仕事のやりがいを感じない時の解決法|原因・理由なども

「仕事のやりがいは?」と聞かれると人それぞれ答えは違ってきます。

「自分の仕事が認められること」「人の役に立つ仕事ができた時」など、仕事のやりがいを感じる時は色々あります。

ですが、「仕事のやりがい」を感じる時に共通する感情が一つあります。それは「うれしい・楽しい」と感じることです。

しかし、仕事に対してやりがいを感じなくなってしまうと、うれしいや楽しいといった感情がなくなってしまって、辞めたいなどのネガティブな感情が出てきてしまいます。

ここでは、仕事のやりがいを感じなくなってしまったときに役立つ解決法をご紹介いたします。

仕事のやりがいとは何か・仕事のやりがいの意味

自分の仕事が褒められればうれしくなり仕事が楽しいと感じますし、人の役に立つ仕事ができればうれしいですし、その仕事ができたことに楽しみや達成感を感じます。

仕事のやりがいとは、達成感や楽しさ、嬉しさを感じることではないでしょうか。

ですが、仕事が楽しいと感じることができなければ「仕事のやりがい」と感じることはありません。

仕事にやりがいを感じられなければ、仕事がつまらなくなり「辞めたい」と感じるようになります。

そこで、仕事にやりがいを感じられない時にどのように対処すればよいのか解決法をお話していきましょう。

女性が感じる仕事のやりがい

仕事のやりがいと言えばバリバリ働く男性をイメージする人も多いのではないでしょうか。

ですが、女性でも最前線で仕事をしている人もいますし、子育てをしながらやりがいのある仕事をしている人もいます。

女性が感じる仕事のやりがいと男性が感じる仕事のやりがいは違います。男性は常に仕事をしていく人生ですから、自分の進むべき道を見据えていたり、「ずっと仕事をしていく」ということが最初からわかっているので自分がやりたい仕事や、やりがいを感じる仕事をみつけやすいのです。

ですが、女性の場合はずっと仕事をしたいとは思っていても出産がありますから「出産後も働ける産休制度や育休制度がある会社がいい」など自分のやりがいより生活を重視して仕事を決める傾向があります。

そのため、女性は「やりがいのある仕事をしたい」と思っても自分が何に対してやりがいを感じるのかわからない人が多いのです。

男性が仕事にやりがいを感じる「上司に褒めてもらえた」「目標を達成できた」「自分が成長できたと感じた」という部分は、女性でも「仕事のやりがい」を感じます。

ですが、女性の繊細さや柔らかさ、包容力など女性ならではという部分で「お客様に喜んでもらえた」「後輩が頼ってきてくれた」という部分でも仕事にやりがいを感じる人がいます。

また、目に見えてわかる部分として「昇給したとき」に仕事のやりがいを感じる女性もいます。
女性の場合は「大きなやりがい」というより身近な部分でやりがいを感じることが多いようです。

仕事にやりがいが持てない時・人の特徴

仕事にやりがいが持てない時や、仕事にやりがいがないと感じている人には特徴があります。

「やりがいがないなぁ」となんとなく仕事をしているので、覇気のない雰囲気はありますが、そのほかに仕事にやりがいが持てない人には次のような特徴があります。

自分にも当てはまることがあれば、このあとお話する仕事のやりがいを感じない時の解決法を実践してみてください。

単純ミスが多い

仕事にやりがいを感じられない時は「なんとなく仕事をしている」ためミスが起こりやすい状況です。特に、毎日している同じ作業の時は要注意です。

「毎日してるから」と「なんとなく」仕事をしている上に慣れがあるので単純なミスをしやすいのです。

仕事にしても車の運転にしても、何をするにしても「慣れ」た時が一番怖いと言われているように、仕事のやりがいを感じられない時は、毎日している作業をするときに単純ミスが起こりやすいので注意が必要です。

仕事に誇りが持てない

仕事にやりがいを感じられない人は、仕事にも誇りを持てずにいます。

やりがいを感じないのですから、当然と言えば当然ですが、仕事に誇りを持てなければやる気も出ませんし、自分がやっている仕事に対して責任感も薄れてしまいます。

仕事と責任は対になっているようなものですので、仕事に誇りを持てない時は責任感もなくなっている人が多いのです。

仕事が残っているのに定時で帰ってしまったり、頼まれていた仕事を時間内に終わらせることができなかったり、最悪な場合は頼まれたことすら忘れています。

仕事に対しての責任感がなくなってしまうと人間性も疑われてしまいますし、最悪の場合クビになってしまう可能性もあります。

それでも、仕事にやりがいを感じられない人は仕事に誇りが持てないので、今のうちに対策を講じなければ仕事を辞めなければならない結果になってしまいます。

目標や理想が高すぎる

仕事にやりがいを感じられないという人の中には目標や理想が高すぎる場合があります。

目標や理想を持つのはとても良いことなのですが、高すぎる目標や理想は達成することができないので、いつまでたっても達成感が得られず仕事にやりがいを感じられなくなってしまいます。

仕事に対して目標や理想を持つと、仕事にやりがいが出たり楽しさが出てくるものなのですが、高すぎる目標や理想は返って仕事のやりがいがわからなくなってしまうのです。

仕事にやりがいを感じない原因

仕事にやりがいを感じられない人の特徴を見ていると、なぜやりがいを感じられなくなってしまったのか原因が見えてきます。

仕事にやりがいを感じない原因がわかれば解決法もわかりますので、まずはなぜ仕事にやりがいを感じなくなってしまったのか原因を確認することが大切です。

では、仕事にやりがいを感じない原因にはどのようなものがあるのでしょうか。原因は人それぞれ色々あると思いますが、特に多い原因をご紹介しましょう。

仕事の成果や結果が可視化されてない

自分が一生懸命した仕事の成果や結果が可視化されていなければ、どんなに一生懸命仕事をしても意味がないのかと「仕事のやりがい」を感じなくなってしまいます。

これは、自分ではなく会社側にも問題があることですが、自分の見方を少し変えたり上司に相談するだけでも状況は変わってきます。

ですが、相談できそうな上司でなかったり意見を受け入れてくれる会社でない場合は、「どれだけ頑張っても無駄だ」と思ってしまい仕事に対してのやりがいを見失ってしまうでしょう。

仕事を正当に評価されていない

仕事を任され自分なりには一生懸命したと思っていても、それを正当に評価してもらえなければ仕事のやりがいを見失ってしまいます。

特に、評価されても良いくらいの成果を上げた時に、正当に評価されなければ「いったいどこまでやれば正当に評価してくれるんだ」と仕事に対しての熱意も冷め、仕事をしていても楽しくなくなってしまいます。

仕事を正当に評価してくれればもっと仕事が楽しくなりやりがいも維持できるのですが、どれだけやっても正当に評価されないのであればやる気もなくなってしまいます。

その仕事がなぜ必要なのか理解していない

仕事のやりがいが感じられない原因として「なぜその仕事が必要なのか」ということを理解していない場合があります。

特に、お客様と直接やりとりのないところで仕事をしている人は、その仕事がなぜ必要なのかが分からない人が多いのです。

全ての仕事には意味があり、必要だからある仕事です。自分の仕事だけを見るのではなく、その仕事をすることでその後どのように展開されていくのか、会社全体や仕事全体を見るようにしてはいかがでしょうか。

仕事全体を見渡して、再度自分がしている仕事を見た時に、その仕事がなぜ必要なのかわかるのではないでしょうか。

仕事にやりがいを感じない時の解決法

仕事にやりがいを感じない原因や特徴などお話してきましたが、自分と一致する部分があったり、自分がなぜ仕事にやりがいを感じないのか原因などを知ることができましたか?

原因を知ることができれば、次はその原因を解決していかなければなりません。そして、解決法を知ることができれば実行することが何よりも大切です。

行動に移さなければ何も変わらないので、解決策がわかった時はすぐに行動に移しましょう。

数字化して達成感を味わう

まず、仕事のやりがいを感じない時の解決法として「数字化して達成感を味わう」ということが挙げられます。

例えば、「この仕事は〇時までに終わらせる」など数字化すると仕事の流れなどをイメージしやすくなりますし、その時間までに終われば「達成感」を得ることができます。

最初は小さな目標を数字化していけば、多くの達成感を味わうことができ、少しずつですが仕事が楽しくなりやりがいも見つけることができるようになるでしょう。

小さなやりがいを見つけられるようになったら目標を少しずつ大きくしていき、最終的な大きな目標を達成できるように自分で行動できるようになっているはずです。

自分の仕事ぶり・評価をそれとなく上司に聞く

仕事のやりがいを感じられない時は、自分の仕事ぶりや評価を上司になんとなく聞いてみてはいかがでしょうか。

自分の仕事が正当に評価されているのか、上司がどのような基準で評価しているのかもわかります。

上司といっても人それぞれ考え方が違いますので評価の仕方が違います。自分が思っていた評価基準と上司が思っている評価基準が違っていれば、自分では一生懸命仕事をしているのに正当に評価していないと勘違いしてしまう原因になります。

上司の評価基準を確かめるためにも自分の仕事ぶりや評価を聞いてみるのはとても良いことです。
上司の評価基準が分かれば、どこに重点をおいて仕事をすればよいのかもわかりますので、仕事へのやりがいも出てくるでしょう。

仕事の中で楽しさを見つける

仕事のやりがいを感じられない時は、まず楽しさを見つけることから始めてみてはいかがでしょうか。

やりがいと楽しさはとてもよく似ています。仕事にやりがいを感じられなくても自分が得意な作業や好きな作業があるはずです。

「この作業だけはとても好きだ」「この仕事なら誰にも負けない」と仕事の中でもピンポイントで自分が楽しいと思える仕事を見つけてみてください。

それがどんなに小さなことでもかまいません。その楽しさが他の仕事をしている時にも楽しいと感じる要素になりますから、まずは仕事の中で自分が好きな作業や楽しいと感じることを見つけてみましょう。

仕事にやりがいを感じない時は転職も考える

仕事にやりがいを感じない時の原因や解決法などをご紹介してきましたが、解決法を実行してみても仕事にやりがいを感じない、この会社にいる限り仕事にやりがいを感じることはないだろうと判断した時は転職を考えることも必要です。

もちろん、やりがいがないからすぐに転職すると、転職を繰り返すのはよくありませんが、よく考え、解決法を実践した上で「このまま今の会社で仕事をしていてもやりがいを感じることはないだろう」と判断したのであれば転職を考えてもよでしょう。

そして、転職する時は転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントは転職活動をサポートしてくれますので楽に転職ができるというメリットがありますが、それよりも大きなメリットは自分が希望する企業を探してくれるということです。

転職エージェントに、自分がどんなことにやりがいを感じるのか、今の会社でなぜやりがいを感じないのかなど素直に話すことで、やりがいを感じられるような企業を探してくれるのです。

転職活動を一人でしていると、さすがに企業の内情まではわかりませんし、社風や社内の雰囲気も知ることは難しいでしょう。

ですが、転職エージェントであれば企業との絆も深いですし、すでに転職エージェントから転職に成功した先輩から企業の内情や社内の雰囲気などを聞くことができますので、転職エージェントを利用する人の希望に応じた転職先を探すことができるのです。

転職が必要だと思った時は転職エージェントを利用することで「やりがいのある仕事がしたかったのに転職に失敗した」ということはなくなるでしょう。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェント|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」このように悩みを抱えている方はとても…

2017.11.10

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」このような意見をよく聞くことがあります。結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

仕事のやりがいは自分次第で変わることも

仕事のやりがいを感じない時は仕事に行くのも憂鬱で「仕事に行きたくないなぁ」と感じることもあるでしょう。ですが、仕事のやりがいを見失うのも見つけるのも全て自分だということを忘れないでください。

仕事のやりがいは自分の考え方や見方次第で変わってきます。目の前のことばかりに囚われず、大きな視野で見渡せば「なぜこんなことで仕事のやりがいが見えなくなってしまったんだろう」と気づくこともあるでしょう。

今仕事のやりがいを感じられないと悩んでいる人も、一つ一つの仕事を丁寧に行ってみてください。そして、解決法を実行してみてください。

仕事のやりがいは意外と小さなところから見つかるものです。

仕事のやりがいと聞かれると「人の役に立てること」「上司に褒められること」など大きなことをイメージしがちですが、小さなところにもやりがいはあります。

その小さなやりがいの積み重ねが大きくなり、上司に褒められたり、人の役に立てていると認識できるのです。まずは小さな目標から立てて、大きな視野で見渡してみてはいかがでしょうか。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする