

仕事が辛いと思いながら仕事をしていると、いつもならできる仕事ができなかったり、焦りからミスをすることもあります。

ですが、仕事が辛いと思う前はどうでしたか?

気持ちにも余裕があり、いつも以上の力を発揮できたり、ミスをすることなく仕事ができていたのではないでしょうか。ミスをしても、そのミスをすぐに処理してミスではない結果に導くこともできたはずです。

気持ちに余裕がある時は質の高い仕事ができていたのではないでしょうか。仕事が辛いというマイナスの感情は焦りを招き、ミスを起こし、さらにマイナス思考に陥ってしまいます。

仕事を始める前に、目を閉じて仕事のことを全て忘れて頭を空っぽにしてみてください。すると気持ちに余裕ができ、広い視野で仕事を見ることができるようになります。

視野が広がると気持ちに余裕も出てきますので、仕事が辛いという感情も薄れていくでしょう。

5.力を抜いて仕事をする事も必要

仕事が辛い人の特徴に「いつも全力投球」という項目がありました。全力投球自体は悪いことではありませんが、毎日仕事に対して全力投球では疲れてしまいます。

仕事をするときは力を抜く時間も必要です。いつも全力投球で仕事をするより、適度に力を抜いて仕事をする方が肝心な時に集中力が高まり良い仕事ができるものです。

難しい仕事は集中力が必要ですので、その時は全力投球でかまわないでしょう。ですが、比較的簡単な仕事をする時は力を抜いて仕事をしてみましょう。力を抜くといっても手を抜くこととは違います。

肩の力を抜いて仕事をすることで、大切な仕事をするときに全力投球できるのです。

6.人に仕事を任せる事も大事な時がある

仕事が辛いと感じている人の中には「仕事量が多い」「残業が多く、休日出勤までしなければならない」など、仕事が片付かなくて仕事が辛いと感じている人もいるのではないでしょうか。

仕事は自分に任されたものだから自分でやらなくてはと思っているかもしれませんが、仕事が片付かずにストレスに感じているなら人に仕事を任せることも大切です。

また、自分が上司の立場にある人は部下に仕事を任せることで部下が成長します。

全ての仕事を自分で抱え込んでしまうのではなく、人に仕事を任せることで自分の仕事を丁寧にこなすことができますし、その人の成長にもつながりますので、仕事をが片付かない時は人に頼ることも大切です。

7.仕事を辞めても次の仕事はある

仕事が辛いのに無理して仕事に行っている人の中で「意地」になってしまっている人はいないでしょうか。

「仕事が辛いのは自分が甘いからだ」「仕事を辞めたら生活ができなくなる」など仕事を辞めるわけにはいかないと頑なな考えで仕事をしていませんか?

ですが、意地だけで行っている仕事を続けても何も自分の身につきません。

また、仕事を辞めても次の仕事があるのですから生活できなくなることはありません。

仕事を辞めても次に仕事はあるのですから、開き直って「仕事なんていくらでもある」と思ってみてはいかがでしょうか。

開き直ってしまえば、仕事が辛いという感情も薄れていきますし、仕事がなくなるという恐怖心もなくなります。

人間関係が原因で仕事が辛い時の対処法

人間関係が原因で仕事が辛いと感じている場合、とても大きなストレスがかかっている可能性があります。

仕事をしていく上で人間関係は大切だというお話をしましたが、その人間関係が崩れてしまうと仕事が辛いと感じても仕方ありません。

「仕事が辛い」と感じるストレスの中でも、人間関係が原因の場合は一刻も早く改善しなければならないと言えるでしょう。

仕事がどんなに辛くても人間関係が良好であれば「この仲間ならやっていける」と思えるものです。

それくらい人間関係は仕事をする上でとても大切ですので、人間関係で悩んでいる場合は、これからお話する対処法をすぐに実行してみてください。

仲間・理解者を作る

人間関係が辛い時は、自分の心のうちを理解してくれる仲間や理解者を作ってみてはいかがでしょうか。

家族や友人、恋人など自分のことをわかってくれる人がいるという人は、その人たちに相談してみましょう。

もし、相談できる人がいないという人は会社以外で仲間や理解者を作ってみましょう。

自分の趣味からつながる仲間とのオフ会やなどに参加して、そこで仲良くなった人と人間関係の相談などをしてみてはいかがでしょうか。

会社以外で理解者や仲間がいるというのは、自分の逃げ場がきちんとあるとわかりますので、とても安心しますし自分の心のよりどころになるはずです。

家族や友人、恋人に相談できる人も会社外で会える仲間を作ることで新しい自分を発見できたり、さらに理解者が増えますから人間関係に悩んでいるのがもったいないと感じるくらい「仕事が辛い」という感情は薄れていくでしょう。

家族や友人に話をして相談をする

先程の理解者や仲間を作るという項目で少しお話しましたが、人間関係が辛いという思いを家族や友人に話してみてはいかがでしょうか。

家族や友人に心配かけたくないと思われるかもしれませんが、家族や友人はあなたが一人で悩んでいることの方が心配なのです。

一人で悩みを抱えているのはとても辛く、吐き出す場所がないとさらに精神的に疲れていくでしょう。家族や友人に話せるのであれば、仕事が辛いということを話してみてはいかがでしょうか。

もし話をして解決しなくても話すだけでも気持ちがスッキリしますし、もしかすると解決法が見つかるかもしれません。

あなたのことをよく知っている家族や友人であれば、きっとあなたの心を癒してくれることでしょう。

異動願いを出す

人間関係が辛く、どうしても改善することができない、または改善できる可能性がないと判断した時は上司に相談して異動願いを出すのも一つの解決方法です。

同じ部署の人間関係が悪ければ違う部署への異動願い、同じ社内の人間関係が悪いのであれば違う支店や営業所への異動願いを出してみましょう。

ただし、人間関係に悩んでいると素直に上司に話して理解してくれる上司ならよいのですが、物分かりのよい上司ばかりではありません。

上司に異動願いを出す時は、仕事への向上心があるということが伝わるような理由にした方がよいでしょう。

もし、上司と仲がよく絆ができているのであれば素直に「人間関係に悩んでいるので異動願いを出したい」と相談してもよいでしょう。

新人・新入社員で仕事が辛いと感じた時の改善法

仕事が辛いと感じるのは新入社員や転職してきたばかりの新人の時が多いのかもしれません。

慣れない職場で次々と覚えなければならないことが追いかけてくるような状態ですから、「自分が仕事ができない」「自分はこの会社でやっていけるのだろうか」「同僚はできているのになぜ自分はできないのだろう」と人と自分を比べてしまったり、仕事を覚えるのが遅いからと自分は仕事ができない人間だと思い、仕事が辛くなってしまっているのではないでしょうか。

ですが、仕事を覚えるスピードも要領の良さも人それぞれ違いますし、その人が得意なことばかり見て「自分はあんなふうにはできない」と思ってしまっていることもあります。

仕事ができると思っていた同僚も、違う仕事を与えられると全くできないこともあるのです。

ですが、新入社員や新人として入社してきたばかりの時は、なかなかそこまで目を向けることができません。

では、新入社員や新人の時に仕事が辛いと感じた場合、どのような改善法があるのでしょうか。

先輩や上司からアドバイスをもらう

新入社員や新人の場合は、まだ仕事をはじめて間もないので、先輩や上司にわからないことはどんどん聞いていけば良いのです。

新人のうちは、わからないことを聞ける絶好のチャンスなのですから遠慮せずに先輩や上司にアドバイスをもらいましょう。

仕事が遅いのであれば「どうすれば効率よく仕事ができるのか」、仕事を覚えるのが遅い場合は「そうすれば仕事を覚えるのが早くなるのか」、自分に自信がないのであれば「どうすれば自分に自信が持てるのか」など、その会社で頑張っている先輩や上司ですから、新人の時も同じように悩んだ経験があるかもしれません。

また、先輩や上司はこれまでたくさんの新人や新入社員を見てきていますから、同じような質問をされたこともあるでしょう。

新入社員や新人という立場を利用して、わからないことはどんどん聞いていきましょう。

小さな目標を立て、成功を積み上げる

新入社員や新人の時は、毎日の仕事をこなすのが精一杯で、なかなか仕事にやりがいを見出すことができません。

仕事にやりがいを見いだせないということは、仕事が楽しいと感じられなくなっているということです。

せっかく希望を胸に入社してきたのに、仕事にやりがいを持てなければ、どんどん仕事が辛くなっていきます。

ですので仕事が楽しくなるように、自分が抱えている仕事に対しての目標でもいいですし、自分へのご褒美の目標でもかまいませんので、まずは目標を立てて仕事をしてみましょう。

仕事に対しての目標なら「この仕事は〇時までに終わらせる」など小さな目標から立ててみてください。その目標が達成できれば、次はワンランク上の目標を立てます。

このように成功を積み上げていけば仕事にやりがいを感じられるようになり、仕事が楽しくなってきます。

また、その目標を達成するために自分から勉強をしますし、学ぶ姿勢も身に付きます。すると「いつのまにかなりたい自分になっていた」など大きな目標を達成することができるようになるでしょう。

時間が解決してくれると考える

新入社員や新人の人が「仕事が辛い」と感じるのは仕事ができないことへの劣等感や周りの同僚の仕事のスピードについていけないなど、自分に自信がないことが多いのではないでしょうか。

ですが、仕事ができないのも時間がたてばできるようになりますし、仕事についていけないと思っていても仕事を覚えれば嫌でもスピードは上がります。

そう考えると、今すぐどうこうできる問題ではなく、時間が解決してくれる問題だと考えられないでしょうか。

人それぞれ覚えるスピードも違えば処理スピードも違います。ですが、仕事に慣れてくれば覚えるスピードも処理スピードも上がってくるのです。

そして、仕事のスピードが上がれば自信もついて楽しく仕事ができるようになり「仕事が辛い」と感じることも少なくなるでしょう。

仕事が辛い人に贈る言葉

仕事が辛いと感じている人がそばにいる時、「あの人のあの言葉救われた」ということが多々あります。仕事が辛いと感じている人は、自分では一生懸命頑張っています。

ですが、なかなか理解もらえなかったり、理解してもらうどころか酷い言葉をかけられることもあります。

仕事が辛いと感じているのに酷い言葉を聞けば、さらにストレスがかかり仕事を辞めてしまうかもしれません。

そして何より、その人に大きな精神的ダメージを与えてしまうのです。

仕事が辛いと感じている人に声をかける時は、相手に寄り添うような言葉をかけてあげるとよいでしょう。あなたが発した、たった一言で救われる人がいますので、辛そうだなと感じたらこのような声をかけてあげてください。

良ければ仕事手伝うよ

仕事が辛い人は、一人でその仕事を抱えがちです。また、仕事が辛いとなかなか言い出せない人もいます。

一人で必死になって仕事をしていると、自分一人で戦っているような気分になり、「誰もわかってくれない」とマイナスの感情に支配されしまうのです。

そんな時に「良ければ仕事手伝うよ」という「あなたは1人じゃないんだよ」とわかるような言葉をかけてあげるだけで、自分一人で背負うことはないんだと、とても気持ちが軽くなることでしょう。

あまり頑張りすぎずほどほどにね

仕事が辛い人の中には頑張りすぎている人もいます。

頑張りすぎている人は常に必死の形相をしていますから、思わず「あまり頑張りすぎずにほどほどにね」という言葉が出てきてしまうでしょう。

仕事が辛い人は頑張りすぎている状態ですから、応援しようとして「頑張ってね」と言ってしまうと「これ以上頑張らないといけないの?!」と精神的に追い込んでしまいます。

仕事が辛いと感じている人には「あまり頑張りすぎずほどほどにね」という相手が「頑張りすぎなくていいんだ」と精神的に楽になる言葉をかけてあげましょう。

何かあったら相談してね

仕事が辛いと感じている人の中には、なかなか自分の心のうちを話せない人もいます。特に、家族や友人になら話せるけれど職場で自分のことを話せる人はいないという人が多いのです。

会社を出れば誰かに相談できると思っていても、職場にいる間は自分一人で戦っていると感じているのです。

そんな時に「何かあったら相談してね」と自分のことを気にかけてくれる人がいれば辛いと思っていた気持ちが和らぎます。

「一人で抱え込まなくていいんだ」「相談できる相手が会社にいる」というだけで仕事が辛いという感情が和らぎ、薄れていくことでしょう。

泣くほど仕事が辛い時の改善法

仕事が辛い人の中には涙が出るほど仕事が辛いと感じている人もいるでしょう。泣くほど辛いと感じている場合、すでに体調不良などが起こっている可能性があります。

夜なかなか眠れなかったり、朝起きると吐き気や頭痛がするなど、体の異常が出てきているなら相当なストレスがかかっている証拠です。

泣くほど辛いと感じて、本当に泣いてスッキリするのならよいのですが、毎日泣きたい気持ちになるということであれば改善法を実行して、一刻も早く体調不良から脱出しましょう。

転職を考える

泣くほど仕事が辛い場合は、その仕事が合っていなかったり、改善法を実践してみても一向に気持ちがラクにならないくらいストレスが溜まっている状態です。

どんなに考えても、今の会社では「仕事が辛い」という状態から改善されないと思った時は転職を考えてもよいのではないでしょうか。

転職を考えることは逃げでもなんでもありません。仕事が合っていないと思うのであれば、自分に合う仕事を探して頑張る方が自分を向上させることができます。

また、泣くほど辛いくらい今の会社では何も改善されないのであれば自分の将来をしっかり考える良い機会なのではないでしょうか。

そして転職するなら転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントには優秀なキャリアコンサルタントが在籍していますから、自分に合った仕事を紹介してくれますし、自分がなぜ仕事が辛いと感じるようになったのかという原因を話しておくと、その原因が起こらないような職場を探してくれます。

さらに「仕事が辛い」と感じている時に、さらに精神的な負担がかかる転職活動をする必要がないので、精神的にも体力的にも転職エージェントを利用するほうが良いでしょう。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェント|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」このように悩みを抱えている方はとても…

2017.11.10

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」このような意見をよく聞くことがあります。結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

うつ病などの精神的な病気を疑う

泣きたいほど仕事が嫌な時は精神的な病気になっている可能性があります。
精神的な病気とは「うつ病」のことですが、精神的なことから体調不良が起こり、その状態がずっと続いているのであれば、すでにうつ病になっている可能性があります。

うつ病になると改善するには専門的な知識が必要ですから、体調不良が起こっていなくても早めに診療内科を受診するようにしましょう。

うつ病になってしまうと「仕事が辛いから会社に行きたくない」と思うだけではなく、本当に朝起きれなくなったり、夜眠れなくなったりと会社に行くことすらできなくなってしまいますので、そうなる前に早めに心療内科を受診することをおすすめします。

仕事が辛い時に聴きたい気分が上がる曲

仕事が辛い時は、心癒される曲や気分が上がる曲を聞くと「辛い」という気持ちも薄れますし、「頑張るぞ!」という活力にもなります。
自分の気分が上がる曲がすでにあるという人も、一度これからご紹介する曲を聞いてみてください。

よく歌詞を聞いてみると共感できる部分がある曲ばかりです。
1日の始めに、これらの局を聞いて気分を上げて出勤すると、その日1日の行動力は全く違ってきます。

ZARD「負けないで」

この曲はとても有名な曲ですので、知らない人はいないのではないでしょうか。
運動会や体育大会で使われることが多い曲で、題名からもわかるように勝負に負けないでという意味にも捉えられますし、自分に負けないでと捉えられる曲です。
この曲を聞けばとても元気になるという人が多い曲ですので、一度聞いてみてください。

高橋 優「明日はきっといい日になる」

この曲は、本当にこれからいいことが起こりそうな気分になる曲です。
歌詞も共感できるところが多く、しかも「悪いことがあっても笑い話にしてしまえ」と、「なるほど!」と明るい気分にさせてくれる曲です。

FUNKY MONKEY BABYS「あとひとつ」

この曲を聞くと「頑張っている自分」と重なる部分があるのではないでしょうか。
そして、頑張り続ければ願いは叶うと思わせてくれる曲です。
「何度でもこの両手をあの空へ…」という歌詞を聞くと本当に拳を空に突き上げてしまいそうになります。

DREAMS COME TRUE「何度でも」

この曲は、仕事が辛いという枠だけにとらわれず人生の中で何度も訪れる壁を超えさせてくれるような曲です。
「何度でも何度でも何度でも立ち上がり…」という部分を聞くだけでも「頑張ろう!」という気持ちにさせてくれる、とても元気の出る曲です。
そして、自分の気持ちをわかってくれるような曲ですので、聞くだけで勇気をもらい、癒される曲でもあります。

ゆず「栄光の架け橋」

ゆずの「栄光の架け橋」もとても有名な曲ですので、知らない人の方が少ないと思います。
歌詞を聞くと「そこにたどり着くまでに、どれだけの道のりを超えて行ったのか」という内容ですので、仕事が辛いと思っている人の心に響く曲ではないでしょうか。
曲調はゆっくりですが、サビの部分を聞くと涙が出るほど共感できる人もいるのではないでしょうか。
体育会系の「やるぞ!」という気分になるのではなく心の底からフツフツと闘志が湧いてくるような曲です。

D-51「NO MORE CRY」

この曲はドラマ「ごくせん」の主題歌になった曲です。
この曲を聞くと「弱い自分にさよならして、明日から強い自分になるぞ!」という決意をしたくなる曲です。
曲調も明るくリズムもよいので、これから仕事を頑張らなくてはいけないという時に聞くと「やる気」も湧いてくるのではないでしょうか。

仕事が辛い時は、休むことや力を息抜きも大事

仕事が辛い時は、休むことも力を抜くことも息抜きも大切です。
仕事が辛い状態で毎日仕事に追われていると、仕事へのやる気もなくなり仕事の効率も悪くなりますし、ミスが多くなってしまいます。

そして、何よりも「辛い辛い」と思って仕事するより「辛い」と感じたら休む、「辛い」と感じたら休憩する、「辛い」と感じたら力を抜くというように、「辛い」と感じたら自分の体も心もリラックスさせてあげることが大切です。

辛い時に無理して仕事をするのではなく、一休みすることで心も体もリフレッシュできて仕事の効率もよくなり、できないと思っていた仕事ができるようになったり、ミスも減り自分の自信にもつながります。

自分に自信がつけば仕事が楽しくなり仕事が辛いと感じることも少なくなるので、「休む」「力を抜く」ということは、仕事をする上でもとても大切なことなのです。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする